スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子「あかりちゃんのうそつきっ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (11) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/19 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/01(木) 21:56:52.10 ID:/HEYLCnX0


あかり「櫻子ちゃんはえっちだね」ジーッ

櫻子「えっ!?な……なんで?私なんにもしてないしっ!」ドキッ

あかり「あかり、今の見てたんだからね……つくえのカドで、おまたこすってるの」

櫻子「!」

櫻子「な……なんでそれがえっちなのっ……?」アセアセッ

あかり「あかり知ってるんだからね」

あかり「それ、かどーまんって言うんだよ」

櫻子「えっ、あかりちゃんもしたことあるの!?」

櫻子「これきもちいいよねっ!」コスコス

あかり「ないよ」

櫻子「」

あかり「あかり知ってるだけだもん」

櫻子「」

あかり「櫻子ちゃんはえっちだね」


スポンサーサイト

一夏「シャルを本気で口説き落とそうと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/17 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 08:26:44.73 ID:4xhSzezt0


千冬「……は?」

一夏「え?」

千冬「い、今何か言ったか?」

一夏「あ、え?俺声に出してた?」

千冬「うむ。『シャルを本気でくどきおt』」

一夏「うわぁぁああやめてくれっ///」テレテレ

千冬「」



セイニャー「問おう、にゃんじが我を招きしマスターか」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/14 22:30
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 20:09:02.17 ID:wCMQox1h0


切嗣(なんか変なの出てきた…)

アイリ「…」ワナワナ

セイニャー「にゃにを呆けているのです?あにゃたが私のマスターなのでしょう?」

切嗣「あ…アイリ、これは一体…?」

アイリ「か、かわいぃいいいい!!!」ギュー



岡部「かなり身も蓋もない話なのだがな?」 紅莉栖『なによ』

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/12 19:30
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 19:08:56.82 ID:DA/lrfWLO


俺は激怒した。
かの暴虐非道なブラウン管工房の店長が、新年早々文句を言ってきた挙げ句、
あろう事か、家賃の値上までをもちらつかせて脅してきたからだ。
せっかくの正月気分を、よくもよくも、台無しにしてくれたな!
ラボの前まで来ていた俺は、そのまま回れ右をしてスーパーマーケットへと走った。

ダル 「うは、なんぞそれ?」

やっとの事でラボに運び入れた、このやたらと重たい物体を目ざとく見つけたダルが聞いてくる。



セイバー「シロウ、リンとサクラの様子が変です」士郎「興味ないな」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/11 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 21:41:24.21 ID:yrDUVi6O0


士郎「そんなことより、セイバー」

セイバー「はい」

士郎「はい。大判焼きを買ってきたんだ」

セイバー「どうも」

士郎「美味しいか?」

セイバー「はい」モグモグ

凛「セイバー、たい焼き買ってきたの。いる?」

セイバー「頂きます」

桜「セイバーさん、焼き芋買って来たんです、食べます?」

セイバー「はい。喜んで」



鈴「一夏とイチャイチャしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/10 22:30
13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/07(土) 22:00:37.35 ID:RIUCuWTo0


鈴「い、イチャイチャっていってもなにしよう・・・?」

鈴「ま、まずは朝ご飯からよね!」

一夏「おはよう鈴、一人でなにしてんだ?」

鈴「ふぇっ!?一夏!?おおおおおはよう!」

一夏「?どうしたんだ?」

鈴「なななんでもないわよ!そ、その、一緒にあ、朝ご飯食べよ?」

一夏「おういいぜ、二人だけで食うの久しぶりだな」

鈴「ホント!?じゃあみんな来る前にいこっ!」ガシッ

一夏「お、おい!待てよ、そんな急がなくても飯はなくならんぞ」

鈴「いいからはやくー!」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。