スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐天「味を自在に変えられる能力、かぁ…」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/04/27 21:00
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/27(水) 23:58:24.60 ID:K5XKF5X90


佐天「初春ー、飴あげるよ」

初春「いいんですか?ありがとうございます」パクッ

初春「………これ、何の飴ですか?…なんか味がしないような…」

佐天「初春はどんな味が好き?」

初春「え?そうですね…いちご味とか」

佐天「じゃあいちご味で。そぉれっ!」

初春「…っ!?あ、あれっ!?飴が…いちご味になったっ!?」

佐天「そう。これが私の能力。味を自在に変えられる能力!」

初春「す、すごい…ほ、他の味にも出来るんですかっ!?」

佐天「出来るよー。どんな味がいい?」

初春「えーと、じゃあ…レモンの味とかっ!」

佐天「…ふむ、しょうがないなぁ…」スッ

初春「え、さ、佐天さ…んむぅっ!?」チュッ



梓「おくりもの」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/04/27 19:00
前編:紬「プレゼント」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/29(月) 20:40:57.10 ID:ID2EkADZ0


紬「はい、梓ちゃんあ~ん」

梓「あ~んっ」パクッ

紬「ふふっ 梓ちゃん、おいしい?」

梓「」モグモグ

梓「はい、とってもおいしかったです!」

律「・・・・・あついねー」

唯「そうだね」

澪「そうだな」

夏も近付くある日、熱いのは気温のせいだけじゃなかった



紬「プレゼント」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/04/26 21:00
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/28(日) 21:15:51.47 ID:MS+x1vWo0


紬「ねえみんな、今日ちょっとお買い物に付き合ってくれないかしら?」

3年目、新歓ライブ後の昼食時のこと

澪「え?急にどうしたんだ?ムギ」

紬「いや・・・その・・・練習も潰れちゃうしだめかしら」

律「全然だいじょーぶ。新歓ライブも終わったしみんなで行こうぜ」

澪「そうだな、ムギと買い物なんて久しぶりだし」

唯「うん!あずにゃんも呼ぶよ~」



梓「唯先輩って可愛いよね…」 憂「!?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/04/26 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 00:46:23.01 ID:a4evNxz40


教室!

憂「と、突然どうしたの梓ちゃん…」

梓「…え?」

憂「今お姉ちゃんを可愛いって…」

梓「え。おかしい?憂はいつも言ってるじゃない」

憂「私はそうかもしれないけど…。梓ちゃんがそんなこと言うなんて」

梓「確かに最初はね…、抱きつかれたりして…」
「恥ずかしいからやめてほしいって思ってたんだけど」

憂「……」

梓「最近になってさ。気づいたら、唯先輩を目で追いかけるようになってたんだよね」

憂「……そう…なんだ」



長門「古泉一樹を食べた」後編【グロ注意】

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: 涼宮ハルヒの憂鬱SS | 更新日: 2011/04/25 23:00
前編:長門「古泉一樹を食べたい」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 22:14:16.14 ID:kUlAjYteO


キョン「それはまさか、性的な意味でか?」

長門「正しくはそうではない」

キョン「じゃあカニバリズム的な意味か?」

長門「正しくは、両方」

キョン「わぉ」



長門「古泉一樹を食べたい」前編【グロ注意】

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: 涼宮ハルヒの憂鬱SS | 更新日: 2011/04/25 21:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 22:15:45.07 ID:26X4Brg0O


古泉「…はい?」

長門「いい?」

古泉「いいって…だ、駄目ですよ」

長門「何故」

古泉「何故って…」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。