スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫神「上条君に。振り向いて貰いたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2010/12/12 23:30
姫神「上条君に。振り向いて貰いたい」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 01:18:46.30 ID:EmZOrwX10

~とある学生寮の食事風景~

姫神「上j…」

イングランド「とうまー、ご飯!ご飯!」

上条「はいはい。そんなに急かされても上条さんは自分のペースでご飯を作りますよーっと」

上条「ん?どうした姫神?」

姫神「…なんでも。ない」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 01:23:31.28 ID:EmZOrwX10

~とある路上の会話風景~

姫神「上…」

バリバリ「待てー!そこのツンツン頭ー!」ダッ

上条「げ!バリバリ!じゃあまたな姫神!」ダッ

姫神「……」


~とある学校の帰宅風景~

姫神「k…」

小萌「上条ちゃんは明日は補習なんですよー」

上条「分かってますよー。ちゃんと出ますって」

姫神「………」

姫神「………グスッ」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 01:27:11.10 ID:EmZOrwX10

………

……



土御門「成る程なぁ。それで俺に教えを乞いに来たのかにゃー?」

姫神「そう」

土御門「確かにこれはかみやんが姫神をスルーし過ぎだにゃー」

姫神「土御門君は。上条君と一番仲がいい」

土御門「まぁよくつるんでるからにゃー。しかしこれはまた面白…いや難しい問
題だぜい」

土御門「まぁちょっと待ってろ。今俺が知る中で一番こう言うことに詳しい奴と
連絡してみるにゃー」ピポパ

土御門「もしもし?土御門だ。楽しそうな事があるからこっちこれるか?これが
上手く行けばねーちんや五和を煽ってさらに面白い事に出来るかも知れないぜい
。……うん。それじゃにゃー」ピッ

土御門「来るって言ってたから明日またここに集合にゃー」

姫神「分かった」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 01:34:30.66 ID:EmZOrwX10

~翌日~

土御門「…と言うわけで助っ人の建宮だにゃー」

建宮「宜しくなのよ」

姫神「よろしく」

建宮「…おい元春。ちょっとこっちこい」

………

建宮「何なのよあの美少女は!うちの女教皇様といい五和といい上条当麻と言う人物はどれだけモテれば気がすむ奴なのよ!」

土御門「本人にはまったく自覚が無いのが一番タチ悪いんだけどにゃー。ともかく彼女をかみやんとくっつければ良いんだにゃー」

建宮「そんでうちの女教皇様達はそれにどう関わらせるのよ」

土御門「斎字…お前…NTR好きだろ…?」

建宮「よし彼女の事は俺に任せるのよ!」

土御門「こいつ本当に単純だにゃー…」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 01:49:14.32 ID:EmZOrwX10

建宮「まずはターゲットに関わってる姫神さんがライバル視してる人を教えるのよな」

姫神「えと。上条君家の居候の禁書目録と。中学生で学園都市第三位の御坂美琴さんと。担任の小萌先生と。同じクラスの…」

建宮「ちょっと待つのよな。おい元春ちょっとこい」

………

建宮「さっきの言葉を訂正するのよな。奴は…化物だ…」

土御門「まぁそう言われても仕方ないにゃー」

建宮「今のにうちの女教皇様と五和をいれるとどこぞの国立大並に競争率高過ぎなのよな!」

土御門「もうね、『かみやんなら仕方ない』と言う他無いんだぜい・・・」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:00:07.83 ID:EmZOrwX10

建宮「すまん。少し取り乱したのよな。」

姫神「別に。気にしない」

建宮「それで姫神さんはそのライバル達の中でどのくらいの位置にいるのよ?」

姫神「一言で言うと」

建宮「一言で言うと?」

姫神「空気」

建宮「………」

姫神「空気は。無くてはならない存在。ふふ」

建宮「何かとても大変な事を引き受けた気がするのよな…」

土御門「気がするんじゃ無くて事実なんだにゃー…」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:06:55.53 ID:EmZOrwX10

建宮「まぁ…空気から脱出する為にとりあえずまずその地味な服装をどうにかしなくちゃならんのよな」

土御門「おぉ!斎字がやる気になったのにゃー!」

建宮「だからまずはこのミニスカ巫女装束を着るのよ!」

土御門「それ難易度高過ぎだろぉッ!」

建宮「だ・・・だってこれを着れば嫌でも空気からオサラバできるのよ」

土御門「格好が痛いからだろ!駄目な意味で目立ってるだろ!はぁ…はぁ…。ツッコミはこんなにも大変なのかにゃー。今ならかみやんの気持ちが今なら分かる気がするぜい…」

姫神「分かった。それを。着る」

土御門&建宮『え?!』


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:30:30.42 ID:EmZOrwX10

~数分後~

土御門「おいどうするんだよ。姫神本当に着替えに行っちゃったぞ」ヒソヒソ

建宮「いや俺にも予想外な展開過ぎてついて行けないのよ」ヒソヒソ

ざわ…ざわ…

「着てきた」

土御門&建宮「!!!」バッ

土御門&建宮「………」

姫神「二人とも。どうしたの」

土御門「これはやばい…。俺達は飛んでもない兵器を姫神に与えてしまったのかもしれないにゃー…」

建宮「似合うとは思っていたがまさかここまで似合うとは予想外だったのよな。まだ心臓がバクバク言ってるのよ…」

姫神「やっぱり。似合わない?」

店の男共「んな訳ねえだろおぉッ!」

姫神「?!」ビクウッ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:51:48.40 ID:EmZOrwX10

建宮「しかしこれなら付き合うだけじゃ無くて結婚まで行けそうな気がするのよな」

姫神「け…結婚…」

~結婚式場(姫神の脳内)~

上条「秋沙ー。早く行こうぜ」

姫神「う…うん」

上条「やっぱり何だかんだで照れるな」

姫神「当麻だけじゃなくて。私も…」

上条「そうか。なら恥ずかしくないようにおまじないだな」チュッ

姫神「!」カァァ

上条「あっはっはー。真っ赤になっちゃって秋沙は本当に可愛いなー」ギュッ

姫神「当麻。好き」ギュッ

~現実~

姫神「うふ…うふふ…」

土御門「姫神が斎字の言葉で妄想にトリップしちまったぜい…」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 23:17:30.81 ID:EmZOrwX10

姫神「うふふ…はっ!」

建宮「ようやく戻って来たのね」

姫神「禁書目録が。少食になってるのを見て。我に帰った」

土御門「まぁそんなことよりかみやんにどうアプローチするだにゃー」

建宮「まずは牽制にその格好を見せに行くだけでいいのよな」

土御門「牽制にしてはレベル高すぎだぜい。偵察機に核兵器積み込むようなものだにゃー」

姫神「分かった。行ってくる」スタスタ

土御門&建宮「何ィ!?」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 23:22:25.47 ID:EmZOrwX10

~上条の部屋~

上条「う~ん。平和だなぁ」

上条「インデックスはステイルがイギリスに連れて行ったし補習もないし」

上条「何時もならここで何かしら起こるんだが起きないし」

上条「平和だぁー」ゴロゴロ


ピンポーン

上条「!」ビクウッ

上条「いやいやいやいやそんな馬鹿な事があるわけが…」

上条「だがしかしこの上条さんの不幸体質を持ってすれば十分ありえるのが怖い」

上条「…出るだけ出てみるか」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 23:25:13.25 ID:EmZOrwX10

上条「はいはい今行きますよー」ガチャ

姫神「こんにちは」

上条「なんだ姫神かってええええええ?!」

姫神「どうしたの」

上条「いやそれは俺のセリフだろ!どうしたんだよその格好!」

姫神「おしゃれ。してみた」

上条「いやそれはおしゃれなのか…?確かに男の目を惹き付けて離さない格好だが…」

姫神「似合ってない?」クルン

上条「とっても…似合ってます…」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 23:29:41.87 ID:EmZOrwX10

上条「ツッこんだらもはや負けのようだな…まぁ入れよ」

姫神「お邪魔します」

姫神「禁書目録は?」

上条「ステイルが借りていくってイギリスに連れてった」

姫神「ステイルさん。いい仕事してる」ボソッ

上条「何か言ったか?」

姫神「失礼。噛みまみた」

上条「さっきのは聞こえなかったけど今のは間違いなく噛んだな!」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 23:36:42.18 ID:EmZOrwX10

上条「それで今日は姫神はどうして家に来たんだ?」

姫神「この服を。上条君に。見せるため」

上条「この服ってそのやけに裾が短い巫女服か…」

姫神「そう」

上条「それで見せてどうしたかったんだ?」

姫神「………」

上条「考えてなかったのか…」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 23:48:00.02 ID:EmZOrwX10

~一方その頃~

建宮「おい。早く俺と変わるのよ!」

土御門「落ち着け。しかし見てるだけだと本当にじれったい光景だにゃー…」

建宮「俺にも見せるのよ!」バッ

土御門「おいまだ見てるんだから返せ!」バッ

建宮「その手を離すのよな!」

土御門「お前が離すんだぜい!」


?「あそこで高校生が望遠鏡の取り合いしてるんだが」

?「ああいうのは関わっちゃ駄目だよ。話がややこしくなるから」

?「そっか。じゃあさっさといくか月火」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 00:00:22.10 ID:/DTMpaAL0

上条「じゃあ一緒に買い物にでも行くか?」

姫神「!」

姫神「でぇとの。お誘い?」

上条「あー、まあ一般的には男と女が一緒に買い物って言ったらデートだよなぁ」

姫神「行く。たとえ世界を滅ぼせる吸血鬼があらわれても。いく」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 00:15:42.36 ID:/DTMpaAL0

~再び路上~

建宮「お!なんかよく分からないけど二人がどこかに出かけるみたいなのよな!」

土御門「ようやく状況が動いたぜい!ここからかみやんと姫神がどうなるかが楽しみなのにゃー!」

?「アイツがどうかしたの?」

土御門「そりゃあの状況を見る限り二人はデートに…って俺は一体誰と喋ってるんだにゃー?」

建宮「………」ブルブルブルブル

美琴「デート…ね。詳しく教えて貰いましょうか…?」バチバチ

土御門「Σ(゚Д゚;)」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 00:28:11.47 ID:/DTMpaAL0

~で・え・と~

上条「えっと…姫神はどこに行きたいんだ?」

姫神「あそこ」

上条「あそこって言うと…。ああ、セブンスミストか。服を買いに行きたいのか?」

姫神「人目が。気になる。お年頃」

上条「お前その格好で俺の家まで来たんだろ…」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 04:44:35.63 ID:/DTMpaAL0

~セブンスミスト~

上条「それで上条さんは思うわけですよ」

上条「最近の女の子はおしとやかさが足りないと」

姫神「そう」

上条「あの…姫神さん?」

姫神「何?」

上条「一体ここはどこでせう?」

姫神「まずは。下着」

上条「女性しかいないであろうこのエリアに上条さんが入るのは少々世間の目が痛いのでせうが」

姫神「デートだから。大丈夫」

上条「そういう問題じゃないんだがなぁ…」


犯人は…ローr…ガクッ


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 21:15:15.33 ID:/DTMpaAL0

美琴「なんなのよあのラブラブな空気は…」

建宮「そりゃ俺が本気になればこんなもんなのよな!」

美琴「………」バチバチバチバチ

建宮「え、いや、ちょ、やめ、ぎゃあああああああああああ!」ビリビリビリビリ

土御門「あんまり騒ぎすぎるとあいつ等に見つかるぜい」

美琴「そうよね。こんな馬鹿の相手してる暇じゃないわよね」

建宮「………」ビクン…ビクン…

土御門「それでどうするのにゃー?お前はかみやんの事が好きなんだろ?」

美琴「そんな事ある訳ないじゃない!さーて私は忙しいしもう帰るかなー」

美琴(あんな空気の中入っていける訳ないでしょ…アイツの馬鹿!)


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 21:44:50.32 ID:/DTMpaAL0

上条「結局いつものあまり変わらないな」

姫神「うん」

上条「さっきの服も中々可愛いかったけどな」

姫神「これが。一番落ち着く」

上条「そっか。しかしまたなんであんな服を?」

姫神「友達が。貸してくれた」

上条「ずいぶんピンポイントな物をお持ちの友達だな。その趣味は上条さん的には嫌いじゃないが」

姫神「上条君は。コスプレが好き。メモメモ」

上条「待てい!そんな事を書かれて俺の知り合いにでも読まれたら上条さんはもうお婿にいけませんよ!」

姫神「私が貰うから。問題ない」

上条「それなら安心だな。って女の子がそんな事言っちゃいけません!」

姫神「本気なのに…」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 22:05:02.50 ID:/DTMpaAL0

上条「次はどこにいくんだ?」

姫神「えと…」

通行人A「お前デート行くならどこがいいのよ?」

通行人B「俺は定番の映画館だにゃー」

通行人A「その後帰り道で告白なんてした日には俺はもうメロメロなのよな」

姫神「!」

姫神「映画館。行こう」

上条「そうだな。そうするか」

上条(今の通行人の口調どこかで聞いたことがあるような…)


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 22:08:59.20 ID:RAW2gpEI0

気付けよwwww


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 22:29:14.47 ID:/DTMpaAL0

上条「それで何を見るんだ?」

姫神「これ」


~魔法少女リリカルなるは The MOVIE 1st~


上条「あの。姫神さん?」

姫神「何?」

上条「これはいわゆる萌ゑというジャンルなのでわ…」

姫神「魔法使い」

上条「いやこれは…」

姫神「魔 法 使 い」

上条「ソウデスネ。コレヲミマショウカ」

姫神「うん」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 23:15:54.48 ID:/DTMpaAL0

………

上条「思ったよりまともで面白かったな…」

姫神「うん」

ソソクサ…

上条(ん?あれは…)

?「そいつをよこせよババア!」バッ

黒k…じゃなくてお姉さん「きゃあ!」

一般人「引ったくりよー!」

上条「ッ!姫神は先に帰っててくれ!」ダッ

姫神「あっ…」

上条(畜生…ッ!なんだってこんな時に…)


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 00:19:43.77 ID:7RQcGdlL0

上条「てめえ待ちやがれ!」ダダダダダ

?「くそっ!これでも食らいやがれ!」ガンッ

上条「ゴミ箱?!しまっ…」ガラガラガッシャーン

上条「くっ…引ったくりはどこいった!」

土御門「そんな奴はとっくにそこでノビてるのだにゃー」

上条「土御門!それに後ろにいるのは…建宮斎字か?どうしてここに?」

土御門&建宮「あ…」

上条「いやちょっと待て…何かが繋がりそうだ…」

土御門&建宮「ぎくり」

姫神「私が。頼んだの」

上条「姫神?」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 00:35:55.98 ID:7RQcGdlL0

姫神「私が。二人に上条君の気を引くのを手伝ってくれるように頼んだの」

上条「俺の…?一体どうしてまた?」

姫神「それは…」

引ったくり「くそったれェッ!」バッ

姫神「?!」

上条「姫神!」

引ったくり「へへ…動くなよ。動くとこのナイフでこいつの首を切り裂くぜ…?」

上条「土御門!こいつノビてるんじゃなかったのかよ!」

土御門「いや間違いなくさっきまではノビてたぜい…」

引ったくり「くくく…俺様は肉体再生のレベル2だ…気絶ぐらいならすぐに回復するんだよ…」

上条「ぐ…」ジリジリ

引ったくり「おっと動くなよ?お前らがそれ以上動けばお前の彼女とはもう会えなくなるぜ…?」

姫神「………」チャキ


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 00:53:39.25 ID:7RQcGdlL0

引ったくり「ぎゃあああああああああ!」バチバチバチバチ

引ったくり「ぐふっ…」ドサッ

姫神「………」

上条「ひ、姫神?大丈夫か?」

姫神「魔法のステッキのおかげで。大丈夫」チャキ

上条「いやそれ護身用スタンガンだから」

姫神「あ。生き返りそう。」カチッ

引ったくり「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」ビリビリビリビリ

建宮「姫神さんって怖い人なのよな…」

土御門「相手が肉体再生だとは言え容赦無いんだにゃー…」

姫神「でぃばいん。ばすたー」ビリビリビリビリ


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 01:05:31.25 ID:n+2W78Bi0

姫神が倒すのは予想外だったww


141:私はもう。寝ている:2010/01/22(金) 03:01:35.83 ID:7RQcGdlL0

………

上条「なるほどな。姫神は最近俺に忘れられてると思ったのか」

姫神「…うん」

上条「まぁなんだ…その事に関しては俺も悪かったな。すまん」

姫神「気にして無い」

上条「…でお前らだ」

土御門&建宮「」ビクウッ

上条「お前らに関しては既にスペシャルゲストを呼んである」

土御門&建宮「スペシャルゲスト…?」

?「まったく身内の失態と聞いて慌てて着てみれば」

土御門「げっ!ねーちん…」

神裂「『げっ!』とはなんですか。それほど私に会うのが嫌でしたか。でも大丈夫ですよ。既にあなた達の席は用意してありますから」

建宮「女教皇様。つかぬ事をお伺いしますが俺達の席と言うのは…?」

神裂「あなた達は一度イギリスに帰って私がみっちり特訓します。その為に学園都市から借りた超音速旅客機の席ですよ?」ニッコリ

土御門&建宮「い…いやあああああああああああああああ!!!」ズルズル


158:6時から2時間。お手伝いに行って来るけど。それまでに終わるかな:2010/01/22(金) 17:40:47.65 ID:7RQcGdlL0

~帰り道~

上条「えと、その、ごめんな姫神」

姫神「何の事?」

上条「俺がインデックスやビリビリばかりに構ってて姫神の相手してやれなかった事だよ」

姫神「私が。積極的じゃなかっただけだから。気にしなくてもいい」

上条「いや相手できなかったのはそうじゃなくてな」

姫神「?」

上条「インデックスやビリビリ達は『友達』や『戦友』だから普通に相手できるんだが姫神はそう言う『友達』じゃなくてな。
   俺の中では『女の子』として見てたからなんだ。」

上条「ほら。俺彼女なんていた試しが無いからさ。『女の子』との接し方がいまいちよく分からなくて相手しにくかったんだ。」

姫神「そう、だったんだ」


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 17:48:43.33 ID:7RQcGdlL0

上条「本当にごめん…」

姫神「………許さない」

上条「俺にできることなら何でもするから!」

姫神「何でも?」

上条「男に二言は無い!」

姫神「一つだけ。このお願いを聞いてくれたら許してあげる」

上条「よし!さぁ言ってくれ!」

姫神「それは…」

………


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 17:56:06.91 ID:7RQcGdlL0

~後日~

インデックス「とうまー!早くしないと期間限定のケーキが無くなっちゃうんだよー!」

上条「そりゃ常時金欠のこの上条さんがケーキ奢るのが珍しいとは言えはしゃぎすぎだインデックス!人様に迷惑かけるんじゃ無いぞー!」

上条「それじゃあ俺達も行くか!」


『秋沙』

姫神「…うん。当麻君」


               ~Fin~





    スポンサーサイト姫神「上条君に。振り向いて貰いたい」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。