スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜児「起きろ。逢坂」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: とらドラSS | 更新日: 2010/12/18 15:30
竜児「起きろ。逢坂」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 00:58:52.84 ID:G/nl2/800

時系列は夏休み直後の学祭準備前


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:08:44.16 ID:b3AwerIbO

大河のマンション

竜児「もう7時半だぞ…ったく、お前また昨日も夜更かししてたろ」

大河「ん~……りゅうじ? ごはん……? 」

竜児「俺=飯かよ……まあいいからさっさと支度してこいよ。朝飯冷めちまうからな」

大河「わかった……」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:10:48.48 ID:b3AwerIbO

高須家

竜児・大河「「いただきます」」

竜児「で? 今度はなんで無駄に夜更かしなんかしてたんだ? 」

大河「なに勝手に無駄とか決めつけてんのよこの無駄犬」

竜児「むだけっ……そこまで言うんならさぞかし大層な御用だったんだろうなぁ? 言ってみろよ逢坂」

大河「別にどうでもいいでしょ……って、竜児? 」

竜児「なんだよ逢坂」

大河「……いや、別に大したことじゃないけど……アンt「って時間! もう出ないと遅刻だ! ほらさっさと食い終われ逢坂! 」

大河「へ? まだ二杯しか食べてないわよ? 」

竜児「んな事言ってる場合か! 」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:16:35.17 ID:b3AwerIbO

大橋高校

竜児「ぜぇ……ぜぇ……あ、危なかった……」

大河「はぁ……はぁ……ッチ、どっかの干しぶどうがダラダラしてっから……」

竜児「そりゃあ俺のセリフだ! ……てか干しぶどうってなんだよ」

大河「だってアンタゴミレーズンでしょ」

竜児「おうっ……お前はまた容赦なく人のトラウマを……地獄に堕ちるがいい逢坂め」

大河「地獄の使者ヅラがなに言ってんのよ地獄に帰れば? 」

竜児「」

キーンコーンカーンコーン
大河「あ、予鈴。独身ヅラが来る前に着席しなさいよ地獄ヅラ」

竜児「なんで朝からこんなにボロクソ言われなきゃならないんだ……」





大河「……逢坂? 」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:22:18.11 ID:b3AwerIbO

HR終了

櫛枝「おっはよ~! あいさかぁー! 」

大河「おはようみのりん! 今日は朝から走っちゃったよ~……って、みのりん……? 」

櫛枝「ふむ……ずいぶん走ったみたいだな。脚の中がパンパンだぜ」モミモミ

大河「ひゃっ! ちょっと太もも揉むの止めてよみのりん! 」

櫛枝「ぐぇへへへ! ういやつめういやつめ! よいではないかよいではないか! 」モミモミモミモミ

大河「なんて柔らかな指使い……じゃなくて本当に怒るよ! 」

櫛枝「おっとヤバいヤバい! 言われなくてもスタコラサッサだぜ! 」スタコラサッサ

大河「もう! まってよみのりん! 」

櫛枝<一時間目は体育だぜ! 遅れたくなきゃ急ぎなー逢坂!

大河「まったくみのりんったら……」





大河「……みのりんも、なんで逢坂なの? 」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:28:32.71 ID:b3AwerIbO

体育終了

大河「なんかモヤモヤして上手く動けなかった……いつもより転ぶし……」

櫛枝「大丈夫逢坂? お腹でも痛いの? 」

大河「うっ……うん、大丈夫だよ……みのりん」



能登「……でさでさ、そいつがさーいきなりパパと呼べって言うんだよ」

春田「あはは~! なんでパパなんだよアホだな~! 」

竜児「おう、そりゃキモいなぁ」

北村「むしろ気持ち悪いだな」


櫛枝「あっ! 北村く~ん! ちょっといいかな? 今度の練習試合のことで相談があるんだけど! 」

北村「おお、櫛枝に…大河。ちょうどよかった、俺もその件で話があったんだよ」

大河「」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:35:46.33 ID:b3AwerIbO

櫛枝「でさースタメンは……逢坂? それはどこの民族舞踊だい? 」

大河「」ガッシャンガッシャン

北村「いや……これはロボットダンス! さすがは大河、見事なダンスだな」

春田「え~!? あいさかってばいつの間にロボットになったの~!? ロケットパンチやれよロケットパンチ! 」

能登「ってか大丈夫なのコレ? 逢坂の顔尋常じゃないくらい真っ赤だけど」

竜児「……逢坂、夏休み挟んで北村耐性上がるどころかむしろ下がってないか? 」ボソボソ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:43:47.21 ID:b3AwerIbO

大河「だだだだって、きた、きむら、きむくんがががががたたたたいってたいが」

竜児「落ち着け! なにいってるかさっぱりわかんねぇよ! 」

北村「お、もうダンスは終わりか大河? 」

大河「!!!!! ぐぎゃあぁー!!!!! 」ドガシャッ! ダダダダ

竜児「おうっ! 」バギャッ!

春田「あいさかが高っちゃんに上段廻蹴を食らわして大脱走だ~」

能登「だ、大丈夫か高須!? 今首から出てはいけない音が出たよ!? 」

北村「軸がブレない実にいい廻蹴だったな」

櫛枝「いやいや、逢坂の廻蹴が中段に決まってたら今頃高須くんは高/須くんになってたよ」

竜児「みんな……もっと……心配……してくれても……」バタッ

能登「高須ー!! 」

春田「安らかに眠れ……高っちゃん……」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:48:59.13 ID:b3AwerIbO

自販機前

大河「はぁ……はぁ……なんなのよ一体!? 」

大河「竜児とみのりんは何故か逢坂だし、ききき、北村くんは大河って呼ぶし……」

大河「べ、別に北村くんから名前で呼ばれるのはいいのよ!? いや、むしろ大歓迎っていうか……で、でもいきなりすぎるっていうか、心の準備が……」





亜美「……なに一人でブツブツ言ってんのよ……キモッ……」

大河「!!!!! ななな、なにしてんのよばかちー!? 」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:57:37.21 ID:b3AwerIbO

亜美「いや、私最初からここに居たんだけど……アンタ頭大丈夫? 」

大河「な、なによ失礼なチワワ女! 自販機にサンドされてモデルバーガーでも売ってろ! 」

亜美「うっさいチビね……ほら、もう授業始まるよ。さっさと戻れ戻れ逢坂」

大河「フ、フン。それもそうね……あれ? ねぇばかちー」

亜美「なによチビ逢坂」

大河「あんた……いや、こいつは前からそうだったか……? 」

亜美「またブツブツ言って……本当に大丈夫なのアンタ? 」

独身「ほらー川嶋さん! あ、逢坂さんも! 授業始めるわよ! 」

大河「チッ……」

独身「……ぐすっ」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:03:52.11 ID:b3AwerIbO

昼休み

大河(ばかちーは確かに外面MAXモードのときは逢坂だったけど……)

大河(そうじゃない時は名前だったんじゃなかったっけ……どいつもこいつも何のマネかしらね)

櫛枝「ようようかわいいねぇちゃんよ~! 俺と一緒にいいコト(お弁当)しようぜ~! 」

大河「うん…」

櫛枝「あ、今日は久しぶりに男衆も誘ってようか! カモン! 高須に北村! 」

竜児「く、櫛枝!? べ、弁当だな。いいぞ」

北村「たまには女子と食うのもいいな、よし! 今行くぞ! 」

亜美「あ、実乃梨ちゃーん! あたしも一緒していい? 麻耶たちどっか行っちゃったんだ~」

櫛枝「モチのロン・ウィーズリーだぜ! カモンあーみん! 」

大河(う、二人称メンバーが揃った……いや、これを機になんでこうなったか聞いてみよう)


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:09:02.90 ID:b3AwerIbO

北村「いや~この面子で食事するのは別荘以来だなー」

竜児「そうだな。川嶋は仕事が忙しくて夏休み中なかなか会わなかったな」

亜美「別荘行くために最初の方で休み使っちゃったからね~高須くんに会えなくて寂しかったよ~」

竜児「お前はまた……北村と……櫛枝もソフト部が忙しかったんだよな? 」

北村「俺は生徒会もな。学祭準備もあったしなかなかハードな長期休暇であった」

櫛枝「ここぞとばかりに部活バイト三昧だったんだぜ! …あ、もちろん宿題もちゃんと終わらせたよ! この櫛枝実乃梨に常識は通用しねえ」キリッ

竜児「お前は本当に偉いよな……それに比べて逢坂は……」

大河「そんな眼で見んな犬! わ、私だってちゃんと宿題は終わらせたもん! 」

竜児「ああ確かに宿題は、な。……夏休みラスト数日のリハビリがなけりゃ、お前今頃ニートだぞ」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:16:05.26 ID:b3AwerIbO

亜美「やだー! 大河ちゃん夏休みだからってダラダラしてちゃ身長縮んじゃうよー? そのうち消えちゃうんじゃなーい? 」

北村「そうだぞ大河! 高校生たるもの夏休みこそ元気に活動しなければな! 」

櫛枝「逢坂がこれ以上小さくなったら……たしかにぷりていーだけど消えるのは嫌だー! オラを見捨てないでけろー! 」

大河「あ……は、はい……(やっぱみんなおかしい……ばかちーなんて大河ちゃんになってるし)」

キーンコーンカーンコーン
北村「お、いかんいかん、もうこんな時間か。ほらみんな! 次の授業の準備だ! 」

亜美「次なんだっけー? 」

竜児「次は数学だな」

櫛枝「Oh...食後の数学は睡魔との戦いだ…」

大河「あ……(結局みんなに聞きそびれた……)」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:23:00.85 ID:b3AwerIbO

放課後

大河「結局聞きそびれたまま学校終わった……ああー! モヤモヤする! 」

竜児「……なに一人でブツブツ言ってんだ逢坂、さっさと帰るぞ。今日は豚肉が安いからトンカツだ」

大河「……アンタもまだ……ってトンカツ!? 早く帰ろう竜児! 」

竜児「おう。泰子も今日は早いらしいから急がないとな」





高須家

大河「竜児ー入るよー」←一回家帰って着替えた

竜児「おう。すぐに出来上がるから待ってろ」

泰子「逢坂ちゃんおかえりー」

大河「ただいまやっちゃん……やっちゃんもか……」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:30:29.58 ID:b3AwerIbO

食事

竜児「……それでよ、自作の蕎麦を届けようとするんだよ」

泰子「え~気持ち悪~い。ね~逢坂ちゃん? 」

大河「」ボー

竜児「逢坂? どうしたんだボーっとして。いつもは三杯からが本番のお前らしくないな」

大河「な、なんでもないわよ……おかわり! 」

大河(そうよ、別に実害があるわけじゃないし。っていうか……つっこんだら負けな気がしてきた……)


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:31:34.15 ID:b3AwerIbO

泰子「じゃあ行って来ま~す。逢坂ちゃんも遅くならないうちに帰るのよ~」

竜児「おう。行ってらっしゃい」

大河「わかってるよ。行ってらっしゃいやっちゃん」

大河「そういえば竜児。今日はブサ子の奴やけに静かじゃない? 」

竜児「ブサ子言うな。インコちゃんなら健康診断で病院だ」

大河「へえ病院……まさかあの時の病院? 」

竜児「……まあな」

大河「なんでわざわざ? そりゃあの時は夜遅かったから、しかたなくあそこにしたけど……あの医者ブサ子のことキモがってたじゃない。まあ事実キモいけどさ」

竜児「……他の病院は……受け入れ拒否しやがった……」

大河「……」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:41:46.07 ID:b3AwerIbO

大河「じゃ、私もう帰るわ」

竜児「おう。じゃあな……まった、逢坂」

大河「? なによ竜児」

竜児「……いや、なんでもない。また明日な」

大河「……? うん、おやすみ……」





竜児「……」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:48:09.56 ID:b3AwerIbO

翌日
大河「ん……なんか目ぇ覚めちゃったな……起きるか……」

大河「竜児はまだ来てない……まあもう起きてはいるでしょ」




高須家

大河「」ピンポーン

大河「……遅い」

ガチャ
竜児「おう、おはよう。今日は自力で起きたんだな」

大河「出るのが遅い。主人が呼んだらすぐに来なさいよ」

竜児「……朝から絶好調だな。飯はもうできてるぞ」

大河「ん」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:55:46.84 ID:b3AwerIbO

竜児・大河「「いただきます」」

大河「脂身のとこ食べて」

竜児「おう。今日は余裕をもって登校出来そうだな」

大河「早起きしたからね」フフン

竜児「……普段が遅すぎるという説も」

大河「ないわよ。おかわり」

竜児「おう……ってもうねぇよ! 何杯目だ! 」

大河「昨日のツケが回ってきたのよ。借りたら返す。社会の基本じゃない」

竜児「……もはやなにも言うまいよ」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 02:59:33.75 ID:b3AwerIbO

大橋高校

春田「おはよ~高っちゃん~」
能登「高須、おはよ」

北村「おはよう高須! 今日は余裕をもって登校したな。感心感心」

竜児「おう。おはよう」

春田「大河もおはよ~」

能登「お、おはよう……大河」

北村「おはよう! 大河も余裕だな! 相変わらず高須と仲良しでいいことだ! 」

大河「お、おはよう北村くん! 仲良しだなんてそんな……ってそこのモブ二人」

春田「モブ? モブってなにボブの親戚? Yies I モブ! 」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 03:00:25.32 ID:b3AwerIbO

大河「脇役って意味よアホの化身。アンタら今大河って……」

キーンコーンカーンコーン
北村「お、おっと予鈴だ! さあさあ席に着け大河! 」

大河「あ…? え、あ、うん……」

大河「あいつら確かに大河って……本当になんなのよ……」



能登「だから言ったじゃん嫌だって! ほら超怒ってるよ逢坂……」ヒソヒソ

春田「な~モブってことはやっぱボブの親戚に決まってるよな~北村~? 」

北村「流石に違和感だったか……そろそろ潮時かな……」ヒソヒソ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 03:05:54.56 ID:b3AwerIbO

昼休み

大河「……竜児」

竜児「どうした逢坂? あ、まだ弁当渡してなかったっけか。ほらよ」

大河「……ちょっと来なさい」

竜児「お、おう」






北村「逢坂が動いた……よし、俺たちも行くぞ」

櫛枝「了解、大佐。スニーキングミッションを開始する」

亜美「めんどくさ~い。なんで亜美ちゃんがチビタイガーの跡なんかつけなきゃなんないのよー」

北村「お前も一枚噛んだだろ。いくぞ! 」逢坂


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 03:12:21.52 ID:b3AwerIbO

校舎裏

竜児「なんだよ逢坂。なんかあったのか? 」

大河「……逢坂、ねぇ」

竜児「そ、それがどうしたんだ? 」

大河「どうしたのかはアンタが一番よくわかってるんでしょうよ。……アンタら、一体何のつもりよ」

竜児「そ、それはだな……「そこからは私からお話しましょう」

大河「……みのりん? 」

櫛枝「よう逢坂……いや、大河よ」

大河「! みのりん、今大河って……」

櫛枝「そりゃあおめぇ、親友である俺っちが名前で呼ばなきゃ誰が呼ぶのよ」

大河「で、でもさっきまでは……」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 03:16:31.54 ID:b3AwerIbO

北村「それは俺のせいなんだ、逢坂」

大河「き、北村くん……? あ、元に戻ってる……」シュン

北村「今回の『ゲーム』を発案したのは他でもない、私だ」

櫛枝「お前だったのか……なんてな。つまりそういうことだったのさ! 」

大河「え? どゆこと? 全然わかんない」

北村「だから『ゲーム』だったんだよ。逢坂の呼び方をどこまで変えられるか、っていう」

櫛枝「私たちは大河が何時つっこんでくるか、wktkしてたんだぜ! 」

亜美「ほんとくだらないよね~タイガーの呼び方なんてどうでもいいっての」

大河「あ、いたんだばかちー」

北村「その割にはしっかり乗ってたよな」

竜児「大河ちゃんなんてウチのお袋以外で呼んでる奴初めてみたぜ」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 03:23:44.97 ID:b3AwerIbO

大河「そういえば竜児、やっちゃんも私のこと逢坂って……」

竜児「ああ、泰子……お袋にも協力してもらったんだよ。俺だけ苗字ってのも変だろ? ちなみに春田と能登にも協力してもらった」

大河「ああ、あのモブ二人ね。ふーん……っていうかさ、そのゲームってなにを基準にしてたのよ? 違和感なら昨日の朝竜児に会った時からあったんだけど」

北村「それはズバリ、逢坂が直接俺たちの誰かにつっこんでくることだ。つまり今日の昼休みをもって終了だな」

櫛枝「このまま大河がつっこまなかったら、明日には私たちみんなで大河のことオーガって呼ぶ予定だったのよ。地上最強が二人になってしまうところだった……」

大河「大河だからおおがってこと……? 」

竜児「で、俺たちは一人一人どのタイミングでお前がつっこんでくるか予想してたわけだ」

亜美「私はオーガまで全然余裕だと思ったんだけどな~。ほら逢坂さんって図太いから。見た目とおんなじで」

大河「はっ倒すぞバカチワワ」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 03:28:46.75 ID:b3AwerIbO

大河「はあ……なにやってるかと思えばこんな下らないことやってたなんてね」

北村「ちなみに一番近い予想は櫛枝だな。流石にいいカンだ」

櫛枝「ふっふっふ……ゲームとはいえ大河のことである以上当然よ」

大河「あんまりうれしくないよみのりん……」

キーンコーンカーンコーン
北村「よし、教室に戻るか。じゃあ一番ビリ予想の高須は逢坂含むみんなにジュース奢りな! 櫛枝には二本! 」

櫛枝「ヒャッハー! 高須くんゴチになりやす! 」

亜美「あ、私午後ティーのストレートね」

タッタッタッ
大河「……みんな行っちゃった」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 03:31:06.33 ID:b3AwerIbO

大河「っていうかアンタビリなの? だっさ! 」

竜児「しかたねぇだろ……自分でもどうかと思うけど、俺の予想はお前が俺と最初に会話した時なんだから」

大河「……なんでそんな早い段階に予想したのよ? 」

竜児「……最初に言っただろ。俺は竜。お前は虎。並び立つ二人は対等なんだから名前で呼ぶんだって」

竜児「だから、だ」

大河「……」

大河「……ふん。それはアンタが勝手に言ってることでしょ。しかもたかがゲームなのに……なにマジになってんだか……」
竜児「う、うるせぇな……別にいいだろ」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 03:33:25.81 ID:b3AwerIbO

大河「……ほら授業に遅れちゃう。さっさと行くよ」

竜児「おう。そうだな」



大河「ねぇ、竜児」

竜児「なんだ、大河」

大河「もしもよ、もしもアンタが『竜』なら……」





大河(『並び立てる』のは『虎』だけ……ってことにならないのかな)





大河「……ううん。なんでもない」


おわり


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 04:39:05.03 ID:b3AwerIbO

寝れん……からおまけ


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 04:39:05.03 ID:b3AwerIbO

さくら「ねーねー幸太くん」

富家「なに? さくらちゃん」

さくら「幸太くんの苗字ってなんて読むの? 」

富家「え? それはもちろん富家だけど」

さくら「でもさ、原作2巻の幸福の手乗りタイガー伝説とかアニメだとトミイエで、スピンオフの3巻の不幸のバッドエンド大全だとフケってルビがふられてるんだよね~」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 04:41:54.40 ID:b3AwerIbO

富家「う~ん……正直自分の苗字の読みがぶれてるっていうのは不幸の極みだと思うけど……やっぱり富家でいいんじゃないかな? 」

さくら「わかった! 富家ね! あたしも富家のほうがいいと思うよ! 」



さてあなたはどっち?



おやしみ ノシ


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 05:25:21.37 ID:Q3VdCoVz0


珍しく普通のSS





    スポンサーサイト竜児「起きろ。逢坂」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。