スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「よぉピカチュウ」美琴「ピ!ピカチュウ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2010/12/18 19:30
上条「よぉピカチュウ」美琴「ピ!ピカチュウ!」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 18:47:00.61 ID:5x2fWJjJ0

上条「・・・」

美琴「・・・」

上条「・・・え?」

美琴「な、なによ!せっかくノってやったんだから少しくらい反応しなさいよ!」

上条「お・・・おう」

美琴「・・・」

上条「えーっと・・・ハハッ」

美琴「おいコr
上条「ピカチュウ!十万ボルトだ!」

美琴「ピーカー!!!」バチバチ

上条「・・・」

美琴「ヂュウウゥウウウ!!!!www」バチバチバチバチ



上条「アレ・・・コイツこんなノリ良かったっけ?」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 18:52:40.49 ID:l67vT0XeO

おい、可愛いな


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 18:52:57.35 ID:yGoz1yQp0

これはきたな


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 18:53:42.63 ID:sEIAz5gKO

どっちもトキワの電気タイプなんだな


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 19:16:21.80 ID:cnuYCRS5O

>>9
俺は評価するぞ


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 05:15:30.17 ID:13u0V6tjO

>>9の様なもしもしになりたい


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 18:58:21.36 ID:5x2fWJjJ0

美琴「ピカッwww」バチバチ

上条(なんかビリビリの性格的に怒りそうな気がしたんだけどな・・・)

美琴「・・・」

上条(もしかしてコイツ少し丸くなった?)

美琴「ねぇ・・・」

上条(ビリビリって言っても怒らないかも・・・)

美琴「ねぇってば!」

上条「お、おぅ、どうしたビリビリ・・・」

美琴「ビリビリって言うなやぁあ゛ああ!!!」バチバチバチバチ

上条(あ、これは怒るんだ)

美琴「だいたいアンタはいつもいつm
上条「ピカチュウ!電光石火だ!!!」

美琴「ピカッ!ww」シュンシュンシュンシュン



上条「なにコレ、しかも速い・・・!」キョロキョロ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 19:07:55.31 ID:5x2fWJjJ0

美琴「ピカッ、ハアハア・・・」バチバチ

上条「お、おい・・・大丈夫か?」

美琴「だ、大丈夫よ!私を誰だと思ってるの?ハァハァ」

上条「そ、そうか・・・悪い」

美琴「べ、別にっ」

上条「なぁ・・・」

美琴「なによ?」

上条「お前ってそんなノリよかったっけ?」

美琴「いや・・・まぁ、その・・・」

上条「ん?」

美琴「そ、その方が・・・一緒にいて楽しいでしょ・・・?」モジモジ

上条「まぁ・・・そうだけど(いやいや!お前のは全力すぎてなんか恐いんだけど!)」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 19:10:30.33 ID:leYdiQpm0

ピカチュウ
ケーシィ
キレイハナ
ポッポ


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/16(木) 01:24:00.22 ID:FsUlovlU0

>>24
おいwwwww
ぽっぽやめろwwww


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 19:20:28.01 ID:5x2fWJjJ0

美琴「え・・・?もしかして私・・・なんか違った・・・?」

上条「い、いや!合ってる!楽しい!今日のお前すげぇ楽しいよ!」

美琴「そ、そう?///」パアッ

上条「おう!ww」

上条(そうか・・・コイツも一応俺と仲良くなろうとしてくれてるんだな、でもコイツって友達いないから・・・)

美琴「・・・」

上条(いや、いないかどうかハッキリとは分からないけどさ、決め付けとか失礼だけど・・・)

美琴「・・・」

上条(どうせいないからなコイツ、よく考えたらそんな顔してるわ、うん、どの角度から見てもいなさそう)ジロジロ

美琴「な、なによぉ・・・」

上条(だから友達と接する時のノリのさじ加減が分からなくて、恐いくらい全力でやってしまうんだな!!)


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 19:37:13.32 ID:5x2fWJjJ0

上条(コイツはコイツで必死で楽しまそうとしてくれてるんだ)

美琴「ねぇ」

上条(なのに俺はさっき、コイツの事恐がったりして可哀想なマネを・・・)

美琴「ねぇねぇ・・・」

上条(いいぜ・・・上条当麻!お前がコイツの事を理解できなかったって言うなら!)
上条(コイツが必死で楽しませようとしたこの場を!恥を忍んで俺に与えてくれたこの暖かい場を!)
上条(お前がちっとm
美琴「ねぇってば!!!!!」

上条「うるせぇ!ちょっと待てよ!!絶対ダメだろそれは!!頼むからちょっとだけ待ってくれよぉっ!!!!」

美琴「ひっ、ごごごごめんっ!(な、何なのよ!)」

上条(上条当麻!お前がちっとも楽しめなかったって言うなら!まずは、テメエのその!)

美琴「・・・」

上条(ふざけた幻想をぶっ殺す!!!!)キリッ!


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 19:41:22.51 ID:cnuYCRS5O

>>47
セルフ説教止められてキレるとかww


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 19:54:46.70 ID:5x2fWJjJ0

美琴「・・・」

上条「・・・が・・・う」

美琴「え?」

上条「違うなぁ、絶対違うなぁ!途中で切られたからだよなぁ!どう考えても!」イライラ

美琴「え、え?」

上条「ビリビリ!!」ガシッ!

美琴「え!?な、なななななにっ!?」

上条「ちょっとでいいからさ!本当ちょっとでいいから黙っててくんない?本当ちょっとでいいんだわ!」

美琴「え、わわわわわかった!」

上条「あぁ、すまないな」

美琴(な、なに!?もしかして私コイツのカンに障る事しちゃったわけ!?)


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 19:55:56.06 ID:5x2fWJjJ0

上条「ふぅー」スーハー

上条「・・・」

上条(コイツはコイツで必死で楽しまそうとしてくれてるんだ)

美琴「・・・」

上条(なのに俺はさっき、コイツの事恐がったりして可哀想なマネを・・・)

美琴「・・・」

上条(いいぜ・・・上条当麻!お前がコイツの事を理解できなかったって言うなら!)

カラス「カァカァ!」

上条(コイツが必死で楽しませようとしたこの場を!恥を忍んで俺に与えてくれたこの暖かい場を!)

カラス「カ゛ァー!カ゛ァー!」

上条(お前がちっとも楽しめなかったって言うなら!まずは、テメエn
カラス「ガァァア゛アアア!!!!ガァアア゛アアア゛!!!!!」

上条「ぶち゛殺す゛っ!!!!」 クワッ!

美琴「ひっ!わ、わわわ私は何もしてないってば!!!」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 20:00:00.33 ID:5x2fWJjJ0

上条「はぁ、もういいや・・・」

美琴「え?」

上条「可哀想な女の子の前ですら格好つける事が許されないなんて・・・不幸だ」

美琴「可哀想?」

上条「・・・で、何?」

美琴「え?」

上条「お前、さっき何か言いかけたじゃん」

美琴「あ、ああ!え、えぇーっと」アタフタ


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 20:02:48.98 ID:cmMyTE2xO

説教の出来ない上条さんなんて…


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 20:08:52.64 ID:5x2fWJjJ0

美琴「ア、アンタが・・・その・・・私のピカチュウ楽しんでるなら・・・その・・・///」

上条「・・・うん」

美琴「きょ、今日一日くらいピカチュウしてあげてもいいわよっ!///」

上条「・・・」

美琴「・・・え?」

上条「あ?あ、ああ!うん!マジで!?わーい!すっげぇ嬉しい!!楽しそう!!・・・ははっ」

上条「・・・」

美琴「で、でしょ!?www全く、仕方ないわねー!www」ドキドキ

上条「・・・」

上条(コイツには俺が喜んでるように見えたのか・・・?)

美琴「?」

上条(・・・なんだか可哀想になってきたよ・・・ビリビリ)

美琴「・・・」

上条(やっぱり友達いないんだな・・・)


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 20:17:07.31 ID:eCVZbQYoQ

ワロタ


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 20:17:56.28 ID:5x2fWJjJ0

上条(でも安心しろビリビリ!お前が友達いなくて淋しいっていうなら、俺がまずお前の友達になって・・・)

美琴(ま、また何か考え事・・・?とりあえず黙っておこうかしら・・・)

上条(お前のその、友達いないなんてふざけた幻想をぶち殺す!!!)キリッ!

美琴「・・・」

上条「あ、出来た・・・よ、よかったぁ!!もしかしたらもう一生出来ないのかと思った!」

美琴「な、何が・・・?」

上条「いや、完全にこっちの話だ、それより今の上条さんなら何でも出来る気がするぜ!!」

美琴「あ、そ、そう・・・」

上条「よーし、ピカチュウでもなんでもきやがれ!」

美琴「ピカッ!」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 20:32:59.07 ID:5x2fWJjJ0

上条「よーしピカチュウ!w」

美琴「ピカッ!www」

上条「電光石火であの鉄棒を逆上がりだ!」

美琴「ピカァ!!wwww」シュンシュンシュンシュン

スタスタ

美琴「ピーカーwwww」グッ

上条「・・・」

美琴「ヂュゥゥウウウ!!!」グルン!

上条「おお!いいぞ!さすがだ!ピカチュウ!wwww」

美琴「ピカァァアアwwww」ピカピカ



上条(すごく笑顔が輝いてる・・・)


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 20:40:53.28 ID:5x2fWJjJ0

美琴「つ、次は!?」

上条「え、えーっと・・・」

美琴「ピカァ!!www」

上条「・・・あ、あそこの のぼり棒をのぼるんだ!十万ボルトしながら!!」

美琴「ピーカー!!ヂュゥゥウウウ!!!www」ヨジヨジ

上条「・・・」

美琴「ピカァ!www」シュー

美琴「ピカピカァ!www」

上条「あ、うん、よーし!よくやった!」ナデナデ

美琴「ピッ!?ピッカァァアアアア゛ァアア!!!!wwwwww」バチバチバチ

上条(うっわ、すげぇ嬉しそう・・・)

上条(つーかコレやってる事、別にピカチュウじゃなくてもいいよな・・・)


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 20:51:27.59 ID:5x2fWJjJ0

美琴「ピカッ!」

上条「え?あー、えっとじゃあ、ピカチュウ!滑り台だ!あの滑り台を滑るんだ!!」

美琴「・・・」ピタッ

上条「え?・・・あ、あぁ!電磁波!電磁波しながら滑るんだ!」

美琴「ピカァアアッ!www」ダッ!

上条(えっ、コレいちいち電気系の技絡めないとダメなの!?めんどくさっ)

美琴「ピッカ♪wピッカ♪w」カンカンカンカン

上条「・・・」

美琴「ピカッ!w」

上条「あ、あー!ちゃんと見てるよ!よし滑るんだ!」

美琴「ピーカー・・・」バチバチバチ

上条「・・・」

美琴「ヂュゥゥウウウ!!!www」スー

上条(やっべ、コレ何が面白いの)


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 21:08:38.33 ID:5x2fWJjJ0

美琴「ピカァ!!www」スッ

上条(うっ・・・もう自分から頭差し出してるじゃん・・・)

上条「よーしよーしw」ナデナデ

美琴「ピッカァァアアアア゛ァアア!!!!wwwwww」バチバチバチバチ

上条「おいおい電気漏れ過ぎだってwww(あっ、ちょっと面白くなってきたかも)」

上条「よーしピカチュウ!w次はそうだなー、あのブランコを漕ぐんだ!十万ボルトで!」

美琴「ピカッ!」スタスタッ

美琴「ピーカー・・・」バチバチバチバチ

上条「・・・」

美琴「ヂュゥゥウウウ!!!www」ギーコギーコ

上条「ふはっwwwwいいぞ!wwwピカチュウ!wwwww」

上条「・・・」

上条(アレ?あとピカチュウの技って何があったっけ?)


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 21:15:47.15 ID:5x2fWJjJ0

美琴「ピカピィ!!www」

上条「ん、よしよし」ナデナデ

美琴「ピッカァァアアアア゛ァアア!!!!wwwwww」バチバチバチバチ

上条(相変わらず嬉しそうだ・・・)

上条「えーっと、次は・・・」

美琴「ピカッ!www」キラキラ

上条「んー・・・・・・あっ!!」

美琴「ピカッ?」

上条「あ、あの・・・」

美琴「・・・?」

上条「で、電光石火だっ!あそこのクレープ屋でクレープを買ってくるんだ!電光石火で!二人分!電光石火でぇっ!!」

美琴「・・・」

上条「・・・」

美琴「・・・」

上条「・・・ゆけっ!」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 21:22:25.76 ID:5x2fWJjJ0

美琴「いや、アンタ“二人分で!”を“電光石火で!”で挟んで分からないように私にクレープ奢らそうt
上条「あれ?ピカチュウって喋れるの?」

美琴「ピカッ!」

上条「あー、楽しかったけど、もうこれでお終いかな・・・」チラッ

美琴「ピッカァアアアア!!!!」シュンシュンシュン


上条「ふうっ・・・」

上条「・・・」

上条「アレ?もしかしてアイツってバカなの?」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 21:26:03.20 ID:KEXmzDsW0

なにこの御坂きめえ
マスターボールためらわず使うレベル


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 21:55:39.59 ID:5x2fWJjJ0

美琴「ピカッ!」スッ

上条「あ、ありがとう・・・うまそうだな」ナデナデ

美琴「ピッカァァアアアア゛ァアア!!!!wwwwww」バチバチバチバチ

上条(コイツさっきから俺が頭撫でただけでこんなにも嬉しそうに・・・)

上条(そんなに友達が欲しかったんだな・・・ビリビリ)

美琴「ピッカ♪wピッカ♪w」パクパク

上条(上条当麻・・・お前は本当にこんなんでいいのか?)パクパク

美琴「ピカ・・・?」

上条(コイツの純情な気持ち踏みにじってクレープなんて奢らせて・・・)パクパク

上条(いくらコイツが喜んでるとはいえ、こんなのって違うんじゃないか?)パクパク

上条(このクレープうめぇ・・・いや、そうじゃなくて!!)

美琴「・・・?」

上条「・・・やめだ」

美琴「え?」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:04:04.52 ID:5x2fWJjJ0

上条「そもそも、お前はピカチュウなんかじゃないし」

美琴「え!?そ、それはそうだけど・・・も、もしかしてつまんなかった・・・?」

上条「いや楽しかった、特に後半は普通に楽しかった」

美琴「じゃ、じゃあ!」

上条「でも違うんだ!お前はお前であってピカチュウじゃない!」

美琴「・・・」

上条「俺はやっぱり素のビリビリと一緒にいる時が一番楽しい!」

美琴「・・・わ、私は・・・・・・でも・・・ない」

上条「え?」



美琴「私はビリビリでもないっつてんの!!!!!」

上条「あ、全くノーマークだったところ怒られた」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:13:54.55 ID:5x2fWJjJ0

上条「・・・あぁ、そうだったな、美琴w」

ポンッ

美琴「み、みみみみっみみ美琴!?///」

上条「・・・今日はいっぱい楽しませてもらったし、クレープまで奢らせてしまった・・・だからさ」

美琴「・・・?///」

上条「今度の日曜・・・もし予定なかったらお返ししたいし、二人でどこか行かないか?」

美琴「ふ、ふふふふっふ二人きりで!?///」

上条「あぁ・・・」

美琴「べ、別に、私はお返しなんて、い、いらないけど?日曜は暇だし、アンタがそ、その・・・どうしてもって言うなら・・・!」

上条「どうしたもだっ!」キリッ!

美琴(・・・やだ勇ましい・・・///)ドキドキ


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:16:44.47 ID:BC7fBeoD0

上条さん肝心ところで噛む


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:21:00.98 ID:Q+/Eu9+e0

どうしたもwwwwwww


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:21:59.27 ID:5x2fWJjJ0

上条(せっかくカッコよく言ったのに噛んじまった!!///)

美琴「///」ドキドキ

上条(あ、でもなんか気付いてないっぽい・・・アブねー!)

上条「で、どうだ?」

美琴「わ、わかったわよ・・・全く、仕方ないわねー!www///」

美琴(やったぁあああ!!!ちょっとでもコイツに近づくために頑張ってよかった!!)ニヤニヤ

上条(友達と出かけるのがそんなに嬉しいのかビリビリの奴・・・)

美琴「へへっwww///」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:31:01.30 ID:5x2fWJjJ0

上条「御坂・・・ww(コイツもこんなに頑張ったんだ・・・俺もしっかりコイツの友達しないとなw)」

美琴「・・・」

上条「・・・ん?御坂?」

美琴「・・・」

上条「みさ・・・あぁ、美琴・・・?」

美琴「なによっwww///」

上条「ww遅くなったし、今日はぼちぼち帰ろうぜ美琴w送ってくよ」

美琴「う、うん///ありがと///」ニヤニヤ

上条「行くぞ、美琴w」

美琴「れ、連呼するなぁ///まだ慣れてないんだからっ///」

上条「はいはい、あとそうそう、それとさ・・・」

美琴「な、何・・・?」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:40:51.40 ID:5x2fWJjJ0

上条「せっかくだし、俺の事もアンタとかじゃなくて、ちゃんと名前で呼んでくれよww」

美琴「・・・え?///」

上条(な、なんでそんな赤くなるんだよ・・・なんかこっちまで照れてくるじゃないか///)ポリポリ

美琴「も、もーっ!///しょーがないわねぇっ///」ドキドキ

上条「・・・///」ドキドキ

美琴(ちょっと!そんな顔しないでよ!!///私まで、ドキドキしてきちゃったじゃない!!///)
美琴(えっと、何言うんだっけ?あ!名前!名前ね!アレ?ヤバイ!コイツ名前なんだっけ?あぁ!緊張しすぎて頭真っ白だ!)

美琴「えーっと///(名前!名前!)」ドキドキ

上条「・・・///」

美琴(あ、そうだそうだ)

ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ


美琴「い、いくぞっ!wサトシ!www///」デレデレ

上条「あの・・・上条当麻です」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:44:21.55 ID:bPeajj6/0

ポケモンぬけてねぇwww


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:45:53.03 ID:Ety2SdovO

落語ような気持ち良いオチ


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:55:24.51 ID:5x2fWJjJ0

~帰り道~

美琴「うぅー・・・」

上条「まぁまぁw誰にでも間違えはあるってwww」

美琴「う、うん・・・間違えてごめんね・・・そ、そその・・・」

上条「・・・ん?」

美琴「と、当麻・・・///」

上条「おいおいwいきなり下の名前かよw別に無理しなくていいぜw」

美琴「む、無理なんか、し、してないわよ!///」

上条「そうかwでもさ、こういう事ハッキリ口にするのって照れるけどさw」

美琴「・・・?」

上条「俺たちはもう下の名前で呼び合う仲なんだ・・・これはもうさ・・・」

美琴「え、えええ?えええ!?ちょっ、ちょちょ!な、何よっ!!///」

上条「どう考えても俺達って・・・」

美琴「~~~~っ///」ギュッ


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 22:56:31.55 ID:5x2fWJjJ0

上条「友達だなっ!」キリッ



美琴「そ、そうかもねっ!///www・・・・・・ん?・・・え?」

上条「wwww・・・・・・え?」

美琴「・・・」ガシッ

上条「え、え?」



美琴「バカなの!!?ねぇバカなの!!?」ユサユサユサユサユサユサ

上条「あ、れ、?」ガクガクガクガクガクガク

終わり


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 23:01:09.30 ID:AokuV6Fy0

久々にいい夢見させてもらったぜ


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 23:11:36.25 ID:5x2fWJjJ0

続き書くつもりもないんでこれで終わりにします

でわ、おつかれっしたぁ


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/15(水) 23:15:31.95 ID:AokuV6Fy0

お疲れ様でええええす





    スポンサーサイト上条「よぉピカチュウ」美琴「ピ!ピカチュウ!」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。