スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「嫌ー、入らない!入らないよぅ」憂「お姉ちゃん駄目!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2010/12/27 18:30
唯「嫌ー、入らない!入らないよぅ」憂「お姉ちゃん駄目!」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 21:55:49.76 ID:Bcp7vIg70

唯「お願い許して…壊れちゃうよ」

憂「駄目だよ!ちゃんとしないと!」

唯「だってぇ…どうしてこんな事するの…酷いよ」

憂「これもお姉ちゃんの為なんだよ?だからね?」

唯「無理だよぅ、こんな大きいのは入らないよ」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:00:51.49 ID:Bcp7vIg70

憂「頑張って!入るよ!お姉ちゃんのなら入れられるから!」

唯「許して…憂、許してよ…どうして、こんな酷い事するの?」

憂「酷い事?何言ってるの!お姉ちゃん!全部、お姉ちゃんの為なんだよ?」

唯「でも、こんなのってないよ、こんな無理矢理だなんて…壊れちゃうよ」

憂「大丈夫だからね?そんな簡単には壊れたりしないから」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:03:35.30 ID:Bcp7vIg70

唯「でも…そんなに大きいのは入らないよ」

憂「全部入れちゃえば、楽になるから」

唯「うううっ…大きいよ…キツいよ…」

憂「お姉ちゃん頑張って!それじゃあ、行くよ!」

唯「はぁぁぁ…いや…大きい…裂けちゃう…」

憂「ゆっくり、優しく入れるから大丈夫」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:07:25.94 ID:Bcp7vIg70

唯「あっ…中でミリミリ音がするよ」

憂「お姉ちゃんのは丈夫だから大丈夫だよ…」

唯「嫌ぁ…中で…当たるよ…」

憂「お姉ちゃん…凄い、大きいのにもう少しで全部入りそうだよ…」

唯「憂…ゆっくり優しくして」

憂「わかってるよ、お姉ちゃん」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:08:34.43 ID:e723ZsK2P

はいった!


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:10:37.58 ID:Bcp7vIg70

唯「はぁはぁ…大きい…凄い…あー」

憂「お姉ちゃん…お姉ちゃん…はぁはぁ」

唯「もう…駄目…いやぁ…」

憂「頑張って!もう少しで全部は入るから」

唯「うん…」

憂「行くよ、良い?お姉ちゃん」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:14:32.59 ID:Bcp7vIg70

唯「良いよ…憂…」

憂「はい…」ググッ

唯「入った…全部入った…凄く大きいよ…あああ…」

憂「ねっ?お姉ちゃんのなら入るって言ったじゃない」

唯「うん…憂の言った通りだった…」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:16:11.34 ID:Bcp7vIg70

憂「良かった…これでお姉ちゃんも…」

唯「うん…憂のおかげだよ」

憂「お姉ちゃん、嬉しい…」

唯「うん…ほんとに良かった…」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:18:20.25 ID:Bcp7vIg70

唯憂「お弁当箱が革鞄の中に入って!!」

ーおしまいー


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:19:22.26 ID:9WsygY2vP

……


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 22:27:31.97 ID:QhuvSPq60







    スポンサーサイト唯「嫌ー、入らない!入らないよぅ」憂「お姉ちゃん駄目!」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2010/12/28(火) 23:09:15.00 ID:SSJUNKIE27
  2. なんというスレタイ詐欺
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。