スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝壺「きぬはた、ちゅーして?」絹旗「ちゅ、ちゅー!?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/02/25 19:30
絹旗「友達が超欲しいです!」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:59:09.27 ID:bTj143bb0


滝壺「うん。ちゅー」

絹旗「えっと・・・?ちゅーって、あの、その・・・」

滝壺「接吻」

絹旗「ぶええええっ!?」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:03:01.44 ID:bTj143bb0


絹旗「えっ!?な、なななんで!?超いきなりそんなことを!?」

滝壺「きぬはたとちゅーしたいの」

絹旗「だ、だから!なんですか!?」

滝壺「・・・・・・」

絹旗「・・・・・・」

滝壺「・・・きぬはたが好きだから///」ポッ・・・

絹旗「た、滝壺さん・・・」ドキッ・・・

絹旗「・・・・・・」

絹旗「・・・えっ?いつの間にそんなフラグが・・・?」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:04:48.82 ID:bTj143bb0


滝壺「ねぇ、きぬはた?」

絹旗「は、はいっ。な、なんでしょう・・・」

滝壺「きぬはたは私のこと好きじゃないの・・・?」シュン・・・

絹旗「い、いえ・・・そんなことは・・・むしろ超好きな部類です・・・」

滝壺「じゃあ、ちゅーしよ?」

絹旗「いや、だからそうじゃなくてね?」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:10:45.56 ID:bTj143bb0


絹旗「滝壺さん」ガシッ!

滝壺「はい・・・///」ウルッ・・・

絹旗「そんな潤んだ瞳で超見つめないで・・・」

滝壺「ちゅー///」

絹旗「ウエイト!だから超ウエイト!!」

滝壺「・・・やっぱきぬはたは私のこと・・・」シュン・・・

絹旗「いえ、だから超好きです・・・って、そういうことではなくて!!」

滝壺「?」

絹旗「いきなりどうしちゃったんですか、滝壺さん!?」

絹旗「超浜面ならフラグも超立ってるし一応男だし接吻を迫る気持ちもわからなくはないですが・・・」

絹旗「どうして、そこでいきなり私と接吻をしたいと言いだすんですか!?私、超ペチャパイながらも一応女の子ですよ!?」

滝壺「きぬはたが一番好きだから・・・///」ポッ・・・

絹旗「わーお、即答だぁ」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:13:55.49 ID:bTj143bb0


絹旗「えーと、滝壺さん?」

滝壺「はい・・・///」ウルッ・・・

絹旗「だからそんなに超見つめないで・・・」

絹旗「あのですね、私は女の子です」

滝壺「そうだね」

絹旗「それなのに私と接吻したい。私のことが超好きだから」

滝壺「うん」

絹旗「・・・それは超恋愛感情的な意味で?」

滝壺「きぬはたとならいいよ・・・///」

絹旗「わーお、ガチ百合だぁ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:20:28.73 ID:bTj143bb0


絹旗「・・・わかりました」ハァ・・・

絹旗「とりあえず滝壺さん超恋愛感情的な意味で私のことが好き。そういうことにしておきます」

滝壺「声に出されると恥ずかしい・・・///」ポッ・・・

絹旗「あっ、すいません・・・」

滝壺「ううん・・・でも本当のことだから・・・」

絹旗「・・・・・・」

絹旗「なんで私なんですか?」

滝壺「えっ?」

絹旗「滝壺さんはなんで私のことが超好きなんですか?」

絹旗「超浜面はともかくとして、麦野やフレンダと比べても私は滝壺さんとフラグを立てたような覚えは・・・」

滝壺「一目ぼれ・・・///」ポッ・・・

絹旗「わーお、出会った時からガチ百合だぁ」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:27:37.26 ID:bTj143bb0


滝壺「はじめて出会った時からずっと胸が痛かった・・・」

滝壺「もう、きぬはたのこと以外は考えられないの・・・」

滝壺「だから・・・ちゅーして?」ウルッ・・・

絹旗「・・・滝壺さんがガチ百合なのは超理解しました。そういうことにしておきます」

滝壺「百合ってなぁに?」

絹旗「あっ、えっとですね。いわゆるレズビアンのことを・・・」

絹旗「・・・・・・」

絹旗「いや、だから超落ち着いて?」

滝壺「?」

絹旗「私はレズじゃないんですよ。だから滝壺さんの気持ちには超応えることは・・・」

滝壺「一夜限りでもいいから抱いてほしい・・・!」

絹旗「わーお、一気に超ビッチ」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:32:33.80 ID:bTj143bb0


滝壺「・・・・・・」グスッ・・・

絹旗「わっ!?ご、ごめんなさい!!流石にビッチは超言い過ぎまし・・・」

滝壺「・・・いいの」

絹旗「ふぇっ?」

滝壺「きぬはたが私のことキラいだってことよくわかったから・・・」グスッ・・・

絹旗「いや、だから嫌いとかじゃなくてですね・・・超恋愛感情的な意味で・・・」

滝壺「私のこと好き?」

絹旗「えぇ、はい」

滝壺「ちゅー///」

絹旗「人の話、超聞いてませんよね?」

滝壺「ちゅーしてくれるまでなにも聞こえない・・・///」

絹旗「わーお、超うっぜぇ」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:36:13.03 ID:bTj143bb0


滝壺「・・・しれくれないの?」

絹旗「してあげません!」

滝壺「・・・・・・」ウルッ・・・

絹旗「超潤んだ瞳で見つめてもダメです!」ムキー

滝壺「・・・きぬはたのケチんぼ」ムスー

絹旗「超ドケチで結構です!」フンス

滝壺「・・・そんなきぬはたも大好き・・・///」ポッ・・・

絹旗「わーお、無限ループって超怖くね?」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:41:47.81 ID:bTj143bb0


滝壺「むしろ、どうしてそんなにちゅーするのがイヤなの?」

絹旗「どうしてって・・・そりゃ私は超ノーマルですし・・・」

滝壺「女の子同士でした方が綺麗だよ?」

絹旗「いや、まぁ・・・ガチ百合の方から見れば超そうなんでしょうけど・・・」

滝壺「・・・女の子を好きな女の子はきもちわるい?」グスッ・・・

絹旗「いえっ!?そ、そんなことは!それは超人それぞれだと思います、はい!」

絹旗「けど、やっぱり私はそういう気持ちには超なれないというか・・・」

絹旗「それにやっぱりその・・・初めては・・・超好きな人の為にとっておきたいというか・・・」ゴニョゴニョ・・・

滝壺「それを奪う快感!」ムフー

絹旗「わーお、超最低だこの人」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:47:28.96 ID:bTj143bb0


滝壺「きぬはた、ちゅー///」

絹旗「・・・やっぱり超ループ」ハァ・・・

絹旗「・・・・・・」

絹旗「・・・一回したら超満足してくれますか?」

滝壺「するする!超する!」キラキラ・・・

絹旗「・・・ホントかよ」

絹旗「はぁ・・・滝壺さんの熱意には超負けましたよ・・・」

絹旗「ノーカウントってことにしてくれるなら、一回だけ良いですよ・・・」

滝壺「わかった。ノーカウントにする」

絹旗「・・・ホントにそれで満足してくださいね?」

滝壺「きぬはた、ちゅー///」

絹旗「わーお、やっぱり人の話聞いて無いよこの人」

滝壺「はやくはやくっ」ワクワク

絹旗「・・・・・・」

絹旗「あぁ、もうっ!!」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:51:00.66 ID:V27eQ7wKO


絹旗超可愛い


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:53:35.44 ID:bTj143bb0


絹旗「ホンットに一回だけですからっ!!」ガバッ・・・

滝壺「きゃっ・・・」

絹旗「・・・んっ」ちゅっ・・・

滝壺「あ・・・んっ・・・」むちゅ・・・

絹旗「・・・・・・」

滝壺「・・・・・・」ぱくっ・・・

絹旗「・・・!?」バッ・・・

滝壺「あぁん、まだ離れたらだめっ」

絹旗「ぱぱぱぱぱ、ぱくっ!?」

絹旗「あああああ、あなた!?超いたいけな女子中学生になにを・・・!?」

滝壺「なにをって・・・下唇くわえただけなのに・・・」

絹旗「くわえ・・・」

絹旗「・・・!!??」

絹旗「うわーん!!汚されたぁっ!!!」ダッ・・・

滝壺「あぁん、きぬはた待ってぇ」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:58:20.34 ID:bTj143bb0


それから数日後

絹旗「・・・ねぇ、滝壺さん」

滝壺「なぁに、きぬはた?」

絹旗「私、初めてキスしたあの日・・・女の子同士がなんて超思ってたんですよ」

絹旗「でも・・・今なら・・・」

滝壺「好きになるのに同性も異性も無いってわかる?」

絹旗「・・・はい」

絹旗「・・・あの時はすいませんでした」キュッ・・・

滝壺「ううん、いいの。きぬはたは今、こうして傍にいてくれるから・・・」ギュッ・・・

絹旗「滝壺さん・・・///」

滝壺「きぬはた・・・///」




滝壺「私たちのカップリングが少ないのでこんなSSを書いてみたんだけど、どうかな?」

絹旗「超却下です」

おしまい


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 05:02:59.35 ID:MjAcOSU/O


超乙でした


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 05:03:31.55 ID:oTSvaM8b0


ぬわあああああああああああああああああああああああああああ





    スポンサーサイト滝壺「きぬはた、ちゅーして?」絹旗「ちゅ、ちゅー!?」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。