スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐天「ほしいものが手に入る能力、かぁ…」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (3) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/03/16 19:30
佐天「ほしいものが手に入る能力、かぁ…」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 22:31:41.15 ID:AzcnLUty0


佐天「ほしいものあげるよ」

初春「わーい」

ポンッ

『フリーザ×セル 地獄の中心で愛を叫ぶ』

佐天「ういはる」

初春「ひゃああ~なぜわかったんですかあ~」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 23:16:58.19 ID:4l/NS7hD0


佐天「ほしいものあげますよ」

黒子「ぜひお願いしますわ」

ポンッ

佐天「パンツとブラ?でも白井さんの嗜好からするとずいぶんかわいらしいデザインですね」

黒子「(こ、これはまさか!)そ、そうですわね。でもたまになら良いと思いますの」クンカクンカ

佐天「? なんで臭いを嗅いでるんですか。変態ちっくですよ」


そのころ常盤台寮

美琴「あれ?下着が減ってる……まさか!」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 23:27:09.80 ID:4l/NS7hD0


姫神「ほしいものが手に入る能力者だと聞いた。私の願いをきいてほしい」

佐天「いいですよー。それっ」

スカッ

佐天「あ、あれ?出てこない……もう一度」

姫神「お願い」

スカッ

佐天「も、もう一回!」

姫神「頑張って」

スカッ

佐天「三度目の正直!」

姫神「数え間違えてる。これで四回目」

スカッ

佐天「うう……どうして出てこないの」グスン

姫神「どうやら私が一番ほしかったものはもう手に入っているみたい。ありがとう」ナデナデ

佐天「ごめんなさい……」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 23:29:14.23 ID:J7WawHay0


出番・・・か・・・


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 23:36:12.27 ID:4l/NS7hD0


佐天「あ、人が倒れてる。大丈夫ですかー? 」

インデックス「……何か食べる物が欲しいかも……とーまが昼ごはん作らずに出かけちゃったんだよ」

佐天「(とーま?)それじゃ」

ポンッ

佐天「はい、ハンバーガー」

インデックス「ありがとうなんだよ!」ガバッ

ガツガツ

インデックス「もっと欲しいかも」

佐天「はいどうぞ」ポンッ

インデックス「もっともっと欲しいかも」

佐天「え?まだ食べるの?まあいいけど……」ポンッ

……………
……



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 23:41:34.92 ID:4l/NS7hD0


インデックス「もうでないのかな?まだまだいけるんだよ」

佐天「もう体力が……勘弁してください」ゼーハー

インデックス「むう、わかったんだよ。ありがとうなんだよ名前も知らない人」

佐天「いや……どういたしまして」ヒーハー

インデックス「またあったら食べ物くれるとうれしいかな。そろそろ夕飯だから私は帰るんだよ。それじゃあね!」タタタッ

佐天「夕飯……食べる気なんだ……元気だなあ……」フゥー

佐天(あれ?……十字教って暴食は戒めてなかったっけ?)


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 23:51:09.42 ID:4l/NS7hD0


木山「ほしいものが手に入る能力か。確かに珍しい能力だ」

佐天「そうみたいですねー。で、何かほしいものあります?」

木山「私は君を弄んだ人間だぞ?」

佐天「あたしが良いって思ったら良いんですよ。能力の練習にもなりますし」

木山「……なら一つ頼もうか」

佐天「りょーかいです。てやっ」

ポンッ

佐天「ガラス瓶と、中に赤い結晶?これがほしいものなんですか」

木山「これは!……ありがとう。君の恩は一生忘れない」ギュッ

佐天「へ?え?そんなに?あ、いや、どういたしまして?」

木山「用事が出来たからこれで失礼させてもらうよ……これがあれば……待ってろ……」

佐天「……なんだったんだろう?ま、いいか」



顔芸「ファーストサンプルがねえぞ!?どこにやった糞兄貴!」

木原くン「知らねえよ!テメェのモンなんざ頼まれたってぬすみゃしねーよ!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 00:35:01.28 ID:ymaD+5bm0


佐天「そこのお二人さん、ほしいものはありませんかー」

一方通行「あァ?何だいきなり?何かの勧誘ですかァ?」

打ち止め「はいはーい!ゲコ太人形が欲しいってミサカはミサカは意見を表明してみたり」

一方通行「知らない人にモノ貰うなって黄泉川に言われてんだろォがクソガキ」

佐天「ゲコ太人形ね、はいどうぞ」

ポンッ

打ち止め「わわっ本当にくれたイエーイってミサカはミサカは喜んでみたり!」

一方通行「オイコラだから貰うなッつー……駄目だ聞いちゃいねェ」

佐天「お兄さんはどうですか?ほしいものはないですか?」

一方通行「ねェな。っつーかなんでテメェはこんなことしてンだ?何の得がある?」

佐天「即答速攻全否定ですか。ただの能力練習ですよ。ねー本当に無いんですかほしいもの」

一方通行「ねェっつってンだろ。聞こえてないンですかァ?その年で耳が遠いとか大変ですねェ」

佐天「むー!なら無理やりにでもほしいものを出してやる!ていっ!」

バサッ!


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 00:36:52.79 ID:ymaD+5bm0


佐天「なにこれ?コミックL……」

一方通行「ちィょっと待ったァァー!」シュバー!

打ち止め「うわわわっ!ちょっとあなた慌て過ぎかもってミサカはミサカは驚愕してみたり」

佐天「……あれー?ほしいものは無かったんじゃなかったですかあ?」ニヤニヤ

一方通行「わかりましたよ俺が悪ゥござンした!」

打ち止め「それで、あなたは何がほしかったのってミサカはミサカは聞いてみたり」

一方通行「…………能力の練習は終わったな!俺達がテメェに付き合う必要はもうねェよな?」

佐天「え?ええ、まあ……」

一方通行「良し、じゃあ帰ンぞ打ち止め」

打ち止め「えぇ!? まだ答え聞いてないしお礼もしてないよってミサカはミサカは礼儀知らずのあなたに抗議してみたり!」

一方通行「いいから来いクソガキ!」ズルズル

打ち止め「あわわどんどん離れてくよ! ありがとーねーってミサカはミサカは最大限の感謝をこめて手を振ってみたりー!」

佐天「ばいばーい!……あの子以外には絶対無意味だよね、あのごまかし方」



佐天「……何だったんだろう、あの人がほしかったものって」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 00:44:24.67 ID:0/CjibXyO


LOとかwwwwさすがにアクセロリータ


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 01:01:13.92 ID:ymaD+5bm0


完全下校時間

佐天「すっかり遅くなっちゃった。早く帰って晩御飯作らないと」

結標「あなた、ちょっといいかしら?」

佐天「(え?あれ?この人いつの間に私の前に)な、なんですか?」

結標「あなた、ほしいものを何でも手に入れる能力を持っているそうじゃない」

佐天「ええ、まあ。それで、何かほしいんですか」

結標「ものわかりが良くて良いわ。ほしいものは言わなくても出てくると聞いたのだけれど、頼めるかしら?」

佐天「いいですよ。そぉいっ!」

バサバサバサバサッ

佐天(え、ナニコレ漫画?表紙に小さな男の子が。うわぁっ……///)


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 01:05:12.12 ID:ymaD+5bm0


シュンシュンシュン

佐天「わっ消えた!ごめんなさいすぐ出しまs……」

結標「ああ大丈夫よ、全部こちらでもらってるわ」

佐天「テレポーター……」

結標「そういうこと。一方通行の言ったとおりね。素晴らしい能力だわ」ハァハァ

佐天「あ、ありがとうございます(何か息づかいが荒くなってるナニこの人コワイ)」

結標「感謝するわ。それじゃあまたね。……これで今夜は……フヘヘ」シュンッ

佐天「またねって、また来るってことだよね」

佐天「…………テレポーターって変態揃いなのかなぁ」

佐天「なんか疲れた。弁当でも買って帰ろ……」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 01:06:36.86 ID:ymaD+5bm0


黒子「誤解ですのっ!」ガタッ

美琴「いきなり何言ってんのよ黒子?」

黒子「いえ、何やら言われのない偏見を持たれそうな気がしましたの。例えばテレポーターは変態揃いなどと言うような……」

黒子「自分は変態などではないと、そう申し上げたかっただけですのよ、お姉様」

美琴「ふ~ん?私の下着を盗んでおいて、自分はノーマルだとでも言うのかしら?つーか、二度としないって約束させたわよね?」パリッ

黒子「それは何と言いましょうか魔が差してしまってですね決して下着で(ピー)したり(ピー)しようとか考えていたわけではないですのよだから……」

美琴「いいから反省しろッ!」ビリビリィッ!

黒子「あばばばあばbbbbb」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 01:18:02.09 ID:ymaD+5bm0



佐天「ほしいものはありませんか~」

小萌「昼間から宗教勧誘か何かですかー?」

佐天「そーいうわけじゃないよ。能力の練習。何かほしいものは無いかな?」

小萌「む?子供扱いしてますね?こう見えても私大人なんですよー」

佐天「はいはい。それじゃあお姉さんがいいものをあげよう」

ポンッ

佐天「oh……お嬢ちゃん、その年でタバコはマズイよ。あたしですらやらないよ」

小萌「だから私大人なんですってばー!。きちんと大学も卒業してるのです!」

佐天「はいはい。じゃあ気を取り直してもう一回!」

ポンッ

佐天「タバコの次はビール!?だからそんなもの欲しがっちゃ駄目だってば!」

小萌「ウッ……グスッ……ヒック……だから、私……」

佐天「あわわわわ泣かないで、ね?ね?」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 01:28:09.80 ID:ymaD+5bm0


佐天「本当に教師だったなんて……本当にすみませんでした」

小萌「もういいのですよ。これくらい慣れてますから」

佐天「でも……」

小萌「くよくよしてても仕方ないのです。反省はするべきですが後悔をひきずってはいけないのですよー」

佐天「はい……わかりました」

小萌「それじゃあ私はこれで。あなたも気をつけて帰るのです」

佐天「はい」

小萌「あ、それと焼肉セットありがとうなのです。これで結標ちゃんに良い思いをさせてあげることができるのですよ」テクテク


初春「あれ?どうしたんですか佐天さん、たそがれてますね」

佐天「……初春。人って見かけによらないんだね」

初春「え?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 01:48:52.51 ID:ymaD+5bm0


麦野「ちょっといいかしら?」

佐天「(なんか最近コワイ人に会う率高い気がする)なんでしょうか」

麦野「何でも望むものを手に入れる能力を持ってるって聞いたんだけど。頼めるかしら」

佐天「いいですよ。そりゃ!」

ボンッ

麦野「シャケ弁……いやこっちも確かに思ったけどこっちじゃないのよ!」

佐天「そんなこと言われても明確に思い描いてくれないと無理ですよー」ひーん

麦野「そうなの?そうなら先に言ってくれなきゃ。それじゃお願いね。あと、このシャケ弁は頂くけど良いわよね」

佐天「(意外と気難しい人なのかな)どうぞ……それじゃ、本命いきますよ。えいっ!」

ボンッ


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 01:50:30.37 ID:ymaD+5bm0


浜面「え?あれ?どこだココ?なんで俺はこんな所に」

佐天(なんで人が!?あたしの能力はモノ限定の筈なのに……)

浜面「おいアンタ。アンタが俺を飛ばした…の……か……」

佐天(あ、女の人見て固まった)

麦野「久しぶりね、はーまづらぁー!」

浜面「げぇっ!麦野!」

ジャーンジャーンジャーン

ハーマヅラァー!ハッマヅラァー!
フコウダー!

佐天「……いっちゃった。シャケ弁をおいて」

佐天「なんで男の人が出てきたんだろう。あの女の人にとってはモノ扱いだったのかなぁ」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 02:14:46.64 ID:ymaD+5bm0


初春「それにしても佐天さん」

佐天「なんだい初春」

初春「佐天さんは自分がほしいものは出さないんですね」

佐天「だってもう一番ほしいものは手に入れたもんね。あたしの能力ってやつをさ」

初春「うわーかっこつけてますね」

佐天「だって嬉しいんだもーん!……あ、もうひとつあるや。でもそれは能力じゃ手に入らないモノなんだよ」

初春「なんですか?」

佐天「知りたいかね?」

初春「気になるじゃないですか、教えてくださいよ」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 02:15:48.69 ID:ymaD+5bm0


佐天「ならもうちょっとこっちに来てくれるかな。そう、もう一歩。あ、そこがいいかな」

初春「それで何が欲しいんですか佐天さん」ワクワク

佐天「んっふっふー、よくぞ聞いてくれました。あたしがほしいものは――」

バサァッ!

初春「…………はぇ?」

佐天「お、今日はピンクのストライプかー」

初春「きゃあああああ!いきなり何するんですか佐天さぁん!」アワアワ

佐天「何って、もう一つのほしいものを手に入れたのだよ初春くん。そう、スカート捲られた初春の反応だね!今日もナイスリアクション!」

初春「そんなのほしがらないでください!というか捲らないでください!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 02:17:48.50 ID:E74suOul0


この終わり方は嫌いじゃない
おつ


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 02:26:45.94 ID:fTOFMMzH0


短いけど良かった 乙


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 02:46:54.83 ID:CJoMYVj60


いざとなったら武器でも何でも出せるとするなら普通にレベル5じゃないか





    スポンサーサイト佐天「ほしいものが手に入る能力、かぁ…」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/03/16(水) 20:29:25.00 ID:SSJUNKIE146
  2. 支援物資を下さい佐天さん!
  3. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/03/16(水) 20:32:26.00 ID:SSJUNKIE147
  4. こういう話は柔らかくて好きだぜ
  5. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/03/17(木) 02:15:57.00 ID:SSJUNKIE149
  6. 最強クラスの能力じゃんwwww
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。