鈴音「一夏、遊びに行かない?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/03/28 14:00
鈴音「一夏、遊びに行かない?」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 01:12:43.47 ID:uk71RobfO


シャル「ん?」

鈴音「……って、あれ?」

鈴音(一夏じゃないじゃん……ま、間違えた!)

シャル「遊びに行く、って……ボクと?」

鈴音「え……あっいや、ちが……」

鈴音(……いやでも待てよ。まさかシャルルと一夏と見間違えた、なんて、バカみたいなことは言えない……)

シャル「?」

鈴音「う、うん!珍しい組み合わせかもしんないけど、よかったらどこか行かない?二人で」

シャル「……」

鈴音(しまった……口が滑って二人で、なんて言っちゃった……!)

シャル「うん、いいよ!」

鈴音(しかも快諾された!やば、今更「ごめんやっぱナシ」とか言えない……!)

鈴音「あはは、よ、よろしくね……」

鈴音(やってしまった……)


18:ちなみにシャル男装時代:2011/03/25(金) 01:20:38.65 ID:uk71RobfO


~~~~そのよる~~~~

シャル「ねぇ、一夏」

一夏「ん?」

シャル「今日ね、凰さんと会ったんだけど」

一夏「鈴と?シャルルと鈴って、なんか珍しいな」

シャル「うん、ボクもそう思う。……でね、今週末、凰さんから遊びに行かないかって、誘われたんだけど」

一夏「へぇ~……」

シャル「ねぇ、これって……デート、っていうのかなぁ?」

一夏「え、まさか二人きりなのか?」

シャル「……うん」

一夏「それは……デート、だな……」

シャル「……だよね」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 01:27:18.10 ID:uk71RobfO


一夏「気が進まないのか?」

シャル「あ、ううん、違うよ。そうじゃなくて、なんか緊張するなあって」

一夏「そうか……。まあ、鈴も軽い気持ちで誘ってるクチだと思うぜ?そう気負う必要もないだろ」

シャル「……ん、なんていうか、一夏はいつも通りだね」

一夏「?」

シャル「ありがとう、話したらちょっと緊張ほぐれた」

一夏「ああ、そうか」

シャル「んー、緊張もするけど、ちょっと楽しみだなぁ……」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 01:32:02.94 ID:uk71RobfO


鈴音「まあ、誘っちゃったもんは仕方ないか」

鈴音「一緒にいて困る相手でもないしね、シャルルって」

鈴音「ていうかなんかかわいいし……かわいいし……」

鈴音「……はっ」

鈴音「何言ってんだ私?」

鈴音「ま、まあそれは置いといて……。よーし、週末は思いっきり遊ぶぞー!!」

鈴音「……」

鈴音「……なに着てこうかな」そわそわ


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 01:38:08.73 ID:uk71RobfO


~~~~週末~~~~

シャル「おはよう、凰さん」

鈴音「ん、おはよ。……その凰さん、っていうの、肩っ苦しいんだからそろそろやめなさいよ」

シャル「ご、ごめん。……えと、じゃあ、なんて呼べばいいかな」

鈴音「……鈴、でいいわよ」

シャル「うん。分かったよ、鈴ちゃん」

鈴音「……」

シャル「……鈴ちゃん?」

鈴音「……///」

シャル「おーい」

鈴音「……はっ!」

シャル「……大丈夫?」

鈴音「だだだ大丈夫よっ!!それよりホラ、さっさと行くわよ!!」

シャル「う、うん」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 01:47:10.83 ID:uk71RobfO


シャル「じゃあ、まずはどこに行こうか」

鈴音「んー、それじゃ服とか見てまわる?みたい店もあるs」

ぐぅ

シャル「……」

鈴音「……」

シャル「……ひょっとして鈴ちゃん、お腹すいてる?」

鈴音「……」こく

シャル「……まずはご飯にしよっか」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 01:57:47.43 ID:uk71RobfO


鈴音「なんか悪いわね、いきなりこんなで」

シャル「いいよ、気にしないで。朝ごはん、食べてなかったんだ?」

鈴音「うん、準備に手間取っちゃってね……」

シャル「そっか。今日の服、かわいいもんね。頑張ったんだ」

鈴音「ひぇっ?!……あ、う、うん!!」

鈴音(なにこのやり取り……フツーにカップルの会話じゃない……)

シャル(今、上手に褒められたかな……?)

シャル(せっかく誘ってもらったデートなんだし、男(役)のボクが雰囲気作らなきゃ)


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 02:01:13.23 ID:9+fx6A4vO


なんだろう、ものすごく2組がかわいい


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 02:10:28.12 ID:uk71RobfO


~~~~食後~~~~

シャル「鈴ちゃん、みたいお店があるって言ってたよね」

鈴音「うん。あ、でも別に急ぎとかじゃないし……。シャルルは?どこか行きたいところとかないの?」

シャル「んー、ボクはなんていうか……どこに何があるんだかわかんないし。今日は鈴ちゃんの行きたいところに行きたいな」

鈴音「そ、そう……」

シャル「じゃ、行こうか」

鈴音「うん……」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 02:22:44.08 ID:uk71RobfO


シャル(……並んで歩く形になったけど)

シャル(これって、手とかつないだほうがいいのかな……?)

シャル(いや、こういうのはタイミングが重要だっていうし……。もう遅いかな)

シャル(あ、でも鈴ちゃんの手、ちっちゃくてかわいい……)

ぎゅ

シャル「あ」

鈴「~~~っ?!」びく

シャル「わ!ご、ごめん鈴ちゃん……!」

シャル(無意識に、手握っちゃった……!)

鈴「……」ぐい

シャル「……?」

鈴「……いいわよ、このままで」

シャル「……あ……う、うん……」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 02:36:14.04 ID:uk71RobfO


鈴音(シャルルの手、すべすべで……女の子みたい……)

鈴音(やっぱりかわいいなあ……シャルル……)

シャル「?どうかした、鈴ちゃん?」

鈴音「ふぇっ?!な、なんでもないわよ!!」ぷい

シャル「?」

鈴音(やばい、私焦りすぎ……。ぁ、手汗とか大丈夫かな……?)

鈴音(……っていうか今の私……明らかにシャルルのこと、意識してる……)

鈴音(おっかしいなぁ、私は一夏のことが好きなはずなのに……?)

シャル「大丈夫、無理しなくていいんだよ、鈴ちゃん」

鈴音「っ?!」

シャル「疲れたり、調子悪くなったりしたら、遠慮なく言ってね。今日はちょっと冷えるから」

鈴音(そ、そっちか……)

鈴音「うん……ありがとう」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 02:50:51.90 ID:uk71RobfO


~~~~服屋~~~~

シャル「鈴ちゃんは、いつもここで服買ってるんだ?」

鈴音「そうね。男物はないからちょっと退屈かもしれないけど……」

シャル「ううん、そんなことないよ。むしろ……」

鈴音「……むしろ?」

シャル「えっ?……あ、ごめん、言い間違い」

鈴音「?……そう」

シャル(うわ、危なかった……)


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 02:53:41.06 ID:wr/O95D20


まだ男の設定の時か


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 03:07:08.55 ID:uk71RobfO


シャル「あ、このワンピースかわいい」

鈴音「へぇ、悪くないセンスしてるわね」

シャル「えへへ。鈴ちゃんが選んでるその二つもかわいいね」

鈴音「うーん、どっちにしようか迷ってるんだけど……。シャルルならどっちがいい?」

シャル「……んー、ボクだったら、そっちの黄色かなあ」

鈴音「そっか……。よし、じゃあこっちに決めたっ!!」

シャル「え、いいの?今の、あくまでボクの主格だよ……?」

鈴音「だからいいのよ。はいシャルル、コレ持って試着室入って」

シャル「……へっ?え、ええぇっ?!」

鈴音「だいじょーぶ、きっと似合うから」

シャル「いや、でもボクは男で……!」

鈴音「はいはい、そんなのわかってるわよ。わかったうえで言ってるの」ぐい

鈴音「じゃ、着替え終わったら呼んでね」しゃっ

シャル「うぅ……どうしよう……?」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 03:29:37.01 ID:uk71RobfO


シャル(これを着たからって、ばれることはないはず……だよね)

シャル(……なら、大丈夫かな)

シャル(久しぶりだなぁ、女物の服着るなんて)すすす

シャル(……うん、いい感じ)くるり

シャル「鈴ちゃーん、着替え、終わったよー」

鈴音「はい、んじゃカーテン開けるわよ?」しゃ

シャル「……ど、どうかな……?」

鈴音「」

シャル「……」

鈴音「……やっぱりヘタな女子より、ずっと似合うわね」

シャル「あ、ありがと……?」

鈴音「……写真撮っていい?」

シャル「そ、それはダメっ!」

鈴音「ちぇ。残念」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 11:24:38.65 ID:uk71RobfO


鈴音「ていうかアンタ、ありがとって……」

シャル「はっ」

鈴音「女装褒められて嬉しいわけ?」

シャル「い、いや……えーと、言葉のアヤ、かな……?」

鈴音「……ま、似合ってるのは事実なんだけどさ」

シャル(……怪しまれては、いないかな)

鈴音「さて、じゃあ私レジ行ってくるから」

シャル「あ、うん。出口で待ってるね」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 11:51:03.57 ID:uk71RobfO


鈴音「お待たせ。じゃ、つぎ行こっか」

ぎゅ

シャル「うん、そうだね」

鈴音「んー、次はどこ行こうかな……」

シャル「歩きながら見てまわる?」

鈴音「そうね。そうしましょっか」


81:カップルイベントってなんだろう:2011/03/25(金) 13:38:30.18 ID:uk71RobfO


鈴音「とりあえず、一通り回ってはみたけど」

シャル「うーん、けっこういっぱいお店があるんだね。鈴ちゃん、疲れてない?」

鈴音「ん、大丈夫よ。ありがとう」

シャル「そっか」

鈴音「あー……でも」

シャル「?」

鈴音「そろそろお昼の時間ね。そこに喫茶店あるし、何か食べてく?」

シャル「ん、そうしようか。……実はちょっとだけ座りたいなって思ってたところ」

鈴音「……シャルルも無理しないでいいのよ。誘ったのは私なんだし」

シャル「うん……ありがとう」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 14:24:38.44 ID:uk71RobfO


鈴音「ふぅっ」

シャル「だいぶ歩いたねぇ」

鈴音「そうね。普段から鍛えてるハズなんだけどなー……ちょっと脚いたい」

シャル「確かにね。こういうときって、なんだか」

鈴音「さて、そんじゃ何頼もっか」

シャル「ボクはコーヒー」

鈴音「あ、じゃあ私も」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 14:50:42.87 ID:uk71RobfO


シャル「鈴ちゃん、お砂糖はいくつ?」

鈴音「ん……ふ、二つ」

シャル「はい」ちゃぽちゃぽ

ちゃぽ

鈴音「っ?!」

シャル「ふふ。指、三本立ってたよ」

鈴音「……うぅ」

シャル「はい、どうぞ」

鈴音「……ありがと」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 14:52:17.71 ID:pFia0nHaO


シャルさんさすがやで~


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 15:01:33.06 ID:NuK9tOn00


シャルはポテンシャル高いな


96: ◆dWVtcnK36s :2011/03/25(金) 15:21:47.13 ID:VB6WoP4A0


鈴音「ずずず」

シャル「ずずず」

鈴音&シャル「ふぅ……」


106: ◆dWVtcnK36s :2011/03/25(金) 15:47:33.68 ID:VB6WoP4A0


鈴音「へぇ、この辺って、プールとかあるんだ」

シャル「そうなんだ?」

鈴音「うん、しかも温水で、一年中泳げるって」

シャル「へ、へぇ……」

鈴音「ねぇ。この後、ちょっと行ってみない?」

シャル「へっ」

鈴音「なんか楽しそうだし」

シャル「えっ……で、でも、水着とか、どうするの?」

鈴音「レンタルあるって」

シャル「そ、そうなんだ……」

シャル(ど、どうしよう……)


111: ◆dWVtcnK36s :2011/03/25(金) 16:12:41.89 ID:VB6WoP4A0


~~~~プール~~~~

鈴音「ほらほら、シャルルもはやく!」

シャル「う、うん……」

鈴音「……ひょっとして、あんまり気乗りしない?」

シャル「あ、違うんだ!そういうわけじゃないくて」

鈴音「そ、そう……?」

シャル「よし、行こう!さあ行こう!!」

鈴音「お、おー……?」


123: ◆dWVtcnK36s :2011/03/25(金) 16:44:19.64 ID:VB6WoP4A0


~~~~10分後~~~~

鈴音「シャルル、おまた……せ……?」

シャル「わ、鈴ちゃんの水着かわいいねぇ」

鈴音「えっ、あ、うん……ありがと……」

鈴音(シャルの水着、あれ競泳とかサーフィンとかのヤツよね……?)

シャル「よし、じゃあ……どこからまわろう?」


127: ◆dWVtcnK36s :2011/03/25(金) 16:54:00.94 ID:VB6WoP4A0


鈴音「ここはウォータースライダーが名物なんだって」

シャル「よし、じゃあそこから行こうか」

シャル(ウォータースライダーでもこういう水着ならだいじょぶだよね)

鈴音「んっ……あれ?」

シャル「?どうしたの?」

鈴音「いや、この注意書き……」

※このスライダーはカップル限定!二人一組で一緒に滑ってくだしあ

シャル「え……」


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 18:48:48.44 ID:uk71RobfO


鈴音「こ、これ……どうしよう……?」

シャル「え、えーと……」

係員「はーい、次のお二人どうぞー」

鈴音「えっ」

シャル「あ、いや……ボク達は……!」

係員「はいはい、恥ずかしがってないで密着、密着ぅ」

ぎゅ

鈴音「~~~~~~っ?!」

係員「そんじゃま、どーん、と」

どん

鈴音「きゃあっ?!」

シャル「わあっ!!」

係員「どぞ、ごゆっくり~」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 18:57:13.24 ID:uk71RobfO


ざざざざざ

シャル「わあああああああああ」

鈴音「きゃああああああああああ」

ざぶん

シャル「……ぷはっ」

鈴音「うぅ……何だったのあの係員、強引に……」

シャル「あはは。でも、けっこう楽しかったね?」

鈴音「そんなの味わってる暇なかったって。……ていうか」

シャル「?」

鈴音「……い、いつまでくっついてんのよぅ……」

シャル「え?……うわ、ご、ごめん!!」ばっ


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 18:59:34.74 ID:s15ozwRT0


この係員は分かってる


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/25(金) 19:05:00.99 ID:uk71RobfO


シャル「……あ」

鈴音「……?」

シャル「り、鈴ちゃん……水着が……」

鈴音「へ?……あ、に゙ゃああぁっ?!」

シャル「だ、大丈夫!見てないから……!」

鈴音「うぅ……」

シャル「ボ、ボクその辺を探して来るよ!」

がし

鈴音「ま、待って!!」

シャル「ふぁっ?!」

シャル(せ、背中に……!鈴ちゃんの……む、胸が……!!)

鈴音「……一人にしないで……」

シャル「う、うん……ごめん……」


206: ◆dWVtcnK36s :2011/03/25(金) 23:18:19.51 ID:uk71RobfO


シャル「よかったね、水着見つかって」

鈴音「う、うん……」

シャル「次は、どれ行こうか?」

鈴音「んー……、ん?何だろ、あれ」

シャル「あんなところに部屋……?従業員用の扉じゃないみたいだけど」

鈴音「ふむむ。まあいいわ、言ってみましょ」

シャル「あ、うん」


224: ◆dWVtcnK36s :2011/03/26(土) 00:50:08.31 ID:qGPiLOYIO


がちゃ

むあっ

シャル「うわっ」

鈴音「ああ、これってサウナじゃない」

シャル「へぇ、日本のプールってサウナがあるんだ……」

鈴音「そうね。なんでだかわかんないけど」

シャル「すごい、すごいなぁ」

鈴音「……?」

シャル「なんか面白いね、鈴ちゃん」

鈴音「あれ……もしかして、シャルル、サウナ入りたい……?」

シャル「……うん!」

鈴音(マジでか)


227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 00:54:53.80 ID:qGPiLOYIO


係員「あのー、ドア開けっぱだと湿度下がっちゃうので入るならはやくしてもらえますかー」

シャル「あ、は、はい」

がちゃ

鈴音(……入ってしまった)

シャル「わぁ、なんか不思議なかんじ……頭がぽやぽやする」

鈴音「はいはい、分かったからちょっと静かにしなさい」

シャル「えへへ、ごめんね」


230:>>229はい:2011/03/26(土) 01:06:44.18 ID:qGPiLOYIO


むあ

シャル「ふぅっ。気持ちいいねぇ」

鈴音「ん。まぁ、ね」

シャル「なんだか身体が軽くなってく感じがするよ」

鈴音「何それ、さすがにそんなすぐ効果あるわけないでしょーが」くす

シャル「あはは、そうかなぁ」くす


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 01:29:44.16 ID:qGPiLOYIO


シャル「んー」ぽやぽや

鈴音「ご機嫌ね、シャルル」

シャル「えへへ。いいね、サウナって」ぽやぽや

鈴音「そう?まぁ、シャルルが楽しんでるなら……」

シャル「んふふ」ぽやぽや

ぽすっ

鈴音「に゙ゃっ?!」

シャル「へへへー。鈴ちゃんのひざまくら」ぽやぽや

鈴音「シ、シャル……っ?」

シャル「ぽやぽや」


234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 01:31:57.18 ID:o0vrAo77O


可愛ええwwwwww


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 01:52:47.54 ID:qGPiLOYIO


~~~~その後~~~~

シャル「ん、ぅ……」

鈴音「あ、起きたわね」

シャル「あれ、鈴ちゃん……?ボク、なんで寝てるの……?」

鈴音「慣れないサウナではしゃぐから、のぼせちて倒れちゃったのよ、アンタ」

シャル「そ、そっか……。ごめんね、鈴ちゃん」

鈴音「べつに、謝んなくていーわよ」にこ

シャル「ん……」

シャル(あれ、鈴ちゃんが頭上にいる、ってことは、今これ膝まくら……)

シャル「うわっ!!ご、ごめんね鈴ちゃん、すぐどくから……!」がば

ぐい

鈴音「こら!まだ調子悪そうなんだから、じっとしてなさい!!」

シャル「う、あう……」


242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 02:14:17.82 ID:qGPiLOYIO


シャル「ん、そろそろ大丈夫。……ありがとうね、鈴ちゃん」

鈴音「どういたしまして。もう何ともないみたいで何よりだわ」

シャル「うん……、ってあれ?!外、もう夕方……!」

鈴音「シャルル、けっこうな時間伸びてたからね。今、だいたい5時くらいかな」

シャル「あうぅ……ご、ごめんね、鈴ちゃん……」

鈴音「だから気にしない、って。私も面倒かけたし、お互い様よ」

シャル「うん……」

鈴音「さて、それじゃ、帰るわよー」

シャル「……」


243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 02:21:01.96 ID:qGPiLOYIO


~~~~家路~~~~

シャル「……」とぼとぼ

鈴音「ふぁー。夕焼け、綺麗ねー」てくてく

シャル「……ねぇ、鈴ちゃん」

鈴音「?」

シャル「ホントはさ……今日、一夏を誘うつもりだったんだよね……?」

鈴音「……」

シャル「……ごめんね。なんとなく、そうじゃないかって思ってはいたんだけど……」

鈴音「ま、まぁ、確かに最初は一夏を誘おうとしてたんだけど……」

シャル「気付いてたなら断るべきだったよね……。……でも、例え間違いや成り行きでも、鈴ちゃんがボクを誘ってくれたのが嬉しくて……」


鈴音「シャルル……」


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 02:29:29.82 ID:qGPiLOYIO


てくてく

ぎゅ

鈴音「……私は、楽しかったわよ……」

シャル「え……」

鈴音「今日一日、シャルルと一緒に遊べて、すごく楽しかった。これは私の本音だから」

シャル「……鈴ちゃん……」

鈴音「わ、私ね……。一夏のことも、そりゃ好きだけど……。でも、シャルルのことだって、す、好……」

きゅ

シャル「……うん。ありがとう、鈴ちゃん」

鈴音「……ううぅ。……最後まで言わせなさいよぉ」

シャル「ううん、いいの。……それぐらいで今は充分だよ」

鈴音「シャルル……」


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 02:41:48.11 ID:qGPiLOYIO


鈴音「ねぇシャルル、お腹すかない?」

シャル「あ、そういえば、もう晩御飯の時間だね。確かにお腹、空いてるかも」

鈴音「んふふ。よし、じゃあ今晩は私の部屋に来なさい」

シャル「?いいけど……どうして?」

鈴音「それは後々のお楽しみ♪……あ、じゃあ、ちょっと買い物してくわよ」

シャル「なに買うの?」

鈴音「えーと、豚肉と、お酢と、あ、あとパイナップルと……………」




おわり


254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/26(土) 02:48:18.79 ID:o0vrAo77O


超乙! あなたのお陰で酢豚×シャルルという新しいジャンルが開拓されました



    鈴音「一夏、遊びに行かない?」 のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する