スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マミ「まずは一緒にお風呂にでも入りましょう?」 杏子「え、ああ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (4) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/04/03 12:00
13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 23:57:36.87 ID:77xa0W7G0


杏子 「ええぇっ!」

マミ 「いや、だから一緒に入りましょうって」

杏子 「はぁっ!?なんでだよっ」

マミ 「そう…わたしと入るのはいやなのね…」

杏子 「あぁ… いやそういうわけじゃないんだけどさ…」

マミ 「じゃあ入りましょう!!」パァ…!


20:>>13です続き:2011/04/01(金) 00:12:00.99 ID:N9fMgV890


チャポ・・・・



杏子 「で────半ば強制的につれてこられたわけだが」

まみ 「なに?」

杏子 「おかしいだろっ!!」

まみ 「どうして?」

杏子 「話があるとかでおまえの家にきたらこれだよ… おまえなにがしたいんだ…」


22:>>21純粋にミス:2011/04/01(金) 00:18:35.48 ID:N9fMgV890


マミ 「そりゃあ、ただあなたと仲良くなりたかったのよ!」

杏子 「あやしすぎるな…本当かよ」

マミ 「先輩は隠し事なんてしませんっ!」

杏子 「いやぁでももうちょっと別のやりようがなかったのかよ
     おまえらいつもやって普通にお茶とかでよかったんじゃ…」

マミ 「…っ! い…いやddでも… っほらハダカの付き合いってやつよ!!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 00:27:32.82 ID:N9fMgV890


杏子 「ふぅん… まあアタシはべつにアンタと仲良くするつもりなんてないけど…」

マミ 「」ガーン!!

マミ 「ソウヨネ ドウセワタシナンテ トモダチモイナイシ…」カクカク

杏子 「おおうわあぁぁ!!
     いやまあでも同じ魔法少女としてちょっとは仲良くしといてもいいっていうか…」

マミ 「本当!?」パァァ

杏子 「ウワァ なんかちょっと面倒なことになったぞ…」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 00:36:49.02 ID:N9fMgV890


────────デネー ソノトキQBッタラ

杏子 (あぁ…こいつ話なげーな… なんとかならないもんか)

マミ 「そうだ! わたし髪あらってあげるわっ!」

杏子 「へッ!?」

ザバァ!


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 00:43:05.63 ID:N9fMgV890


杏子 (うわぁ… こいつ…でっけえな)クソッ

マミ 「? どうしたの?」

杏子 「あっ、いっ… いやなんでもないんだ」

マミ 「じゃあはやくして ほら!」グイッ

杏子 「うおあっ」ザバァ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 00:51:05.25 ID:N9fMgV890


ワシャワシャワシャワシャワシャ

マミ 「ウフフ… ウフフ… ウフ…」

杏子 (こいつめっちゃ楽しそうだな…)

マミ 「ねぇ?」

杏子 「あー?」

マミ 「わたし友達のことをあだ名でよんでみたかったの♪

杏子 「あぁ それで?」

マミ 「”あんこちゃん”って呼んでもいいかしら?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 00:55:52.68 ID:N9fMgV890


杏子 「あ゛ぁ!?だめだだめだそんなのはっ!」

マミ 「ウゥ… そう…」ショボリーヌ

杏子 「」

マミ 「ウッウ…」シクシク

杏子 「ア゛ア゛ぁぁーーーー!! いいよもう!
     好きなように呼んでくれっっ!!」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 01:04:27.18 ID:N9fMgV890


マミ 「本当!?ありがとう! それじゃ流すわね!」ザバァーー

杏子 「っぷはぁ ふぅ…」

マミ 「───あ・ん・こ・ちゃん☆」

杏子 「(うぅ…クソゥ…)なんだぁ?」

マミ 「今度はわたしにもあらって欲しいな… なんてwww」

杏子 (なんかキャラ変わってきてないか…)

杏子 「あぁ~ もういいよっ ほらそっち向け」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 01:16:34.96 ID:N9fMgV890


ワシャワシャワシャワシャワシャ

マミ 「~~♪ ~~~♪」

杏子 「…」(沈黙が痛いな… なにか話したいが…)

杏子 (そういやさっきのこいつの…ムネはでかかったな…)

ワシャワシャワシャ

マミ 「あんこちゃん」

杏子 (今ならちょっとくらいなら事故として触れるのでは…)

マミ 「あんこちゃーん」

杏子 「ぅあ゛っ!?」

マミ 「どうしたの? 考え事かしら?」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 01:22:27.26 ID:N9fMgV890


杏子 「ハァ!? いっいいいいやなんでもねーし!!」

マミ 「そう?悩み事があるならいつでもお姉さんに相談していいのよっ?」

杏子 (いや…あんたが原因なんだが…)

杏子 「もう流すからな!」ザバァーー


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 01:32:17.91 ID:N9fMgV890


マミ 「ふぅ~ ありがとあんこちゃんっ」

杏子 (───っ////)

杏子 「べべっ べつにどうってことねーし!!」

マミ 「そう?でもなんかたのしかったわ♪ありがとう」

杏子 (こいつ・・・今ちょっとかわいかったな・・・ 髪濡れた感じとか・・・)

杏子 (いいやいやいや イカンイカン…冷静になれぇ~)


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 01:37:54.22 ID:N9fMgV890


マミ 「そろそろあがろうかしら?」

杏子「んあー・・・そうだな・・・」



ザバァーー

杏子 (気持ちよかったな・・・)





-----------リビング-----------




TV 「タノシーナカマガポポポポーン」

マミ 「ウフフフ・・・・ww」

杏子 (なんかさっきからやたらとこれやるな…これそんなにおもしろいかな~?)


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 01:44:29.54 ID:N9fMgV890


マミ 「あんこちゃんあんこちゃん!これこれ!」

杏子 「あぁ?」

マミ 「こんにちワンだってww この子だけ名前じゃないのww」プークスクス

杏子 「あぁ…そうだな」(マミかわいいなぁ・・・)

杏子 (ハッ!! アタシはなんという…)

杏子 「・・・」

マミ 「どうかした?」


42:>>38 おまえの頭がぽぽぽぽーん!!:2011/04/01(金) 01:54:57.23 ID:N9fMgV890


杏子 「い・・・いやなんでもない!」

マミ 「そう・・・」

マミ 「・・・」

杏子 「…どうした?」

マミ 「ごめんねわたし… いきなり迷惑だったわよね・・・」シュン


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 01:57:58.99 ID:N9fMgV890


マミ 「でも・・・あんこちゃんなんかずっとうわのそらで・・・
    わたしと居るのが嫌なのかなって・・・」

杏子 「マミ…」

マミ 「でも・・・もういいよ わたし、今日すごく楽しかったからっ!
    ありがとう、杏子ちゃん!」

杏子 (お・・・おい杏子ちゃんておまえ・・・)

マミ 「ホントにっ・・・たのしかったから・・・」ウッウッ・・・

杏子 「マミっ!!」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 02:03:15.26 ID:N9fMgV890


杏子 「今日ッ! おまえンち泊まってくからなっ!! いいだろ!」

マミ 「えっ… ええ…いいけど…」

杏子 「じゃあほら早く! 布団敷くぞっ!」

マミ 「えっ・・・・  えぇ!!」パァァ!




バタバタバタ───────


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 02:06:03.95 ID:N9fMgV890


──────────────

───────
──


杏子 「よーし、でんきけすぞー」

マミ 「いいわよー」


プツプツン


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 02:10:42.55 ID:N9fMgV890


マックラ



マミ 「・・・ねえ、杏子ちゃん?」

杏子 「”あんこちゃん”・・・じゃないのな」

マミ 「わたし・・・友達になれたのかしら」

杏子 「・・・」

マミ 「・・・」シュン・・・


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 02:14:09.28 ID:N9fMgV890


杏子 「友達のこと、あだ名で呼ぶのが夢だったんだろ?」

マミ 「え・・・えぇ・・・」

杏子 「さっきまで呼んでたじゃねえか あだ名で」

マミ 「・・・・・っ!」

杏子 「・・・・・・・これからよろしくな・・・マミ」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 02:17:33.93 ID:N9fMgV890


マミ 「ええ! こちらこそっ!!」

杏子 「へへ・・・」

マミ 「あんこちゃん大好き!!」ギュゥゥゥーーーー

杏子 「ぐえええ・・・・ハナゼ グルジイ・・・」






杏子「───────こんなのもいいかもしれないな・・・・」



fin


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 06:01:11.63 ID:G7A8rWwS0


やっぱりあんこちゃんマジ聖母だったな


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 06:01:52.28 ID:UZKP8xpi0


あんこちゃんあんあん



    スポンサーサイトマミ「まずは一緒にお風呂にでも入りましょう?」 杏子「え、ああ」のコメント
  1. 名前:名無し@まとめいと◆-[saga] 投稿日:2011/04/03(日) 12:56:51.00 ID:SSJUNKIE216
  2. 杏子「風呂? 三年ぶりだぜ!」
    マミ「ええっ!?」
    杏子「風呂はな」
    マミ「ああ、普段はシャワーなのね」
    杏子「いや。川で水浴びだよ。最後にやったのは去年の夏だな」 そんなイメージ
  3. 名前:名無しの中毒者◆Hpwl6DqI[saga] 投稿日:2011/04/03(日) 16:35:47.00 ID:SSJUNKIE217
  4. 米216
    もう書いちゃえよww
  5. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/04/03(日) 17:21:52.00 ID:SSJUNKIE218
  6. いやーこういうの好きだわ
  7. 名前:かい◆-[saga] 投稿日:2011/06/07(火) 23:30:11.00 ID:SSJUNKIE379
  8. 遂にマミ杏SSを見付けた!!
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。