スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「最近・・ほむらちゃんを見てるとちんちんが大きくなるんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (4) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/04/04 12:00
17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 22:11:51.74 ID:YRNBJ3f9P


さやか「は?」

まどか「だから、ほむらちゃんを見てると……」

さやか「いや、ちょっとまって。ちん……なに?」

まどか「ちんちん」

さやか「?」

まどか「ちんちんだよ」

さやか「あのさまどか。ちょっと耳鼻科行ってきてもいいかな」

まどか「なんで?」

さやか「なんか幻聴が聞こえるんだよね」

さやか「今日はもう帰るわ」

まどか「うん。わかった……。お大事に」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 22:50:16.67 ID:YRNBJ3f9P


まどか「さやかちゃん帰っちゃった」

まどか「仁美ちゃんに相談してみようかな」

わかめ(話は聞いていましたが……手に負えませんわ)

まどか「あ、仁美ちゃ……」

わかめ「お先に失礼いたしますわね」

まどか「……帰っちゃった」

まどか「私も帰ろう」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 23:03:43.14 ID:YRNBJ3f9P


まどか「なんで大きくなるんだろう。病気だったらどうしようかな……」

まどか「ほむらちゃん……」

まどか「あっ。また大きくなっちゃた」

まどか「ほむらちゃんのこと考えただけで?」

まどか「どうしよう……。しばらくおさまんないんだよね……」

QB(…………)

QB(ふたなりか……。契約するのは中学生くらいの女の子だけなんだけど)

QB(この場合はどうするのかな……)

QB(声をかけてみるか)

まどか「ん? ぬいぐるみが落ちてる」

QB「やあ。僕の名前はQB」

まどか「…………これがしゃべってるの?」

QB「僕と契約して、魔法少女になってよ」

まどか「さやかちゃんの幻聴が伝染したのかな」

QB(ニコッ)


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 23:36:16.03 ID:K9nLkmX+0


「それには及ばないわ」

まどか「あっ」

QB「君は……暁美ほむら!」

ほむら「今すぐこの場から消えなさい……さもないと」

QB「ふぅ……君がどうして僕に敵意を向けるのか分からないよ」

ほむら「……」

QB「けど、今は立ち去ったほうがいいようだね」

ほむら「……懸命ね」

QB『しかし、このまどかって子ふたなりにしてはすごい力を持っている……要注意だね』

QB「それじゃあ僕は行くよ」スタスタ

ほむら「ふんっ……無事かしら、鹿目まどか?」クルッ

ほむら「っ!?」

まどか「ほっ、ほむら……はぁはぁ、ちゃん?///」ビキビキ


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 23:50:22.40 ID:K9nLkmX+0


まどか『はぁはぁ、やっぱり、はぁ本人を、んっ目の前にするとすっ、すごい///』ビキビキ

まどか『ほ、ほむらちゃんすごい、はぁはぁ驚いてるっ……可愛い///』トロッ

ほむら「鹿目……まどか?そっ、それは……一体?」ビクッ

まどか「あ、あのねっ、んあ、わっ、私には……ぉちんちんが……あって///」ビクビク

まどか「こ、こんなになっちゃった、へへっ///」ビキビキ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 00:18:08.84 ID:TSk9ZHI10


ほむら「どうして……あっ、あなたにそんなモノが?」

まどか「う、生まれつきなんだっ……このことは、はぁはぁ、家族しか知らなくて///」トロトロ

まどか「お母さんには、周りには秘密にしておきなさいって、んっ言われてた///」

まどか「けどっ、最近になってぇ、おちんちんがっ、大きくなるときがあってぇ///」

まどか「さやかちゃんと、んぅ、仁美ちゃんに相談したけど何もわからなくてぇ///」

まどか「わ、私にもぉ、分からないんだぁ///」

ほむら「そ、そんな……初めて、聞いた」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 00:36:32.28 ID:TSk9ZHI10


まどか「えっ、なぁに?///」

ほむら「……………辛くないの?」

ほむら「今まで……たった一人で、そんな普通の女の子と違う」

ほむら「誰にも話せなくて……あなたは」

まどか「………辛いなんて思ったことないよぉ///」

ほむら「え?」

まどか「確かに普通じゃ、あん、ないけど。自分の体だもん///胸はりたい!」

まどか「それにさ、こんな体でも、いっいつか好きになってくれる人もいるよぉ///」ビクン

ほむら「まどか………」

まどか『くぅぅ、ほむらちゃんが可愛いすぎて///』ビクン

ほむら「まどか……あなたは本当に強いのね……」

まどか『もっ、もうダメェェェエエエエ!!!』ビクンビクン

ほむら「そんなあなただから……私も」

まどか「ふぁああああああああああ!!!!!!」ドピュン


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 00:45:36.10 ID:TSk9ZHI10


ほむら「きゃあ!!!」びちょ

まどか「んぁあああああああああ!!!!」どぴゅんどぴゅんどぴゅんどぴゅん

ほむら「あっ熱いっ!!まどかっ!?」びちゃんびたびたびたびた

まどか「とっ、止まらにゃいよぉおおおおお!!!」びゅっびゅっびゅっびゅっ

ほむら「まっ、待って!ん!?口に入って!?」べちゃべちゃ

まどか「んんんんっっっっっ!!!!」びゅるるるるるるるるる

ほむら「まどっんぷ!?んんぅ!!!」べたんべたらん

まどか「ほっ、ほむらちゃぁああああああああん!!!!!」びゅろおおおおおおおお

ほむら「」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 00:56:27.91 ID:TSk9ZHI10


まどか「っっっ!!っはあ、はあはあはあはあ!!!」びくんびくんびくんびくん

まどか「なにっ、はぁはぁ、今っ、の!?」びくびくびくびく

まどか「白い、液体がいっぱい!?はぁ、んぅ、こんなのは、初めてぇ」びくんびくん

まどか「あっ、あたまが真っ白になって。気持ちいぃ////」びくん

まどか「はぁ/////」

ほむら「ゲホッ!ゲホッゲホッ!!」

まどか「!?」

まどか「そっ、そうだ!大丈夫!?ほむらちゃん!!!」

ほむら「はぁはぁはぁはぁ…まっ、まどか」びちゃあああああ

まどか「……………ほむらちゃん」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 01:02:16.94 ID:TSk9ZHI10


ほむら「?」ウルウル

まどか「………………………可愛い」ボソ

ほむら「えっ……!?」

まどか「………」ビキビキビキビキビキビキビキビキビキ

ほむら「ひっ!?」ゾク

まどか「ほむらちゃんが、いけ、ないんだよ?そんなにっ、可愛い顔するから」ビクンビクンビクン

ほむら「まっ、まど…か…………?」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 01:27:49.50 ID:TSk9ZHI10


まどか「私ね……ほむらちゃんだから、こんなに、あっ、なるの」ビク

まどか「なんでか分かんないけど、ほむら、ちゃんだから、大きくっ、なるの!」ビキ

まどか「切ないのぉ!苦しいのぉ!そんな顔、しないでよぉ!!」

ほむら「まどかっ……」ビク

まどか「………………手伝って」ボソ

ほむら「え……?」

まどか「こんなになったのは、ほ、ほむらちゃんのせいなんだから」

まどか「手伝って!!!!!」ビキビキビキビキ


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 01:42:49.50 ID:TSk9ZHI10


ほむら『まどか………』

ほむら『恐いのね……今まで、こんなことなかったから』

ほむら『あんなに瞳を潤ませて……まどかも自分の言っていることが間違っていると気づいているのね』

まどか「ん、うん……///」ウルウル

ほむら『それでも私を必要としている……』

ほむら『…………私はまどかを悲しませたりはしない』

ほむら『まどかが私を必要としているなら、私はそれを受け入れる……例えどんな形でも』

ほむら『……』

ほむら「…………………………手伝うわ」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 01:53:41.39 ID:TSk9ZHI10


1週間後―学校―
まどか☆クラス
さやか「仁美~お昼ご飯にしよう~!」

仁美「ええ。……そういえば鹿目さんは?見当たりませんが……」きょろきょろ

さやか「そういえば見ないね。……それに転校生も」

仁美「どうしたんでしょう?最近よく休み時間にいなくなりますが」

さやか「……1週間前くらいじゃない?」

仁美「……そういえば、そうですね。」

さやか「とりあえず、先食べちゃお?私お腹減っちゃった!」

仁美「まぁ。では先に頂きましょうか」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 02:03:25.39 ID:TSk9ZHI10


学校―女子トイレ―

「ま、待って少し、んあ、休ませて」

「ダメだよほむらちゃん……まだ始まったばかりだよ」ずぶっ

ほむら「んぁあ!!ま、まどかっ!」

まどか「そんな、ん、大きい声出していると、あん、周りの人に聞こえちゃうよ?」パンパンパンパン

ほむら「そ、そんな、ことぉ言われてもぉ」ぐちゅぐちゅ

あれから私は毎日のようにまどかに求められるようになった。
何度も何度も体を重ね
私たちは場所も選ばずただ快楽に身を委ねた。


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 02:09:33.44 ID:TSk9ZHI10


まどか「ほらっ、ちゃんと口を閉じてないと」パンパンパンパンパン

ほむら「んん~~~~~、ぁっ、んーーーー」ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ

まどか「ふふっ、すごい締め付け///」パンパンパンパン

―――ガチャ

まどか・ほむら「!?」ビクッ

「はぁお腹空いたぁー」

「そうだねー」

「早く済ませよ?」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 02:18:30.65 ID:TSk9ZHI10


ほむら『うそ……今3人入ってきた』ビクン

まどか「みんなトイレみたいだね」ボソッ

「ん」ティロティロティロティロ

ほむら『はぁ、ん、どうかバレないで』キュウ

まどか『ん、ほ、ほむらちゃぁん///締め付けがスゴい///』ビク

まどか「………………」

まどか「………」にや

ほむら『ん、ふぅ』ドキドキドキドキ

まどか「……いくよ」ボソ

ほむら『!?』ビクッ


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 02:27:03.88 ID:TSk9ZHI10


まどか「……」ズププ

ほむら「んぁああ!!!!」ビクビクン

「?」

「今なんか言ったぁ?」

「……なんだろうね?」

ほむら「まっ、まどか!あなたっ、正気なの!?」ボソボソ

まどか「ほむらちゃんがいけないんだよ?こんなに締め付けるから」ボソッ

ほむら「そんなっ、んん、やめっ、あん」ぐちゃぐちゃ

「やっぱ何か聞こえる」

「誰かいるのぉ?」

ほむら「くっ、うぅ」ぐちゅぐちゅ

まどか「……答えないの?今女の子とエッチしてますって」パンパンパンパンパン


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 02:36:23.95 ID:TSk9ZHI10


ほむら「い、言えるわけ、んん!」ぐちゅぐちゅ

まどか「じゃあもっと声抑えてよ」ボソ

ほむら「あっ、あなたが止めれば、いい、のよ」ボソ

まどか「ふーん」ズブゥ

ほむら「んひぃ!?」ぐちゅう

「……ね?なんかヤバくない?」

「……うん」

「先生呼ぼっか」

まどか「気づかれちゃった……もうしょうがないなー」チュ

ほむら「ん、ちゅう、ちゅぱ、ちゅるぅ」チュ

まどか「はむっ……ちゅるるるる、ぷはっ、キスで声抑えてね?」チュ

ほむら「えっ!?」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 02:47:37.69 ID:TSk9ZHI10


まどか「ラストスパートだよっ!」パンパンパンパンパンパン

ほむら「!!っやぁあああああ、んちゅ!?ん、んむぅ」ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ

まどか「だから、んっ声、んちゅう、ちゅる、んむぅ」パンパンパンパンパン

ほむら「んちゅ、んあ!はっはっはっはっ、んむぅ」ぐちゅぐちゅ

「ヤバイって!襲われてるのかも!」

「早く先生呼びに行こ!」

「うん!」

――バタン

まどか「ふぅ……もう我慢しなくていいよほむらちゃん!!」パンパンパンパンパン

ほむら「っんひっぃいいいいいいいんんん!!!!!」ビクビクビクビク


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 02:55:48.34 ID:TSk9ZHI10


まどか「いきなりイッちゃった……よっぽど気持ち良かったんだぁ」パンパンパンパン

ほむら「か、からめまろかぁ!あっあらたの、んっせいでしょ!」ぐちゅぐちゅぐちゅ

まどか「ふふっ///そうだね、私のせいだよね!」パンパンパンパン

まどか「……じゃあ責任もってイカせて、あげるねっ!!!」ズブゥウ

ほむら「やらぁ、もう、イキらくないのぉ、もう、らめにゃのぉ」ビクビクビクビク

まどか「いくよ!受け止めて!!」ビクン

ほむら「イクぅうううううううううう!!!!」びくっ


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 03:02:31.83 ID:TSk9ZHI10


まどか「イクぅうううううううっ」びゅるるるるるるるるるるうるっるるるるうるるるる

ほむら「んーーーーーーーーっっっっ!!!!」プシャーーーーー

まどか「ぅんんんんん」びゅくんびゅくんびゅくんびゅくん

ほむら「っっっっっっ!?!?」びっくんびっくん

まどか「っんはぁああああ」びゅるびゅるびゅるびゅる

ほむら「あ―――」くたぁ

まどか「ふぅ」びゅる

まどか「………ほむらちゃんまた失神しちゃったか、ふふっ///」

―――ドンドンドンドン


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 03:40:46.93 ID:TSk9ZHI10


早乙女先生「あなたたち!?一体、中でなにをしているの!?」ドンドンドンドン

まどか「先生か……ふふ」

まどか「ほむらちゃん、ほむらちゃん起きて。」ユサユサ

ほむら「ん……」スースー

まどか「もう、ほむらちゃんっ!」ぐちゅぐちゅう

ほむら「っああんちゅ!?ちゅ、んむ、ぷはっ」ちゅ

まどか「ぷはっ、んん。シー、静かにして」ぺろ

ほむら「ま、どか?はぁはぁ……一体なに?」ぴくっ

早乙女先生「今声がしたわ!出てきなさい!」ドンドンドンドン


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 03:47:15.86 ID:TSk9ZHI10


ほむら「せん、せい……?」フラフラ

まどか「そうみたい、ほむらちゃんのせいだよ。あんなに声出して」ボソ

ほむら「私のせい……?」

まどか「そうだよ」ニコ

まどか「私におちんちんがあるのも、おちんちんが大きくなるのも、我慢できないのも」

まどか「私が止まれないのも、私がエッチな子になったのも」

まどか「全部、ほむらちゃんのせいだよ///」ニコ


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 03:54:01.94 ID:TSk9ZHI10


ほむら「…………………そう」

まどか「それでも、好きだよ。ほむらちゃん」ちゅ

ほむら「んん、ちゅ。…………まどか」

早乙女先生「いい加減にしなさい!男の先生を呼ぶわよ!!」ドンドン

まどか「騒がしくなってきたね…………それじゃあ、お願いほむらちゃん」

ほむら「…………ええ」

―――――
―――



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 04:07:42.72 ID:TSk9ZHI10


その後、私は変身して魔法少女となり

時が止まった世界でまどかをつれてトイレの個室から抜け出した

その日は遅くまで『淫らな行為をした生徒』を捜索が行われた。

トイレの個室から見つかった精液から、男女で行われたものと推測し捜索したが

該当者はいなかった。

さらに、多数の人間の前から忽然と姿を消したことから真相を掴めずにいた。

……当然のこと。

なぜなら、その行為は女子同士で行われ、私は魔法少女なのだから。

見つかるわけがない。


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 04:19:38.04 ID:TSk9ZHI10


――そして私たちの運命は動きだした。

四六時中私といるまどかはQBからの誘いには乗らず、ただ私の体を欲した。

美樹さやかは案の定QBと契約し魔法少女になった。

しかし今回は早めに決断したらしく、巴マミの救出に成功した。

その後、佐倉杏子も登場し、様々な局面を迎え

ワルプルギスの夜に立ち向かえる魔法少女は

巴マミ、佐倉杏子の二人となった。


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 04:25:24.49 ID:TSk9ZHI10


ワルプルギスの夜襲来

まどか「すごいね……あれ」

ほむら「ええ………そうね」

まどか「行かないでね、ほむらちゃん」

ほむら「ええ………あなたを一人にはしない」

まどか「ありがとう…………勝てるかな、あの二人」

ほむら「………………わからないわ」

まどか「ふふっ………そっか」

まどか『嘘つくの下手なんだから』


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 04:30:59.06 ID:TSk9ZHI10


ほむら『このままでもまどかだけは救える』

ほむら『あの二人なら相討ち、もしくは魔女化で済むでしょう』

ほむら『その後はまどかと世界の終わりまで一緒に生きよう』

ほむら『……これで………これでいいのよね、まどか』

ほむら『………いえ』

ほむら『…………こうなったのは私のせいね』

ほむら『私のせい………』


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 04:37:16.23 ID:TSk9ZHI10


まどか「ほむらちゃん………」ぎゅ

ほむら「まどか」ぎゅ

まどか「愛してる。」

まどか「こんな私を守ってくれて、信じてくれて、愛してくれ」ウル

まどか「ありがとう」ポロ

ほむら「まどか」

まどか「ほむら……」ちゅう

ほむら「愛してる、まどか」ちゅう



まどか「私の、最高の恋人」

End


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 04:49:53.79 ID:8jnzcwZm0


乙!!



    スポンサーサイトまどか「最近・・ほむらちゃんを見てるとちんちんが大きくなるんだ」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/04/04(月) 13:34:21.00 ID:SSJUNKIE224
  2. ある種のハッピーエンドだが…

    あんこおおおおおお
  3. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/04/04(月) 14:01:22.00 ID:SSJUNKIE225
  4. さやかがちゃっかり死んでるwwwwwww
  5. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/04/04(月) 18:49:56.00 ID:SSJUNKIE226
  6. まどかって高確率でち◯こ生えるよなwwww
  7. 名前:-◆[saga] 投稿日:2016/02/03(水) 16:35:42.00 ID:SSJUNKIE862
  8. このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。