スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐天「人生は一生懸命いきよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (6) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/04/07 19:30
2: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:01:21.85 ID:X9heTu3Uo


佐天宅

佐天「暇だあ」

佐天「暇だなー」

佐天「初春は最近風紀委員の仕事が忙しいらしいからねぇー」

佐天「私は何に忙しくなればいいんだ」

佐天「……勉強でもするか」

佐天「…」 パラ

佐天「…」


3: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:02:08.92 ID:X9heTu3Uo


佐天「…」

佐天「…」 パサッ

佐天「暇だな」

佐天「んー、いつになれば初春は暇になるんだろう」

佐天「カレンダーカレンダー」

佐天「…」

佐天「……あ!」

佐天「そういえば…」

佐天「もうすぐ初春の誕生日じゃん!」

佐天「……んーっと、いち、に、さん…」

佐天「しかも三日後かよ!!」


4: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:02:45.03 ID:X9heTu3Uo


佐天「マズイマズイ、すっぽかす所だったよ」

佐天「んー」

佐天「それにしてもプレゼントは何にしようか…」

佐天「……初春といったらなんだろう…」

佐天「風紀委員…」

佐天「オモチャの拘束道具でもあげようか…」

佐天「いやいや、馬鹿か私」

佐天「……とすると、初春といえば花…」

佐天「そうだ!新しい造花をあげよう!!」


5: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:03:11.93 ID:X9heTu3Uo





佐天「……」

佐天「あ」

佐天「初春って造花に関してだけはマセてるからな…」

佐天「私がプレゼントしても『そんなのもう持ってますよ、てか時代遅れですよ』とか言い出すかも…」

佐天「どうせなら喜ぶものをあげたいなぁ」

佐天「家に戻ろう」


6: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:03:33.69 ID:X9heTu3Uo





佐天「……初春といえば…」

佐天「……うーん」

佐天「お嬢様へのあこがれ…?」

佐天「だったらお嬢様グッズでもあげようか?」

佐天「でも私のおこづかいじゃ買えないかも」

佐天「小さい子がお嬢様ごっこに使うようなオモチャじゃ満足しないだろうな」

佐天「……お嬢様…お嬢様…御坂さん…常盤台」


7: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:04:15.41 ID:X9heTu3Uo


佐天「……そういえば常盤台には行ったことあるけどすごかったなぁ」

佐天「その時も初春のパンツみたっけ」

佐天「油断していたからものすごくクッキリ見えたっけ」

佐天「…」

佐天「……やばい」

佐天「ムラムラしてきた」

佐天「初春を探そう、そして見よう」




佐天「……って、違あああああああああああう!!」

人「……?」


8: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:04:58.94 ID:X9heTu3Uo


佐天「こんなことしてる場合じゃない…はやくプレゼント決めないと三日しかないんだぞ」

佐天「…」

佐天「初春…盛夏祭でケーキがっつこうとしてたなぁ」

佐天「そうだ、ケーキにしよう」

佐天「誕生日にはケーキ!王道だし!」

佐天「よーし決めた手作りケーキにしよう!」

===そして次の日===

美琴「あ、佐天さん」

佐天「みんな久しぶりに集合できましたね!」


9: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:05:44.62 ID:X9heTu3Uo


初春「最近忙しかったですからねぇ」

佐天「寂しかったよ…ドラク●で『スライムだけでレベル上げ』っていう遊びも飽きてたし、もうどうしようかと…」

黒子「暇ですわねぇ」

美琴「ま、久しぶりに集まった記念ってことでおみやげがあるわよ!」

初春「わおっ!常盤台のお嬢様のおみやげですか!?!」

佐天「なんですか?なんですか!?」

美琴「まあまあ、落ち着いて」

初春「ゴク」

美琴「じゃん、学び舎の園でしか買えないケーキよ!」

初春「!!」


10: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:06:10.26 ID:X9heTu3Uo


初春「うわあああああ…すごい、テレビで見るだけで絶対にお目にかかれないものだと思っていたケーキが…」

佐天「本当においしそう…」

美琴「ホラホラ、鑑賞はそこまでにして食べましょう」

初春「わー!いただきますー!!」

佐天「いただきまーす」

黒子「まったくあんなにはしゃいで」

美琴「喜んでくれてよかったわ」


11: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:06:30.41 ID:X9heTu3Uo


初春「ふはぁー、おいしかったぁー」

佐天「クリームもとろけるし、スポンジもお風呂掃除に使いたいくらい良かったよー」

初春「どんな例えですか!やめてください!!」

佐天「あはは、ごめんごめん」

初春「むー、とにかく…しばらくは普通のケーキが物足りなくなるくらい満足です」

佐天「そうだねー!ありがとうございます御坂さん!」

美琴「いいのよ、いいのよ」

黒子「もーご謙遜なさって…お姉様ったらぁ~」

佐天(ホント初春の言うとおり、これじゃあしばらく普通のケーキは…)

佐天「!!!!!」


12: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:06:55.68 ID:X9heTu3Uo


美琴「……?どうしたの佐天さん」

佐天「これじゃ駄目なんよ…普通じゃ駄目になったらあかんのよ…」

初春「佐天さん?」

佐天「…」 グルン!

初春「ヒッ!?」

佐天(……感覚だと二週間は舌が肥えたままだ…初春の誕生日ああと二日…)

佐天「…」 スクッ

美琴・黒子・初春「?」


13: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:07:24.59 ID:X9heTu3Uo


佐天「みなさんすいません、しばらく旅に出ます」

美琴「へ!?」

佐天「捜さないでくださいませ!!」  ダダ―!

初春「白井さん口調になってますよ佐天さん!」

初春「お、追いましょう!」

黒子「彼女なりの事情があるのでしょう、止めておいたほうが」

初春「で、でも自殺しそうな勢いでしたよ!?」

黒子「いえ」


14: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:07:59.24 ID:X9heTu3Uo


黒子「佐天さんの目には正の光がありましたわ」

美琴「……」


電車

佐天「……」

佐天(第四学区に向かう)

佐天(第四学区には世界中からのグルメが集まっている)

佐天(そこに行けば御坂さんが持ってきたケーキ以上の味が見つかるかもしれない!)

佐天(まあ、十中八九私が手を出せる値段じゃないだろうけど…)

佐天(いざとなったら!)

佐天「盗む!!」


15: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:08:26.99 ID:X9heTu3Uo


人「……」 ざわ…

佐天「あ…」

佐天「……ゲームの盗賊…!今日こそ極めてやるぜ!!」

人「…」

佐天(ふぅ…)

佐天(とりあえず盗むのは無しで…)

佐天(今ある全財産でも買える、高級なケーキを…)

第四学区

お菓子屋

カランカラーン

店員「いらっしゃいませー」


16: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:08:58.49 ID:X9heTu3Uo


佐天「……」

佐天(高ぁーっ!)

佐天(やっぱ手出しできない…)

店員「…」

佐天「すいません」

店員「はい」

佐天「コレ安くなんないの?ケチケチしないでさぁ、中学生よ私?」

店員「最近の中学生は商店街にいるおばちゃんみたいなこと言うんですか?」


17: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:09:53.79 ID:X9heTu3Uo


佐天「…」

佐天(……安いのでも難しいなぁ…)

佐天(今月ヤバイのになぁ…)

佐天「あ、コンビニ」

佐天「…」

佐天「ヤケ食いするか!」

佐天「もう負けだ!御坂さんに完敗じゃ!!」

佐天「あっはっはっはー!!」

佐天「普通の手作りケーキつくったるわー!!」

店員「いらっしゃいませー」

佐天「酒!」 

店員「いやだめです」


18: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:10:17.21 ID:X9heTu3Uo


佐天「……」 ボー

カランカラン~

店員「いらっしゃいませー」

一方通行「はァ」

打ち止め「ここがコンビニかー、ってミサカはミサカははしゃいでみる」

一方通行「……」

打ち止め「わあー!アイスとかジュースとかも売ってるー、ってミサカはミサカはビックリしてみたり!!」


19: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:10:42.46 ID:X9heTu3Uo


一方通行「…」

打ち止め「ってテンション低いよ!せっかく一緒にお買い物にきたのに、ってミサカはミサカは貴方のテンションをあげてみたり!」

一方通行「おめェのせいだろォが…」

打ち止め「ミサカの作った失敗煮込みハンバーグのせい?」

一方通行「分かってンならもっと悪びれろよ、口直しにコーヒー買いに来たンだよ」

打ち止め「……」

一方通行「……」

打ち止め「ごめんなさい…」

打ち止め「だから少しでも元気になってほしかったんの…でもかえって気に障っちゃったかな…ってミサカはミサカは本当に反省してみる」

一方通行「…」


20: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:11:15.54 ID:X9heTu3Uo


一方通行「……うっ!」 グルグルル…

一方通行「うおァァァああああああああああ!!」 ダダダ―!

打ち止め「って勢いよくどこへいくの!?…ってあぁなるほど、ってミサカはミサカは納得してみたり」

佐天「…」

打ち止め「…」

打ち止め「お姉ちゃんも元気なさそうだね、ってミサカはミサカは見知らぬ人に声をかけてみたり」

佐天「そうだね…」


21: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:11:45.33 ID:X9heTu3Uo


打ち止め「悲しい事があったの?ってミサカはミサカは推測してみる」

佐天「まあね」

佐天「傷の舐めあいしようか…」

打ち止め「うん…」

===トイレ===

一方通行「うっ、まだ…だァ…離れられねェ…」


===十分後===

打ち止め「ミサカが悪いのぉー、ってミサカはミサカはお姉ちゃんに慰めを要求するため泣いてみたりー!」

佐天「私もただの諦めちゃった負け犬なのー!罵って!こんな駄目な女をぉぉぉぉ!」

店員(……はやくどっか行ってくれないかなぁ)


22: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:12:21.75 ID:X9heTu3Uo


店員「……ん?」 チラ

???「……」

店員「……」

???「……」

ガシャーーーーーン!!

店員「!?」

佐天「!?」

打ち止め「何?ってミサカはミサカは驚いてみたり!?」


23: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:12:50.00 ID:X9heTu3Uo


???「ぐへへ…手をあげろ」

店員「……あ」

強盗「金を出せ、さもなくば撃つ!!」

店員「は、はい」

佐天「……ヤバイ、銃を持ってる…」

打ち止め「……あの人を呼んでこなきゃ…ってミサカはミサカは…」

強盗「そこにいる奴!」

佐天・打ち止め「!」

強盗「妙な真似せずコッチ来い」

佐天「……」


24: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:13:07.56 ID:X9heTu3Uo


佐天「う」

打ち止め「?」

佐天「うわあああああああああああああ」 ダーッ!

打ち止め「あ、危ないよ!ってミサカはミサカは止めてみたり!」

強盗「!」 ターン!

打ち止め「!」

店員「!!」

佐天「あっ…」


25: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:13:35.19 ID:X9heTu3Uo


強盗「てめぇ」

佐天「うう」

打ち止め(よかった…制服にかすっただけで怪我はしていない、ってミサカはミサカは安堵してみたり…で、でも!)

強盗「おら!」 グイ

佐天「う…」

強盗「本当に殺してほしいのかい?」

佐天「死なない…」

強盗「あ?」

佐天「誕生日プレゼントあげるまで死なないって言ってるのよ…」

強盗「……そうか」


26: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:13:54.02 ID:X9heTu3Uo


強盗「じゃあ」

ゴス

店員「!」

佐天「……」

強盗「額を銃で打ち抜いてみるか」 ニヤニヤ

店員「……お、お金あげますから止めてあげてください!」

強盗「駄目だね、コイツ生意気だから」

佐天「……」


27: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:14:48.24 ID:X9heTu3Uo


佐天(馬鹿だ私…)

佐天(嫌な事が重なって、腹が立ってヤケになって、こんなことをするなんて)

佐天(本当に馬鹿だよ)

佐天(ゴメン、初春)

強盗「おら」


バキーン!!


強盗「!?」

強盗「銃が!!」

一方通行「……」

強盗「なんだぁ!テメェ!」

佐天「……?」


28: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:15:14.65 ID:X9heTu3Uo


一方通行「……三下が」

強盗「あぁ!?」

一方通行「…」 


ゴーン!


佐天「!?」

店員「ゲンコツ!?」

強盗「……がく」 ドサッ

一方通行「フン、殺しちゃいねェ」

佐天「…」


29: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:15:31.30 ID:X9heTu3Uo


★ 一方通行「怪我はねェか?」

佐天「は、はいありがとうございます」

一方通行「…」

店員「…」

佐天「…」

一方通行「…」

打ち止め「警備員はもうすぐ来るだろうしトイレに戻ってもいいよ、ってミサカはミサカは助言してみる」

一方通行「おォォォォォ!」 ダダダダダ!




打ち止め「よかったー、ってミサカはミサカはおねえちゃんを見て力を抜いてみたり」

佐天「ごめんね」


30: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:15:50.84 ID:X9heTu3Uo


ピーポーピーポー

佐天「…」

一方通行「このガキから話を聞いたけどよォ」

一方通行「大人しくしてりゃ助かっただろうに何がしたかったンだ」

佐天「……いやー返す言葉もありません」

打ち止め「お姉ちゃんは友達にあげたいプレゼントのケーキが買えなかったり、嫌な事続きでヤケになったんだと思う、ってミサカはミサカは推測してみる」

佐天「あ、はは」

一方通行「ふゥン」


31: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:16:13.51 ID:X9heTu3Uo


佐天「で、ではお世話になりましたー」

佐天(ホントあの人の言うとおりだよ…恥ずかしくてしばらく外歩けない…)

佐天「…」 トボトボ

打ち止め「……」

一方通行「…」

打ち止め「ねぇ」

一方通行「なンだよ」

打ち止め「分かってるくせに!ってミサカはミサカは意地悪な貴方に憤慨してみる!」

一方通行「チッ」

一方通行「オイ、女」


32: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:16:32.98 ID:X9heTu3Uo


佐天「はへ?」

一方通行「そうお前だ」

佐天「はいなんでしょう」

一方通行「金貸してやるよ、いくらだ」

佐天「へ?」

一方通行「物分りの悪い野郎だな、その友達にあげるプレゼント分の金貸してやるってンだよ」

佐天「え?え!?」

佐天(えええ!?嘘!)


33: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:16:55.42 ID:X9heTu3Uo


一方通行「いくらだよ」

佐天「えーっと、いくらだっけ…」

一方通行「チッ」 イソイソ

一方通行「ホラよ、二万くらい貸しときゃイイか?」

佐天「にっ…!?ほ、本当にいいんですか!?」

一方通行「あァ」

佐天「どうしていきなりこんな…?」

一方通行「このクソガキがうるせェンだよ、貸すまで喚くだろォからな」

打ち止め「へへー、分かってるじゃないか!ってミサカはミサカは威張ってみる」

佐天「あ、ありがとう…」


34: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:17:21.14 ID:X9heTu3Uo


佐天「ありがとうございます!二人とも」

佐天「……で、でもこんな大金」

一方通行「…」

打ち止め「…」

一方通行「フン」

一方通行「…」 グッ

佐天「!」

佐天「あ、ありがとうございます!!」

一方通行「…じゃ、行くぞ」

打ち止め「うん!ってミサカはミサカは返事してみる!」


35: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:18:26.19 ID:X9heTu3Uo


二日後

===初春の誕生日===


佐天「へへー、やったぁ」

佐天「これでどんな高級ケーキも買えるよ!」

佐天「すいません御坂さん、つき合わせて」

美琴「いいのよ、私のせいで色々悩んだっぽいから」

佐天「いえいえ、御坂さんだって私たちのためにやってくれたことなんですし、悪いなんて事はありませんよ」

佐天「それに心配して尋ねてきてくれただけでも嬉しいです」

美琴「そう…」


36: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:19:06.09 ID:X9heTu3Uo


第四学区

お菓子屋 

カランカラーン


店員「いらっしゃいませー」

佐天「どうせ二万あるなら豪快に買っちゃいますか!」

美琴「それにしても親切な人もいたものね、二万円も」

佐天「しかも無言で『いらねェよ』と言ってくれたんです!『惚れちゃいそーだぜ!』ですよ」

美琴「へぇ」

佐天「んー、このイチゴとクリームがたっぷりあるのがいいなぁ」


37: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:19:47.31 ID:X9heTu3Uo


店員「ありがとうございましたー」

佐天「やったー、御坂さん達も一緒に食べましょうね」

美琴「ありがとう」


子供「あーっ!」

佐天「?」

美琴「?」

子供「すいません、いつもここにあったイチゴとクリームたっぷりのケーキしりませんか?」

店員「申し訳ありませんもう売り切れです…人気商品ですから…」

子供「……そんなぁ」

佐天「……」

美琴「私たちの買ったものね」


38: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:20:04.11 ID:X9heTu3Uo


子供「せっかく妹の誕生日の為にがんばっておこづかいためてたのに…」

子供「うわああああああん」

店員「ああっ…ごめんなさいね…」

子供「うわあああああああん!!」

佐天「…」

美琴「佐天さん」

佐天(あの子が欲しいのはイチゴとクリームたっぷりケーキ…)

佐天(私が今…それを持っている)


39: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:20:31.47 ID:X9heTu3Uo


子供「うわあああああああん!」

佐天「…」

店員「…泣かないで」

佐天「…」

美琴「佐天さん…」

佐天「…」

子供「うわあああああああん…」

佐天「……っ!」 カッ!

佐天「…」 スタスタ カランカラーン

美琴「待ちなさい」


40: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:20:59.59 ID:X9heTu3Uo


佐天「泣かないで…」

子供「…?」

佐天「これあげるよ…」 カパッ

子供「これは、僕が欲しかったケーキ!」

佐天「あげるよ」

子供「いいの!?」

佐天「うん」

佐天「だから泣かないでね」

子供「ありがとう、でもお姉ちゃんが泣いてるよ?」


41: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:21:39.81 ID:X9heTu3Uo


店員「……お客様」

店員「後日…」

佐天「いえ、いいんです」

カランカラン

美琴「…」

佐天「…」

美琴「初春さんは佐天さんのつくったものなら何でも喜ぶわよ」

佐天「…」

佐天「ですかねぇ」


42: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:22:10.28 ID:X9heTu3Uo


佐天宅


ピーンポーン

初春『佐天さーん』

佐天「おっ!来たか!」


ガチャ


美琴「おめでとー!」 パーン!

黒子「おめでとうですの」 パーン!

初春「うひゃ!」


43: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:22:46.20 ID:X9heTu3Uo


佐天「誕生日おっめでとー!」

初春「あ、ありがとうございます…!」

佐天「ほらほら入った、入った~」

初春「はい…」

初春「って!」

佐天「どーだ!」

初春「す、すごい!ケーキがいっぱい!!」

佐天「全部手作りだぜ…初春の好きそうなケーキ全部並べたよ…」

黒子「佐天さんは頑張ってましたわよ」

初春「……佐天さん」


44: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:23:02.28 ID:X9heTu3Uo


初春「…」 パクッ

初春「おいしい!すごくおいしいですよ!!」

佐天「でも数日前の御坂さんのケーキには敵わないけどね…」

初春「何言ってるんですか!すごくおいしいですよ!」

佐天「!」

初春「それに佐天さんが私の為に頑張ってくれた…そのうれしさが味を二倍にしてくれています!!」

佐天「初春…」


45: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:23:36.87 ID:X9heTu3Uo


佐天「…」

佐天「……っもー!嬉しい事言っちゃってー!!」 ダキッ!

初春「ひゃわっ!?」

佐天「そんなに可愛いこといってると食べちゃうぞ~?」

初春「さ、さささ佐天さん!離れてください~!」

佐天「あははは!」

美琴「…」

黒子「よかったですわね」

美琴「そうね」


~誕生日編fin~


46: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:24:05.22 ID:X9heTu3Uo


ある日


佐天「…」 トコトコ

打ち止め「うおーっ!ってミサカはミサカはしゃいで走ってみたり!」バタバタ

一方通行「……おい、転ぶンじゃねェぞ!」 カツンカツン

佐天「あ」

打ち止め「ありゃ?ってミサカはミサカは見知った顔に出会って立ち止まってみる!」

一方通行「……お前か」

佐天「あの時はお世話になりました!」


47: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:24:34.50 ID:X9heTu3Uo


一方通行「おォ、ちゃンと返せよ」

佐天「はい!」

佐天「…」

佐天「え!?」

一方通行「なンだよ」

佐天「返せ…ってチャラじゃないんですか!?」

一方通行「当たり前だ」

佐天「な…!じゃああの時の『グッ』は何だったんですか!?」

一方通行「あァ、あれか」

一方通行「強盗に喧嘩うったお前なら、返せるさ、ってことを言いたかったンだよ」


48: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 01:24:56.14 ID:X9heTu3Uo


佐天「…」

一方通行「……使った分だけでいいぞ」

佐天「二万ジャスト使いました…」

一方通行「あっそォ、頑張れよ」

佐天「」 ガクッ

打ち止め「ああ…ってミサカはミサカは余計なことをしてしたことを自覚してみたり…」


56: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:30:41.85 ID:X9heTu3Uo


とあるファミレス


不良A「知ってるか?」

不良B「何が?」

不良A「最近、Cがボコられたんだよ」

不良B「マジで!?誰に!!」

不良A「小さいガキ連れた白髪で赤い眼した野郎に」

不良B「じゃあ仲間集めて…」

不良A「やめとけ!!」

不良B「何で!?」


57: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:31:11.42 ID:X9heTu3Uo


不良A「ソイツ…噂だと超能力者(レベル5)らしいぜ…」

不良B「マジ?で、でも数集めれば…」

不良A「Cだって一人だったわけじゃない」

不良A「二十人近くでいっせいにかかったが…」

不良B「…」

不良A「傷一つ付けられずやられたらしい」

不良B「……」 ゴク


近くの席

佐天「…」


58: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:31:43.79 ID:X9heTu3Uo


佐天(マジですか不良さん方…)

佐天(その白髪赤い眼で、小さい子連れって確実にあの人だよね)

佐天(超能力者って御坂さんレベル…)

佐天(ただの能力者でさえ私はお手上げなのに)

佐天(こりゃあ返せないとなると…)

佐天(八つ裂き!!)

佐天(うわあああ!本当にどうしよう…)

佐天(逃げようか)

佐天(無理だな)


59: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:32:06.40 ID:X9heTu3Uo





佐天(はぁー)

佐天「本当にどうしようか…」

佐天「バイトしてコツコツためるしかないよね…」

佐天「でも中一よ?雇ってくれる所見つけるのも難しいし、学校の目とかもあるしなぁ」

佐天「てか、期限はいつまでなんだろ…」

佐天「…」

佐天「……は!」 ピーン

佐天「そういえば」


60: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:32:33.11 ID:X9heTu3Uo


佐天「あの人の連絡先とか知らない!」

佐天「番号やらメアドやら、なにもかも!」

佐天「それはあちらも同じ!」

佐天「つまりこのままあの人に会わないようにすれば…」

佐天「関係が切れたも同然!!」

佐天「あははははは!やったやった!!」

佐天「超能力者らしいけど、肝心な所がヌけとるなぁー!!」

一方通行「そォだったな、うっかりしてた」

佐天「」


61: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:33:03.56 ID:X9heTu3Uo


佐天「……あはは」

一方通行「つーことでしようか」

佐天「ふ」

佐天「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!」 ダダー!

一方通行「…」 ピ

一方通行「…」 ビュン!

佐天「うえっ!?」

一方通行「しようか」ザッ

佐天「了解した」


62: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:33:29.87 ID:X9heTu3Uo


佐天「いや~、おすごいんですね」 ヘコヘコ

一方通行「…」 ピ

佐天「あっ、来ました…」

佐天「登録っと…」 カチカチ

佐天「あ」

佐天「そういえばお名前はなんていうんですか?」

一方通行「あァ、一方通行(アクセラレータ)だ」

佐天「……偽名ですか?」

一方通行「通り名みたいなモンだ」


63: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:33:55.89 ID:X9heTu3Uo


佐天「アクセラレータ…っと」 カチカチ

一方通行「これでいいな」

佐天「ええ」

佐天「…」

佐天「そういえば超能力者らしいですね」

一方通行「…それがどォしたンだよ」

佐天「いったい何位なんですか?」

一方通行「きいてどォする」

佐天「理由はきかないでください!一生のお願いです!!」 ドゲザッ!


64: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:34:54.75 ID:X9heTu3Uo


一方通行「はァ」

佐天(…)

佐天(私には同じ超能力者の御坂さんがいる)

佐天(もし彼が三位以下なら…)

佐天(―――『例え長引いても脅しだけはやめてくださいお願いします』という切な願いをバシっと言ったるわ!)


一方通行「……最強の超能力者、第一位だ」

佐天「ふっふっふ~、甘いね少年」

佐天「私には同じ超能力者の知り合いがいるんですよね、だから例え長引い…」

佐天「……」


65: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:35:23.23 ID:X9heTu3Uo


一方通行「…」

佐天「…」

佐天「い、一位…だと?」

一方通行「自慢じゃねェけどな」

佐天「」 フラッ

一方通行「まァいい、利子とかはつけねェ」

一方通行「とりあえず死ぬまでに二万返せ」

佐天「……アイアイサー」

佐天「…」 

佐天「よかったけど、こりゃー死ねる」


66: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:35:55.43 ID:X9heTu3Uo





佐天「ふー」 ボスッ

佐天「疲れた、とにかく疲れた」

佐天「もう疲れすぎてバイトして地道に稼ごうって気もおきない」

佐天「本当にどうしようか」

佐天「募金と偽って、金集めでもするかな」

佐天「やっぱダメなんだろうな」

佐天「くそー!じゃあどうすればいいんじゃ!!」

佐天「……そうだ」


67: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:36:17.05 ID:X9heTu3Uo


佐天「番号とアドを変えればいいんだ!」

佐天「これで連絡手段がなくなる」

佐天「そうしよう、そうしよう」

佐天「…」

佐天「でも」

佐天「もし、変えた後見つかったら…」

佐天「…」 ブルッ

佐天「やめとこ」


68: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:36:41.96 ID:X9heTu3Uo


佐天「んー二万円かぁ…バイトしまくればいつか」

佐天「…」 クラッ

佐天「やっぱりダルい」

佐天「はやく返さなきゃと思っているのに、頑張る気がおきん」

佐天「…」 ゴローン

佐天「…ほんと、どーしよー」

佐天「…」 ポクポクポクポクポクポクポクポク…

佐天「!」 チーン!


69: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:37:53.86 ID:X9heTu3Uo


佐天「これだ!」

佐天「この借金返済の一番恐ろしい所は…」

佐天「一方通行さんという脅威」

佐天「返せないと言えば八つ裂きにされそう…しかも気が変わって、早く返せと言い出すかもしれない」 (←自分の勘違いのせいなのに、少し人間不信になっている)

佐天「そんなストレスの中にいるのは耐えられない」

佐天「だったら、その脅威を取り除けばいい」

佐天「わたしの作戦はこうだ!」



①誰かに二万円借りる
②それを一方通行に渡す→『一方通行へ返さなければいけない借金』はなくなる
③その後コツコツと、二万円を借りた人に返していけばいい



佐天「これで脅えながらの借金生活は免れる!」


70: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:38:55.25 ID:X9heTu3Uo


佐天「ということで、明日優しそうな人に借りに行こう」

佐天「もう寝よう」 ゴロン

佐天「スゥ…」


===次の日===


佐天「…」

佐天「今日は日曜日だね」

佐天「…」

佐天「ん~~~」 ググー

佐天「…」


71: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:39:33.37 ID:X9heTu3Uo


佐天「…」 ムニャ

佐天「……は!今日はお金借りにいくんだった!」

佐天「ん~誰に借りようか」

佐天「まず初春はダメ」

佐天「御坂さん白井さん、春上さんにもそういうのしたくないし」

佐天「他のクラスメイトとかは二万円も貸してくれそうにないだろうし…」

佐天「固法先輩は…」

佐天「…」

佐天「風紀委員だし、なんか怖そうだから…ダメ」


72: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:40:02.99 ID:X9heTu3Uo


佐天「木山さんは…」

佐天「ていうか、今どこにいるんだろう?」

佐天「最近会ってなかったからなぁ」

佐天「…」

佐天「…あれ?」

佐天「とすると…」

佐天「…」

佐天「お手上げですな」

佐天「…」


73: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:40:47.25 ID:X9heTu3Uo


佐天「…」

佐天「……こうなったら」

佐天「貯金をしよう」

佐天「確か死ぬまでに返せばよかったんだよね」

佐天「そうしようそうしよう」

佐天「少しずつ節約して、ためる」

佐天「……コツコツと一円玉を貯金箱に詰めていったりして…」

佐天「…」

佐天「んー…」

佐天「なんか楽しくなってきた」(キリッ


74: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:41:11.38 ID:X9heTu3Uo





佐天「気分転換、気分転換~」 テクテク

美琴「あれ?佐天さん」

佐天「御坂さん、偶然ですね」

美琴「そうね」

美琴「……どうしたの?目にクマがあるけど」

佐天「あれ?そうですか?」

美琴「よく眠れなかったの?」

佐天「いえ」


75: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:41:56.06 ID:X9heTu3Uo


美琴「……悩みごとがあるなら言ってね」

佐天「…」

佐天「実は」

‐‐‐‐‐‐

美琴「なるほど…」

佐天「私の勘違いだったみたいで」

美琴「それでお金が…」

佐天「ええ、でも御坂さん達にお金借りるとかはしたくありませんし…少しずつためていくことに…」

美琴「何言ってるの、そういうことならいくらでも貸すわよ」

佐天「……そ、そんな!そこまで迷惑かけられません!!」


76: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:42:19.11 ID:X9heTu3Uo


美琴「いいのいいの、受け取って」

佐天「…そんな」

美琴「夏に拾ったマネーカードも大分使っちゃってるんでしょ?いいから貰って」

佐天「」

美琴「…」

佐天「あ」

美琴「……まさか」

佐天「それがありました!!」

美琴「忘れてたの!?」


77: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:43:09.07 ID:X9heTu3Uo


佐天「いやー、集めたはいいけど使うのが勿体無くて…」

佐天「しまいっぱなしにしていたら、忘れてました」テヘ

美琴「はぁー佐天さんらしいったら佐天さんらしいけど…とにかくよかったわ」

美琴「これで返せるメドが立ったわね」

佐天「…」

美琴「ど、どうしたの?」

美琴「……やっぱり使っちゃってたの?それとも場所が思い出せないとか?」

佐天「いや…」

佐天「あれ…私欲の為に使いたいんですよね…」(キリリリッ!!

美琴「だったらマネーカードで最後の晩餐の用意でもしたらどうかな?」ニッコリ


78: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:44:07.62 ID:X9heTu3Uo


美琴「こんな時まで…」

佐天「じょ、冗談ですよ!」

佐天「ありがとうございます!御坂さん!!」

佐天「さっそく返してきまーす!!」 ダッ!

美琴「私もいこうか?」

佐天「え?」

美琴「その人お金にうるさそうだから、もしイチャモンつけてきたら私が…」

佐天「あーいやいや、いいんです大丈夫です!期限も利子も付けないでくれたジェントルメンですから!」 

美琴「そう?」


79: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:44:59.16 ID:X9heTu3Uo


佐天「はい!」

佐天(相手は第一位だし…さすがの御坂さんも危ないだろうからなあ)

佐天「では!本当にありがとうございました!!」 シュタッ!

美琴「じゃあね」





佐天「あったあった」

佐天「ふぅー、本当によかった…マネーカードさまさまだ」

佐天「結構あるなぁ」 ゴソゴソ

佐天「……ん!これだけあれば二万円はいくね」


80: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:45:43.26 ID:X9heTu3Uo


佐天「よし!」 ピッピッ

佐天「…」 プルルル

一方通行『なンだ』

佐天「金のメドがたった、あの時のコンビニ前に午後1時に来い」

一方通行『なンで偉そうなンだよお前』


コンビニ

一方通行「…」 カツンカツン

打ち止め「あ、いた!ってミサカはミサカはお姉ちゃんを発見してみたり!」

佐天「!」


81: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:46:45.50 ID:X9heTu3Uo


佐天「おっ!来た!!」

佐天「どうぞ!」スッ

一方通行「おォ…」

打ち止め「うわー本当に二万円…どんな手使ったの?ってミサカはミサカは質問してみる」

佐天「ふっふふ、『鼻』を使ったのさ」

一方通行「意味が分かンねェよ」


こうして借金は返された
だが佐天涙子の波乱の人生はまだまだ続く

借金返済編 おわり


83: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/14(月) 21:49:35.99 ID:X9heTu3Uo


一方通行「ところでよ」

佐天「?」

一方通行「こンなに早く返せる方法があるなら、その方法で金貯めてプレゼントすればよかっただろ」

佐天「……ま、まぁ、若さゆえのボケってヤツですよ…」

一方通行「また意味がわかンねェ」

打ち止め「若いのにボケが始まってるの?ってミサカはミサカは心配してみる」


91: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:16:58.99 ID:l2zaCokTo


ファミレス


佐天「おー、ここ来るのも久しぶりだね」

初春「ええ、風紀委員の仕事がいっぱいで遊べてなかったですからねぇ」

佐天「ま、とりあえず私のおごりだよ!」

初春「え?いいですよ」

佐天「いいのいいの、お金いっぱいあるから」

初春「?」

佐天(……例のマネーカード、まだ少し余ってるからね)

佐天「さ、頼んだ頼んだ」

初春「ありがとうございます」


92: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:17:33.54 ID:l2zaCokTo


初春「では注文しましたし、ドリンクバーとってきますね」

佐天「ん、ありがと」

初春「……ふぁ~あ」

佐天「!」

初春「では」

佐天「初春?寝てないの?」

初春「え?」

佐天「欠伸なんかしちゃって」

初春「大丈夫ですよ」


93: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:18:07.99 ID:l2zaCokTo


佐天「ホントに?」

初春「ええ」

佐天「遠慮しないで座ってなさい、私が取ってくるよ」

初春「……すいません」 シュン

佐天「いいんだってば」 ハハ


佐天「…」 テクテク

佐天(…あ、ちょうど開いた) テクテク

佐天「…」 ガチャ トポトポトポ

???「遅えよ!!」

佐天「!?」ビク!


94: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:18:52.12 ID:l2zaCokTo


佐天(な、なにが?) クル


麦野「ドリンクバー一つとってくるのにどんだけかかってんだ!」

浜面「しょうがねぇだろ!並んでたんだから!!」

佐天(私じゃないのか…ほっ) トポトポトポ

絹旗「こんな仕事一つまともにできない男によく惚れることが出来ましたね」

滝壺「かっこいいところもあるから」

浜面(つまりかっこ悪いところもわかっているのか…)

佐天(つまりかっこ悪いところも見せちゃってるのか…)


95: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:19:32.40 ID:l2zaCokTo


絹旗「それにしても二人とも、またデートするんですって?」

滝壺「うん、きぬはたのすすめてくれた映画を見てくる」

浜面「ま、ありがとな」

絹旗「ま、とはなんですか?せっかく超駄目な浜面でもいい雰囲気に持っていける映画を教えてあげたというのに」

浜面「はいはい、すいません」

絹旗「滝壺さん、もし浜面が変態な行動にでたら超おもいっきり殴ればいいんですからね」

滝壺「別に、浜面がそういうことしてきても気にしない」

浜面・麦野・絹旗「え?」

佐天(進んでやがるなあー) ←年下


96: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:20:13.33 ID:l2zaCokTo


浜面「え?え?」

絹旗「本当に超いい人ですね滝壺さんは、改めて浜面には釣りあわないと思いましたよ」

浜面「うるせぇ!」

滝壺「映画館ではキスまでだけど」

浜面「そうだよね!さすが滝壺さん!!やっぱり健全な…」

絹旗「映画館ではってことは、ホームではいく所までいくってことですかー?」

滝壺・浜面「!」

浜面「だっ、黙れ!もうお前!!」

滝壺「…」

絹旗「うろたえ方が超キモイです」

麦野「…」


97: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:20:43.44 ID:l2zaCokTo


麦野「…」 ゴォォォ

佐天(うわー、あのボインの人から凄いオーラが)

麦野「…」

佐天(盗み聞きはここまで、さっさと初春の所へ帰ろう)

麦野「…!」ピク

佐天「!」

佐天(……やば、目があった!)

佐天「…」 ソロー

麦野「…」


98: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:21:35.33 ID:l2zaCokTo


アイコンタクトの世界

麦野『ちょっと』

麦野『表来い』

佐天『……私ですか?』

麦野『そう』

佐天『強制ですか』

麦野『…』

佐天『はい』


麦野「ごめん、ちょっとでてくるわ」


99: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:22:04.30 ID:l2zaCokTo


浜面「トイレか?」

麦野「あ?」

絹旗「浜面はそういう超デリカシーの無さが浜面ポイントの一つなんですよ」

浜面「浜面ポイントってなんだよ!」

滝壺「大丈夫、そんなはまづらも好きになってみせるから」

浜面(みせる!?)

麦野「じゃ」

‐‐‐

コト

佐天「初春、ちょっと席外すね」

初春「……?はい」


100: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:22:36.23 ID:l2zaCokTo





麦野「やっぱ、見たのねアンタ」

佐天「はい」 ビクビク

佐天「ものすごい嫉妬オーラがでてました」

麦野「ギッ!」

佐天「すいません!」

佐天「誰にも言いませんから、どうか見逃してください~」 ドゲザ

麦野「嘘ないな」

佐天「はい!」

麦野「よし」

麦野「絶対だぞ」


101: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:23:03.51 ID:l2zaCokTo


佐天「約束します!」

麦野「よし」

佐天「やっぱりそういう気持ちは知られたくないですよね」

麦野「…」

佐天(はっ!しまった、また余計なことを…!)

麦野「…そうだ」

佐天(……よかった、怒らない)

麦野「それに、今のあの二人の関係をかき回したくないしね」


102: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:23:34.09 ID:l2zaCokTo


佐天「…」

麦野「私がこんな気持ち抱いているって知って、あの二人が気まずくなったりしたら…」

佐天「…」

佐天(思ったより乙女だった)

佐天「…そうですね、分かります」

佐天「絶対言いませんよ!」 キリッ!

麦野「約束破ったら上下左右に裂くぞ」

佐天「は、はい…」

麦野「じゃ」

佐天「ども」


103: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:24:06.84 ID:l2zaCokTo


佐天「…」

初春「あ、佐天さん」

佐天「…」

初春「…どうしたんですか?」

佐天「…こわかった」

初春「え?」


104: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:24:44.55 ID:l2zaCokTo


後日

アイテムの隠れ家



絹旗「おー、麦野の財力は超ハンパないですねー」

麦野「これでも安いほうだぞ」

浜面「よー」

滝壺「おくれてごめん」

麦野「10分遅れてるぞ」

絹旗「超反省が足りない浜面だけオシオキしますか」

浜面「あははは、悪いって」 ツヤツヤ

絹旗「?」


105: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:25:13.51 ID:l2zaCokTo


絹旗「なんかテンションが超高いですね」

滝壺「むふふ」 ツヤツヤ

麦野「むふふ?」

浜面「いやー、昨日のデート楽しかったなぁ」 ツヤ

滝壺「そうだね」 ツヤ

麦野「…」

絹旗「二人とも超艶ってますね、まさか本当に一線越えたことをしたんでしょうか…」 ボソ

麦野「…」

浜面・滝壺「うふふふ」

絹旗「私の映画が超よかったんでしょうかね」


106: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:25:54.07 ID:l2zaCokTo





麦野「…」

麦野(……気になる)

麦野「あー!クソ!!」 ガツ!

佐天「…」

麦野「…お」

佐天「…」 コソコソ

麦野「…」

佐天「…」 コソコソ

麦野「ちょうどよかった」


107: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:26:23.07 ID:l2zaCokTo


佐天「……こんちは」

麦野「おお」

佐天「なにかイライラしてますね」

麦野「つーかモヤモヤだな」

佐天「…」

麦野「…」 ジッ

佐天「ききましょうか…」

麦野「悪いね」


108: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:27:04.72 ID:l2zaCokTo


佐天「……んー、なるほど」

麦野「…」

佐天「浜面さんと滝壺さんという方が、何をしたか気になると」

麦野「…」

佐天「その二人にくわしいワケじゃないんで、貴方達にも分からないのならなー」

麦野「だったらどーすりゃあいいの!!」

佐天「うぇっ!」 ビク

麦野「問い詰めればいいのか!?」

佐天「……私が尾行しましょうか」

麦野「は?」


109: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:27:44.49 ID:l2zaCokTo


佐天「わ、私が二人を尾行して、詳しくしらべましょうか…?」

麦野「…」

佐天(…)

麦野「…」 ジッ

佐天(……やば、野暮なことするな!って怒られそう…?) ビク

麦野「そうだな」

佐天「あり?」

麦野「頼むよ」

佐天「は、はい」


110: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:28:26.34 ID:l2zaCokTo


佐天(さ、採用された!)

麦野「じゃあ、二人がデートする時になったら呼ぶから連絡先教えて」

佐天「は、はい」 ゴソ

麦野「よいしょ、交換」 ピ

佐天「むぎの、ちんりさん…?」

麦野「しずりだ」 ゴオッ 

佐天「あっ!はは…すいません中坊なもので…」

佐天(しずり、か…静かで寡黙な方に付きそうな名前だな)

麦野「何?」

佐天「い、いや」


111: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:29:17.25 ID:l2zaCokTo


麦野「じゃあ、頼むわよ」

佐天「はい」

麦野「一瞬一瞬、二人の言動、仕草など見逃すんじゃないわよ」

佐天「一瞬って…」

麦野「冗談じゃないのよ」 ゴオッ

佐天「!」 ビク

麦野「絶対に見逃すな、その見逃した一瞬のせいで見つかるものが見つからなかったら…」

佐天「上下左右…」

麦野「そう」


112: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:30:04.73 ID:l2zaCokTo


佐天(……なんか、ややこしい人と知り合いになってしまった)

佐天「ほ、本当にそんなことできるんですかー?」

麦野「…」 ビュン!オオォォォォ…

佐天「!」

麦野「―――『原子崩し』、超能力者の第四位よ、やろうとおもえばできる」

佐天「……」

佐天「お任せくださいっ!麦野様!!」 ヘイフク!

麦野「おお、頼んだよ」 スタスタ

佐天「大船に乗ったつもりでいてください!!」


113: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:30:59.64 ID:l2zaCokTo


佐天「…」 ボー

佐天「…おびえる日々の始まりか」

佐天「……いつこの携帯に連絡が来るか」

佐天「…」

佐天「ていうか、私の携帯には三人の超能力者の連絡先があるのか…」

佐天「怖い人に絡まれても威張れるかな」

佐天「いいのかい?俺にゃ超能力者の知り合いが三人もいんだぜ?」

佐天「…」

佐天「帰ろ」


114: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:31:56.82 ID:l2zaCokTo


アイテムの隠れ家


滝壺「明日は」

絹旗「デートですか」

滝壺「うん」

麦野「!」

麦野「次はどこへいくの?」

滝壺「うん、またきぬはたのすすめる映画にいく」

絹旗「お、あれですか!あれは超オススメですよ!」

麦野「映画、ね」


115: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:32:22.94 ID:l2zaCokTo


佐天「…」

プルルル

佐天「…!」 バッ

佐天「麦野さんか…」

佐天「もしもし」

麦野『出番だよ』

佐天「了解」

麦野『ターゲットの二人は明日の十時…』

佐天「アイアイ」


116: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:32:57.68 ID:l2zaCokTo


デート当日


浜面「それにしてもまた映画か」

滝壺「そうだね」

浜面「飽きねぇ…?」

滝壺「大丈夫、はまづらは飽きた?」

浜面「いや、俺も飽きてねぇよ」

浜面(……情けねぇ絹旗の勧めた映画にたよりっぱなしだ、そろそろ俺がデートプランを練らないと…)

滝壺「いこ」

浜面「お、おぉ」

佐天「…」コソ


117: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:33:36.25 ID:l2zaCokTo


佐天「ターゲット確認」

佐天「…お、入っていった」

佐天「私も」

佐天「…」スタスタ

浜面「」

滝壺「」

佐天「そ、そうだ!同じ映画見なきゃいけないから!」 ダダ―!

浜面「恋のダババダバ…高校生二枚」

佐天(……恋のダババダバ…?)


118: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:34:11.75 ID:l2zaCokTo


窓口の人「次の方どうぞ」

佐天「恋のダババダバ、子供一枚ください」

窓口の方「1000円いただきます」

佐天(ええっ!千円!?)

佐天(少しだけ高くない?思わぬ出費…) スッ

佐天(よーし)


入場


ガラーン

佐天「スッカスカだ…」


119: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:34:40.95 ID:l2zaCokTo


浜面「…」

滝壺「…」

ババーン

浜面「おっ、もうすぐ始まるぞ」

滝壺「そうだね」

滝壺「でもきぬはた映画だから期待はしてない」

浜面「おま…毒舌だな」


佐天(…すこし離れたところに)


120: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:35:18.43 ID:l2zaCokTo


バーン


佐天(……はじまった)

浜面「…」

滝壺「…」

浜面「つまらなくはねぇけど、面白くもねぇ」

佐天(うんうん)

佐天(でも何故か退屈ではない…眠くはならない)

滝壺「飽きさせない王道展開を詰めてカバーしている、だからみいる」

佐天(そうそう、それだ!ジャージのお嬢ちゃん!!) ←年下


121: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:35:44.78 ID:l2zaCokTo


男『好きだ』

女『うん』

男『結婚しよう』

女『うれしい…』

ザザーン!

終 了


佐天「…」

浜面「…」

滝壺「おわった」


122: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:36:41.04 ID:l2zaCokTo


浜面「…んー、ちょっと物足りない感覚だ」

滝壺「そうだね」

佐天(だなぁ…)

佐天(これは前座向きだね、見た後の少し物足りない感が…) ブツブツ

佐天「……ん?」

佐天「あれ!二人がいない!!」

佐天「ちょっとー!」ダダー

佐天「はぁはぁ」 ダダ

プルルル


123: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:37:27.85 ID:l2zaCokTo


佐天「麦野さん?」 ピ

麦野『終わったわね』

佐天「なんで終了時間知ってるんですか?」

麦野『そりゃ何を見るか知っていれば、分かるだろ』

佐天「……アブナイヒト」

麦野『あ?』

佐天「いやいや、なんでも!」

麦野『で、報告は?』

佐天「前座向きの映画」


124: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:38:18.77 ID:l2zaCokTo


麦野『携帯ごしにブチぬくよ』

佐天「すいません!で、でも関係なくはないですよ!!」

麦野『それのどこが?』

佐天「特別なことはありませんでした、ただ映画のことを話していただけです」

麦野『ふーん』

佐天「はい」

佐天「……ところで」

麦野『あ?』

佐天「携帯ごしから攻撃できるんですか?」

麦野『できるわけねぇだろ』

佐天「…」


125: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:38:49.16 ID:l2zaCokTo


麦野『とりあえず引き続き尾行してね』

佐天「はい」

麦野『じゃ』 プツ

佐天「いくか…ってかどこにいるんだー!」

---

ホットドック店

浜面「うえー!一個2000円!?」

滝壺「すこし高いね」


126: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:39:26.53 ID:l2zaCokTo


佐天「はぁはぁ」 タッタッ

佐天(いた…)

滝壺「じゃあ二人で一個だけ買おう、一緒に食べよう」

浜面「すまねぇ」

佐天「…」

浜面(くそー、情けねぇ)

浜面(……でも楽しい)

滝壺「…」

滝壺(はまづらといると楽しい)

佐天「…」


127: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/15(火) 21:40:28.34 ID:l2zaCokTo


浜面「ん?」

佐天「!」

浜面「あのー」

佐天「は、はい?」

浜面「間違ってたら悪いけど、さっきの映画館にもいなかった?」

佐天「い、いましたよ!偶然ですね!!私…あの映画館で映画見た後ここでホットドック買うのが好きでー」

佐天「さーて、買うか買うか…」

佐天(……にっ!) ビク

浜面「…」

佐天「ください…」


136: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:26:48.37 ID:AJ7zwr5Yo


佐天(……死んだ、私のマネーが死んだ)

滝壺「ないてるね」

浜面「おお…」

店の人「おまたせしました」

佐天「…ども」

佐天「…」モグモグ

佐天「っ!うまっ!!これウマッ!!」

滝壺「また泣きだしたね」

浜面「今度は感動の涙だろうな」


137: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:27:22.43 ID:AJ7zwr5Yo


佐天「…うま!うま!!」

滝壺「そんなにおいしいんだ」

浜面「俺らも食うか」

浜面「ホラ、滝壺から」

滝壺「ううん」フルフル

浜面「?」

滝壺「貸して」

浜面「??」ホイ

滝壺「はまづら、あーん」


138: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:27:55.12 ID:AJ7zwr5Yo


浜面「えっ、お、おう!」

浜面「……あーん」

パク

滝壺「どう?」

浜面「うめぇ」

滝壺「じゃあ」

滝壺「わたしにも、食べさせて」



佐天「これマスタードがいいね」 ガツガツ

店の人「どうも」


139: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:28:27.03 ID:AJ7zwr5Yo


浜面「ああ」

浜面「…あーん」スッ

滝壺「あーん」

滝壺「ぱく」モグモグ

浜面「…どうだ」

滝壺「おいしい」 パァァァ

浜面「そうか、よかった」

佐天「…」


140: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:28:57.61 ID:AJ7zwr5Yo


佐天(……やっぱり)

浜面「…」ジ

佐天「!」

浜面「食い終わってるのにまだいるな、あの子」

滝壺「うん」

佐天(…やば!)

佐天「おやっさんもう一個ぉ!」ガタン

店の人「……まだ20代だからね」

佐天「あ、はは…」


141: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:29:29.39 ID:AJ7zwr5Yo


佐天「ども」

佐天(…って、一日に何千円使ってんの私!)

佐天「…」 ガクン

浜面「…」

滝壺「食べ終わった」

浜面「ああ、じゃそろそろ…」


佐天(ええーっ!もう行っちゃうの!?コレ買い損!?)モグモグ

佐天「でも…くやしい、おいし…」モグモグ

浜面「ホームへ帰るか」

滝壺「うん」


142: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:30:17.38 ID:AJ7zwr5Yo


佐天(帰る…?もう終わり?)モグモグ

浜面「…」スタスタ

滝壺「…」スタスタ

-----


浜面「…」スタスタ

滝壺「…」スタスタ


~大分離れたところ~

佐天「…」コソコソ

佐天「…」ピ プルルル


143: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:30:43.96 ID:AJ7zwr5Yo


麦野『なに?』

佐天「もうデート終わったみたいですよ」

麦野『…そうみたいだね、いまホテルの玄関にいるんだが見かけた』

佐天「あの後はホットドック食べただけでした」

麦野『今回は外したかな』

佐天「あ、あの」

麦野『?』

佐天「思ったことがあるんですけど言っていいですか?」

麦野『…言ってみな』


144: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:31:11.27 ID:AJ7zwr5Yo


佐天「あの二人、特別なことなんかしてないと思いますよ」

麦野『なんでそう思うの?』

佐天「いやーなんというか…」

佐天「ただ一緒にいるだけで楽しいオーラが出ているというか」

麦野『…』

佐天「何気ないことでも、すっごく喜んで楽しんでました」

麦野『…ふーん』

麦野『つまりツヤツヤしていた原因はデート自体だった、って言いたいわけ』

佐天「は、はい…」


145: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:31:52.36 ID:AJ7zwr5Yo


佐天「でも、まぁ…所詮私の意見ですから」

麦野『……わかった』

麦野『とりあえずありがとうね、ごくろうさん、もう帰っていいよ』

佐天「はい、……あ、一ついいですか?」

麦野『なに?』

佐天「今回の尾行のせいで…ゼニーというか、金銭的なダメージが…襲ったんですよねー…」

麦野『うん』

佐天「…些細なことですが私みたいなのにとっては、その些細が日常生活的危機を誘発したりー…するんですよね…」 

麦野『…アンタから言い出したことでしょ、一応お礼は言ったし、無償のボランティアってことで』プツ


146: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:32:19.70 ID:AJ7zwr5Yo


プープープー

佐天「…」

佐天(ひどいや!ひどいや!!)ウワアアアアアン



麦野「…」

麦野(一緒にいるだけで、ってか)

麦野「…」 ガチャ

滝壺「あ、むぎの」

麦野「……二人とも帰ってたの」

浜面「おお」ツヤ


147: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:33:22.81 ID:AJ7zwr5Yo


滝壺「うふふ」ツヤ

絹旗「きいてくださいよ、また艶ってるんです」

麦野「…」

絹旗「浜面、本当に変なことをしていないんでしょうね」

浜面「してねぇよ!ただ映画見て、ホットドック食っただけだ」

絹旗「はー、超つまらないデートですね…」

浜面「どう転んでも批判するんだなお前は…今に見てろ!お前らが同行したくなるようなデートプラン考えてやるからな!」

絹旗「ね、こういうところが駄目なんですよ、滝壺さんを楽しませるためではなく私達を見返すことに超必死になっている」

浜面「ちっ、ちげえよ!!」

滝壺「はまづら」ムッ


148: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:33:57.81 ID:AJ7zwr5Yo


麦野(…)

麦野(本当にそうなのかもしれない)

浜面「あ、そうだ麦野」

麦野「…っ!な、なに?」

浜面「なんか俺らをつけているヤツがいたんだ、下手だったから暗部の人間とは思えないんだが…一応」

麦野(はー、バレバレかアイツ)

麦野「ああ、ソイツ私の使いっぱしり」

浜面「はぁ!?」


149: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:34:40.96 ID:AJ7zwr5Yo


浜面「どういうことだよ!」

麦野「浜面が滝壺に変な事してないか調査させたの」

浜面「とことん信用ねぇな俺!」

絹旗「ははーん、さては麦野、超気になっていたんですね」

麦野「……な!ちが…私は滝壺の…」

浜面「……お前」

麦野「か、勘違いすんじゃ…」

浜面「もしかして滝壺が好き…なのか?俗にいう…」

ゴン!!

滝壺「あ」

絹旗「超馬鹿ですね」


150: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:35:36.46 ID:AJ7zwr5Yo


麦野(全てのモヤモヤが、消えたわけじゃないけど…)


麦野「さーて、浜面をボコるか」

絹旗「超りょーかいでーす」

浜面「な、やめろおおお!!」

滝壺「がんばって」



麦野(まぁいいさ、一件落着)


151: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:36:06.92 ID:AJ7zwr5Yo


●以下、一件落着していない人


初春「…」テクテク

初春「?」

初春「……んー?あそこのベンチに何かが置かれて…」

初春「……って!」

初春「佐天さん!?」


佐天「」


152: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/16(水) 20:37:10.58 ID:AJ7zwr5Yo


佐天「…」 ヒュゥゥゥゥォォォォォォォォ……

初春「どうしたんですか!?こんな…今にも死にそうな…」

佐天「ういはる…」

佐天「人って、自分勝手だよね」

初春「え?」

佐天「でもそれがいいんだと思う」

佐天「でも私はそれ以上に愚かで軽率な人間」

初春「佐天さんとりあえず私の部屋に行きましょう、全く意味が分かりません」

佐天「ありがと、そんな自分勝手じゃない初春が大好き」


163: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 21:53:12.93 ID:F6N+crOmo


初春「はーそんなことが」

佐天「まあ次のお金が入るまで節約すればいいんだけどさー」

初春「だったらバイトすれば」

佐天「そんなのあるの」

初春「ありますよ」

佐天「は?」

初春「ここです」パカ

初春「マイパソのお気に入りに入ってます」カタカタ

佐天「?」


164: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 21:53:52.92 ID:F6N+crOmo


初春「オススメは三つほどあるんですが」

佐天「ふんふん」

初春「まず一つ目」

佐天「なになに…」

------------------------------------------------------------
★学園都市のみなさんへ
ただコピーするだけ!
わたくしの渡すものをコピーしてコピーしてコピーするだけ!ただそれだけ!
ただそれだけでオッケーです
性別、年齢問いません

時給:500円
場所:イギリスのロンドン
-------------------------------------------------------------


佐天「いいね、コレ」


165: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 21:54:24.44 ID:F6N+crOmo


初春「でしょ?」

佐天「コピーするだけでこの時給…楽して儲けるという言葉を体現しているよ!」

初春「ですよね!」

佐天「でもどうやってロンドンまで行くのさ!それだけで出費がやばいわ!!」

初春「そうなんですよね…そこが問題なんです」シュン…

佐天「初春…遊んでない?」

初春「そんなことないです」フン

佐天「ま、保留として次!」

初春「はーい」


166: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 21:56:02.14 ID:F6N+crOmo


初春「では次、学園都市でもできるものです」

佐天「はいよ」

佐天「…」ドレ

----------------------------------------------------------
★学園都市のみなさんへ

かわいい女の子がもっとかわいく見えるお洋服などを教えてください
ジャンルは問いません
個人情報は命にかけても守ります

ここにお願いします><
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
e-mail washiwashi@senmetu.com.jp

報酬:情報一つにつき10万円

-----------------------------------------------------------


佐天「これはいい」


167: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 21:57:14.60 ID:F6N+crOmo


初春「でしょ?」

佐天「しかも一回で十万円も!?これはやる他ないね!」

初春「でも…」

佐天「何か問題でも?」

初春「このページ、何度も削除されているのです」

佐天「へー、風紀委員が?」

初春「いえ、風紀委員でも警備員でもない誰かが」

佐天「…」

初春「統括理事会ではないかといわれています」


168: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 21:58:07.67 ID:F6N+crOmo


初春「風紀委員や警備員にも依頼せず、直々に削除しているということは相当やばいです」

初春「おそらく学生を騙し、学園都市の情報を得ようとしている敵対組織なのかもしれません」

初春「関わったら佐天さん、危ないですよ」

佐天「そうか、忠告ありがとう…」

佐天「だが初春くん、君は何故それを一度勧めた」

初春「茶目」

佐天「うぅぅぅいはーるぅううううん?」バッ

初春「ひゃあああああ!スカートおろそうとしないでください!」


169: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 21:59:07.09 ID:F6N+crOmo


佐天「私は真剣なのだがね、君が遊ぶというなら私も遊ぶよ」

初春「わっ、わかりました!真剣にやりますからスカート返してください!」

佐天「で、三つ目は?」ホレ

初春「うぅ…これです」グスン

佐天「…」ムム


----------------------------------------
★高性能空気清浄機をつくろう

簡単です
説明書どおりに組み立てるだけ

対象:中学生以上
時給:100円 
※一週間に二日まで
-----------------------------------------


170: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 21:59:59.38 ID:F6N+crOmo


佐天「普通だね」

初春「はい」

佐天「こんな工場がバイト雇ってるってどういうこと?しかも中学生もアリとか…」

初春「最近あった戦争のせいで軍事方面を重視したので、日用品などの製造は二の次になっていたらしいです」

初春「だから忙しいんじゃないでしょうかね」

佐天「ふーん」

佐天「いいや、とりあえずこれにしよう」

佐天「ありがと!初春!」 

初春「いえいえ」


171: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:01:06.06 ID:F6N+crOmo


午後12時

工場


人「佐天涙子さんだね」

佐天「はい」

人「じゃ、あそこにある箱を一つとってきて」

佐天「はい」ヨイショ

人「それでその中に入っている部品を組み立ててくれ」

佐天「はい」

人「それで組み立てたら、また箱を一つとってきて組み立てる、それの繰り返し」

佐天「はい」


172: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:02:04.57 ID:F6N+crOmo


シーン


佐天「…」カチャカチャ

佐天(本当にこれだけで完成するの?)

佐天(ああ、そうか…人の手だけで完成するわけないよね、全体の部品Aを作っているって感じか…)

佐天「…」カチャカチャ


カチャカチャカチャカチャ


佐天(……ん?)

上条「…」カチャカチャカチャカチャ

佐天(あの人はやっ!)


173: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:03:18.18 ID:F6N+crOmo


佐天「…」カチャカチャ

上条「…」カチャカチャカチャカチャ

上条「…」スクッ

上条「次」スタスタ

佐天「…」カチャカチャ

佐天(すごい手慣れているなぁ…私も見習わなきゃ)カチャ

上条「…」スタスタ ストン

上条「…」カチャカチャ


174: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:03:59.82 ID:F6N+crOmo


佐天「…」カチャ

佐天(……ん?)

佐天(あれ?説明書どおりやってるのにうまくいかない…)

佐天「…」ムー…

上条「…」カチャカチャ

佐天「…」


カチャカチャ  カチャカチャ  カチャカチャ


バイトA「…」カチャカチャ

バイトB「…」カチャカチャ

佐天「…」

佐天(み、みんな進んでるのに私一人だけ!ヤバイ!!)アセアセ

上条「…」


175: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:04:38.12 ID:F6N+crOmo


佐天「…」ヒィィ

上条「あのー」

佐天「…!あっ、はい!すいません今進めます!!」

上条「シー」

佐天「…あ、すいません…」ボソ

上条「どこが分からないの?」

佐天「え、あ、ここです」

上条「あーここか」

上条「ここは強く押し込むんだよ、多少力入れても壊れないから」


176: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:05:04.85 ID:F6N+crOmo


佐天「はい」 グーッ

佐天「あ、できた」

上条「だろ?」

佐天「あ、ありがとうございます」

上条「いいって、さ、進めようぜ」

佐天「はい!」

バイトA「…」ジー

上条「シー」

佐天「す、すいません」ボソ


178: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:05:59.82 ID:F6N+crOmo


夕方 5時


上条「あー、終わった…休日は長いことできるからいいなぁー」

佐天「あのー」

上条「ん?」

佐天「さっきはありがとうございます」エヘヘ…

上条「いいって、同じバイト仲間じゃん」

上条「あそこ、俺も最初分からなくて焦ったんだ」

佐天「そうなんですか」


179: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:06:38.51 ID:F6N+crOmo


人「はい、今日の分だよ」スッ

上条「どうも」

佐天「ありがとうございます」

上条「このバイト、働いた一日分の金をその日にくれるんだよな」

佐天「いますぐお金が欲しい人には嬉しいことですよ」

上条「製造はおくれてるけど金はあるんだな」

佐天「期間限定ですけどね、見つけてよかった」


180: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:07:35.43 ID:F6N+crOmo


上条「……こんなおいしいバイトがあるなんて…神様っているもんだな」

佐天「そうですねー、これが無かったら私パンの耳だけで生きていく所でしたよ」

上条「それで暮らしていけるんなら、よかったんだけどな…」

佐天「……まさかゼロなんですか?」

上条「いや、金はソコソコあるんだが…ソコソコじゃ駄目なんだ…」

佐天「?」

上条「まあそれはいい、またな」

佐天「あ、はい、また今度」


181: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/17(木) 22:08:19.57 ID:F6N+crOmo


佐天「よかったー」

佐天「あの人がいなかったら、いきなり落ちこぼれだったかもしれないよ」

佐天「まあ、馴染むこともできたしやっていけそうだ」

佐天「…」

佐天「今日は5時間くらいやったな…」

佐天「時給100円だから500円もらった」

佐天「明日もやるし、明日には千円」

佐天「……これでなんとか生きていけそうだ…」


200: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:08:52.23 ID:QAI97R0SO


佐天「よーし今日もバイト頑張るぞ!」

初春「佐天さんも忙しくてなりますね」

佐天「そだね、でも週二だし風紀委員ほどじゃないよ」

佐天「じゃ言ってくるね」

初春「いってらっしゃーい」


工場


上条「…」カチカチ

佐天「…」カチカチ

上条・佐天「おかわり」ガタタッ


201: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:10:24.78 ID:QAI97R0SO


上条・佐天「あ」

佐天「あはは」

上条「……飲み込み早いな」

佐天「いえ、まだまだですよ」


いざと言う時スゴい人と
金目のもの関係だとスゴい人が交差する時
物語は始まる


202: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:11:35.23 ID:QAI97R0SO


終了


人「今日の分」スッ

上条「ありがとうございます」

佐天「どうもです」

佐天「はー、何時間もカチカチやってると、さすがに疲れますね」

上条「だなぁ、でも金の為だし頑張ろうぜ」

佐天「ええ」

佐天「でも」


203: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:12:27.33 ID:QAI97R0SO


上条「?」

佐天「あたし、一か月くらいで止めます」

上条「え?そうなの?」

佐天「はい、今月分ヤバいだけなんで」

上条「そっかー」

佐天「上条さんは毎月ヤバいんですか」

上条「……まーな」

佐天「?」


204: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:13:32.50 ID:QAI97R0SO


佐天「余計なお世話かもしれませんが、上手い節約の仕方とか教えましょうか?」

上条「いや…それでどうにかなる問題じゃないんだ」

佐天「……そうなんですか」

上条「ま、とりあえずまたな」

佐天「はい」

インデックス「あー!」

佐天「?」

上条「インデックス!?」

インデックス「とうまがまた知らない女の人と一緒にいるんだよ!」

佐天「シスターさん…?」

上条「お前なんでこんなところに」

インデックス「とうまを探しにきたんだよ」


205: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:18:56.82 ID:QAI97R0SO


上条「さがすって、バイトするから五時あたりに帰るって言ったじゃねえか」

イン「もう五時半すぎだもん!遅いからどうなったかと思ったんだけど…」

上条「?」

イン「こういうことだったんだね」

イン「またとうまは知らない女の人を助けて、色々よろしくしていたんだね…」ワナワナ

上条「ちげーよ!ただノンビリ歩いていたからこんな時間になったの!」

上条「それに大体五時ってこと!」

佐天「??」

佐天「(どういう展開になっているんだろ…)」
上条「それにこいつはただのバイト仲間だって!」

佐天「(なるほど…把握)」


206: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:22:10.33 ID:QAI97R0SO


インデックス「ほんとなの?」

上条『頼む!タスケテ!』

佐天「…」

佐天『はい!』

佐天「本当だよ?ただのバイト仲間」

佐天「ただバイトで困っていた所を助けてもらい、親しくなっただけです」

インデックス「結局助けてはいるんだね!」ガウウ!!

上条「ぎゃーっ!」


207: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:23:06.05 ID:QAI97R0SO


佐天「あ、 わわ!」アセアセ

佐天「で、でも浮ついた関係じゃないよ!?」

佐天「だってあたし彼氏いるもん」

インデックス「そうなの?」

佐天「うん」

上条「(いいなぁ…最近の若者は進んでて…)」


208: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:24:38.36 ID:QAI97R0SO


佐天「そうそう、『初春飾太』っていうの」

佐天「ファッションにも敏感で毎日キメてるぜ」

イン「その人のことが本当に好きそうだね…えーと、さてん…」

佐天「涙子、佐天涙子ね」

イン「ありがと、るいこ!信じるんだよ!」

上条「(……あっさりと…複雑)」

佐天「(…顔が…?もう少し念を押しておこう)」

佐天「頭にある花も飾太のプレゼントなんだよ」

イン「へぇー、ラブラブってやつだね」

佐天「それとねぇ…」

上条「これ以上、上条さんの前で見せつけるんならぶっ倒す!!」

佐天「ええ!?」


209: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:27:22.06 ID:QAI97R0SO


佐天「(もういいや…)」

インデックス「とうまもるいこの彼氏くらい気をつかってほしいかも」

上条「諦めろ、上条さんは気のきいた男にはなれない」

佐天「ま、まあまあ」

佐天「イイ子じゃないですか、たかが三十分程度で心配して探しにきてくれるなんて…」

上条「ってもアレだろ?おなかすいたーとかなんだろ?」

インデックス「とうまの馬鹿!」ガブ

上条「うわいえお!!」


210: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:28:27.30 ID:QAI97R0SO


イン「……ばか」

上条「?」

佐天「?」

イン「知らないんだよ!」ダダー!

上条「インデックス!?」

佐天「……」


211: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:29:24.65 ID:QAI97R0SO


上条「なんなんだ…」

佐天「…」

佐天「何かあるんじゃないですか…?」

上条「……べつに、特別なことは…ただ」

上条「最近バイトで休日まで一緒にいられないから…」

上条「今日は一緒にテレビをゆっくり見よう、と約束…」

佐天「それですよ!」


212: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:32:13.08 ID:QAI97R0SO


上条「えぇ!?」

上条「でもこんなので探しにきたりするか!?」

佐天「その約束が楽しみで仕方なかったんですよ…」

佐天「だから少しの遅れにも敏感になった」

佐天「帰ってくると信じていても、いてもたってもいられない」

佐天「そんな乙女にはさっきの言葉は…」

上条「……」


213: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:33:08.72 ID:QAI97R0SO


上条「クソ…すまねぇ!また今度!!」ダッ

佐天「がんばってください!」

佐天「…」

佐天「……フゥ」

佐天「…」

佐天「また一つ、良い事を言ったぜ…」



だいなし


214: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:33:41.51 ID:QAI97R0SO


上条部屋


イン「…」ムス

ガチャ

イン「…!とう…」

イン「…」ハッ

イン「…」プイ

上条「…インデックス」

上条「すまねぇ…」


215: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:35:08.77 ID:QAI97R0SO


インデックス「…」

上条「でも忘れてたわけじゃねえんだ」

上条「…俺もお前と一緒にテレビ見るの楽しみにしてたし…」

インデックス「…!」

上条「ま、まぁ…説得力ないかもしれないけど本当だ!」

上条「バイトでも集中出来てなくて…」

上条「~~っ!とにかく悪かった!!」

インデックス「…」

インデックス「いいよ」


216: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:36:09.81 ID:QAI97R0SO


インデックス「もういいんだよ」

インデックス「わたしこそごめんね」

上条「…インデックス」

上条「よーし!今日はすこし豪華な料理つくるぜ!!」

インデックス「やったー!」


217: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:37:13.13 ID:QAI97R0SO


その頃


初春「…」

初春「……ん?」

初春「何かあちらの橋が騒がしいですね」

初春「どうしたんですか?」

野次馬「ああ、何か川に飛び込んだ人がいるんだよ」

初春「ええ!?」

野次馬「あ!あそこ!!」

初春「…」


218: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:38:22.53 ID:QAI97R0SO


ザバ

バシャバシャ

初春「…」

初春「あ」

佐天「あたしの給料ぉぉぉぉぉ!!」バシャバシャバシャ

初春「佐天さん!?」

佐天「たあああああ!」ガッ

佐天「とったああああ!」

初春(なんて…なんだろう…)


219: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/22(火) 21:40:04.32 ID:QAI97R0SO


佐天「ふぅ…泳いだ、泳いだ」

初春「何しているんですか!佐天さん!!」

佐天「ああ初春、見てのとおり」

初春「ドヤ顔で言わないでください!何故川で泳いでたんですか!」

佐天「実は…バイトで貰ったお金眺めてたら」

佐天「手がすべって落としちゃって…」

初春「で、泳いだんですか」

佐天「うん」

初春「…」

佐天「すごい執念でしょ」

初春「…」

初春「(かける言葉が見つからない…)」


225: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:44:35.44 ID:h1QCBSZSO


美琴「はぁ~暇だなぁ」

初春「…」テクテク

美琴「あ」

美琴「初春さん」

初春「ぬふぇ?ああ御坂さん」

美琴「今ヒマ?」

初春「すいません、今は…」

美琴「そう」

美琴「…、薬?」

初春「はい」アハハ

初春「実は…」


226: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:45:54.52 ID:h1QCBSZSO


佐天部屋

佐天「ケホッ、ケホッ」

ピンポーン

初春「佐天さーん、入りますよー」

佐天「う゛ぅーん」

初春「よいしょ」ガチャ

佐天「ういはるー頭いたいよー」

初春「自業自得です」

佐天「うう」


227: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:47:04.68 ID:h1QCBSZSO


美琴「佐天さん」ヒョコ

佐天「……みさかさん?」

美琴「まったく、川に飛び込んで風邪をひくなんて…」

佐天「確かに今思えば馬鹿な事したと思いますが…」

佐天「あれは五時間の結晶なんです!」

佐天「……っ」ズキズキ

初春「分かりましたから大人しく寝ててくださいー」

佐天「頭いたくて眠れないー」

美琴「目を瞑っていたら自然と眠っているから」

佐天「いたい…」シクシク


228: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:48:13.74 ID:h1QCBSZSO


佐天「…」ツムー

佐天「…」ツムー

オカユツクルノテツダウヨー

アリガトウゴザイマス

佐天「…」ツムー ズキズキ

佐天(やっぱ無理)ズキ

佐天(羊が一匹…)ズキッ!

佐天(……ぅ)ゴロン


229: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:49:48.62 ID:h1QCBSZSO


佐天(…枕つめたくてきもち…)ヒエ

佐天(……でもいたい)ズキズキ

佐天(……)ズキズキ

佐天(この痛い部分だけ取れちゃえばいいのに)

佐天(…)ズキズキ

佐天(…)ボヤ


230: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:51:18.74 ID:h1QCBSZSO


佐天(あ、眠たくなってきた)

佐天(夢見たい)

佐天(…お金もち)

佐天(いやいや!もうお金は勘弁!)

佐天(…じゃあ貧乏)

佐天(いやいや…それも違う気が)

佐天「…」

佐天「スゥ」

一方通行『アハぎゃハハ!』

佐天『ぎゃーっ!』


231: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:53:30.36 ID:h1QCBSZSO


一方通行『無能力者ごときに何ができるンだァ!?』

佐天『…』

佐天『(そうだ…確かに私は無能力者)』

佐天『(超能力者に対抗する術どころか』

佐天『まともな能力「すら」ない)』

佐天『だけど』

佐天『…』グ…


232: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:54:59.54 ID:h1QCBSZSO


佐天『お前に立ち向かうことくらいできるッ!』

一方通行『…へェ』

一方通行『オマエ、面白ェな』

一方通行『じゃァ、立ち向かってみろよ』

一方通行『学園都市でも七人しかいねェ「超能力者」の頂点である…』

一方通行『この「一方通行」、になァ!』

佐天『……っ!』

佐天『お、』

佐天『おおおおぉぉぉぉぉおおおおっっ!!』ダダダ!


233: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:57:39.08 ID:h1QCBSZSO


一方通行『…』スッ

一方通行『一万円を…』

一方通行『こォだァ!』ウ゛ィリィ!!

佐天『ごぉ、がああああ!』

一方通行『そンな速度じゃ百年遅ェ!』ビリビリ

佐天『うわああああああああああああああっ!』ドザザザザ!!


234: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 22:58:43.62 ID:h1QCBSZSO


佐天「は!」パチ

美琴「あ、起きた?」

佐天「……」

佐天「…なんだ、今の夢…」

美琴「?」

美琴「…とりあえずお水飲む?」ス…

佐天「はい…」

佐天「…」ゴクゴク


236: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:00:03.32 ID:h1QCBSZSO


佐天「…」

美琴「まだ駄目?」

佐天「少し楽になりました」

美琴「そっか、おかゆ、食べれる?」

佐天「……むー、食べます」

美琴「そう、じゃ温め直すね」

佐天「あれ?初春はどこへ?」

美琴「おかゆ作った後風紀委員の仕事へ行ったよ」

佐天「そうですか」


237: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:01:38.16 ID:h1QCBSZSO


佐天「ホウ…」

佐天(今、こうして寝込んでいるのも)

佐天(お金のせい)

佐天(でも、もう半分は、自分のせい)

佐天(…)

佐天「人間は愚かな生き物だ…」

佐天「だがしかし、常に前を向いて走る人間を認めてくれる人はきっといる」

佐天「迷うな、人間」

佐天「…」フゥ…

美琴「テキトーなカッコいいこと言って〆ようとしてるけど、まだ尺あるわよ」

佐天「もう体ダルくてなにもしたくないんですよー!」ワアアアン


238: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:03:04.24 ID:h1QCBSZSO


ピンポーン


美琴「はーい」

宅配「すいません、ここにハンコお願いします」

美琴「どうも」

佐天「あ、ハンコはそこの棚にあります」

美琴「分かった」ゴソ

美琴「はい」ペタ

宅配「どうもー」

ガチャ


239: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:04:41.05 ID:h1QCBSZSO


佐天「誰からですか?」

美琴「……ん」

美琴「…麦野沈利さんからだって」

佐天「げふぅ!」

美琴「だっ、大丈夫!?」

佐天「…ゲホ、ゲホ」

佐天「本当だ…」

佐天(どうやって住所調べたんだろ…)

美琴「?」


240: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:06:30.69 ID:h1QCBSZSO


佐天(なんだろ…また尾行依頼?)ゴソ

佐天「…手紙?」

‐‐
佐天へ

風邪ひいたらしいじゃない
メールも送ったけど、一応前の件のお礼
これ食べて元気だしなさい

麦野
‐‐

佐天「…」

佐天(どうやって風邪ひいたことを)


241: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:08:21.13 ID:h1QCBSZSO


佐天(まっ、まさか監視カメラが…!?)キョロキョロ

美琴「知り合い?」

佐天「はい」

佐天「…」ケイタイ…

新着メール 1件

ピッ

――麦野沈利

佐天「ホントにきてるし…」

美琴(…またお金関係かな?)


242: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:10:33.35 ID:h1QCBSZSO


美琴「ところで何なの?」

佐天「あ、はい」ゴソ

佐天「……わ、ゼリーだ!」

佐天「あたし大好き、ありがとしずりん~」

美琴「まあ今はおかゆがあるから、冷蔵庫に入れておくね」

佐天「はい~」

美琴「おかゆ食べたら、初春さんが持ってきたお薬飲んでまた寝るのよ」

佐天「はーい」

美琴「佐天さんが寝たら、私は帰るね」

佐天「はい」

美琴「夕方にまた初春さんが来るって言ってたから」

佐天「了解です」


243: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:12:30.41 ID:h1QCBSZSO


佐天「スゥ」

美琴「…」

美琴「じゃあ、帰ろう」

ガチャ

美琴(初春さんに借りた鍵を返さなきゃ)

美琴(……一応、メール入れておこうかな)


支部

初春「…」カチカチ

ピロリーヌ

初春「?」

黒子「…仕事に関係ないのなら返信は後にしなさい」

初春「あ、御坂さんからです」

黒子「ぬぅえ!わ、私にも見せな゛ざい゛ぃ!」

初春「ぎゃああ!」


244: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:13:57.48 ID:h1QCBSZSO


From:御坂さん

Sub:看病おわったよー

だから佐天さんちの鍵返しにいくね
―――――――――

初春「はいはい~」カタ

黒子「初春!」

初春「はひっ!」ビク

黒子「わっ、私が代理でいきますと、そう伝えなさい!!」

初春「でも…白井さんは色々と」

黒子「づだえ!!」ギヌロ

初春「はい!」ヒー


美琴「…」ゲッキョゲキョ~♪

美琴「ん?」


245: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:15:30.62 ID:h1QCBSZSO


From:初春さん

Sub:Re:看病おわったよー


白井さんが代理で支部の玄関で待機してます
すごく気持ち悪いテンションですから気をて
――――――――――

美琴「…」


フニャーフニャーフニャーフニャー♪

黒子「? お姉様からですの」


From:御坂美琴お姉様

Sub:忠告

防電対策しておきなさい――――――――――

黒子「…」

黒子「…」ゾクゾク///

初春(変態だ)


246: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:17:53.49 ID:h1QCBSZSO


佐天部屋


佐天「…」スー

インデックス『私の名前はね、インデックスって言うんだよ?』

佐天『目次?』

インデックス『追われているの』

佐天『誰に?』

インデックス『魔術師に』

佐天『まじゅつし…?』

インデックス『だからもう行くね、ごはん食べさせてくれてありがとう』

佐天『待って』

佐天『魔術師とか、なんとなく信用できないけど…』

佐天『追われているのなら匿うよ!』

インデックス『…』

インデックス『だったら…』

インデックス『私と一緒に地獄の底までついてきてくれる?』


247: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:19:25.21 ID:h1QCBSZSO


佐天『…』

インデックス『…』

インデックス『こんなだよ』

インデックス『…』スッ

佐天『…一万円』

インデックス『これを…』

佐天「まって!もうオチ見えたから!!」ガバッ

佐天「…」

初春「佐天さん」

佐天「初春、きてたの?」

初春「はい」


248: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:21:37.16 ID:h1QCBSZSO


佐天(なんでこんなバチあたりな夢ばっか…)ハァハァ

初春「どんな夢見ていたんですか?」

佐天「シスターさんがベランダに引っ掛かってて、一万円札を破ろうとする夢」

初春「?」

初春「とにかくまたおかゆ作りましたから食べてください」

佐天「あきたー」

初春「文句はだめです」


249: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:22:58.06 ID:h1QCBSZSO


佐天「ゼリーおいしかったー」

初春「ではまたベットに横になって」

佐天「寝るのも飽きたよー」

初春「文句はダメですー」

佐天「初春を抱き枕にしてもいいなら寝る」

初春「何言ってるんですか!」

佐天「あはは」

佐天「…」


250: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:24:23.49 ID:h1QCBSZSO


佐天「人間は愚かな生き物だ…」

佐天「だがしかし、常に前を向いて走る人間を認めてくれる人はきっといる」

佐天「迷うな、人間」

佐天「…」

初春「…!」


251: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:25:59.47 ID:h1QCBSZSO


初春「二回目だから決まりませんね」

佐天「やっぱり?」


253: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/23(水) 23:27:54.21 ID:h1QCBSZSO


佐天「てかなんで二回目って知ってるの?」

初春「御坂さんから」

佐天(……御坂さん、妙な所でS…)


264: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 22:50:34.32 ID:Y1JSd/8SO


佐天部屋


佐天「…」ガバ

佐天「…」コキコキ

佐天「…」

佐天「回復じゃー!」

佐天「今日も元気に登校するぞー」


学校

佐天「おはよー」


265: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 22:51:31.63 ID:Y1JSd/8SO


春上「おはようなの」

初春「大丈夫なんですか?」

佐天「もち!メールでも言ったじゃん!」

春上「元気そうなの」

佐天「でしょ?」

初春「無理しないでくださいね、辛くなったら」

佐天「はいはい、マ・マ♪」

初春「ママ!?」

春上「うふふなの」


266: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 22:52:25.05 ID:Y1JSd/8SO


授業中


佐天「…」

先生「佐天!この問題を解いてみろ」


Q.これはなんと読む?
自分だけの現実


佐天「パーソナルリアリティ」

先生「正解だ」

佐天「ふんっ」

佐天(昨日復習しといてよかった)

佐天「風邪も治り、勉強も捗っている)

佐天(今日は良い日だ!)

佐天(さらに良い事ありそうだー!)


267: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 22:53:21.84 ID:Y1JSd/8SO


そう思っていた
あの二人からのラブコールがあるまでは


268: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 22:57:14.88 ID:Y1JSd/8SO


打ち止め「ひまー、ってミサカはミサカは呟いてみる」

一方通行「あっそ」

打ち止め「ひまー!ってミサカはミサカは繰り返してみる!」

一方通行「じゃ、コンビニでも行ってこいよ」

打ち止め「わかった!ってミサカはミサカは元気になってみたり」

一方通行「…」ゴロン

打ち止め「ありゃ!?ってミサカはミサカは予想外のアナタの行動にビックリしてみる」

一方通行「なにが」

打ち止め「早く用意しようよー、ってミサカはミサカは叱咤してみる!!」

一方通行「一人でいけ」

打ち止め「そんなこと言ってるとヨシカワになるよ!ってミサカはミサカは脅してみたり!」

一方通行「出る時は出るから問題ねェ」

打ち止め「むー!」プンスカ!


269: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:00:51.24 ID:Y1JSd/8SO


一方通行「芳川とでも行ってこいよ」

打ち止め「いないもん!アナタとミサカ以外誰も!ってミサカはミサカは叫んでみる!!」

打ち止め「あーあー、ってミサカはミサカはプレッシャーをかけてみたり」

一方通行(面倒臭ェ)

打ち止め「…」

打ち止め「…」ブス

一方通行「…」

一方通行(…静かになったな)

打ち止め「…」

打ち止め「…」ナミダメー

一方通行「……」


270: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:02:53.32 ID:Y1JSd/8SO


一方通行「チッ」

一方通行「おい」

打ち止め「なに?ってミサカはミサカは視線を向けてみる」

一方通行「暇つぶしできるヤツ呼ンでやるから大人しくしてろ」

打ち止め「…はーい」

一方通行(…折れたと思われるのは癪だからな、こォしとく)

四時

一方通行(もう学校は終わってンだろ)

一方通行「…」ピッ


271: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:04:12.25 ID:Y1JSd/8SO


麦野「浜面!」

絹旗「いませんよ」

麦野「なんで?」

絹旗「また滝壺さんとデートです」

麦野「あいつらどんだけデートしてんの?」

絹旗「さあ?私達が知る以上は超しているんじゃないですか」―

麦野「まあ…いい」


272: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:05:05.73 ID:Y1JSd/8SO


絹旗「で、なんですか?」

麦野「いや、いっちょパシらせようとしただけ、お菓子」

絹旗「はー、私が行きましょうか?」

麦野「んー、いい」

絹旗「?」

麦野「佐天に頼む、この前お金欲しがってたしソレを報酬にすれば」

絹旗「はあ」


273: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:06:20.09 ID:Y1JSd/8SO


佐天「くー終わった終わった」



佐天「メールだ?」

―― 一方通行

佐天「」ブハ

佐天「なんだろ」ピ

――
打ち止めの遊び相手になってくれ
待ち合わせはあのコンビニ
――

佐天「なんだそんなことか」

佐天「いこ」




274: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:07:52.73 ID:Y1JSd/8SO


佐天「また?」

―― 麦野沈利

佐天「…しずりん、か」

佐天「超能力者って忙しいのね」

佐天「どれどれ」ピ


お菓子買ってきて
メニューはまかす


佐天「パシリかい!」

佐天「んー」


275: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:09:07.46 ID:Y1JSd/8SO


佐天「被ったった」

佐天「…」

佐天「第一位と第四位」

佐天「遊び相手とパシリ」

佐天「即決じゃ!」




麦野「?」


276: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:10:33.51 ID:Y1JSd/8SO


―――――――
From:佐天涙子

Sub:すいません

用事があって大変申し訳ないですが…
また今度ということで…
―――――――――

麦野「…」

麦野「」ピピピ




佐天「うおっ!」

佐天「…」ピ


じゃあ報酬はなしってことで


佐天「え!?報酬!?」


277: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:12:26.65 ID:Y1JSd/8SO


佐天「ど、どういう…」ピピ

――麦野沈利



お菓子買ってきて
メニューはまかす



佐天「あ、まだ…」

カチカチカチ

――
報酬は10万くらいね
――

佐天「」スポーン―




一方「ン」


278: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:14:19.01 ID:Y1JSd/8SO


一方通行「…」カチ

――――――――
From:佐天涙子

Sub:すいませんごめんなさい

どうしても外せない用事ができまして
少し遅れます
申し訳ありません
―――――――――

打ち止め「えー!まだかかるの!?ってミサカはミサカはガックリしてみる」

一方通行「…」


279: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:16:07.80 ID:Y1JSd/8SO


打ち止め「…」ショボ

一方通行「…はァ」




佐天「…」ビク

佐天「…」

―――――――――
なンとかならねェのか
―――――――――

佐天「…」

佐天「…」

佐天「…」

佐天「かあああああ!!」


280: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:19:32.46 ID:Y1JSd/8SO


ピンポーン

打ち止め「来た?ってミサカはミサカは玄関へダッシュ!」

打ち止め「いらっしゃー…ってうわっ!どうしてそんなに汗だくなの?ってミサカはミサカは質問してみる」

佐天「いや…たいした問題じゃないよ」ハァハァ

佐天「打ち止めちゃん、あたしと…買い物いこうぜ」ゼハー

打ち「うん!喜んでみる」

佐天「一方通行さん、お宅の子…借りてきます」ハヒー

一方通行「おォ」


281: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:22:08.45 ID:Y1JSd/8SO


佐天「」ダダダダダダ

打ち止め「まってー、なんでそんなに急ぐのー、ってミサカはミサカは声を振り絞ってみたり」

佐天「マラソンごっこさ」

佐天(ごめんね)

佐天「命かかっているの!」ダダダダ

佐天「用事が重なったなら…」

佐天「どちらもこなすヒーローになったる!なったる!!」

打ち止め「はひー」


282: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:23:55.96 ID:Y1JSd/8SO


ガタ

麦野「?」

佐天「いっちょー……」

麦野「アンタなんでそんな…」

佐天「これれすか?…寒いから…走りました」ヒハー

麦野「温まるレベル超えてる気がするんだけど」

佐天「まあいいです、お菓子代をくださ…い」ハアアー

麦野「ああ」ホイ

佐天「ども」


283: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:27:07.31 ID:Y1JSd/8SO


打ち止め「はー」バタ

佐天「ごめんね、もう走らないから」

打ち止め「仮に走ったとしても立ち止まってやるんだから!ってミサカはミサカは宣言してみたり」

佐天「はは…」

打ち「で、何買うの?ってミサカはミサカは訊いてみる」

佐天「お菓子、何が欲しいかな」

打ち止め「あ、これ!ヨシカワがよく食べてる!ってミサカはミサカは一度食べてみたかったものを発見してみたり」

佐天「スルメ…」

佐天(酒のつまみを食べているのかな…)

佐天「まあいれとこ」ゴサッ

佐天「チョコ」

佐天「ビスケット、ガム」

打ち「おせんべってのもほしいな、ってミサカはミサカは要望してみたり」


284: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:30:07.41 ID:Y1JSd/8SO


佐天「ま、こんなものかな」

打ち止め「お買い物って楽しいね!ってミサカはミサカは初体験に胸おどってみたり」

佐天(……お金のためやってるあたしが醜く感じる)

ピッ、ピッ、ピッ

打ち止め「ピッ、ピッ、ピッ、ってミサカはミサカは音を真似してみる」

佐天(かわゆい…)

店員「850円です」

佐天(買ったなあ)


285: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:32:46.41 ID:Y1JSd/8SO


佐天「はいコレ打ち止めちゃんの分」

打ち止め「ありがと!ってミサカはミサカはお礼をキチンとしてみたり!」

佐天(まあ分かってくれるだろう)


打ち「あ!」

佐天「?」

打ち「アイス食べよ!提案してみる」

佐天「や、でもこれあたしのお金じゃないし」

打ち「むー」

佐天「また今度ね」

打ち「わかったー、諦めてみる」

佐天(…アイスなんていくらでも買ってあげる)

佐天(十万も貰えるんだから!)エヘヘアハハ

打ち止め「?」


286: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:34:54.36 ID:Y1JSd/8SO


アイテムの基地


佐天「どうぞ」

打ち止め「どうぞ、ってミサカはミサカは真似してみる」

麦野「色々買ってきたね」

佐天「はい、その方がいいかと」

佐天「そ、それで…その」

麦野「そうだったね」

麦野「ホラ」スッ

佐天「ありがとうごぜぇます」

打ち止め「ありがとうごぜぇます、ってミサカはミサカは再び真似してみたり」


287: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/24(木) 23:37:35.62 ID:Y1JSd/8SO


ジャジャーン

佐天「これが十万円…」

佐天「…」

佐天「…」サワサワ

佐天(分厚いなぁ…)ジーン

打ち止め「なんで泣いているの?ってミサカはミサカは訊いてみる」

佐天「色々あってね…お金」

打ち止め「苦労しているんだね、ってミサカはミサカは同情してみる」

佐天「うん…」


296: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:50:30.73 ID:TNij6w6SO


佐天「ふ…」フラ

打ち止め「どうしたの!?ってミサカはミサカは駆け寄ってみたり!」

佐天「……疲れた」ポサ

打ち止め「大丈夫…?ってミサカはミサカは心配してみる…」

佐天「大丈夫だよー」

佐天(病み上がりってこと忘れてたわ)

打ち止め「もうミサカはいいから帰ろ?ってミサカはミサカは提案してみる」

佐天「いいの?」


297: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:51:07.76 ID:TNij6w6SO


打ち止め「うん、ミサカはあの人を呼んで帰るからもう休んで、ってミサカはミサカは気遣ってみる」

佐天「いや、いいよ、少し疲れただけだから」

打ち止め「ホント?」

佐天「うん!気になさんな」

打ち止め「分かった…ってミサカはミサカは少し心配しながら頷いてみたり」

佐天(…まあ実際動けないほどじゃないし、あの親御さんに放棄したと思われるとなあ)

佐天「じゃいこう」

打ち止め「うん」


……………………。


298: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:51:45.99 ID:TNij6w6SO


初春「……」

初春「ハッカーは浅『ハッカー』」

初春「ぬふぇふぇ…」

春上「初春さん」

初春「にょわ!なんでしゅか!?」

春上「……浅ハッカーってなんなの?」

初春「いや…なんでもないです忘れてください」

春上「わかったなの」

春上「それで」

初春「?」

春上「携帯なってるよ」


299: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:52:33.84 ID:TNij6w6SO


プルルル

初春「本当だ」

初春「……佐天さん?」

初春「もしもし」

佐天『…ぅぃばる』

初春「どうしたんですか!?その声!」

佐天『まずいよ』

初春「?」

佐天『……どのくらいマズいかっていうと』

佐天『人前でスカートめくる痴漢野郎くらい』

初春「それはヤバいですね!」カッ


300: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:53:03.10 ID:TNij6w6SO


初春「まあ大丈夫なんじゃないですか?」

佐天『どうしてそういえる!下手な慰めは傷つけるんだよ!』

初春「はあ…もっとくわしく説明してください」

佐天『えっと…』



初春「十万円おとしたですって!?」

佐天『うむ』

初春「心当たりないんですか?」

佐天『大体まわったけど……』

初春「なかったんですか」


301: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:55:30.49 ID:TNij6w6SO


佐天『なんで私はお金がらみの災難がばっか…』ウウウ

初春(あわれだ…)

佐天『どうしよう』

初春「うーん、良い人が拾っていれば風紀委員に届けられるでしょうが…」

初春「佐天さんみたいな人が拾っていたらアウトですね」

佐天『そっか…そうだよね』

初春「もう夜おそいですし、駄目かもしれません」

佐天『容赦ないね、これが日々たたかう風紀委員…下手な慰めは言わない』

初春「慰めは明日してあげますよ」


302: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:56:11.66 ID:TNij6w6SO


佐天「じゃ」

初春「はい」

佐天「…」ピ

佐天「…」

佐天「しずりんに、このこと言ったら怒るだろうな」

佐天「……」

佐天「はあ」

♪あああああああああ…

佐天「!?」

――麦野沈利

佐天「タイミングバッチリー!!」


303: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:56:37.15 ID:TNij6w6SO


佐天「無視しよう…」

佐天「……」

♪ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ

ブツ…

佐天「ふぅ」

佐天「はは…」

♪ああああああああああああああああああ

佐天「!」

♪ああああああああああああああああああ

ブツ

♪ああああああああああああああああああ

佐天「……もしもし」


304: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 22:57:24.38 ID:TNij6w6SO


麦野「いるじゃん」

佐天「お風呂はいってました…言わせないでくださいよエッチ!」

麦野「ムカッときた」

佐天「すいません」

麦野「で、用件言うよ?」

佐天「どぞ」

麦野「あの十万」

佐天(タイミングバッチリー)


305: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:00:48.90 ID:TNij6w6SO


麦野「あれもう使った?」

佐天「あ…え」

麦野「ああいいのいいの、ドンドン使っちゃって」

佐天「……落としました」

麦野「は」

佐天「すいませんいつのまにか」

佐天「まるで巣立つ小鳥のように…手元から離れてました」

麦野「……」


306: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:01:15.79 ID:TNij6w6SO


佐天「すいませんー!」

麦野「早く言いなよ」

佐天「はい…コワくて」

麦野「だったらまたあげるよ、なんなら追加しようか?」

佐天「」

麦野「なに?いらないわけ」

佐天「いっ、いや!」


307: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:02:36.40 ID:TNij6w6SO


麦野「もう落とすなよ」

佐天「……いいんですか?」

佐天「こんなあたしに」

麦野「まあ、たいした額でもないし…」

麦野「離れてほしくないしね…」

佐天「麦野さん…」

麦野「あんたまで使いづらくなったら誰をパシリにすればいいのよ」

佐天「知らねぇよ」


308: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:03:11.25 ID:TNij6w6SO


麦野「…ん」

佐天「あ、いや」

佐天「で、十万がなんですか?」

麦野「ああ」

麦野「アレ、数え間違えて十五万円入ってたことを報告しようと」

佐天「あああああああああああああああああ!!」

麦野「!」


309: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:03:41.82 ID:TNij6w6SO


佐天「なんて間違いしとるんや!」

麦野「いや…よくあるじゃない、紙とか数える時」

佐天「ズレすぎ!しかもお金は慎重になるでしょ!」

麦野「……………………」

佐天「もういい!考えなくて!」

麦野「あまりならないね」

佐天「くそー格差だ…」ドンドン


310: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:04:19.94 ID:TNij6w6SO


麦野「ま、明日来なよ」

佐天「はーい…」

佐天「…」プツ

佐天「寝よ」


311: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:06:46.78 ID:TNij6w6SO


一方通行「あのガキ…また片付けもせずほっぽってやがる」

一方通行「……ン?」

一方通行「なンだコレ」

ゴソ

一方通行「十五万円…」

一方通行「どこで手にいれたかは知らねェがガキには早ェな」

一方通行「黄泉川にでも預けとくか」


312: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:07:26.36 ID:TNij6w6SO


佐天「おっはー!」

春上「おはーなの」

初春「おはようございます、あれ元気になってますね」

佐天「まーね!」

初春「?」

佐天「あとから説明してあげるよー」

春上「元気そうでなによりなの」


313: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/27(日) 23:07:52.19 ID:TNij6w6SO


佐天「今日はフリー!」

初春「ではショッピングにでも行きます?」

佐天「そだね!だねだね!!」

初春(……なんか高すぎて気味が悪いです裏がありそう)

佐天「御坂さんたちも誘う?」

初春「そうですね」


318: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:40:23.03 ID:3Uxw3QCSO


佐天「じゃ行こうか」

初春「はい」

佐天「春上さんは?」

初春「枝先さんとの用事が入ってるみたいです」

佐天「そっかー」

初春「御坂さんと白井さんはどうなりましたか」

佐天「デパートで合流するって」

佐天「出発!」


319: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:41:31.30 ID:3Uxw3QCSO


デパート

佐天「あー御坂さん白井さん」

美琴「初春さん佐天さん」

黒子「もーお姉様との二人きりタイムはもうおわり」

美琴「はー」

初春「すいません、もっとダッシュすべきでした」

黒子「あぁん?」

佐天「まーまー行きましょうよ!」

美琴「そうそう、寒いしね」

初春「はいー」

黒子「ぐぁうぅぅ…」


320: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:42:17.98 ID:3Uxw3QCSO


下着売り場前


佐天「お、あのパンツ初春も持ってるよね!」

初春「ってぇ!言わないでください!!」

黒子「あー、イチゴのパンツ…」

佐天「全部記憶におさめてるからね、脳の運動のため」

初春「勉強で鍛えてください!」

黒子「まあ気持ちは分かりますわ、他人の聖域を知るという快感…」

黒子「わたくしもお姉様の…あああぁぁぅぅん!」バチッ

初春「スタンガンの要領でシビらせました…」

佐天「白井さん倒れてますが」

黒子「」

美琴「そこらへんの休憩所にでも置いとこ」

初春「はい」


321: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:42:51.05 ID:3Uxw3QCSO


佐天「よっこら」ドサ

黒子「」

初春「ふぃ~」

美琴「ごめんね、手間かけさせて」

佐天「いいですよ」

初春「はあ…はあ」

佐天「初春は体力がないね」

初春「むー、言わないでください」

佐天「少し運んだだけなのに~」

初春「ぐぐ…見ててくださいよー」


322: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:43:27.10 ID:3Uxw3QCSO


美琴「まあまあ、おいしいものでも食べようか、何がいい?」

初春「私はパフェが食べたいです!」

佐天「私もそれで」

美琴「じゃそこ行こうか」

初春・佐天「はーい」


初春「あむ、あむ」パクパク

佐天「ここのおいしいですね」

美琴「そうねー」

初春「ほんほへふ…んぐ、ねー」

佐天「初春、そんながっついて大丈夫?」

初春「んぐ」コク

美琴「別腹ってヤツね」


323: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:43:56.83 ID:3Uxw3QCSO


佐天「はは、誕生日のケーキも完食だったしね」

初春「恥ずかしいですよ…」

佐天「ごめー」


初春「ありがとうございました御坂さん」

美琴「いいよー」

佐天「そろそろ白井さん目覚めましたかね」

美琴「ほっとけばいいのよ、目覚めたら…」

黒子「お姉様ーん!」パッ

初春「うぇ!」ビクッ


324: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:44:24.14 ID:3Uxw3QCSO


美琴「っと!」ス…

黒子「ぐえ」スカッ!ゴツン!!

佐天「白井さん…」

美琴「ホラ、こうして来るから」

黒子「あん…いいですわ!床激突プレイ!!こういう激しさが欲しかったんですの!!」

美琴「勘違いされるようなこと言うな!」


周り「ざわざわ」

美琴「やっぱり勘違いされてるでしょ!!」

黒子「いいじゃありませんの…」

初春「暴走ですね」


325: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:45:03.80 ID:3Uxw3QCSO


美琴「……」

佐天「御坂さん…?」

美琴「初春さん佐天さん、どこかで暇つぶしててくれるかしら…」

初春「うえ!?不穏な空気が…」

黒子「うへへ」ジュル

美琴「…」

佐天「初春いこ!ここにいたら死んでしまう!!」

初春「はい」

佐天「」ダダダタ

初春「」ダダダタ


アーッ

ドシャアアアアア…


佐天「今日も学園都市は退屈させないわね…」

初春「ですね」


326: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:48:11.07 ID:3Uxw3QCSO


佐天「この手帳かわいくない?」

初春「ですねー、お花がいいです」

佐天「ちぎって頭にのせるの?」

初春「のせませんよ!」

初春「もう、一秒に一回イジらないと気が済まないんですか」

佐天「だね、血がたぎるのよ」

初春「うう…」


ワアアアアア!

佐天「!」


327: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:48:48.78 ID:3Uxw3QCSO


初春「なにか騒がしいですね」

佐天「なんだろう」

初春「あれは、カードゲームですね」

佐天「あー、ココの横はおもちゃ、ゲーム売り場だからね」

初春「大会かもしれません」

佐天「はー、学園都市に来る前、弟とやってたよ」

初春「そうなんですか」

佐天「ま、あそこまでやりこんではないけどね」


328: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:49:34.94 ID:3Uxw3QCSO


ワアアアアア


番外個体「きたきたきたきたああああああ!!」

番外個体「お前をこの作戦実行に誘導するために、わざとこのアナをつくったんだよおおお」

敵「なにっ!」

番外個体「あは!アンタの『コイツ素人…』とかいいたげな笑いに、笑いそうになったわ!」

敵「くそがああああ」

番外個体「じゃ、ジエンドね、アターック!」

敵「ぎゃああああ」

番外個体「あはハハハハハハハハァ!!」

観客「すげー!あの新人!チャンピオンを圧倒しやがった!」

観客「おおお!」


329: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:50:14.95 ID:3Uxw3QCSO


ワアアアアア


番外個体(あは、たーのしぃ!日常に慣れるためにここ来て見つけて!)

番外個体(思いっきりハマっちゃいまいました!)

番外個体(いまみたいに相手をハメるのが楽しいー!)

番外個体(勿体ないなーあの第一位もやればいいのにー)


司会「番外 葉澄十(ばんがい わすと)さん、貴方をカードゲーム大会○○デパート杯の優勝者として表彰す」

番外個体「むふふ、なんか貰っちゃった」

番外個体「んーでも、カード買うおこづかい、もうないなー」

番外個体「どうしよう」

番外個体「ん?」


330: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:51:11.74 ID:3Uxw3QCSO


佐天「……」ブツブツ

初春「……」ブツブツ


番外個体「…」

番外個体「あの花じゃないほう、なんか知ってるような…」

番外個体「…」

番外個体「! そうだ!ミサカネットワークからの情報で」

番外個体「……んー、確かチビやモヤシちゃんと…」

番外個体「それに…」


331: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:51:45.36 ID:3Uxw3QCSO


==昨晩==
打ち止め『ふぃー』ポサ

番外個体『なにその封筒、金の匂いがすんだけど』

打ち止め『ダメー!これはミサカのじゃなくてお姉ちゃんのだから!ってミサカはミサカは警告してみる』

番外個体『あの佐天涙子って人?』

打ち止め『うん!だから駄目だよ』

‐‐‐‐‐‐‐‐

番外個体『きくわけないじゃん』ソロソロ

番外個体『!第一位?』

一方通行『十五万…?』

一方通行『ガキには早ェ』

番外個体『十五万!?』

佐天「…」

番外個体「…」フフン

番外個体「ワルは人の弱みにつけこみ、金を搾取す」


332: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:52:16.80 ID:3Uxw3QCSO


番外個体「ヒャハハ」

佐天「ん」

初春「…?」

番外個体「…」ズイ

佐天「?」

番外個体「一万円」

佐天「…」

初春「…」

番外個体「…」

佐天(は!?)


333: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:53:19.05 ID:3Uxw3QCSO


番外個体「一万円」

佐天「…え」

初春「佐天さん…なんなんですか…」ボソソ

佐天「し、知らないよ」ボソソ

初春「随分目付が悪い方ですが」ソソソ

佐天「だね…」ソソソ

番外個体「…」

番外個体「第一位、借金…」

佐天「!!」

番外個体「…」ズズズ

佐天「…」ズズズ

初春「?」


334: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:54:04.45 ID:3Uxw3QCSO


佐天「……姐さん…ちょいトイレいこうか」

番外個体「? 連れこむのはミサカの方…」

初春「佐天さん?」

佐天「ああ、この人あたしのセフレ…初春、御坂さん達と合流してて」

初春「……?本当に大丈夫なんですか」

佐天「じょーぶだい、じょーぶだい」

初春「業界用語になってませんよ」


佐天「いこうぜ」

番外個体(なんかミサカが子分みたいなんだけど)


335: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 20:55:28.36 ID:3Uxw3QCSO


トイレ

佐天「貴方様は何者なんですか」

番外個体「打ち止め、一方通行と同居してんの」

佐天「だから知っていたんですか…」

番外個体「なんか花の子に借金してたことバレたくないみたいね、その様子で確信した」

佐天「ええ…初春のためにしちゃったことですから」

番外個体「うん」

佐天「…だから」

番外個体「一万円」ズイ

佐天(……事情知ってるのに)

番外個体「ミサカ、ワルだし」


337: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:04:12.37 ID:3Uxw3QCSO


佐天「明日じゃ駄目ですか?」

番外個体「だーめ、買えたハズのカードが買えないかもしれないし」

佐天「…」

佐天「くそ!一時間待ってください」ピッピッ

プルルルルル

佐天「しずりん!」

麦野『なに?てか誰がしずりんだ』

佐天「今から取り立ていきますわ、遠いんで時間かかりますが」

麦野『まあいいけど』

佐天「じゃ」 ピ

番外個体「メドたった?」

佐天「はい!では!!」

番外個体「じゃーそれまであの花を人質にしてるわ」

佐天「!?」


338: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:05:28.12 ID:3Uxw3QCSO


佐天「ねーソレ結局、借金してたこと初春にバレちゃうじゃん、計画破綻してるよ、交渉の意味ないじゃん」

番外個体「ミサカ、ワルだし」

佐天「ただワルいことやりたいだけにみえる」

番外個体「えー」

佐天「バラすならあたしに怖いものはない!お金も払わないよ!」

番外個体「ッ!…痛い所つきやがって…第一位以来だよこんな屈辱…!」

佐天「…まあ、黙っててくれたら金はあげますから」

番外個体「分かった、絶対こいよー」


339: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:06:07.01 ID:3Uxw3QCSO


佐天「…」

佐天(……フ、ワルのわりには、単純…)

佐天『なんで!お金はあげたじゃないですか!そうすれば初春には言わないって!!』

佐天『は、ミサカは悪党だから律義に約束まもんないの!それに…』

佐天『相手をより深い地獄に落とすのが好きでねぇ!キャハハハ!』

佐天『そんな…』ガク…

佐天「これくらいやってほしいねー!ハハハハ」

人「ヒソヒソ」


340: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:06:37.26 ID:3Uxw3QCSO


麦野「ほら」

佐天「ははー」

麦野「もう落とすんじゃないよ」

佐天「はい気をつけます、勿体ないですしね」

麦野「カードから現金出すのが面倒だからな」

佐天「」

麦野「?」


341: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:07:21.27 ID:3Uxw3QCSO


美琴「え?佐天さんが知らない人と?」

初春「ええ、佐天さんはセフレとかいってましたけど」

美琴「まあ、嘘ね」

初春「トイレを全て探したんですが、どこにも見当たらず」

美琴「…」

美琴(またお金がらみかしら)

美琴「佐天さんが知り合いと言った人はどんな人だった?」

初春「…んー、えっと確か御坂さんに似た顔立ちで…目付きが悪くて」

美琴「え」

初春「ていうか御坂さんを成長させた感じの人です」

美琴「……」


342: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:08:44.05 ID:3Uxw3QCSO


打ち止め「だーから、あのお金はどこ?って訊いてるの!ってミサカはミサカは問い詰めてみる!」

一方通行「あー、黄泉川ン所だっつの」

打ち止め「もー!なんでそんなことするの?ってミサカはミサカは腹をたててみたり!」

一方通行「オマエこそあンな金どこで拾ったンだよ」

打ち止め「あれはミサカのじゃなくて佐天お姉ちゃんのだもん、ってミサカはミサカは答えてみる」

一方通行「なンだと?」

一方通行「なンでアイツのを持ってンだ」

打ち止め「落としたから拾ってあげたの!ってミサカはミサカは説明してみたり」

打ち止め「補足説明すると、疲れ気味で話も聞けそうにないくらいフラフラだったからまた落としそうと思って!」

一方通行「ソレ逆に迷惑かかってねェ?」


343: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:09:24.52 ID:3Uxw3QCSO


佐天「はあ…」

佐天「やっとデパートに戻ってこれた」

番外個体「よ」

佐天「あれ?」

番外個体「いやー、トイレで待つってのキツいし」

番外個体「花の子がきたから、入口まで逃げてきた」

佐天「はー」

番外個体「で、一万は」

佐天「ああ、はい」

番外個体「どうも」

佐天「はー、これでいいですね」

番外個体「これからもよろしく」

佐天「へ」


344: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:10:12.62 ID:3Uxw3QCSO


佐天「なにいってんの!?」

番外個体「だって一万円だって、いつかはなくなるでしょ」

佐天「」

番外個体「よろー」

佐天「うそだああああ」

番外個体「ありがとねん」

一方通行「コラ」ポコ

番外個体「いて」


345: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:11:14.47 ID:3Uxw3QCSO


佐天「一方通行さん、打ち止めちゃん!」

打ち止め「お姉ちゃんごめんね!ってミサカはミサカは謝りながらお金を渡してみたり!」

佐天「え」

佐天「これ十五万円…!?」

一方通行「このクソガキが、~~~ってことで預かってたらしい」

佐天「…なんだ…はあーあ」ペタン

打ち止め「本当にごめんねってミサカはミサカは再び謝罪してみる」

一方通行「ったく」


346: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:12:53.94 ID:3Uxw3QCSO


番外個体「そう、これだからガキンチョは飽きれるね」

一方通行「オマエもだよ」

番外個体「ミサカがなにかした?」

一方通行「カツアゲしてンじゃねェよ」

番外個体「失礼な!正式な取引だけど?」

佐天「ほぼ脅迫でした」

番外個体「チッ!言うなよ!」

一方通行「くだらねェ」


347: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:14:55.99 ID:3Uxw3QCSO


一方通行「じゃ、迷惑かけたな」

打ち止め「バイバイー」

佐天「はーい」

番外個体「金なくなったらくるよー」

一方通行「つか、ソレも返せよ」ポコ

番外個体「いた! 頭きたー、絶対嫌だね!イジでも返さない!!」

打ち止め「もー、ケンカは駄目!ってミサカはミサカは飽きれ顔で注意してみたり」

佐天「はは」


348: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:15:23.95 ID:3Uxw3QCSO


初春「佐天さん」

佐天「あ、初春」

初春「あ、じゃないです!心配したんですよ!」

佐天「ゴメンゴメン」

美琴「佐天さん!」ハアハア

佐天「御坂さん、ご迷惑かけました」アハハ

美琴「無事でよかった…」

初春「警備員に通報しようかと思いましたよ!」


349: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:16:22.28 ID:3Uxw3QCSO


美琴「佐天さん」

佐天「はい?」

美琴「佐天さんが会ってた相手って…」

佐天「?」

美琴「語尾に『と、ミサカは』って変なしゃべり方してなかった?」

佐天「? してませんけど」

初春「そうでしたよね、言ったじゃないですか」

佐天「それがどうかしたんですか?」

美琴「いや、違うならいいの」


350: ◆YJs4WS8Iow:2011/03/29(火) 21:16:54.01 ID:3Uxw3QCSO


美琴「やっぱりそっくりさんってだけなのかな」

佐天(……打ち止めちゃんはそんな感じだけどあの人はそんな喋り方じゃなかったよね)

初春(おなかすきました)

黒子()

おしまい


360: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:16:58.96 ID:SJXL20DSO


美琴「今日は」


黒子「佐天さんの」


初春「誕生日ですの!」


361: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:17:57.01 ID:SJXL20DSO


佐天「」ムク

佐天「……ん、今日はあたしの誕生日か」

佐天「みんななにくれるだろうなー」

佐天「…」カパ

佐天「誰からもメールが来ていない」
‐‐
テクテク

佐天「ん」

初春「」

佐天「初春だ」


362: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:18:37.61 ID:SJXL20DSO


佐天「おーい」

初春「佐天さん」

佐天「アハハハハ」

初春「めくらないんですか?」

佐天「めくって欲しいの?」

初春「そうじゃないですが、珍しいなと」

佐天「いやー」エヘヘ

佐天「……今日はあの日だし…」

初春「あ!」

初春「そうでした!」

佐天「そうだよ!」

佐天(忘れとったんかい!)

初春「今日は…」


初春「私のお花の子の誕生日です!」

佐天「うそー!おめでとーーー!!」パチパチ


363: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:19:10.61 ID:SJXL20DSO


佐天「はあー…まさか本当に忘れているんじゃ」

佐天「いや」

佐天「どうせアレでしょ?忘れているフリしてみんなでサプライズ!でしょ?」

佐天「ははー!そうだ!初春の作戦なんてバレバレなんだよ!」

佐天「今帰ると都合悪いだろうから…」

佐天「電車旅(学園都市編)でもして時間潰すか」


364: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:20:09.94 ID:SJXL20DSO


初春「みなさん材料は用意できましたか」

美琴「うん、じゃ黒子」

黒子「これ不法侵入じゃありません?」ヒュッ

パッ

初春「でも佐天さんだから許してくれますよ」

黒子「そうですかね…」

‐‐
夕方

佐天「ふぃー、楽しんだ楽しんだ」

佐天「5時半か…」

佐天「そろそろかな?」

トコトコ

佐天部屋 前

佐天(……驚くフリしなきゃね)

佐天(どう驚こう…)

佐天(ありがとう!忘れられていたかと思った!)ウルウル

佐天(おっいきなりいいのができた)

佐天「よしいくぞ!」


365: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:21:37.40 ID:SJXL20DSO


ガチリ

佐天(やっぱ開いてる)

佐天「…」ガチャ

‐‐
パンパーン

初春「佐天さん!」

美琴「お誕生日」

黒子「おめでとうございますの」

佐天(やっぱりー!)


366: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:22:05.93 ID:SJXL20DSO


打ち止め「おめでとー!ってミサカはミサカは祝ってみる!」

番外個体「おめ」

一方通行「また年くったなァ、おめでとさン」

麦野「おめでと」


佐天「$¢▽%★◎‰♪∂∇∂※@&!!!」


違う意味で超ビビった佐天涙子


367: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:22:45.40 ID:SJXL20DSO


佐天「なんでいんねん!」

麦野「悪いの?」

佐天「いや…そうじゃなくてなんで知っているの!そして祝っているの!!」

一方通行「悪いのかよ」

佐天「心臓に悪い!」

美琴「ゴメンね佐天さん、私なの」

佐天「?」

美琴「あのデパートの一件で、佐天さんのセフレって人がどうしても気になったの」

佐天「?」

美琴「だから色々調べて関係者と知って、だから呼んだの」

佐天「そうなんですか!?」

打ち止め「ちなみにミサカもそうだよーってミサカはミサカは打ち明けてみる!」

佐天「って、あ!ホントだ『ミサカ』って言ってる!」

一方通行「今さらかよ」


368: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:24:33.61 ID:SJXL20DSO


佐天「だって毎回いっぱいいっぱいだったんですもん」

麦野「そんなことより、プレゼントタイムだよ」

佐天(……因みにしずりんはなんで知っていたんだろ)

初春「佐天さん」

佐天「?」

初春「この前の私の誕生日ありがとうございました」

佐天「いいよソレは、お礼なんていらないよ」

初春「それでまた苦労したようで…」

佐天「…」

佐天「……そうか…知っちゃったのか初春…」

佐天(自称あたしのセフレさァァァァァァァァン!!)

佐天(そういえば名前きいてないやァァァァァァァァ!)

番外個体「てへ」

一方通行「ったく」


369: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:25:57.52 ID:SJXL20DSO


佐天「気にしないで…」

初春「でも…」

佐天「ほとんどあたしのヘマのせい」

佐天「決して初春のせいじゃない、初春のためだったら、こんなの苦労だなんて思わない…」

佐天「本当だよ?嘘だったらこんなに泣かないし」ボタボタボタ

美琴(佐天さん…)

黒子(言葉は良いですが顔がものすごい洪水ですの…)

一方通行(相当な苦労だったンだなァ)

打ち止め(お姉ちゃん…色々と思い出してるのねってミサカはミサカは同情してみたり…)


370: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:27:05.50 ID:SJXL20DSO


初春「でも祝ってくれた感謝の気持ちを表して…!カーテンオープン!」

バサー

佐天「カーテンが外れ…」

佐天「!」

佐天「超特大ケーキ!」

初春「ここにいる皆でつくったんですよ」

美琴「おいしいわよー」

黒子「肩がこりましたわ」トントン

佐天「…」


番外個体「食べないの?じゃあミサカが…」
ゴツン

一方通行「……なンか言えよ」


佐天「……」

佐天「……材料費払えよってオチはないですよね」←軽い人間不信


一方通行「オマエ祝い甲斐がねェよな」


371: ◆YJs4WS8Iow:2011/04/01(金) 15:27:31.63 ID:SJXL20DSO


佐天「あ、ありがとうございますみんな」

黒子「計画立案は初春ですわよ」

佐天「初春…」

初春「…」ニコ

佐天「ありがとっ!」


人生苦ありゃ楽もあるさ
佐天涙子もこうして苦労したからこその幸せに直面しているのだ


おしまい


378:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/01(金) 16:54:41.02 ID:kgmS5n3/o


激乙


381:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/04/02(土) 02:41:28.76 ID:hpsnWhmdo



楽しい作品だった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1300032021/


    スポンサーサイト佐天「人生は一生懸命いきよう」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/04/08(金) 00:25:32.00 ID:SSJUNKIE236
  2. ほのぼの
    これはいい佐天さん
  3. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/04/08(金) 02:37:43.00 ID:SSJUNKIE237
  4. いいキャラしてるな
    俺の涙子
  5. 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん◆-[saga] 投稿日:2011/04/08(金) 15:26:54.00 ID:SSJUNKIE238
  6. 佐天さんはホントいいキャラしてるなぁ
  7. 名前:名無し◆-[saga] 投稿日:2011/04/08(金) 17:43:18.00 ID:SSJUNKIE239
  8. 屋さんシリーズに通じるものがあるね
    作者乙
  9. 名前:名無し◆-[saga] 投稿日:2011/04/26(火) 19:44:21.00 ID:SSJUNKIE284
  10. これは良作
  11. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/08/30(火) 01:33:16.00 ID:SSJUNKIE522
  12. むぎのんに最初の15万円かあとの10万円返さないの?
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。