スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「占い屋さンでェす」前編

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/04/13 12:30
関連:一方通行「なンでも屋さンでェす」
関連:一方通行「コーヒー屋さンでェす」


66:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:47:15.14 ID:TYhPgVfu0


『さすがですねー、これが新宿の母と呼ばれる所以ですか』

麦野「……」ジー

『占いっていうのはね、人を幸せにする力があると思うんですよ』

麦野「……確かに」ウン

『私に相談しに来る人はみんな安心して帰って行きますからね』

麦野「……」ジー

『なるほど、今日はありがとうございました』

『以上、特別番組【新宿の母による占いを直撃!】でした』

麦野「……面白かったぁ」

麦野「やっぱりすごいわ、占い」キラキラ

麦野「人を幸せにする力、か……私には無縁だわ」アハハ



麦野「あ、そう言えば若い女性向けファッション誌『cantama』買いに行かなきゃ」

麦野「占いのページが楽しみで買ってるようなもんよねー」ルンルン


67:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:48:33.96 ID:TYhPgVfu0


ウィーン

<アリャッシター


麦野「これ読んでお風呂入ったら寝るかにゃーん」テクテク

麦野「ん?」


トーンテーンカーンカーン……


麦野「こんな時間に日曜大工?」

麦野「きっと家族の間でも蔑まれて生きてるのね……」

麦野「お父さんって大変なんだ、うん」


麦野「でも家の前でやればいいのに、わざわざこんな所で……」テクテク

麦野「珍しい人もいるもんだ」ウン


69:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:49:56.40 ID:TYhPgVfu0


一週間後―――。


ガシャァァァァーン!


男「」チーン

麦野「絹旗、そっち終わった?」

絹旗『ええ、超楽勝でした』

麦野「こっちも終わったわ、合流しましょ」

絹旗『はい、じゃ車で待ってますね』

ピッ


麦野「あーあ、結局いつも通りに終わっちゃったにゃーん」

麦野「今日は素敵な出会いがあるって書いてたのに……」

麦野「仕事運はともかく、恋愛運は全く当たらないわね」ブツブツ


70:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:51:14.82 ID:TYhPgVfu0


滝壺「むぎの?」

麦野「あ、なんでもないわ」

滝壺「そう?車行かなきゃ」

麦野「そうね、行きましょうか」

滝壺「お腹減った」

麦野「うん?じゃいつものファミレス行くかー」ウン

滝壺「そうだね」

麦野「あ、その前にコンビニ寄っていい?」

滝壺「ファッション雑誌買うの?」

麦野「『cantamta』ね、2週連続占い特集なのよ」ニコニコ

滝壺「よかったね、むぎの」ニコニコ


71:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:52:34.70 ID:TYhPgVfu0


とあるファミレスーーー。



絹旗「……麦野、また『cantama』の占いページなんか読んでるんですか?」

麦野「何よ、悪い?」ペラッ

フレンダ「ホント麦野ってそういうとこ乙女って感じよね」

麦野「な、なによ乙女って!」

絹旗「任務中は鬼のような形相なのに、占いに関する事は超キラキラした目で見てますよね」

フレンダ「先週の特番の時も凄かったしねー」

滝壺「むぎの、可愛い」

麦野「なんなのよアンタ達!いいじゃない、占い信じたって!」

フレンダ「でも学園都市は科学の街なわけよ」

麦野「う……」

絹旗「この街でオカルトチックな占いを信じてるなんて、超バカバカしくないですか?」

麦野「……」ショボン


72:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:53:35.55 ID:TYhPgVfu0


滝壺「きぬはた、それは言いすぎだよ」

絹旗「じゃあ滝壺さんは占い信じてます?」

滝壺「うーん……信じてない、かも」

フレンダ「そういう訳よ」

麦野「……」ショボボン

絹旗「ほらほら、麦野!占いより超映画観ましょうよ!」

フレンダ「無理矢理つまんない映画押し付けるのもどうかと思うけどー?」

絹旗「む、いいじゃないですか!」

滝壺「……」zzz



麦野「……」ショボボボン


73:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:54:27.25 ID:TYhPgVfu0


帰り道―――。



麦野(何よ!私が占い信じてるのがそんなにおかしい!?)

麦野(自分でも似合わない事なんかわかってるっつの!)

麦野「……いいじゃない、占い信じてても」テクテク

麦野「私だって完全に信用してるわけじゃないけどさ」テクテク

麦野「それでも、夢見たっていいじゃない」

麦野「……」

麦野「学園都市で占い信じるの……やっぱり変、かなぁ?」ショボン





麦野「……あれ?」ピタ


74:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:55:40.23 ID:TYhPgVfu0


麦野「何あのやる気のない屋台……なんか色々曲がってるし」

麦野「何屋?あれ」


【占い屋さン】ダラーン


麦野「占い屋さン……?」

麦野「はっ、この科学の街で占いが本当にあるとはね」

麦野「ったく、胡散臭さMAXだこと」

麦野「……ちょっと冷やかしに行ってみよ」スタスタ




麦野「……いざってなるとちょっと緊張するわ」ウン

麦野「『アンタ死ぬわよ』とか言われたら……ブチ殺せばいいか」

麦野「すいませーん」


75:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:57:10.26 ID:TYhPgVfu0


シーン……


麦野「あれ?誰もいないの?」オーイ

麦野「ちょっと!誰かいないの!!」


ノソノソ……


一方通行「はい、アンタ死ぬわよォー」ババーン

麦野「……は?」

一方通行「あン?」

麦野「アンタは……第一位、一方通行!!」

一方通行「原子崩しか?こンなとこで何してンだお前?」キョトン

麦野「こっちのセリフだつーの!何キョトンとしてんだコラ!」

一方通行「何がですかァ?」

麦野「えっ?」

一方通行「えっ」


76:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:58:22.29 ID:TYhPgVfu0


一方通行「お前、看板見てないのォ?」ダラーン

麦野「……占い屋?」

一方通行「占い屋さン」

麦野「占い屋さン」

一方通行「わかってンじゃねェか」ゴローン

麦野「だから何でててめぇが占いなんてやってんだよ!まず起きろ!」

一方通行「うっせェなァ」ダラダラ

麦野「学園都市最凶最悪の第一位が占いってどういう事よ?」

一方通行「えェー」

麦野「な、何よ」

一方通行「説明すンのだりィ」ゴロゴロ

麦野「起きろコラァァァァァ!!!」グイグイ

一方通行「ちっ、なンだよこいつ」

麦野「こっちのセリフよ!!!」


77:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 21:59:32.25 ID:TYhPgVfu0


一方通行「おら、コーヒーだ」コト

麦野「え、あ、ありがと?」ズズー

一方通行「うめェだろ?」

麦野「ええ、このまろみがたまんないわね」ズズー

一方通行「俺の知り合いにコーヒー屋さンいてなァ」

麦野「へー……ってそんな事どーでもいいのよ!」

麦野「私が聞きたいのは、アンタが占いをやってる理由!」

一方通行「あァ、それ聞くゥ?」ゴローン

麦野「え?あ、うん」ウン

一方通行「そォだなァ、あれは一週間ほど前だったか……」

麦野「ふんふん」

一方通行「……」

麦野「あ?」

一方通行「……」zzz

麦野「起きろ!寝るなコラ!!」ガシガシ


79:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:00:59.05 ID:TYhPgVfu0


一方通行「ちっ……うぜェ」

麦野「何コイツ、自由すぎない?」

一方通行「つーか話進まないンですけどォ」ダラーン

麦野「アンタのせいよ!ア・ン・タ!!」

一方通行「どこまで話したっけ?」

麦野「どこまでも話してないわよ!一週間前……で終わったでしょうが」

一方通行「あァ、一週間前よォ……打ち止めがテレビ見てたンだよ」

麦野「打ち止めって?」

一方通行「超電磁砲のクローンでェす」

麦野「その打ち止めちゃんがどうしたの?」

一方通行「アイツがたまたま占いに関する特番を見てたンだァ」

麦野「あ、それ私も見……ゲフンゲフン」

麦野「へ、へぇ……この科学の力が支配する学園都市で珍しいわね」

一方通行「いや、だからそォいうオカルトチックな事ってこの街じゃ有り得ねェだろ?」

麦野「うっ……うん、まぁね」ウン


80:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:02:37.52 ID:TYhPgVfu0


一週間前―――。


打ち止め「す、すごーい……ってミサカはミサカはテレビに食いついてみる」

一方通行「はァ?占いなンざ迷信だろォ」ゴロゴロ

打ち止め「でも、この人の言ってる事は当たってるんだよ?ってミサカはミサカは占い師さんを擁護してみる」

一方通行「詐欺……とまでは言わないが、やらせだろォな」

打ち止め「む、そんなこと無い!ってミサカはミサカは頭ごなしに全否定するアナタに真っ向から食いかかってみる!」

一方通行「いいかァ?学園都市は科学の街だぞ?」

一方通行「占いなんかより、機械が弾き出した回答を信じる街だ」

打ち止め「むー」

一方通行「占いを信じろって方が無理あるってもンだぜェ?」ダラーン

打ち止め「で、でも……占ってもらった人たちは皆幸せそうだよ?ってミサカはミサカはテレビを指差してみる」

一方通行「あン?」ドレドレ


81:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:03:50.45 ID:TYhPgVfu0


打ち止め「占い云々より『有名な人に占ってもらった』っていう事実に安心してるんじゃないかなってミサカはミサカは推測してみる」

一方通行「それならなおの事、占いなンざ有り得ないって事じゃねェの?」

打ち止め「それは違うよ!」

打ち止め「この『新宿の母』って人に占ってもらう事で安心を得てると思う」

打ち止め「その結果、依頼に来た人が幸せになるならそれはそれでいい事なんじゃないかな?ってミサカはミサカは考えを述べてみる」

一方通行「でも気持ち的な安心であって、実際に必ず幸せになるわけじゃねェだろ?」

打ち止め「あうっ」

一方通行「どォせ占い師を名乗るなら、本当に幸せにしてやれってンだ」ゴローン

一方通行「……」

一方通行「……あン?」

打ち止め「どうかした?ってミサカはミサカは突然ハッとした表情のアナタを心配してみる」

一方通行「実際に幸せにしてやりゃいいじゃねェか」

打ち止め「えっ?」


82:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:05:08.87 ID:TYhPgVfu0


一方通行「だからァ、言葉だけじゃなくて実際に幸せにすればいいだろォ?」

一方通行「そうしたら占いも皆信じるし、幸せじゃねェか」

打ち止め「そんな事できるの?」

一方通行「できるできねェの問題じゃねェ、やるかやらねェかだァ」

一方通行「なければ作ればいいのよ!」ババーン

打ち止め「えっ」

一方通行「……」ウーン

打ち止め「あ、あの?」




一方通行「よし、俺占い屋さンやる」ハイ

打ち止め「」

一方通行「ちょっと店建ててくる」スタスタ

打ち止め「」


84:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:06:47.12 ID:TYhPgVfu0


一方通行「というわけだァ」

麦野「どういうわけよ!超絶理論過ぎるわよアンタ!」

麦野(あれ?先週ここで日曜大工してたのって……)

麦野「大体アンタに占いなんてできんの?」

一方通行「はァ?できるわけねェだろォが」シレッ

麦野「あーもうコイツ意味わかんない」

一方通行「占いできなくても人を幸せにする事はできるはずだァ」

麦野「え、占いできないのに占いで人を幸せにするの?」

一方通行「うン」

麦野「どうやって?」

一方通行「あ、それ聞くゥ?」

麦野「当然でしょ、意味わかんないもん」


86:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:08:10.05 ID:TYhPgVfu0


一方通行「だからァ、まず俺が占いをしますゥ」

麦野「いやだからできないんでしょ?」

一方通行「聞けよクソッタレ」

麦野「……」

一方通行「で、占った後に実際そうなるように仕組むンだよ」

麦野「……は?」

一方通行「例えば『100円拾いますよォ』って占ったとする」

麦野「うん」ウン

一方通行「で、そいつが100円拾うようにセッティングすンだよ」

麦野「いやそれ占いじゃないから!」

一方通行「なンで」

麦野「いやだって……占いってのはオカルト的なものであって、人為的なもんじゃないでしょ?」

一方通行「お前オカルトなンて信じてンのかァ?」ゴロゴロ

麦野「あーもう誰か助けて」


87:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:09:14.41 ID:TYhPgVfu0


一方通行「俺が言いたいのはそこじゃねェ」

麦野「え?」

一方通行「仮に仕組まれた事だとしても、そいつにとって幸せならそれでいいじゃねェか」

麦野「どういう事?」

一方通行「お前が占いに行ったとします」ハイ

麦野「うん」イキタイ

一方通行「で、実際占い通りに良い事あったらどォ思う?」

麦野「……」ウーン

麦野「……嬉しい」ハッ

一方通行「嬉しい事があったらどォなる?」

麦野「……幸せ」ハッ

一方通行「そういう事だァ」フフン

麦野「なるほど……本人は人為的なモノだって知らないから、幸せって事なのね」

一方通行「はい正解おめでとォ」ダラーン


90:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:10:14.83 ID:TYhPgVfu0


一方通行「例え嘘っぱちだったとしても、人を幸せに出来る」

一方通行「こンな素敵で愉快な仕事がありますかァ?」

麦野「……ありません」ハッ

一方通行「暗部で人の怨み買うより、占いで人を幸せにした方が有意義じゃねェ?」ゴローン

麦野「確かに、うん」ウン

一方通行「俺が占い屋さンをやってるのはそれが理由だ」

麦野「すごい……アンタすごいわよ」

一方通行「いやなに、大した事じゃねェよ」フフン

麦野「……」

麦野「……ねぇ、第一位」

一方通行「あァ?」


91:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:11:42.34 ID:TYhPgVfu0


麦野「私にも手伝わせてくれない?」

一方通行「占い屋さンをかァ?」

麦野「ええ、私も占いで人を幸せにしたい」

麦野「私はこう見えても占いが好きなの」ウン

麦野「その熱意はそんじょそこらの奴に負けないわ!」

一方通行「ほォ」

麦野「……ダメ?」

一方通行「……」

一方通行「……生半可な気持ちじゃできねェぞ?」

麦野「わかってる、覚悟はできてるわ」

一方通行「よし、じゃ2人で学園都市を明るく照らしてやろォじゃねェの」

麦野「よっし!やってやるわ!」オー


93:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:13:03.58 ID:TYhPgVfu0


麦野「とは言ったものの、具体的には何するの?」

一方通行「それがなァ、客1人も来てねェからわかンねェンだ」

麦野「え!?一週間も誰も来てないの?」

一方通行「うン」ゴロゴロ

麦野「一週間何してたのよ?」

一方通行「ゴロゴロ」

麦野「……第一位、それじゃダメよ」

一方通行「あン?」

麦野「もっと積極的に占いで人を幸せにしていかないとダメだと思うの」ウン

一方通行「なるほどなァ……一理ある」

麦野「その為に、まず客を呼び込まなきゃダメね」

一方通行「どォやって?」

麦野「そうね、まずは店構えじゃない?」


94:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:14:10.46 ID:TYhPgVfu0


麦野「こんな屋台みたいのじゃ、まず占い屋っぽくないと思う」

一方通行「ならどォすればいいンだよ?」

麦野「もっとこう、オドロオドロしい雰囲気を醸し出さなきゃ」

一方通行「おォ、占い屋っぽいな」

麦野「いかにもオカルトチックな感じで建てましょ」


トーンテーンカーンカーン


一方通行「一方通行と!」

麦野「麦のんによる!」

原子通行「占い屋さン完成!!」ババーン




一方通行「……」ジー

麦野「な、なによ…」

一方通行「麦のん!」ハイ

麦野「忘れろ忘れて忘れてください!!」ハヤク


95:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:15:17.25 ID:TYhPgVfu0


麦野「それじゃ、次これね」ハイ

一方通行「マントかァ、いかにも占い師っぽいぜェ」

麦野「でしょ?なんにしても形からってね」

一方通行「え、お前は?」

麦野「は?ないけど?」

一方通行「俺が占い師の格好でお前だけ私服ってダメだわァ」

麦野「だってそれ1着しかないもん」

一方通行「いや、雰囲気出ねェだろ」

麦野「しょうがないわよ、衣装ないもの」

一方通行「ちっ……ちょっと待ってろォ」

麦野「?」

一方通行「電話してくるゥ」

麦野「なんで電話?」


96:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:16:14.74 ID:TYhPgVfu0


一方通行「おォ、悪ィな」

土御門「むしろ逆に感謝するにゃー、こんな……」

麦野「……」フルフル

土御門「綺麗なお姉さんメイドが見れたんだし、眼福眼福」

土御門「じゃ、俺は行くぜよ」

一方通行「あァ、助かった」




麦野「な、なんで私がメイド服なのよ!」

一方通行「だってなンか占い師の横にいても違和感ないぜェ?」

麦野「だからって……こんな……ちょっと丈短いし」ブツブツ

一方通行「そこまでフリフリじゃねェンだ、我慢しろォ」

麦野「ぅー……」

一方通行「そのうち慣れるだろ」ウン


97:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:17:20.31 ID:TYhPgVfu0


麦野「……」ブツブツ

一方通行「なンなンですかァ?」

麦野「だって……絶対似合ってないし」ブツブツ

一方通行「似合ってるっつーのォ」ダラーン

麦野「え、ええ?本当?」

一方通行「あァ、すげェ似合ってるゥ」

麦野「そ、そっかなー」テレテレ

一方通行「エビが衣つけたよォな感じ」ウン

麦野「エビフライに例えられても喜べねぇよ!」

一方通行「ンだよせっかく褒めてやったのにさァ」

麦野「褒められてる感じしないっつーの……」

一方通行「麦のん!」ハイ

麦野「……」イラッ


99:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:18:42.80 ID:TYhPgVfu0


麦野「次は看板ね……こんなダンボールじゃ雰囲気出ないわ」

一方通行「よし、俺に任せろォ」

麦野「スペルミスとか文法ミスとかしないでよ?」マタオコラレチャウ

一方通行「任せとけェ」カキカキ




【占い屋さン】
・アナタの幸せ占います
・的中率脅威の100%
・アナタも快適な占いライフを満喫してみませんか?



一方通行「どうだァ?」フヒュゥ

麦野「……完璧ね」

一方通行「よし、占い屋さン開店でェす」

麦野「おー」


100:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:19:56.16 ID:TYhPgVfu0


一方通行「ところで占い師ってどンな感じだァ?」

麦野「え?そりゃあ……ミステリアスな?」

一方通行「いらっしゃいませーって感じじゃねェよな」

麦野「うーん、そうかも」

一方通行「……」ウーン

麦野「……」ウーン

一方通行「わかったァ」ハッ

麦野「なに?」

一方通行「ねるねるねるねみたいな?」

麦野「……それ魔女じゃない?」

一方通行「一旦やってみようぜェ」ウン

麦野「そうね、モノは試しよ」ウン


101:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:21:10.43 ID:TYhPgVfu0


御坂妹「……」テクテク

御坂妹「おや?なんでしょうこのお店」

御坂妹「【占い屋さン】……いかにも怪しい、といった感じですね」

御坂妹「しかし興味津々なミサカは躊躇なく入ってみます」ドキドキ


ガチャ、キィ……


一方通行「うっひっひ、よく来たねェ」

麦野「うっひっひ、お主を占ってしんぜよう」

御坂妹「」

一方通行「……違う」

麦野「……違うわね」

一方通行「今のなし、もう1回」ポイ

御坂妹「」ベチャ


102:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:22:09.97 ID:TYhPgVfu0


御坂妹「い、今のは一体なんだったのでしょう?」

御坂妹「テイク2を希望されて強制的に追い出されましたが……これは行くべきでしょうか?」

御坂妹「普通だったら帰りますが、ここで諦めないのがミサカクオリティ」ニヘッ


ガチャ、キィ……


一方通行「へい、らっしゃまっせェー!」

麦野「1名様お座敷ご案内いたしまーっす!!」

御坂妹「」

一方通行「……違うな」

麦野「……うん、違った」

一方通行「三度目の正直」ポイ

御坂妹「」ベチャ


103:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:23:12.83 ID:TYhPgVfu0


御坂妹「なんでしょう、占い屋ではなく居酒屋に入った気分になりました」

御坂妹「しかし……三度目の正直と言っていましたし……」オソルオソル


ガチャ、キィ……


一方通行「よォ、よく来たな10032号」

麦野「まぁコーヒーでも飲みなさい」コト

御坂妹「何事もなかったかのようにフレンドリーになりました」

御坂妹「というか一方通行ではないですか、こんな所で何を?」

一方通行「え?占い屋さン」

御坂妹「えっ」

一方通行「占い師だもン」ネー

麦野「うん」ネー

御坂妹「」


104:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:24:16.55 ID:TYhPgVfu0


御坂妹「少し驚きましたが、そういう事でしたか」ズズー

一方通行「おォ、お前占って欲しいンだな?」

御坂妹「興味が沸いたのでちょっと見てみようかなと思いまして」

麦野「じゃせっかくだし、占い始めるわよ」

一方通行「おォ……原子崩し、水晶取って」ダラーン

麦野「え?そんなのあったっけ?」

一方通行「え?ああ、無い方のパターンかァ」ハイハイ

麦野「タロットカードなら自前の持ってるけど?」

一方通行「いや、今回は無い方な感じでェ」

麦野「うん、わかったわ」

一方通行「よし妹、今日は水晶無しの占いを披露する事になったからなァ」フフン

御坂妹「……かつてこれ程胡散臭い占い師が存在したでしょうか、とミサカはこれから占ってもらう事に不安を覚えます」


105:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:25:35.74 ID:TYhPgVfu0


一方通行「ふむ……おォ……」

御坂妹「?」

麦野「第一位、どう?」

一方通行「先生」

麦野「え?」

一方通行「占い師だから、先生って呼べェ」

麦野「あー、そんな感じね……先生、どうですか?」

御坂妹「……」ハラハラ

一方通行「むむむ……やっべェ、なンも見えねェ」

御坂妹「」

一方通行「冗談だよ、見えてるっつーの、丸見えだァ」

麦野「あれ、アンタ猫好きなの?」

御坂妹「えっ?」

麦野「いやほら、猫のキーホルダーついてるから」


106:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:26:43.56 ID:TYhPgVfu0


御坂妹「ええ、ミサカは猫が好きです」

御坂妹「しかしミサカは能力のせいで微量な電磁波を放出しているので、嫌われてしまうのです」ショボン

麦野「あー、それは可哀想に」

御坂妹「本当はもっと触れ合いたいのですが……叶わない夢ですね」

一方通行「!」ピーン

一方通行「見えた、見えたぞ妹ォ」

御坂妹「え、な、何がでしょう?」

一方通行「お前を占った結果だが……」

御坂妹「……」ゴクリ

一方通行「明日の午前中、公園を散歩するがよろし」

御坂妹「公園を散歩、ですか?」

一方通行「そォだ、そこでお前にとってきっと良い事が起きるはずだァ」

御坂妹「良い事……具体的にはどんなことでしょう?」


108:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:28:11.71 ID:TYhPgVfu0


一方通行「いやそこまではわかンねェ、占いだし」

御坂妹「明日にならねばわからない、ですか」

一方通行「そォだ……だが悪いことじゃねェと出た、占いだし」

御坂妹「なるほど、わかりました」

麦野「明日の午前中、良い事あるといいわね」

御坂妹「……はい」



―――。



一方通行「さてェ」

麦野「午前中に公園か、どうするの?」

一方通行「アイツ猫好きって言ってたよなァ?」

麦野「そうね」

一方通行「それ関連で行こォ」ウン


109:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:31:31.99 ID:TYhPgVfu0


麦野「具体的には?」

一方通行「……とりあえず猫捕まえて来い」

麦野「捕まえて来んの?」

一方通行「10匹ほど」ウン

麦野「いるの!?そんなに野良猫いるの!?」

一方通行「いいから早くしろォ」

麦野「……わかったわよ」





麦野「あ!猫発見!」

<ニャーン

麦野「にゃーん、にゃーん」ルンルン

麦野「よーしよしよs……ちょ!引っ掻かないで!」

<フシャー!! バリバリッ

麦野「なんもしないから!いててっ!痛あああああああああ!


110:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:32:32.09 ID:TYhPgVfu0


麦野「……6匹しか捕まえられなかったわ」ボロッ

一方通行「しょうがねェな、その台に乗せろ」

麦野「なにするの?」ホイ

<ウニャ?

一方通行「生体電流をちょっと操作する」パリパリ

麦野「そんで?」

一方通行「ちょっと工夫すれば、妹でも触れるようになるって事だァ」パリパリ

<ニャーン

一方通行「おォ、お前らには害の無いようにしてっから安心しろォ」パリパリ




麦野「最早ボランティアじゃない?って事は気にしない」

一方通行「幸せ運ぶ占い屋さンだァ」パリパリ


111:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:33:36.35 ID:TYhPgVfu0


次の日―――。


御坂妹「……一方通行の言う通り、公園に来ました」テクテク

御坂妹「ミサカにとってきっと良い事があると言っていましたが、どんな事があるのでしょう?」ハテ?


<ニャーン


御坂妹「あれは……草の茂みから猫が出てきましたね」

御坂妹「おいでおいでー、とミサカは逃げられるとわかっていても声をかけずにいられません」チッチッチ

<ニャーン、ゴロゴロ

御坂妹「!」

御坂妹「な、なんという事でしょう、猫がミサカの方に寄ってきました」

御坂妹「ここ、これは事件ですぞー!とミサカは思わず赤いモップのマネをします」

御坂妹「よ、よしよし」ナデナデ


112:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:34:33.54 ID:TYhPgVfu0


ガサガサ

<ニャー、ニャー、ニャニャー


御坂妹「ね、猫が次から次へと出てきます……何事でしょう」アワワワ

<ニャーン

御坂妹「しかも全員ミサカに寄ってきます!」フンフン

御坂妹「猫用フェロモンの宝石箱です!」フンフン

御坂妹「……っ!」ナデナデナデナデナデナデ!!!



―――――。



御坂妹「まさか本当に一方通行の言う通り、良い事が起きるとは……」テクテク

御坂妹「占い、というものは信用できるものですね」

御坂妹「……今日は幸せでした」ニヘラ


113:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:35:35.18 ID:TYhPgVfu0


ガサガサッ!


一方通行「……原子崩し」

麦野「……なに?」

一方通行「これが占い屋さンだぜェ」

麦野「……正直感動したわ」

一方通行「だろォ?これ続けるべきだよなァ?」ヒャッホウ

麦野「ええ、占いってやっぱり人を幸せにする最高の仕事ね!」

一方通行「いいねいいねェ、最っ高だねェ!!」




麦野「よぉし、次のお客はどこ!?」ブンッ

一方通行「迷える子羊ィ……出て来いやァ!」ブンッ


114:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:36:30.90 ID:TYhPgVfu0


それからしばらくしてーーー。


麦野「最近来る人増えた?」

一方通行「まァ、ちょこちょこだけどなァ」ゴロゴロ

一方通行「そォいやお前、暗部のリーダーやってなかったかァ?」

麦野「アイテムね、よく知ってるわね」

一方通行「俺も暗部入ってるしなァ」

一方通行「それより、向こうの活動しなくていいのかァ?」

麦野「……しばらく顔出してないわ」

一方通行「マズくねェ?」

麦野「だって……アイツら占いバカにするんだもん」ショボン

一方通行「なにィ?」

麦野「私には似合わないとか、バカバカしいとか……」


115:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:37:38.36 ID:TYhPgVfu0


一方通行「……そいつァ許せねェな」

麦野「……」

一方通行「原子崩しに似合わねェのは確かだとして、占いをバカにすンのは許せねェ」

麦野「ちょっと!私に似合わない、も否定してよ!」

一方通行「だってェ」ダラーン

麦野「……なによ、どーせ似合いませんよーだ」プイ

一方通行「……ったく」

一方通行「わっしわっしィ」ワシワシ

麦野「え、ちょっ……頭撫でないでよ!」

一方通行「よし、アイテムンとこ行くぞ」

麦野「へ?」

一方通行「占い屋さンの底力、見せてやる」

麦野「……先生」


116:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:38:33.13 ID:TYhPgVfu0


アイテムアジトーーー。


バァンッ!!


一方通行「占い屋さンだコラァ!」ババーン

滝壺「……いらっしゃい?」

一方通行「あ、お邪魔しますねェ」

麦野「ってあれ?滝壺だけ?」

滝壺「あ、むぎのだ」

麦野「他の2人と浜面は?」

滝壺「買い物、わたしは寝てたら置いてかれた」ショボン

麦野「なんだ……」

滝壺「むぎの、最近どうしてた?わたし心配してたよ?」

麦野「あー、うん、ゴメン」

滝壺「むぎのが無事でよかった」ギュ


117:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:39:25.60 ID:TYhPgVfu0


一方通行「おォ、じゃお前でいいや」

滝壺「……誰?」

一方通行「レベル5第一位、一方通行だ」

滝壺「……」スゲェ

滝壺「こんにちは、わたしは滝壺」

滝壺「むぎのがお世話になってます」フカブカ

麦野「え、ちょ、滝壺?」

一方通行「いい仲間じゃねェか」

麦野「……滝壺」

一方通行「今日はお前を占ってやる」ビシッ

滝壺「占い?」

一方通行「俺とコイツは占い屋さンなンですゥ」


118:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:40:17.57 ID:TYhPgVfu0


滝壺「そっか、むぎのが最近来ないのは占いやってたからなんだね」

一方通行「占い屋さン」

滝壺「占い屋さン」ゴメンナサイ

麦野「うん、ゴメン……」

滝壺「いいよ、ちょっとからかい過ぎたけど、むぎのが占い好きって事はいいと思う」

麦野「あ、ありがと」

一方通行「よし原子崩し、例の物を」

麦野「え?」

一方通行「え?」

麦野「例のものって?」

一方通行「あァ、タロットカードだよ」

麦野「ああそうなの、はい」

滝壺「???」

一方通行「お前そこに座れ」

滝壺「うん」スッ


119:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:41:17.90 ID:TYhPgVfu0


一方通行「……ほォ、うン」サッサッサ

一方通行「なンでコイツ逆さ吊りされてンだ?」サッサッサ

滝壺「何かわかったの?」

一方通行「お前……滝壺だなァ?」サテハ

麦野「いやさっき言ったじゃない」

一方通行「うっせェなァ……」

一方通行「お前、そのォ、好きな人……いたりィ?」

滝壺「うん、いる」

一方通行「でっすよねェ、うン、やっぱr」

滝壺「あ、でも……恋愛的には違うのかm」

一方通行「違ェンだよ!いねェンだよなァ、もちろン知ってたぜェ?」

滝壺「うーん、やっぱり、好きだとおm」

一方通行「好きなンだよバカ、お前はそいつが好きなンだ、うン」

麦野「さすが先生!」


120:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:42:21.21 ID:TYhPgVfu0


一方通行「はン、俺は占い屋さンだぜェ?」フフン

滝壺「……凄い」

麦野「ちなみに、そいつはアイテムよ」ヒソヒソ

一方通行「なるほど、おっけェ」ヒソヒソ

滝壺「?」

一方通行「あー、ンとォ……占いの結果が出たァ」

滝壺「本当?」

一方通行「あァ……近いうちお前にとって良い事がある筈だ、恋愛的な」

滝壺「恋愛的な?」

麦野「そうね……滝壺、次の休みに浜面をデートに誘ってみなさい」

滝壺「え?でもはまづら、次の休みは一日丸々寝るって言ってたよ?」

麦野「大丈夫、占いの結果に良い事があるって出たんだから!」

一方通行「そォだぜェ?」ゴロゴロ


122:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:43:22.98 ID:TYhPgVfu0


滝壺「そっか、わかった誘ってみる」

麦野「うん、頑張れ」

一方通行「占いの的中率は100%だからなァ、安心しろォ」

滝壺「もしデートできたら占いを信用するね」




一方通行「さてェ」

麦野「どうするの?」

一方通行「お前がまず男に電話します」ハイ

麦野「うん」

一方通行「『お前占ったら滝壺からデートに誘われる相が出てた、だから断るな』でよくねェ?」ダラーン

麦野「浜面……男の方は占ってないじゃない」

一方通行「アメリカの人みてェに、遠隔透視的占いしたって言えばよくねェ?」

麦野「さすがにちょっと無理がない?」

一方通行「そいつって細かい事気づくような男かァ?」

麦野「……いや問題ないわ、いける」キュピーン


123:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:44:29.14 ID:TYhPgVfu0


麦野「あ、浜面?ちょっといい?」

麦野「あのね、近いうち滝壺からお誘いの電話来ると思うけどさ、アンタ絶対断んじゃないわよ?」

麦野「え?いや、占いの結果そうなったの!うん、アンタをこう、遠隔的な感じで占ったのよ」

麦野「信じなさいよ!本当に占ったってば!」

麦野「あ?遊びに行くって話よ!絶対断るんじゃないわよ?」

麦野「はぁ?アンタの寝たい希望なんてどうでもいいのよ!」

麦野「それともアレ?滝壺のせっかくのお誘いを断るの?」

麦野「そうでしょ?アンタも滝壺とデートしたいならちょうどいいじゃない」

麦野「いい?もしお誘いを断るような事があったら……わかるわね?」

麦野「よし、よろしい……うん、ばいばいにゃーん」


124:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:45:33.26 ID:TYhPgVfu0


一方通行「バッチリだなァ」

麦野「これで滝壺も占いの凄さを信用するわね」

一方通行「ばいばいにゃーン」ゴロン

麦野「……」イラッ

一方通行「麦のんだにゃン!」ニャン

麦野「にゃろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」ボシュッボシュッ

一方通行「反射」ピキーン

麦野「ふぐぅっ」

一方通行「第四位如きが第一位様に勝てると思うにゃン!」ババーン

麦野「くっ……」ギリギリ





浜面「はぁ……麦野の奴、一体何だったんだ?」

浜面「滝壺からお誘い、あるわけねぇだろうが……ったく」

浜面「いや、あったら嬉しいけどさ」


125:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:46:22.44 ID:TYhPgVfu0


ピピピピ……


浜面「ん?あれ!?本当に滝壺から電話掛かってきた!」

浜面「も、もしもし?」

浜面「え?うん、そうだな……寝て過ごそうかなーなんて」

浜面「え!?ご飯?2人で?」

浜面「マジか……いやいや、こっちの話、うん」

浜面「いや、滝壺がいいなら全然、うん、いいぜ?」

浜面「わかった、おう、じゃまた連絡する」

浜面「はーい、じゃーなー」



浜面「……」

浜面「……遠隔的占いってすげぇ」スゲェ


126:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:47:15.39 ID:TYhPgVfu0


滝壺「うん、それじゃ楽しみにしてるね」

滝壺「うんわかった」

滝壺「ばいばい、はまづら」


ピッ

滝壺「……」

滝壺「……ゴメンむぎの、本当は半信半疑だった」

滝壺「占い凄い」スゲェ

滝壺「本当に当たった」

滝壺「……」ニヘラ

滝壺「フレンダときぬはたにも教えてあげよ」テテテッ


128:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:48:15.62 ID:TYhPgVfu0


次の日―――。


麦野「滝壺が占い当たったって喜んでたわよ」

一方通行「カカッ、占いによる幸せ人がまた1人増えたな」

麦野「そうね、身内だったから楽勝だったわ」

一方通行「アイテムの奴らもこれで信用したかァ?」

麦野「うーん、1人がまだ半信半疑って感じかな?」

一方通行「よし、じゃ連れて来いそいつ」ゴローン

麦野「オッケー」

一方通行「あ、その前にそいつのプロフィールでも教えろ」

麦野「はいはい」




絹旗「麦野に呼び出されて来ましたけど……」

絹旗「私は占いなんて超信用してないのに」

絹旗「でも、滝壺さんは『当たったよ』って言ってたしなぁ」


130:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:49:12.67 ID:TYhPgVfu0


絹旗「ええい、物は試し、です!」

ガチャ、キィ


麦野「あ、絹旗」ヤッホ

絹旗「」メイドサン

絹旗「む、麦野、言われたとおり来ましたよ」

麦野「この子が絹旗よ」

一方通行「ほォ……うン」

絹旗(すごっ……何かオーラが違いますね、まさか本当に魔術的な?)

一方通行「掛けたまえ」

絹旗「は、はい!」ピクッ

麦野「いつもの感じでいいんじゃない?」

一方通行「あ、そォ?じゃ適当な感じでェ」グデーン

絹旗「え?えぇー……」

麦野「ふふ、滝壺から占いが当たったって聞いたでしょ?」

麦野「アンタも信用せざるを得なくなるわよ?」フフン


131:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:50:19.79 ID:TYhPgVfu0


絹旗(うーん、どうにも超胡散臭いですね)

一方通行「楽にしろにゃン」ニャン

絹旗「え?にゃん?」

麦野「……」ピク

一方通行「アレだよな、バイバイキーンとばいばいにゃーンって似てるよななンか」ウン

麦野「……」ピキピキ

絹旗「え?あ、そうですね、はい」

一方通行「……」

麦野「……」イライラ

絹旗「???」

一方通行「麦野だにゃん!」ニャンッ

麦野「クソがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」パシュン

一方通行「反射」ピキーン


ズドォォォォォォォン!!

絹旗「」


133:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:51:25.31 ID:TYhPgVfu0


麦野「……はぁ、はぁ」

一方通行「危ねェなおい」ゴローン

絹旗(え!?この人今、麦野の攻撃超弾きましたよね!?)

麦野「……私だってにゃーんくらい言ってもいいじゃない、ちくしょう」エグエグ

絹旗(しかも一切動かずに……もしかしなくても、超すごい人なんですか!?)

一方通行「おい、お前」

絹旗「ひゃ、ひゃい!」

一方通行「これからお前を占う、いいなァ?」

絹旗「は、はいです!おお、お願いしますすす」ガタガタ

麦野「……はい、カード」ハイ

一方通行「おォ」


サッサッサ……


134:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:52:22.57 ID:TYhPgVfu0


絹旗「……」ゴクリ

一方通行「ふむ、大体の事はわかった」

絹旗「本当ですか?」

一方通行「お前……映画好きだろォ?」

絹旗「え!?なんでわかったんですか?」

一方通行「しかもB級、C級が好み、とみた」キュピーン

絹旗「す、凄い……超当たってます!」

麦野(というか、私が教えたっていう考えはないのね)

一方通行「へェー……ほォー……」

絹旗「……何かわかったんですか?」ハラハラ

一方通行「……映画俳優に会う」

絹旗「え!?マジですか!?」

一方通行「……3日後の夕方、会う」ウン

絹旗「本当ですか!?だ、誰に!?」


135:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:53:26.55 ID:TYhPgVfu0


一方通行「あー、えーっとォ……」

麦野「……私あんまり俳優の名前知らないわよ」ヒソヒソ

絹旗「誰ですか!?超気になります!」キラキラ

一方通行「それは、うン、ブルース……ウィリス、かなァ?」

絹旗「」スゲェ

麦野「ちょっと!大丈夫なの!?」ヒッソヒッソオオオオ!!

一方通行「任せとけェ、俺に不可能はない」ヒソヒソ

絹旗「え、え?本当ですか!?本当に会えるんですか!?」

一方通行「うン……占いでそォ出たからなァ」

絹旗「すっご……超楽しみですよ!これで会えたら占いって本物ですね!!」

麦野「だ、だから本物だってば」フフン

絹旗「うわ、うわーーー!超超楽しみです!」

一方通行「いいか、3日後だからなァ?」

絹旗「はい、超了解です!」


137:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:54:19.55 ID:TYhPgVfu0


閉店後―――。


一方通行「……」ゴローン

麦野「ちょっと!どうすんのよ!?」

一方通行「なにがですかァ?」

麦野「あんな有名スターなんか会えるわけないじゃない!」

一方通行「そっかァ?」ダラーン

麦野「なんでそんなのんびりしてられるのよ……」

一方通行「バァカ、策があるに決まってンだろォ?」

麦野「えっ?」

一方通行「俺が何の考えもなしに言うわけねェだろォ?」

麦野「じゃ、じゃあアンタはブルース・ウィリスを……」

一方通行「用意できる」ハイ

麦野「さ、さすが学園都市第一位……」ゴクリ


139:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:55:18.71 ID:TYhPgVfu0


一方通行「というわけでェ、お前協力しろ」

海原「無理ですよ!大体彼の皮膚なんてどうやって手に入れるんですか!」

一方通行「お前なンの為にそのストーキング能力を身につけたンだよ」ヤレヤレ

海原「いや、でも無理ですって……」

一方通行「別にィ?超電磁砲に見せてもいいンだぜェ?」

海原「な、何をですか?」

一方通行「このビデオ」サッ

海原「ビデオ?」

一方通行「これにはお前が超電磁砲をストーキングする様子をストーキングした映像が入ってる」

海原「」

一方通行「もォ一度言う、協力しろ」

海原「ちょっとアメリカ行ってきます……」


141:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:56:45.31 ID:TYhPgVfu0


3日後―――。


絹旗「占い師さんは3日後、つまり今日ブルース・ウィリスに会える、と言ってましたね」テクテク

絹旗「場所までは言ってなかったですが……これで会えたら本当にすごいです」テクテク

絹旗「はわっ!?あ、あそこで匍匐前進してるタンクトップが似合う人はもしや……!!」

ブルース「……」ソワソワ

絹旗「キャー!あ、あの!!」

ブルース「え?は、はい?」ビクッ

絹旗「あの、いきなりで超失礼なんですけど……ブルース・ウィリスさんですか!?」

ブルース「え、ええ、まぁ」

絹旗「うわーーー!うわーーー!私、超ファンなんです!握手してもらえますか!?」

ブルース「お、お安い御用だぜ可愛いお嬢さん」ギュッ

絹旗「あわわわ……あ、ありがとうございます!」キラキラ

ブルース(心が痛いですね……というか日本語でいいんですね)


142:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:58:15.90 ID:TYhPgVfu0


SP「ヘイ!フリーズ!」

絹旗「え!?」

SP「ドントムーブ!」

ブルース「ちっ、もう来やがったか」

ブルース(本物のSP……日本まで追ってきましたね)ガタガタブルブル

絹旗「え、黒服の人がこっち来てますけど!」

ブルース「安心しなお嬢さん、俺はプロだからなぁ」ナデナデ

ブルース「じゃ、俺は行くぜ!」ダッ

SP「ストップ!フリーズ!!」バキューンバキューン

ブルース(ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!)ダダダダッ





絹旗「麦野、占いバカにしててすいません……」キラキラ

絹旗「占いは超本物でした!」


144:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 22:59:15.15 ID:TYhPgVfu0


麦野「絹旗も占いを完全に信用したみたい」

一方通行「さいでっかァ」ゴローン

麦野「さすが的中率100%よね」

一方通行「どォだ、占い屋さン最高だろォ?」

麦野「ええ、アンタの発想には脱帽だわ、帽子被ってないけど」

一方通行「口コミで広げるならやっぱり女だなァ」

麦野「そうね……でも、もうちょっと表の人間にも広げていかないとダメね」

一方通行「そうだよなァ……となると、やっぱりJKやJCだな」

麦野「うーん、でもJCの方が多いわよね、登場人物的に」

一方通行「そォだな、うン」

麦野「どうする?」

一方通行「……」ウーン

麦野「……」ウーン


145:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:00:18.72 ID:TYhPgVfu0


一方通行「どっかの学校に乗り込む」ハイ

麦野「追い出されて終わりよ」

一方通行「路上占いする」ハイ

麦野「この店舗いらなくなっちゃうじゃない」

一方通行「営業しに行く」ハイ

麦野「できればこの格好で出歩きたくないわよ」

一方通行「拉致」ハイ

麦野「……保留」

一方通行「俺はもう万策尽きたァ」ゴローン

麦野「ちょっと、早いっての」

一方通行「お前だって考えろォ」

麦野「うーん……」


146:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:01:10.98 ID:TYhPgVfu0


常盤台中学―――。

キーンコーンカーンコーン


湾内「白井さん、今日もジャッジメントですか?」

黒子「ええ、最近忙しいんですの……」

泡浮「さすがに大変そうですね」

黒子「いえ、それでも治安維持の為なので」

泡浮「あ、そういえば最近妙な噂を耳にしました」

黒子「妙な噂、ですの?」

湾内「あ、占い屋の事ですか?私も何度か聞いたことあります」

黒子「占い?学園都市でですの?」

泡浮「ええ、なんでも的中率100%を誇るらしくて、凄いですよね」

湾内「1回行ってみたい気もしますわね」

黒子(占い……?)


147:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:02:45.30 ID:TYhPgVfu0


一方通行「何にも思いつかねェ」ダラー

麦野「どうしたらいいのかしらね……」

一方通行「ちょっとは考えなさいにゃン!」ニャン

麦野「……考えてるわよ?」

一方通行「ちゃんと考えないとブ・チ・コ・ロ・シ・確定ですよォ?」フフン

麦野「……」イラッ

一方通行「…………メルトダウニャー」

麦野「死ねコラァ!!」バシュンッ

一方通行「反射」ピッキーン




黒子「……ここが噂の占い屋、見るからに怪しいですの」

黒子「すいませーん……」

バシュウウウウウウウウウウウウウウッ!!!

黒子「にぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」


149:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:05:46.46 ID:TYhPgVfu0


黒子「あっぶ、危ない……なんですの今のビーム的なものは?」ドキドキ

黒子「危うく上半身と下半身がグッバイするところでしたの」ドキドキ

黒子「やっぱり、怪しいですわね」


ガチャ、キィ……


黒子「すいませー……」

麦野「ああ!?」グルン

一方通行「なンだァ?」ギロッ

黒子(怖ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!)

麦野「なんか用?ちょっと取り込んでるんだけど?」

黒子「い、いえ……忙しいのならまた出直して……」

一方通行「客だろォが、見てわかンないンですかァ?義眼なンですかァ?」バーカバーカ

麦野「てめっ……死ねやコラァ!!」


ズドオオオオオオオオンッ!!

黒子(ひぃぃぃぃぃぃぃぃ!帰りたいですのおおおおおおおおお!!)ガクガクブルブル


153:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:06:46.54 ID:TYhPgVfu0


麦野「はぁ、はぁ……うぅ、勝てない……」ズーン

一方通行「俺に勝とォなンざ100年早ェよ麦のん」

麦野「むむむ、麦のん言うな!」

一方通行「照れる麦のんかーわーいーィー」ダラーン

麦野「こんにゃろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

黒子「……あ、あのー」

麦野「おおおおぉぉぉ……お?あ、ゴメンゴメン、いらっしゃいませー」

一方通行「へいらっしゃい!」

黒子(えぇー……普通に接客してきましたの)

一方通行「占ってもらいに来たのかァ?」ゴロンゴロン

黒子「え、ええ……学校でも評判らしいので、是非」

麦野「へぇ、じゃそこに座って」

黒子「失礼しますの」オソルオソル

黒子(さっきの能力の出力を見る限り、少なくともレベル4以上はありそうですの)

黒子(こ、殺されたりしないですわよね?)ガタガタブルブル


154:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:07:58.34 ID:TYhPgVfu0


麦野「はいお茶」

黒子「ありがとうございますの」

黒子(戦うメイドさん……アリですわね)ウン

一方通行「よし、じゃあ占いを始める」

黒子「は、はい!お願いしますわ!」

麦野「今日はカード?水晶?」

一方通行「……」ウーン

一方通行「両方」ハイ

黒子「?」

一方通行「よかったなァツインテール、今日は両方使ってやる」

黒子「え?はぁ……」

一方通行「特別だぜェ?」フフン

黒子「あ、ありがとうございます、の?」


155:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:09:23.45 ID:TYhPgVfu0


一方通行「ふむ……ほォ」

黒子「……どうでしょう?」

麦野「安心して、見た目こんなだけど占いはちゃんとしてるから」

一方通行「えェー……言われたくない人ナンバーワンに言われたァ」ダラーン

麦野「ちょっと……それどういう事?」ピキピキ

一方通行「安心して、見た目こンなだけど意外と乙女だからァ」フフン

麦野「……」イラッ

黒子「あ、あのー!占い!占いの結果はどうなのでしょう!?」アセアセ

一方通行「あン?あァ……そォだなァ」ジー

黒子「?」

一方通行「このカードの配置……もしかして、お前常盤台中学通ってンじゃねェ?」ズバリ

黒子「えっ?」

一方通行「そしてこの水晶のまろみ……もしかして、お前ジャッジメントなンじゃねェ?」ズバリ

黒子「えっ?」


157:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:11:06.01 ID:TYhPgVfu0


黒子「いえ、あの……制服見てわかりませんの?」

一方通行「えっ?」

黒子「ジャッジメントに関しても……腕章を見ればわかる事だと思いますが……」

一方通行「えっ?」

黒子「いえですから……」


バァァァァァァァァァァァン!!


黒子「ぴぃっ!?」

一方通行「聞いてンのはそういう事じゃねェ……」

黒子「……」ガタガタブルブル

一方通行「カードの配置と水晶のまろみの結果が当たってンのかって聞いてンだろォが!!」

黒子「は、はいっ!当たっております!ええ、それはもうズバッとパラダイスですの!!」アワワワワ

一方通行「ったく、これだから素人は」プンプン

黒子(……え、私が悪いんですの?)


158:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:12:36.76 ID:TYhPgVfu0


黒子「そ、それで……続きは?」

一方通行「あァ悪ィ、取り乱した」

黒子「い、いえ、大丈夫ですの」

一方通行「素人に水晶のまろみ具合とか言ってもわかンねェよなァ」ウン

麦野「ちょっと、その言い方可哀相よ……」

黒子「……」イラッ

黒子(なんなんですの?これバカにしてるのでしょうか?)

黒子「あ、あの」

一方通行「ン?」

麦野「どうかした?」


159:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:13:48.81 ID:TYhPgVfu0


黒子「私ジャッジメントですの!」ババーン

一方通行「え、何その肩の角度?」

黒子「……」イラッ

黒子「ジャッジメントとして見過ごせませんの」

一方通行「あン?」

黒子「恫喝を含め、詐欺まがいの営業をしておられるならば、拘束させていただきますが?」





麦野「あー、そう、うん……そう来る?」

黒子「え?」

一方通行「いやァ残念だ……お前まだ若いのになァ」

黒子「そ、それはどういう事なのでしょう?」


160:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:15:11.54 ID:TYhPgVfu0


一方通行「俺はレベル5第一位」ハイ

麦野「私は第四位」ハイ

黒子「」

一方通行「そンな言い掛かりされたらちょっと気分害するわァ」ゴロゴロ

麦野「ホントよね、原子崩しちゃうわよ?」フフン

黒子「……」ガクガクブルブル

黒子「し、しかひ、でふね……あま、あまま、余り、真っ当な印象をううう、受けないも、のののでひて……」ブルブル

一方通行「金なンざもらってねェ、それでも詐欺になンのか?」

一方通行「大体、俺らは人を騙す為に占い屋さンやってるンじゃねェンだ」

黒子「……え?」

一方通行「いや、結果的に騙す事になったとしても、人の幸せを願ってやってる事なンだぜェ?」

黒子「そ、それはどういう事でしょう?」

麦野「つまりね……」


162:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:16:15.64 ID:TYhPgVfu0


黒子「なるほど、占いの通りに人が喜ぶことを実行し幸せにする、と」

麦野「そういうこと」

一方通行「これまでに何人か占ったけどなァ、どいつもこいつも喜ンでたンだぜェ?」

麦野「しかも占いは無料、これでもおかしい?言わばボランティアなんだけど」

一方通行「これでも詐欺だなンだって言うわけかァ?」ゴローン

黒子「……」

黒子(何という事でしょう……他人の幸せの為、無償で努力する)

黒子(占い自体はニセモノであったとしても、結果的に人を幸せにする占いならば……)



黒子「いや、でも占いが嘘っぱちならダメですの」

一方通行「……」

麦野「……」

ガシッ

一方通行「外で占いまァす」スタスタ

麦野「ちょっと話し合いましょう?」トテトテ

黒子「う、占いならばここで!話し合いならばここで!命だけは!命だけは!!」ズルズル


163:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:17:35.61 ID:TYhPgVfu0


黒子「……しゅみませんでしたの」ショボン

麦野「わかればいいのよ」ウン

黒子(ビームが、レベル5のビームが……ヒャンって……)ガタガタブルブル

一方通行「じゃ、こういうのはどォだ?」

一方通行「お前の知り合いを1人占う」

一方通行「そして、その知り合いが幸せそォにしたら俺らの仕事を認めろ」

黒子「知り合い、ですか」

麦野「そっか、この子はもう中身知っちゃってるからダメってわけね?」

一方通行「そォだ、第三者の反応を見て、下衆な仕事か素晴らしい仕事か判断してもらおうじゃねェか」

黒子(これは……一見まともな事を言ってるようですが)

黒子(実際はこの人達のさじ加減でどうとにもなる話ですわね……)

黒子(しかし……)チラ

一方通行「あン?」ギロン

麦野「え?」ギラッ

黒子(怖いので黙ってましょう、うん)ウン


165:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:18:40.72 ID:+d0iw4y+o


脅迫じゃねえかwwwww


166:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:18:49.54 ID:TYhPgVfu0


その日の夜―――。


黒子「どうしましょう……」

黒子「うーん……」ウーンウーン

美琴「黒子、どうしたの?うんうん呻って」

黒子「お姉様……占いに興味ありません?」

美琴「は?占い?」

黒子「ええ、ちょっとコネがあると言いますか、占い屋さんと知り合ったというか」

美琴「占い?」

黒子「お姉様のお子様趣味なら興味おありだと思うのですが……」

美琴「ちょっと、それどういう意味?」

黒子「お願いしますの!この黒子の命を救うと思って!」ガバァッ

美琴「ちょっ、ど、どうしたのよ!?」

黒子「連れて行かないと、私の命が、命があああああああああ!!」

美琴「黒子!?ちょっと落ち着きなさい!」ワタワタ


167:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:20:11.79 ID:TYhPgVfu0


美琴「なんだ、知り合った占い師さんに『友達連れてくる』って大見栄切って宣言したから、来てほしいと」

黒子「え、ええ、そうなんですの」

黒子(下手したら殺されるかもしれないなんて言えないですの……)

美琴「いいわ、行きましょ」

黒子「ほ、本当ですの!?」

美琴「ええ、いいわよ……黒子の頼みだもの」

黒子「ありがとうございますの!」

黒子「でも、本当はただ占いに興味津々ってわけじゃ……」

美琴「な、ち、違うわよ!そんなんじゃないし!」

美琴「大体、この科学の都市で占いなんて信じてないわよ」

黒子「……」ジー

美琴「う……」タジ


169:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:21:10.87 ID:TYhPgVfu0


次の日―――。


美琴「……ここ?」

黒子「ええ、そうですわ」

美琴「めっちゃ怪しくない?所々焦げてるし……」

黒子「さささ、行きましょう!」


ガチャ、キィ……


一方通行「占い屋さンでェす」ダラーン

麦野「あれ、常盤台の超電磁砲じゃない?」

美琴「」

一方通行「ンだよ、お前かよ超電磁砲」

黒子「えっ?」

美琴「な、あんた達……こんな所で何をしてんの!?」

一方通行「占い?」ネー

麦野「占いね」ダネ

美琴「」


170:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:22:26.35 ID:TYhPgVfu0


美琴「占い師ってあんた達の事だったの!?」

一方通行「おォ」ゴロゴロ

黒子「お姉さまとお知り合いですの?」

麦野「うーん……いや、ちょっとね」

美琴「……色々と言いたいことあるけど、空気読んで止めとくわ」

麦野「あれ、いいの?」

美琴「うん、だって話進まないじゃない」

一方通行「超電磁砲大っ人ァー、趣味以外」

美琴「うるっさい!ほら、早く占いなさいよ!!」

一方通行「はいはィー……麦のン、タロットカードォ」

麦野「む、麦のん言うな!」ハイ

美琴「……占いできるんでしょうね?」

黒子(……できませんの)


172:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:23:53.69 ID:TYhPgVfu0


一方通行「はっ、おいおい……それ聞くゥ?」ゴローン

美琴「?」

一方通行「こないだ10032号占ってやったンだぜェ?なァ?」

麦野「ええ、占い当たってすっごく喜んでたわよ?」

美琴「……本当にできるんだ」キラキラ

黒子(あ、信じきってますわねもう既に)

一方通行「よし、そこ座れ」

美琴「う、うん」スッ

一方通行「じゃ占いまァす」

美琴「……」スーハースーハー



美琴「お願いします!」キリッ

黒子(ああああ、お姉さまあああああああ!!)


173:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:26:06.54 ID:TYhPgVfu0


一方通行「ほォ……へェ……」フムフム

美琴「ど、どう?」

一方通行「うン、アレだ、あのー、うン」ウン

美琴「え?」

一方通行「明日ァ……なンか、店とか行ったら、うン」

一方通行「いい事あると思う、かなァ?」

美琴「店?」

黒子(お姉さま!気づいてくださいな!すっごくアバウトな事に!!)

美琴「もしかして……明日発売のゲコ太の限定グッズが手に入るとか!?」

黒子(そっちか!そっちに気づいたか!!)

一方通行「おォ、うン、そンな感じィ」

麦野「あー、そうね、うん」

美琴「ホントに!?」

麦野「ええ、ここの占いは的中率100%だから」フフン


174:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:27:19.51 ID:TYhPgVfu0


帰り道―――。


美琴「ふっふーんふーん」ルンルン

黒子「お姉様……本当に明日買い物行きますの?」

美琴「だって、占いが当たるかどうか行かなきゃ確かめようがないでしょ?」

黒子「それは、そうですけれど……」

美琴「限定グッズは超超レアなの!これが手に入るなら本物だわ」

美琴「だって限定5つなんだし」

黒子「それでしたら、並ばないといけないのでは?」

美琴「だからなおさらよ!」

美琴「明日学校あるから並べないし、諦めてたからね……これで手に入るなら儲けもんよー」

黒子(さすがに、これは不可能ですわね)

黒子(ふふん、詐欺は成り立たなくとも、私を脅した罪でブッ込んでやりますわ!!)ブンッ


175:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:28:19.48 ID:TYhPgVfu0


麦野「さて、どうしようか」

一方通行「えっ?」

麦野「ちょ、ちょっと!どこ行くつもり!?」

一方通行「え、帰りますけどォ?」

麦野「何その『だから何?』みたいなキョトンとした顔!」

一方通行「だってもォ帰る時間じゃねェ?」

麦野「いや、だから明日の事考えなきゃなんないでしょ?」

一方通行「なンでェ?」

麦野「アンタが超電磁砲に明日の事占ったんでしょうが!!」

一方通行「?」

麦野「はっは、第一位様は随分と物忘れが激しいようで……」ピクピク

一方通行「……?」ハァ?

麦野「オーケー、わかった……アンタ悪いけどb」

一方通行「ブ・チ・コ・ロ・シ・確定よォ?」キリッ

麦野「……」ブチッ


176:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:29:40.70 ID:TYhPgVfu0


ズドォォォォォォンッ!
ズガァァァァァァァァァァンッ!!


麦野「はぁ……はぁ……」

一方通行「おいおい、カルシウム不足じゃねェ?」ケロッ

麦野「なんで!無傷なんだよてめぇはよ!!!」

一方通行「ベクトル操作>>>>>>>>>>>>>未元物質>>>越えられない壁>>>超電磁砲>麦のん(笑)」

麦野「殺す!殺す!!面白風味のオブジェにしてやるよおおおおおおおおお!!」

一方通行「えェー……」

麦野「なんだそのツラああああああああああ!?」

一方通行「いや、女でその言葉遣い引くなァって?」

麦野「な・ん・で!そんなに冷静なのよ!ここまで怒らせたのはアンタでしょうが!!」

一方通行「いやいや、ちょっと本当、うン」イヤイヤ

麦野「何この温度差……もうなんか疲れた」ハァ


177:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:30:57.44 ID:TYhPgVfu0


麦野「もういいわ、疲れた」

一方通行「あ、はい……お疲れっしたァー」ペコリ

麦野「帰ろうとすんな!もういいってそういう意味じゃないから!!」

一方通行「いや、口の悪すぎる人と話したくないっていうかァ」ウン

麦野「何いきなりぶっちゃけてんのよ!」

一方通行「お前もったいねェよ、美人なのに」ゴロゴロ

麦野「え、ええっ?」

一方通行「スタイルもいいし、すげーいい女だと思うぜェ?」

麦野「え、そ、そう?そうかしら?」

一方通行「おォ、だからその言葉遣いで損するのはもったいねェよ……いい女なンだからよォ」

麦野「う、うん……」

一方通行「じゃ、お疲れっしたァー」ペコリ

麦野「方便か!帰る為の方便か!!」


178:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:32:13.70 ID:TYhPgVfu0


麦野「いい?その限定グッズってのをどうやって超電磁砲に手に入れさせるか決めなきゃ」

一方通行「今検索した結果、どうやら先着5名みてェだなァ」

麦野「学校が終わる頃には多分……売り切れ、よね」

一方通行「詰ンだ」ゴロン

麦野「早い!諦めるの早いわよ!!」

一方通行「どォすンだよ?」

麦野「えぇー……占ったのアンタでしょ?」

麦野「このままだとあのジャッジメントに占い屋さン潰されるわよ?」

一方通行「……ジャッジメント?」



黒子『ジャッジメントですの!』ババーン



一方通行「ぶっふぅ!くかかっ、ジャッジメントですのだってよォ……くかかかっ!」

麦野「」

一方通行「何あのドヤ顔、めっちゃムカつくンですけどォ……ぶはっ」プププ

麦野「いきなりどうしたっていうのよ……」


179:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:33:17.30 ID:TYhPgVfu0


一方通行「腹痛ェ……アイツムっカつくわァ……ひぃ、ひぃ」

麦野「ねぇ、大丈夫?主に頭」

一方通行「思いついたぜェ」

麦野「え?明日の作戦?」

一方通行「おォ」フフン

麦野「笑ってる間に何があったって言うの?……まぁいいや、で?」

一方通行「まず、その限定グッズをお前が買います」ハイ

麦野「え、私が?」

一方通行「そンで、正体バレないよォに超電磁砲に渡します」ハイ

麦野「は?」

一方通行「よし、そンな感じでェ」ウン

麦野「え?ちょ、ちょっと?」

一方通行「お疲れっしたァー」ペコリ

麦野「」


180:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:34:12.63 ID:TYhPgVfu0


次の日―――。


ガヤガヤ……

麦野「結局5時間も並びました」

麦野「それでも5番目だったので、ギリギリでした」

麦野「しかも第一位はまだ寝てるようです」イラッ




麦野「しっかし、超電磁砲もほんっとガキね」

麦野「こんなカエルのどこがいいんだか……」

麦野「……」

麦野「っていうかこんなの買ってて超恥ずかしいんですけど」ズーン


182:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:35:19.06 ID:TYhPgVfu0


放課後―――。


美琴「ふっふーんふん」テクテク

美琴「これで本当に買えたら凄いわ」

美琴「諦めてたけど、的中率100%ならちょろーっと期待しちゃうかも!」


【売り切れ】


美琴「」

美琴「……やっぱそうよね」

美琴「ふ、ふんっ!一方通行の占いなんて最初っから信じてないもんね!」

美琴「何よ……いい事あるっていうから期待してたのにさ」ブツブツ

美琴「ん?」

美琴「!」


183:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:36:26.07 ID:TYhPgVfu0


男「……」ウロウロ

美琴「あの人の手に持ってるの、限定品ゲコ太じゃない!」

美琴「でもなんか様子が変ね、困ってるみたい」

美琴「あのー、どうかしました?」

男「迷子ですの!」ババーン

美琴「えっ?」

男「あ、ええ、ゲフンゲフン……ちょっと迷っちゃってェ」

美琴「どちらに行きたいんですか?」

男「いやエレベーターどこかなァって」

美琴「ああ、エレベーターならあの店の向こう側にありますよ?」

男「あァ、どうもすいませェン」ペコリ

美琴「……」ジー

男「どうかしましたァ?」


184:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:37:36.32 ID:TYhPgVfu0


美琴「あわ!い、いえ……そのキャラクターアタシも好きなので、あははー」

男「これ、よかったらいりますゥ?」

美琴「へ!?」

男「いや彼女にプレゼントのつもりで買ったンですけどォ」

男「『こんなのいらねぇ!パリィ、パリィ!』って言われちゃって」

男「だからどうしようかなァって思ってた所なンですよォ」

美琴「え?いいんですか?」

男「うン、エレベーター教えてもらったお礼に、こンなもンでよかったらァ」スス

美琴「あ、じゃ、じゃあ!お金!お金払います!」ゴソゴソ

男「いえいえ、ほンのお礼なンで……じゃ、お疲れっしたァー」ペコリ

美琴「あ……行っちゃった」

美琴「(お疲れって何?)


185:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:38:42.75 ID:TYhPgVfu0


美琴「黒子!黒子!!」

黒子「え、どうなさいましたの?」

美琴「ホラ、これ!」

黒子「買えたのですか?」

美琴「ううん、道案内したらお礼にってくれたの!」

黒子「えぇー……怪しさ全開ですの」

美琴「そんな事ないわよ!なんかね、彼女にプレゼントで買ったらしいんだけど、別の買うことにしたんだって!」

黒子「そうでしたの……よかったですわね」

美琴「うんっ!あー、超嬉しい」キラキラ

黒子「……」

美琴「まさかコレが手に入るなんてー、えへへ」ニコニコ

美琴「占いってスゴイわねー」ニコニコ

黒子(お姉様、とても幸せそうですわね)


186:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:39:57.73 ID:TYhPgVfu0


次の日―――。


黒子「お見それいたしましたの」ドゲザ

一方通行「苦しゅうない、面を上げィ」

黒子「あんなに幸せそうなお姉様は久しぶりに見ましたわ」

一方通行「そりゃよかったなァ」ゴローン

黒子「アナタ方の占いは、本当に人を幸せにするのですね」

一方通行「これでも捕まえるかァ?」

黒子「いえ、私が間違っておりましたの、これからも頑張ってくださいな」

一方通行「なンかいう事ねェの?」

黒子「申し訳ございませんでしたわ」

一方通行「違うだろォ?」

黒子「え?」


188:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:41:12.34 ID:TYhPgVfu0


一方通行「ほらァ、腕章指差してェ……か、肩をクイッってさせてさァ……ぶふぅっ」

黒子「……こうですの?」

一方通行「もっと!もっとこう、ドヤ顔で……そ、そう!ぶはっ!」プルプル

一方通行「はい決めセリフ!そのまま決めセリフをドン!!」サンハイッ

黒子「?……ジャッジメントですの?」

一方通行「ちっげェよ!真面目にやれ!遊びじゃねェンだぞ!」プンプン

黒子「えぇー……なんで怒られたんですの?」

一方通行「はいスキルアウト来ましたー、はいっ!はい!」ハイッ

黒子「ジャッジメントですの!」ビッシー

一方通行「ぶっはァ!も、もォダメだ!くかかっかっ!ひぃっ!」

黒子「」

一方通行「ジャッジメントですの!!」ババーン

黒子「……」イラッ


189:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:43:22.93 ID:TYhPgVfu0


一方通行「なンだよそれェ!なンでそンなドヤ顔なンだよ!くははっ!」

黒子「……」イライラ

一方通行「よし、帰れ」

黒子「なんですのその切り替えの早さ!」

一方通行「ありがとなァ」ポイッ

黒子「」ベシャ

一方通行「帰れバカヤロォ!!!!」


バターーーーンッ!!!


<バーーーーーッカ!!


黒子「……」プルプル

黒子「絶っ対!許しませんのおおおおおおお!!!!」


191:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:45:01.75 ID:TYhPgVfu0


一方通行「あァ笑った笑ったァ……あン?」

麦野「……」

一方通行「まァだ怒ってやがりますかァ?」

麦野「べっつにぃー、怒ってないしぃー」

一方通行「悪かったって、買いに行かせてェ」

麦野「いや、それはいーんだけどさぁ」

麦野「『パリィ、パリィ!』って私の事よねぇ?」

一方通行「あー、勝手に彼女って名乗って悪かったよ」

麦野「違うわよ!その『パリィ=私』っていうのが納得いかないの!」

一方通行「え、だって言ってたンだろォ?」

麦野「ぐっ……」

一方通行「だからいいじゃねェか、『パリィ=麦のん』で」

麦野「麦のん言うなって言ってんでしょうが!!!」ダンダン

一方通行「あ、はい、そうですね帰りまァす」ペコリ

麦野「だぁぁぁぁぁもぉぉぉぉぉぉぉ!!!」


192:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:46:18.85 ID:TYhPgVfu0


一方通行「あ、そういえばよォ」

麦野「なに?」

一方通行「今日飯どォすンの?」

麦野「どうって……普通にアジトに戻って食べるけど?」

一方通行「ふゥン」

麦野「あれ?もしかして、誘うつもりだったかにゃーん?」ニヤニヤ

一方通行「うン」

麦野「へ?え、ええ?ど、どうして?」

一方通行「お前と2人で行きたいから」

麦野「えっ?え、ほ、本気?」

一方通行「ダメかァ?」

麦野「い、いや……ダメっていうか、アンタがど、どうしてもって言うなら……」

一方通行「まァ嘘なンですけどね」スタスタ

麦野「」


195:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:47:22.98 ID:TYhPgVfu0


数日後―――。

一方通行「暇だなァ」ゴローン

麦野「学生の街だし、平日の昼間はしょうがないのかしらね」ダラーン


ドカァァァァァァァァン!!


麦野「な、何!?」

垣根「よぉ、久しぶりだなお前ら」

一方通行「……生きてたのかてめェ」

麦野「垣根……帝督?」

垣根「おお、その節は大変お世話になりましたー」

麦野「アンタ……何しに来たの?返事によっちゃ容赦しないわよ?」ピリピリ

垣根「ははっ、バカかてめぇ?」

垣根「てめぇら2人が揃っているって聞いたんだ、やる事なんざ決まってんだろ?」

麦野「……」ゴクリ




垣根「占ってもらおうじゃねぇの」

麦野「えっ」


197:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:48:42.18 ID:TYhPgVfu0


一方通行「くかかっ……てめぇが占い屋に来るなンてなァ」

一方通行「似合わねェな、メルヘン野郎」

垣根「はっ……安心しろ、自覚してる」

一方通行「コーヒーでェす」コト

垣根「あ、すいませんね」ズズー

麦野「」



麦野「ちょっと!アンタら!!」

垣根「んだよ、原子崩し」

麦野「何仲良くコーヒー飲んでんだコラ!仮にも因縁の相手だろうが!」

一方通行「言葉遣い」

麦野「あっ、ゴメン……って違う!何で普通に接してんのよ!」

垣根「ああ?」

一方通行「お前、超電磁砲見習えよ……今回はそういうンじゃねェから」

麦野「えぇー……そういう感じ?」


198:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:50:10.99 ID:TYhPgVfu0


垣根「勘違いすんなよ?」

垣根「俺はお前らが仲良く占いやってるって聞いたから来たんだ」

麦野「いや、勘違いもなにもそういう事でしょうが」

一方通行「ほら、いいから水晶だせェ」

麦野「ったく、なんだってのよ……」ブツブツ

垣根「はん、的中率100%っつってもどーせイカサマだろうが」

一方通行「なンだと?」

麦野「それは聞き捨てならないわね」

垣根「どーせお前らの事だ、適当にモノ言ってるだけじゃねぇの?」

一方通行「てめェ……いいぜェ、今すぐ占ってやる」

麦野「疑ってすいませんでしたーとか言っても知らないからね」

垣根「はは、やってみろ三下共が」


199:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:51:14.76 ID:TYhPgVfu0


麦野「はい、水晶」ハイ

一方通行「やっぱり水晶なンざ使うまでもねェ」ミエナイシ

麦野「え?」

一方通行「この三下如き占うのに水晶は必要ねェっつったンだァ」

垣根「占い師から水晶取り上げて、占いできんのか?」ニヤニヤ

一方通行「てめェ、手ェ出しやがれ」

垣根「はははっ!何を言い出すかと思ったら……手相かよオイ」ハイ

一方通行「クカカッ、目にモノ見せてやるぜェ?」ジー

垣根「やってみろクソッタレがぁ」ドキドキ

一方通行「今のうちに強がっておくンだなァ」フムフム

垣根「上等だぜ、かかってこいや!」ソワソワ

一方通行「生命線がちょっと短ェな三下ァ」ヘー

垣根「なんだと?ナメてんのかコラ!」ウッソ



麦野「なにこのシュールな絵面」


200:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:52:22.94 ID:8JqjWnOy0


まさかの手相占いwwwwww


201:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:53:36.74 ID:TYhPgVfu0


一方通行「……ほォ、なるほどなァ」ジー

麦野「ちょっと、どうするの?」ヒソヒソ

一方通行「コイツの為にわざわざ幸せ仕組む気になれねェ」ヒソヒソ

麦野「それならダメじゃない、イカサマだってバカにされるわよ?」ヒソヒソ

一方通行「仕組まなくてもやってくる……黙って見てろォ」ヒソヒソ

垣根「オラ、どうなんだよ?何か見えたのか俺の手?」フフン

一方通行「あァ、見えた」

垣根「はは、適当な事言うじゃねーの……それで?」

一方通行「お前やべェ、最悪な結果だ」

垣根「あ?どういう事だ?」

一方通行「地獄に堕ちます」ウン

垣根「えっ」


203:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:55:03.28 ID:TYhPgVfu0


一方通行「いや、マジで」ウン

垣根「は、はぁ?なななな、何を言い出すかと思ったらららら」ガタガタブルブル

麦野「」

麦野(えぇー……動揺しすぎじゃないコイツ)

一方通行「いや、これほどやべェ結果が出たの初めてだァ」ジー

垣根「嘘、だろ?」

一方通行「悪ィが……嘘じゃねェ」

垣根「し、信じるわけねぇだろうがよ……」

麦野(超汗出てますけど)

垣根「どうすんだオイ!どうすればいいんだよ!」

垣根「俺は!せっかく復活したんだぞ!!冷蔵庫も小型化したんだぞ!」ホラ

垣根「それなのに……それなのに!!」オロローン

麦野「」

一方通行「取り乱すな、落ち着けェ」


204:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:56:18.48 ID:TYhPgVfu0


一方通行「このままじゃ、本気でお前死ぬ」

垣根「ち、ちっくしょー……まだやりてぇ事あったのに……」

一方通行「だが俺は占い屋さンだ……なァ原子崩し?」

麦野「ええ、人を幸せにするのが仕事よ」

垣根「でで、でも死ぬって出たじゃねぇか」

一方通行「安心しろォ、お前はコレを肌身離さず持ってろ……一日中な」スッ

垣根「これは?」

一方通行「俺が作ったお守りだァ、それがあれば死なずにすむ」

垣根「!」

一方通行「これを一日中持ってて、何も起きなかったら信じるよなァ?」

垣根「ほ、本当か!本当に助かるのか!?」

一方通行「本当ォ」ウン


205:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:57:41.08 ID:TYhPgVfu0


垣根「も、もしこのお守りを持ち歩かなかったら?」

一方通行「死ぬ、なンかすぐ死ぬ」ウン

垣根「マジかよ……」

一方通行「そのお守りを持ってれば、何も起こらず平和に過ごす事ができる」

麦野(こう言えば何もしなくてもいいってわけね、なるほど)ウン

垣根「い、いいのか?俺は……お前らをバカにしてたのに」

一方通行「俺は人の幸せを願う占い師……死ぬと出た奴には、生きる方法を託すのみだァ」

一方通行「絶対に……離すンじゃねェ、日付変わるまでな」キュピーン

垣根「わ、わかった!」

一方通行「これで明日まで何事もなく生きてたら、ここに来い」

麦野「お茶くらいなら出してあげるわ」

垣根「お前ら……恩に切るぜ……」オロローン

麦野(どんだけちょろいのよコイツ……)チョロローン


206:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/10(月) 23:58:51.24 ID:TYhPgVfu0


その日の夜―――。


垣根「……」ソワソワ

垣根「……」チラッ

23:58

垣根「よし、あと2分……」ソワソワ

垣根「あれからずっと部屋を出ないで篭ってた……万が一って事があるからな」

垣根「……」ソワソワ

23:59

垣根「大丈夫、俺にはこのお守りがあるんだ……」ギュッ

垣根「……」ドキドキドキ

00:00 ピーン

垣根「!」

垣根「生き、てる?はは、生きてるぜ俺は!」

垣根「う、うおおおおお!ありがとう占い師さーーーーーーん!!」

垣根「生きてて良かったああああああああああ!!」ウォォ!!


208:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:00:11.10 ID:HwRZIvms0


同時刻ーーー。

一方通行「あン?まだ起きてたのか、早く寝ろォ」

打ち止め「眠れなくて……最近占いはどうなの?ってミサカはミサカは占い師としての現状を聞いてみる」

一方通行「まァ、あれだよな、うン」

打ち止め「?」

一方通行「占ってもらって、それで結局何も起きなくても喜ぶ奴もいるンだな」

打ち止め「えー、どういう事?ってミサカはミサカはアナタの発言の意味がわからずに首を傾げてみる」

一方通行「良い事があるってだけが幸せじゃねェンだ」

一方通行「何もない、普通に生きてるだけで喜ぶ奴もいるンだよ」

打ち止め「本当にそんな人いるの?ってミサカはミサカは疑ってみる」

一方通行「ガキにはわかンねェだろうがな、特に闇で生きてた奴にとってはそうなンだよォ」

打ち止め「ふーん、なんか深イイ話だねってミサカはミサカは空気を読んでみる!」

一方通行「いやそれは無ェ、断じて無ェ」

一方通行「ほら、寝るぞクソガキ」

打ち止め「はーいってミサカはミサカはアナタのベッドにダイブーーー!」ボフン

一方通行「入ってくンじゃねェ!!」


211:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:01:32.28 ID:HwRZIvms0


次の日---。


垣根「疑ってすいませんでした」ペコリ

麦野「わかればいいのよ」フフン

垣根「助かった、お前に占ってもらってお守り貰ってなかったら、俺は今頃……」

一方通行「まァ生きててよかったじゃねェか」

垣根「イケメンだなお前……ありがとな」

一方通行「お前、幸せになれたかよォ?」

垣根「ああ、生きてるって幸せだ」

一方通行「これが占い屋さンだァ」ゴローン

垣根「素晴らしい仕事だぜ……!」

麦野「ホント単純ね……ほら、お茶飲みなさいよ」コト

垣根「ああ、麦のんマジ天使!」

一方通行「麦のんマジ天使ですの!」

麦野「バカにしてんのかてめぇら……」プルプル

垣根「麦のん照―れてるぅ」ヘイ

一方通行「へいへいへーい」ヘイ


214:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:03:05.88 ID:HwRZIvms0


麦野「よかったわね垣根、ブチコロシ確定よ」

垣根「何で俺だけ!」

一方通行<バトルボーナスゲットォ

麦野「死ねオラッ!」バシュッ

一方通行<右だ!

垣根「うぉっ!危ねぇ!」

麦野「避けんなコラッ!!」バシュッ

一方通行<左よ!

垣根「おっと!」ヒョイ

麦野「うるっさい!!」バシュンッ

一方通行「反射」ピッキーン

垣根「ふぐぅっ!」


テレレレーレーレー

チルドの拳~復活無し、単発終了~


216:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:06:30.82 ID:HwRZIvms0


次の日―――。


一方通行「おォ、早いな」ダラーン

麦野「アイテムも仕事ないからね、コーヒー」コト

一方通行「悪ィ」ズズー

一方通行「……」ジー

麦野「なに?私の顔になにかついてる?」

一方通行「お前さ、髪それ巻いてンの?」

麦野「え?うん、軽くだけど……どうかした?」

一方通行「ストレートにしてるとこ見てェ」ズズー

麦野「え、な、なんで?」

一方通行「なンでって、見たいからだろォが」ゴロゴロ

麦野「ど、どうしてもって言うなら、明日……してきてあげてもいいわよ」

一方通行「ツンデレキャラは超電磁砲で間に合ってると思いまァす」ハイ

麦野「……何がしたいのアンタ?」ピキッ


217:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:07:30.74 ID:HwRZIvms0


一方通行「いや、でも本当に似合うと思うぜェ?」ダラーン

麦野「……冗談じゃないでしょうね?」

一方通行「本当ォ」ウン

麦野「それなら、うん」

一方通行「巻いてるとどうしてもこう……盛りっ!て見えるしなァ」モリッ!

麦野「なにその新しい表現」

一方通行「重苦しいというか、なンというか」

麦野「あ、それはわかるかも」

一方通行「やっぱサラサラーっとしてた方がいいなァ」サラサラ

麦野「ちょ、ちょっと!さりげなく触らないでよ!」

麦野「あ、いや、別に触るなってわけじゃないけどね、うん」

一方通行「……」zzzz

麦野「ア・ン・タ・は!本当に何がしたいのよ!!」


219:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:08:30.60 ID:HwRZIvms0


一方通行「よし、今日も張り切って占いましょォ」

麦野「おー」




上条「あのー……」

一方通行「いらっしゃいませおはようございまァす!!」

上条「」

麦野「いや張り切るベクトル間違ってるわよ?」

上条「本当に一方通行がやってんだな」

一方通行「ンだよ、三下かァ」ダラーン

麦野「ほら、そこに座って?」

上条「え?は、はい」

麦野「?どうかした?」

上条「いえいえ、綺麗なお姉さんだなーって思いまして

麦野「えっ?」


220:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:09:55.19 ID:HwRZIvms0


上条「あ、別に変な意味はないですよ?」

上条「上条さん、綺麗なお姉さん系が好みなので、つい」

麦野「そ、そう?ありがと……」

上条「いえいえ、本当の事ですし」

一方通行「……」ジー

麦野(一方通行が見てくる……もしかして嫉妬してたり?)

一方通行「……」ジー

麦野(何だかんだ言って可愛いとこあるじゃないの)フフン




一方通行(実際年上だけどな、あははン……とか言ったら怒られっかなァ)ジー


221:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:12:53.72 ID:HwRZIvms0


上条「ビリビリ……御坂から聞いてさ、ここで占ってもらったら良い事あったっていうから来た」

一方通行「よし、さっそく占ってやる」

麦野「はい」サッ

上条「どんな占いなんだ?」

一方通行「今日は聖アミダ占いだ」

上条「ただのアミダくじにしか見えないのは気のせいでせうか」

麦野「気のせいです、完全に」

上条(でも的中率100%だしな……期待しちゃうぜ)

上条「ところで、代金は無料って本当でしょうか?」

麦野「ええ、そうだけど?」

上条「よかった、お金取られたら夕飯代なくなるとこだった」

麦野(なんという可哀相な少年)ホロリ


222:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:14:14.51 ID:HwRZIvms0


一方通行「むゥ……そうかァ……」アーミダックジー

一方通行「ふむふむゥ」アーミダックジー

上条「いつも不幸ばっかりなので、幸せ占ってもらえたら嬉しいです」

一方通行「……おーけェ、結果出た」フゥ

上条「そ、それで……?」

一方通行「金運の相が出てるな、今日の帰り道に」

上条「き、金運!?」

一方通行「恐らく金を拾う、と思うぜ?」

上条「本当か!?」

一方通行「俺を誰だと思ってンだ、『学園都市の父』だぜェ?」フフン

麦野「え、そうだったの?」

上条「的中率100%……期待していいのか?」

一方通行「当たり前だァ、絶対拾う、お前可哀相だし」ナンカ


224:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:15:39.77 ID:HwRZIvms0


上条「マジか、ありがとう!ありがとう!!」

麦野「いや、私らにお礼言われてもねぇ」

一方通行「俺はただ占っただけだしィ」

上条「よし、今日は足元に注意して帰るぜ!」

一方通行「誰かにブツからねぇよォにな」

上条「ああ、ありがとう!」ブンブン


―――。


麦野「さて、どうすんの?」

一方通行「バレないよォに、これ三下目がけてブン投げて来い」

麦野「マネーカード?いくら分?」

一方通行「5万もあれば喜ぶだろォ」ゴロゴロ

麦野「少なくない?ま、占い自体無料だからいっか」

一方通行「三下多分絡まれるから、原子崩して来てくれェ」ダラーン

麦野「わかったわ」トテトテ


226:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:16:56.08 ID:HwRZIvms0


上条「……」テクテク


ドンッ

スキルアウト「いってぇな!どこ見て歩いてんだよ!」

上条「すす、すいません!前見てなかったもんで!」

スキルアウト「正直でいいじゃねぇか、金出してもらうぜ」

上条「はあ!?い、いや……俺金持ってないです!」

スキルアウト「いいから有り金全部d」


カッ!

ボシュッ!


上条「うわっ!?」

スキルアウト「」チーン


227:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:19:06.37 ID:HwRZIvms0


上条「……あれ?一瞬光ったと思ったら……何が起きたんだ?」

上条「しかもコイツいつの間にか倒れてるし、一体何が?」



シュルルルルッ……

サクッ!


上条「いってええええええ!頭に何か刺さった!何だコレ?」ブシュッ

上条「痛ぇ……うん?マネーカード?」

上条「……これが一方通行の言ってた金運の相なのか!?」

上条「いいのか!?拾ってないけど!拾ってないけど!!!」キラキラ



麦野(これでいいのかしら?)



その日、上条さんとインデックスは涙を流しながら焼肉を食べました。


230:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:20:41.63 ID:HwRZIvms0


次の日ーーー。

麦野「お、おはよー」

一方通行「あン?」

麦野「……」ソワソワ

一方通行「おォ、やっぱストレートも似合うじゃねェの」

麦野「ほ、ホント?」

一方通行「ゆるふわ愛されガール(笑)より似合うンじゃねェ?」

麦野「ちょっとカチンとくるわね……」

一方通行「シュシュとかで横で結ンだらもっといいかもなァ」

麦野「……」セッセセッセ

麦野「ど、どう?」ジャーン

一方通行「似合う似合う、あはははー……はい、仕事ですよォ」ダラーン

麦野「……なんでこうも発展する気配がないの?」イラッ

一方通行「占い屋さンにイチャラブ要素は必要ねェ」

麦野「なんなのその無駄なこだわり」


231:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:22:13.23 ID:HwRZIvms0


麦野「ちっ……」

一方通行「拗ねンなよガキじゃねェンだからァ」ゴロゴロ

麦野「拗ねてねーし」プイ

一方通行「わっしわっしィ」ワシワシ

麦野「ちょ、か、髪型崩れるって……」

一方通行「ほら、開店準備しろ麦のん」

麦野「む、麦のん言うな!……ったく」スタスタ




一方通行「世話が焼けますねェ」ダラーン

麦野「ねぇ、もうお客さん来てるわよ」

一方通行「早いンですけどォ」エー

麦野「いや、えーじゃなくて……やる気出しなさいよ」

一方通行「ちっ……呼んで来い」


232:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:23:18.76 ID:HwRZIvms0


結標「あ、本当に占いやってるんだ」

一方通行「ンだよ、てめェかよ」ゴローン

結標「最近顔出さないと思ってたら、本格的にこっちやってんのね」

一方通行「お前も占って欲しいのかァ?」

結標「何のために来たと思ってんのよ」



麦野(なにこの女?知り合いとか?)

麦野(胸は……私の方があるかな)フフン

麦野(でも足綺麗ねー、羨ましいわ……)ズーン



一方通行「おい、聞いてンのかァ?」

麦野「はにゃっ!?な、何!?」

一方通行「聞いとけよ人の話ィ」


233:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:24:15.83 ID:HwRZIvms0


麦野「ご、ゴメン」

一方通行「だからァ、ちょっと耳貸せってェの」ズイ

麦野「え、え?」

一方通行「いいか、頼みがあンだけどなァ」ヒソヒソ

麦野「う、うん……何?」ヒソヒソ

一方通行「ちょっとこれから言う事大至急調べて来い」ヒソヒソ

麦野「え?わかったわ」ヒソヒソ




一方通行「いやー、最近暑いですねェ」ネェ

結標「え、ちょっと、早く始めてよ占い」

一方通行「今水晶取りに行ってるからちょっと待てェ」

結標「ふーん、別にいいけどね」


234:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:25:26.05 ID:HwRZIvms0


麦野「これでいい?」ヒソヒソ

一方通行「おォ、サンキュー」ヒソヒソ

一方通行「じゃ始めるぞ」サッサッサ

結標「水晶取りに行ったのに水晶使わないの?」

一方通行「『思わせぶりなだけで水晶使わない占い』なンだよ」サッサッサ

結標(なんだろ、ちょっとムカつく)

一方通行「……」ムゥ

一方通行「ふむ、おっけェだ」

結標「ど、どう?」

一方通行「今日の午後3時頃、噴水公園に行け」

一方通行「そこのベンチで座ってれば、お前にとってきっと良い事がある」ウン

結標「本当?にわかに信じがたいわね……」

一方通行「いいから信じて行ってみろォ」

結標「午後3時ね、わかったわ」ガタン




麦野「ねぇ、本当にあんな事でいいの?」

一方通行「幸せは人それぞれだぜェ」ゴローン


235:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2011/01/11(火) 00:26:38.87 ID:HwRZIvms0


午後3時、噴水公園―――。


結標「……何も起きないじゃない」

結標「あーあ、何か損した気分……!!!??」


キャッキャッ……ワー!


保母さん「みんなー、あんまり遠くに行ったらダメですよー!」

<ハーイ!


キャッキャッ!


結標「oh……ふぅ」

結標「何てこと……まさか、こんなヴァルハラに巡り会えるなんて!」

結標「一方通行の事だからデタラメだなんて思ってたけど……」


<ワー!キャハハハッ

結標「ありがとう占い屋さン、私とても幸せでs……ふぅ」




前編:一方通行「占い屋さンでェす」後編


    スポンサーサイト一方通行「占い屋さンでェす」前編のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。