スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マミ「え?佐倉さんに家がないから泊めてあげてほしい?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/04/20 20:00
7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 21:54:58.38 ID:reYaimwp0


杏子「知っての通り、私は公式設定からして少なくとも見滝原滞在中は帰る家が無い家無き子なんだ」

マミ「知らないわよそんな話…」

杏子「wikipediaにも『見滝原滞在中はどこかのホテルらしき所で宿泊している。普段は学校にも行かずゲームセンター等で屯っている。
』って書いてあるだろ」

マミ「それでなんで家に来るのよ…暁美ほむらなり鹿目まどかさんなり当ては他にあるでしょうに」

杏子「…一度はあげて貰ったさ。でも……」グスッグスッ

マミ「えっ」

杏子「『お前洗ってない佐倉杏子の臭いがするんだよ!』って言われて、泣いて逃げてきちゃったww」ヒックヒック

マミ「」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:02:42.21 ID:reYaimwp0


杏子「私だってさ、年頃の女の子なんだよ…ちゃんと二日に一回は風呂も入るし、そうで無い日もシャワーくらい……」グスッ

マミ「じゃ、じゃあなんでそんなこと」

杏子「『ホテルや銭湯の備え付けのシャンプー使ってるとか無いわーww』って言ってた…」ズビ チーン

マミ「…ふぅ、とりあえずあがりなさいよ」テキパキ

杏子「…え?」メソメソ

マミ「寝る場所だけとりあえず用意しちゃうから、あなたはお風呂使ってて」

杏子「そ、それじゃあ…」

マミ「…私もね、メーカー品のシャンプーは使わないのよ」キラッ☆

杏子「ありがとう、ありがとうマミッ!」ガシッ ズビビ

マミ「鼻水拭きなさいよ」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:13:10.72 ID:reYaimwp0


~何故か二人そろって入浴中~

マミ(しかし困ったわね、ネタ振りに応じたはいいものの、どういう経緯で私が生存ルートかつ佐倉杏子を佐倉さんと呼んじゃう関係なのか不明瞭だわ)

マミ(というわけでいっそ安価形式にしたいわけだけど、見てる人がいなければそれも成り立たないわね……)

杏子「?…どうしたのマミ?何か悩み事か?」じゃぶじゃぶ

マミ「ちょっとね。今後の私達のとるべき動きについて…」ワシャワシャ

杏子「…マミは優しいんだな。本当に私なんかを家に置いてくれるつもりなんだ」ちゃぽん

マミ「当たり前じゃない。仲間外れにされた辛さは、私だって痛いほど知ってるもの」ワシャワシャ

杏子「どういうことさ」ぴちゃぴちゃ

マミ「ん、普通にしようとしてもね。魔法少女だと学校の中でも浮く事が、偶にあるのよ」ザバァー


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:22:50.39 ID:reYaimwp0


~風呂上りMILKTIME~

きゅっぽん

マミ「んっ、んっ、ぷはぁー」

杏子「んっ、んっ、ぷはぁ~」

マミ「雪印のMILKは最高ね!」フキフキ

杏子「牛乳なんて久々に飲んだけど、こんなにいいものだったんだな!」フキフキ

マミ「……あなた、一日三食しっかり食べれてるの?」

杏子「その点は心配ないぜ。知ってるか?腹が減ったら店の前で指差しながら大泣きすれば、大体のものは手に入るんだぜ?」エッヘン

マミ「…人としてというか、この歳でそれはどうなのよ」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:28:10.90 ID:reYaimwp0


杏子「あ、あとお巡りさん。お巡りさんは最高だな!」キラキラ

マミ「どうせ寝床もご飯も出してくれるー、とか言うつもりなんでしょ」

杏子「いや、それはパターンAだな。もう一タイプ別の分類のお巡りさんもいるんだよ」

マミ「(結局それはそれで正解なのね…)例えばどんな?」

杏子「私に職質という名の性的行為を迫ってきたとき、大声で叫べば周辺住民が(ry」

マミ「結局それって、乞食街道まっしぐらじゃない!」バンッ

杏子「え?駄目?」

マミ「当たり前よ!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:33:22.97 ID:reYaimwp0


マミ(!)

杏子(!)

マミ「魔女の反応…すぐ近くね!行きましょう」シュル

杏子「くそ、人が新しい寄生先を見つけたって言うのに、今夜は寝かせない気か~?」チャキ

マミ「なんか聞き捨てならない事言ったかしら」

魔女の出現ポイント >>17


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:35:06.01 ID:wmusWDJBi


ほむホーム


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:41:51.77 ID:reYaimwp0


マミ「な、ここは…?」

杏子「暁美ほむらの家だ!しかも、ウジャウジャいやがるぞ!」

モソモソ キュッポン

ほむら「これは私の戦いよ、邪魔しないでもらえるかしら」ボロ

マミ「邪魔も何も、見た限り7~8体はいる魔女相手に、今のあなたじゃ無理でしょ」

杏子「そもそも、どうやってこんなにたくさん獲物を連れて来たんだよ!」


ほむら「それは私の所持していたグリーフシードが>>23で孵化したからよ」


23: 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 :2011/04/15(金) 22:44:56.12 ID:H51SMcIS0


ほむホーム


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:52:50.13 ID:reYaimwp0


ほむら「それは私の所持していたグリーフシードがほむホームで孵化したからよ」

マミ「いや、意味わかんないわよ。その説明じゃ」ドワォォォ!

杏子「とりあえず全部片付けちまうからな?」ズワォォォ!

ほむら「まぁ、やりたいなら勝手に倒してもらっても構わないわ」ボロボロ

マミ「フフ、素直じゃないのね」デヤァァァ!

杏子「そういう奴だからな。しょうがないだろ」セイヤァァァ!

ほむら「ほむ……!アレは!」


ほむほむがほむホーム結界内で目にした光景 >>27


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 22:53:57.35 ID:65UAKZsm0


まどかの部屋


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:03:15.65 ID:reYaimwp0


ほむら「まどかの……お部屋?まどルーム?」フラフラ


杏子「おい、マミ!なんかアイツ、ブツブツ言いながらどっか行こうとしてるぞ!」アトニヒキィィ!

マミ「放っておきましょう。打ち所が悪くて夢でも見てるんでしょう」アトイッピキィィィ!

――――――――


ほむら「かくかくしかじか、魔女の発生させた結界による次元的位相的なんたらかんたらで、まどかのマイルームと私のマイホームが合体してしまったわ」

まどか「……」スゥスゥ

ほむら「幸いにも今は夜。まどかはまだ寝ていて事態に気付いていない」

ドワォォズワォォ

ほむら「巴マミと佐倉杏子はまだ二人でお楽しみ中のようです」ニンマリ

ほむら「……さあまどか!目が覚めるまえに私にぺろぺろされようね!チュッチュされようね!>>31されようね!」

まどか(寝言)「>>32」


31: 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 :2011/04/15(金) 23:05:43.07 ID:H51SMcIS0


スカルファック


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:05:44.65 ID:q6DWu27x0


アナルファック


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:15:45.51 ID:reYaimwp0


ほむら「スカルファックされようね!」

まどか(寝言)「アーナールファック!」ムニャムニャ


――――――――


杏子「一通り終わったから様子を見に来たら、知り合いが知り合いを夜這いしてる件」

マミ「いや、とりあえず止めましょうよ。暁美さん!>>41


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:19:44.26 ID:yWzJ50qJ0


ティロ・フィナーレ!!


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:23:59.34 ID:reYaimwp0


マミ「ティロ・フィナーレ!!」

ドワォォォォォ!!

ほむら「けほっ」

杏子「ほむホームまで半壊してやがる…」

まどか「……うにゅ?あれ、ほむらちゃん。また私の夢に遊びに来たの?」

ほむら「>>47」ハァハァ

マミ「…しょうがない子ね、暁美さんにはここで>>51」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:27:45.71 ID:rQYdrVeI0


オレハクサマヲムッコロス!


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:33:10.52 ID:PlqmhvqCO


どうしてこうなったwww


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:38:32.26 ID:reYaimwp0


ほむら「ハァハァ、まどか!オレハクサマヲ」バーン! ドサッ      ムクッ

マミ「死んでもらうしかないじゃない!」

ほむら「ちょ」ターン! バタリ      ムクリ

杏子「どういう生態してたら脳天2回もブチ抜かれても立てるんだよ!」



ほむら「……長い話になるわ。その秘密は、ソウルジェムと魔法少女システムに隠されている」

暁美ほむらは全てを打ち明け、皆との結束を強めた。
そして数日後、そこには元気に契約するまどかの姿が!

まどか「もう何があっても挫けたりしないよ」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:47:39.10 ID:reYaimwp0


ほむら「まどか、どうして契約したりしたのよ!バカバカ、まどかのバカ!」

まどか「私ね、どうしても叶えたい願いがあったんだ」

ほむら「自分の命と引き換えにしてまで、何を叶えたかったって言うのよ!」

まどか「金銀財宝と不老不死と満漢全席と全知全能をお願いしたんだ」

ほむら「」


その後、鹿目神の神秘の力で全ての魔法少女は運命から解き放たれ、全ての魔女は浄化された。
ほむらは文字通りに女神となった友人の祀られている神社の巫女さんとなり、末永く幸せに暮らしましたとさ。
おしまい


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:47:58.92 ID:+lku+osWO


何か効果音から石川賢臭が


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:52:38.49 ID:reYaimwp0


>>56
vipで突っ込まれたの初めてだわ

うん、安価って怖いね。


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/15(金) 23:51:44.60 ID:5SKK6S0o0


ワロタwwwww



    スポンサーサイトマミ「え?佐倉さんに家がないから泊めてあげてほしい?」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。