スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐天「初春を金属バットで殴り続けると死ぬ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2010/11/20 16:48
佐天「初春を金属バットで殴り続けると死ぬ」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:46:00.05 ID:e9bMQGwo0

佐天「う~~~~~い~~~~~は~~~~~る~~~~~!」

ヒュン

初春「えっ?」

ガシッ

初春「あべしっ!」



初春「はぁ……あっ……なんですか佐天さんいきなり……っ!」

佐天「あははーごめんごめんw」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:51:59.09 ID:e9bMQGwo0

初春「初春ー鼻血でてるよーw」

初春「さ、佐天さんがそのバットで殴ったからでしょう!」

佐天「ほら、拭いてあげるから目つぶってw」

初春「え?は、はい……」パチクリ


ヒュン

初春「あっっっ!!」

ボゴッ

佐天「ただしもう10発殴ってからーw」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:56:46.93 ID:UP2w7TDoO

初春可愛い…
殴られても素直に従う純情乙女の初春可愛い…
もっとボコボコにしてくれ
勃起してるから


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:59:10.07 ID:e9bMQGwo0

初春「あ……ばんでぇ……」

佐天「まだまだー!」

ヒュン ボゴン

初春「あっ!!」

ヒュン ボゴン

初春「いだい!!!」

ヒュン ボゴン

初春「もう……やべでぇ……!」

ヒュン ボゴン

ヒュン ボゴン

ヒュン ボゴン


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:11:35.50 ID:e9bMQGwo0

佐天「あははあははあははあははー!」

ヒュン ボゴン

ヒュン ボゴン

初春「ぁっ………ぁっ………」

佐天「初春の顔血まみれで膨れ上がってるーw」

佐天「苺ジャムぶちまけた黒コゲアンパンマンって感じw」

佐天「面白ーいw」

初春「ぁ゛………………」

佐天「可愛い顔が台無しだねーそんなんじゃ一生男の子にモテないやw」

初春「ひ……ひぼぃで…ず……ざでん゛ざん゛……」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:14:52.60 ID:rQ1nWmSN0

マジキチ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:26:45.14 ID:WkbwomMT0

マジキチ支援


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:29:19.54 ID:e9bMQGwo0

佐天「うふふ、もう少しだから初春耐えてー」

初春「っぁ゛………………」


佐天「動かないでねーそのお花のヘルメット目掛けて撃ってあげるから」

初春「やべ……で」


佐天「せーーーーの!」


ヒュン!


ガチン!!!


初春「あ゛っーーー!!」

ドピュッ

佐天「うわっー!なんかでた!」


ドクドク


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:38:04.40 ID:e9bMQGwo0

佐天「な、なにこれ……」

ドクドク

ドクドク

佐天「た、たくさんでてくる」

佐天「う、初春ジャッジメントなのに…道を汚しちゃ駄目じゃないかっ」

初春「」

佐天「おーい……初春ー……」

初春「」

佐天「じょ、冗談でしょ?」

初春「」

佐天「うわっーーーーー!!初春が死んじゃったーーーー!!」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:44:20.10 ID:e9bMQGwo0

佐天「そんな」

佐天「こんなのってない」

佐天「しくしく」



ヒュン!


黒子「ジャッジメントですの!」


佐天「し、白井さん!」



黒子「道で少女がバットで人を殴打してると通報がありましたの!」

黒子「まさか…それが……佐天さんだとは……」

佐天「ち、違うんですこれは」

黒子「言い訳無用!例え昨日までの友といえどもお縄に着いていただきますわ!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:53:24.66 ID:e9bMQGwo0

屍「」

ゴロッ

黒子「もはや人の顔という原型を留めていないではないですか……!」

黒子「なんと残酷非道なことをするんですの…!」

黒子「許しませんわ!」

佐天「違うんです!!これは!!」


佐天「これは初春なんです!!」

黒子「へ?」

佐天「ほ、ほら血と脳みそに混じってわかりにくいかも知れませんが」

グチョグチョ

グチョグチョ

佐天「ほら!この花ビラが証拠です!!」

黒子「なんと」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:59:27.15 ID:e9bMQGwo0

黒子「初春だったんですのwww」

佐天「そ、そうなんですよー」

黒子「なんだーww黒子勘違いしてましたの」

佐天「あははーw」

黒子「まったくっジャッジメントとして日ごろの鍛錬が足りないからこんなことで死んでしまうのですの」

佐天「でも御免なさい……殺してしまうつもりはなかったんです」

黒子「そんな嘆かなくても……」

黒子「あなたの能力を使えば全て元通りですの」

佐天「あ、そうか!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:00:15.62 ID:5efCyzvH0

なんとwww


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:07:45.67 ID:jGlrj8Yi0

また1つ佐天さんに能力が付与されたかwww


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:10:20.20 ID:e9bMQGwo0

佐天「冥土返し(ヘル・リピーター)!!」

ざわざわ

黒子「花が再び命を取り戻していく…」

ピカーーーーーー

佐天「奇跡よ!!いまここにその神秘を示せ!そして……私の罪を浄化しろっーーー!!!!」

黒子「なんてすごい能力ですの……」

ゴゴゴゴゴ・・・・・・


初春「はっ!」

佐天「いやー初春どっか別の世界に行ってたみたいだねー」

初春「わたしはどこにも行ってません!」

黒子(いや行ってましたの)


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:20:33.49 ID:e9bMQGwo0

黒子「それにしても佐天さんの能力は便利ですのね」

佐天「いやーそれほどでもあるけどwでも白井さんのだって便利じゃないですかw」

黒子「私のなんて佐天さんのに比べたらゴミみたいなものですのw」

佐天「まあ、能力って結局運ですからねーwぶっちゃけw 糞みたいな能力配付されちゃった人哀れで仕方ないっすw」

黒子「ですのーww」

初春「……」

黒子「そんなすごい能力の持ち主の佐天さんにお願いがありますの」

佐天「なんですか?」

黒子「実は」ゴニョゴニョ


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:26:56.70 ID:e9bMQGwo0

佐天「あははw面白そーもちろんいいですよw」

黒子「助かりますのー」

初春「?なんですかヒソヒソ話して」

黒子「ジャッジメントの戦闘訓練のお願いをしていましたの」

黒子「あなたと違って私のような前線班はこの手の訓練が欠かせませんの」

黒子「そこで実際の人体を用いた戦闘訓練を行う際のその攻撃対象物の修復を佐天さんにお願いしましたの」

初春「どういうことでしょう……」

黒子「こういうことですの!」

ヒュン!


初春「ああ゛っっづ!!!!」

初春「手、手にいきなり棒が!!」

黒子「あなたに実験代になってもらいたいんですの」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:31:00.27 ID:e9bMQGwo0

初春「そんなの嫌です!!」

黒子「あなたの意思など聞いてませんの」

初春「嫌です!!私痛いのいやです!!」

佐天「こらこらー初春、我がまま言わないの」

初春「やだあああ!!!痛いのいやあああああああ!!」

佐天「私が生き返らせてあげるから大丈夫だってー」

初春「そんな何度もし、死にたくない!!!もう怖いのやだ!!!!!」


ダッ


佐天「あ、逃げた」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:36:05.92 ID:e9bMQGwo0

黒子「逃がしませんの!」

ヒュン

佐天「うわ!いきなり壁が現れた!」

ドン

佐天「初春の上半身が壁の中に埋まっちゃったー」

佐天「さっそく死んじゃう」

黒子「心配御無用ですの、壁の裏側をごらんなさいな」

佐天「あ!」

初春「な、なんですかこれ!動けない!」

佐天「上半身はこっちからでてるのかー」

黒子「能力の応用ですの」

佐天「すごい」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:41:07.32 ID:e9bMQGwo0

佐天「でも、壁から制服のスカート履いた下半身だけがでてる画ってなんか……」

佐天「Hですねw」

黒子「ですのw」

黒子「今度、御姉さまも嵌めてみますのw」

初春「出してっっ誰か助けてください!!!!」

佐天「初春ーそろそろ覚悟きめなよw」

ペロン


初春「きゃっ!!」

佐天「えへへ、これスカート捲り放題じゃんw」

初春「やめてぇ!!!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:51:48.69 ID:e9bMQGwo0

黒子「ほら、初春舌をだしなさいな」

グイッ

初春「フガッ や、やべでくだざい゛……」

黒子「この棒が見えますの…?さてこれをどこから生やしてさしあげましょうか」

初春「やぁ……っ……やぁ……」ボロボロ

黒子「泣いても無駄ですの」

黒子「それともそのまなこに蓋して涙止めて差し上げましょうかw」

佐天「そんなことしたらすぐ死んじゃいますよーw白井さん」

佐天「もっとたっぷり楽しまないと」

黒子「ですのですのw」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:59:45.18 ID:e9bMQGwo0

黒子「では、まず手始めに肩いきますの」

ヒュン!

グサッ

初春「あああああぁぁ!!」

黒子「次は、背中!」

ヒュン!  グサッ

初春「ぐぇっ…!」

黒子「次は……耳!」

ヒュン!  グサッ

初春「いだぃ!!!!!」

黒子「お似合いのピアスですのよw」

初春「いだい…!いだいでず!!!ぼうやべてぐだざあ゛い゛……」ボロボロ

佐天「あはは~初春泣き真似上手~」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 22:05:42.03 ID:e9bMQGwo0

黒子「次はそのお胸を狙ってみましょうか」

佐天「うわーそれ行っちゃいますか」

黒子「的が小さくて当てづらいですの」

ヒュン! グサッ

初春「ああ゛っっづっづ!!」

メクリ

佐天「あ、ちゃんと貫いてますよ!」

黒子「当然ですの」

佐天「初春のおっぱいお団子みたいに串刺しになってるよー」

初春「
ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 23:53:25.72 ID:e9bMQGwo0

黒子「次は……太腿ですの!」

ヒュン!

初春「あ゛あ゛あ゛あ゛か゛は゛ぁっ゛ぁ゛!!!!」

グサッ

黒子「あ、しまったですの、ずれてしまいましたですの」

佐天「白井さんわざとでしょーw」

黒子「ですのですのw」


初春「ああああああ゛゛いだい゛いだい゛よぉっぉぉぉお!!!」

佐天「初春小股からなんか生やしてるー」

佐天「男の子になっちゃたのかなぁ?」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:01:20.14 ID:sSpFqA2e0

佐天「うわーちょっと同じ女の子としてこの画は辛いです……」

黒子「少しやりすぎましたの」

佐天「だって○○○○にあんな鉄の棒が深々刺さってるなんて……」

佐天「見ててブルー入りますね…」

黒子「血がいっぱいでてますの……」

ドクドク

佐天「初春ータンポン貸してあげようか?」

初春「ああ……抜いで…抜いでぐだざぁ゛い゛い゛」

佐天「ほら!初春○○○○に力入れて押し出すんだ!」

初春「あ゛あ゛っ…………」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:06:37.96 ID:sSpFqA2e0

佐天「よーし待っててね!初春今取ってあげるからね!」

黒子「佐天さんは優しいですの」

初春「ぁ゛づ………おがあ゛ざん……おがあ゛ざん……」

佐天「ふん!ふん!」

ヒュン ヒュン

黒子「そのバットでどうしますの?」

佐天「これでお尻のほうを思いっきり叩いて押し出すんですよw」

黒子「なるほど!天才ですの!」


初春「おがあ゛ざん……だずげで……」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:14:55.77 ID:sSpFqA2e0

佐天「スカートとパンツを脱がしてと……」

佐天「初春の綺麗なお尻こんー!」

初春「やぁ……っぅ……」

佐天「んじゃいくよ~初春!きばってきばって!」

佐天「そ~れ!」

ヒュン

バチン!!!!


初春「あ゛゛゛っづああ!!!!」

黒子「あ!少し出てきましたの!」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:17:44.93 ID:sSpFqA2e0

佐天「もういっちょ!!」

ヒュン  バチン!!!!

初春「ああああああああああ゛あ゛あ゛あ゛……!っぁ……!」

佐天「聞きわけの悪い悪い子には~~~」

佐天「お仕置き!」

ヒュン  バチン!!!!

初春「い゛だい゛!!!い゛だい゛でず!!!ぼうやべでぐだざい゛!!」

佐天「あはははっはははははっはははははははっははははははっはははははっはははははっはははははっははははしゃっは」

黒子「あはははははっはしゃはははっはははははははっはははははっははははっははははははっはははっはははですの」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:19:22.67 ID:ZlKFKZr30

どSな佐天さんもかわいい///


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:20:55.71 ID:sSpFqA2e0

佐天「あはははははっははははは!!!」

ヒュン  バチン!!!!

ヒュン  バチン!!!!

ヒュン  バチン!!!!

ヒュン  バチン!!!!

佐天「あれー?なかなか取れる音が聞こえないなー?」

佐天「白井さーん、今どんな感じですか?」


佐天「……って白井さん!」

黒子「ですのw」

佐天「そっちから押さえちゃ駄目じゃないですかwww」

黒子「ですのですのw」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:25:07.59 ID:jS8PXpJRO

マジキチ


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:26:09.83 ID:sSpFqA2e0

佐天「あーあ、白井さんがそっちから押さえたせいで完全に体内に差し込まれちゃったー」

黒子「ごめんなさいですの…よかれとおもったんですの」

佐天「謝るなら初春に謝ってください!!」

佐天「ほら見ろー初春」

ガシッ

佐天「完全に初春の○○○○の奥まで到達しちゃってるよー」

佐天「初春、赤ちゃんできない体になっちゃったー」

初春「ぁ……………………」

黒子「ごめんですのw」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:33:20.50 ID:XGyc46mf0

狂ってる系のを期待してたらマジ物の基地害すれかよwwwww
あははははははははは


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:34:30.80 ID:sSpFqA2e0

佐天「あれ…?初春大丈夫ー」

グリグリ

初春「ぁ………づ」

黒子「まだぎりぎり息はあるみたいですの」

佐天「すごいな!初春!」

初春「ば……マ……マ……」

初春「パ……パァ……」

佐天「よーし頑張った初春には御褒美だー」

佐天「白井さん!その鉄の棒貸して下さい!」

黒子「ですの」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:39:37.68 ID:sSpFqA2e0

佐天「いくよー!そーれ!」

グサッ

佐天「はいお尻の穴、もう一つプレゼントーwこれでうんちの時便利だねw」

初春「がっ……………」

黒子「私もですの」

黒子「指をテレポートで全部飛ばしてあげましょう」

ヒュン ヒュン ヒュン  ヒュン ヒュン

ヒュン ヒュン ヒュン  ヒュン ヒュン

黒子「これでジャンケンの時迷わなくてすみますのw」

佐天「ちょwそれじゃあお尻拭けないじゃないですかw」

黒子「ですのww」

初春「…………………………」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:42:48.05 ID:sSpFqA2e0

佐天「そーれ!もう体に穴いっぱいあけちゃえーw」

黒子「ですのw」

グサッ グサッ グサッ グサッ グサッ

佐天「風通しよくしてあげなくちゃw」

グサッ グサッ グサッ グサッ グサッ

黒子「なんだかこうやって棒を差してると……」

佐天「あ、なんかゲームみたいですよねw」

佐天「初春危機一髪w」

グサッ グサッ グサッ グサッ グサッ

グサッ グサッ グサッ グサッ グサッ

グサッ グサッ グサッ グサッ グサッ


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:45:28.67 ID:sSpFqA2e0

佐天「よーし最後の一本は……!」

佐天「このお顔に!」

佐天「えい!!」

ズボッ

ポーーーーン

佐天「うわつ!」

佐天「か、顔がいきなり飛びあげた!!」

黒子「佐天さんの負けですのw」

佐天「テレポート?ww」

黒子「ですのwww」


ドタッ ゴロリ


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:50:21.08 ID:sSpFqA2e0

佐天「よーしそれじゃあ!そろそろ」

黒子「ですのー」

佐天「せーの」



佐天「もっとにもっど~れ♪」


おわり


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:55:27.53 ID:gv/FgafSP

ひどいマジキチスレだった


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:54:54.69 ID:26HnRfPN0

ですのですのwwwwwwww


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:56:34.84 ID:DGH6Wg6C0

脳内再生が余裕でできた俺が怖い


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 03:34:43.12 ID:spy/KZk90

新しい世界が、そこにあっ~た~(ウルルン風



    スポンサーサイト佐天「初春を金属バットで殴り続けると死ぬ」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2010/11/20(土) 19:30:06.00 ID:SSJUNKIE4
  2. マジキチ
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。