唯「りっちゃん今日こそ一緒に寝ようよぉ~・・・」 

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (2) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/05/01 19:30
1:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/23(土) 00:56:55.29 ID:hr9jZaH30


律「・・・・ん?なんか言ったか?」ファア

唯「聞こえてるくせにぃ・・・」ファア

律「・・・・つられあくび?」

唯「・・・・うん」


2:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/23(土) 01:07:59.20 ID:hr9jZaH30


律「・・・昨日ってか、もう今日だけど、全然寝てないもんな・・・・どっかの誰かさんのせいでぇ~~」

唯「・・・・」

律「結局あのまま2人で眠っちゃって・・・・、
  お前が『パジャマ姿で朝の街で歩きたくない』とか『憂が心配するから起きてくる前に帰る』とか駄々こねて・・・・」

唯「・・・」

律「・・・・就寝3時、起床4時・・・・と」

唯「起きたのは4時半だよ、りっちゃん」

律「・・・・こまけーことはいいんだよ。で」

唯「・・・で?」

律「お前はどうせその後またねたんだろ?自分の家のベッドで」

唯「・・・・するどいですね」テヘヘ

律「はぁ~~~」

唯「なんのため息でしょうか」

律「私はお前を家に送って、家に帰ったんですよ」

唯「ほうほう」

律「家に帰ったら、もう5時半ね!5時半!!!」

律「つまりね、なにが言いたいかっていうと!!」

律「私はまったく ね て な い の !!!」

唯「あっら~~~・・・やっぱ、寄り道してコンビニ行ったのがまずかったかな?」

律「ほんとだよ、まったく・・・」

唯「でも、コンビニよろうって言いだしたのはりっちゃんだよ?」

律「・・・・・そうだっけ」

唯「そうです」


3:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/23(土) 01:26:52.10 ID:hr9jZaH30


律「・・・・」

律「・・・・ほんとにそうだっけ」

唯「ほんとにそうでした」

律「(眠たくて頭ガンガンしてたからあんま覚えてないな)」

律「ちょっと話題変えません?」

唯「いいよ?なに?」

律「寝てもいい?」

唯「やだ」

律「・・・・・ねてもいい?」

唯「だめ」

律「寝たいんだけど」

唯「授業中たくさん寝たでしょ?見てたよ?」

律「まじかよ・・・てか、授業中寝てたのはしかたないだろ。あの眠気には勝てる気がまったくしなかったね!!ああ、しなかった!!!」

唯「まぁ、私も寝てたから人のこといえないんですけどね!!」

律「いばるなよ・・・・」

唯「うん・・・・なんか自分で言ってむなしい」


4:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/23(土) 01:46:52.89 ID:hr9jZaH30


唯「まぁ、とりあえず!!ねぇ!!!」

律「なんでしょう。嫌な予感しかしないけど一応きこうじゃないか」

唯「りっちゃん今日こそ一緒に寝ようよぉ~・・・」スリスリスリスリ

律「・・・・・だからって・・・・また人ん家に不法侵入したんか・・・」

律「今もう夜中の1時だぞ・・・そしてまた・・・パジャマの文字!!なんだそれ」

唯「えへへ~~今日は『かわうそ』だよぉ~~~かわいいでしょ~~~」

律「いや、まったくかわいいの『か』の字も私にはわからん」

唯「ひどい・・・・」

律「てか、憂ちゃんにはバレてないのか?」

唯「・・・・・」ピュ~ピュ~

律「こらこらこらこ~ら、あからさまに口笛吹いて視線をそらすんじゃない!!!」

唯「んもう~~~りっちゃんに会いたいからきたのにりっちゃん、またいじわるなんだもん!!!」

律「いや、普通に危ないだろ!?夜中に1人で外うろつくとか!!!なんでそんな危ないことわざわざするんだよ!!」

唯「だってぇぇ・・・・」

律「なんだよ・・・・」

唯「昨日は次の日学校が会ったからダメってりっちゃん言ったよね?」

律「ん?あぁ・・・・そうだな・・・・」

唯「今は金曜日の真夜中なのです。そして明日は学校はお休み!!!」

律「・・・・もしかして」

唯「・・・・ダメかな?りっちゃん・・・?///」

律「・・・・なにがでしょうか・・・・」

唯「昨日の続き・・・・しよ?////」


5:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/23(土) 02:14:03.99 ID:hr9jZaH30


律「んなっ!?////」

唯「だって、昨日は学校があったからりっちゃんはダメっていったんなら今日はもういいんでしょう?」

律「そ、そりゃ・・・そうだけど・・・・その・・・・////」

唯「なに?やっぱりりっちゃんってヘタレなの?」

律「ばっ!?ち、ちがうし!!!てか、ヘタレはやめい!!!」

律「というかな、その、・・・・ゆい」

唯「ん?なに?」

律「あのな・・・・」

唯「うん」

律「私、女なんだけど、唯のはじめて奪っていいのか・・・・!?」ゴクリ

唯「・・・・・えっ」

律「いや、えってなんだよ、結構なくらい真面目に話してんだけど」

唯「当たり前じゃん」

律「・・・・あたりまえですか」

唯「うん。逆になんでそんなにいまさらあらたまっっちゃってるの?りっちゃんは」

律「逆にお前はなんでそんなに冷静なんですか」

唯「だって・・・私、りっちゃんのこと大好きだから。ただそれだけだけど、それ以上な理由ってなにかある?」

律「・・・・っ!?」

唯「あるならその理由、私に教えてほしいなぁ~~~・・・・・」

律「・・・・・」

唯「照れた?」

律「・・・・って、てれてないし・・・・////」

唯「りっちゃんも私のこと好きならもう、・・・・自分の気持ちにいいわけなんていらないよね」

律「(ここで上目づかいきますかーーそうですかぁあああ!!!!)」

律「(くっそ・・・・)」チラッ

律「(もう胸にしか目がいかない自分がなさけないっ//////)」

唯「ね?」

律「(首かしげるとか、もう、かわいすぎてだめだぁ///////)」


12:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 00:21:37.99 ID:bgOwNMo60


律「ゆい・・・・」

唯「・・・・りっちゃん」









唯「・・・・りっちゃん」

律「・・・・はい」

唯「なんでちゅーしてくれないの?今わたし待ってたよ!?」

唯「1人で目つぶって待ってたよ!!」

律「うん見てた」

唯「いや、見てないでしてよ!!!」

律「いや、ちょっとまった、唯、ちょっとまった」

唯「・・・・なに?」

律「あのさ・・・・私たち・・・ちょっとすっとばしてないかな?」

唯「・・・・なにを?」

律「いや、その・・・・恋人としてのステップをさ、こう2、3段飛ばしてるよね?この状態」

唯「とばしてないよ」

律「いや、とばしてるだろ!!告白した次の日にエロエロ時間ってどんだけだよっ!?」

唯「先にちゅーしてきた人に言われたくない」

律「うっ!?」

唯「先にちゅーしてきた人に言われたくない」

律「・・・・なんで2回言うんだよっ!?////」


13:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 00:33:21.86 ID:bgOwNMo60


唯「むぅ~~~~~!!!」

律「いや・・・・むぅ~~~~と言われましても・・・」

唯「・・・・じゃあさ、恋人らしいことしたらいいんだよね?」

唯「そしたら、りっちゃん、してくれるんだよね?」

律「あ、う、うん・・・・うんっ!?」

唯「し て くれる?」ジーッ

律「・・・・・」ドキッ

唯「・・・・りっちゃん?」

律「・・・・・」

唯「・・・・りっ」

律「つぁああああああああああああ~~~~~~!!???」

唯「うわっ!?」

律「あ"~~~っ!!!もうっ!!!どうしておまえはそう素直に『したい』とかいえるんだよぉおおおおお!!!!//////」

唯「えっ!?だ、だって・・・りっちゃんが好きだから・・・・・」

律「だから、平気でそういうこというなよぉおおおおお!!!!!」

律「聞いてるこっちがはずかしくなるんだってばぁあああ!!!!もぉおおおおおおお~~~~っ!!!!/////」

唯「りっちゃん、・・・・どうして腕で顔かくすの?」

律「・・・・だって・・・今・・・きっと顔赤いし・・・・赤いって自分でわかるくらい・・・・熱いから・・・・/////」

律「・・・・そ、そんな顔・・・唯にみられるの・・・・はっ・・・・はずかしいぃ・・・・・//////」

唯「りっちゃん・・・・」



唯「ほんとにヘタレなんだね」プッ

律「わっ、笑うなよぉ!!!もお!!!!」


14:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 00:42:27.80 ID:bgOwNMo60


唯「もう・・・・」

唯「しかたないなぁ~~~」

スッ

律「へ?」

ガシッ

律「いや、いやいや!?うでつかむなよ・・・・顔みられるの恥ずかしいって言っただろ・・・」グググググ

唯「へへへ・・・・私意外とちからつよいでしょ?」グググググググ

律「いや、ちょっと・・・ほんとにやめろよ・・ほんとにはずかしいんだって・・・・な?おねがいだからさ・・・」

唯「りっちゃん」

律「な、なんだよ・・・・」

唯「これからすることはもっと恥ずかしいんだから・・・これくらいでヘバってちゃだめだよぉ」

律「・・・・・そんなこといったって・・・・・」

唯「じゃ~~~、おまじないしてあげるよぉ」

律「おまじない?・・・・って!?だから、かっ!?顔近いって!?///」

唯「うん、私のせいで照れてるりっちゃんも、だいすきっ」

はむっ

律「!?・・・・・ん~~~~~~っ!?////」


15:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 00:53:32.98 ID:bgOwNMo60


ぷはっ

律「・・・・・////」

唯「・・・・・りっちゃ~ん」ギュ~

唯「りっちゃん・・・・すっごい心臓ドキドキしてるねぇ~~」

律「誰のせいだよ・・・・」

唯「私のせいでしょ?」

律「・・・・わかってんじゃん」

唯「うん、ちゃんとわかってるよぉ~」フフフ

律「・・・・なんか、うれしそうだな・・・・」

唯「うん、うれしいの」

律「なんで?」

唯「私の行動に動揺してるりっちゃんがうれしいの」

律「・・・・なんで?」

唯「だって、動揺してくれるってことは、それだけ私のこと好きでいてくれてるからでしょ?」

律「・・・・・」

律「・・・・そうなのかな?」

唯「そうだといいなぁって私は思ってるよ」ニヘヘ


16:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 01:06:04.98 ID:bgOwNMo60


律「・・・・」

律「(・・・・くそかわええなぁ・・・////)」

律「ゆい・・・あのさ」

唯「なに?」

律「・・・・好きならなんでもしていいの・・・・かな?」

唯「うん。りっちゃんならいいよ?」

律「そっか」ゴクリッ

律「あの、さ」

唯「うん」

律「・・・・だきしめたいんだけど・・・・・いい?」

唯「りっちゃん、そういうのは許可はとらなくていいんだよ?」

律「そ、そっか・・・・ははっ・・・・////」

唯「どういう風に抱きしめてくれるの?」

律「・・・・・後ろからぎゅっとしたいな・・・・////」

唯「後ろからぎゅっとしたいの?」

律「・・・・」コクン

唯「ど~んときなさい!!」

律「・・・・/////」ドキドキドキ

律「えと・・・・じゃあ、あっち向いて座ってくれる?私に背中むけて・・・・」

唯「は~い」ヨイショ

唯「すわったよ~~」

律「うん、みたらわかる」

律「じゃあ・・・・おじゃまします?」

唯「はははっ、おじゃましますって、りっちゃん、なにそれぇ~~」クスクス



・・・・・ぎゅっ


17:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 01:20:03.12 ID:bgOwNMo60


律「(やわらかい・・・・そ、それに・・・あったかいし・・・・)」

唯「へへへっ・・・・////」

律「(こっ、この感触は・・・やばいっ!!!!もっと・・・・・///////)」

ぎゅうううううう

唯「ちょっと、りっちゃん!!それは苦しいっ!!」

律「あっ!!ご、ごめんっ!?」

唯「ふぅ~~~、うん、これくらいがいいなぁ」ニコニコ

律「そうか・・・・このくらいか・・・」ギュ~~

唯「・・・・・」

律「・・・・・」

唯「へへっ・・・・・」

律「な、なに笑ってんだよ」

唯「背中でね」

律「うん」

唯「りっちゃんの心臓がドキドキしてる」フフッ

律「そ、そうかっ///」

唯「うん。すっごくおちつく」

律「そうか///」

唯「あ、きつかったらあご、私の肩にのせていいよ?」

律「えっ・・・・いいの・・・?」

唯「うん、そしたら疲れないから、りっちゃんずっとぎゅっとしてくれるでしょ?」

律「じゃあ・・・・・のせるぞ・・・・?いいの・・・・?のせちゃうぞ・・・・?」

唯「うん。どうぞ~~~」


18:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 01:28:50.80 ID:bgOwNMo60


トン

律「・・・・」

唯「・・・・らく?」

律「うん、だいぶらくだね。これ」

唯「よかった~」



フニッ

律「!?」

律「わっ!?ごっ、ごめんっ!!!?」

唯「わざと?」

律「わっわざとじゃないですっ!!?」

唯「わざとでもいいのに」クスクス

律「・・・・あほ///」

唯「・・・・へたれ」クスクス

律「(腕にゆいの胸の感触がっ!?)」

律「・・・・・」

律「(フニッてした・・・・)」

律「・・・・・」

律「なぁ」

唯「なぁに?」

律「・・・・・・こっちむいて?」

唯「うん」クルッ

律「・・・・・」

唯「・・・・めっちゃちかいね」

律「・・・・うん・・・・ゆい、キスしよっか」

唯「うん。あと、もうそういう報告はいらないよ、りっちゃん」

律「わかった」

唯「ふふっ。素直でよろしい」


19:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 01:44:39.31 ID:bgOwNMo60


「んむっ・・・」

「んっん・・・・・んっ」

「ちゅ・・・んくっ・・・・!!!」

「・・・・・あ・・・・っん・・・・」


唯「・・・・はぁ///」

律「・・・・・はぁ///」

律「(ゆい・・・色っぽいな・・・・)」

律「(『あっ』とかいってた・・・・///)」

律「(ドキドキがとまらない・・・・)」

唯「りっちゃん・・・・」

律「ん?」

唯「・・・・まだ///」

律「うん・・・///」スッ


唯「んむっ・・・・」

唯「んっ・・・・んっ・・・・はぁ・・・・んんむっ・・・・」ゴクッ

律「(!?)」

律「(・・・今こいつ・・・・私のつば・・・のんだ・・・?)」

唯「・・・・はむっ・・・ちゅ・・・ちゅ・・・んん・・・・」

律「(・・・・胸さわりたい・・・・)」


20:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 02:00:30.28 ID:bgOwNMo60


そぉ~~~

唯「・・・ん!!・・・・r、りっちゃんっ!」

律「んっ!?・・・ぷはっ・・・・な、なんだ!?ゆい(やっぱさわっちゃだめだった!?)」

唯「・・・・あの!!」

律「(怒られる!?)」

唯「・・・あの・・・///」

律「・・・・?」

唯「その、ねっ!これ以上は・・・わ、わたしもさすがに明るいとこだと恥ずかしいから・・・・」

唯「電気・・・消してほしいなぁ・・・・・////」

律「・・・・・」

律「(怒られなかった・・・・・)」

律「(・・・・・ほんとに)」

律「(・・・・なんでもしていいんだ」ボソッ


21:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 02:14:27.13 ID:bgOwNMo60


唯「りっちゃん?」

律「・・・・ん?」

唯「今なにか言った?」

律「えっと、いや・・・・あのさ、唯」

唯「?」

律「・・・・ほんとにはじめて?」

唯「うん。ほんとにはじめて」

律「そっか」

唯「うん」

唯「りっちゃんは?」

律「・・・・はじめてだよ」

唯「そっか」

律「・・・・痛くしたらごめんな?」

唯「りっちゃんならいいよ」エヘヘ

律「そっか///」ニコッ

律「じゃ・・・・電気、けすな」



カチッ


25:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 10:06:23.90 ID:bgOwNMo60


律「・・・・」

唯「・・・・」

律「・・・・まっくらだな」

唯「まっくらすぎるね・・・・」

律「・・・・ベッドのとこにおいてあるライトはつけてもいい?」

唯「・・・・・どれくらいの明るさ?」

ぱちっ

律「これくらい・・・・なんだけど」

唯「あ、りっちゃんが見えるよ~~」エヘヘ


26:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 10:38:36.49 ID:bgOwNMo60


律「大丈夫?」

唯「うん。大丈夫・・・かな」

律「・・・・」

唯「・・・・」

律「えっと・・・・じゃあ・・・・・横に、なって・・・・?///(言っててはずい)」

唯「・・・・うん」モゾモゾ


27:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 12:08:32.73 ID:bgOwNMo60


律「(・・・・き、昨日みたく覆いかぶされば・・・いいんだよな・・・・?)」ドキドキ

律「(自然に自然に・・・・)」

律「・・・・(ひざはどこぐらいの位置がいいの?)」

律「・・・・(腰ぐらいでいいか)」

唯「りっちゃん・・・・」

律「・・・・・ん?ど、ど、う、し、たんだ、、、ゆ、い」アハハ

唯「緊張してる・・・・?」

律「え"!?いや・・・・、そんなわけ・・・ないだろ」ワタワタ

唯「・・・・・えいっ」

グイッ

律「うわっ!?」

フニッ

律「~~~~~~~~!?」

律「(唯に腕ひっぱられて、おおいかぶさっちまった・・・・・////)」

律「(むっ・・・・・むねがっ!?ほっぺに・・・・)」

律「・・・・・やわらけぇ」

唯「ちょtt!?そういうこといきなり言われるとはずかしいんだけどっ!!!?////」

律「うっ・・・!!す、すまん・・・ついっ/// 」

唯「まったく・・・・。ねぇ、りっちゃん」

律「ん・・・・なんだ・・・」

唯「私の心臓の音きこえる?」

律「へ?」

律「(心臓の・・・・音って・・・・)」

唯「耳あてていいよ」

律「・・・・あ、お、おじゃまします・・・・///」

ピタッ

どっくん どっくん どっくん どっくん


唯「・・・・・どうかな」

律「・・・・」


28:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 12:16:16.43 ID:bgOwNMo60


律「・・・・すっごい速いな」

唯「でしょ?」

唯「・・・・・私も緊張してるんだよ」

律「・・・・そっか・・・・」

律「・・・・(なんかちょっと安心・・・・した)」


ほどきほどき


律「って・・・なにしてる?唯・・・」

唯「え?何って・・・・りっちゃんの前髪結んでるゴムとってる」

ほどきほどき

唯「よし・・・とれた!!!」

パサァ

律「・・・・前髪が」

唯「うっとおしい?」

律「ちょっと」

唯「でも、私、前髪下ろしてるりっちゃんの方がすきなの」

律「・・・・・じゃあ、しかたないか・・・・」

唯「りっちゃん、意思弱すぎっ」

律「うっっせ・・・・///」

唯「・・・・」

律「・・・・」

唯「・・・・」

律「・・・・・ふ、服のうえ・・・・ぬがすぞ・・・・?」

唯「・・・・うん」


30:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 15:13:47.53 ID:bgOwNMo60


律「・・・・・あ、やっぱちょっと待って」

唯「え・・・う、うん」モゾモゾ

律「(ここはやっぱ服の上からさわるってのが・・・立派な大人の階段ののぼり方だよな・・・・・)」

律「ゆ・・・・ゆい・・・・」

唯「な・・・なに?りっちゃん///」

律「胸・・・・さわる」

唯「」

律「・・・・・?」

律「唯?・・・・どうした?」

唯「あ、いや・・・・」

律「・・・・?」

唯「りっちゃん・・・・胸好きなんだなぁって思って・・・・////」

律「んな・・・・!?そんなことないっ!!?」

唯「さっきから、視線がずっと胸のあたりだよね?」

律「・・・・そんなことあった」


31:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 15:29:11.64 ID:bgOwNMo60


唯「えへへ。かわいいかわいい」ナデナデ

律「~~~~~っ!!!////おっおまえのほうがかわいいんだよバーカっ!!」

唯「むきになっちゃって」クスクス

律「くそぉ!!」

はむっ

唯「!?ん~~~っ////」

律「ん、ん、ちゅ。んん・・・はぁ・・・んんっ」

唯「ん~~~・・・・ちゅ、ちゅ・・・・・」

律「・・・・・////」


そっ


唯「んむっ!?」

律「(うわ・・・・////)」サワサワ

律「(やわらけぇぇ~~~~~!!!!////)」サワサワ

律「(な、なにこれ・・・・///こいつこんなやわらかいものつけながらギターひいてんの・・・・!?)」サワサワ

律「(ギー太うらやましすぎるんですけどっ!!!!!)」サワサワ

唯「り、t、りっちゃn・・・んんっ!!!ちゅーしながらさわるのは・・・・あっ・・・!!!」

律「へっ!?」サワサワ

唯「・・・・・うぅうう・・・・ん・・・・あ・・・・/////」

律「ゆい・・・・?」


32:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 15:39:44.45 ID:bgOwNMo60


唯「・・・・ん~~っ・・・・////」

律「・・・・・きもちいい?」

唯「そんなこと・・・・きかないでよぉ・・・・////」

律「・・・・」サワサワ

唯「・・・・うぅうう・・・・んん・・・・////」

律「・・・・なぁ」

唯「・・・・な・・・・に?りっちゃん・・・////」

律「胸ってさわられるとそんなに気持ちいいもんなのか・・・・?」

唯「・・・・さわってあげようか・・・?」

律「いや、私が今きいてるんだけど」

律「気持ちいい?」

唯「・・・・」

唯「・・・・・いわなきゃだめ?////」

律「言ってくれたほうが・・・・どうすればいいかわかりやすいというか・・・・」

唯「えぇええ~~~~・・・・・」

律「どうなのかな?唯ちゃんよ」

唯「ん・・・・・・きもち・・・」

唯「・・・・・いいです・・・・////」ハゥ

律「(うはっ///)」

律「(胸さわっただけで・・・・・なんか・・・目が潤んでるんだけど・・・・)」

律「(胸ってそんなに・・・・気持ちいいのか・・・・!!)」ゴクリッ


33:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 16:00:23.65 ID:bgOwNMo60


律「(これはもう・・・・直で・・・・///)」メクリメクリ

唯「!?ち、ょっと・・・・!!///」

唯「りっちゃん・・・めくられると・・・・息苦しくなるからやだ////」

律「あ・・・・Tシャツって・・・全部脱いだがいい?///」

唯「」コクン

律「じゃあ唯、バンザイして。バンザーイ」

唯「えっ・・・・ば、ばんざ~いぃ」

律「よいしょ」ヌガシヌガシ

唯「・・・・・/////」

律「・・・・かわうそさんはここで退場です」

唯「退場です・・・・///」

律「ゆい、なぜ隠す?」

唯「・・・・・はずかひい・・・・////」

律「私しかみてないからだいじょうぶだよ・・・・・だから、な?腕どけて?」

唯「・・・・りっちゃんだから見せるんだからね?」

律「おう(合宿のとき散々みんなで見つつ見られつつになってるの、こいつ忘れてるんだろうな・・・・)」

唯「はぁ・・・・////」


すっ


律「・・・・」

律「・・・・」

律「・・・・」

唯「や・・・無言で見られるのが一番はずかしいんだけど・・・・////」

律「・・・・」

唯「りっちゃん・・・・?///」

律「・・・・ゆい」

唯「ん?」

律「・・・・すっごい」

律「きれいだ////」ゴクッ


34:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 16:07:53.25 ID:bgOwNMo60


律「・・・・てか、おまえ・・・・ブラしてきてなかったのかっ!!!//////」

唯「えっ・・・・だって・・・・お風呂あがりだったし・・・・」

唯「いつも・・・私お風呂あがったらしてないよ?」

律「ふーん、そうなんだ」

唯「うん、そうなの」エヘヘ

律「いや、笑い事じゃないから。というか!!!ノーブラで街で歩くなよ!?」

唯「や~・・・おこらないで・・・・」

律「もしかして昨日もかっ!?」ハッ

唯「・・・・たはは」

律「だぁああ~・・たははじゃねーよ・・・おまえ・・・・強姦にあっても文句言えないぞ・・・・?」

唯「ですね・・・」タハハ

律「ったく・・・・」プリプリ

唯「怒ってる?」

律「おこってねーよ」

唯「てか、胸みられたまま怒られるなんて私人生初めてだよ」

律「私も胸みながらこんな説教しなきゃいけないなんて人生初めてだよ」

唯「説教って・・・・やっぱ怒ってるんじゃん・・・・」

律「だから・・・・怒ってないってば・・・・」

唯「でも、なんか機嫌悪くなった・・・・。あ。わかった」

律「・・・・なんだよ」

唯「もしかして、ブラとりたかったの?」

律「ぶっ!?////」


35:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 16:26:18.77 ID:bgOwNMo60


律「ち、ちがうし!!唯ってばほんとばかっ!!!」アタフタ

唯「そうやって大声であたふたしだすってのは『本当』って言ってるようなもんだよ、りっちゃん」

律「だから、ちがうっての。くそ~~~、お前はなんで胸出しててそんなに強気なんだよ・・・・もう」

唯「じゃあ・・・・そろそろ真面目にしてよ・・・・ね?」

律「・・・・っく・・・・わかったよ・・・・」

律「・・・・さわるぞ」

唯「・・・・うん」

律「(と、みせかけて)」

律「」ハムッ

唯「!?」

律「(・・・・さわってないのに・・・・すっごい硬くなってる・・・・)」ペロペロ

唯「ん・・・・りっちゃん・・・・うそつきぃ・・・・あ、ああぁ・・・・んんんn~~~~!!!?/////」

律「(舌の先でツンツンしてみたり・・・・)」ツンツン

唯「はぁはぁ・・・あ・・・あ・・・・・っ」

律「(軽く吸ってみたり・・・・)」チュバ…チュバ…

律「(唯の声・…いろっぺぇなぁ・・・・///なんかキュンキュンしてくるわ・・・・)」コリコリ

カリッ

唯「っ~~~~!?」ゾクゾクゾク

律「・・・・ん?どした、ゆい・・・・」チュパ

唯「・・・・いま・・・・噛んだ・・・・?」

律「あぁ・・・・ちょっと・・・・噛んだ・・・・」

唯「・・・・・・なんか、背中がゾクっとした・・・・/////」

律「それって、気持ちよかったってこと?」

唯「・・・・わかんない」

律「・・・・そっか」

律「反対もなめるぞ?」

唯「・・・・うん」


39:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 17:39:03.73 ID:bgOwNMo60


ハムッ



唯「あ・・・・」

律「」マムマム

律「」チュブチュブ

律「」ペロペロ

唯「りっ、ちゃん・・・」

律「・・・・む?」ペロペロ

唯「・・・・なんか・・・・あかちゃんみたいでかわいい・・・・////」

律「・・・・あ、あかちゃん・・・?」チュチュチュ、ペロ

唯「えへへ・・・・ん・・・・はぁ・・・・////」ナデナデ

律「・・・・や・・・・なでなでされんの恥ずかしいんだけど///」

唯「私のほうがはずかしいから我慢してよ・・・・///」

律「・・・・たしかに」ペロペロ

唯「ふ・・・あ・・・・んn・・・あ・・・・・」ナデナデ

律「(手がひまだな・・・・)」チュブチュブ

律「(口で・・・・下のほうをはむはむしつつ・・・・)」ハムハム

律「(左手で・・・・左の乳首を・・・・)」

律「(いや・・・・最初は、乳首の周りから・・・・)」


くるくるくるっ


唯「っ・・・・・!!」

律「ゆい、おまえのここすごい硬くなってるなぁ~~」チュパチュパ

唯「はぁはぁ・・・・んっ////!!!!」

くるくるくる―――

唯「り・・・・りっ・・・りっちゃん・・・・」

律「ん?なにかな?」ペロペロ

くるくるくるくる―――

唯「・・・・っわって・・・・////?」

律「ん?なにかな?きこえないんだけど」カリッ

唯「あっ・・・!!やぁ・・・・///そのかじるのきんし・・・・////」

律「でも、これゾクゾクしていいんだろ?」

くるくるくる―――――

唯「うぅうう・・・・・・////り、りっちゃん・・・・さわって・・・・」

律「ん?」

唯「そのくるくるしてるとこ・・・・さわって・・・///おねがい・・・・////」


40:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 17:51:51.71 ID:bgOwNMo60


律「ゆい」

唯「え・・・なに・・・///」

律「どこをさわってほしいの?」

くるくるくる―――

唯「っ・・・・////ど、どこって・・・・だから・・・その・・・・くるくるしてるとこ///」

律「くるくるしてるとこならさわってるだろ?」

くるくるくる―――

律「どこさわってほしいかちゃんと言わなきゃわかんないよ」ニヤニヤ

唯「いじわる・・・///」

律「いじわるでけっこう」ニヤニヤ

唯「うぅううう~~~~!!!なんでさっきまでヘタレてたのにいきなりSになってるのさぁ!!!!」

唯「ほんと・・・わけわかんないよ・・・・りっちゃんはぁ・・・・はぁ・・・・んっ・・・・////」

律「だって、唯がかわいいから」ペロペロ

唯「ひやぁああぁ・・・・//// りっちゃん・・・ほんとにおっぱい好きだね・・・・さっきから・・・・舐めてばっかり・・・・////」

くるくるくる―――

律「ほんとにな・・・私もまさか自分がこんなにおっぱい好きだとは思わなかった・・・・・」

律「おっぱいに目覚めたかもしれない」カリッ

唯「あぁんっ・・・・!!だから、そのかじるのは禁止だってバァ・・・・////」


41:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 18:24:22.48 ID:bgOwNMo60


律「で・・・?ゆいはどこをさわってほしいんだって?」

唯「ほんとに・・・・言わないとだめなの?/////」

律「だめだよ」ペロペロ

唯「・・・・んっ・・・////」

くるくるくる―――

唯「・・・・さわって・・・////」

律「ん?どこ?」

唯「ちっ・・・・乳首さわって・・・・/////」

律「よくできました♪」

そっ

唯「・・・・あっ・・・・////」ホッ

律「(なんて、私がたださわるわけがないっての・・・・)」

律「(指の腹で・・・・グッとおします!!!)」


グッ


唯「っ~~~~~////!?」

律「(でもってコネコネします)」

コネコネ

唯「あぁあああ~~~~!!????それやだ!?それやだぁあああああああ///////!!!!!」

コネコネ

唯「ん~~~~、つぁああああああ///////!!!!!!????」

コネコネ

律「ちょ!?こら!!ゆい、あばれるんじゃない!!!」


唯「だって・・・・!!だって・・・・!!!

ペロペロ

唯「んあ・・・・あ・・・・いきなりなめないでぇえええ/////」

律「(・・・・・うはぁ/////めっちゃかわいい・・・・///録画しておきたいくらいかわいいんだけど・・・・!!!)」

律「(乳首さんパネぇっす)」

コネコネ

律「そっかぁ~~~。ゆいちゃんはこれいやかぁ。じゃあやめようか」

コネコネ

ぴたっ

唯「え・・・」

律「・・・・ん?どした、ゆい」ニタニタ


44:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 22:49:30.58 ID:bgOwNMo60


唯「・・・・や」

ギュッ

律「!?///(そんな泣きそうな顔して服ひっぱるなよ・・・・ニヤニヤがとまらん///)」

律「なにがいやなんだ?ゆい、言ってみろよ」ニヤニヤ

律「言わなくちゃ私、唯がしてほしいことわかんないよ?」ニヤニヤ

唯「・・・・うそつき」

唯「私が今なにしてほしいか・・・・」

唯「・・・・絶対、りっちゃんわかってるくせに////」

律「・・・・唯」

律「私は本当にお前の考えてることわかってるのかな・・・・?」

唯「・・・・わかってるでしょ?」

律「ふ~ん」ペロッ

唯「んっ・・・・!?」ビクッ

律「これかな?」

唯「・・・・ちがうよぉ」

律「じゃあ、これかな・・・・?」チュパチュパ

唯「・・・・うっ・・・・んっ・・・あぁ・・・・///」

律「気持ちいいみたいだけど、これだった?」ハプハプ

唯「・・・・ち・・・・・ちがう・・よぉ・・・・・ばかぁ・・・んっ・・・・///」

律「そっか・・・・。ごめんよぉ、ゆい・・・・。やっぱ私、ゆいの考えてることわかってないみたいだ」スッ

くるくるくる―――

唯「んっ!!?」

律「やっぱさ・・・・・」

くるくるくる―――

唯「・・・・あ・・・・んっ・・・・・んんんn!!!!////」

くるくるくる―――

律「おバカなりっちゃんにもわかるように、ゆいが口でちゃんと言ってくれないかなぁ」ニヤニヤ


45:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 23:29:09.84 ID:bgOwNMo60


くるくるくるくるくるくる―――

唯「はぁはぁ・・・・んあ・・・・////」

唯「り、りっちゃ・・・・ん・・・・りっちゃん・・・・////」

律「ん?なんだ?ゆい」ニッコリ

唯「はぁ・・・ふぅ・・・ち、乳首さわって・・・・・////」

律「『おねがいします』は?」

唯「うぅううう・・・・ほんとに・・・・りっちゃんいじわるだよ・・・・言ったじゃん」

律「私はこのままやめてもいいんだぞ?もともと寝るつもりだったし」

くるくるくるくるくるくる―――

唯「んんんn・・・・ち、ちくび・・・・」

律「・・・・乳首?」

唯「さ、っさわってくだ・・・・さ・・・・い」

律「・・・・・」スッ

唯「おねがいっ・・・・!!!しま―――

グッ

唯「~~~~~~~!?!?」

唯「うわぁあああ~~~/////なんでいきなりするのぉ~~~~んんああああっ////!!!」

コネコネ

唯「ひっ!?」

律「だってさ、ゆい。いきなりしてこその『ご褒美』だって思わない?」ハムッ


グッ グッ コネコネ

律「」ペロペロチュパチュパ

唯「・・・・ふぅ・・・・はぁ・・・・あ、あ、・・・・・あああああ////!!」

唯「り、りっちゃん・・・おねがい・・・・や・・めて、そんなにいっぺん・・・・んんっ!?」

律「ん?なに?気持ちいいって?」カリカリ

唯「うぁあ・・・んんっ!?・・・・もう、ちょっとこれ以上は・・・やめて・・・ほんとに・・・やめて・・・・っちゃう////」

律「」ペロペロハムハムチュチュ

グッ グッ

唯「ふっ・・はぁ・・あ・・・あっ・・・・・/////」

律「はぷっ・・んくっ・・・・がまんしなひで・・・イっちゃひなよ、ゆひ」カリッ

唯「~~~~~~~~~~っっっっ!?」ビクビクビクビク


グイッ


律「おぷっ!?」


46:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/24(日) 23:33:37.68 ID:bgOwNMo60


律「こらこらこらこら!?私の頭をおっぱいに抱きよせんじゃない!?息がっ!!!くっくるしっ・・・・!?////」

唯「んnっ/////り、りっちゃん・・・・はぁ・・・・はぁ・・・りっちゃん・・・・!!!!/////」

律「(ふはっこんな状態でも胸はやわらけぇ~~~マシュマロみたいにふわふわ~~~♪////)」

唯「はぁ・・・・ん・・・・・・・・りっちゃん・・・・」

律「ん。ゆい・・・・大丈夫?」サワサワ

唯「ちょとt///まださわるの!?」

律「いや、手持ちぶさただからさわってるだけ。気にしないで?」コリコリ

唯「気にしないでって言われても・・・・ん・・・・!?///」

律「ははは~~、唯、きもちよかった?」モミモミ

唯「まだ言わせたいの・・・?」

律「いや、もう唯はおっぱいがよわいってわかったからいいよ」ケラケラ

唯「ん~~~~・・・・なんかずるい・・・・てか、りっちゃん・・・・キャラ変わりすぎ・・・・」

律「ほら、わたしってば社交的だから・・・・慣れたらはやいもんよ!!」サワリサワリ

唯「ふふっ・・・・なにそれ」ナデナデ

律「また頭なでるのかよ・・・・」

唯「・・・・頭なでられるの好きじゃない?」

律「・・・・・まぁ、嫌いではないからいいけど///」

唯「照れてる?」ナデナデ

律「・・・・そう見えるならそうなんじゃない?」

唯「かわいいなぁ・・・・もう・・・・」ナデナデ

唯「りっちゃん・・・・ちゅーして・・・・?」

律「ん、わかった」

唯「りっちゃん・・・・すき・・・・」

律「私もだよ、ゆい・・・」チュッ


50:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/26(火) 22:33:25.34 ID:UAUfkvmn0


律「・・・・」

唯「・・・・」

唯「えへへ~~///」

律「ははは~~///」

唯「あ・・・・」

律「どした?唯」

唯「は・・・」

律「は?」

唯「ハクチョンっ!!」

律「あ、もしかして寒いか?(クシャミかわいすぎだよ!!)」

唯「あ、ううん。ちょっと、身体が冷えてきちゃっただけ」エヘヘ

律「つか、よくよく考えたらおまえのかっこうなんか・・・・」

律「すごいな」

唯「・・・・」

律「上半身裸で・・・下はパジャマ着たままとか・・・・っふ」クスクス

唯「いや、脱がしたの、りっちゃんじゃん・・・・脱がした本人が笑わないでよ!!」

律「いや、でも、ふははっ!!なんだそのアンバランスはっ」ケラケラ

唯「ん~~!!もう!!そんな笑わなくたっていいじゃん!!なんか恥ずかしくなってきた////」

律「すまん・・・くっ・・・でも・・・そのかっこう・・・・くひゃひゃひゃ」

唯「ばかっ!!ばか律!!!」

律「なんだよ、それ。澪のマネかぁ?」

唯「マネなんかじゃないよっ!!本心だよ、本心!!私の心からの叫びだよっ!!ばかりつぅ!!!」

律「んなことそんなかわいい顔して言われたってなぁ。まぁ、とりあえずまたTシャツきr――」ハッ!!

唯「ん?どうしたのりっちゃん、いきなりだまって」

律「・・・・」


51:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/26(火) 22:46:43.88 ID:UAUfkvmn0


唯「・・・りっちゃん?」

律「・・・・ゆい・・・あのさ・・・」ゴクッ

唯「ん?なに?いきなりだまっちゃってどうしたの・・・?」

律「あ・・・でも、いや、これ言っちゃったら・・・いやでも、もしかしたら・・・う~ん・・・」ブツブツブツ

唯「いや、ほんとにどうしたの!?」

律「あのさ・・・(深刻)」

唯「・・・うん。なにかな?」

律「あ、やっぱ、言うのやめようかな」

唯「えぇぇええ~~、なになに!?何か気になるじゃん!!言ってよぉ!!」

律「えぇええ・・・でも、これ言って唯にヒかれたらいやだしぃ・・・」

唯「え!?なんなの!!私がヒくようなことってなに!?」

律「いや、知らないけど。でももし言ってヒかれた場合の私のメンタルが色々とな・・・やっぱ言うのやめるか!」

唯「そこまで言って言わないのは罪に値するよ!?私ヒかないから!!絶対ヒかないからっ!!教えてっ!!」

律「・・・ホントにヒかない?」

唯「うん、ヒかないっ!!」

律「じゃあ・・・・言うぞ?」

唯「うん!なに、りっちゃん!?」

律「あのさ・・・・」

唯「うんっ・・・・!!」ゴクッ












律「制服着てくんない?」

唯「」


53:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/26(火) 23:11:57.96 ID:UAUfkvmn0


律「あ、はーい。『5秒前の私きえろっ!!』って頭かきむしりたくなるからその汚いものを見るような目で私を見るなっ!!」

唯「・・・・」ジー

律「い、いやっ!」

唯「・・・・」ジー

律「あのっ!」

唯「・・・・」ジー

律「そのっ!」

唯「・・・・」ジー

律「あぁああああああああ!!!くっそぉおおおお!!!その目をやめろぉおおおおおおお!!!/////」ガシガシガシガシ

唯「まぁ・・・・頭かきむしらないで・・・・。一応聞いてあげるけどさ、その制服っていうのは何なの?」ナデナデ

律「ぐっ・・・・!!なんか腹立つ。その上からの『しかたないなぁ~』って感じまんまんの聞き方っ!!」

唯「はいはい。それで、制服ってのはなんなのかなぁ~りっちゃん」ナデナデ

律「いや、変な想像される前にサッサというけど、制服ってあれだぞ?高校の制服だぞ?」

唯「高校の制服?いつも着てるんだけど・・・ていうか、私制服持ってきてないよ?」ナデナデ

律「別にお前のじゃなくても私のがあるだろ。ここ私の部屋なんだし」


54:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/26(火) 23:28:04.04 ID:UAUfkvmn0


唯「うーん。制服ねぇ~~~」ナデナデ

律「だめ・・・かな・・・?」

唯「たぶん上は大丈夫だけどさ、スカートは・・・ちょっと自分でいうのもなんだけど入るかな・・・?」ナデナデ

律「別に上から下まで全部じゃなくてもいいんだぞ?制服を着てさえくれれば・・・・」ハッ!

唯「今度はなんの『ハッ』?」ナデナデ

律「い、いや・・・・むしろ・・・・」

唯「むしろ?」

律「Yシャツだけがいいかもしんないっ!!!」

唯「・・・・Yシャツだけ?」ナデナデ

律「う、うんっ!!裸にYワイシャツっ!!!//////」

唯「えっ・・・・裸にYシャツ!?それはちょっと・・・・////」

律「だ、だめかなっ・・・・!!!?」ランランラン

唯「(え・・・なんかりっちゃんの目がすんごい輝いてるっ!?)」

律「・・・・」ランランラン

唯「(えぇえええええ・・・・ど、どうしよう・・・・裸にYシャツ・・・)」

唯「(いや、今すでに上が裸の私には全然もう羽織れるものならなんでもいいんだけどさ)」

唯「(いきなりはじめてで制服を要求されるとは・・・りっちゃん・・・本当にはじめてなのかどうか疑っちゃうんだけど)」

律「あの~~ゆいしゃん?」オソルオソル

唯「あ、うん!?なにかなりっちゃん」ハハハ

律「やっぱ・・・ヒいたか?」オソルオソル

唯「(今の顔かわゆす)」キュン

律「唯がいやならさ、その、いいんだ・・・・うん。今日は・・・いいんだ・・・制服・・・・」シュン

唯「(うっわー。全然あきらめきれてないよっ!!こんなに誰がりっちゃんを甘やかした?もしかして澪ちゃん!?)」


55:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/26(火) 23:41:19.97 ID:UAUfkvmn0


律「・・・・」シュン

唯「・・・・」

律「・・・・」シュン

唯「・・・・」

律「・・・・」シュン

唯「・・・・」











唯「いっ・・・・いいよ」

律「え!まじでっ!?」パァ

唯「うん・・・・。もう上裸になったら別にYシャツとか恥ずかしくないから・・・・というかこのままでいるほうが恥ずかしい」

律「まじか~~~!!ありがとう!!えっ!!なんか催促しちゃったみたいでごめんなぁ~~~」デヘヘ

唯「あ、うん(いきなり元気になったね、このひと)」

律「じゃ、じゃあ、これ着て!」ばっ

唯「はーい(用意はやいなぁーーー)」

唯「てか、ホントにYシャツだけなんだ・・・しかも長袖・・・今7月だよ・・・りっちゃん」

律「まぁまぁ!!細かいことはきにすんなよっ!!私目つぶって下向いてるからその間に着てくれっ」ワクワクッ

唯「うん・・・・わかった」

律「あ、パジャマの下も脱げよ!!」ワクワクッ

唯「えっ・・・パンツも?」

律「パンツはいいよ。私が脱がすから」サラッ

唯「あ、はーーい///」

唯「じゃあ、着替えるね」モゾモゾ

律「おう!!終わったら声かけてくれな」シタムキっ

唯「(・・・・なんだかなぁ~~まぁ、喜んでくれるならいいかな)」モゾモゾ


57:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/27(水) 01:25:20.37 ID:lThZlhVo0


唯「りっちゃ~ん」

律「お!着替えたか!!」

唯「着替えたというか・・・上に羽織って下脱いだだけだけど・・・」

律「いいって、いいって!!目あけてもいいかっ!?」ワクワクッ

唯「あ・・・う、うん」

律「よーし、あけるぞ~~~~っ!!」

ぱちっ

唯「・・・・」

律「」ジー

唯「・・・・ど、どうでしょう・・・か」アハハ

律「・・・・」

唯「いや・・・無言でガン見ってかなりはずかしいんだけど・・・・///」カァァ

律「(やっべっ////これはやヴぁい///なんだ、この破壊力///)」

唯「えへへ、へっ変かなぁ・・・・??」モゾモゾ

律「あ・・・・いや・・・変じゃないんだけどな・・・・ちょっといいか・・・?」

唯「えっ・・・・う、うん///」

律「ボタンはこうキチっと上までするんじゃなくって・・・・」プチッ・・・プチッ・・・

律「よし!!でき・・・・t・・・・っ!?」

唯「えぇえええ~~~・・・・ここまでボタン外しちゃったら、な、なんか・・・・胸が見えそうなんだけど・・・・///」

律「」

律「」

律「」

唯「え!?りっちゃん、口に手をあてて固まってどうしたの!?」

律「(おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい)」

律「(なんだ・・・!!この胸のトキメキはっ!!!!こ、こんなトキメキはじめてだっ!!!!???)」ドキドキドキドキドキ

律「(見えそうで見えないパンツ!!そして普段目にしない唯の生足!!威力はんぱないんですけどっ!!////)」

唯「りっちゃ~ん?」ノゾキッ

律「!?///」ドキドキドキドキドキ

唯「え・・・なに?どうしちゃったの?」

律「い、いや・・・ゆい・・・////」ドキドキドキドキドキドキ

唯「なに?」

律「その格好・・・・めっちゃかわいいわ・・・・///」

唯「え・・・・あ、ありがとう・・・・////」

律「(くっそぉお・・・胸がきゅんきゅんっていうかバクバクっていうか・・・なんだこの気持ちはっ!!!!?/////)」はっ

律「(もしかして私・・・・制服フェチだったのか・・・?)」ガーン


58:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/27(水) 22:28:41.77 ID:lThZlhVo0


律「(それにしても・・・・Yシャツオンリーは今の私には刺激が強すぎるっ・・・・!!)」

律「なぁ、やっぱスカートもはいてもらってもいいか?」

唯「え・・・でもそうしたらりっちゃんのスカート汚れちゃうんじゃないかな?」

唯「というか、りっちゃんのはけるかどうかが不安・・・」

律「唯は細いから大丈夫だよ。スカートは冬用のはけばよくないか?汚れても冬のならクリーニングだせるし」

唯「そっかな?」

律「ん、大丈夫だって!!」

唯「じゃあ・・・わかったよ」

律「え・・・・っと、たしかここら辺に・・・」ガサガサ

律「発見!!」はいっ

唯「どーも」もぞもぞ・・・

律「どうだ?はけるだろ?」

唯「うん!!はけたよ、りっちゃん」

律「まぁ、そこまでサイズ違うわけでもないしな」


59:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/27(水) 22:45:08.81 ID:lThZlhVo0


唯「どうかな?」

律「いや、どうかなと言われてもな―」

律「・・・・タイツはいてない冬の唯だな」

唯「たぶんそうだろうね・・・・」

律「・・・・(いや、でもやっぱタイツと生足はわけがちがうよな)」ジー

唯「・・・・(胸の次はすんごい足みられてる///)」

律「あは・・・・///」カァァ

唯「いや、今照れる要素なにかあったかな?」

律「いや、なんかこう・・・あれだな。気分はさながら放課後の保健室だなっ」

唯「放課後の部室じゃなくて?」

律「部室でこんなことしたら私は部長失格だな・・・・」ハハハ

唯「たしかに」

律「まぁ、とりあえず、・・・・やっぱ制服サイコーってことで・・・」


どさっ・・・



唯「はは・・・さすがのへたれりっちゃんも2回目になるとフツーに押し倒してくるんだね」


60:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/27(水) 22:52:43.29 ID:lThZlhVo0


律「普通に見えてる?」

唯「うん。普通に見えてる。最初の照れてるりっちゃんはどこにいっちゃったんだろうね」

唯「りっちゃん。あのさ・・・・」

律「ん?」

唯「ちゃんと私で、りっちゃんは興奮してくれてるかな?」

律「興奮って・・・」

唯「だって、なんか目に見えなくて不安なんだもん」

律「押し倒したじゃん」

唯「押し倒したけど・・・でも、それって澪ちゃんにもムギちゃんにもできることじゃない?」

律「そんなことないと思うけどね」

唯「りっちゃんなら簡単にしちゃいそうだよ」

律「そんなもん?」スッ

唯「すとっぷ!ちゅーはまだおあずけですっ」ノーノー

律「・・・・」


61:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/27(水) 23:01:54.28 ID:lThZlhVo0


律「目に見えるねぇ・・・・」ポリポリ

律「まぁ・・・たしかに男は楽だよな、興奮したとかしてないとか見た目で簡単にバレるもんな」

唯「だよね?だからりっちゃんもなにかで『興奮してる』って私に示してよ」

律「いや、なにその無茶振り・・・示すっていったってなぁ」ウーン

律「・・・・なに?私のパンツにお前の手つっこんだらその証明になんの?」

唯「証明になんの?」

律「たぶん」

唯「・・・・や、それはちょっと・・・」

律「いやいや、なんで微妙にヒいてんだよ」

唯「なんとなく、気持ち的な問題です」

律「なんだよそりゃ・・・・」

唯「なにかない?」

律「うーん」


62:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/27(水) 23:20:37.09 ID:lThZlhVo0


律「・・・・」

律「あぁ・・・そうだ」ピーン

律「唯、私の胸に手あててみ?」

唯「?」

ぴとっ

唯「まな板を発見しましたっ!」

律「やかましっ!!」

律「ちがうちがう!!もっとこう下のほう・・・えっと、ここらへんかな?」

唯「なに?・・・・あっ」


律「どうかな?聞こえた?」

唯「おぉ~~~~!!!すっごい速いね。さっきの私以上?」

律「これが興奮してることになるのかわかんないけどさ、」

律「今、フツーを装ってるだけで緊張で結構一杯一杯なんだからな?」

唯「そっかぁ・・・えへへ///」

律「なに笑ってんだよ///」

唯「りっちゃ~ん、ちゅーしてー」

律「・・・ったく・・・なんだかこのままお前の尻にひかれそうで怖いわ」

唯「それすら本望でしょ?」

律「スカート着用でなら」

唯「ばかっ」

律「はいはい。ほら口とじてー。あけててもいいけどー」


はむっ

唯「・・・んっ」


67:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 21:47:01.74 ID:13cTWsgY0


唯「んんっ~~~、り、っりっちゃん・・・・」

律「・・・・むっ・・・・、どしたゆい?」

唯「あのね・・・」

律「うん?」

唯「あひゅい・・・・」グテッ

律「あぁ・・・・たしかに・・・・2人ともさっきから汗だくだな・・・・私も実はかなり暑い・・・・」アセダク

唯「それに私長袖だし冬用スカートだから・・・。あ、袖めくろう・・・」メクリメクリ

律「でも、唯エアコンだめだろ?扇風機つけてるけど、これ1台じゃ・・・・だめだな」

唯「うん・・・・だめ・・・・ねぇ、りっちゃん制服脱いでもいい?」

律「だめ」

唯「え?」

律「だめ」

唯「えぇ~~~!?これ以上暑いのはやだよぉ~~~」

律「でも・・・・その格好かわいいし・・・・」

唯「いや、りっちゃんが喜んでくれるのはいいんだけど、私にも限度があるのです」グダッ

律「じゃあ。ちょっと待ってて」スタッ

唯「どこいくの?」

律「家中の扇風機持ってくる。たしか、親の部屋と聡の部屋に1台ずつあるから」

唯「・・・・そこまでするんだ」

律「なんか言った?」

唯「なにも」

唯「というか、その2台もってきて大丈夫・・・?」

律「あぁ、今日家に私しかいないからな」

唯「え!?」

律「いや、驚かれましても。今日は私以外親戚の家に遊び行ってるよ。私は学校があったから残ったんだ」

唯「そうなんだ・・・・どおりでさっき大きな声だしてもりっちゃんに怒られないはずだよ」

律「まぁ、そういうわけで。じゃあ、持ってくる。あと飲み物も持ってくるわ」

唯「わーい!」


68:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 21:58:18.91 ID:13cTWsgY0


律「らんらんるーっと」

律「さすがに扇風機2台は重いです!!」

律「えぇ~~っと、麦茶麦茶・・・・」ガチャガチャ

律「コップコップ・・・・」ガチャガチャ

律「・・・・ん?なにこれ・・・・なんでここにこれが?」

律「あぁ、こないだ使ったままここにおきっぱなしだったんだな」

律「戻しとかないと・・・」

律「・・・・」

律「いや、これももっていくか」ニヤリ

律「よっしゃ~~ふひひひひひ♪」スタタタタ


69:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 22:13:26.32 ID:13cTWsgY0


律「やー麦茶もてきただよー」ドアアケー

唯「あ、おかえりー」

律「さぁ飲め飲め~~」

唯「うんありがとう」ゴクゴクゴク

律「」ゴクゴクゴク

律唯「ぷはっ~~~」

律「でもって、私の部屋のとあわせて計3台の扇風機をベッドにむけて」

唯「スイッチおん!」カチカチカチ


ぶぅぉおおおおおおおお


唯「すずしいぃ~~~~」ヒエー

律「これは生き返るな~~~」ヒエー

唯「これくらい涼しいなら制服脱がなくてもいいかも・・・・」

律「まじか!?扇風機もってきてよかった~~~」ひゃっほっほーーーー

唯「あぁ・・・・うん、そうだね」ハハハ

律「まぁ、それじゃあ、唯さん」

唯「?」

律「ちょっと、一汗かきましょうか」ヨイショッ

唯「今度こそ最後まで・・・・?」

律「そう、最後まで・・・・はむっ」


70:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 22:25:44.38 ID:13cTWsgY0


唯「そしてまた胸って・・・んっ・・・・りっちゃん・・・・ちょっとさすがにひくよぉ?・・・・あっ」

律「だって、さっきから乳首たってるのが気になってたんだもん」ペロペロ

唯「うはぁ・・・・んん・・・・っ・・・・りっちゃんが・・・・だんだん・・・・変態になってくよぉ・・・・はぁ・・・・」

律「ははは・・・変態か・・・・・まぁ、唯のせいだからな。ゆい、舌だして、舌、べーって」

唯「えっ?」ベーッ

律「よしよし、いいこいいこ」パクッ

唯「ん~~~~!?」

律「ん、ん、(・・・・舌までやわらかいとは・・・・///)」マムマム

唯「うっ・・・んっ。。・・・っはっ・・・・んんn・・・///」ゴクッ

律「・・・・はぁはぁ・・・・唯・・・・下・・・・さわるぞ?」

唯「・・・・・うん」

律「・・・・じゃあ、失礼します・・・・」ソォ

モゾモゾ

唯「ううぅううう・・・・・////」

律「恥ずかしい?」モゾモゾ

唯「だから、聞かないでってば・・・・////」

律「(あ、スカートじゃまじゃね?これ・・・・ちょっと失敗したかな・・・・)」

律「(まぁ、いいや・・・・)」

律「・・・・」モゾモゾ

律「・・・・」モゾモゾ

律「・・・・(うはぁ////)」


71:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 22:57:37.11 ID:13cTWsgY0


律「(・・・しめってる///)」

律「(・・・・てか、これどこさわればいいんだ・・・?///)」ヌリヌリ

唯「・・・・///」

律「(・・・・これは・・・直接みたほうが・・・・いいのかな?)」ヌリヌリ

唯「ひぅ・・・・///」プルプル

律「(ひゃ~~~、なんか震えてるよぉおおお////)」キュン

律「みてみてゆいーー」

唯「ぅん・・・・?///」チラッ

律「ほら、ねばねばー」ネバー

唯「うぅうううう!?りっちゃん!?/////」

律「これ唯の液だぞぉ~て痛いいたいいたい、ほっぺたつねらないでおねがひごめんあさいごめんあさい」イテテテテ

唯「次やったら今度はホッペタひねるからねっ!?///」

律「それはこわい・・・次いこう・・・ゆい、ちょっと腰あげて」

唯「えっ、あ、うん・・・」スッ

律「」モゾモゾモゾ

唯「///」

律「おまえ、パンツかわいいね」

唯「澪ちゃんみたい?」

律「いや・・・・澪は最近どんなのはいてんのか私さえしらん」パカッ

唯「そうなんだ・・・・って!?えっ!?///」

律「はい、ゆい、しずかに~~~」

唯「りっちゃん・・・・は・・・はずかしいよぉ・・・・////」

律「ほんとだ、顔がまっかっかだな・・・・」

唯「あぁああ~~・・・・・////」

律「うん、そうやって、腕で顔隠しとけ」

唯「あうぅうう・・・・////」

律「(さて、さっき持ってきたこれの登場です)」ゴソゴソ

律「(ペンライトォ~~~)」

律「(やっぱちゃんと見ておきたいもんなぁ~~~唯のここ)」

律「(それではスイッチおん♪)」ゴクリ


ぺかー


律「(・・・・・お)」

律「(おぉ・・・・・ぉぉおおおおおおおお////)」


72:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 22:58:50.52 ID:13cTWsgY0


律「(な、なんか・・・・ここって・・・こうなってるのかっ!?////)」

律「(すげぇ・・・・////てか、めっちゃピンクできれい。。。。///)」

律「(・・・・あなって・・・・ここ・・・・?)」

律「(えっ・・・・・ここに指はいんの!?うそだろ?こんなちっさいとこ・・・・)」

律「(てか、に、においってどんなだ・・・?嗅ごう・・・)」スンスン

律「(あれ・・・このにおいって・・・・)」スンスン

律「(・・・・)」

律「(まじかよwwwwwwww)」

律「(この匂いってアイスコーヒーの匂いじゃね?)」

律「(うひゃ///まじかよぉ~~///これはアイスコーヒー飲むたびに思い出すかもしれん///)」

律「(味はどうなんだろう・・・)」

律「(なめたい・・・・////)」

律「ゆい・・・・ここなめるな・・・痛かったらいっていいから」

唯「・・・・・うん////」

律「(なめたいとか思っちゃうのって、やっぱ、人間の本能なのかな・・・・)」

律「(普段はそんなことまったく思わないのに・・・)」

律「(・・・・よし)」ゴクッ


ぺろっ


唯「・・・・んっ!?////」


律「(おぉう!?な、なんか、なにこの味!?はじめての味だなぁ!!!///)」ペロペロ

律「(あ、ここって・・・これは・・・あれだよね?)」ペロペロ


73:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 23:21:29.50 ID:13cTWsgY0


唯「んーッ!?んんーッ!!!」

律「うわっ!?びっくりした・・ゆい・・・・ここがいいのか・・・よし」ペロペロペロ

唯「ちょ!?ひゃっ!!!?う、・・・はぁ・・・ああんっ!?」

律「次は・・・あれか、これ・・・すってみようか」ペロペロ・・・

律「(上と下の歯で皮っぽいのはさんで・・・中のものを・・・・)」ズズッズズズズズ

唯「あ、っあっ・・・・はぁ・・・ぅっーーーー!!!////」

律「うわぁ・・・ゆい・・・////これ気持ちいいんだな?じゃあ・・・」ズズズzッズッズズズzペロペロペロ

唯「うぅ・・・ああ、り・・りっちゃぁあああん・・・・---ああっ!!」

律「(すっげぇ~~~///なんか、いきなり唯のおなかのしたあたりが上下しだしたよ・・・・)」

唯「はぁっ、はぁっ、はぁっ、あ、っあ、っふぅっ!?はっ・・・あんんんんん/////」

律「(はげしいねぇ~~///)」ペロペロズリュルyズウズズペロ

律「(てか・・・うぅううう・・・舌つかれてきた・・・)」ペロペロペロ

律「(ちょっと・・・指と交代しよう)」クニュクニュクニュ

律「ゆい・・・きこえるかぁ?音すっごいなぁ・・・・///」

律「こんなにぬらしちゃって・・・変態は唯なんじゃないかなぁ」クチャクチュチュ

唯「ふぅ・・はぁ。。。 っっっんんん!?///」

律「はは・・・はぁ・・・・唯はここがだめなのかな?」ツンツンツン

唯「りっちゃん・・・・はぁ・・・んっ・・・」

律「ん・・・?どした・・・はぁ・・・・唯・・・・っ・・・はは・・・・ここ・・・すっごいトロトロだなぁ・・・」クリクリクリ

唯「んっ////・・・・はぁ・・・んn・・・・ああっ・・・・・////」

唯「・・・・いて」

律「ん?」グチュグチュ

唯「・・・・りっちゃん・・・いれて・・・・////」

律「え・・・・////」

唯「・・・・なんかもう・・・やだ・・・・このままじゃやだ・・・・///」

唯「いれて・・・・もう・・・やだ・・・ん・・・・っ・・・・////」プルプル

律「・・・・いいの?痛いぞ?」

唯「うん・・・・はぁ・・・・我慢するから・・・大丈夫・・・んあっ・・・・///」

律「そっか・・・唯はもういきたくてしょうがないんだな?」クリクリクリ

唯「ああぁああーっ、あ、ん、はぁはぁ、っっ!?////」

律「ゆい、こういう時はなんていうんだっけ?」ヌチヌチヌチヌチ


74:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 23:39:07.89 ID:13cTWsgY0


唯「うぅううう・・・ン・・・はぁ・・っ!」

律「ほら、なんていうんだよ、ゆい」にこっ

唯「お、っおねがい・・・・しますっ・・・んっ////」

律「はーい、よくできました・・・」

唯「りっちゃん・・・りっちゃん・・・・はぁ・・・////」

律「おまえ、ほんとに始めてなんだよね?」

唯「いまさら、はぁ・・・うたがわないでよぅ・・・・///」

律「ん・・・・ごめん・・・・ゆい・・・」

唯「・・・・うん・・・いいよぉ・・・////」

律「ちょっとだけ・・・我慢だからな?」

唯「うん・・・・わかってる・・・りっちゃん、ちゅー・・」

律「・・ん」ハムッ

唯「・・・あ、ん・・・チュ・・・・ん、はぁ・・・、ふぅ・・・・ん」

律「・・・・・よしよし・・・、じゃあ、いれるぞ。ちょっと、足広げてな」

唯「うん、・・・・////」

律「ゆい・・・・」

唯「なに?りっちゃん・・・?」

律「・・・・ごめんな」


ぐっっっ!!!


唯「ふぅ・・・・!!!!?・・・・いtっ・・・・いたいぃいたいいい・・・・・!?」ブルブルブル

律「ん、いたいな、ごめん。ごめん。がまんがまんだ、ゆい」ギュッ

唯「ん・・・!?いたいいいぃいいいい・・・うぅうううう・・・!!!!!」ブルブルブル

ぐぐぐぐっっ――――

律「・・・・・はぁ・・・は、はいったよ、唯・・・全部はいったっ!」

唯「ほ・・・ほんとっ・・・・?」

律「うん・・・うわぁ・・・・これがゆいの中かぁ・・・・////」

唯「うぅ・・・な、なんか・・・はずかしい・・・・////」

律「・・・・あったかいなぁ///」

唯「ほんと?」

律「うん。暑いのとはまた違った感じだな。この皮膚のツルツル感といい・・・・初めてだらけだよ・・・

唯「えへへ・・・はじめてだらけかぁ・・・よかった・・・・」

律「動かして大丈夫・・・?」

唯「いや・・・・まだ・・・むり・・・いたい・・・・」

律「そっか・・・・じゃあ・・・ちょっとこのままでいるか」

唯「・・・・うん」


75:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 23:57:22.95 ID:13cTWsgY0


律「・・・・まぁ・・・べつにあなの方でいかなくてもいいもんな」

唯「・・・へ?」

律「このままじゃつらいだろ?」クリクリクリ

唯「あっ・・・ちょっと・・・りっちゃんっ!?」

律「右手の中指だけ入れてるから・・・他の指で・・・」グリグリグリ

唯「ん・・・、あ・・ひゅ・・、あ、はぁ・・・んんn!?」

律「ゆい・・・・かわいい・・・ほんと・・・かわいい///」

唯「りっちゃん・・・んっ、あ、・・・すき・・・りっちゃん・・・・すきぃ////」

律「うん、ゆい・・・ゆい・・・・すき・・・すきだよ・・・ゆい・・・・///」ヌチヌチヌチ

唯「あ、ん、はう、・・・ん~~~~~~っ!?」ギュ

律「(うはぁああああ////抱きついてきたぁ/////そしてそのままいったぁ////)」

唯「はぁ、はぁ・・・ふぅ・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・」

律「・・・・指、ぬくぞ・・・?」ズニュ

唯「はぁ。・・・っつっ!?」ズキッ

律「痛かったか?」

唯「うん・・いたかった・・グスッ・・・・・」ギュッ

律「よしよし・・・ごめんな・・・」ギュッ

唯「うん・・・・・でも、大丈夫・・・いたかったけど・・・きもちよかったよ・・・・///」エヘヘ

律「そ、そっか////きもちよかったか・・・////それは・・・うん、ほんとによかった///」タハハ

唯「次は痛くないかなぁ?」

律「さぁ・・・よくわかんないけど、まぁ・・・今日よりはいいんじゃないかな?」

律「てか、ちょっと右よって・・・・さすがに私も疲れた」

唯「うん・・・横になって・・・」

律「ん」ボスン

唯「おつかれさま・・・・・・・ふふふ」ナデナデ

律「なんだよ・・・いきなりなでて・・・・////」

唯「いや、また『次』があるんだなぁって思って」ナデナデ

律「なっ!?///そういうとこつっこんでくるなよっ!なんかはずかしくなるから!!!」

唯「まぁまぁまぁ」ナデナデ

律「くそぉー」

唯「りっちゃん」スッ

律「ん?なに?」

唯「また一緒に寝ようね?」チュッ

律「当たり前じゃん」チュッ







唯「今度は私が上になるから覚悟しといてね」

律「え?」

唯「痛いよぉ~~~」ニヤニヤ

律「え?」


76:VIPにかわりましてNiPPERがお送りします:2011/04/29(金) 23:57:49.05 ID:13cTWsgY0


おわる


77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府):2011/04/30(土) 03:17:28.10 ID:68opajCjo



一瞬勘違いしてしまったが指だよなびっくりしたw
見てるこっちが恥ずかしくなるイチャエロでよかったです!



    唯「りっちゃん今日こそ一緒に寝ようよぉ~・・・」  のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/05/01(日) 23:22:59.00 ID:SSJUNKIE301
  2. あわあああわあああああああああああああゆいちゃんと一緒にネタいおwwwww
  3. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/05/02(月) 00:55:20.00 ID:SSJUNKIE303
  4. 長くて見る集中力途切れそうだったが、これは今までの中で傑作のけいおんSSだな
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する