スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「え、援交・・・ですか・・・?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/05/16 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:04:29.71 ID:XloziePx0


唯「そー!あずにゃんもやってみようよ~」

梓「い、いやです!そんなこと!!」

紬「梓ちゃん大丈夫よー。みんなやってるのよ?」

梓「む、紬先輩もやってるんですか!?」

紬「もちろんよ~!」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:06:06.98 ID:XloziePx0


唯「私も最初は嫌だったんだけど、いっぱいお金もらえるしね」

梓「そんな!」

唯「それに結構セックスって気持ちいいんだよぉ?」

梓「!!////」

紬「わ~照れちゃってか~わいい~」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:08:31.10 ID:XloziePx0


梓「わ、私はその・・・!は、初めては好きな人ができた時までとっておくというか・・・」

唯「それ古いよー!」

梓「え?!」

紬「いい?男って言うのはねめんどくさがりな生き物なのよ。
  処女なんて誰も抱きたがらないの」

梓「う、うそです・・・!」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:10:29.66 ID:XloziePx0


紬「だって処女ってほんとにめんどくさいの。
  穴入れる時だってすごく痛いし、それに・・・重いの、気持ちが」

梓「そ、それは・・・」

紬「ヤりたい時にヤれる女が今の流行りなのよ?梓ちゃんみたいな考えを持ってる女の子は少ないわ」

梓「・・・」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:12:51.84 ID:XloziePx0


唯「それに処女って結構高く売れるんだよ!」

紬「そうそう!唯ちゃんはいくらで買ってもらえたんだっけ?」

唯「6万!」

梓「!」

唯「この前バイトで稼いだ3倍だよ~!あんな短時間でこれはすごいよねぇ」

梓「さ、最低です!!それっぽっちで初めてを・・・!」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:18:31.75 ID:XloziePx0


紬「1回ヤっちゃえば2回も3回も同じものよ」

梓「そ、そんなのウソです・・!!」

唯「わ~あずにゃん泣かないでー!」

梓「だって先輩たちが・・・ぐす、うっ」

紬「梓ちゃんにはちょっと急すぎたかしら。
  そうだ、今日私のおうちに来ない?今日の事はちょっと反省してるの。
  だから・・・」

唯「え~いいな~!あたしも行くー!!ってダメだぁあ!今日は憂に帰ってこいって
  言われてるんだったー!!」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:20:16.03 ID:XloziePx0


紬「あらら残念。・・・じゃあ梓ちゃんだけで・・・来ない?」

梓「・・・・」

紬「お願い!!」

梓「(そんなに頼まれたら・・・)はい、じゃあ少しだけ・・・」

紬「・・・!やったー!」

梓「(悪い人じゃないんだけどなぁ・・・)」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:23:44.27 ID:XloziePx0


紬宅

梓「わ~大きい家ー!!」

紬「ふふふ、ありがとう。じゃあここで待っててね」

梓「はい・・・!」


梓「(わー紬先輩のお部屋広すぎる・・・これで落ち着くのかな)」


あんあん・・・

梓「?」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:26:17.13 ID:XloziePx0


梓「隣の部屋から声がする・・・」(壁に耳をあてる

?「だめっ、やっあっんッ・・・!」


梓「なんだろうこの声・・・猫みたいな声がする」

紬「あらら、何してるの梓ちゃん?」

梓「!!す、すみません!!人のおうちでこんなこと・・・」

紬「ふふ、いいのよ?・・・知りたい?」

梓「え?」

紬「隣の部屋の声のひ・み・つ」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:28:17.25 ID:XloziePx0


梓「い、いえ私は別にそんな!!」

紬「いいのよ。さ、こっちへ来て」

梓「・・・・は、はい」


(隣の部屋のドアの前)

紬「開けてみて」

梓「い、いいんですか!?」

紬「ええ、もちろんよ」

梓「じゃ、じゃあ・・・」


ギィ・・・・


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:30:04.90 ID:XloziePx0


女「ひっぁっ!!だ、め・・・!そんな激しくしちゃぁ・・・!!」

男「はっはっはっ!」


梓「!?!?!?!」


紬「みて~、これセックスしてるのよ~」

梓「な、な、・・・(ガクッ」

紬「あらら?びっくりしちゃって腰抜かしちゃったかしら」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:32:23.70 ID:XloziePx0


紬「ほら、こっちへいらっしゃい。もっと近くで見ましょうよ」

梓「い、いやですぅ!!!」

紬「そんな遠慮しないで?ほら、早く」グイッ
梓「きゃっ!!!!」


女「あっあっ・・・」


紬「ほら、あれがオマンコよ」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:34:39.99 ID:XloziePx0


梓「やだ、やだ見たくない・・・!!!!」

紬「我儘言わないでよ、梓ちゃん・・・。ちゃんと見てくれないと・・・」

梓「ひっ!!!」

紬「刺すわよ」

梓「!!!!!!」

紬「私ぐらいのお金持ちだったらね、人一人殺したって簡単に隠せるのよ」

梓「ガクガクブルブル」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:38:57.97 ID:XloziePx0


梓「・・・・ひくっぐす」

紬「良い子ね~梓ちゃん!じゃあ続き始めるわね」


紬「あの小さいお豆がクリトリスって言うの。クリトリスをね、電マで刺激するとすっごく気持ちいいのよぉ」

梓「や、やら・・・」

紬「そしてあのビラビラ。あのビラビラは黴菌が入らないよう守ってくれてるのよ」

梓「やめて・・・」

紬「そしてあの穴・・・あの穴はもう見て分かるように、おちんこを入れる穴よ・・・」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:41:54.19 ID:XloziePx0


紬「あの穴の中にはGスポットっていうのがあってね、そこを刺激されるとすっごく気持ちいいのよ」

梓「・・・」

紬「あの穴に精子を入れれば可愛い赤ちゃんの誕生よ。どう、分かったかしら?」

梓「さ、最低です・・・」

紬「あらら、お気に召さなかったかしら。なら・・・」

梓「きゃっ!!!」

紬「ねぇあんた。この子に気持ちいいこと教えてあげなさい」

男「おっ、可愛い子だねぇ」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:45:16.58 ID:XloziePx0


梓「・・・!!や、やだ!!!」

紬「大丈夫よーすぐ気持ちよくなるわぁ」

梓「ほんとにやめてください・・・!」バッ
紬「あらあら、逃げるの?」


梓「(やばい、やばい!!紬先輩がおかしい!!に、逃げなくちゃ!!)」ダッ

紬「ふふふ、この私から逃げられると思ってるのかしら・・・。
  40秒経ったら探し出しに行きなさい」

家来「「「はっ!!!!」」」」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:48:02.46 ID:XloziePx0


梓「(やばい、やばい!!早くここから逃げ出さなくちゃ・・・!!!)」ハァハァ

梓「(けど家が広すぎて迷っちゃったよ・・・、どうしよう、このままじゃ捕まっちゃう)」


梓「(そ、そうだ携帯・・・!って鞄丸ごと紬先輩の部屋に置きっぱなしだった・・・)」


梓「(ここがどこだかもわからないし・・・本当にどうしよう)」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:51:23.48 ID:XloziePx0


ピンポンパンポ~ン♪

梓「!!」


紬『やっほー梓ちゃん~。聞こえてるぅ?あのね、今から私の家来共が梓ちゃんを探しに行くわよ~
  頑張って逃げ切ってね!けど、捕まっても待ってるのは・・・ご褒美よ』

ブチッ

梓「・・・!!やだ、どうしよう逃げなくちゃ!!と、とりあえず一階に降りる階段を・・・!」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:54:03.25 ID:XloziePx0


梓「ハァッハァッ・・・この廊下どこまで続くのぉ!!」


梓「これほど自分の体力のなさにガッカリしたことはないよぉ・・ハァハァ」


梓「ハァハァ・・・あ、階段!!あそこを降りれば1階のはず・・・!!」ダッ

ドンッ

梓「きゃっ!!!!」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:56:33.32 ID:XloziePx0


家来Ⅰ「おやぁ・・・」

  梓「ひぃっ!!!!!」


家Ⅰ「見つけましたよ。さ、大人しく・・・」

 梓「やめてくださいいい!!!」ドンッ
家Ⅰ「うおっ!!!」ドタガタビタドシャーーン!!(階段から落ちる
 梓「!!!!」

家Ⅰ「うっ・・・」

 梓「いやああああ!!!」ダッ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 01:59:18.99 ID:XloziePx0


梓「やだ、やだ、もうやめて・・・!!なんで私がこんな目に!!誰か助け・・」


ドンッ

梓「いやあああ!!」

?「梓!!!!!」

梓「やだああああ!!!もうやめてくださいいい!!!うわああああ!!」

?「落ち着け梓!!!!私だ!!!!」

梓「・・・・!!!み、澪先輩・・・・」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:00:54.40 ID:XloziePx0


澪「よかった・・・間にあったみたいだな」

梓「な、ん、で・・・澪先輩が・・・」ガクッ
律「あのー・・・私もいるんですけどお」

梓「律先輩・・・」

律「反応うすっ!!!」

梓「ひくっぐすっ」

澪「こわかったな・・・もう大丈夫だぞ」ぎゅっ


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:02:59.13 ID:XloziePx0


梓「ひくっぐすっ・・・はっ!!む、ムギ先輩が・・・!!!」

澪「ああ、知ってる」

梓「そんな!ならなんで・・・」

律「いくら私達が言っても聞きやしないんだ、アイツ」

澪「唯だけは取り入れたみたいだが、次は梓を狙うなんて・・・最低だ!!」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:06:20.21 ID:XloziePx0


梓「で、でもなんで澪先輩達がココに・・・」

澪「唯から話聞いたんだ。『私もムギちゃんちに行きたかったなー』って言ってたから、嫌な予感がして聞きだしたんだ」

律「そしたらあっさり話してくれたよ。ムギは最初っから梓に謝罪する気なんてねぇよ。
  むしろ謝礼出せって思ってるだろうな、アイツは」

澪「そうだな・・・。残念だが、もうムギの奴とは関わるな」

梓「で、でも・・・」

澪「いいな!!!」

梓「はいっ!」びくっ


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:08:55.63 ID:XloziePx0


澪「す、すまない大きな声出して・・・」

梓「いえ・・・」


律「・・・さぁ、馴れ合いは終わりだ。・・・逃げるぞ」

澪「ああ!」

梓「はい!!」


ダッ・・・

家Ⅱ「おーっと、そうはいかないよ」

 澪「ひぁっ!!!!」

家Ⅱ「おっ、きみ結構胸あるねぇ・・・」もみもみ


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:12:17.97 ID:XloziePx0


澪「きゃああ!!!」

梓「澪先輩!!!」

律「澪!!!!」


家Ⅱ「へへへ、こんな可愛い顔してこの胸は卑怯だよぉグヘヘ」もみもみもみ
澪「やらっ、やだ・・・!!」

律「澪から離れろおおお!!!!!!!」ドシイイ!!

家Ⅱ「ぐおおお!!」

 律「澪のおっぱい触ったな・・・」

 澪「りつうう!!」ダッ
 律「私も澪のおっぱい触ったことないのにいいいい!!!」

 澪「おいっ!!!!」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:15:14.05 ID:XloziePx0


梓「先輩達!今のうちで早く逃げッ!!」

律「うおっ!!!」


家Ⅱ「やってくれたね、おじょうさん」ガシッ
 律「・・・・!!」

 澪「律ぅ!!!」

 律「ちっ、・・・梓と澪は早く逃げろ!!!コイツは私が食いとめておく!!」

 梓「そんなのできません!!」

 澪「そうだ、そんなの!!!!!」


 律「私を信じろ!!!!!」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:18:15.97 ID:XloziePx0


律「こんなクソみてぇなおやじ、すぐフルボッコにしてやるよっ」

澪「そんなの・・・」

律「早く外の人に伝えてくれ・・・お願いだ!!!!!」

梓「そんなのできまっ」


澪「わかった!!絶対追いつけよ!!!」ガシッ
梓「澪先輩!?」ダッ

律「・・・・さぁて、おじさん。私の足から手をどかしてくれるかなぁ?」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:20:38.68 ID:XloziePx0


梓「み、澪先輩!!!律先輩が律先輩があ!!」

澪「うるさい、黙れ!!!!」

梓「澪せんぱいい!!!」


家Ⅲ「おーっと、獲物は一人だって聞いたが、どこで子うさぎちゃんが加わったのかなぁ?」


澪梓「「!!!??」」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:27:11.02 ID:XloziePx0


澪「・・・・っ!!」ドンっ
梓「きゃっ!」

澪「ここをまっすぐ走ったらすぐ玄関だ!!早く行け!!!」

梓「そんなの!!」

澪「早く、知らせてくれ、頼むっ!!!!!」

梓「・・・・っ」ダッ


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:29:20.10 ID:XloziePx0


梓「ハァハァ・・・ぐす、うっ、澪先輩、律先輩ぃ・・・!!!」ダダダ

梓「ハァっ・・あ!!あれが玄関だ!!早く、早く外に・・・!!!」


ドゴン

梓「!!!?」


梓「(やばい・・・気・・・が・・・遠く、に・・・)」ふわ

ばたっ


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:34:32.21 ID:XloziePx0


梓「ん・・・・」


梓「ここは・・・確か・・・ひぁっ!!!!!!」


憂「うはははははははは!!!!!!!!!!」


梓「!?!?!憂!?!?!?」

憂「あんたがお姉ちゃんをお姉ちゃんを・・・!!!!」グシャグシャドシャグシャ
紬「ひぎゃっむぎゅ!!!」ドビュグシャ

梓「いやああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」


END


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 02:35:37.69 ID:1lzKlQo10


いい終わり方だwwwwwwwwwwww


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/15(木) 03:01:55.01 ID:rCNLwan50


良い終わりだ



    スポンサーサイト梓「え、援交・・・ですか・・・?」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。