スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂「実は私唯なのです!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/05/23 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 19:42:03.05 ID:Qp086Nwq0


梓純「は?」

憂「あずにゃんに会いたくて憂の振りしてきちゃったー!」ダキッ

純「もーいい加減にしなよ憂ー」

梓「いや……待って純……」

梓「唯先輩ならやりかねないっ!!」

純「ええっ!?まさか本当にっ!?」

さわ子「おはよう憂ちゃん」

梓「まぁ、そんな訳無いか……」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 19:47:52.33 ID:Qp086Nwq0


さわ子「今日も唯ちゃんの真似してるのね?」

憂「何言ってるのさわちゃん、私唯だよ?」

純「え?それじゃ本当に唯先輩!?」

梓「そんな……おっぱい鑑定士とまで呼ばれたさわ子先生が見間違えるなんて……」

さわ子「勝手に変な異名付けないでくれる?おかしいわね、どっからどうみても憂ちゃんだと思うんだけど……」

憂「やだなぁ、さわちゃん。その年でもう耄碌したの?」

さわ子「」ボカッ


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 19:53:57.76 ID:Qp086Nwq0


純「さ、さわ子先生落ち着いて!!相手は憂ですよ!!」

さわ子「あ、あら、ごめんなさい。つい反射的に……」

憂「うぅ……さわちゃん。ひどいよぅ……」

梓「でも、いくら変装してても憂がこんな事言うとは思えないけど……さわ子先生本当にこれ憂なんですか?」

さわ子「私の目に狂いは無いわ!」

憂「さわちゃん、やっぱ年なんじゃ……」

さわ子「…………!!」

純「先生落ち着いてーーー!!!」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 20:02:37.34 ID:Qp086Nwq0


梓「もう憂、おふざけはそこまででいいから……」

純「そうだよ。これ以上やるとさわ子先生が自分を抑えきれなくなるよ」

憂「もうみんなしつこいなぁ。私は本当に唯なのに……」

梓「ういぃ……」

純「あ、もしかして唯先輩の胸がおっきくなったんじゃ!だからさわ子先生でも判別できないのかも……!」

梓「あ、それはあるかも!」

さわ子「いやいや、いくら唯ちゃんでも一、二ヶ月でそんな急激なバストアップはしないわよ。それに私だって胸だけで判断してるわけじゃないし」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 20:09:04.68 ID:Qp086Nwq0


梓「それじゃ一体どうして……」

さわ子「なんかややこしくなってきたけど、私そろそろ職員会議だから行くわね」

梓「え、そんなさわ子先生ーー!!」

純「無責任な人だなぁ……」

梓「あ、それ、純には言われたくないと思う」

純「ほほぅ……あー、やっぱ軽音部入るのやめよっかなー?」

梓「すいませんでした」

純「焼きそばパンとコーヒー牛乳ね」

梓「足元見てぇ……」

憂「私はメロンパンとイチゴミルクがいいなぁ」

梓「唯先輩は関係ないでしょ!」

憂「冗談だよ、あずにゃーん!いくら私でも後輩におごらせたりしないよぉ!」ギュウ

梓「まったくもう」

純「梓……あんた……」

梓「はっ……!!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 20:17:09.00 ID:Qp086Nwq0


憂「ぐーぐー……」

純「憂授業終わったよ?」

憂「うーん……後五分ー……」

梓「いつもの憂なら居眠りなんてしないのに……」

純「ねぇ、やっぱこれ本物の唯先輩なんじゃない?」

梓「私もそう思えてきたよ……」

純「唯先輩に電話でもかけてみたら?それではっきりするでしょ」

梓「そうだね。そうしてみる」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 20:23:43.31 ID:Qp086Nwq0


prrrrrrr

唯『もしもし、あずにゃん!?』

梓「出た!!」

純「嘘っ!?じゃあやっぱりこれは……」

梓「もしもし唯先輩!?」

梓「あ……いえ、別に用って事は無いんですけど……」

梓「唯先輩のほうはどうなんですか?私たちがいなくても大丈夫なんですか?」

梓「もう、あんまりみなさんに迷惑かけちゃ駄目ですよ?」

梓「そうですか……大学でも軽音部に……」

梓「新しい友達……へぇ……」

梓「焼きもちなんかじゃないもん!」

梓「あ、はい。それじゃまた……」

純「…………」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 20:30:11.46 ID:Qp086Nwq0


梓「うん、決まり!やっぱりこれは憂だよ、間違いない!」テカテカ

純「……梓、私常々思ってたんだけど、あんたも相当重症だよね」

梓「?何のこと?」

純「自覚症状が無いってところがまた……」

梓「だ、だから何のこと!?」

純「いやいや、いいのいいの気にしないで」

梓「……なんかむかつく」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 20:35:30.60 ID:Qp086Nwq0


純「じゃあ、憂はどうしてこんな事に……」

梓「私たちをからかってるにしてもやりすぎだしね」

純「そもそも憂はそういう事をするような子じゃないし……」

梓「純、これはあくまで私の予想なんだけどね」

純「お、何か心当たりあんの?」

梓「うん、憂ってさ唯先輩の事大好きでしょ?」

純「うん……」(あんたも人の事言えないと思うけど……)


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 20:44:46.69 ID:Qp086Nwq0


梓「その唯先輩が寮に入ってしまった。修学旅行なんかの比じゃない。
  これからは唯先輩に会える日のほうが少ないんだよ。これはきっと憂にとっては耐え難いことだと思う」

純「そりゃあねぇ……」

梓「表面上は平気そうに見せたって内心はすごく辛かったはず。そしてとうとうその寂しさは臨界点を超えてしまった。
  そこで憂は自分自身が唯先輩になりきることによって自分の心をごまかしてるんだよ」

純「つまり、今憂は一種の自己暗示にかかってるって事?」

梓「そういう事!」

純「なるほどねぇ……さすが唯先輩依存患者、同類の気持ちはよく分かるのね」

梓「なっ……!?私はそんなんじゃないもん!」

純「はいはい」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 20:54:24.39 ID:Qp086Nwq0


純「で、憂を正気に戻すにはどうすればいいの?」

梓「それは……分からない……」

純「だめじゃん」

憂「うーん……」

純「あ、憂……起きた?」

憂「ふあぁ……おはよう、あずにゃん純ちゃん」

梓「ねぇ憂、お願い正気に戻ってよ」

憂「あはは、あずにゃんまだ疑ってるの?大体憂だったら居眠りなんかしないよー」

純「あちゃー……これは本格的に病気だわ」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 21:04:19.25 ID:Qp086Nwq0


梓「憂、現実から逃げちゃ駄目。唯先輩はもういないんだよ!?悲しいのは私も分かる……。
  でも、そんな事をしたって何もならないよ!現実から目を背けないで!!憂がそんなんじゃ唯先輩も悲しむよ!!」

純「あ、梓……?ちょっと大袈裟じゃない?今生の別れでもあるまいし……」

憂「もう……あずにゃんもしつこいなー……。そんなことよりさ、あずにゃん今日家に泊まりに来ない?」

梓「え……?」

唯「今日丁度、憂が家空けててねー。一人じゃ寂しいしー……」

梓「いいよ……」

唯「やったー!!」

純「え、梓?」

梓「憂がこんな事になったのは寂しさが原因のはず……。私がそれを解消してあげればもしかしたら……」

純「そう、上手く行くかなー……」

梓「うん、明日にはきっといつもの憂の姿を見せてあげるよ!」

純「はぁ……頼もしいことで……」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 21:16:22.29 ID:Qp086Nwq0


憂「とういうことで、ようこそ。あずにゃん!」

梓「おじゃましまーす……」

憂「まーゆっくりしていきたまえー」

梓「ねぇ、憂……」

憂「うーん、あずにゃんまだ私が憂だと思ってるんだね……。でも、タメ口のあずにゃんってのも結構いいかも……」

梓「憂のご両親とかっていないの」

憂「あぁ、そうだねー……やっぱりお母さん達は全然帰ってこないよ」

梓「そう……」(こんな広い家にずっと一人で……そりゃあ、寂しいよね……)


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 21:24:36.37 ID:Qp086Nwq0


憂「あずにゃーん、お風呂沸いたよー」

梓「あ、先に入ってていいよ」

憂「えー、一緒に入ろうよー。あずにゃーん」スリスリ

梓「ニャッ!だ、ダメだよ!」

憂「ちぇー、あずにゃんのいけずー……」

梓「ダメなものはダメなの!」

梓(今の憂と一緒に入ったら何されるか分かったもんじゃないし……)

梓(それにどうせだったら本物の唯先輩と……って違くて……)

梓(でも、今一緒に入っちゃえば擬似的とはいえ……唯先輩と……って、あぁもう何考えてるの私!煩悩退散!煩悩退散!)


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 21:34:18.79 ID:Qp086Nwq0


憂「あずにゃん、どうしたの?顔真っ赤だよ?」

梓「な、なんでもない!何でもないから!」

憂「変なあずにゃん」

梓「そ、そういえば、夕ご飯はどうするの?」

憂「あー……私、料理できないし……出前でもとろっか?」

梓「そんな……お金がもったいないよ。家に何か無いの?ちょっと冷蔵庫とか見てもいい?」

憂「どうぞどうぞ」

梓「あっ、何だ。結構材料あるじゃん。さすが憂。私が適当に何か作ってるから憂はお風呂入ってて」

憂「おおっ、あずにゃんの手料理!分かった、楽しみにしてるね!」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 21:40:35.00 ID:Qp086Nwq0


憂「おおっ、これがあずにゃんの手料理!」

梓「憂と比べたら全然下手だけど……」

憂「そんなことないよ!すっごく美味しそう!いただきまーす!」

梓「ど、どうかな?」

憂「美味しー!!あずにゃん天才!!」

梓「そ、そんな大袈裟な……お世辞なんかいいよ……」

憂「え、何で?そんなことないのに」

梓「だ、だって憂と比べたら到底適わないし……大体料理覚えたのだってつい最近だし……」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 21:48:59.32 ID:Qp086Nwq0


憂「へぇー、何で突然料理覚えようと思ったの?」

梓「そ、それは唯先輩が一人暮らしするって勘違いしてて……私も何か唯先輩のお手伝い出来たらいいなって……」

憂「それじゃ、私のために料理覚えたの!?」

梓「結局全部無駄になっちゃったけど……」

憂「あずにゃん……ううん……無駄なんかじゃないよ?だって、今こうしてあずにゃんの料理食べられてるんだから」

梓「唯先輩……」

梓(唯先輩……?いや、違う。これは憂だ……憂なのに……)

憂「えへへー、あーずにゃん」ダキッ

梓「ニャ!?」

憂「いい子いい子」ナデナデ

梓(あったかい……この感じ久しぶりだな。でもこれは唯先輩じゃなくて……あぁ、なんかもうどうでもいいや……)

梓「ふにゃあ……ゆいせんぱいぃ……」

憂「あずにゃーん♪」スリスリ


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 21:55:43.60 ID:Qp086Nwq0


純「おはよっ!梓、首尾はどうだった?」

梓「え、何のこと?」

純「へ……?」

憂「あーずにゃん!」ダキッ

梓「もう唯先輩やめてください!人前ですよ!」

憂「よいではないか、よいではないか」

梓「ニャアアア!!」

純「………………」

純「ミイラ取りがミイラになったーーー!!!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 22:05:34.73 ID:Qp086Nwq0


さわ子「あら、おはよう」

純「さわ子先生……」

さわ子「どうしたの純ちゃん。朝っぱらからグロッキーね」

純「見てくださいよ……あれ……」

梓「唯先輩、いい加減離してください」

憂「えーやだー」

さわ子「なるほどねぇ……」

純「私もうどうしたらいいのか……一応友達としてあの姿は見てられない……」

さわ子「まぁ、今すぐに何とかしろってのは無理だけど」

さわ子「一つだけ手っ取り早くて確実な方法があるじゃない」

純「え?」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 22:10:07.94 ID:Qp086Nwq0


純「遊びに行こう!」

憂「ほえ?」

梓「どうしたの純?突然」

純「だから遊びに行こう、親睦を深めるために」

憂「私も行っていいの?」

純「もちろん」

憂「やったー!!」

梓「またいきなり……。まぁ、別にいいけど」

純「それじゃ、日曜日に駅前でね」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 22:17:08.73 ID:Qp086Nwq0


憂「お待たせー!」

梓「もう唯先輩遅刻ですよ!」

憂「えへへーごめんごめん!何か目覚ましが鳴らなくってさー」

梓「それ絶対自分で止めただけですよ」

憂「えーそうかなー」

梓「全くもう、本当唯先輩は変わらないですよね」

憂「うぅ……面目ない……」

純(鳥肌が……落ち着け私……今日でこの茶番からは解放されるんだから……)

梓「それじゃ、全員そろったし行こっか」

純「いや、待ってもう一人来るから」

憂梓「え?」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 22:27:34.70 ID:Qp086Nwq0


梓「ちょっと純、誰そのもう一人って?私そんなの聞いてないよ?」

憂「私も聞き覚えないなぁ」

純「まーすぐ分かるって……ほら来た!!」

唯「あーずにゃーん!ういー!純ちゃーん!」

憂梓「!!!???」

憂「お……お゛ね゛え゛え゛え゛ち゛ゃあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛!!!!!!!」ダキッ

梓「ゆ゛い゛せ゛ん゛は゛あ゛あ゛あ゛あ゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛!!!!!!!」ダキッ

唯「うわっ!ふ、二人ともどうしたの」

憂「おねえちゃんおねえちゃんおねえちゃーーーーん」ギュウ

梓「ゆいせんぱいゆいせんぱいゆいせんぱーーーーい」ギュウ

唯「ちょ……二人ともくるし……」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 22:39:24.79 ID:Qp086Nwq0


純「唯先輩、すいません忙しいだろうに呼び出したりして」

唯「それはいいんだけどさ、ええと……これはどういう事なのかな?、」

純「実はかくかくしかじかという事がありまして……」

唯「そんな事が……」

憂「おねえちゃーん……」

梓「ゆいせんぱーい」

唯「おーよしよし、寂しい思いさせてごめんねぇ」

純「ま、今日は三人で心行くまで楽しんでくださいよ」

唯「え、純ちゃんは?」

純「お邪魔虫は退散しますよ。二人が元に戻るのが最優先ですからね」

唯「純ちゃんごめんね、二人のためにわざわざ……」

純「いえ、困ったときはお互い様ですよ。これでも一応友達ですから」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 22:42:41.13 ID:Qp086Nwq0


数日後

憂「おはよう、梓ちゃん、純ちゃん」

純「おはよ、すっかり元の憂に戻ったね」

梓「本当、一時はどうなることかと思ったよ」

純「へー……あんたがそれを言いますかー」

梓「な、なによぅ……」

純「べっつにー」

梓「うぅ……」

憂「まぁまぁ、二人とも」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 22:49:17.82 ID:Qp086Nwq0


梓「だけど憂、大丈夫なの?」

憂「え?」

梓「だってさ、結局憂はあの家に一人ぼっちのままだし……」

憂「あ、それなんだけどね。この前両親が帰ってきて今年は出来るだけどちらかが家にいられるようにするって」

梓「そうなんだ!良かった!」

憂「うん、何かお姉ちゃんが掛け合ってくれたみたい」

純「へぇ……いい姉を持ったねー」

憂「うん!!あ、梓ちゃんも出来るだけメールとか電話するって」

梓「えぇ……今のままでも十分なんだけどなぁ……これ以上増えても迷惑かも」

純「……ねぇ、梓」

梓「な、なに純……え、何それボイスレコーダー……?」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 22:56:44.14 ID:Qp086Nwq0


ポチッ

梓『ゆ゛い゛せ゛ん゛は゛あ゛あ゛あ゛あ゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛!!!!!!!』

梓「!!!!」

梓『ゆいせんぱいゆいせんぱいゆいせんぱーーーーい』

梓「じゅ、純それこっちに渡して!!」

純「やーだよ」ポチッ

梓『ゆ゛い゛せ゛ん゛は゛あ゛あ゛あ゛あ゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛!!!!!!!』

梓『ゆいせんぱいゆいせんぱいゆいせんぱーーーーい』

梓「いやーーー!!それ止めてー!!バカバカバカバカ!!!」

純「あー、今日は食堂のからあげ定食が食べたいなー」

梓「っ!!そ、そんなことやってると友達失くすからね!?」

純「へー……そんな事いっていいんだー?」ポチッ

梓「いやーーーー!!!」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 23:10:12.23 ID:Qp086Nwq0


憂「まぁまぁ、梓ちゃん落ち着いて」

梓「うぅ……純なんてもう知らない……」

純「むしろ私は感謝してもらいたいくらいだよ」

憂「私も梓ちゃんも純ちゃんには感謝してるよ。でも、ほら梓ちゃんって素直じゃないところあるから」

梓「うぅ……憂まで……」

純「ま、それはともかく憂は今度から寂しくなったら私たちに言いなよ。また泊まりに行ってあげるからさ」

梓「そうだよ、憂はもうちょっと私たちに頼っても良いんだよ?」

憂「うん、ありがとう二人とも」

純「いやぁ、でも梓は頼りにならないからなぁ」

梓「なっ!?」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 23:18:54.78 ID:Qp086Nwq0


純「だってさぁ、ほら」

梓「や、やめて!分かったからそのボイスレコーダー消して!お願い!」

純「えぇ……これを消すのはちょっともったいないなぁ」

憂「そうだねぇ。梓ちゃんの貴重な本音がつまってるしね」

梓「ちょ、憂まで何を言ってんの!」

純「なんだったら、これ教室で流してあげよっか?」

憂「それいいかも♪」

梓「やめてえええぇぇぇ!!!!!」




おしまい


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 23:22:04.06 ID:8LcbFS0C0


お疲れ様
面白かったけど、もうちょっと楽しみたかったな


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 23:32:52.17 ID:7kQKT4Z50


おつ!!



    スポンサーサイト憂「実は私唯なのです!」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。