スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古泉「涼宮さんて超電磁砲の主人公とキャラ被ってますよね」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: 涼宮ハルヒの憂鬱SS | 更新日: 2011/06/07 19:30
11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 11:43:55.43 ID:gDOyene80


ハルヒ妹「いつまで人の下着を覗いているのですか?とハルヒは問いかけます」

キョン「おわっ!?すまんハルヒ!」

ハルヒ妹「・・・貴方はお姉さまの知り合いですね?」

キョン「ハルヒ・・・?じゃないのか?」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 12:03:33.45 ID:gDOyene80


(またハルヒの仕業か、この子もハルヒ本人じゃないみたいだし)
「ここは何処なんだ?気が付いたら、地面に倒れてて・・・」

「ここは学園都市の第◯学区にある公園です。とハルヒは説明します」

「・・・学園都市?」

「・・・。」
「貴方は本当にお姉さまの知り合いですか?」

(なんかヤバイこと言ったか?)
「いやいや、涼宮ハルヒ!知り合いだよ!
そうだ!とりあえず、駅前までの道を案内してくれないか?」

「・・・女子中学生を妙な手口でナンパするため、ではなさそうですね」
「いいですよ、お困りならば道案内くらいは。とハルヒは買って出ます」

(なんだ?この口調・・・)


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 12:14:03.72 ID:gDOyene80


(言われてみれば、このハルヒの身長やなんかは中学生の頃のだ)

「ここが駅前です」

「ああ、ありがとう」
(女子中学生をコレ以上遅くまで連れ回す訳にはいかんな)

携帯の番号を交換し自称「ハルヒ妹」と別れた

「さーて、帰るにも知らない駅名ばっかだな
どれに乗ればいい?」
(などとひとり戯言を・・・)

本当はわかってたさ、電車に乗っても無意味な事くらい


どうやら俺は異世界に来ちまったらしい


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 12:22:54.68 ID:gDOyene80


途方にくれていると、声をかけられた

「あの、なんか・・・お困りですか?」

「ん?」

「あ、いや、なんか時刻表見ながら深刻そうな顔してたので・・・」
「俺、上条当麻っていいます。何かお困りなら・・・」


助けがきた
意外だったのは、長門でも古泉でも朝比奈さんでもなかったことだが、そんなのはどうだっていい

怪しまれない程度に事情を話すと、家に泊めてくれるらしい、いい人だ!
同い年ということもあり、本名より呼ばれなれたニックネームで呼んでもらう事にした


「実は、もう一人居候がいるんだ」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 12:27:25.01 ID:gDOyene80


「そっちの方は、他所に預ければいいからさ」

「おいおい、それは悪いよ」

「いやいや!実を言うと、女の子で・・・」

「なにっ!同棲ってことか!?」

「いやー、そんなわけじゃ・・・」

などと話しながら彼の家につく

ガチャ
「ただいまー帰ったぞ~」

「お邪魔しまーす」


「お帰りなさい、上条当麻」
「そして、あなたを待っていた」

「・・・長門!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 12:39:36.35 ID:gDOyene80


「知り合いなのか?」

「ああ」
「長門、どういう状況なのか説明してくれるか?」

「私とあなたはこの世界に飛ばされたもよう
あなたの存在を観測したのは、ついさっき」

「飛ばされた?」

「もとの世界は存在している、時間の流れが違うらしく、私は数日前からこの世界にいる」

「なら、何時でも戻ろうと思えば戻れるんだな?」

「可能。ただし、あなたも先ほど会った涼宮ハルヒの同位体」

「やっぱり、ハルヒが噛んでくるか」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 12:44:44.05 ID:gDOyene80


「涼宮ハルヒの同位体は、およそ1万体確認された」

「あいつのコピーが1万体!?想像したく無いな」
「それに、どっちかというとお前のキャラだろ」

「キャラ?」

「・・・忘れてくれ」

「もしかすると、あなたの意見は的をいてるかもしれない」

「?」


「涼宮ハルヒの同位体は確認できているが、涼宮ハルヒ本人の存在が確認出来ない
どの世界でも」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 12:50:04.78 ID:gDOyene80


「な・・・に!?」

「はじめに言ったこの世界に飛ばされたのは私とあなただけ」
「古泉、朝比奈両名はもとの世界に未だ存在している」


「つまり、涼宮ハルヒが、消えてしまった」

「なんてこった・・・」
「つまり、ハルヒの痕跡が残るこの世界であいつを見つけなければ、戻ったところで・・・」

「涼宮ハルヒは存在しない」

「あのバカ・・・なにやってんだよ!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 12:57:24.80 ID:gDOyene80


「間違いなくこの世界にハルヒがいるんだな?」

「同位体というわずかな痕跡が残るだけ確信は無かった」

「・・・無かった?」

「そう、今は確信している」
「あなたがあらわれた」

「俺が?」

「そう、あなたがこの世界に飛ばされた事
そしてこの家に来たこと」

「どういう意味だ?」

「私はあなたがこの家に来るために、何も仕向けていない」

「それじゃあ、全くの偶然で俺もお前も上条家に来たってのか?」


「そう、それが、私の考える根拠」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 13:01:54.31 ID:gDOyene80


(長門もずいぶんと人間らしくなったな・・・)
「そうだ、ハルヒ妹とアドレス交換したんだ
明日にでも連絡して、様子をみよう」

「了解」


「うーっす、話し終ったかー?コンビニで晩飯買ってきたぞー」

「何から何まですまんな上条」

「なーに、気にすんなって!」



(ハルヒ・・・お前は今何処にいるんだ・・・?)


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:34:10.27 ID:gDOyene80


ツーツーツーツー
「おかしいな」
「昨日会った『ハルヒの妹』と連絡が取れない」

「・・・確認した、確かに昨日あなたと会った涼宮ハルヒ同位体は消えている」

「消えて・・?妙な事つづきだな」
「上条、悪いがもうしばらく厄介になりそうだ」

「なぁに、全然気にすることねえぜ!」
「ひとり暮らしだから、楽しいくらいですよ?上条さんは」

「すまんな」

ハルヒは何処にいるんだ?
手がかりまでがどんどん消えていく、俺達はハルヒを取り戻せるのだろうか?


「・・・。」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:35:26.54 ID:gDOyene80


(なんやかんやありまして)


「ようやく見つけたぞ・・・!」
「なんで妹達を殺して回るんだ!?・・・ハルヒ!!」

「きゃはははは!キョンだ~!あはははは!」

「ハル・・・ヒ?」

「あの女の子が、妹達のオリジナルなのか?」

「アレはもう涼宮ハルヒではない」

「長門、どういう事だ!?」

「肉体は涼宮ハルヒのそれ、しかし、中身がもはや別物になってしまった」

「そんな・・・!!だったら、どうすればいい!?」

「・・・彼女の話しを聞いて、あなたが見つけなければならない」

「俺が、か・・・?」


「きゃはははは!ねえキョン!私がどうしてこいつ等を殺してるかって?」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:43:26.91 ID:gDOyene80


「あのね、キョン!だってこいつ等私と同じ顔してるじゃない?」

「それが・・・どうだって言うんだ?」

「私はこの世でひとりの存在なのよ!?
私のコピーがうようよ居るだなんて!私には耐えられない!!」

「な!?そんな理由で妹達を?」

「そうよ!悪い!?
私は大勢のなかのひとりでいることが、絶対に許せないのよ!!」

「ハルヒ、お前は・・・間違っている!」

「だったら止めてみなさいよ!!」


「ふざけるなよ、テメエ・・・!!」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:48:26.94 ID:gDOyene80


「上条・・・?」

「誰よ、あんた」


「ふざけるなよ、テメエ!」
「自分が唯一の存在になるために殺しただぁ?俺にはわかんねえよ!
全ッ然わかんねえよ!!」

「あんたが理解する必要無いわ」

「この子達だって生きてるんだろ?この子達ひとりひとりだって、唯一の存在だ!!」
「ソレを自分勝手に殺していいわけが無え!」


「まずは、その幻想をぶっ殺す!」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:52:26.05 ID:gDOyene80


「うおぉおおおおお!」ダッ

「・・・ふん!」

ハルヒに駆け寄る上条にハルヒが手のひらを向けて、何かを放った気がした
しかし、上条の右手がソレを切り裂く

「なっ!?」

「おおおおおおおおおおおおお!!」
バキィイッ!

「きゃあああ!」ドサッ


「・・・ハルヒ」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:57:48.40 ID:gDOyene80


見ると、ハルヒの足のほうから光となって消えていく・・・

「お前だって、こんな結末を望んだわけじゃ無いんだろ?
お前は力があるんだ、もっと妹達と共に歩む道もあったはずだ・・・!」

「きゃはははは!きゃはははは!」
シュウウウウウウ・・・

「もしも生まれ変わる事があって、同じ過ちを冒したときには・・・」


「またおれが、その幻想をぶっ殺す!」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:03:47.42 ID:gDOyene80


「すまんなキョン、おれではこんなやり方しか出来なかった」
「全然・・・力になれなくて・・・」

がっくりと肩を下ろす上条

「いや・・・そんな事は・・・」

これで、ハルヒは元に戻れるのだろうか?

「・・・。」

長門がいつもと同じ表情でたたずむ
こいつの表情も、だいぶ読めるようになったつもりなんだがな







・・・。
いや、やはりおかしい

長門は俺に解決する様に求めたはずだ
やったのはすべて上条だ


俺はまだ、何もしていない


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:07:09.04 ID:gDOyene80


何だ?何を見落としている!?

ハルヒは消えてしまった、妹達はハルヒでは無い

ここからなんだ、この時点から解決を見出さねばならない

よく、思い出すんだ
この世界に来てからのすべてを・・・!


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:16:04.50 ID:gDOyene80


「俺、上条当麻っていいます。何かお困りなら・・・」
「もとの世界は存在している、時間の流れが違うらしく、私は数日前からこの世界にいる」
「涼宮ハルヒは存在しない」
「あなたがあらわれた」
「私はあなたがこの家に来るために、何も仕向けていない」
「肉体は涼宮ハルヒのそれ、しかし、中身がもはや別物になってしまった」
「・・・彼女の話しを聞いて、あなたが見つけなければならない」
「俺が、か・・・?」
「私はこの世でひとりの存在なのよ!?
私は大勢のなかのひとりでいることが、絶対に許せないのよ!!」
「全ッ然わかんねえよ!!」


そのとき、上条が一言つぶやいた

「それにしても、妹達を殺して回った能力者のわりには全然たいした事無かったな」


ソレを聞いて、突然俺にある考えが閃く


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:20:23.36 ID:gDOyene80


「全然・・・?」


「なぁに、全然気にすることねえぜ!」
「全ッ然わかんねえよ!!」
「全然・・・力になれなくて・・・」
「全然たいした事無かったな」


そう、「全然」
これは、まぎれもなく

涼宮ハルヒの口癖だった


「上条、お前・・・」


「ハルヒ・・・なのか?」

パキィーーーーン!


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:24:35.88 ID:gDOyene80


周囲の景色が一瞬で変わり、俺は部室の椅子に座っていた

団長机には、ハルヒが突っ伏して寝息をたてており
机の上には「とある魔術の禁書目録」が重なっている

「すべてはハルヒの夢だった、というわけか。なぁ長門」

「そう」

いつも通り呟くように長門が言う


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:33:33.28 ID:gDOyene80


「この面白げなライトノベルをハルヒに貸したのは・・・古泉ってとこか?」

「ははっ、素晴らしい推理です。感服しましたよ」

「そして、ハルヒに空想科学に触れさせる事が未来の構築に必要だったから、
朝比奈さんは手が出せなかった、そうですね?」

「え!?えっと、禁則事項です・・・」

朝比奈さんが申し訳なさそうに言う

「長門はすべてを知っていたな?」

「そう、知っていた」

「キャラが違う。あれがヒントになるように強調してくれたんだな」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:41:12.85 ID:gDOyene80


「まさかそこまで複雑な夢になるとは、我々にも想定外だったのですよ」
「当たり前のように、涼宮さんが御坂のポジションで、あなたが上条に置き換わると思っていましたから」

「ところが実際には、ハルヒはクローンを作られる役に耐えられず、
主人公の正義漢とお説教っぷりに感化された、ってわけだな?」

「全くのその通り!今日のあなたの冴えには参りましたよ」

「キョンくん、ごめんなさい」

「すべてはあなたの実力、本当に素晴らしい活躍だった」


「やれやれ、困った連中だ」


「想定外だった、っていうのは嘘なんだろ?」

「!!」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:48:25.40 ID:gDOyene80


「すべての異能を打ち消す右手」
「これは自分達の存在を揺るがすものだ」
「ハルヒがその右手をを本気で望んだら?」

「そう考えたんだろ?」
「そして、だったらこっちから仕向けて夢の中でだけ、思う存分右手を使わせればいい」
「そのうち飽きて、異能を消すなんて考えは無くなるだろう」

「始めからハルヒを上条のポジションに置く予定だった、そうだな?」


「本当に・・・今日のあなたには驚かされますよ・・・」

「・・・!」

「はわわ・・・!」


「いえ、俺は怒ってるわけじゃ無いんですよ?朝比奈さん」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:54:58.31 ID:gDOyene80


「本当に申し訳ありませんでした、あなたと涼宮さんに危害を加える意図は無い
それだけは信じてください」

「きょ、キョンく~ん」ポロポロ

「私は観測者として何も出来なかった、許して欲しい」

「だから、怒って無いって!」
「ハルヒの意外な一面が見れたようで、楽しかったしな!」

「あなたが寛大な方でよかった」ホッ


そこで、俺はちょっと意地悪をしてみる

「なあ、俺がハルヒに超電磁砲の主人公とキャラ被ってるな、って言ったらどうなるかな?」

「・・・勘弁してくださいよ」


終わり


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:41:15.42 ID:+t1lY6Br0


あげぽよ~



    スポンサーサイト古泉「涼宮さんて超電磁砲の主人公とキャラ被ってますよね」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。