スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムエクシア「刹那を無視し続けたらどうなるか」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: クロスオーバーSS | 更新日: 2011/06/12 19:30
2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:33:15.81 ID:H/98JofY0


――西暦2307年 王家所有の無人島



刹那「……」

イアン「おっ、刹那じゃないか」

刹那「…………」スタスタ

イアン「あっ、おい! 無視か!」


イアン「なんだ、あいつは……」

ロックオン「エクシアのとこでも行くんだろ。刹那はエクシアにどっぷりだかんな」


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:33:44.63 ID:H/98JofY0


刹那「……」

エクシア「……」

刹那「…………」

エクシア「…………」

刹那「………………」

エクシア「………………」

刹那「……………………」

エクシア「……………………」


4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:35:24.93 ID:H/98JofY0


刹那(………………ガンダム……)

エクシア「………………………………」

刹那(ガンダム!ガンダム!ガンダム!ガンダムぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ガンダムガンダムガンダムぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!ガンダムたんのホワイトのボディをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!セブンスソードモフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
劇場版のガンダムたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ新作決まって良かったねガンダムたん!あぁあああああ!かわいい!ガンダムたん!かわいい!あっああぁああ!
バンダイチャンネルライブで配信されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!ライブ配信なんて現実じゃない!!!!あ…映画もアニメもよく考えたら…
ガンダム ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!クルジスぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?俺のエクシアちゃんが俺を見てる?
ティエリアのヴァーチェちゃんが俺を見てるぞ!ナドレちゃんが俺を見てるぞ!アレルヤのキュリオスちゃんが僕を見てるぞ!!
ロックオンのデュナメスちゃんが俺に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!俺にはガンダムちゃんがいる!!やったよ0ガンダム!!俺がガンダムだ!!!
あ、俺のエクシアちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあクアンタ様ぁあ!!ダ、ダブルオー!!エクシアRぁああああああ!!!エクシアR2ぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよガンダムへ届け!!ソレスタルビーイングのガンダムへ届け!)


5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:36:18.39 ID:H/98JofY0


刹那「……」

エクシア「……」



イアン「刹那のやつ、もう何時間もああして無言でエクシアを見上げとるが……」

ロックオン「放っとけって。人の恋路の邪魔をすると馬に蹴られるってね」

イアン「恋路ぃ!?」



刹那「……」

エクシア「……」


6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:37:05.29 ID:H/98JofY0


――ある日のミッション



スメラギ『今回は、厳しいミッションになるわ。みんな、頑張ってね』


ロックオン『オーライ』

アレルヤ『了解』

ティエリア『了解』

刹那「……了解」


刹那(ガンダム……)

刹那(俺の、ガンダム……)

刹那(俺は、戦う……)

刹那(俺がガンダムだ)


7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:38:02.23 ID:H/98JofY0


ロックオン『デュナメス、ロックオン・ストラトス、撃ちに出るぜ!』

ハロ『ネライウツ! ネライウツ!』

ダッ

アレルヤ『アイハブコントロール。キュリオス、アレルヤ・ハプティズム、介入行動に向かう!』

ダッ

ティエリア『ヴァーチェ、ティエリア・アーデ、行きます』

ドスンッ

刹那「エクシア、刹那・F・セイエイ、出る!」


シーン…


ロックオン『えっ』

アレルヤ『えっ』

ティエリア『えっ』

刹那「 」


8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:38:32.06 ID:H/98JofY0


ロックオン『どうした刹那?』


刹那「エクシア、刹那・F・セイエイ、出る!」

シーン…

刹那「……エクシア、刹那・F・セイエイ、出る!」

シーン……

刹那「……刹那・F・セイエイ、出る!」

シーン……

刹那「出る!」

シーン………

刹那「出る! ……出る!」

……

刹那「出る! 出る! ガンダム、出る!」




ロックオン『せ、刹那ぁ!?』


9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:39:21.87 ID:H/98JofY0


刹那「どうしたエクシア……?」

刹那「ガンダム……出る! エクシア、出る! 出る!」

刹那「……出ない? なぜだ!? 出る! 出る! 出る!」


ロックオン『おっ、落ち着け刹那!』

アレルヤ『スメラギさん、エクシアが発進しません!』

ティエリア『これではミッションの遂行ができない。プランの変更を』

スメラギ『……わかったわ。プランはBに変更。デュナメス、キュリオス、ヴァーチェの3機でミッションを行なってもらいます』

スメラギ『エクシアはドックへ戻って修理を。致命的なエラーが発生しているのかもしれないわ』


10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:40:02.77 ID:H/98JofY0


――


刹那「ガンダム……」

スメラギ「ミッションも成功したようだし、そう落ち込むこまないで、刹那」

スメラギ「幸いにも、CBには優秀な技術者が揃っているし、エクシアもすぐに直るわよ」

イアン「エクシアはわしらメカニックがすぐに直してやる」

クリス「システムはあたしたちが調べるから大丈夫だよ。ね、フェルト!」

フェルト「……うん」

刹那「エクシアを頼む」

イアン「おう、任せろ」

フェルト(刹那が私達に頼み事するなんて珍しいな……)


11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:40:49.58 ID:H/98JofY0


――しかし……


イアン「エクシアの機体にはなんの問題もなかったぞ」

フェルト「システムにも問題ありません」

クリス「ハッキングもされてないみたい」

スメラギ「機体もシステムも、エ ク シ ア に は どこにも問題はないのね。ヴェーダからの問題も報告されていないようだし、太陽炉も通常稼働……」チラッ

刹那「……」

ロックオン「エ ク シ ア に は 、 ね……」チラッ

刹那「……」


12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:41:30.96 ID:H/98JofY0


ロックオン(てことは……原因は刹那か……)

ロックオン(ミス・スメラギの様子を見るに、あんまいい状況じゃねーな)

ロックオン(ちょっと機体が動かないだけでもああだったんだぞ)

ロックオン(場合によっちゃ、あのガンダムバカの刹那がなにをしでかすかわかったもんじゃない)



ロックオン(とりあえず、ここはなんとか誤魔化して、エクシアが直るまで時間稼ぎ……で、いいんだよな?)チラッ

スメラギ(……)コクリ


13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:42:16.19 ID:H/98JofY0


ロックオン「……ま、まあ、武力介入が始まってからずっと働き詰めだったし、エクシアも疲れてたんじゃないのか」

スメラギ「……そ、そうね。この機会に、今日はエクシアを休ませてあげるってのはどうかしら」

ロックオン「さっすがミス・スメラギ、いいこと言うねえ」

スメラギ「……ね、ねえ、刹那、どう? エクシアをお休みさせてあげましょう」ドキドキ

ロックオン「働きっぱなしってのも可哀想だろ?」ドキドキ

刹那「……わかった」

ロックオン・スメラギ((……ホッ))


14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:43:14.11 ID:H/98JofY0


スメラギ「じゃあ、今日のところはこのくらいにしておきましょう。明日、刹那が落ち着いてから、もう一度、ゆっくり話を……」

アレルヤ「あの……機体もシステムも太陽炉も、エクシアのどこにも問題がないんですよね?」

アレルヤ「それじゃあ、原因はマイスt」

ロックオン「うわあああああああああああああああああああああああああ!!!!」

ハロ「アアアアアーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

アレルヤ「えっ? どうしたの、ロックオン?」

ロックオン「あ、あー、ミス・スメラギ、俺もそろそろ休暇が欲しいぜ……なんて」

スメラギ「そ、そうねえ……それはこれからの働き次第かしらねえ……」

アレルヤ「?」


ロックオン(あっぶねー。せっかく、誤魔化せたのに、危うく水の泡になるとこだったぜ……)


15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:43:54.38 ID:H/98JofY0


ティエリア「ロックオン・ストラトス!!」

ロックオン「!!」



ロックオン(やばい……こいつがいたんだった……)

ロックオン(ティエリアのことだ。MSが疲れを感じるわけないだろうとか正論でつっこんでくんぞ……)

ロックオン(……なんとか誤魔化さねえと)



ロックオン「あ、あのな、ティエリア……」

ティエリア「ロックオン・ストラトス、あなたがエクシアに乗ってください」

ロックオン「えっ」

刹那「 」


16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:45:29.17 ID:H/98JofY0


刹那「 」

ロックオン「な、なんで俺がエクシアに乗らなきゃなんねーんだよ! デュナメスがあんだろ!」

刹那「 」

ハロ「ハロモイル! ハロモイル!」

刹那「 」

ロックオン「だいたい、俺はスナイパーで、近距離戦はあんま得意じゃねえし、機体特性ってもんが……」

ティエリア「機体を変えろとは言っていない」

ロックオン「えっ」

刹那「!!」

ティエリア「今からエクシアのテストを行なうので、テストパイロットをつとめてほしいと伝えに来ただけです」


17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:46:19.55 ID:H/98JofY0


――エクシアのコックピット


ロックオン「全く、テストパイロットならはじめからそう言えっての。驚かせやがって……」

ロックオン「……それにしても、ここがエクシアのコックピットか」

シーン…

ロックオン「ハロがいないと寂しいねえ……」

ロックオン「俺はやっぱ、デュナメスだな」


イアン『テストをはじめるぞ。準備はいいか?』


ロックオン「オーライ」

ロックオン「デュナメス……じゃなかった。エクシア、ロックオン・ストラトス、出るぜ!」


18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:47:03.02 ID:H/98JofY0


――


アレルヤ「今度は僕の番か……」

アレルヤ「刹那のサイズに合わせてるから仕方ないけど、エクシアのコックピットは僕には狭すぎる……。苦しい……」ギュウギュウ

アレルヤ「やっぱり、キュリオスがのびのびできていいよね、ハレルヤ」

ハレルヤ(ケッ! それより、あのメガネ、俺たちをこき使いやがって! テストを2回もする必要あんのかよ)

アレルヤ「確かに……」


イアン『なんだがブツブツ言っとるようだが、そろそろテストをはじめるぞ』


アレルヤ「あっ、すいません!」

アレルヤ「キュリオス……」

ハレルヤ(じゃねえだろォ!)

アレルヤ「エクシア、アレルヤ・ハプティズム、出る!」


19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:48:06.82 ID:H/98JofY0


――


イアン「テストは成功か……」

スメラギ「エクシアは2回とも問題なく動いたみたいね」

刹那「これでまたエクシアに……」

ティエリア「いいえ、4回です」

アレルヤ「ティエリア?」

ティエリア「ロックオンの前に、僕と、予備マイスターのラッセ・アイオンがテストを成功させている」

ティエリア「3人のマイスターと予備マイスターでは問題なく操縦できた」

ティエリア「しかし、マイスターの中で唯一エクシアを起動さえできない者がいる……」

ティエリア「刹那・F・セイエイ! 君はエクシアに拒否されている!」

ティエリア「君がガンダムマイスターに相応しくないと君のガンダム自身が認めたというわけだ!!」


刹那「ガンダアアアアアアアアアアアアアアアアアアム!!!!!!!!」


20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:48:53.07 ID:H/98JofY0


刹那「ガンダムだ俺がガンダムだ……俺が……」ブツブツ


ロックオン「言っちまったぞ……。ああ、言っちまった……」

アレルヤ「やっぱ、そういうことだよね……でも、これはやりすぎだよ……」

スメラギ「エクシアが動かないだけでもああだもの、こういう事態になるって予想できていたわ……」

刹那「ガンダム……ガンダム……」ブツブツ

ティエリア「いつまでも誤魔化していては、なんの解決にもならない」

ロックオン「だからってなあ、言い方ってもんを考えろ! なんでわざわざ一番ダメージを与える方法を選ぶんだよ!」


刹那「エクシア……俺のガンダム……」ブツブツ


21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:49:35.22 ID:H/98JofY0


刹那「……まだだ……」

アレルヤ「刹那?」

刹那「俺はテストに参加していない。俺がエクシアに乗る」

ティエリア「無駄だ。もう結果は出ている」

刹那「エクシアは俺のガンダムだ。俺が乗る」

スメラギ「そうね、エクシアは刹那の機体だもの、乗せてあげましょう」

ティエリア「しかし!」

ロックオン「やってみなきゃ、わかんねえだろ。この世界にはヴェーダでも予測できないもんもある。お前ももうわかってんだろ?」

ティエリア「……クッ」

イアン「エクシアを刹那に合わせる。5回目のテストはじめるぞ」


22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:50:04.88 ID:H/98JofY0


――エクシアのコックピット


刹那「エクシア……」

刹那「ガンダム……紛争根絶を体現する存在……」

刹那「俺が、ガンダムだ」


イアン『まーたおかしなことを言っとるのか……』

イアン『刹那、そろそろテストをはじめるぞ。準備はいいか?』


刹那「了解」

刹那「エクシア、刹那・F・セイエイ、出る!」


23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:50:50.02 ID:H/98JofY0


シーン…


刹那「……」

刹那「……エクシア、刹那・F・セイエイ、出る!!」

刹那「エクシア、目標を駆逐する!」


シーン……



刹那「……」

刹那「……ガン、ダム……」


24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:51:40.01 ID:H/98JofY0


刹那「ガンダムだ……俺が……。俺は……僕は……ガンダムは……」ブツブツ



スメラギ「こんなのって……」

イアン「……お、おい、どうするんだ?」

ティエリア「かえってダメージを食らったようですが」ジロリ

ロックオン「悪かったよ……」


25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:52:43.60 ID:H/98JofY0


アレルヤ「スメラギさん、ドクターに刹那の精密検査をしてもらうってのはどうですか?」

ティエリア「必要ない。出撃前の健康チェックでは問題はなかったはずだ」

アレルヤ「でも、刹那は成長期だし、成長痛とか、革新とか、病気が勝手に治ったりとか、メタル化とか色々あるのかもしれない」

ロックオン「そうだな。本人も知らないうちに体が変化してることも考えられる」

スメラギ「そうね。一度、ドクターに見てもらいましょ。いいわね、刹那?」

刹那「わかった」


26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:53:56.58 ID:H/98JofY0


――


モレノ「発育不良気味ではあるが、なんの問題もない。いたって健康だ。良かったな、刹那」


刹那「………………」

ロックオン「ま、まあ、健康が一番だよな……」

スメラギ「健康なのは悪いことじゃないわよ、ねえ……」

刹那「…………………………」

アレルヤ「ごめん、刹那。本当にごめんね。僕が余計なことを言ったせいで……」

ハレルヤ(お前が余計なこと言わなきゃ、こいつにもまだ体調不良という名の逃げ道があったのになあ! アレルヤアアアアアアアアアア!!!!!)

刹那「………………………………」

ティエリア「これではっきりしたな。エクシアは君だけを拒否している」

刹那「ガンダム……」


27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:54:52.38 ID:H/98JofY0


刹那「俺の、せいなのか……?」

刹那「答えてくれエクシア……」

刹那「ガンダアアアアアアアアアアアアム!!!!!」



アレルヤ「どうしよう。このままじゃ刹那が可哀想だよ……」

ハレルヤ(ずっとああして叫ばれてちゃこっちが迷惑だ。ガンダムガンダムうっせーんだよ!)

ティエリア「このままエクシアが出せなければ、計画にも支障が生じる」

ロックオン「なんとかしてやらねえとな」


28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:56:04.32 ID:H/98JofY0


ロックオン「……と、言うわけで。第1回マイスター会議を始める」

ロックオン「議題は、」

ティエリア「刹那・F・セイエイがガンダムマイスターに相応しくない理由を述べろ」

ロックオン「違うっての!」

ロックオン「刹那がエクシアに再び認められるにはどうすべきか」

ティエリア「意味は同じだ」

ロックオン「どこがだよ! お前の議題だと、相応しくないってのは決定事項じゃねーか」


刹那「ガンダム……」


29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:57:01.25 ID:H/98JofY0


ロックオン「誰か、意見のあるやつは……」

ティエリア「……」スッ

ロックオン「……言っとくが、刹那の存在自体が気にくわないってのはなしだかんな」

ティエリア「……チッ!」

ロックオン「おお、こわいこわい……っと、じゃあ、他に意見があるやつは?」

アレルヤ「はい」スッ

ロックオン「んじゃ、アレルヤぁ」


30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/06(月) 21:58:02.49 ID:H/98JofY0


アレルヤ「さっき、ドクターも言っていたけど、発育不良が原因じゃないかな」

アレルヤ「ガンダムの操縦には体への負担がかかるから、僕たちより小さな刹那ならなおさらだと思うんだ」

ロックオン「エクシアは刹那の体への負担を考慮して動かなかったってことか……」

ティエリア「考えられないな。介入前の、今より体が小さな頃から刹那はガンダムを操縦していた。今さら拒否する理由がない」

アレルヤ「そ、そうだよね……」

ロックオン「でも、体をつくっておくにはこしたことはないとおもうぜ。なあ、刹那」ポン

刹那「……」コクリ


39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/07(火) 21:44:14.80 ID:Mm6dlKtt0


ロックオン「じゃあ、他に意見は……」

ティエリア「……」スッ

ロックオン「他に……」

ティエリア「……」スッ スッ

ロックオン「……存在抹消以外で意見は……」

ティエリア「……」スッ スッ スッ

ロックオン「…………わかったわかった。ティエリアな」


40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/07(火) 21:45:04.77 ID:Mm6dlKtt0


ティエリア「刹那・F・セイエイ、君は危険な存在だ」フフン


ロックオン「はいはい、存在ごと拒否ってのはなしって言ったろー。じゃあ、次の意見……」

ティエリア「……クッ! で、では、刹那・F・セイエイは勝手な行動ばかりを取る!」

ロックオン「ああ、それは俺も思ってた」

アレルヤ「というか、ロックオンが一番尻ぬぐいをさせられているよね」

ロックオン「お前らが、俺に押しつけてんだろ。子供のお守りよろしくって、いなくなったのは誰だよ」

アレルヤ「ははっ、誰だっけ……」


41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/07(火) 21:46:19.28 ID:Mm6dlKtt0


ティエリア「君が勝手な行動を取ると、計画が歪む。計画の破綻を危惧し、ヴェーダは君はエクシアから降ろしたのだろう」

刹那「違う」

ティエリア「なに?」

刹那「計画外の行動をしたのは俺だけじゃない」

アレルヤ「確かに。僕も人命救助したり、敵に鹵獲されかけたりしたよ」

ロックオン「俺もデュナメスの高々度射撃能力を世界に晒したし、ティエリア、お前だってナドレを晒したよなぁ?」

ティエリア「……ッ!!」

アレルヤ「そうなると、ますます刹那だけガンダムに乗れない理由がわからなくなるよね」

ロックオン「アレルヤ!」

刹那「……ガンダム…………」ショボン

アレルヤ「あっ、ごめん……」


42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/07(火) 21:47:46.72 ID:Mm6dlKtt0


ロックオン「刹那はなにか思い当たることはないのか?」

刹那「ある」

ロックオン「おっ、なんだなんだ?」

刹那「……俺は、成長期だ」

アレルヤ「う、うん……?」

刹那「そして、思春期だ」

ティエリア「ま、まさか……!!」

ロックオン「おっ、お父さん、そんなふしだらなマネ、許しませんからね!!」ガタン

アレルヤ「まだ刹那はなにも言ってないよ! ロックオン!!」


43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/07(火) 21:49:39.31 ID:Mm6dlKtt0


刹那「邪な思いを知ったエクシアが俺を拒絶したのかもしれない……」

ロックオン「そうかそうか……。あのきかん坊だった刹那がついにな……」

ハレルヤ(下半身がきかん棒になっちまいましたってなあ!!! ギャハハハハハハ!!!!!)

アレルヤ(ハレルヤ……。下品すぎる……)

ティエリア「その邪な思いとはどんなものだ?」

アレルヤ「ちょっ、ティエリア!! そんなこと聞かないでよ!!」

刹那「俺は抱いていた。抱き続けていた……。邪な思いを……」


刹那「ガンダム!ガンダム!ガンダム!ガンダムぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ガンダムガンダムガンダムぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!ガンダムたんのホワイトのボディをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!」


ロックオン「 」

アレルヤ「 」

ティエリア「これが人間か……」


44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/07(火) 21:52:28.98 ID:Mm6dlKtt0


刹那「(中略)ティエリアのヴァーチェちゃんが俺を見てるぞ!ナドレちゃんが俺を見てるぞ!アレルヤのキュリオスちゃんが俺を見てるぞ!!
ロックオンのデュナメスちゃんが俺に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!俺にはガンダムちゃんがいる!!やったよ0ガンダム!!俺がガンダムだ!!!
あ、俺のエクシアちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあクアンタ様ぁあ!!ダ、ダブルオー!!エクシアRぁああああああ!!!エクシアR2ぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよガンダムへ届け!!ソレスタルビーイングのガンダムへ届け!」

刹那「……というわけだ」



ロックオン「つまり、いつもそんなことを考えながらエクシアを見てたんだな……」

アレルヤ「……そりゃあ、拒否もされるさ」

ロックオン(悪いな、おやっさん……。やっぱ、あの時に止めるべきだったんだな……)グスッ

刹那「なぜ泣くロックオン」

ロックオン「お前のせいだよ!!」

ハロ「ミンナナカヨク!」

ティエリア「まさか、デュナメスが喋るとは……。こんな情報はヴェーダにも載っていなかった」

ロックオン「誤解だ!」


45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/07(火) 21:54:41.07 ID:Mm6dlKtt0


刹那「俺は変わる」

刹那「邪な思いは捨てて、エクシアに再び認められるために……」


ロックオン「ああ、ぜひそうしてくれ……」

アレルヤ「なんだか今日は疲れたよ、ハレルヤ……」ブツブツ

ティエリア(この刹那の豹変は一体……? ヒトは変わる――変革していく可能性を秘めているのか、ヴェーダ……)


55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:47:08.88 ID:4FS0oTE10


――翌朝


ロックオン「あーあ、昨日はミッション明けにあんなことがあったせいで、寝ても疲れが取れなかったぜ」

ハロ「ダイジョウブ? ダイジョウブ?」

ロックオン「メシでも食ったら、もう一眠りするかねえ……」


???「ロックオン先輩おはようございます!」

ロックオン「おっ?」


56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:48:20.43 ID:4FS0oTE10


ロックオン「刹那……だよな?」

刹那「はい、刹那・F・セイエイです!」

ロックオン「それは、疑似人格だよな?」

刹那「違います。邪念を捨てて、エクシアに認められる男になろうと思ったんです」

ロックオン「まるで別人だな。つまり、今までのお前は邪念の塊だったってことか……」

刹那「すいません。トレミーの掃除の途中なので、失礼します」

ロックオン「お、おう……」


ロックオン「……」

ハロ「セツナ、ヘン! セツナ、ヘン!」

ロックオン「そのうち飽きるだろ。落ち込んだままよりはずっといい」

ロックオン「けどな、トレミーの掃除って、全長何メートルあると思ってんだよ……」

ハロ「ゼンコウ74m! ゼンチョウ251m! ゼンプク84m!」

ロックオン「刹那……」


57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:51:18.70 ID:4FS0oTE10


ティエリア「ロックオン・ストラトス! 刹那・F・セイエイが……!!」

ロックオン「あー、なんか変だったよな」

ティエリア「トレミー中の掃除をするなどと言って、僕の部屋に無断で入ってきたんだ!」

ロックオン「まあ、満足するまでやらせとけって」

ティエリア「満足どころではない! 見てくれこの眼鏡を!」

ロックオン「ん? いつもよりピカピカしてんな」

ティエリア「長年愛用している僕よりも、刹那の方がピカピカに磨き上げるなんて……」

ティエリア「彼にこのような能力があったとはデータにはなかった。やはり、ヒトは変わるのか……」

ロックオン「お前の言っていることはよくわからないが、なにか勘違いしていることだけはわかるぜ」


58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:52:29.69 ID:4FS0oTE10


――食堂


クリス(……刹那やティエリアと無言でごはんっていうのも気まずかったけど、)

リヒティ(これはこれで気まずいッス……)


刹那「クリスティナ先輩、リヒテンダール先輩、おはようございます!」ペラペラ

刹那「いい朝ですね!」ペラペラ

刹那「って、宇宙じゃ朝も夜も関係ないんですけど」ドヤ

刹那「今日の朝ご飯もおいしそうですよ! って、いつものレーションなんですけどね!」ドヤッ


リヒティ「リヒテンダール 先 輩 ……ッスかあ」テレテレ

クリス「リヒティ! なに喜んでるのよっ!!」


59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:53:24.11 ID:4FS0oTE10


――展望室


刹那「あっ、フェルトさんじゃないですか!」

フェルト「……さん!?」ビクッ

刹那「どうかしたんですか? なにか探してるみたいですけど」

フェルト「……ハロがいないの」

刹那「さっき、ロックオン先輩と一緒にいるのを見かけましたけど……。僕も探してみますね」

フェルト「あっ、うん……ありがとう」


フェルト「行っちゃった……」

フェルト「刹那って、優しいんだ……///」



――

クリス「ひいいいいいっ! フェルトが取り込まれてるよぉ!!」


60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:54:50.89 ID:4FS0oTE10


――トレーニングルーム


ラッセ「なあ、刹那、本当にやるのか?」

アレルヤ「訓練とはいえ、僕とラッセの2人を相手に戦うなんて無茶だよ」

刹那「お願いします! 強くなってエクシアに認められるような男になりたいんです!」

ラッセ「そうか。お前の男気は受け取った」

アレルヤ「本当にやるんだね。ハレルヤが出てきたら、どうなっても知らないよ」


61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:56:31.69 ID:4FS0oTE10


――


ロックオン「……で、ボコボコにされたのか」

刹那「 」ボロッ

ハレルヤ「ギャハハハハハハハハ! 今頃、走馬燈の中でガンダムのおっぱいでも吸ってんじゃねーの!!!」

ラッセ「なにそれこわい」

ロックオン「だが、いい機会かもしれないな……」


ロックオン「おい、刹那おきろ。この機会に射撃の訓練だ」

刹那「いえ、そっちの方はロックオン先輩に任せてるんで……」

ロックオン「そう言っていつもしねーだろ。お前、俺がいない時とかどうする気だ」

ロックオン「強くならねーと、エクシアに認めてもらえないんだろ?」

刹那「!! わかりました先輩!」


62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:57:22.91 ID:4FS0oTE10


――経済特区日本


ルイス「見て沙慈! あれ!」

沙慈「刹那だ。ゴミ拾いなんかして、珍しいね」

ルイス「それより、なんか変……」


刹那「沙慈さん、ルイスさんこんにちはー! いい天気ですねー! 2人揃って、お出かけですか?」ニコヤカー

ルイス「ルイス さ ん !!?」

沙慈「そうなんだよ。刹那は公園の掃除中?」

刹那「まあ、そんなところですよ」ニコニコ

沙慈「刹那は偉いなあ。僕たちも手伝おうよ」

ルイス「……沙慈、どうして平然と会話してられるの?」


63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 21:58:27.21 ID:4FS0oTE10


JNNニュース  特集「若者に広がるゴミ拾いの輪」




アナウンサー『今、日本の若者の間でゴミ拾いがブームとなっています。その火付け役となったカマル・マジリフくんにインタビューしたいと思います』

刹那『普段、公園でホットドッグを食べたり、リア充が爆撃される妄想をしていたんですが、その時間をガンダm……』

刹那『いえ、エコに役立てたいと思い、ゴミ拾いを始めたのがきっかけなんです』

刹那『それがまさか、ここまで広がるなんて思ってもみませんでしたよ』

刹那『これでエクシアも……いえ、エクシアっていうのは恋人の名前なんですけど……』

アナウンサー『今日はお友達の沙慈くんとルイスちゃんにも来ていただいています』

ルイス『やっほー! パパ、ママ、見てるー?』

沙慈『ちょっと、ルイス! 恥ずかしいよ! ていうか、カマルって誰なの刹那?』


64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 22:00:22.10 ID:4FS0oTE10


――


ロックオン「やりすぎだろ! テレビ放送されてんじゃねーか!」

ティエリア「ガンダムマイスターが全世界に素顔を探すなど、万死に値する!」

刹那「ちゃんと偽名を使った」

アレルヤ「友達の子がコードネームを放送にのせちゃってたでしょ」

スメラギ「まったくもう……」


65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 22:01:56.73 ID:4FS0oTE10


刹那「だが、これでエクシアも少しは俺を認めてくれたと思う」

ロックオン「マイスターとしては問題だが、一応は、人として社会に認められたってことだしな」

ティエリア(ヒトとして、か……)


ティエリア「ならば、エクシアに乗れ。刹那・F・セイエイ。」

スメラギ「ティエリア!?」

刹那「わかった。俺が、ガンダムだ」

ティエリア「……フッ」

ロックオン「これで一件落着か」

アレルヤ「よかったね。刹那の口調も元に戻ったし」

ハレルヤ(どうせならハレルヤ様って呼ばせりゃよかったぜ)

スメラギ(なんなのこの展開……)


66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 22:02:25.17 ID:4FS0oTE10


――エクシアのコックピット


ティエリア『ヒトとして変革した今なら、エクシアも君を認めるだろう」

アレルヤ『頑張ってね、刹那』

ロックオン『お前ならできるさ』

イアン『準備はいいな?』


刹那「了解」

刹那「エクシア、刹那・F・セイエイ、出る!」


67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/08(水) 22:03:37.50 ID:4FS0oTE10


シーン…



刹那「エクシアが動かない……」

ロックオン『だな……』

アレルヤ『うん……』

ティエリア『……』

スメラギ『むしろ、どうしてあれで動くと思ったのか、聞きたいくらいよ……』



刹那「……」

刹那「………………俺は、ガンダムにはなれない……」


73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2011/06/09(木) 18:03:58.62 ID:nz3o+rEpo


せっちゃん・・・


74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:16:01.56 ID:0iXSrIem0


――2314年 ダブルオークアンタのコックピット


刹那「……ということがあったな」

ティエリア(ホログラム)「珍しいな。君がこんな風に昔話をするなんて」

ティエリア(ホログラム)「なにもELSとの対話へと向かう道でこんな話をしなくてもいいだろうに」

刹那「こんな時だからかもしれない」

ティエリア(ホログラム)「そうかな」


75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:16:45.93 ID:0iXSrIem0


ティエリア(ホログラム)「ヴェーダの元へ還ってから知ったことだが、あの事件は、当時ヴェーダを掌握していたリボンズ・アルマークの仕業らしい」

刹那「リボンズ・アルマーク……」

ティエリア(ホログラム)「彼にも困ったものだ」

刹那「ああ」

ティエリア(ホログラム)「……おっと、おしゃべりに夢中になりすぎだ刹那。操縦の手を緩めるな」

刹那「緩めていない」

ティエリア(ホログラム)「だが、」

刹那「緩めていない」


76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:17:36.66 ID:0iXSrIem0


ティエリア(ホログラム)「……だが、クアンタの動きが止まっている」

刹那「俺はなにもしていない。いつも通り操縦している」

刹那「だが、クアンタがそれに応えない。……応えてくれない」

ティエリア(ホログラム)「なんだと!! まさか、また……なのか?」

刹那「ああ……」


刹那「ダブルオークアンタ、刹那・F・セイエイ、出る!」


シーン…


刹那「やはり……」

ティエリア(ホログラム)「またこのパターンか……。まさか、さっきの昔話はイノベイターとしての勘か?」

刹那「わからない……」


77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:19:34.38 ID:0iXSrIem0


刹那「なぜ動かない……。クアンタ……」

ティエリア(ホログラム)「やはりというか、機体にはなんの問題も生じていない」

刹那「仲間が俺のためにつくってくれたガンダムだ。信頼している」



刹那(……いや待て、さっきティエリアが言っていた)


――ヴェーダの元へ還ってから知ったことだが、あの事件は、当時ヴェーダを掌握していたリボンズ・アルマークの仕業らしい

――ヴェーダの元へ還ってから知ったことだが

――ヴェーダの元へ還ってから

――当時ヴェーダを掌握していた

――ヴェーダを掌握していた


刹那(そうだ。今、ヴェーダを掌握しているのは……)


78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:20:13.34 ID:0iXSrIem0


――ヴェーダの元へ還って

――ヴェーダを掌握

――ヴェーダの元へ還ってヴェーダを掌握……!!






刹那「まさか、ティエリアが犯人……!?」

ティエリア(ホログラム)「なぜそうなる!!」


79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:20:45.65 ID:0iXSrIem0


ティエリア(ホログラム)「僕とリンクするんだ刹那。余計な疑念は洗い流せ」キィィン

刹那「ティエリアの意識が入り込んでくる……」キィィン

ティエリア(ホログラム)「君と完全に意識を共有した。これで僕がおかしな小細工をしていないとわかっただろう」

刹那「ああ、すまなかった」

ティエリア(ホログラム)「全くだよ」


80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:22:08.19 ID:0iXSrIem0


刹那「俺はもう二度と仲間を疑わない……」


刹那「動いてくれクアンタ! ここには!」

    ティエリア
刹那「ヴェーダと!」

    オ  レ
刹那「ガンダムと!」

     オ  レ
刹那「イノベイターがいる!!」



シーン…



刹那「動かない……」

ティエリア(ホログラム)「そうだな……」


81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:22:55.33 ID:0iXSrIem0


『アニューとだってわかりあえたんだ! だから、お前らとだって!!』

『テメーのやってることは偽善だ!』

『それでも善だ!!』



刹那「みんな戦っている」

ティエリア(ホログラム)「そうだな……」

刹那「俺たちは、ただ指を咥えて、この戦いが終わるのを見ていることしかできないのか……」

ティエリア(ホログラム)「その前に、ELSに取り込まれてしまうだろう」

刹那「……冷静だな」

ティエリア(ホログラム)「取り込まれるのも2回目ともなれば、慣れたものさ」

刹那「俺はそんな慣れはしたくない……」


82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:23:26.20 ID:0iXSrIem0


????『少年ッ!!』

刹那「あの男!」

ティエリア(ホログラム)「どの男だ?」


グラハム『未来への水先案内人はこのグラハム・エーカーが引き受けた!!』

グラハム『これは死ではな――』


刹那・ティエリア(ホログラム)「「や、やめろおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」」

グラハム『――なんだ!? どうしたというのだ少年!!』


83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:25:33.98 ID:0iXSrIem0


――


グラハム『――なるほど。君のガンダムは眠り姫ではないのに、眠り姫になってしまったというわけか』

ティエリア(ホログラム)(この男……なにを言っているのかさっぱりわからない)

刹那「だから、ここで死なれても気まずいだけでかえって困る」

グラハム『少年……! そこまで私のことを……!!』ウルッ


ティエリア(ホログラム)「刹那、あの男はなぜ泣いているんだ? 君はあの男の話している言葉の意味がわかるのか? 君は少年という年頃ではないのになぜあの男は……」

刹那「わからない……本当に、わからないんだ……」


84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:26:23.58 ID:0iXSrIem0


グラハム『しかし、これからどうしたものか。肝心の船が動けないとなっては、水先案内人もお役御免だ』

刹那「ガンダムとの対話を試みる」

グラハム『なんと!!』

ティエリア(ホログラム)「正気か刹那!!」

刹那「ああ」

ティエリア(ホログラム)「同じ金属でも、ELSとガンダムは違う!」

ティエリア(ホログラム)「君はELSとのたった一度の接触で、彼らに違和感を……意思の存在を感じた」

ティエリア(ホログラム)「だが、君は、ずっと共にいたガンダムからなにも感じたことはない」

ティエリア(ホログラム)「つまり、ガンダムには意思はないということではないのか!?」


85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:27:07.13 ID:0iXSrIem0


刹那「意思がないと決めつけて、対話を拒否するわけにはいかない」

ティエリア(ホログラム)「こんなときに屁理屈を!」

グラハム『私は少年に従おう』

ティエリア(ホログラム)「なんだと!」

グラハム『人間は、たった人目で恋に落ちることもあれば、何度も何度もぶつかりあってやっとのことで解り合えることもある……』

グラハム『そう、まるで私と少年のように……』

刹那「いや、その例えはおかしい」

ティエリア(ホログラム)(この2人……。全く分かり合えていない……)


86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:27:52.13 ID:0iXSrIem0


ティエリア(ホログラム)(何度も何度もぶつかりあって、か……)

ティエリア(ホログラム)(正直、あの男の言っている言葉の意味はわからないが……。僕たちだって……)

刹那(俺たちは示さなければいけない)

ティエリア(ホログラム)(世界が、こんなにも簡単だと言うことを)

グラハム(少年への愛を)

刹那(俺たちは)

グラハム(私たちは)

刹那・グラハム((分かり合うことができる))

刹那(だから、応えてくれガンダム!!)

グラハム(少年!!!!!!!!)



刹那「トランザム!!!!!」


87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:28:46.22 ID:0iXSrIem0


――



グラハム(全裸)「ここは……? 私は既に涅槃にいるというのか?」

ティエリア「せっかく、意識空間を作り出したと思ったら、なぜこの男までついてきたんだ……。しかも、なぜ全裸なんだ……」

刹那「クアンタはどこだ?」

ティエリア「意思があるなら、ここにいるはずだが……。ELSばかりだな」


ELS「ワーワー」 ELS「キャッキャ」 ELS「ニンゲンダー」


グラハム(全裸)「ガンダムの方向に巨大なガンダムを発見。あれは……!! はじめましてだなあガンダム!」ダダダッ

刹那「クアンタ!!」ダダダッ

ティエリア「待て! 意識空間で我先にと駆け出すな!」


88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:29:56.82 ID:0iXSrIem0


刹那「この勝負!」ダダダッ

グラハム(全裸)「望むところだと言わせて貰おう!!」ダダダッ

刹那「ガンダアアアアアアアアアアアアアアアアアアム!!」ダダダッ

グラハム(全裸)「ガンダムウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!」ダダダッ

ティエリア「さすがに刹那も速いが……。あの男……ヴェーダからの情報によると、元オーバーフラッグス隊の隊長か。かつて我々を苦しめただけのことはある」

グラハム(全裸)「会いたかった! 会いたかったぞガンダムウウウウウウウウ!!!!!!!」ダダダダッ

刹那「違う!! その機体が……お前のガンダムであるものかっ!!!」ダダダダッ

ティエリア「ガンダムを旗にしたビーチフラッグス勝負。クアンタの元に最初に辿り着くのは、果たしてどちらか……」

ティエリア「ここは、フラッグだけに、オーバーフラッグス隊の元隊長のあの男か!?」

ティエリア「それともやはり、ガンダムバカの純粋種 刹那・F・セイエイか!?」


89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:31:30.96 ID:0iXSrIem0


刹那「ガンダム!ガンダム!ガンダム!ガンダムぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ガンダムガンダムガンダムぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!」ダダダダッ

ティエリア「ここで刹那のクンカクンカが炸裂。これにはさすがのあの男も……」

グラハム(全裸)「いい匂いだなぁガンダムッ!!!」ダダダダッ

ティエリア「なんと! あの男もクンカクンカマイスターだっただと!? まさしく、“軍人のあなたがそれを言うんですか?”」

グラハム(全裸)「…くんくん んはぁっ!ガンダムたんのホワイトのボディをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!GNソードビットモフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
意識空間のガンダムたんかわいいよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!」ダダダダッ

刹那「アニメ新作決まって良かったねガンダムたん!あぁあああああ!かわいい!ガンダムたん!かわいい!あっああぁああ!」ダダダダッ

ティエリア「しかし、ここは長年のパートナー! 刹那も負けてはいない!」

グラハム(全裸)「バンダイチャンネルライブで配信されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!ライブ配信なんて現実じゃない!!!!あ…映画もアニメもよく考えたら…」ピタッ

ティエリア「おっと、あの男の様子がおかしい!! いや、元からだが……」


90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:32:26.73 ID:0iXSrIem0


グラハム(全裸)「ガンダム ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!」

刹那「俺の想いよガンダムへ届け!!ソレスタルビーイングのガンダムへ届け!」ダダダダッ

ティエリア「あの男の隙をついて、刹那がゴール!」

グラハム(全裸)「そうか……。彼は私以上にフラッグを愛していたのか……」

ティエリア「ガンダムの話だったような気がするが……」

ティエリア「まあいい」


ティエリア「勝者には、景品のクアンタと会話する権利が与えられる。おめでとう刹那」

グラハム(全裸)「フラれたな」


91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:33:09.62 ID:0iXSrIem0


刹那「クアンタ! 俺だ!」

クアンタ「……」

刹那「なぜ動かない? こたえてくれ!」

クアンタ「……」

刹那「クアンタ、頼む!」

クアンタ「……」

刹那「クアンタ!! ガンダム!!!」

クアンタ「……」

刹那「ガンダアアアアアアアアアアアアアム!!!!!!!」

グラハム(全裸)「少年……」


92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:33:54.33 ID:0iXSrIem0


ティエリア「ダブルオークアンタ……。僕だ。ラファエルガンダムのマイスターのティエリア・アーデだ」

クアンタ「……」

ティエリア「意思があるなら、刹那に応えてやってほしい。どうして動かないのか教えてくれ」

クアンタ「……」

ティエリア「頼むクアンタ……」

クアンタ「……俺が、ガンダムだ」

刹那「!?」


93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:34:49.78 ID:0iXSrIem0


ティエリア「今、クアンタが喋ったような気がしたが……」

クアンタ「俺が、ガンダムだ」

ティエリア「やはり!」

グラハム(全裸)「人語を操るとは、汎用性が高すぎるぞガンダムゥ!」

クアンタ「俺がガンダムだ」

刹那「クアンタ! 今、喋ったのはお前なのか?」

クアンタ「…………………」シーン

刹那「ガンダム!」

クアンタ「……………………………」シーン

刹那「 」


94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:36:00.75 ID:0iXSrIem0


刹那「……」

ティエリア「が、ガンダム……!」

クアンタ「俺がガンダムだ!」

ティエリア「いや、それはもう聞いたからいい。見ればわかる」

グラハム(全裸)「君はなぜ少年を拒絶する?」

クアンタ「それは……」

刹那「応えてくれガンダム!!」

クアンタ「……………………………」シーン

ティエリア「こ、応えてくれガンダム!」

グラハム(全裸)「ガンダム!」

クアンタ「わかった」

刹那「…………」


95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:38:03.57 ID:0iXSrIem0


クアンタ「刹那を……」

グラハム(全裸)「少年がどうしたというのだガンダム!!」

刹那「…………」

クアンタ「刹那を……」

ティエリア「教えてくれ、クアンタ! なぜ、君は刹那の言うことを聞かない!」

刹那「…………」

クアンタ「……刹那を…………」



クアンタ「刹那を無視し続けたらどうなるか」



ティエリア「……それだけの理由で?」

グラハム(全裸)「しょ、少年が翻弄される姿を見てみたかったというだけだと!?」

刹那「…………ガンダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアムッ!!!!!!!!!!」





× ガンダムエクシア「刹那を無視し続けたらどうなるか」

○ ダブルオークアンタ「刹那を無視し続けたらどうなるか」

                                 お わ り


97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 18:39:50.78 ID:0iXSrIem0


しょうもないオチですが、ひとつめの短編はこれでおしまいです。


101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:17:34.55 ID:0iXSrIem0


――2307年 王家所有の無人島


QB「そこの君、僕と契約して魔法少女になってよ!」

刹那「魔法少女……?」

QB「魔法少女になってくれたら、君の願い事をなんでもひとつ……」

刹那「ガンダムではないのか?」

QB「えっ」

刹那「なんだ、ガンダムじゃないのか……」スタスタ

QB「ちょっどこに行くんだい! 待って!」


102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:18:11.09 ID:0iXSrIem0


QB「魔法少女になってくれたら、君の願い事をなんでもひとつかなえてあげる」

刹那「……」スタスタ

QB「な、なんだってかまわない。どんな奇跡だって起こしてあげられるよ」

刹那「……」スタスタ

QB「ど、どんな願いでもだよ!」

刹那「……」スタスタ

QB「例えば……」

刹那「……」スタスタ

QB「ガンダムになりたいとか!」

刹那「……!!」ピタッ


103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:19:05.60 ID:0iXSrIem0


刹那「ガンダムに……?」

QB「それが君の願いだね。それじゃあ、僕と契約して……」

刹那「違う!」

QB「えっ」

刹那「俺がガンダムだ!」

刹那「つまり、俺はもうガンダムだ!!」

QB「わけがわからないよ……」


104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:19:42.52 ID:0iXSrIem0


ロックオン「どうした刹那、ひとりで騒いで」

刹那「ひとりではない」

QB「やあ」

ロックオン「なんだこいつ? 新型のハロか?」

ハロ「チガウ! ハロ、チガウ! ハロ、シラナイ!」

ロックオン「じゃあ、一体なんだってんだ」

QB「僕の名前はQB! ねえ、そこの球体を連れた君、僕と契約して魔法少女になってよ!」

ロックオン「ハァ!? 魔法少女だぁ!?」


105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:20:49.50 ID:0iXSrIem0


ロックオン「なるわけねーだろ」

QB「意外だなあ。たいていの子は二つ返事なんだけど」

ロックオン「意外もなにも、どこをどう見ても俺は男だし、もうすぐ25になるってのに、魔法も少女もねーだろうが」

QB「わけがわからないよ。どうして人間はそんなに性別にこだわるんだい?」

ロックオン「わけがわからないのはお前の方だっての」

QB「契約してくれたら、願いをなんでもひとつ叶えてあげるよ」

ロックオン「だから、俺は……」

QB「さあ、2人とも! 今すぐ僕と契約を!」

ロックオン「2人っておい……」


106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:21:30.88 ID:0iXSrIem0


ロックオン「まさか、お前、刹那にもわけわかんねー契約を押しつけようとして……」

ロックオン「魔法少女なんかよりもガンダムだって断られたんだろ?」

QB「よくわかったね……」

ロックオン「そりゃわかるさ。いつものことだ」

刹那「俺がガンダムだ!」

QB「……」

ロックオン「ま、あいにくだが、相手が悪かったな。刹那はガンダムにどっぷりだし、俺に女装癖はねえ」

ロックオン「契約だかなんだか知らないが、諦めて別んとこにでも……」

QB「じゃあ、刹那! 僕と契約して魔法ガンダムになってよ!」

刹那「魔法ガンダム!?」

ロックオン「あっ、こら刹那! 反応すんな!」


107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:23:25.93 ID:0iXSrIem0


刹那「ガンダムは知っているが、魔法ガンダムは聞いたことがない。どんなガンダムだ?」

QB「それは君しだいさ。君が願えば、どんな無茶で奇跡的な装備だって僕が叶えてあげるよ」

刹那「どんな無茶な装備も……」ゴクリ

ロックオン「刹那! こいつの言ってることなんて嘘っぱちだ! だいたい魔法ガンダムっておかしいだろ。少女はどこ行ったんだよ!」

QB「いやあ、西暦2000年代ならまだしも、科学技術の発達した2300年代の少女達は魔法なんて信じてないからね」

QB「もう少女だなんだって言ってられないくらいの人材不足だし、名前になんてこだわらなくていいかなって……」

ロックオン「そこはこだわれよ。つーか、俺たちを勧誘したのも、少女が契約に応じてくれないからだな」

刹那「無茶な装備……。どんな奇跡のガンダムも……」ゴクリ

ロックオン「正気に戻れ刹那! ガンダムはお前なんだろ! ……いや、人間だけどさ。とにかく、QBに騙されんな!」


108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:24:27.46 ID:0iXSrIem0


刹那「QB、お前の言っていることは嘘なのか?」

QB「僕の言っていることは真実だよ。僕は君たちの願い事をなんでもひとつ叶えてあげられる。もちろん、ガンダムだって」

ロックオン「はいはい。その対価に魔法少女コスプレの変態にされちまうっと。わかったから、とっととどっか行けって」

ハロ「ドッカイケ! QB、ドッカイケ!」

QB「へ、変態じゃないよ! 魔法少女さ! 魔法少女は願いから生まれ、魔女と戦う使命を課されるんだ」

刹那「魔女?」

QB「魔女は呪いから生まれて、絶望を撒き散らす。しかも、その姿は普通の人間には見えないからタチが悪い」

ロックオン「タチが悪いのはお前だ。いいかげんにしないと、狙い撃つ」ジャキッ

QB「過剰な怒りや憎しみ、そういう災いの種を世界にもたらしてるんだ……」

刹那「世界に、災いの種だと……?」


110:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:25:10.92 ID:0iXSrIem0


ロックオン「つまり、お前は世界中で起きているテロ……災いが、魔女の呪いが原因だって言いたいのか」

QB「テロ? 魔女の呪いの影響で割と多いのは交通事故や傷害事件、原因不明の自殺や殺人事件だけど、テロや戦争だって無関係とはいえない」

ロックオン「……へぇ」

QB「君たちは世界から争いをなくそうとしているQB……いや、CBの、メンバーなんだよね。魔法少女になって魔女を倒せば世界から争いは消える」

QB「だから、僕と契約して魔法少女になってよ!」

ロックオン「…………アホらし。行こうぜ、刹那、ハロ」スタスタ

ハロ「ロックオン、マッテ! ロックオン!」ピョンピョン

QB「 」


111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:26:13.37 ID:0iXSrIem0


刹那「魔法少女……」ジー

QB「刹那、君は魔法少女になってくれるよね? 君なら途方もない魔法少女に……」

刹那「やはり、嘘なのか。魔法少女は魔法ガンダムとは違う。魔法少女はガンダムではない」スタスタ

QB「そ、そんな! 待ってよ刹那!」





イアン「刹那たちはなにを騒いどったんだ?」


112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:27:02.29 ID:0iXSrIem0


――トレミー


QB「やあ」

ロックオン「なんでこいつがトレミーにいるんだよ」

刹那「ついてきた」

ロックオン「トレミーはペット禁止! 捨ててこいこんなの!」

刹那「わかった」

QB「君たちの願いが決まるまで僕はここにいるよ」

ロックオン「させるか! 捕まえるぞ刹那!」

刹那「了解」

ハロ「リョウカイ! リョウカイ!」


113:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:27:42.93 ID:0iXSrIem0


ワー マテー アッチニニゲタゾ
ネライウツ!! オレガガンダムダ!! ロックオンロックオン


リヒティ「刹那とロックオン、なに2人で騒いでるんすかね?」

フェルト「2人じゃない……」

クリス「ハロもいるわよ。ねえ、フェルト」

フェルト「クリス……」

ラッセ「ミッションが終わったばかりだってのに、元気なやつらだ」





刹那「……」

ロックオン「……」


114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:29:00.00 ID:0iXSrIem0


刹那「帰還するまでにわかったことがある。QBの姿は俺たち以外には見えていない」

ロックオン「そうらしいな。これじゃ、QBを捕まえてくれなんて誰にも頼めやしない。俺たちの頭がイカレてると思われるだけだ」

刹那「QBは俺たちだけで探さなくてはいけないのか」

ロックオン「トレミーの広さを考えると、他にも人手が欲しいとこだが……」

刹那「QBのことは、他のクルーには秘密にした方がいい」

ロックオン「だな」



QB「そこの眼鏡っ子! 僕と契約して魔法少女になってよ!」

ティエリア「……」



刹那「 」

ロックオン「 」


115:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:30:39.23 ID:0iXSrIem0


刹那「今度はティエリア・アーデか。いきなり秘密がばれてしまった」

ロックオン「よりによって、魔法なんて一番信じそうもないヤツを……。ティエリアが魔法なんて認めるわけがねえ。QBのやつ、射殺されんぞ」

刹那「だが、様子がおかしい」

ロックオン「なんだなんだ?」



QB「僕は君の願い事を……」

ティエリア「……」フイッ

QB「願いと引き替えにできあがるのがソウルジェm」

ティエリア「……」フイッ

QB「ソウルジェムを手にした者は、魔女と戦う使命をk」

ティエリア「……」スタスタ



ロックオン「あいつ、QBが見えてないのか?」

刹那「そうらしい」


116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:32:49.94 ID:0iXSrIem0


QB「魔女は常に結界の奥に隠れ潜んで……って、ねえ! 僕の話を聞いてよ!」

ティエリア「……」キョロキョロ



刹那「ティエリアが何かを探している」

ロックオン「QB……じゃねえみたいだな。全然違う方を向いて、むしろ、避けるように……って、やっぱ、見えてんのか?」

刹那「QBを殺害するための銃は常に携帯している。探す必要はないはずだ。俺もかつて殺されそうになったからわかる」

ロックオン「ありゃあ、命令違反を犯したお前が悪い。ティエリアもやりすぎだったけど……って、この話は今はいい」

ロックオン「で、ティエリアは結局、なにを探してんだ?」

刹那「わからない。今度は端末を触りはじめた」



QB「……とにかく、僕と契約して魔法少女になっt」

ティエリア「うるさいホログラム映像だな。どこを押せば消えるんだ」イライラ

QB「えっ」

刹那「えっ」

ロックオン「えっ」


118:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:35:21.19 ID:0iXSrIem0


ティエリア「むっ、刹那・F・セイエイ、この目障りなホログラム映像は君の仕業か。今すぐこれを消せ」

刹那「違う。俺のせいではない」

ロックオン「目障りってのは同感だが、こいつは映像じゃなくて実体だ」

ティエリア「このような生き物は地球上には存在しない」

ティエリア「まさか、新型のハロか? こんな個体の情報は、ヴェーダにはなかったが」

ロックオン「違うっての!」

ハロ「ハロジャナイ! ハロジャナイ!」

刹那「新型ハロネタはロックオンがもうやった」

QB「二番煎じだね」


119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:37:59.15 ID:0iXSrIem0


――説明終了


ロックオン「……ってなわけだ」

ティエリア「刹那・F・セイエイ! この生物は君についてきたのか! 未確認生物のトレミーへの侵入を許すなど万死に値する!」

ロックオン「そっちかよ。魔法だのなんだのは見事にスルーしやがって」

ティエリア「魔法などこの世界に存在しない。魔女が紛争の原因だとか言っていたが、そんなことはあり得ない」

ロックオン「そりゃそうだが……」

ティエリア「それよりも、刹那・F・セイエイ。君のことはヴェーダに伝えておく。おそらく、ガンダムを降りてもらうことになるだろうがな」フン

刹那「俺はガンダムを降りない!」

QB「刹那! 君が願えば、ガンダムにずっと乗れるよ。だから、僕と契約しt」

ロックオン「QB! お前は黙ってろ!」


120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:41:53.53 ID:0iXSrIem0


QB「みんな、喧嘩してる場合じゃないよ!」

ロックオン「お前が原因だよ」

QB「魔女が現れた! さあ、今すぐ僕と契約して魔法少女になるんだ!」

ティエリア「ティエリア・アーデ、目標を殲滅する!」グリグリ

QB「あっちょっ、踏まないでティエリア! 助けて刹那!」グニグニ

刹那「魔法少女……。やはり、魔法ガンダムではないのか……」スタスタ

QB「行かないで刹那! 僕を助けて! 助けて……助けて……」グニグニ


クリス(通信)『ヴェーダから緊急通信! 人革の小隊が不審な行動……仲間割れ? 殺し合い?』

クリス(通信)『よくわからないけど、死者も出てるみたい! とにかく、ガンダムマイスターは直ちに出撃してください!』


ロックオン「チッ、こんなときに……」

刹那「ガンダムで出る!」

ティエリア「フン、命拾いしたな」

QB「 」ボロッ


121:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:43:49.48 ID:0iXSrIem0


――エクシアのコックピット内


刹那「すまない。ついてきた」

QB「これが現在、地球を騒がせているガンダムの中だね」

ティエリア『刹那・F・セイエイ、貴様あああああ!!! ガンダムの内部にどれほどの機密情報があると思っているんだ!!』

ロックオン『ま、こうなると思ってたよ。おい、QB。戦闘の邪魔だけはすんじゃねーぞ』

QB「わかってるさ。さあ、刹那、魔女の結界が見えてきたよ」

ロックオン『だから、そういうネタやめろって!』

ハロ『ロックオン、オコッテル! ロックオン、オコッテル!』

ティエリア『QB貴様! 後で蜂の巣にして…………なんだあれは!?』

QB「だから、言ったじゃないか。あれが魔女の結界だよ」

刹那「魔女の呪い……原因不明の自殺……まさかこれが……」


122:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:45:23.92 ID:0iXSrIem0


――帰還後



ティエリア「まさか、本当にあんなものが存在するなんて……。ヴェーダ……」グッタリ

刹那「ガンダムで倒した」グッタリ

ロックオン「けど、あんなもん見せられちゃ、精神的に来るぜ……」グッタリ

ハロ「マジョ、グロテスク! グロテスク!」





アレルヤ「みんな、さっきからずっとなんの話をしているんだろう?」


123:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:46:40.34 ID:0iXSrIem0


ハレルヤ(最近、あいつら仲良いいよなあ! アレルヤァ!!!)

アレルヤ「そ、そうだね……。戦闘中も、3人でどこかへ消えちゃったし……」

ハレルヤ(あいつらの間に割り込む余地なんて、お前にはねぇ! ひとりぼっちは寂しいよなあ!!! アレルヤァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!)

アレルヤ「違う! 僕はひとりぼっちなんかじゃ……」


QB「ねえ、そこの独り言を言ってる子! 僕と契約して魔法少女になってよ!」


アレルヤ「えっ」

ハレルヤ(なんだぁ!?)


124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:48:23.44 ID:0iXSrIem0


刹那「今度はアレルヤか」

ロックオン「ついに、マイスターをコンプリートしちまった」

QB「僕と契約してくれたら、君の願いをなんでもひとつ……痛い! つねるなんてひどいよティエリア!」ギュウウウウ

ティエリア「アレルヤ・ハプティズム。その生物の話をまともに聞く必要はない」

アレルヤ「………………………」フルフル

ロックオン「……アレルヤ?」

ハレルヤ(お、おい、どうしたんだよアレルヤ?)

アレルヤ「……かわいい」

刹那「!?」

アレルヤ「この子、すっごくかわいい!」ギュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ!!

QB「うわあああああああ! やめて! 苦しい! 苦しいよ!!!!」ミシミシッ


125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:51:17.93 ID:0iXSrIem0


刹那「かわいいというのは、QBのことか?」

アレルヤ「君はQBっていうんだね。かわいいなあ」ギュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!

QB「痛い、苦しいよ……。助けて刹那……」ミシミシッ

ティエリア「君の趣味を疑う」チャキッ

QB「 」

アレルヤ「QBに銃を向けないでよティエリア! 白くて、小さくて、マルチーズみたいでこんなにかわいいじゃないか!」

ロックオン「そりゃ、マルチーズに失礼ってやつだ。こいつのどこがかわいいんだよ。喋ってるときも口を動かさないし、不気味すぎんだろ」

アレルヤ「喋るときに口を動かさないのはハロも同じでしょう……」

ロックオン「ハロはいいんだよ。なあ、ハロ」

ハロ「ロックオン! ロックオン!」パタパタ


126:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:52:57.08 ID:0iXSrIem0


QB「アレルヤは僕のことを信じてくれるよね?」ボロッ

アレルヤ「信じるって、なんの話だい?」

QB「アレルヤには、僕と契約して魔法少女になってほしいんだ!」

アレルヤ「えっ、それはちょっと……。僕は少女じゃないし……」

QB「君の願い事をなんでもひとつ叶えてあげるよ!」

アレルヤ「でも、僕に女装なんて、無茶言い過ぎ」

QB「僕のこと、信じてくれないの?」

アレルヤ「ううっ……」

QB「刹那にも、ロックオンにも、ティエリアにも断られて、僕にはもう君しかいないんだ! お願いだよ……」

アレルヤ「QB……。僕は、魔法少女に……」


127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:55:38.05 ID:0iXSrIem0


ハレルヤ「なる……」

QB「!!」

ハレルヤ「わけねえだろおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!」グシャァァァァァァ!!!!

QB「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」ベチャグチャァァ!!!!!

ハレルヤ「女装要員の眼鏡はともかく、この俺様が魔法少女になんざなるわけねえだろおおおお!!」ドカッバキッ

ティエリア「なんだと貴様!!」

ハレルヤ「うっせーんだよ! コノごきげんよう眼鏡! アレルヤ! テメーもこんな淫獣に絆されそうになんじゃねーよウスノロ!!!!!」ブチブチブチィッ!!



刹那「あれは、アレルヤのもうひとつの人格か」

ロックオン「ふー……。すんでの所で助かったな」


128:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:57:08.69 ID:0iXSrIem0


ガッシボッカ ウゼェ チョーウゼェ!!!!!!!!!
ヒィィィィッ タスケテセツナ! タスケテェ!!!!! ソレニハオヨバナイナ!! グチャッ!!



スメラギ「あなたたち! なに騒いでるの!!」

刹那「スメラギ……」

ロックオン(まずい。QBは俺たちガンダムマイスターにしか見えてねえんだ。ここはなんとか誤魔化すぞ)ヒソヒソ

刹那(それは無理だろう。俺たちはハレルヤの日(※ドラマCD1参照)でも、あいつの暴走を止めることができなかった)ヒソヒソ


ハレルヤ「言って聞かせてもわからねえ、殴ってもわからねえ淫獣となりゃあ、後は殺しちまうしかねえよなあ! アレルヤァァァァァ!!!」メチメチメチィ!!!!

QB「 」ピクピク

スメラギ「ちょっと! なんなのよもうっ!」


129:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:57:54.26 ID:0iXSrIem0


QB「助けて刹那。僕を、助けて……」フラフラ…

スメラギ「あら、この子……?」

刹那「スメラギ、そいつが見えるのか?」

スメラギ「? え、ええ……。刹那、この子を連れてきたのはあなたなの? トレミーはペット禁止よ」

刹那「違う。QBはペットではない。勝手についてきた」

スメラギ「ついてきたって……。どっちでもいいから、早く捨ててらっしゃい」

ロックオン「驚いたぜ。まさか、俺たち以外にQBの姿が見えるなんてな」

スメラギ「どういうこと?」

ロックオン「実はだな……」


130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 22:59:40.51 ID:0iXSrIem0


――説明終了


ロックオン「……というわけだ」

スメラギ「魔法少女? 魔女?」

ティエリア「信じられないのも無理はない」

スメラギ「信じるわよ」

刹那「なに!?」

ロックオン「マジかよ!?」

スメラギ「当然よ。私だって、若い頃は魔法少女だったんだから」

アレルヤ「す、スメラギさん!?」


131:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:02:09.12 ID:0iXSrIem0


ティエリア「……僕は、戦術予報士の再選考を行なうようヴェーダに伝えてくる」

刹那「ああ、頼んだ」

ロックオン「ミス・スメラギ……。酒の飲み過ぎだ。さすがにこれは俺でもフォローできねえよ……」

スメラギ「ほ、本当よ! 正確には、魔法少女じゃなくて、伝説の戦士プリキュ……」

刹那「スメラギ……」シラー

スメラギ「そんな哀れむような目で見ないでちょうだい!」

アレルヤ「わかりましたから。ちょっと休んだ方がいいですよ……。きっと、疲れてるんです……」

スメラギ「私にだって、チョコパフェとかイケメンとかマジに夢中になれる年頃だった時期があったのよ! 本当よ!」

QB「彼女の言っていることは本当だよ」

スメラギ「メップル!」

刹那「めっぷる?」


132:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:04:27.71 ID:0iXSrIem0


――


刹那「伝説の戦士プリキュア……」

QB「スメラギには確かに、魔法少女に近い素質がある」

QB「けれど、それも今はもう昔の話だ。もう少女って年齢でもないからね」

スメラギ「……」イラッ

QB「だから、刹那、ロックオン、アレルヤ、ティエリア! 今度は君たちが僕と契約して魔法少女になってよ!」

スメラギ「って、この子たちのどこが少女なのよ! それに、ロックオンなんて、私と2つしか歳も違わないじゃない!」

QB「その差は大きいよ」


134:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:06:22.03 ID:0iXSrIem0


QB「ほら、君たちの戦術予報士だって魔法少女……正確には違うけど。それに近い存在だったんだ」

QB「魔法少女があやしいものじゃないってこと、わかってくれたよね? だから、今すぐ僕と契約して……」

スメラギ「待って」

QB「スメラギ?」

スメラギ「QB……あなた、光の国から来たわけじゃないみたいだけど、何者なの?」

QB「……」

スメラギ「それにね、さっき、誰かが内部から太陽炉の情報をハッキングした形跡を発見したって、クリスから報告があったの」

ティエリア「ハッキングだと!?」

スメラギ「QB、あなたはメップルたちとは違う。私はあなたのことを信用しきれない」

スメラギ「刹那も、ロックオンも、アレルヤやティエリアだって、こんな組織にいるんだもの。魔法や奇跡でもないと叶えられない望みを持っていても不思議じゃない」

スメラギ「だからこそQBと契約するにしても、しないにしても、きちんと考えた上で決めて欲しいの」

刹那「わかった」

ロックオン「オーライ、ミス・スメラギ」

アレルヤ「わかりました」

ティエリア「了解した」

QB「……」


135:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:08:53.25 ID:0iXSrIem0


刹那(それからも、QBはしつこく勧誘してきたが、俺たちは断固として拒否し続けていた)

刹那(あの時までは……)





――西暦2308年

ロックオン「ぐあああああああああああああああああああああっ!!!!!!」

ハロ「ロックオン、フショウ! ロックオン、フショウ! ロックオン、フショウ!」

フェルト「ロックオン!」

ティエリア「そんな……僕を庇って……。ロックオン・ストラトス……!」


136:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:09:46.45 ID:0iXSrIem0


――メディカルルーム


刹那「ロックオン……」

ロックオン「敵さんがいつ来るかわかんねえ。治療はなしだ」

アレルヤ「その怪我で精密射撃は無理だよ……」

ロックオン「俺とハロのコンビを甘く見るなよ。なあ、ハロ?」

ハロ「モチロン、モチロン!」

ロックオン「それにな……」


ロックオン「俺が寝ていると気にするやつがいる……」







QB「……」


137:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:11:07.26 ID:0iXSrIem0


――翌日


アレルヤ「ロックオンの目が治った!? 本当ですか!?」

刹那「傷の再生までに最低でも3週間必要なんじゃなかったのか?」

スメラギ「それに、ロックオンは治療を拒否したはずよ」

モレノ「そのはずだったんだが……。治ってしまったんだから仕方ない」

モレノ「こんなことは、現代の医療では考えられん。魔法か奇跡でもないとありえない」

ロックオン「魔法か奇跡でもないと、ね……。まさか、あいつ……!」





QB「……」


138:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:18:23.73 ID:0iXSrIem0


――サーシェス戦の後


ロックオン「……父さん……母さん……エイミー……」

ロックオン「なんで父さんたちの仇が、おっさんなのに魔法少女のド変態だったんだよ……」

ロックオン「ははっ……せっかく、目を治してもらったってのに、あんな変態にこんなザマか……」



ロックオン「ああ、わかっている。わかっているさ……」

ロックオン「こんなことしたって、なにも変わらないって……」


ロックオン「それでも、これからは……」

ロックオン「明日は……ライルの生きる未来は……」





QB「それが君の願いなんだね」

ロックオン「!?」


139:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:20:30.18 ID:0iXSrIem0


――

クリス「エクシアから通信。刹那がロックオンを救出……よかった!」

フェルト「よかった。ロックオン……」グスッ

スメラギ「ロックオンには今度こそちゃんと治療を受けてもらいましょう。エクシアにはすぐに帰還するように伝え……クリス?」

クリス「スメラギさん……刹那の様子が変なんです……」


140:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:22:25.31 ID:0iXSrIem0


――再びメディカルルーム


ロックオン「……よ、よう…………」

アレルヤ「ロックオン……だよね?」

スメラギ「でも、その姿は……」

ロックオン「魔法少女だとさ。あの時、俺は確かに死んだと思ったのに、最後の最後でQBのやつにやられちまった……」

刹那「スカート……」

アレルヤ「ひらひら……」

スメラギ「女装趣味があるのなら、すね毛くらいちゃんと処理してちょうだい……」

ロックオン「俺の趣味みたいに言うな!」

ラッセ「せっかく、見舞いに来てみりゃ、魔法少女だぁ!?」

リヒティ「ロックオンにこんな女装癖があったなんて、知りたくなかったっすよ……」

ラッセ「行こうぜリヒティ」スタスタ

リヒティ「そうっすね……。ロックオン、色んな意味でお大事に……」スタスタ

ロックオン「誤解だ!!」


141:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:24:12.62 ID:0iXSrIem0


ロックオン「クソッ、QBのやつ……」

ティエリア「失望したどころの話ではありませんよロックオン!」

ロックオン「ティエリア、お前にはどん引きされたくねーよ」

ティエリア「なに?」

ロックオン「いいよなあお前は……。女装要員だから、魔法少女のコスチュームも着こなしちまうんだろ……」

ティエリア「なにを言っている?」

ロックオン「真っ先に魔法少女になったのはお前だろ。どうせ、俺の目を治すのと引き替えに契約したんだろうが」

スメラギ「ティエリア、あなたQBと契約を?」

ティエリア「違う! 僕はあんな未確認生物などと契約していない!」


142:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:25:22.10 ID:0iXSrIem0


QB「ティエリアの言っていることは本当だよ」

刹那「QB!」

ロックオン「おい、QB。隠していることを全部吐け。さもないと、なぜか手にしてたこのマスケット銃で狙い撃つ!」

QB「僕を殺しても意味はないよ。それに、もうひとりの魔法少女の正体を知りたくないのかい?」

スメラギ「それは、もしかしなくても、トレミーのクルーなのね?」

QB「そうさ。ロックオン・ストラトスの目を治すことを願い、契約を結んだ“本物の”魔法少女は……」







QB「フェルト・グレイスさ」


143:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:27:29.51 ID:0iXSrIem0


ロックオン「フェルトが!?」

アレルヤ「どうして……」

ティエリア「QBの姿が見えるのは、ガンダムマイスターと、元プリキュアだかなんだかのスメラギ・李・ノリエガだけではなかったのか?」

QB「フェルトはこの艦で唯一の少女で、魔法少女としての素質もあった。はじめから僕の姿が見えていたよ」

刹那「今までお前はそんなことひと言も言わなかった」

QB「聞かれなかったからさ」

QB「はじめに僕の姿がガンダムマイスターにしか見えないと決めつけて話を進めたのは君たちだ」

QB「スメラギにも姿が見えた時点で、その前提を疑うべきだったんじゃないのかい」

刹那「クッ……!」


145:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:28:51.21 ID:0iXSrIem0


アレルヤ「魔法少女は魔女と戦うって聞いたけど、ガンダムマイスターのロックオンはともかく、非戦闘員のフェルトには無茶だよ」

刹那「ああ。人革小隊を壊滅させた魔女に、フェルト・グレイスが立ち向かえるとは思えない」

スメラギ「それは、プリキュアみたいに変身することによって、戦闘能力が上がるんじゃないかしら」

スメラギ「QB、この辺の事情について、詳しく教えてちょうだい」

QB「わかったよ」


146:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:30:47.88 ID:0iXSrIem0


QB「これがロックオンのソウルジェムだよ」

アレルヤ「この石が願いと引き替えに作られるんだっけ? それにしても、なんだか濁っているような……」

QB「君たちがロックオンの女装を散々貶したあたりから、急速に濁りはじめたんだよ」

アレルヤ「えっ!? ろ、ロックオン、ドンマイ☆」

ティエリア「び、美少女設定を強めすぎたか……(棒読み)」

刹那「ロックオンのすね毛はガンダムだ!」


シュウウウウウウ……


ロックオン「 」

ティエリア「なにっ!?」

アレルヤ「どうして……」

刹那「褒めたのに、なぜ濁っている?」

スメラギ「あなたたちはもう少し言葉ってものを選びなさい」


152:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:36:33.90 ID:0iXSrIem0


スメラギ「この石が魔力の源であり、魔法少女の証なのね」

アレルヤ「魔力の源というか、諸悪の根源というか……」

刹那「わかった」







刹那「破壊する! その石を破壊する!」



アレルヤ「良かった。この石が魔法少女の証なら、証がなくなれば、ロックオンもこのひらひらコスチュームから解放されるってことだね」

ティエリア「フッ……考えたな。刹那・F・セイエイ」

ロックオン「よし! 頼むぜ刹那!」

QB「君たちみんなどうかしてるよ」


149:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:32:52.33 ID:0iXSrIem0


スメラギ「あなたたち、話はまだ途中よ。QBのことだから、最後まで話を聞かないと、なにを隠してるかわからないわ」

QB「大切なことだから2回言うけど、君たちみんなどうかしてるよ」

ハレルヤ(こんな組織にいる時点で、全員どうかしてるってわかりきってんだろ)

アレルヤ「しっ! ハレルヤ!」

QB「特に刹那。今のはまずかったよ」

刹那「俺が?」

QB「よりにもよって、仲間を破壊しようだなんて、どうかしすぎにもほどがあるよ」

ティエリア「仲間を破壊だと? まさか、この石は……」

QB「魔法少女との契約を取り結ぶ僕の役目はね、君たちの魂を抜き取ってソウルジェムに変えることなのさ」

刹那「なに!?」


151:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:34:21.75 ID:0iXSrIem0


QB「魔法少女にとって、元の体なんていうのは、外付けのハードウェアでしかないんだ」

QB「爆発に巻き込まれても、体を撃たれて蜂の巣にされても、体を魔力で修復すればすぐまた動くようになる。ソウルジェムを砕かれない限り、魔法少女は無敵だよ」

刹那「QB、お前は……!」

アレルヤ「君はなんてことをするんだ!!!」

ハレルヤ「ふざけんじゃねえ!!!! それじゃコイツら、ゾンビにされたようなもんじゃねえか!!!」

ティエリア「外付けのハードウェア……。そんな……ロックオンたちは……」

QB「君たちはいつもそうだ。何百年経っても変わらない。事実をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする」


153:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:37:33.36 ID:0iXSrIem0


ロックオン「あー……。そういうカラクリかよ……」

スメラギ「ロックオン、あなた、当事者なのよ……」

ロックオン「色々納得したっていうかさ、俺はあの時、確かに死んだと思った。それだけは唯一間違ってなかったってことだ」

ロックオン「元々死んでいたはずの身だ。ゾンビになろうが金属になろうが、本当にあの願いが叶うってならお安いもんさ」

ロックオン「ただ、問題はフェルトだ……」

アレルヤ「本当なら、フェルトはもっと生きていられたはず……」

刹那「俺がQBと契約すれば、ロックオンとフェルトは元に戻せるのか?」

スメラギ「それだけはやめて。昔ならともかく、今、あなたが契約したら、他の子たちがあなたを元に戻そうと同じ契約するだけよ」

スメラギ「だから、刹那も、アレルヤもティエリアも、絶対に契約なんてしないで。わかったわね?」

アレルヤ「はい……」

ティエリア「……了解」


154:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:40:05.84 ID:0iXSrIem0


アレルヤ「それにしても、こんなこと、フェルトは知ってるのかな……」

ハレルヤ(知ってたら、こんなバカげた契約するわけねーだろ)

アレルヤ「そうだよね……」

スメラギ「つらいでしょうけど、フェルトにも事実を伝えないと……」

クリス「フェルトならここにいますけど、どうしたんですか?」

ロックオン「クリス!? いつからここに?」

クリス「今来たばっかり……って、うわぁ……ロックオン、そのカッコ……」ドンビキ

刹那「やめろ! クリスティナ・シエラ! ロックオンの姿に対し、正直な感想を言うな!」

ティエリア「ロックオンのソウルジェムがまた濁ってしまう!!」

クリス「きゃっ、なんなのもうっ! ジャムってなに!?」


155:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:41:22.33 ID:0iXSrIem0


クリス「あーあ、せっかく、フェルトとお見舞いに来たのに、ロックオンが女装趣m」

アレルヤ「わーっ! わーっ!!」

クリス「どうしたのアレルヤ、急に大声を出して……」

スメラギ「そのフェルトのことなんだけど……」

クリス「うん、フェルトならここに……って、あれ? いなくなってる……」

ロックオン「なに!? まさか、あの話を聞いてて、そのショックで……」

スメラギ「みんな、急いでフェルトを探しましょう!」

刹那・ロックオン・アレルヤ・ティエリア「「「「了解!」」」」


クリス(あの話って、なんだろう?)

クリス(ただ、ロックオンの女装趣味にビックリしただけじゃないのかなあ……)


156:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:42:23.73 ID:0iXSrIem0


――展望室


フェルト「ロックオン……」

フェルト「まさか、あんな趣味を持っていたなんて……」

フェルト「…………」グスッ

ハロ「フェルト! フェルト!」

フェルト「ハロ……」

フェルト「ハロ、私……もうなにもかもわけがわからなくなっちゃった……」

フェルト「あの時、確かに、ロックオンのために祈ったはずなのに、隠れた趣味を知ったくらいで、こんな気持ちになるなんて……」





フェルト「私って、ほんとバカ」


157:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:43:38.46 ID:0iXSrIem0


――


スメラギ「フェルトが魔女化したですって? どういうことなの?」

QB「ソウルジェムが濁りきって黒く染まると、魔法少女は魔女の卵であるグリーフシードになって、魔女に生まれ変わるんだ」

QB「本当なら、ソウルジェムに溜まった穢れは魔女を倒して得たグリーフシードで浄化するはずなんだけど、」

QB「魔女が現れても君たちがガンダムで倒してしまうから、フェルトは一度も魔法少女に変身すらできず、グリーフシードを手に入れることもできなかった」

刹那「お前は、俺たちを魔女に……世界の歪みにするために勧誘していたのか?」

QB「勘違いしないでほしいんだけど、すべてはこの宇宙の寿命を伸ばすためなんだ」


159:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:47:40.07 ID:0iXSrIem0


――



スメラギ「つまり、あなたたちインキュベーダーは、魔法少女の希望が絶望に変わるときのエネルギーをあつめて、宇宙の寿命を延ばしているということなのね」

スメラギ「エントロピー……インキュベーダー……。まさか、イオリアはこれを予見して太陽炉を……」

QB「けど、彼は惜しかった。今の人類の技術では僕たちのシステムに遠く及ばない。君たちでは多くの時間をかけても、たった4機の機械を動かすので精一杯だ」

QB「君たち人類がこの星を離れて、僕たちと対話をする日が、すぐそこまで来ている。その時になって、枯れた宇宙を引き渡されても困るよね?」

刹那「お前たちと対話だと?」

ロックオン「さんざん一方的に搾取しといて、今さら対話だなんてよく言えたもんだな」

QB「全体の平和のためなら多少の犠牲はつきものだって、君たちCBならわかっていると思ったんだけど……」

QB「ティエリアならわかるよね? 君だって、魔法少女の体と同じ、ヴェーダの外付けハードウェアみたいなものじゃないか」

ティエリア「違う! 僕は……!」

QB「わからないな。君たちCBも同じことをしてきたというのに……。それとも知らなかった?」


161:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/10(金) 23:50:54.90 ID:0iXSrIem0


スメラギ「気持ちはわかるけど、そのへんでやめてちょうだい。今は、フェルトを元に戻す方が先よ」

アレルヤ「魔女になってしまったけど、仲間の僕たちが呼びかけたら、フェルトも記憶を取り戻してくれるかもしれない」

ハレルヤ(いざとなったら、俺がやるぜ)

アレルヤ(そうだね。ガンダムであの魔女を倒したら、中から元のフェルトが出てくるかもしれない)

ハレルヤ(愛と勇気の物語ってか! そうそう都合良くいくかよ!!!)

スメラギ「魔女を相手にするなんてはじめてだけれど、戦術プランを練るわ」

スメラギ「生身じゃ魔女と戦えないし、もちろん、あなたたちを契約させるつもりもない。ガンダムを出すわ」

スメラギ「でも、これは戦いじゃない。人類と魔女の対話よ」

刹那・ロックオン・アレルヤ・ティエリア「「「「了解!」」」」


167:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:28:18.20 ID:XZ1KmRNp0


――

――――


刹那『エクシア、刹那・F・セイエイ、出る!』

アレルヤ『キュリオス、アレルヤ・ハプティズム、目標に飛翔する!』

ティエリア『ヴァーチェ、ティエリア・アーデ、行きます』

ロックオン『デュナメス、ロックオン・ストラトス……って、この服、どうにかなんないのか……』

ハロ『ロックオン、マホウショウジョ! マホウショウジョ!』





リヒティ「フェルトが魔女だなんて……信じられないっすよ」

ラッセ「よせリヒティ」

クリス「ぐすっ……フェルトぉ……」

スメラギ「みんな、頼んだわよ」


168:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:34:35.99 ID:XZ1KmRNp0


ハロ型魔女「ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ」


≪魔女図鑑-001≫

ハロの魔女。その性質は恋慕。



刹那「あれが、フェルト・グレイス……」

ティエリア「巨大なハロにしか見えないが……」

ロックオン「なんともフェルトらしいというか……」

アレルヤ「これなら、元に戻せそうだね」

ロックオン「頼んだぜ、ハロ。お前の呼びかけなら、フェルトも応えてくれるはずだ」

ハロ「リョーカイ! リョーカイ!」


169:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:36:32.69 ID:XZ1KmRNp0


ハロ「フェルト! フェルト!」

ハロ型魔女「ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ」

ハロ「フェルト! フェルト!」

ハロ型魔女「ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハ……」

ハロ「フェルト! フェルト!」

ハロ型魔女「……ハロ! ハロ!」

ハロ「フェルト! フェルト!」

ハロ型魔女「ハロ! ハロ!」



刹那「フェルトがハロに応えた」

アレルヤ「やった!」

ロックオン「よくやったハロ! さすが俺の相棒……」

ティエリア「いや、待て! 危ない、ロックオン!」


171:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:38:48.63 ID:XZ1KmRNp0


ハロ型魔女「ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ」ドン!ドンドン!!


刹那「デュナメスを砲撃しただと!?」

アレルヤ「砲弾もハロの形をしてたけど……」

ティエリア「ロックオン、無事か?」

ロックオン「おう、なんとか無事だ……って、うおっ!?」


ドンドンドンドン!!!!!!!


刹那「……クッ、こっちもやられた」

ティエリア「ヴァーチェもだ。だが……」

アレルヤ「相手もその武器もハロの形をしているせいか、どうも緊張感がないね……」

ロックオン「だな……」


172:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:40:41.72 ID:XZ1KmRNp0


ロックオン「こうなっちまったからには、仕方ねえ……」

ティエリア「ミッションをフェーズ2へ移行」

刹那「威嚇射撃」

アレルヤ「動きを止めるだけだからね、ハレルヤ」

ハレルヤ(ケッ!)


173:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:44:48.95 ID:XZ1KmRNp0


――しかし


               テロ ・ フィナーレ
ロックオン「行くぜ! "テロが憎くて悪いか"!!!」ダンダンダンダンダンッ!!!

ティエリア「ティロ……いや、テロ・フィナーレ?」

刹那「ロックオン、今のテロなんだかというのはなんだ?」


ハロ型魔女「ネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツネライウツ」ダダダダダダダダダ!!


アレルヤ「うわっ! 攻撃が激しくなった!」

ハレルヤ(あのテロなんだかって中二ネームに腹が立ったんだろ)

刹那「ロックオン、さっきのテロなんだかというのはなんだ?」

ロックオン「そこはあんま触れてくれんな。またソウルジェムが濁る……。無意識だったんだよ……」シュウウウウ…

刹那「だが、」

ティエリア「しつこいな君は。あれはおそらく、魔法少女の必殺技というものだろう」

                        アイ ・ アム ・ ガンダム
刹那「そうか。ならば、俺も…… "俺 が ガ ン ダ ム だ"!!」


174:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:46:48.39 ID:XZ1KmRNp0


クリス「エクシア、デュナメス戦闘不能! キュリオス、ヴァーチェ被弾!」

ラッセ「どうなってやがる! 急に被害が拡大したぞ!」

スメラギ「中二必殺技名なんて叫ぶから、フェルトもついイラッときちゃったのよ……」

クリス「フェルト、フェルト……」グスッ

リヒティ「大丈夫っすよ、クリス……」

スメラギ(まずいわ。このままじゃ……)


スメラギ「クリス、中二必殺技は禁止って、みんなに伝えて!」

クリス「わ、わかりました!」


175:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:49:51.74 ID:XZ1KmRNp0


――



マミッ





ティエリア「トレミーから中二必殺技禁止令か……。だが……」

アレルヤ「少し、遅かったね。デュナメスの頭が巨大ハロに食べられた……」

刹那「ロックオン・ストラトス!!!」

ロックオン「 」


176:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:52:29.34 ID:XZ1KmRNp0


アレルヤ「ロックオン……」

ティエリア「ロックオン・ストラトス……」

刹那「……」



刹那「……!!」

刹那「ロックオンから文字通信……“危なかった。ゾンビにされてなかったらまた死んでたぜ”」

ティエリア「なぜ、文字通信なんだ?」

ハレルヤ「そりゃ、中であいつも……」

アレルヤ「言わないでよハレルヤ! ロックオンは、あの石があれば無事に回復するから大丈夫だよ!!」


177:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:53:52.45 ID:XZ1KmRNp0


ハレルヤ(どうせ、機体が動かねえんだ。回復する前に殺される)

アレルヤ(そんなこと……)

ハレルヤ(テメーだってもうわかってんだろ? 今、動けるのは俺とおセンチ眼鏡だけだ。俺たちがやるしかねえ!)

アレルヤ(でも、相手は……)

ハレルヤ(このままろくな攻撃もしねーでタラタラしてりゃ、俺たち4人全員が死んじまうんだぞ!!)

ハレルヤ(お前がやらねーなら俺がやる! 俺は生きる!! だから、とっとと体を……)


ティエリア『トランザム!! ……うわあああああああああああああああああああっ!?』

クリス『ヴァーチェ被弾、コントロール不能……』グスッ


アレルヤ「ティエリア!?」


178:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:56:44.50 ID:XZ1KmRNp0


ハレルヤ(自業自得だ! トランザムとかいう中二必殺技名をリアル世界で叫ぶのが悪い!)

アレルヤ「えっ、トランザムは普通に僕たちの切り札だよ?」

ハレルヤ(ティロ・フィナーレとたいしてかわんねーネーミングセンスだろ!!)

ハレルヤ(それより、テメーも他人のことなんて気にしてる場合かよアレルヤ!!)

アレルヤ(えっ?)

ハレルヤ(今、トランザムって口にしただろうが!!!)

アレルヤ「あっ……」


ハロ型魔女「ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ、ネライウツ」ドン!ドンドン!!


アレルヤ「ぱああああああああああああああああああああああ!!!!!」


179:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/11(土) 23:58:21.94 ID:XZ1KmRNp0


……


アレルヤ「動いてくれキュリオス……動いてくれないと、みんな……」

ハレルヤ(だから、言わんこっちゃねえ!!)

アレルヤ「ごめんね、ハレルヤ……」

ハレルヤ(謝って済むか!! テメーがとっとと体を受けわたさねえからだ!!)

アレルヤ「これから女装コスプレをすることになるけど、先に謝っておくね」

ハレルヤ(えっ)

アレルヤ「QB、そこにいるんだよね。僕は君と契約するよ。生き残るために」

ハレルヤ(おいやめろおおおおおおおおおお!!!!!)


180:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:00:46.56 ID:J21Px1NQ0


――


QB「契約は成立だ、アレルヤ」

アレルヤ「……わかっていたけど、この服装は……。世界の悪意が見えるようだよ……」

ハレルヤ(アレルヤアアアアアアアアアアアアアアアアア!!! なんてことしやがったテメー!!!!!!!!!!)

アレルヤ「生き残るためにはこうするしかなかったんだ。仕方ないさ」

ハレルヤ(死んでんだろうがああああああああ!!!!!!!)

アレルヤ「たしかに、ゾンビにはなったけど、あのまま本当に死ぬよりはずっといいさ」

ハレルヤ(そういう意味じゃねえ!! こんなカッコじゃ死んだ方がマシだ!! テメーの筋肉を考えろ!!)

アレルヤ「ハレルヤ、君が生より死を選ぶなんて珍しいこともあるんだね」

アレルヤ「でも、僕は、本当にもう二度と僕たちのような存在が現れないのなら……。これが僕の願い……」


181:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:01:52.38 ID:J21Px1NQ0


ハレルヤ(もういい! テメーじゃ話になんねえ……俺に体を貸せ!)

アレルヤ「体を貸したら、君が女装することになるけどいいのかい?」

ハレルヤ(うるせえ! お前に体を任せたせるとロクなことになんねえってのがよくわかった!)

ハレルヤ(こうなりゃ、俺が戦う! 戦ってあの淫獣をぶっ殺す!)

アレルヤ「待ってハレルヤ! 僕たちはフェルトを……」

ハレルヤ「ゴチャゴチャいってねえで、体を渡せええええええええええええええええええええ!!!!!!」


182:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:03:57.53 ID:J21Px1NQ0


刹那「ロックオンから文字通信……“アレルヤのやつ、魔法少女になっちまった。あれは俺以上にまずいって。筋肉とか、色々な意味で”」

ティエリア「色々な意味とはどういう意味だ?」

QB「残念だけど、アレルヤはもう魔女になってしまったよ。あれを見てごらん」

ティエリア「あれは……新たな魔女が出現しただと!?」

刹那「QB、アレルヤになにがあった?」

QB「僕にもよくわからないけど、人格が交替した瞬間に、ソウルジェムが急速に穢れて真っ黒になったんだ」

刹那「穢れ……」

ティエリア「アレルヤはともかく、ハレルヤの方は穢れの塊のような男だからな」

刹那「ああ。仕方がない」

QB「君たちは妙なところで冷静だね」


184:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:07:38.83 ID:J21Px1NQ0


ハロ型魔女「ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ、ハロ」

魔女(元アレルヤとハレルヤ)「ギャハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」



QB「まさか、アレルヤ……いや、ハレルヤがワルプルギスの夜になるなんてね」

刹那「ワルプルギスの夜?」

QB「ワルプルギスの夜はこれまでの魔女と違って、ただ一度具現しただけでも、何千人という人間がその犠牲になる」

ティエリア「何千人だと!?」

QB「いや、それ以上かもしれない。このワルプルギスの夜は、他の個体とは違って思考と反射を兼ね備えているし、」

QB「それに、ここは宇宙だ。ワルプルギスの夜の呪いが地球上に降り注げば、世界中に影響が及ぶだろうね」

刹那「そんなことはさせない!」

ティエリア「そうだ! 僕たちが止める!」

QB「そんなこと不可能だ。君たちのガンダムはもう動かないじゃないか」

刹那「クッ……!!」



≪魔女図鑑-002≫
ワルプルギスの夜? 思考と反射を兼ね備える。


185:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:08:55.95 ID:J21Px1NQ0


QB「ガンダムがなければ、ガンダムマイスターなんて所詮は人類……」

QB「ガンダムが動かないと、君たちはなにもできない」

QB「君たちには紛争根絶だなんて、はじめから無理だったんだ」

QB「でも、ひとつだけ手はある……」





QB「僕と契約して、魔法少女になってよ!」


186:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:12:34.32 ID:J21Px1NQ0


刹那「魔法少女になれば戦える……」

スメラギ(通信)『やめなさい刹那!!』

ティエリア「そうだ! 魔法少女の行く末は魔女だ。魔法少女はやがて世界を歪ませる存在だ!」

QB「このままだと、世界が歪む前に滅んでしまうけどいいのかい?」

ティエリア「貴様……!」

QB「世界の崩壊を止めるには、君たちが僕と契約して、魔法少女になるしか手だてはない」

スメラギ(通信)『彼の言うことなんて聞く必要はn……』

ザザッ

ティエリア「通信が切れた……?」

刹那「スメラギ?」


187:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:14:29.15 ID:J21Px1NQ0


QB「言ったじゃないか。ワルプルギスの夜はただ一度具現しただけでも、何千人という人間がその犠牲になるって」

刹那「まさか、トレミーは……」

QB「さあ、どうする?」



刹那「……」

ティエリア「……」


188:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:15:43.96 ID:J21Px1NQ0


ティエリア「……僕が、」

刹那「俺が魔法少女になる」

ティエリア「刹那・F・セイエイ!?」

刹那「俺が魔法少女になって世界を変える」

ティエリア「しかし……」

刹那「ティエリア・アーデ。俺が魔女になったときは、お前が代わりに世界を変えてくれ」

ティエリア「……………了解した」


刹那「QB、俺を魔法少女にしてくれ」

QB「もちろんさ。君なら最高の魔法少女になれる。さあ、君の願いを伝えてごらん」


189:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:16:27.01 ID:J21Px1NQ0


刹那(俺の願い……)


刹那(紛争の根絶……)

刹那(それを、成し遂げる存在……ガンダム!)



刹那「そうだ……」

刹那「俺は……!」



刹那「俺がガンダムだ!!!」


190:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:17:07.86 ID:J21Px1NQ0


QB「これで契約は成立だ」

ティエリア「刹那が、エクシアと一体化していく……。彼は本当にガンダムになったというのか……」



エクシア「 」

ティエリア「刹那……」

エクシア「 」

ティエリア「……」

エクシア「 」

ティエリア「刹那?」

エクシア「 」

ティエリア「……刹那・F・セイエイ?」


191:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:18:20.77 ID:J21Px1NQ0


ティエリア「せ、刹那……どうした!? 応答しろ!!」

エクシア「 」


ティエリア「ん? ……ロックオンから文字通信か」

ティエリア「“刹那は紛争根絶の象徴としてのガンダムになりたかったんだろうけど、”」

ティエリア「“完全に肉体をMSにされちまったら、自分ひとりじゃ動けねえだろ”」



ティエリア「 」


192:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:21:28.21 ID:J21Px1NQ0


ティエリア「QB貴様! 刹那の願いをわざと取り違えたな!!」

QB「わざとだなんてひどいな。刹那は“俺がガンダムだ”としか言わなかったじゃないか。僕は彼の言葉に忠実に従っただけだよ」

ティエリア「わかりきったことを!」

QB「最初に願いはひとりにつきひとつって説明したじゃないか。今さら後出して叶えろだなんて契約違反だ。なんなら、今度は君が僕と契約して、刹那の願いを取り消すかい?」

ティエリア「インキュベーダー!!」

QB「あいにく、僕は君と違って、人類の感情なんて理解できないし、ヒトの言葉の裏なんて読めないけど、」

QB「きっと、人類だって、いきなり『俺がガンダムだ』なんて言われても、理解できないだろうね」

ティエリア「だからといってこんなこと……万死に値する!!」


193:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:22:44.16 ID:J21Px1NQ0


刹那(体が動かない……)

刹那(外見だけがガンダムになっても、世界は変えられない……)


刹那(俺は……)





刹那(ガンダムにはなれなかった……)



ピシッ


194:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:23:56.67 ID:J21Px1NQ0


ティエリア「刹那のソウルジェムがグリーフシードになってしまった……」

QB「このまま孵化したら、彼は史上最悪の魔女になるよ。おそらく、10日かそこらでこの星を壊滅させてしまうだろうね」

ティエリア「……そんなことはさせない。ここはロックオンの回復を待って、態勢を立て直す」

QB「ロックオンだって魔女になるのは時間の問題だよ。彼は元から家族を奪った世界に絶望していた」

ティエリア「そんな……!」

QB「ま、後は人類の問題だ。僕らのエネルギー回収ノルマはおおむね達成できそうだしね」

ティエリア「……待てQB」

QB「なんだい?」

ティエリア「最後に僕を魔法少女にしろ」


195:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:24:54.21 ID:J21Px1NQ0


QB「君を?」

ティエリア「ああ」





ティエリア「人類の未来を決めるのは君ではない。人類だ」

ティエリア「だから、僕はみんなとイオリア計画をやり直したい」


196:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:25:31.87 ID:J21Px1NQ0


――

――――


――――――2307年 王家所有の無人島



QB「そこの君、僕と契約し……」

ロックオン「刹那! 危ねえ!!! 避けろ!!!!」

刹那「……?」





ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!


プチッ


197:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:26:29.25 ID:J21Px1NQ0


刹那「なぜヴァーチェがここに落下してきたんだ……」

ロックオン「ティエリアが無断でこっちに向かったって、トレミーから連絡があったんだよ」

ロックオン「それより、大丈夫か刹那! 潰されてはいねえよな?」

刹那「ああ。問題ない」



刹那(だが……)

刹那(なにかがヴァーチェの下敷きになったような……)

刹那(気のせいなのか?)


198:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:27:05.57 ID:J21Px1NQ0


シュン


ティエリア「無事だったか刹那」

ロックオン「無事だったかじゃねえよ! もう少しでヴァーチェに潰されてたとこ……って、ティエリア……その服は……」

ティエリア「あいつは潰せたようだな」ファサァ

刹那「ティエリア・アーデ……。なぜ女装をしている……?」


199:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:29:15.50 ID:J21Px1NQ0


ティエリア「刹那・F・セイエイ」

刹那「なんだ?」

ティエリア「君は自分のガンダムが尊いものだと思うか? 仲間や組織を大切にしているか?」

刹那「? ああ……」

ティエリア「本当か?」

刹那「それよりも、お前のその服は……」

ティエリア「もし、それが本当ならば、“俺がガンダムだ”などと安易に口にしないことだ」

刹那「いや、それは困る」

ティエリア「さもなければ、すべてを失うことになる」

ロックオン「お前のそのカッコの方がいろんなものを失ってんだろ」

ティエリア「あなただけには言われたくありません」

ロックオン「はぁっ? なんだよ!」


200:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 00:33:12.58 ID:J21Px1NQ0


ティエリア「僕の用はこれだけだ。念のため、しばらく監視させてもらうが」スタスタ



ロックオン「言うだけ言って、行っちまったぞ……」

刹那「それよりも……」

ロックオン「まさか、ティエリアに女装趣味があったなんてな……」

刹那「ああ……」

ロックオン「これから、あいつにどう接していけばいいんだよ……」

刹那「わからない。本当に、わからないんだ……」






おわり?


201:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(高知県):2011/06/12(日) 00:34:00.55 ID:X4RySjpMo


ティエほむwwwwww


203:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/12(日) 00:34:58.62 ID:gD2AS3/k0


もしくはほむリア


208:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/12(日) 09:04:31.68 ID:4VRFVT3So


なるほど・・・ニ期でガンダムガンダム言わなくなったのはこの為か


元スレ:ガンダムエクシア「刹那を無視し続けたらどうなるか」
    スポンサーサイトガンダムエクシア「刹那を無視し続けたらどうなるか」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。