スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「まどかがボンレスハムを亀甲縛りにしているわ…」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/06/21 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:18:48.71 ID:5t3u/dFO0


まどか「~♪」

ほむら「…何をやっているの、まどか…?」

まどか「あ、ほむらちゃん」

まどか「見ての通り、亀甲縛りだよ」

ほむら「学校でハムを縛ってる人はじめて見たわ…」

ほむら「…楽しいの?」

まどか「うん、結構楽しいよ」

ほむら「……」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:19:32.55 ID:5t3u/dFO0


―――

ほむら(授業が始まった)

ほむら(けど…)チラッ

まどか「~♪」

ほむら(…堂々とハムを縛ってる…)

ほむら(一体何があんなにも彼女を引き付けるのかしら?)

先生「暁美さん、この問題を――」

ほむら「x=2 y=3 です」

先生「……さすが、即答だなんて」

ほむら(…何回繰り返してると思ってるの?)


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:20:35.60 ID:5t3u/dFO0


―――

ほむら(…やっと授業が終わった)

ほむら「……」スタスタ

さやか「――…それでさー…」

さやか「…ん?転校生?」

さやか「なんか用?」

ほむら「…少し話があるの…来てもらっていいかしら」

仁美「…お二方、もしやすでにそのような関係に――?」

さやか「…仁美、あんたは黙ってなさいっ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:21:48.89 ID:5t3u/dFO0


―――

さやか「…で?何の用よ?」

ほむら「まどかのことよ」

ほむら「…どうしてあの娘は急にハムを亀甲縛りしだしたの」

さやか「…マミさんに教わったらしいよ?」

ほむら「巴マミに?」

さやか「うん、何せマミさんの能力は拘束系だし」

さやか「なんかのはずみで縛りプレイに目覚めちゃったんじゃない」

ほむら「……」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:23:09.46 ID:5t3u/dFO0


―放課後―

ほむら「…どうしてそこから無機物を縛ろうという発想に至るのやら」

ほむら「正直よくわからないけれど」

ほむら「…まぁいいわ、巴マミに接触してみましょう」

マミ「……」テクテク

ほむら「…ほむ、さっそく発見したわ」

ほむら「相変わらず一人で下校だなんてさびしいやつね」

ほむら「…いや、人の事言えないか…」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:24:07.64 ID:5t3u/dFO0


ほむら「…巴マミ」

マミ「…あら、暁美さん?いったいどうしたの?珍しいこともあるものね」

ほむら「一緒に下校させてもらってもいい?」

マミ「!!」

マミ「……っ」

マミ「いっ…え、ええ、一緒に帰ってあげ…なくもない…わよ?」

ほむら(…普段接触をしない私からの突然の誘いで明らかに動揺している…)

ほむら(…まぁ、ある意味予想通りの反応ではあるわね…)

ほむら「…ありがとう、行きましょう」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:25:03.38 ID:5t3u/dFO0


ほむら「…巴マミ」

マミ「…な、なぁに…?」

ほむら「あなた…まどかにいったい何を吹き込んだの?」

マミ「…え?」

ほむら「まどかが今日一日中ボンレスハムを亀甲縛りしていて」

ほむら「他の事は眼中にないかの様子だったわ」

ほむら「おかげでこっちは一日中笑いをこらえるのに必死だったわ」

マミ「…そんなに可笑しかったの?」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:25:46.95 ID:5t3u/dFO0


ほむら「…って、それはいいのよ」

ほむら「あなたが彼女に何を言ったのか教えなさいと言っているの」

マミ「…私だって亀甲縛りなんて教えたくて教えたわけじゃないわよ」

マミ「ただ、彼女がどうしてもっていうから」

ほむら「…あなたが吹き込んだわけではないの?」

マミ「当然でしょ、わたしはやり方を教えてあげただけよ」

ほむら「…意外だわ、あなたそんなにおとなしそうな娘に見えないのだけど」

マミ「…心外だわ、人を何だと思ってるのよ」


12:>>11 屋上:2011/06/19(日) 14:27:01.12 ID:5t3u/dFO0


ほむら「…悪かったわね、あらぬ疑いをかけて」

マミ「…もう、あなたとなんて帰らなければよかったわ」

ほむら「…わたしの家はこっちだから」

ほむら「いいじゃない、これで解放されるわよ?」

マミ「……」

ほむら「さようなら、巴マミ」

マミ「…ええ、ごきげんよう」

マミ(…なんか複雑な気分だわ)


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:29:31.12 ID:5t3u/dFO0


―ほむホーム―

ほむら「…さて、亀甲縛りにのめりこんで他のことがおろそかになっては」

ほむら「まどかの人生があれなので」

ほむら「どうにかやめさせないと…」

ほむら「…でもどうやって…」

QB「…やぁ暁美ほむr」パァン

ほむら「…何の用?顔も見たくない名前も呼びたくない家に入ってこないでほしい下衆淫獣」

QB「…さすがにひどいんじゃないかな、それは」ヒョコッ

QB「体も勿体ないし」ガツガツ

ほむら「用がないなら出て行ってよ、グロいし」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:33:50.53 ID:5t3u/dFO0


QB「…まどかが家に帰っていないんだよ」

ほむら「それを先に言いなさい」

QB「言おうとしてたのに」

ほむら「…それで?どこにいるかわからないの?」

QB「わかってたら君のところになんて来ないさ」

ほむら「…それもそうね、探しに行くわ」

QB「僕も行こうか」

ほむら「あなたは美樹さやかか佐倉杏子か巴マミのところにでも行きなさい」

QB「…確かに大勢で探すほうが心強いね、わかった、彼女たちも呼んで来よう」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:35:27.55 ID:5t3u/dFO0


―――

ほむら(ここの古びた倉庫の中――)

ほむら「…には、いないみたいね」

―――

ほむら「学校は――いないわ」


ほむら「…どこに行ったのかしら?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:37:17.06 ID:5t3u/dFO0


―――

ほむら(巴マミたちと合流した)

マミ「…鹿目さーん?いないのー?」

さやか「まどかー?」

杏子「……」

さやか「…ちょっと杏子、あんたも手伝ってよ」

杏子「やだよ、あたしあの娘と特に仲いいわけでもねーしさ」

杏子「おまけに見返りもないんだし――」

さやか「うまい棒200本あげるから」

杏子「まどかー? いねぇのかぁー、まどかーっ」

ほむら「……」

さやか「……」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:39:03.41 ID:5t3u/dFO0


QB「みんな、まどかの気配がこっちに!」

ほむら「あれ?いたのね、淫獣」

ほむら「てっきりこの3人を呼んできた後車にでも轢かれたのかと思ってたわ」

QB「…相変わらず手厳しいね、君は…」

杏子「おいほむら、そんなゴミ放っといてまどかのほうに行こうぜ!」

マミ「――それもそうね」グシャッ

QB「きゅぅっ!?」

さやか「…杏子、あんたってほんとバカ」ゲシッ

QB「さ…さりげなく踏んでいくのはやめ――」

ほむら「……」ズドンッ

QB「」

QB「…わけがわからないよ」ヒョコッ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:40:39.86 ID:5t3u/dFO0


まどか「……」プラーン

ほむら「まどかっ!」

杏子「どういうことだオイ…こいつ縛られてんじゃねぇか!」

さやか「…もしかして昨日の症状が悪化したんじゃ…」

まどか「…縛られてるんじゃなくて、縛ってるんだよ、杏子ちゃん」

マミ「鹿目さん! 無事なの?」

まどか「うーん…一応」プラーン

ほむら「とりあえず縄をほどきましょう」

まどか「その必要はないわ」プラーン

ほむら「!?」


21:>>20 屋上:2011/06/19(日) 14:44:19.02 ID:5t3u/dFO0


まどか「えへへ、ほむらちゃんのマネ、どう?似てた?」

ほむら「…冗談はいいから、ほどくわよ?」

まどか「Shit!!!!!!!」

ほむら「!?」ビクッ

まどか「ダメなんだよ、このままじゃないと!」

マミ「…どうして?」

まどか「今わたしはこの状態になることでムラムラを抑えてるんです」

まどか「だから、この縄をほどいたらムラムラ大爆発で」

まどか「みんなを縛りまくっちゃうだろうから…」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:45:03.83 ID:5t3u/dFO0


さやか「…ちょっと待ってよ、最初から説明して、まどか」

さやか「なんで亀甲縛りプレイに目覚めてMどかになっちゃったのか」

さやか「最初から」

まどか「……」プラーン

ほむら(…あきらかにシュールな光景なのに何かしらこの空気…)

マミ(っていうか美樹さん…さりげなくMどかって…)

杏子(なんだMどかって…)


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:47:54.93 ID:5t3u/dFO0


まどか「…わたしが縄縛りプレイ的なものに目覚めたきっかけは」

まどか「家の延長コードと延長コードが絡み合っているのを見てから」

杏子「…そんな性への目覚め聞いたことねーよ…」

ほむら「しっ、杏子黙って」

杏子「…おまえ何で興味津々なんだ」

まどか「それからいろいろ調べたの、縄を使ったプレイについて」

ほむら「」ハァハァ

マミ「…暁美さん?気をしっかり持って?」


25:>>24 ふざけんな:2011/06/19(日) 14:51:49.81 ID:5t3u/dFO0


まどか「そしたら…気付いちゃったんだよ、…」

まどか「…あることに」

さやか「な…何…?」

ほむら「」ゴクリッ

マミ「……」

杏子「…わざわざ溜めなくてよくね?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:55:49.14 ID:5t3u/dFO0


まどか「縄を使ったプレイは…素晴らしい、と」

杏子「だから溜めて言うことじゃねーよ」

まどか「…でも、調べてもわからなかったんだよ」

まどか「亀甲縛りのやりかた」

まどか「…ううん、というか実践できなかった」

まどか「資料の情報だけじゃ足りなかったの」

まどか「…だから…」

まどか「……」

まどか「……」

杏子「だから溜めんな! いい加減にしろ、刺されてーのか!」

ほむら「まどかになら…挿されたい…です」

杏子「死ね!!」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 14:58:23.41 ID:5t3u/dFO0


まどか「だから、マミさんに教わったの」

まどか「マミさんってば、縛る手つきがとにかくすごくって」

マミ「…褒められてるのはわかるけど…嬉しくないわね、なんか」

ほむら「……」

ほむら「…巴マミ、あなた普段からひとりで自分を縛って自慰してるものね」ボソッ

マミ「!!!!」

マミ「ど…どどどどうして知ってるの…!?」

ほむら「…私のストーカーとしての技量を侮ってはいけないわ」

マミ「…とりあえず、誇れることではないと思うけど…」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 15:00:24.91 ID:5t3u/dFO0


さやか「…それで、ボンレスハムを縛るようになったわけ?」

まどか「そう、わたし縄プレイの良さに気付いてからは」

まどか「なんでもいいからとりあえず何かを縛っておかないとムラムラして落ち着かない体質になっちゃって」

ほむら「…それでどうしてボンレスハムなの?」

まどか「…ほら、あれだよ、なんか…こう、食い込むのが良くってさ」

杏子「…お前、それって縛った後どうしてんだ?」

まどか「ほぇ? もちろんちゃんと食べてるけど…」

杏子「…そうか、ならいいけど」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 15:02:06.87 ID:5t3u/dFO0


ほむら「食い込むのがいいんだったら今度インなんとかでも縛れば?」

まどか「あ…そうだね、今度試してみようか」

さやか「…普段なら呼ばなくても出てくるのに、今はいないね、キュゥべえ」

ほむら「個体を無駄につぶされるのを恐れているのでしょう、放っておけばいいわ」

杏子「そういえばあいつ、一応食えるんだぜ、知ってたか?」

マミ「…え…佐倉さん、あなたあの子食べたの…?」

杏子「ああ、食い物に本当に困って餓死寸前だった時にやむをえず」

杏子「そしたら…わりとうまかった」

さやか「…すげー野性的ね、あんた…」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 15:03:11.34 ID:5t3u/dFO0


ほむら「…話がズレて戻してズレて戻してを繰り返している気がするけれど」

ほむら「話を戻すわ」

ほむら「どうして家を出てこんなところで自分を縛っているの…?」

まどか「それはそのー…さやかちゃんが言ったように症状の悪化といいますか…」

さやか「! 当たってた! 当たってたよ杏子!」

杏子「何急にはしゃぎだしてんだお前」

さやか「ほめて!褒めてよ!」

杏子「わかった、わかったから」

杏子「偉いな、よくやったな馬鹿、頼むから黙ってろ」


33:マミさんがハムなわけないだろいい加減にしろ:2011/06/19(日) 15:05:09.62 ID:5t3u/dFO0


ほむら「…それで、ほどいたら自分を抑えられなくなってしまうと…」

まどか「そう、家に帰りたいんだけどさ、どうやって帰ればいいか…」

マミ「簡単じゃない、亀甲縛りのまま帰ればいいでしょ?」

まどか「どっ、どうやって…?」

マミ「亀甲縛りした状態に上から服を着ればいいじゃない」

ほむら「お…思いつかなかったわ…」

さやか「さすが!さすがマミさん!」

まどか「さすがマミさん天才!」

杏子「天才!!」

マミ「…何? 何これ!?」


37:>>35 このほむらは皆を愛しているんだよ 屋上:2011/06/19(日) 15:10:19.38 ID:5t3u/dFO0


―――

まどか「あー、亀甲縛りの上に服着るのってすごい変な感じ…」

マミ「そのうちそんな感覚にも慣れて新しい境地を切り開けるわよ」

まどか「そう…ですよね!有難う御座いますマミさん!」

ほむら「…けど、まどか」

ほむら「あなたこれからずーっと亀甲縛りのまま過ごし続けるつもり?」

まどか「うん…まぁ、仕方ないよ」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 15:12:37.84 ID:5t3u/dFO0


さやか「でもさ、お風呂とか不便じゃない?」

まどか「いいよ、別に」

まどか「常に一番気持ちいい状態でいられるんだよ?」

まどか「幸せじゃない?」

杏子「…ふん、あんたがそれでいいならいいんじゃない?」

杏子(ある意味おめでたい頭と言えなくもない気もするが…)


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 15:14:56.18 ID:5t3u/dFO0


まどか「ごめんみんな、送ってもらっちゃって」

まどか「今日はありがとう、また明日ね」

ほむら「ええ…おやすみなさい」

マミ「構わないわよ?おやすみなさい、鹿目さん」

さやか「困ったときはお互いさまだって! じゃね、まどか」

杏子「食い物は粗末にすんなよ?」

まどか「うん、じゃあね!」

まどか(お腹すいた…)


43:>>42 いいえ:2011/06/19(日) 15:20:54.89 ID:5t3u/dFO0


コソコソ

まどか「…あれ? あの白いのって…」

QB「や、やぁ…まどか」

QB「暁美ほむらたちは行ったかい?」

QB「無駄に個体を減らされると困るからずっと隠れていたんだけど…」

まどか「……」

QB「…まどか?」

まどか「ほむらちゃーん!みんなー!BBQBしようー!?」

QB「!?」


45:>>42 いいえ:2011/06/19(日) 15:27:50.64 ID:5t3u/dFO0


―――

QB「…なぜ僕は縛られているんだ…しかも亀甲縛りでだなんて」

まどか「知らないのキュゥべえ? 亀甲縛りは素晴らしいんだよ」

QB「しっ…知らないよ! 助けて! ほどいてぇぇぇ!」

さやか「…杏子、やっぱ生で食べるのは抵抗が…」

杏子「うーん、じゃああれだ、焼くか」

QB「焼くの!?」

ほむら「…わたしも焼いたのならもらおうかしら」

マミ「…ごめんなさいねキュゥべえ?わたしもお腹すいちゃって…」

QB「ひどいよマミまで! あっだめ!焼いちゃらめぇぇ!」


QB「わけがわからないよー!」ジュウウウ


ティロフィナーレ


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 15:48:48.41 ID:BbykskrdO


ボンレス乙


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:14:43.96 ID:7rpt17Zy0


              .,-'''''~~~ ̄ ̄~~''' - 、
 \      ,へ. 人 ゝ __ ,, .--──--.、_/              _,,..-一" ̄
   \  £. CO/ ̄            \       _,,..-" ̄   __,,,...--
      ∫  /        ,、 .,、        |,,-¬ ̄   _...-¬ ̄
 乙   イ /    /   . _/ / ノ  \ 丿    ..|__,,..-¬ ̄     __,.-一
      .人 | / ../ - "  ̄      ||  | 丿 /  ).  _,,..-─" ̄   ._,,,
 マ    .ゝ∨ /  ||           "  丿/ノ--冖 ̄ __,,,,....-─¬ ̄
        ( \∨| "     t-¬ ,,... -一" ̄ __--¬ ̄
 ミ  ⊂-)\_)` -一二 ̄,,..=¬ 厂~~ (_,,/")
     .⊂--一'''''""|= |(  干.   |= | |_   (/
   /  ( /      ∪.冫 干   ∪ 人 ` 、 `
 /      )         ノ '`--一 `ヽ  冫
                 く..          /
                .  ト─-----イ |
                  ∪       ∪



    スポンサーサイトほむら「まどかがボンレスハムを亀甲縛りにしているわ…」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。