スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「おいしいウンコーヒーのいれ方」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/06/22 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:35:17.60 ID:HOCJBFVn0


梓「ウンコしたい……」

トイレ!

梓「一週間のご無沙汰いかがお過ごしだったでしょうか?」

梓「フンス」

ブリブリブリミチミチブリミチブリ

梓「うわぁ~硬くて太いウンコ」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:36:25.05 ID:HOCJBFVn0


梓「一週間ぶりのお通じだとこんなにすごいの生まれちゃうんだ」フキフキ

梓「これが噂の一本グソ」

梓「写メ撮って純に送ろう」パシャ

梓「お尻痛いなぁ」フキフキ

梓「え?」

フキフキしたトイレットペーパーを見ると、大量の血液が


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:36:46.29 ID:HOCJBFVn0


梓「すごい血……」

梓「ついに生理来ちゃった?」

梓「今夜はお赤飯だ!」

梓「水泳を合法的に休めちゃうんだ!」

梓「でもお尻痛い」ヒリヒリ

梓「冷静になれ私! カムバック私」

梓「やっぱり痔だよね。極太一本グソだったから切れちゃったんだよね」

梓「お母さんのナプキンして学校行こう……」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:37:09.71 ID:HOCJBFVn0


がっこう!

梓「お尻痛い」ヒリヒリ

律「おっはよ~梓ぁ~!」

紬「梓ちゃんから血のにおい! 生理!?」クンクン

梓「」

澪「梓どうした? 歩き方が変だぞ?」

梓「いえ、別に何ともありません」ヒリヒリ


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:37:50.17 ID:HOCJBFVn0


紬「ナプキンが邪魔で歩きづらいのね。初めてなら仕方ないわ」

律「え? 梓にもついに生理が来たか!」

梓「そ、そうなんです! やっと生理が来たんです!」

梓「まだナプキンに慣れなくて!」

律「すぐに慣れるから安心しろ」

紬「使用済みのナプキンは私に……」ゴホッ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:38:56.93 ID:HOCJBFVn0


澪「ムギが血を……吐いた……」バタン

梓「ムギ先輩、澪先輩大丈夫ですか?」

紬「私は大丈夫よ」ダラダラ

律「おーい、澪。起きろ」

澪「んん……私はどうしてこんなところで寝てるんだ?」

律「梓がついに大人になったって話をしてたら、ムギが急に吐血して、それを見た澪がぶっ倒れた」

澪「心配かけてすまなかったな」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:39:18.34 ID:HOCJBFVn0


澪「ところで、梓が大人になったんだって?」

律「そうなんだよ!」

澪「そうか、梓もついにマン毛が生えたのか」

律「は? 倒れる時に頭を強くぶつけたようだ」

唯(みんな解ってないよ)


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:40:11.45 ID:HOCJBFVn0


唯(あずにゃんはまだ生理来てないよ)

唯(マン毛だってスジに沿ってたった17本しか生えてないのに)

唯(みんなは問題の本質を見抜けないの?)

唯(あずにゃんがかわいそう)

律「それよりどうした唯? さっきから黙ってるけど」

唯「何でもないよ」

澪「そうか、梓もついにマン毛が生えたのか」ブツブツ

唯「私あずにゃんに大事なお話があるから先に教室行ってて」

律「わかった。HRに遅れるなよ」

澪「そうか、梓もついにマン毛が生えたのか」ブツブツ

律「ほら澪行くぞ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:40:53.58 ID:HOCJBFVn0


ぶしつ!

梓「話って何ですか?」

唯「あずにゃん生理が来たって言うのはウソだね!」フンス

梓「そんなことありません!」

梓「血で真っ赤に染まったナプキン見せてやるです!」

唯「え~!? ホント? やった~!」

唯「って違うよ! 話を逸らしちゃうなんてあずにゃんのいじわる~」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:41:20.37 ID:HOCJBFVn0


梓「チッ」

唯「血がたっぷりのナプキンで誤魔化そうったてそうはいかないよ」

唯「ナプキンはおま○んこに当てるもの」

唯「あずにゃんはおま○んこにナプキンが当たってるから気持ち悪くて変な歩き方をしてるんじゃない」

唯「アナルに当てたナプキンが気持ち悪いのが2割、普通に歩くとアナルがヒリヒリ痛くてちゃんと歩けないが8割ってとこだね」

梓「うぅっ……」

唯「ヒリリ~♪ヒリリ~♪」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:42:42.77 ID:HOCJBFVn0


梓「カレーたっぷりウンコどっさりじゃありません!」

唯「あずにゃん隠さなくてもいいんだよ」

唯「あずにゃん痔なんでしょ?」

唯「私も痔だから解る!」

梓「唯先輩も?」

唯「『も』ってことはやっぱりあずにゃん痔なんだね」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:43:09.33 ID:HOCJBFVn0


梓「はい……」

唯「痔って痛いよね」

唯「うんちするたびにせっかく治りかけたのがまた悪くなっちゃう」

梓「そ、そうなんですか?」

唯「一昨日、治りかけていたのに硬くて太い一本糞が出ちゃて、また切れちゃいました!」フンス

梓「明日、ウンコするの怖いなぁ……」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:43:35.71 ID:HOCJBFVn0


唯「澪ちゃんみたいに糞詰まりで一週間もお通じがなければいいのにね」

梓「澪先輩……ふんづまりwwww(私もだけど)」

唯「あずにゃんも大変だったね」

唯「私はオナニーのとき物足りなくて十六茶のペットボトルを挿入しようとしたんだ~」

唯「でも間違えてアナルに挿しちゃったの」

唯「かなり奥まで入ってしまったから取るのが大変だったんだよ」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:44:19.65 ID:HOCJBFVn0


唯「一気に引き抜いたらアナルが切れてて血がドバ~ってなっちゃったの」

唯「憂にすごく怒られたけど、毎日お薬つけてくれるから、とても快適なんだ~」

唯「あずにゃんもオナニーのときに間違えてアナルにペットボトル入れちゃったんだよね?」

唯「私とお揃いだね」ニヤニヤ

梓「ち、ちが……」

キーンコーンカーンコーン


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:45:04.36 ID:HOCJBFVn0


唯「あ、チャイム鳴ったからもう行かなくちゃ!」

唯「あずにゃん、これとても良く効く痔のお薬! 一つあげるね! アナルに注入するだけの簡単なお薬だから!」

唯「切れ痔になるといつもアナルヒリヒリ♪」

梓「行っちゃった……」

梓「オナニーで切れたんじゃなくて、極太一本グソで切れたんだけどなぁ……」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:45:49.72 ID:HOCJBFVn0


そのころ律紬は


2年生の教室!

律「たのもー!! 憂ちゃんはおるかね?」

憂「あ、律さん紬さん、おはようございます」

律「大事な話があるからちょっといいかな?」

紬「女の子にとって、すごく大事なお話なの」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:48:41.00 ID:HOCJBFVn0


憂「大事な話?」

誰もいない講堂!

律「梓に初めての生理が来たみたいなんだ」

憂「梓ちゃんに? お祝いしなくちゃ!」

紬「でも、梓ちゃんすごく体調悪そうなの。歩き方がすごく変だったし……」

律「梓のプライベートのことだからこうやって憂ちゃんにしゃべるのは良くないかもしれないけど、梓のためにあえて憂ちゃんにお願いなんだ」


20: 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 :2011/06/19(日) 01:48:43.44 ID:OTWi42LR0


マジキチ


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:50:15.81 ID:HOCJBFVn0


紬「梓ちゃん、初めての生理で動揺してると思うの」

律「それに生理痛で憂ちゃんや佐藤さんに辛く当たるかもしれないだろ?」

憂「佐藤さん?」

律「ほら、憂ちゃんや梓といつも一緒にいるダスキンみたいな頭した娘」

憂「純ちゃんですね」

律「そう純ちゃん。純ちゃんって娘は空気読めなさそうじゃん?」

律「だから梓が理不尽なことで喚き散らしたとしても生理でツライってのに気付かないかもしれないだろ」

紬「そんなとき憂ちゃんが梓ちゃんをフォローしてやってほしいの」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:52:33.99 ID:HOCJBFVn0


律「初潮のときは誰でも混乱するし、痛いしツライし女に生まれてきたことを後悔しちゃう」

律「こんなことは長い時間をかけて、向き合っていくしかないだろ?」

律「私たちは試行錯誤しながら、生理とうまく付き合ってきている」

紬「でも、梓ちゃんはこれからが始まりなのよね」

律「だから憂ちゃんが梓を支えてやってくれないかな?」

憂「はい。梓ちゃんは私たちの大切なお友だちです! まかせてください!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:56:32.48 ID:HOCJBFVn0


律「生理のプロの私だって時々生理のおもらしすることがあるんだよね」

紬(りっちゃんの生理のお漏らし)ドキドキ

律「梓だってやってしまうかもしれないだろ?」

律「空気読めないナントカさんが休み時間にペラペラしゃべりかけてきたら梓はGo to Heavenだ」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:00:21.01 ID:HOCJBFVn0


憂「休み時間のたびに連れションで、ナプキンをこまめに交換ですね」

律「さすが憂ちゃん、話が早い」

憂「おねえちゃんもよく生理のおもらししてますから」

キーンコーンカーンコーン

律「よろしく頼んだよ。じゃ!」

紬「しっかりフォローしてあげてね」

憂「律さんイケメンだなぁ。紬さんも梓ちゃん想いだし♥」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:01:33.93 ID:HOCJBFVn0


エントランスホール!

澪「そうか、梓もついにマン毛が生えたのか」ブツブツ

純「あ、澪先輩~! おはようございます!」

澪「やあ、梓のお友だちの永田さん」

純「鈴木です。どうしたんですか? 元気ないですね」

澪「梓のことでちょっと考え事してたんだ」

純「梓?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:02:11.97 ID:HOCJBFVn0


澪「梓がついに大人になったんだ」

純「ついに初潮を迎えたとか!?」

澪「いや、梓にマン毛が生えたんだ」

澪「私は小学校4年生のときにマン毛が生えて、マン毛が筆箱に挟まってたことがあったんだ」

澪「そのせいで、クラスの男子から"不潔マン毛モジャモジャ女"ってからかわれてイジメられたツライ過去がある」

澪「そんなときに助けてくれたのが律だった……」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:02:30.34 ID:HOCJBFVn0


~~回想!~~

幼澪「マン毛なんてイヤだよう……。うわ~~ん!!」

幼律「澪ちゃんのマン毛は世界一キレイだよ!」

幼律「そうめんみたいで美味しそう!」

幼澪「マン毛なんて不潔なだけだよ!」

幼澪「りっちゃんは生えてないから解らないよ!」

幼律「解ってないのは澪ちゃんだい!」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:03:25.84 ID:HOCJBFVn0


幼律「澪ちゃんも私もクラスのみんなも、みんなみんなお母さんのマン毛が生えたところから生まれてきたんだよ!」

幼律「だったらみんな不潔だし、澪ちゃんを生んでくれたお母さんや自分自身を不潔だってことになるじゃん!」

幼律「せっかくおなかを痛めて、マン毛があるところから澪ちゃんを生んでくれたお母さんを悪く言うのはやめろぉ!」

幼律「お母さんには感謝しても不潔なんていうのは絶対ぜーったい許せない!」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:04:05.26 ID:HOCJBFVn0


幼澪「グスッ。りっちゃんの言う通りだね」

幼澪「ママのアソコにはマン毛生えてるし、そこから私が生まれてきたんだよね」

幼澪「マン毛が汚いなんて言ったらバチが当たるね」

幼澪「りっちゃんありがとう! 大事なことを気付かせてくれて」

~~回想終了!~~


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:05:35.29 ID:HOCJBFVn0


澪「鈴村さんはマン毛すごそうだからこの気持ち解るだろ?」

純「はい! 私はマン毛もボーボーなんで、妖怪マン毛女って言われてました」

澪「私の筆箱の時みたいに、梓のギターの弦にマン毛が挟まっていたとしよう」

澪「放課後なら私がフォローできる」

澪「でも、もし教室で教科書にマン毛が挟まっていたら梓は心無いクラスメイトから酷いイジメを受けるに違いない」

澪「梓はきっとこの十分考えられうる未来に怯えているに違いない」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:06:11.05 ID:HOCJBFVn0


澪「私や鈴ナントカさんみたいにイジメられたら、高校生の梓はもう二度と立ち直れないに違いない」

純(澪先輩って断定的にしゃべる人だなぁ。よっぽど酷い目に遭ったんだなぁ)

澪「マン毛ボーボーの鈴本さんなら、マン毛が出没しそうなところとか良く知ってるだろ?」

澪「もし梓の持ち物にマン毛が挟まってたら、さり気なく取り除いてやってほしいんだ」

澪「律が私にしてくれたように、マン毛のことでナーバスになってしまった梓を助けてやってほしい」

純「わっかりましたっ!」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:06:37.99 ID:HOCJBFVn0


澪「よろしく頼むよ」

純「マン毛ってすごいですよね」

純「絶対になさそうな場所に落ちててビックリします。タンスの上とかw」

澪「テレビの上に縮れた毛があったときは、パパ、いやお父さんのチン毛か私のマン毛かで口論になったw」

純「マン毛やチン毛の出没地の意外さは恐ろしいですもんね」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:07:01.67 ID:HOCJBFVn0


キーンコーンカーンコーン

澪「じゃあ、本当によろしくな」

純「お任せください!」

澪「そうか、梓もついにマン毛が生えたのか」ブツブツ

純「憧れの澪先輩からの頼まれごと! 頑張らなくちゃ!」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:08:45.67 ID:HOCJBFVn0


休み時間!

純「最強の武器と最強の防具はどっちが強いかってことで矛盾って言葉ができたんでしょ?
  じゃあ薬に例えると下剤と下痢止めじゃん。
  でも下剤と下痢止めを同時に飲むと下痢をするんだってさ。
  つまり武器と防具では、武器の方が絶対的に強いってことが証明されたってことになると思うんだよね」ペラペラ

梓「その論理は絶対におかしいよ」お尻ヒリヒリ

憂(純ちゃん空気読まずに一人でしゃべってる)

憂(梓ちゃんが生理のお漏らししちゃったらどうするの?)


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:09:09.78 ID:HOCJBFVn0


憂「あ、梓ちゃん! 一緒におトイレ行かない?」

梓「え、あ、うん。いいよ」

梓(お尻の具合を見たいし行ってこよう)

純(憂のヤツ、空気も読まずに梓を連れションに誘ってる)

純(さりげなく梓と会話しながらマン毛の探索してたのに!)

純(それにトイレ行ってパンツ脱いだらマン毛が飛び散るリスクが高まるのに)


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:09:49.35 ID:HOCJBFVn0


梓「純も行かない?」

純「さっさといっトイレ」

憂「純ちゃんコロコロコミックの読み過ぎだよ」クスクス

純「はいはい、お漏らししちゃう前に早くいっトイレ」

憂(お漏らし!? まさか純ちゃん……?)

純(梓がいないうちに持ち物にマン毛が挟まってないかチェックしとけばいいか)

憂(生理のお漏らしは何としてでも阻止しなくちゃ!)


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:10:24.69 ID:HOCJBFVn0


次の休み時間!

純「玉袋に縫い目があるのは、純金の玉を取り出したあと、代わりにピンポン球を入れて縫い合わせたからなんだよ。
  中国は人口世界一、つまり男の人口も世界一。
  世界最大の産金国が中国なのは当然の結果だよね」ペラペラ

梓「玉袋なんて見たことないから知らない」お尻ヒリヒリ

憂(純ちゃん、また空気読まずに一人でしゃべってる)


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:15:53.37 ID:HOCJBFVn0


憂「あ、梓ちゃん! 一緒におトイレ行かない?」

梓「え、あ、うん。いいよ」

純(憂のヤツ、また空気も読まずに梓を連れションに誘ってる。てか頻尿?)


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:16:47.78 ID:HOCJBFVn0


そのまた次の休み時間!

純「ガッツ石松はバカってみんな言うけど、クイズダービーでは正解率が5割越えてたんだよ。
  篠沢教授の正解率は3割とちょっと。
  つまりガッツ石松は大学の教授を遙かに凌ぐ知識を持ち合わせた超天才ってわけ。
  ボクサーがノーベル賞もらえないのは職業差別だと思う」ペラペラ

梓「その論理だとマンガ家全員と女優全員にノーベル賞あげないといけないよ」お尻ヒリヒリ

憂(純ちゃん、また空気読まずに一人でしゃべってる)

憂(空気読めないってレベルじゃないよ)


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:17:18.11 ID:HOCJBFVn0


憂(もしかして梓ちゃんに生理のお漏らしさせようと思ってるの?)

憂「あ、梓ちゃん! 一緒におトイレ行かない?」

梓「え、あ、うん。いいよ」

純(憂のヤツ、また空気も読まずに梓を連れションに誘ってる)

純(空気読めないってレベルじゃない)

純(もしかして梓のマン毛を撒き散らそう思ってる?)


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:18:38.49 ID:HOCJBFVn0


昼休み

純「ナマケモノは週に1回しかウンコしないんだよ」ペラペラ

梓「へぇ~(澪先輩と同じだwwwww私もだけどwwwww)」お尻ヒリヒリ

憂(間違いない! 純ちゃん何か企んでる!)

純「つまり便秘がちの人は生産性が低くて……」

憂「梓ちゃん、お弁当の前におトイレ行かない? ていうか行こう!」

梓「え、あ、うん。いいよ」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:20:46.90 ID:HOCJBFVn0


純(話しに割り込んでまでトイレに誘ってる!)

純(間違いない! 憂のヤツ絶対何か企んでる!)

純「ちょっと憂! いい加減にしなよ!」

憂「何のこと? 純ちゃんこそおかしなこと考えるのはやめた方がいいんじゃない?」

純「憂、性格悪いよ。無害そうな顔してるけど実は頭腐ってるんじゃない?」

憂「純ちゃんこそ頭をモップみたいにして清潔を装ってるけど腹黒! 汚すぎだよ!」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:21:03.01 ID:HOCJBFVn0


梓「ちょ、ちょっと急にどうしたの?」オロオロ

憂・純「梓(ちゃん)は黙ってて!」

梓「ひぃ~!」

純「憂、ここじゃアレだから屋上行こ」

憂「臨むところだよ。純ちゃんの腐った根性叩き直してやるんだから」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:21:53.50 ID:HOCJBFVn0


屋上!

純「今日の憂って変だよ? 梓にちょっかいばっかりかけちゃってさ」

憂「純ちゃんこそ。梓ちゃんを辱しめようと考えてる」

純「辱しめようとしてるのは憂の方でしょ?」

憂「あくまでもシラを切り通すつもり?」

憂「そこまで根性ひん曲がってるなんて思ってなかったよ」

純「いい加減にしないと叩くよ?」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:23:40.16 ID:HOCJBFVn0


憂「こっちだって叩いてやるんだから!」

純「これは誰にも言わないでおこうと思ったんだけど、梓はマン毛がボーボーに生えて大変なんだよ!」

純「マン毛が持ち物に挟まるリスクを負って生きて行かないといけない梓の気持ちを憂は解ってるの?」

純「マン毛ボボボーボの私なら解る! 梓が今どんだけ不安な気持ちでいっぱいか」

憂「何言ってるの? 梓ちゃんは生理が来て不安な気持ちでいっぱいなんだよ!」

憂「生理のお漏らししちゃうかもしれないってすごく怯えてる!」

憂「お姉ちゃんもよく生理のお漏らしするけど、そのあとすごく泣いてる!」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:24:12.94 ID:HOCJBFVn0


憂「生理のお漏らしがどれだけ恥ずかしいか純ちゃんは解ってないよ!」

純・憂「え?」

純「生理?」

憂「マン毛?」

憂・純「ウソでしょ?」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:24:28.11 ID:HOCJBFVn0


純「澪先輩から聞いたから間違いない!」

憂「私は律さんと紬さんから聞いて……」

純「律先輩ならともかく、紬先輩がウソをつくとは思えない……」

憂「澪さんがデリケートなことで冗談を言うわけないし……」

純「ごめんね憂。私どうかしてた」

憂「私こそごめんね。梓ちゃんを守ろうとしておかしくなってた」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:24:53.12 ID:HOCJBFVn0


純「総合すると」

憂「梓ちゃんは」

憂・純「初潮を迎えてマン毛がボーボーに生えた!」

憂「純ちゃん……」

純「憂……」

憂「ひどいこと言ってごめんなさい!」涙ポロポロ

純「憂は悪くない! 悪いのは私!」涙ポロポロ


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:25:40.51 ID:HOCJBFVn0


憂「純ちゃんうわぁ~~~ん!」

純「憂、ごめんね! ごめんね!」

憂「純ちゃんは梓ちゃん想いなんだね」

純「憂こそ」

憂「純ちゃんマン毛がすごかったんだ」

純「見たい?」

憂「うん///」コクリ


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:39:53.84 ID:HOCJBFVn0


ぬぎぬぎぺろーん

憂「……。モジャモジャだと何だか汚く見えるね」

純「うん、今度からちゃんと手入れするよ……」

憂「じゃあ私がお手入れしてあげる」

純「ホント?」

憂「ボーボーモジャモジャだから少し透こう」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:40:16.58 ID:HOCJBFVn0


憂「今朝おねえちゃんの眉毛を整えてあげたから毛抜き持ってるんだぁ」

純「ぅぅぅ……痛そう……」

憂「痛くないように」

はむ。じゅるじゅる。

純「憂……そんなとこ舐めたら……あぅん♥汚い……」

憂「純ちゃんの……ピチャピチャ……マン毛ならきれいだよ」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:40:38.37 ID:HOCJBFVn0


憂「そうめんみたいで……グチャピチャ……美味しい♥」

ジュンジュワー

憂「純ちゃん気持ちいいの? 濡れてきたよ?」

純「うん/// 続けて……」

憂「これくらい濡らせば痛くないよね」

純「え? もう終わり?」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:41:02.79 ID:HOCJBFVn0


憂「じゃあ抜くね」

ブチブチブチ!!

純「ギニヤー!! はうあ~っ!」

憂「うっすらしてカワイイマン毛にしてあげるからガマンして」

ブチブチブチ!!

純「いてーーーーーーーーーー!」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:42:45.22 ID:HOCJBFVn0


憂「ほらキレイになったよ」

純「ホント?」

憂「かわいいよ」モグモグ

純「抜いたマン毛食うなよ」

憂「純ちゃんの味がする///」

憂「純ちゃんの汗とマン汁でほどよい塩味と酸味を引き出してて癖になっちゃいそう」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:46:04.50 ID:HOCJBFVn0


純「私も憂のを味わいたい///」

憂「じゃあ食べて♥」

ぬぎぬぎぺろ~ん

純「憂のマン毛キレイ!」

純「いっただきま~す!」

ブチブチブチ!!


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:46:41.89 ID:HOCJBFVn0


純「柑橘系の酸っぱさが漂うグッドテイストなマン毛だね」モグモグ

純「生理が近いのかなぁ? 鉄分が多く含まれてるね」

憂「生理が来たら私の経血ゼリー食べてくれる?」

純「ご飯に載せて食べちゃうのんね」

純「憂のおマ○ンコは臭くて滋養がつきそう」

純「もっと食べたい」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:47:48.23 ID:HOCJBFVn0


憂「あんまり食べたらパイパンになっちゃうよ」

純「憂はパイパンの方が似合うよ」モグモグ

憂「食べ終わったら梓ちゃんのマン毛の試食会もしようね」

純「梓? 梓!」

純「憂! 私たちは梓のフォローをしないといけないことを忘れてる!」

憂「梓ちゃんにマン毛チラシ寿司&生理のお漏らしのリスクが刻一刻と迫ってる!」

憂・純「マン毛食ってる場合じゃねえっ!」ダッ(AA略)


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:48:19.14 ID:HOCJBFVn0


教室!

憂・純「梓(ちゃん)!」

梓「」ビクッ!

純「一人にしてごめんね」

憂「私たち自分のことしか考えてなかった」

純「梓! トイレいっトイレ!」

憂「純ちゃん! 遺留品は一本も残しちゃダメだよ!」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:48:44.63 ID:HOCJBFVn0


純「憂! 一滴たりともこぼさないように!」

梓「え? あの? 仲直りしたの?」

憂「梓ちゃん行くよ!」

梓「ちょっと待って、憂」

純(やっと大人になった梓にツライ思いはさせないんだから!)


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:49:03.64 ID:HOCJBFVn0


放課後の部室!

梓「こんにちは……」

唯「あずにゃん!」

梓「唯先輩だけですか?」

唯「みんなは掃除当番でしばらくは来ないよ」

梓「今日一日、お尻が痛くて大変でした」ヒリヒリ

唯「あずにゃんお薬しなかったの?」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:49:20.32 ID:HOCJBFVn0


梓「休み時間のたびに純がくだらない話しをしてきたので……」

唯「痔のお薬は人に見られたくないもんね」

梓「それに憂が強引にトイレに誘うから、薬を持ち出そうにも持ち出せなくて……」

唯「憂って空気読めないのかなぁ?」

唯「私が痔なんだからあずにゃんの切れ痔を見抜いてもいいと思うんだけどなぁ」

梓「そんなことないですよ」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:50:20.34 ID:HOCJBFVn0


梓「純が休み時間のたびに空気も読まずにどうでもいい話をしてきたから、憂からトイレに誘ってもらえてとても助かりました」

唯「座りっぱなしだとアナル痛いもんね」

梓「『ブルースリーと松下幸之助と唯先輩の誕生日は同じ日』とか本当にどうでもいい話ばかりでした」

唯「じゃあ今から失われた時間を取り戻そう!」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:51:03.47 ID:HOCJBFVn0


梓「といいますと?」

唯「アナルヒリヒリで部活に集中できなかったら困るよね?」

唯「だから今からあずにゃんのアナルにお薬を注入してあげます!」

梓「じ、自分でできます!」

唯「一人ですると時間かかるよ?」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:52:06.92 ID:HOCJBFVn0


唯「もうすぐみんなが来ちゃうからさっさと済ませちゃおう!」

梓「そ、そうですか? じゃあお願いします」

唯「じゃああずにゃんお尻出して」

梓「はい、どうぞ」

ぬぎぬぎぺろ~ん


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:54:31.33 ID:HOCJBFVn0


唯「カワイイ~!」

梓「早くしてください!」

唯「ごめんごめん」

唯「じゃあ机に上がって四つんばいになって」

梓「こうですか?」

唯「じゃあ行くよ!」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 02:56:16.23 ID:HOCJBFVn0


ブスッ! チューチュー

唯「注入完了!」

梓「ありがとうございます」ゴロゴロ

唯「あれ?」

梓「どうしたんですか?」ゴロゴロ

唯「お薬間違えた!」

梓「え?」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:02:31.54 ID:HOCJBFVn0


唯「痔のときはね、硬いウンコするとまた切れちゃうから下痢の方がいいんだよね」

唯「だからいつも憂に琴吹製薬の強力浣腸してもらってるんだ~」

唯「あずにゃん、ごめんね。痔のお薬と浣腸を間違えちゃった!」

梓「え? ちょっと待ってくだ……!」ゴロゴロ

ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!


唯「ギャーーーーーーーーーー!!!!」

梓「イヤーーーーーーーーーー!!!!」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:03:20.63 ID:HOCJBFVn0


こんにちは。中野梓です。

机の上で四つんばいになって唯先輩からお薬を入れてもらいました。

つまり唯先輩の顔に向かってお尻を突き出してるわけです。

放課後の音楽準備室で起きた悲劇。

唯先輩が痔のお薬と強力浣腸を間違えて入れてしまい、急に襲いかかる便意。

そして数秒と待たずに唯先輩に向かって大量の下痢便を噴射する私。

一週間便秘だった私が今日一回ウンコしたくらいでは一週間分は出しきれていなかったわけで。。。


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:03:54.85 ID:HOCJBFVn0


巨大な一本グソが出たとしてもせいぜい二日分のウンコ。

五日分のウンコが下痢となって唯先輩の顔面に直射されてしまいました。

そこにナイスなタイミングで部室にやってきた先輩方。

上半身茶色に染まり異臭を放つ唯先輩と唯先輩にお尻を向けて四つんばいの私。

その光景に律先輩は顔をしかめていました。

澪先輩はそのまま気絶してしまいました。

ムギ先輩はなぜかうっとりしていました。


それから私は一週間学校を休みました。


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:04:37.77 ID:HOCJBFVn0


部室!

紬「梓ちゃんずっと学校休んでるみたいね」

澪「きっとマン毛のことでイジメられたんだ」グスッ

憂「きっと生理のお漏らししちゃったんです。私がもっとフォローしていれば……」

純「憂だけの責任じゃない! 私だってちゃんとフォローしてあげられなかったから……」

律「おかしーし。どう考えても梓が来ない理由は唯に……」

唯「りっちゃんは黙ってて!」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:05:34.53 ID:HOCJBFVn0


律「唯はえらく梓の肩を持つじゃねーか」

澪「律、真面目にやれよ」

紬「そうよりっちゃん。梓ちゃんは生理痛で学校に来れないんだから唯ちゃんとのマニアックなプレイのことは今は関係ないわ」

澪「いや、マン毛が原因でイジメに遭ったんだ」

唯(あずにゃんが学校を休んでいる本当の理由に気付いてるのはりっちゃんだけみたい)

律「澪……ムギまで……」

澪「律、今日うちに来い。ゆっくり話し合おう。マン毛の恐ろしさを教えてやる」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:06:06.07 ID:HOCJBFVn0


唯「じゃあ、あずにゃんには私から連絡しておくね」


翌日!

トイレ!

律「ウンコだぜ!」

律「昨日は澪んちで焼き肉を腹いっぱいごちそうになったから、かなりすごいのが生まれそうだ!」

聡「ね、姉ちゃん、早く……」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:06:34.39 ID:HOCJBFVn0


律「お前は野糞しろ」

聡「うぐぐぐ……ウンコの先っぽが少し出た……」

律「しょうがねーな。すぐ出すから待ってろ」

律「フンス」

ブリブリブリミチミチブリミチブリ

律「うわぁ~硬くて太いウンコだなぁ」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:07:09.22 ID:HOCJBFVn0


律「しかもクセー」

律「肉はウンコを硬くして臭くするから控えないとな」

律「澪に写メ撮って送ってやろうかにゃ?」パシャ

律「ていうかケツいてー」フキフキ

律「え?」

フキフキしたトイレットペーパーを見ると、大量の血液が


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:09:35.82 ID:HOCJBFVn0


律「生理は先週終わったばかりなのに」

律「現実から目を背けるなんて私らしくないよな」

律「これは痔だ!」

律「極太一本グソだったから切れるのも仕方ないよな」

律「このままぱんちゅはいたら生理のお漏らしっぽくなっちゃう」

律「ナプキンしていくか」

聡「ね、ねーちゃんんぐぐぐ……漏れた……」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:10:06.66 ID:HOCJBFVn0


通学路!

梓(唯先輩は大丈夫だから学校に来いって言ってたけど、行きたくないなぁ……)

梓(下痢便顔面シャワーのこと学校中に知れ渡ってるんだろうな……)

梓(退学→大検→放送大学ってコースも悪くないよね)

紬「あずさちゃん!」

唯「あずにゃん! 来てくれたんだね!」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:11:10.88 ID:HOCJBFVn0


澪「梓! 心配したんだぞ!」

梓「みなさん……」

唯「あずにゃん、あの日のことは全然心配しなくてもいいよ!」

澪「梓のマン毛のことを知る者は誰もいない」

紬「無事に生理が終わったのね」

梓(は? 澪先輩とムギ先輩は何を言ってるの? 話し噛み合ってないし)


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:11:43.92 ID:HOCJBFVn0


唯「私あずにゃんと大事なお話があるから、澪ちゃんとムギちゃんは先に行ってて」

澪「わかった」

紬「じゃあまた教室でね」

梓「唯先輩、どういうことですか?」

唯「澪ちゃんは気絶しちゃったから顔面シャワーのときの記憶は無いみたい」

唯「ムギちゃんは私とあずにゃんが変態プレイをしてたと勘違いしてて、一人だけで楽しんでるの」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:13:29.89 ID:HOCJBFVn0


唯「りっちゃんはあずにゃんが学校を休んでる理由をちゃんと理解してるけど、誰にも言いふらしてないよ」

唯「りっちゃんは陰湿なことをするキャラじゃないもんね」

梓「じゃあ、顔面シャワーのことは憂や純だけじゃなく学校中には広まっていないわけですね?」

唯「あずにゃんは心配屋さんだなぁ~」ギュッ

梓「やめてください!」

梓「でも色々フォローしてくれたんですよね? ありがとうございます♥」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:13:53.59 ID:HOCJBFVn0


唯「私とあずにゃんは放課後ぢータイムの仲間なんだから」

唯「あっ! りっちゃんとムギちゃんと澪ちゃんだ!」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:14:10.00 ID:HOCJBFVn0


そのころ澪たちは

律「ケツいてー」ヒリヒリ

澪「律おはよう」

紬「りっちゃんどうしたの? なんか辛そう」

澪「何でクネクネしながら歩いてるんだ?」

律「いや、生理痛でケツ……いや、腰が痛いんだ」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:14:33.39 ID:HOCJBFVn0


澪「おまえ先週終わったばかりだろ?」

律「サイクルが乱れてんだよ」

紬「いいお医者さん紹介しましょうか?」

律「いや、よくあることだから心配しなくても大丈夫!」

梓「律先輩もしかして……」ヒソヒソ

唯「間違いないよ」ヒソヒソ


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:14:53.54 ID:HOCJBFVn0


梓「問題の本質を見抜いているのは私たちだけのようですね」ヒソヒソ

澪「唯と梓も追いついたか」

律「梓、今日は来たか! イテテテテテ」

律(ケツの穴が痛くて普通に歩けねー)

唯「澪ちゃんとムギちゃんはりっちゃんのカバン持って教室に行ってて」

梓「私と唯先輩で保健室に連れて行きますから」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:15:41.04 ID:HOCJBFVn0


澪「いや、律の大親友である私も行く」

澪「マン毛の件ではとても世話になったから恩返しをしたい」

唯「一番重要な役割は澪ちゃんだよ!」

梓「律先輩が保健室にいることをHRで伝えることができるのは澪先輩だけです!」

唯「さわちゃんのことだから私が言っても信用しないよ。遅刻した言い訳を私がしてると思われちゃう」

梓「さわ子先生から信頼を置かれている澪先輩とムギ先輩にしかできないことです!」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:16:04.59 ID:HOCJBFVn0


紬「どんとこいで~す!」

澪「まかせろ! 律の皆勤賞はこの私が守ってみせる!」

律(唯と梓は何かたくらんでるぞ……)

唯「じゃあ、よろしくね」

梓「さぁ、保健室に行きましょう」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:16:27.08 ID:HOCJBFVn0


部室!

律「保健室に行くんじゃねーのかよ」ヒリヒリ

唯「ここなら誰も来ないからね」

律「な、何のつもりだ?」ヒリヒリ

唯「りっちゃん生理が来たって言うのはウソだね!」フンス

律「ウソじゃない! なんなら経血つきナプキン見せてやろうか?」ヒリヒリ


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:17:06.64 ID:HOCJBFVn0


唯「血がたっぷりのナプキンで誤魔化そうったてそうはいかないよ」

唯「ナプキンはおま○んこに当てるもの」

唯「りっちゃんはおま○んこにナプキンが当たってるから気持ち悪くて変な歩き方をしてるんじゃない」

唯「アナルに当てたナプキンが気持ち悪いのが2割、普通に歩くとアナルがヒリヒリ痛くてちゃんと歩けないが8割ってとこだね」

律「うぅっ……」

梓「切れ痔になるといつもアナルヒリヒリ♪」

唯「お尻を拭くと生理みたいに血がドバッ♪」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:17:30.27 ID:HOCJBFVn0


律「な、何が言いたい?」

梓「律先輩、隠さなくてもいいんですよ」

唯「りっちゃん痔なんでしょ?」

唯「私たちも痔だから解る!」

律「おまえらも?」

唯「『も』ってことはやっぱりりっちゃん痔なんだね」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:17:50.21 ID:HOCJBFVn0


律「見抜かれてたならしょうがない……。そうだよ! 切れ痔だよ!」

唯「先週はあずにゃんが痔だったんだ」

唯「でも私がお薬を間違えてあずにゃんに浣腸しちゃったの」

唯「あのときの顔面シャワーがそれ」

律「あのときは唯と梓が変態プレイに走ったと思って焦ったよ」

梓「もう、唯先輩! あのときは恥ずかしかったんですからね!」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:18:34.26 ID:HOCJBFVn0


梓「でも浣腸のおかげで宿便が全部出ちゃったから、痔が治るまでウンコ出なくて助かりました」

律「澪みたいに糞詰まりだったら治りが早いんだろうけど、私毎日ウンコ出てるんだよな……」

唯「そんなりっちゃんのために痔に役立つお薬セットをあげよう!」

律「マジで? 助かる~!」

梓「浣腸と痔の薬を間違えないでくださいね」

律「唯じゃないんだから間違えないよ」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:19:13.82 ID:HOCJBFVn0


唯「りっちゃんも大変だったね」

唯「私とあずにゃんはオナニーのとき物足りなくて十六茶のペットボトルを挿入しようとしたんだ~」

唯「でも間違えてアナルに挿しちゃったの」

唯「かなり奥まで入ってしまったから取るのが大変だったんだよ」

唯「一気に引き抜いたらアナルが切れてて血がドバ~ってなっちゃったの」

唯「憂にすごく怒られたけど、毎日お薬つけてくれるから、とても快適なんだ~」

唯「りっちゃんもオナニーのときに間違えてアナルにペットボトル入れちゃったんだよね? 私たちとお揃いだね」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:19:51.23 ID:HOCJBFVn0


律・梓「ち、ちが……ウンコしてたら切れ……」

キーンコーンカーンコーン

唯「あ、チャイム鳴ったからもう行かなくちゃ!」

唯「早く澪ちゃんたちに元気なりっちゃんの姿を見せてあげようよ!」

唯「切れ痔になるといつもアナルヒリヒリ♪」

律「おーい待てよ! オナニーで切れたんじゃなくて、極太一本グソで切れたんだけどなぁ……」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:21:30.10 ID:HOCJBFVn0


休み時間!

唯「りっちゃんトイレ行こう!」

律「よし! ボラギノール注入だ!」

さわ子『3年2組の田井中さん・平沢さん至急職員室に来なさい!』

律「お薬遠のいたぁ~!」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:22:06.49 ID:HOCJBFVn0


職員室!

さわ子「二人とも早く進路調査票出しなさい」

律「紙切れなんかに私たちの未来は決められないぜー!」

唯「ないぜ~!」

さわ子「自分の将来なんだからちゃんと考えなさい」

律「へ~い」

さわ子「唯ちゃんはまだ決められないの?」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:24:23.70 ID:HOCJBFVn0


唯「なんだかずっと先のことだから想像できなくって」

さわ子「ずっと先じゃないでしょ。あっと言う間よ」

律「さわちゃんも歳を取るわけだ」

さわ子「何だって(怒)」

さわ子「次の休み時間までにちゃんと書いて持って来てよ。締切とっくに過ぎてるんだから」

唯・律「へ~い」

キーンコーンカーンコーン

律「あ、休み時間終わっちゃった」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:24:44.96 ID:HOCJBFVn0


次の休み時間!

さわ子「却下!」

唯・律「あれ~」

律「なんだよ、ちゃんと書いたのに」

さわ子「ミュージシャン、か……ふふふ」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:25:29.87 ID:HOCJBFVn0


放課後!

律「休み時間のたびに呼び出すなんてさわちゃん鬼だよ」

唯「アレはりっちゃんのアナルの危機を見て楽しんでる目だったよ」

律「くそー! 薬注入できなくて尻が痛いままだよっ!」

唯「私たち掃除当番だからりっちゃん先に部室行ってて」

唯「あずにゃんがいると思うからお薬入れてもらうといいよ」

律「おう!」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:25:49.31 ID:HOCJBFVn0


部室!

律「梓に入れてもらうのはやっぱり恥ずかしいな」

律「自分で入れよう」

律「痔の薬って言ってもいろんな薬があるんだな……」

律「塗るタイプのヤツと直接注入するヤツか」

律「今朝ウンコしたから塗るのはヤダなぁ」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:26:07.27 ID:HOCJBFVn0


律「唯は注入するタイプを推してるみたいだったからこれにするか」

梓「こんにちは~」

律「お、梓! いま薬入れてるところだからちょっと見張っててくれ」

梓「はい」

ブスッ! チューチュー


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:27:05.81 ID:HOCJBFVn0


律「うへ~! 気持ちわりぃ~」

梓「済みましたか?」

律「ああ、もう終わったよ。あとはぱんちゅはくだけ」

梓「って! ちょっと先輩! それ!」

律「え? ああ、『強力』って書いてあるから効きそうじゃん」

律「早く治った方がいいと思ってこれにしちゃった」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:28:14.96 ID:HOCJBFVn0


梓「それ、琴吹製薬の強力浣腸じゃないですか!」

律「か、浣腸!?」ゴロゴロ

律「そういえば、なんとなく腹が痛い気がする……」ゴロゴロピー

梓「早くトイレに行きましょう!」

律「ま、間に合いそうもない……」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:31:09.89 ID:HOCJBFVn0


律「いま汁みたいなのが少しこぼれた……」

梓「!!」

律「梓来るな! 今来たらぶっかかるぞ!」

ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!
ブチチブリブチブリリビチュチュチューーーーーーー!!!

律「うぉーーーーーーーーーー!!!!」

梓「にゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:32:00.65 ID:HOCJBFVn0


律「はぁはぁ……」

律「高3にもなってウンコ漏らしちまった……」

律「内申書にこのことが書かれてしまって大学行けなくなるんだ……」

律「ぅぅぅぅ、ぐすっ、ひっく……」

律「梓、すまん……」

梓「律先輩……」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:32:35.38 ID:HOCJBFVn0


律「あず……さ?」

梓「少し手に着いちゃいましたけど、ほら」

律「どういうこと?」

律「ていうかケツが重い」

梓「吹き出す直前で先輩のアナルにペットボトルを挿し込んだんです」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 03:35:07.36 ID:HOCJBFVn0


律「ナイス梓ぁ!」

梓「2リットルのボトルが満タンになっちゃいましたね」

律「早く尻からペットボトルを抜いてくれ」

梓「そうですね。先輩たちが来る前にトイレに行ってお尻拭いてちゃんとしたお薬入れたいですからね」

律「そろそろみんなが来るころだ」

梓「はい、急ぎましょう!」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:00:16.83 ID:HOCJBFVn0


数分後!

紬「おまたせ~」

澪「ってだれもいない」

紬「りっちゃんと梓ちゃんが先に来てるはずなんだけど」

澪「先にお茶してよっか」

紬「そうね。そうしましょう」


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:01:16.96 ID:HOCJBFVn0


またまた数分後!

紬「おまたせ~」

澪「今日のお茶はおいしいな」ズズズ

紬「おかわりたくさんあるから」

澪「例えるなら好きな人と交わすキスの味のような」ズズズ

紬「澪ちゃん詩人ね」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:02:11.68 ID:HOCJBFVn0


澪「おかわりお願いしていい?」

紬「はい!」

澪「今日のお茶はつぶコーン入りなのがまた良い」ズズズ

紬「中国の穀物茶の類だと思うわ」

澪「そうか、中国4000年だからうまいわけだ」ズズズ

紬「本当においしい」ズズズ


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:02:29.43 ID:HOCJBFVn0


澪「この香りもたまらない」

澪「例えるなら愛しい人の胸に抱かれたときの優しい香りに包まれるような」ズズズ

紬「澪ちゃん詩人ね」

澪「おかわりお願いしていい?」

紬「はい!」


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:02:50.25 ID:HOCJBFVn0


さわ子「ちょりーっす!」

澪・紬「先生こんにちは」

紬「いまお茶を入れますね」

さわ子「りっちゃんと唯ちゃんには疲れたわ」

澪「進路調査票ですね」

さわ子「りっちゃん学校の成績は良いんだから真面目に取り組めば地方国立大なら射程圏内なのに」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:03:08.29 ID:HOCJBFVn0


澪「一夜漬けで80点取れるんですから本気になればいいんですけど」

さわ子「それより部室がウンコ臭いのは気のせいかしら?」

澪「お茶の香りがいいので気付きませんでしたけど。そうですか?」

さわ子「誰かこの部屋でウンコしなかった?」

澪「まさか! ムギがオナラでもしたんじゃないですか?」

さわ子「いえ、これはオナラでは味わえないダイレクトに鼻腔を刺激するウンコ臭よ」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:08:41.46 ID:HOCJBFVn0


律「いや~ごめんごめん!」

澪「遅かったな。どこ行ってたんだ?」

梓「トイレ行ってて遅くなりました」

唯「トイレでガールズトーク(痔について)してました!」

律「うわっ! ウンコくせー!」

梓(ちゃんとペットボトルに入れて栓をしておいたはずなのにどうして?)


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:09:34.06 ID:HOCJBFVn0


紬「みんな~お茶入ったわよ~」ニコニコ

澪「今日のお茶は特別だぞ」

紬「机の下にペットボトルに入ったお茶の素が置いてあったから、それを使ってみたの~」

澪「あまりの美味しさに私なんて5杯も飲んだんだぞ!」

律「そのペットボトル……」

梓「まさか……」


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:10:06.05 ID:HOCJBFVn0


紬「ええ。これ、りっちゃんが持って来てくれたの?」

梓「そのペットボトルの中身は……」

律「私のウンコ」

澪「ブーーーーーーーーッ!!」

さわ子「うわ! 汚い! 服にかかった!」


136:1:2011/06/19(日) 04:19:02.71 ID:S1NrV5sUO


澪「ここに浮いてるつぶコーンは……?」

律「昨日、澪ん家で食べた未消化のコーン」

律「いやぁ~昨日の焼き肉とつぶコーンサラダはうまかったなぁ~! ハハハハハハ!」

紬「私たちりっちゃんのウンコをお茶にして飲んでたの?」

唯「りっちゃんのウンコーヒー!」

澪「で、でもうまかったぞ!」

紬「これは本当よ!」


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:21:16.28 ID:S1NrV5sUO


律「でも、吐いてたじゃねーかよ!」

澪「律のウンコと聞いて動揺しただけだ」

澪「愛しい律のすべてを感じられた///」

紬「澪ちゃん///」

澪「律ぅ~///私のウンコーヒー飲んでくれるぅ?」

律「私も澪のこと愛してる」

律「でもウンコ飲むのはマジ勘弁」


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:23:33.26 ID:S1NrV5sUO


澪「律ぅ~」

唯「りっちゃん飲んであげなよ~」

梓「Give and take ですよ」

律「私は澪のウンコーヒーなんて絶対に飲まないから!」

澪「つまり私が律のウンコーヒーを飲み放題ってことだな」

律「どうしてそうなる?」

澪「いやぁ、浣腸してウンコーヒー生産するのはちょっと怖かったんだ」


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:26:41.39 ID:S1NrV5sUO


澪「律はいつも私を守ってくれるな」

澪「本当は私のヤツも飲みたいのに我慢してくれてるんだよな」

澪「律のウンコーヒー直飲みしたい♥」

紬「ウンコーヒーの原液は濃いからキツイかもよ?」

澪「律の愛を直接感じられるならそれも悪くない!」

律「や、やめろー!」

梓「あ、言い忘れてましたけど、琴吹製薬の『強力浣腸』は第2波がありますよ」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:28:50.85 ID:S1NrV5sUO


律「そ、そういえば……」ゴロゴロピー

唯「りっちゃん! ペットボトルはもうないよ!」

梓「早くトイレに!」

澪「何を言ってるんだ?」

澪「私の口が律のアナルを恋しがってるぞ」

澪「いつでも準備OKだ!」

さわ子「ウンコ漏らしたら内申書に響くわよ」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:33:57.60 ID:S1NrV5sUO


律「仕方ない……」

ぬぎぬぎぺろーん

澪「さあ来い!」

律「じゃあ、遠慮なく……」

澪「はむっ」

律「ぁぅん///」

律「み、澪! 舌入れちゃらめぇぇぇん♥」


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:36:22.91 ID:S1NrV5sUO


唯「りっちゃんへんな声出して暴れちゃダメ!」

律「え?」

ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!
ブチチブリブチブリリビチュチュチューーーーーーー!!!

律「うぉーーーーーーーーーー!!!!」

澪「ギャーーーーーーーーーー!!!!」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:39:16.66 ID:S1NrV5sUO


梓「澪先輩が等身大チョコレートみたいに!」

唯「澪ちゃんは茶髪でもカワイイ!」

さわ子「りっちゃんグッジョブ!」

紬「ふふふ♥イイものを見せてもらったわ」




おしまい


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:52:09.02 ID:6xld06sV0


こういう汚いまさにクソスレこそVIPにふさわしい


152: 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/06/19(日) 05:15:30.63 ID:LWNqkUUP0


まじきち



    スポンサーサイト唯「おいしいウンコーヒーのいれ方」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。