スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「ホムライス」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/06/30 22:30
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 19:28:51.79 ID:OQNhZPh90


ほむら「ホムライス」

まどか「え?」

ほむら「…………」カアァ

ほむら「あの、だから…」

ほむら「ほむら、とオムライス、をかけた…」

ほむら「私なりの…ネタと、言うか…その…」

まどか「あ…」

まどか「あぁー、あー!」

まどか「な、なるほど!えへへ!面白いよ!」アセアセ

ほむら「な、慰めは…不要…よ…」ジワ

ほむら(やってしまった…)


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 19:35:45.37 ID:OQNhZPh90


まどか「………」モグモグ

ほむら「………」カチャカチャ

まどか「ほむらちゃん、すっごくおいしいよ!」

ほむら「…そう?」

まどか「うん!」

まどか「ほむらちゃんはホムライス作りの天才だね!」

まどか「なーんて…」

ほむら「………ぐす」ポロポロ

まどか「え」

ほむら「もうやめて…」ポロポロ

まどか「ごめん!ごめんね!?」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 19:55:56.68 ID:R7ft7cOK0


    , --‐―‐ 、
   /  「ニニニiヽ
   l i| |ノ/ノハノ))!
   | (| | ┰ ┰| |  結婚を申しほむ!
   | ハN、''' - ''ノN
  ノノ /,}| {.介} l_つ
  ((バCく_/_l_j_,ゝリ
       (__j__)  ヽヾ\
          丶____
           \三/   (
              ̄   (⌒
            ⌒Y⌒


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 19:57:19.82 ID:1fEO7rXV0


 ̄ ̄|                        ┌‐┐
__|_                    _l__|_ ┌‐┐
 ^ω^)    i>i<!´`⌒ヾi ,r´===ヽ   (^ω^) _l__|_
7 ⌒い     ((( ノノリ从ゝ!l|从ハノリ!|    /   ヽ (^ω^)
    | l      ゞ(リ ゜ヮ゚ノリ|リ、゚ ー ゚ノl|        l  /   ヽ
 \ \      | <∞>  @@*@@         l    |
   \ /っ     |U..V |⊃⊂  ⊃
    │      | : | /∞  ∞\
___)      .U..U ~~~~~~
│ | │
┤ ト-ヘ


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 20:00:07.62 ID:OQNhZPh90


まどか「お、おじゃましました…」

ほむら「ええ、また明日学校で」

まどか「うん」

ほむら「あと…」

まどか「?」

ほむら「今日のこと…誰にも言わないでね」ボソ

まどか「え」

ほむら「だから…その…」

まどか「あ、あぁ!うん!」

まどか「勿論だよ、内緒にするよ」

ほむら「……」ホッ

まどか「じゃあ、おやすみほむらちゃん」バタン

キュゥべえ「………」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 20:11:05.58 ID:OQNhZPh90


キュゥべえ「やあ、さやか」

さやか「あれ、キュゥべえじゃん」

さやか「あたしのとこにくるなんて珍しい」



キュゥべえ「久しぶりだね、杏子」

杏子「お前か、珍しいなぁ」

杏子「なんのようだい?」





キュゥべえ「マミ、お邪魔するよ」

マミ「いらっしゃいキュゥべえ」

マミ「ご飯食べてく?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 20:23:11.44 ID:OQNhZPh90


 次の日

さやか「まどかー、お昼行こうー」

まどか「うん!」

ほむら「………」ガタン

さやか「あ、転校生、あんたもどう?」

ほむら「え?」

ほむら「…いいの?」

さやか「たまにはいいじゃーん」

まどか「屋上行こう?」

ほむら「…えぇ」

まどか「あ、さやかちゃんパン?」

さやか「お弁当箱洗うの忘れちゃってさー」

さやか「でもまぁコンビニもいいもんだよ」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 20:33:11.65 ID:OQNhZPh90


まどか「なに買ったの?」

さやか「んーとね、ココアとー、チョコデニッシュとー」ガサガサ

ほむら「甘いものばかりね」

さやか「これはデザートみたいなもん!」

さやか「メインディッシュはこっちだぁー!!」

さやか「さやカレーパン!!」ズバーーン

さやか「…なんちって」

まどか「…………」

ほむら「…………」

さやか「…あれ?」

ほむら(2、3、5、7、11、13…)ブツブツ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 20:41:38.63 ID:OQNhZPh90


さやか「さ、さやカレーパンっ!!」ズバーン

さやか「おいしいカレーパンと、かわいいさやかちゃんの夢のコラボだよ☆」

ほむら「美樹さやか」

ほむら「やめて」

さやか「あ、はい…」

さやか「そんなに面白くないか…これ」

ほむら「………」

まどか「ほむら…ちゃん?」

ほむら「まどか…?」

まどか「ち、違うよ」

まどか「わたし、言ってないよ…!」

ほむら「…………」ジーー

さやか「?」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 20:45:21.41 ID:OQNhZPh90


 放課後

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「……」スタスタ

まどか「ほんとに、わたしじゃないんだよ…」

ほむら「…分かってるわ」

まどか「………」

まどか「ほむらちゃん」

まどか「こっち、向いてよ…」

ほむら「これから魔女退治に行くから」

ほむら「危ないから着いてこないで」スタスタ

まどか「…………」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 20:49:23.76 ID:OQNhZPh90


ほむら「……ふっ!!」

ドカーーーーン



うぞぞぞぞぞ

ほむら「!?」

杏子「あぶねえ!!」ザン!

ガキィン!

ほむら「佐倉杏子!?」

杏子「何してんだ!今のうちにやりやがれ!」

ほむら「え、えぇ!」

ドーーン

杏子「…ふぅ」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 20:53:56.86 ID:OQNhZPh90


杏子「どうしたんだよ?」

杏子「油断なんて、あんたらしくないじゃんか」

ほむら「…助かったわ、ありがとう」

杏子「へんっ、あたしはグリーフシードが欲しかっただけだよ」

ほむら「………そう」

杏子「なんだよ、調子狂うなぁ」

杏子(……!)ピーン

杏子「くうかい?」

ほむら「…頂くわ」サッ

もにょ

ほむら「あれ?」

ほむら「今日はポッキーじゃないのね」

ほむら「おまんじゅう…」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 21:01:44.94 ID:OQNhZPh90


杏子「それうまいんだぜ!」

ほむら「あなた和菓子も食べるのね…」もぐもぐ

杏子「どら焼きとかたい焼きとか食べてるだろ…」

杏子「どう?」

ほむら「おいしいわ…」

杏子「杏子様のあんころもち!」

ほむら「……」

ほむら「え」

杏子「…あれ、分かりにくかった?」

杏子「ほら、お前らあたしの名前、あんこ、って間違えるじゃんか」

杏子「それを逆手にとった1発ギャグというかさ…」

ほむら「…………」ピキピキ


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 21:05:46.56 ID:OQNhZPh90


ほむら「はぐっ!もふ!」ガフガフ

杏子「お、おい、そんなに急いで食うと…!」

ほむら「…!」ダン!

ほむら「うわああああああん!!」ダッシュ

杏子「ほむら!ほむらーーーー!?」



ほむら「ぜえ…ぜえ…」

ほむら「なんで…どうして…」

マミ「あら」

マミ「暁美さん…?」

ほむら「巴…マミ…」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:14:05.36 ID:OQNhZPh90


マミ「はい、紅茶どうぞ?」

ほむら「…ありがとう」

マミ「暁美さんでもそんな顔するのね」

ほむら「どういう意味かしら」

マミ「ふふ、ごめんなさい、変な意味じゃないのよ?」

マミ「ただ、暁美さんって、なんていうか、ポーカーフェイスだから」

ほむら「まぁ否定はしないわ」

マミ「とっても優秀で、そつなく何でもこなして」

マミ「それをひけらかしたりしないで、いつもつんってしてるの」

マミ「だからあんな泣きそうな顔してる暁美さん、初めてみるわ」

ほむら「……」

マミ「なにかあったの?」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:17:42.23 ID:OQNhZPh90


ほむら「私は、ただ…」

ほむら「あの子に笑って欲しかっただけ、なのに…」

ほむら「…うぅん、違うわ」

ほむら「それだけじゃない」

ほむら「ほんの少しだけ難しいこと、背負ったものを忘れて」

ほむら「普通の友達みたいに、ちょっとしたお喋りで笑い合いたかった…」

ほむら「それだけなのに」

ほむら「それだけなのに、それをみんなが笑って責めたてるの」

ほむら「そんな気がするの…」

マミ「…………」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:24:26.70 ID:OQNhZPh90


マミ「…暁美さんが、誰の事を想って、そんなに傷ついてるのか」

マミ「私は聞かないし、言わなくていい」

マミ「でもね?」

マミ「自分で自分を責めるのは止めなさい」

ほむら「…え?」

マミ「誰もそれを、あなたが普通であろうとすることを笑ったりなんてしない」

マミ「想うのが間違いだったなんて思わないで」

マミ「自分を『普通じゃない』みたいに思い込まないで」

マミ「あなたの言ってることは悲劇のヒロインでも無く、ただの被害妄想よ」

マミ「だってあなたは、こんなにも普通の女の子なんだもの…」

ほむら「巴マミ…!」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:27:41.57 ID:OQNhZPh90


マミ「ほら笑って?」

マミ「あなたが誰かに笑って欲しかったみたいに」

マミ「私もあなたには笑っててほしいわ?」

ほむら「……」

ほむら「ありがとう」

マミ「ふふ」

マミ「ほら、紅茶飲んで?」

ほむら「…えぇ」

ほむら「おいしい…」

マミ「でしょ?」

マミ「暁美さんのために、とっておきの茶葉をふんだんに使った」

マミ「特製マミルクティーよ!」

マミ「…えへ」

ほむら「…………」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:32:43.67 ID:OQNhZPh90


杏子「…で?」

マミ「その後、マミルクティーを一気飲みした暁美さんは」

マミ「『お邪魔したわ、もう2度とこないわ』と言い残して」

マミ「夜のしじまに消えたわ…」

さやか「…なんで」

杏子「おかしいなぁ…うけると思ったのに」

マミ「やはり私達のレベルでは笑ってはくれないのかしら」

さやか「さやカレーパンはいけると思ったのになぁ」

杏子「ホムライスを超えるレベルなんて…どうすればいいんだ」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:36:23.16 ID:OQNhZPh90


キュゥべえ「なんだい、この空気は」

マミ「キュゥべえ…」

杏子「おい!どういうことだよ!」

杏子「あんころもち!笑ってくれなかったじゃねーかよ!」

さやか「わざわざカレーパン買ったのに!」

キュゥべえ「流石に彼女の笑いのツボまでは知らないよ」

キュゥべえ「言ったじゃないか」

キュゥべえ「僕は、暁美ほむらがオムライスを作りながら」

キュゥべえ「『ホムライス…』」

キュゥべえ「『…いけるわ』」

キュゥべえ「って呟いてたのを聞いただけだって」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:42:06.77 ID:OQNhZPh90


まどか「な…!」

まどか「なんで、キュゥべえがそれを…!」

杏子「まどか!」

まどか「ひどいよ…」

まどか「ほむらちゃんは、黙っててって言ったのに!」

キュゥべえ「それは君に言った言葉だろ?」

キュゥべえ「僕はそんなの知らないから、この情報をどうしようと勝手だろ?」

さやか「どういう事よ!キュゥべえ!」

マミ「説明して!」

キュゥべえ「…暁美ほむらはこの駄洒落をまどかに言って、滑った」

キュゥべえ「だからまどかに他言しないでくれ、と頼んだ、そういう事さ」

さやか「な…!」

杏子「それじゃあたし達、ただ嫌がらせしたようなもんじゃないか!」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:45:16.99 ID:OQNhZPh90


キュゥべえ「僕はただ暁美ほむらが言った駄洒落を君たちに教えただけだよ」

キュゥべえ「それを聞いて」

キュゥべえ「『暁美さんはそういうギャグが好みなのね!?』」

キュゥべえ「『あいつはそういうのが好きなのか!』」

キュゥべえ「『転校生の笑いのツボゲットー!』」

キュゥべえ「…と」

キュゥべえ「勝手に解釈したのは君たちの責だ」

マミ「それが滑ったなんて言わなかったじゃない!」

キュゥべえ「聞かれなかったからね」

まどか「ひどいよ…」

まどか「こんなのってないよ…」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:51:30.33 ID:OQNhZPh90


まどか「もうやめて…!」

まどか「みんな、みんな信じてたの」

まどか「その駄洒落でほむらちゃんと仲良くできるって…」

まどか「信じてたのに裏切られたの」

まどか「ずっと滑ってるみんなを見守りながらあなたは何も感じなかったの?」

まどか「ほむらちゃんがどんなに辛かったか、わかってあげようとしなかったの?」

キュゥべえ「生憎、僕たちには洒落だとか、滑るだとか」

キュゥべえ「そういうものがどういうものか理解できないからね」

キュゥべえ「その気持ちは分かりかねるよ」

さやか「ひどい…!」

杏子「この野郎…!!」

マミ「私達…暁美さんになんてことを…!」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 23:58:34.42 ID:OQNhZPh90


マミ「なんて…惨い…酷い…!うぅっ…!」

杏子「……くそっ!」ガァン!

さやか「あたし達…」

さやか「転校生と仲良くなりたいだけだった、のに…!」





ほむら「…………」

ほむら「そうだね」

ほむら「私が、まどかに笑って欲しいなんて思ったのが間違いだったんだよね…」

ほむら「馬鹿だね…私…」

ほむら「だって…!だってぇ……!」

ほむら「前みたいに…まどかと笑いあいたかった…!」

ほむら「まどかぁ……!!」

ほむら「うぅぅ…っ!」グスグス


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:03:04.46 ID:XChPM23V0


キュゥべえ(思ったとおりだ)

キュゥべえ(感情を持った生き物は)

キュゥべえ(笑いが周囲に伝わらずに孤立するのを何よりも恐れる!)

キュゥべえ(自分の駄洒落が周りに伝わらなかった時)

キュゥべえ(自分の行動が他者を傷つけたと知った時)

キュゥべえ(さぁ!君達はどれほど絶望する!?)

キュゥべえ(自身と世界を呪い、魂を濁らせるがいい!!)

まどか「…!」

まどか「あなたの思い通りには…させない!」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:09:25.72 ID:XChPM23V0


さやか「まどか!?」

キュゥべえ「どこへ行くつもりだい?」

まどか「…っ!!」





ほむら「まどかぁ…」

バタン!

ほむら「!?」

まどか「ほむらちゃん!!」

ほむら「まど…か…?」

ほむら「……」

ほむら「…何をしにきたの?」

ほむら「私の醜態を晒すだけに飽き足らず」

ほむら「私の痴態を笑いにでも来たのかしら」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:13:33.43 ID:XChPM23V0


まどか「違うんだよほむらちゃん!」

まどか「あれはキュゥべえがやったの!」

まどか「みんなに知らせたのはキュゥべえだよ!」

ほむら「…!?」

ほむら「そ、そうだとしても」

ほむら「みんなが私をおちょくったのは事実よ」

まどか「それも違うんだよ…!」

まどか「誤解なんだよ、みんな騙されてたんだよ!」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:19:10.06 ID:XChPM23V0


まどか「みんな、ほんとはほむらちゃんと仲良くなりたくて」

まどか「だからみんなほむらちゃんと近づきたくて、頑張ってたんだよ…!」

まどか「みんなほむらちゃんをばかにする気なんてなかった…」

まどか「それを、分かってあげて…!」

ほむら「………」

ほむら「事情は、分かったわ」

ほむら「けど」

ほむら「私は許せない」

ほむら「こんなバカな事にみんなを巻き込んだ自分自身を…」

まどか「ほむらちゃん…」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:25:34.21 ID:XChPM23V0


杏子「馬鹿なんかじゃねぇさ!」ザン!

まどか「杏子ちゃん…!みんなも!?」

さやか「まどかと仲良くなりたくて、頑張ったあんたを!」

さやか「あんたと仲良くなりたくて、頑張った私たちを!」

さやか「馬鹿だなんて、言わせない!」

マミ「言ったでしょう?暁美さん」

マミ「想うのが間違いだったなんて、思わないで!」

マミ「どんな形であれ、どんな結末であれ」

マミ「その想いを無下にすることだけは!」

さやマミ杏「そんなの!私達が許さない!!」

ほむら「……みんな!」

さやか「あたしはあんたと仲良くしたい!」

マミ「あなたが鹿目さんにそう思ったように!」

杏子「今度は、あんたの番だ!」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:28:10.58 ID:XChPM23V0


ほむら「わ…」

ほむら「私は…!」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「私も…!」

ほむら「まどかと…みんなと」

ほむら「仲良くしたい…!!」

まどか「……」

まどか「うん…!」

杏子「へへっ」

さやか「なんだか、照れくさいなぁ」

マミ「ふふ、なんだかずいぶん遠回りしたみたいね、私達」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:31:24.90 ID:XChPM23V0


 数日後

まどか「おじゃましまーす!」

ほむら「おじゃまするわ」

マミ「いらっしゃい、2人とも」

杏子「おっそいぞー、お前ら!」

さやか「お茶冷めちゃうっての!」

まどか「てへ、ごめんごめん」

マミ「今2人のお茶淹れるわね?」

まどか「あ、マミさん」

まどか「わたしお菓子もってきたんです」

マミ「あら、ありがとう鹿目さん」

マミ「………これは?」


まどか「まどカステラ、です!!」



おしまい


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:37:01.40 ID:dwGWQv1/0


おうお疲れ
おもしろかった


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/24(金) 00:43:11.19 ID:N4MgZo9f0


ほむらちゃほむほむ



    スポンサーサイトほむら「ホムライス」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。