スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「あれ、手紙…?誰からか書いていないな」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/07/02 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 23:43:19.70 ID:Da8lsNKJ0


一夏(もしかしてラブレターか?)



『一週間以内に童貞を卒業しなかったら殺す』



一夏「」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 00:17:07.36 ID:PosCmv6W0


シャル(これで一夏が今夜僕の部屋にくるはず!)


一夏「なあ、鈴…今夜俺の部屋に来てくれないか?」

鈴「い、一夏ぁ…それってもしかして///」


シャル「」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 00:44:27.89 ID:PosCmv6W0


シャル(どうしたの一夏!どうしてそこで鈴なのさ、誰得だよ!)

シャル(やっぱり脅迫状に『シャルロットで』って一言入れておくんだった!)

シャル(絶対に邪魔してやる!)


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 00:56:19.28 ID:PosCmv6W0


その夜、寮の外の茂みの中

シャル(さすが軍隊でも採用されている暗視ゴーグル、ここからでも一夏の様子がばっちりだよ)

シャル(まだ鈴は来てないみたいだから作戦を確認しておこう)

シャル(作戦はいたって単純、一夏と鈴がいい雰囲気になる度に一夏の携帯を鳴らすんだ)

シャル(日本のドラマではよく携帯が鳴って気まずい雰囲気になるシーンがあるからね)

シャル(これを朝まで繰り返すだけ、眠くなった時のためにガムも用意してある)

シャル(完璧だ!今日の僕は冴えてるぞ…!)


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 01:09:22.38 ID:PosCmv6W0


シャル(あっ、おさらいをしてたら鈴が来た)

シャル(舞い上がってるとこ悪いけど、思い通りにはさせないよ!)

一夏「・・・・・・・・・」

鈴「・・・・・・・・・・・・・・・」

シャル(何を話してるのかさっぱりわからないや)

シャル(指向性マイクでも持って来ればよかったなぁ)

シャル(!)

シャル(マズイ、早くもキスしようとしてる!メール送信!)

一夏「!」

鈴「!」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 01:18:09.60 ID:PosCmv6W0


一夏「・・・・・・・・」

鈴「・・・・」

シャル(思ったより効果があるみたいだね)

一夏「・・・・・・・・・」ピッ

シャル(!)

シャル(い、今一夏携帯の電源切らなかった!?)デンワハッシン

オカケニナッタデンワハ、デンゲンガハイッテ(ry

シャル(マズイよ!まさか携帯の電源を切っちゃうなんて!)

シャル(こうなったらプランBだ!プランBは何!?)


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 01:27:31.78 ID:PosCmv6W0


シャル(あ、そうだ!鈴も携帯を持ってるはず!)

鈴「・・・・・・・・・・・・・・」ピッ

シャル()

シャル(うん、そんな気はしてたよ…)

シャル(今の僕の装備は携帯と暗視ゴーグルとガムだけ)

シャル(これでどうやって戦えばいいの!)


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 01:37:12.84 ID:PosCmv6W0


ガチャガチャ


一夏「!」

鈴「!」


シャル(あれ?二人が焦ってるように見えるな)



一夏の部屋の前

ラウラ「ふむ、やはり鍵がかかっているか」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 01:45:34.24 ID:PosCmv6W0


ラウラ「だがそんなものは無意味だ」

カチャリ

一夏「ヤバいぞ鈴!とりあえずベッドの下!」

鈴「わ、わかったわ!」

ギィ、バタン

ラウラ「嫁はいるか?」

一夏「お、おう…どうしたんだ、ラウラ?」

ラウラ「シャルロットを知らないか?」



シャル(ありがとうラウラ!何話してるのかはわからないけど)

シャル(とりあえず今夜は大丈夫そうだね)


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 02:01:26.54 ID:PosCmv6W0


ラウラ「ふと目覚めたときに隣のベッドを見てみたら空だったのだ」

一夏「し、知らないなぁ。そのうち帰ってくるんじゃないか?」

ラウラ「そうだといいのだが、昼間深刻な表情で何か考えていた様子だから気になってな」

一夏「…少し気になるな。あ、そういえばさっきシャルからメールが来てたっけな」ピッ

ラウラ「ほう、どんなメールだ?」

一夏「空メールだ」

ラウラ「……」

一夏「……」

ラウラ「嫁よ、何か嫌な予感がするな」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 02:11:02.86 ID:PosCmv6W0


シャル(どうしたんだろう二人とも、ずいぶん真剣な表情になったけど)


一夏「ああ、俺もだ。ちょっと電話してみる」


シャル(一夏から電話だ!でも、何の用だろう?)

シャル(さっきからメールを送ったとはいえ、用があるのか聞くのは明日でもいいはず)

シャル(それにラウラが来たとたんになんかシリアスな表情になっちゃったし)

シャル(まさか、ラウラが僕の作戦に気づいて一夏に告げ口したとか!)

シャル(そんなことはないと思うけど、軍人のラウラはそういうことに鋭いのかも)

シャル(どどどどうしよう!)


一夏「…出ない」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 02:23:44.29 ID:PosCmv6W0


ラウラ「どういうことだ!よし、シャルロットを探しに行くぞ!」

一夏「ああ!何かある前に見つけないとマズイな!」

バタン!ダダダダダダ!


鈴「ふぅ、ベッドの下は窮屈だったわ」

鈴「そんなことよりシャルロット!あいつに何かあったら張り合いがなくなるからね!」

鈴「べ、別にあいつのことが心配だから探しに行くわけじゃないんだからねっ!」

バタン!ダダダダダダ!


シャル(三人がすごい形相で部屋から出て行った)

シャル(って!マズイ!マズイよ!見つかったら絶対ひどい目に合う!)


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 02:36:21.81 ID:PosCmv6W0


シャル(とりあえず夜が明けるまでここに身を隠そう)

シャル(さすがに昼間に闇討ちはできないだろうし)


一夏「いたかラウラ!?」

ラウラ「だめだ!こっちにはいなかった!」

セシリア「一夏さん!ラウラさん!シャルロットさんはみつかりまして!?」

鈴「一夏ぁー!こっちにはいなかったわよ!」

ラウラ「セシリア!鈴!どうしてここに?」

一夏「俺が呼んだんだ、今は少しでも人手がほしいからな」

ラウラ「お前たち…」

セシリア「友のピンチに駆けつけるのは淑女として、いえ、人として当然ですわ!」

鈴「そういうこと!」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 02:51:13.60 ID:PosCmv6W0


一夏「絶対にシャルを見つけるぞ!」

四人「「「「応ッ!!!!」」」」


シャル(眠い…まあここなら見つからないだろうから寝ても平気か…)

シャル(zzz)


翌朝

シャル(ん…もう朝なんだ)

シャル(……昼間なら大丈夫だよね?一度部屋に帰ろう)

一夏「シャル!こんなところにいたのか!心配したんだぞ!」

シャル(いきなり見つかった!?)


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 03:01:03.60 ID:PosCmv6W0


シャル(はわわ…あわわ…)

一夏「でも無事でよかった!すっげえ心配したんだぞ!」

シャル「え?」

ラウラ「シャルロット!」ガバッ

シャル「ラ、ラウラ!?」

ラウラ「無事でよかった…お前に何かあったら、私は…私は…」グスン

シャル「どうしたのラウラ!?キャラ崩壊ってレベルじゃないよ!」

セシリア「あ、シャルロットさん!」

鈴「無事だったみたいね」

箒「ん?どうしたんだお前ら全員揃って」

シャル(なに?なんなの?僕を闇から闇に葬ろうとしていてんじゃないの?)


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 03:16:29.02 ID:PosCmv6W0


少女説明中…



シャル(なんだ、僕の取り越し苦労だったのか)

シャル(たしかに冷静に考えれたら僕の企みがばれるはずないよね)

シャル「心配かけてごめんね」

シャル(一夏達は、徹夜で僕を探して学園中を駆け回ってくれた)

シャル(一方僕は、脅迫状で一夏を釣ろうとしたり鈴の邪魔をしてた)

シャル(こんな僕じゃ、鈴に負けるのもしかたないよね…)

シャル(よし決めた!これからは正々堂々一夏を振り向かせる努力をしよう!)

シャル(こんな僕でも、まだチャンスはあるよ、ね?)

シャル「みんなありがとう!これからもよろしくね!」



おわり



    スポンサーサイト一夏「あれ、手紙…?誰からか書いていないな」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。