スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内村「学園都市の超能力者をプロデュース!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/07/10 19:30
5:代行ありがとう:2011/07/09(土) 21:10:27.59 ID:dTqS5lpk0


内村「こんばんは。内村プロデュースですっ」

内村「いやー最近梅雨を通り越してすっかり夏の陽気ですな」

内村「夏は大好きです。毎年いろんな所へ遊びに行くんですが肌は真っ白なままです。チクショウ!」

内村「さあ今日も愉快な仲間たちに陽気に登場してもらいましょう。どうぞー!」

出川哲郎・さまぁ~ず・TIM・ふかわりょう「ワイワイガヤガヤ」ゾロゾロ……


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:15:12.45 ID:dTqS5lpk0


三村「フレッシュ!」

内村「www」

内村「てっちゃんはお久しぶりですねー」

出川「もう全然呼んでくれないからさー。もっと呼んでよー」

内村「大竹は結婚おめでとう」

大竹「あ、どうも」

内村「新婚生活はどう?」

大竹「もうね、イライラします」

三村「もうかよ!」

内村「wwwwww」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:18:30.39 ID:dTqS5lpk0


内村「TIMはポケモンの番組でだいぶ活躍してるみたいで」

ゴルゴ「他に仕事がないんですよ!」

レッド「内P終わってからずっとこんな感じですよ」

内村「www」

内村「かまくら一番は?何してんの?」

ふかわ「久しぶりすぎて誰も覚えてないですよそれ!」

ふかわ「僕はですね、えーと……」

内村「といったお馴染みのメンバーでお送りします」

ふかわ「ちょっ……」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:22:27.78 ID:dTqS5lpk0


内村「では本日のアシスタント。めぐのやすです」

安「こんばんはー安でーす」

一同「めぐのやすっ!!」

一同「めぐのやすっ!!」

安「はい、安でーす」

大竹「安はまた太ったなw」

三村「内Pの前日は気抜いてるからなw」

安「そんなことありません!」

大竹「いやーやっぱこの二の腕あたりが……」

三村「どれどれ……」

内村「さーわーるーなっ!!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:26:59.27 ID:dTqS5lpk0


内村「まったくお前らはダメだーっ!!」

一同「ええ!?いきなり!?」

内村「まったくお前らときたらせっかく珍しい土地に来てるのにそのことに一切触れずだらだら近況報告なんかしやがって」

ふかわ「聞いたの内村さんのほうですよね」

内村「うるっせえんだよおまえはよぉ!!」

ふかわ「」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:30:17.67 ID:dTqS5lpk0


内村「ここはどこだ?」

三村「学園都市ですよね」

内村「学園都市がどんなところか知ってるか?」

大竹「科学がすげー進んでるっていうあれですよね」

ゴルゴ「あと学生ばっかりって聞いてますよ」

内村「お前らはなーんにもわかっちゃいない。学園都市最大の特徴はその学生たちが受けている教育にあるのですよ」

内村「そしてその教育を受けた学生たちは常識では考えられないような能力を手にしているのです!」

内村「今日はお前たちにその能力を手に入れてもらいます」

内村「題して、学園都市の超能力者をプロデュース!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:35:46.20 ID:dTqS5lpk0


一同「超能力……?」

内村「安くん、説明を」

安「はい。学園都市では独自の教育カリキュラムが組まれており、それは一般的に能力開発と呼ばれています。
  今回はみなさんに能力者の中でも最高レベルの超能力者になるべく開発を受けていただきます」

内村「はい。ということです」

三村「いや、わかんねえよ!そもそも能力ってなんだよ!」

内村「よくわかりません。詳しくはWikiで各々確認して」

大竹「開発って具体的には何やるんすか」

内村「聞いたところによると薬品投与とか脳に電極で刺激を与えたりするらしいです」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:39:43.88 ID:dTqS5lpk0


一同「おいおいおいおい!!」

内村「www」

大竹「危ねえじゃん!やだよ俺!」

内村「大丈夫。大丈夫だからw」

レッド「能力って学生たちみんな持ってるんですか?」

安「6割くらいの学生はレベル0の無能力者みたいですよ」

ふかわ「レベルってのはどのくらいの幅があるんですか?」

安「えーと総人口230万人の内8割の学生たちが0~5までの中で割り振られてるみたいです」

安「今回みなさんにはレベル5になっていただきます」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:43:47.37 ID:dTqS5lpk0


三村「そのレベル5ってのはどのくらいすごくて何人くらいいるもんなんすか?」

内村「えー、一人で軍隊と対等に戦える程の力で学園都市には7人いるようです」

一同「いやいやいやいや!」

出川「絶対無理じゃんそんなのー!リアルに無理でしょーチェン!」

内村「ぐだぐだ言ってねえでやりゃいいんだよ!」

内村「ほら、一旦カメラ止めて飛ぶぞ」

三村「わざわざ止めるって言わなくていいでしょ!」

内村「じゃあいつも通り大竹を中心に」

一同「せーのっ!」

ヒューン


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:47:44.42 ID:dTqS5lpk0


スタッ

大竹「……で結局スタジオですか」

内村「この番組は大型クイズ番組ですからw」

内村「では……ぴったし内P!」

パチパチパチパチ

内村「ぴったし内P恒例一枚の写真!」

安「はい、こちらです」

三村「これは男の子かな?」

内村「こちらはこれから登場していただくゲストの幼少の頃の写真です」

内村「ではここで問題。この写真は一体誰の写真でしょう?」

内村「それでは登場していただきます。どうぞー」

一同「ええ!?」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:52:08.61 ID:dTqS5lpk0


内村「学園都市レベル5第一位の一方通行くんです」

一方通行「……どォも」

三村「真っ白!目ぇ赤っ!」

大竹「一方通行ってすげえ名前だな。本名?」

一方通行「いや、能力名っつゥか……。まァ通称みてェなもンだ」

内村「では問題、この人は誰でしょうか?」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 21:57:03.89 ID:dTqS5lpk0


内村「はい三村」

三村「うさぎ」

内村「見たまんまじゃねえかw はいおじさん」

ゴルゴ「ミスター不健康」

内村「こらw すいませんねえw」

一方通行「いや、実際不健康だしなァ」

内村「はい大竹」

大竹「ガリガリ君」

内村「wwwwww」

ピンポーン

内村「正解はガリガリ君ということでw」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:02:19.32 ID:dTqS5lpk0


内村「この写真はいくつの頃ですか?」

一方通行「はっきりとは覚えてねェがおそらく7歳くらいだろォな」

内村「その頃は特力研という研究機関にいたんですよね?」

一方通行「あァ」

内村「その研究機関には同年代の子もたくさんいらしたんですか?」

一方通行「いるにはいたがどいつもこいつも実験漬けで誰かと関わった記憶はほとんどねェな」

内村「では遊ぶ時は基本的には一人で遊んでいたんですか?」

一方通行「あァ。その頃よくやっていたのは……」

内村「はいここで問題。当時一方通行くんがよくやっていた一人遊びとは?」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:07:09.07 ID:dTqS5lpk0


一同「……」

内村「ん?どうした?」

三村「話が重いよ!」

大竹「なんかガリガリ君とか言って申し訳なくなってきちった……」

一方通行「正直な話当時のことはほとんど覚えてねェし今更気にしてねェから心配すンな。本名も覚えてねェくらいだ」

三村「だから重いって!」

内村「大丈夫だから引き続き解答書いてw」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:10:32.16 ID:dTqS5lpk0


内村「はいふかわ」

ふかわ「えっ!えーと、はい、家庭菜園」

内村「ちょっとおもしろかったw はいレッド」

レッド「サッカーもしくはバドミントン!」

内村「どっちも一人じゃできねえじゃねえかwww はいてっちゃん」

出川「えー、あやとり」

内村「違う」

内村「はい三村」

三村「オナニーw」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:12:41.67 ID:dTqS5lpk0


内村「お前はよお!wwwwww 7歳だぞ!www はい大竹w」

大竹「犬をこう走らせといて……グーン!」

内村「wwwwwwwwwwwww」

内村「はいおじさん」

ゴルゴ「羊の体毛をバリバリバリー!」

内村「wwwwwwwwwwwwwwww」

ピンポーン

内村「正解は羊の体毛をバリバリバリー!ですwww よろしいですか?w」

一方通行「……w おォw」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:18:41.72 ID:dTqS5lpk0


内村「はい、ここで写真をもう一枚」

安「こちらです」

内村「こちらは……女性に囲まれている写真ですね。この方々は?」

一方通行「ちっとばかし複雑だから説明は省くが……まァ家族みたいなもンだ。」

内村「ではここで問題。この一見幸せそうな家族写真ですが、このあととんでもない事件が起こります。」

内村「その事件とは一体何でしょうか?」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:22:37.05 ID:dTqS5lpk0


内村「はい大竹」

大竹「全員白髪になる」

内村「www はいゴルゴ」

ゴルゴ「株の暴落」

内村「暴落しちゃったんだwww はいふかわ」

ふかわ「熊に襲われた」

内村「ちがーう! はい三村」

三村「5Pに発展したw」

安「三村さん」

内村「wwwwww いい加減にしろよ!www」

内村「ほんとにすいませんねえw」

一方通行「いや、構わねェよw」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:26:46.84 ID:dTqS5lpk0


内村「はいてっちゃん」

出川「えー、カメラが壊れた」

内村「……」

出川「うそうそうそうそwww」

三村「うそってなんだよw」

内村「もう呼ばねえぞ?」

出川「ちょっと待ってよチェンーw」

内村「はい三村」

三村「右の女性のジャージをラーラララララパーン!」

内村「wwwwww はい大竹w」

大竹「左の女の白衣をトーンッ!」

内村「wwwwwww コンビ芸じゃねえかwww はいレッドw」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:29:17.10 ID:dTqS5lpk0


レッド「過去と未来のパラドックス!」

内村「wwwwwwwwwwwwwww はい三村w」

三村「空と海のグラデーション!」

内村「wwwww はい大竹www」

大竹「ノートとペンのワンセット!」

内村「wwwwwwwww もう関係ねえじゃんw はいゴルゴw」

ゴルゴ「ドアを開けたらジャムおじさん!」

内村「もういい加減にしろ!www 事件だっつってんだろうがよお!www」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:32:15.00 ID:dTqS5lpk0


内村「はい大竹w」

大竹「実は何も起こっていない」

内村「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

テテレテテレテー

内村「正解は実は何も起こっていないwwwww」

一方通行「クッ……wwwww」

内村「ここまでー!一方通行くんありがとうございましたー」

一方通行「こっちこそ楽しませてもらったわ。じゃあなァ」

パチパチパチパチ……


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:35:30.51 ID:dTqS5lpk0


内村「さあ!第一位である一方通行くんに関して知ることで超能力者に一歩近づいたわけですが」

三村「あれで近づいたんすか!?」

ふかわ「最初に言ってた開発の内容にまったく触れなかったじゃないですか」

内村「いっつも一言多いんだよお前はよお!」

ふかわ「」

内村「そして続いてはですね、実際に街を歩いてみようと思います。安くんルールを」

安「はい。えー、今から学園都市で生活している学生さんたちがどんな能力を持っているか当てていただきます。」

安「面白ければ10ポイントです。」

一同「えっ」

三村「面白ければってなんだよ!当てるんじゃねえのかよ!」

内村「いわゆる大喜利ですね」

内村「ではさっそく行ってみましょう。最初はこちらの方です、どうぞー」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:40:59.22 ID:dTqS5lpk0


初春「こ、こんにちはー」

内村「お、はいレッド」

レッド「ハワイアン!」

内村「能力じゃねえだろそれwww はいふかわ」

ふかわ「えー、シャーペンの芯が長持ちする」

内村「ああ、便利だねえ」

ふかわ「……」

内村「はいゴルゴ」

ゴルゴ「ピンタ」

内村「ビンタじゃねえんだwww はい大竹w」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:44:00.74 ID:dTqS5lpk0


大竹「ハムスター逃がし」

内村「wwwwwww はい三村w」

三村「わりと気持ちいい体位を見つける」

初春「えっえええええええええ!?」

内村「お前自分の娘と同じくらいの歳の子に下ネタはやめろよwwwwwwww」

三村「すいませんwww」

内村「はいゴルゴw」

ゴルゴ「漁港荒らし!」

内村「wwwwwwwwwwwwwww」

ピンポーン

内村「正解は漁港荒らしwww」

初春「」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:48:08.57 ID:dTqS5lpk0


内村「実際はどのような能力をお持ちなんですか?」

初春「は、はい。あのー定温保存(サーマルハンド)っていう能力です。でもレベル1なので大したことはできなくて」

内村「具体的にはどんなことができるんですか?」

初春「えっと、触れているものの温度を一定に保つことができるんです」

大竹「缶コーヒーをあったかいままにできるってこと?」

初春「そんな感じです」

三村「魔法瓶かよ!」

初春「」

内村「初春さん、ご協力ありがとうございました」

初春「あっいえ、こちらこそ」

パチパチパチパチ……

内村「では続いてはこちらの方です」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:50:33.12 ID:dTqS5lpk0


結標「……」

内村「はい三村」

三村「SEX!」

内村「いwいw加w減wにwしwろwww 当分下ネタ禁止だ!www」

三村「www」

内村「てっちゃん男ころがしっていうのは違うと思う」

出川「……w」

内村「はいふかわ」

ふかわ「ストーキング」

結標「それは私じゃないわよ!」

ふかわ「え、えーとなんかすいません……」

結標「はっ!こ、こちらこそ大きな声出してごめんなさい……」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:53:25.64 ID:dTqS5lpk0


内村「じゃあ改めまして、はいゴルゴ」

ゴルゴ「ストリップ!」

内村「www」

結標「ちょ……」

内村「はい大竹w」

大竹「でこをトーン でこをトーン」

内村「wwwwwwwwwwww」

ピンポーン

内村「正解はでこをトーン でこをトーンwww」

結標「なんなのよそれは……」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 22:57:45.72 ID:dTqS5lpk0


内村「では実際の能力を教えていただけますか?」

結標「私の能力はレベル4の座標移動(ムーブポイント)っていうもので、実際に見せたほうが早いかしら。えいっ」

ヒュンッ

一同「うおっ!?」

結標「まあこういった具合に物体を移動させられるの」

三村「テレポートかよ!」

結標「上位互換ってとこかしら。空間移動(テレポート)とは自由度が比べ物にならないわね」

ふかわ「さっきの子との差がすごいですね……」

大竹「しかもこれでレベル4かよ」

レッド「さっきの白髪の彼はどれだけすごいんだって話ですよね」

ゴルゴ「学園都市すげえ」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:01:20.75 ID:dTqS5lpk0


内村「では結標さんありがとうございましたー」

パチパチパチパチ……

結標「いいえ、それじゃ」スタスタ

大竹「なんでも飛ばせるのに自分は歩くのかよw」

結標「うっ……」

内村「では次の方、どうぞー」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:02:50.20 ID:1yvUrK3w0


大竹wwwwwww


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:04:01.35 ID:dTqS5lpk0


佐天「はーい!よろしくおねがいしまーす!」

内村「今回はちょっと趣向を変えます。彼女はある悩みを抱えていますが、その悩みとはずばり何でしょう?」

内村「はい大竹」

大竹「基本的に悩んでない」

内村「wwwwww さっき同じようなの言ってたからダメwww はいてっちゃん」

出川「痴漢によく会う」

佐天「ちょっとーw」

出川「うそうそwww」

内村「ねえなんでここにいんの?」

出川「あ、はい。ごめんなさい」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:06:03.36 ID:dTqS5lpk0


内村「はい三村」

三村「スカートめくり」

内村「だから下ネタはやめろってwww」

佐天「あははーw スカートはむしろめくる側ですねーw」

三村「めくってんのかよ!」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:09:11.94 ID:dTqS5lpk0


内村「www はいレッド」

レッド「チェベックス!」

内村「www はいゴルゴw」

ゴルゴ「コリックス!」

内村「wwwwww はい大竹w」

大竹「ファーン」

内村「……www はいふかわw」

ふかわ「姑からの日常的ないびり」

ピンポーン

ふかわ「えっ」

内村「正解は姑からの日常的ないびり」

ふかわ「……」

佐天「あたしまだ中学生なんですけどw」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:18:08.26 ID:dTqS5lpk0


内村「では佐天さんの実際の悩みを」

佐天「あのー、あたしレベル0なんですけど、周りにいる友達がかなり高位の能力者でたまに引け目を感じちゃうんですよ」

三村「ガチのやつじゃん!」

佐天「みんな気にするなって言ってくれるんですけど、やっぱり気になっちゃって……」

出川「君はまだ若いし女の子なんだから他のことにも目を向けてみるといいかもしれない。例えば恋愛とかね。
   人生に方程式なんか無いんだから」

佐天「……あははーw」

内村「中学生相手に何言ってんの?」

出川「だからアドバイスアドバイスwww」

内村「引いちゃってんじゃん。ほんと邪魔しないで。二度と喋んな」

出川「……w」ショボン


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:20:41.97 ID:dTqS5lpk0


内村「というわけで佐天さんありがとうございましたー」

佐天「あ、どうもー」

パチパチパチパチ……

内村「えー、というわけでぴったし内Pはここまで。一旦カメラを止めて移動しまーす」

内村「では大竹を中心に……」

一同「せーのっ!」

ヒューン


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:26:57.94 ID:dTqS5lpk0


スタッ

内村「では、これから超能力者になるべく本格的な開発と訓練を受けてもらいます。安くん、ルールを」

安「はい。レベル5の超能力者といえば一人で軍隊に立ち向かえるという人間離れした戦闘能力」

安「今から皆さんには実際にレベル5の方と戦闘訓練をしながら能力開発に関するクイズに答えていただきます」

安「面白ければ10ポイントです」

大竹「結局クイズなんすね」

内村「大型クイズ番組ですからw」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:29:01.98 ID:dTqS5lpk0


内村「それではゲストの方に登場していただきましょう。第四位の麦野沈利さんです、どうぞー」

パチパチパチパチ……

麦野「こんにちは」(めんどくせえ……)

ゴルゴ「えらいべっぴんさんじゃないですか!」

出川「たしかにたしかにw」

麦野「そんなことありませんよw」(適当に愛想よくしときゃいいだろ)

三村「スタイルもすげえいいな」

大竹「この脚がなんとも……」

麦野「ちょっ……!」

内村「だから触んなって言ってんだろ!ほんとに申し訳ございませんねえ」

麦野「い、いいえ……」(脚はコンプレックスなんだよクソが)ピクピクッ


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:35:07.58 ID:dTqS5lpk0


内村「ではご自身の能力について簡単にでいいんで説明していただけますか?」

麦野「ええ。私の能力は原子崩し(メルトダウナー)と呼ばれていてます。」

麦野「本来『粒子』又は『波形』のどちらかの性質を状況に応じて示す電子を、
   その二つの中間である『曖昧なまま』の状態に固定し、強制的に操ることができます。
   さらに操った電子を白く輝く光線として放出し、絶大なる破壊力をもって周囲にを撒き散らすことも可能です。
   正式な分類では粒機波形高速砲と呼ばれています。」

一同「……」

内村「わかったか?」

レッド「……さっぱりです」

三村「ふかわお前慶應出てんだから説明しろよ」

ふかわ「いや、僕文系なんで正直よくわかんないですけど、レーザーみたいなものが出せるって感じですか?」

麦野「まあそんなところですね。実際にお見せしたほうがよろしいですか?」

内村「出来れば……」

麦野「わかりました。では……」スッ

ズドーーーン

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

一同「」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:40:09.94 ID:dTqS5lpk0


麦野「こんな感じです」ニコッ

一同「いやいやいやいや!!!」

大竹「無理だよ!死んじゃうよ!」

出川「チェンこれはリアルにやばいってー!」

内村「大丈夫だってw」

三村「何笑ってんだよ!普通に無理だよ!」

内村「大丈夫ですよねえ麦野さん?」

麦野「もちろん手加減しますし、殺しはしませんから安心してください」ニコッ

大竹「その笑顔が何よりこええよ!」

ふかわ「ちょっと内村さん!自分が安全だからってちょっと横暴すぎなんじゃないですか!」

内村「ぐだぐだ言ってねえでさっさと準備しろや!お前らのためにプロテクターも用意してんだ!」

一同「……」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:42:18.59 ID:dTqS5lpk0





内村「さて準備も整ったところで始めますか」

麦野「はい」

内村「麦野さんの背中に問題の書いてある紙が貼ってあります。それを取ってこちらの解答席まで戻ってきて、クイズです」

三村「戻んなきゃいけないんすか……」

内村「じゃないと問題が出せないじゃないw」

一同「……」

内村「それでは用意……」ピーッ!


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:48:01.73 ID:dTqS5lpk0


内村「おっといきなり様子見ですw 先程見た能力を思い出してるんでしょうねえw」

内村「ここで出川がすごい勢いで突進……wwwwwwwwwwwwww」ビームバシューン

内村「お尻にwwwかすって……wwwwwww さすがのリアクションですwww」

内村「おっとその隙に大竹が問題文をゲットしました!さあ早く戻って!」

一同「」ハァハァ……

内村「問題!レベル5になる為に必要な三原則とはなに?」


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:52:32.27 ID:dTqS5lpk0


内村「はいゴルゴ」

ゴルゴ「無視!西!こけし!」

内村「……w 0ポインッ! はい出川くん」

出川「ワイルドさと強引さとほんのちょっとな赤ちゃん言葉」

内村「0ポインッ!! はいレッド」

レッド「愛しさと切なさと心強さ」

内村「www 近いですよwww なんでかレッドはたまに上手いことを言うんだよねーw」

レッド「www」


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 23:55:24.00 ID:dTqS5lpk0


内村「はい大竹」

大竹「頭脳、金、でかチンコ」

内村「10ポイント!www はい三村w」

三村「睡眠、食事、SEX!」

内村「……10ポイントwww はいふかわw」

ふかわ「えー、顔、身長、最寄り駅」

内村「0ポインッ!」

内村「では第2問の問題文を取ってきてください。用意……」ピーッ!


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:00:19.08 ID:O9K0VcGE0


内村「今度は全員が果敢に挑んでいってますねえ」

内村「出川とふかわが正面から行ってますが必死でビームをかわしていますwww」バシューンバシューン

内村「おっとTIMが突っ込んで麦野さんが体勢を崩した!」

内村「すかさず三村が背後を取る!」

麦野「くっそが……!」(抑えろ……相手は外の人間、しかも芸能人だ。さすがに問題は起こせない……!)

内村「おっとそこへ大竹が来る!下半身を攻める!www」

麦野「なっ……!」(このクソ親父がぁ……気安く触ってんじゃねえぞ!)ビキビキ

三村「」スリスリ

大竹「」スリスリ

内村「三村と大竹がセクハラですwwwwww」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:04:01.22 ID:90DybUfw0


さまぁ~ずwwww


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:05:38.51 ID:O9K0VcGE0


麦野「」

三村「」スリスリ

大竹「」スリスリ

内村「wwwwwwwwwww」

麦野「」ブチッ

三村「……ん?」

大竹「お?」

麦野「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね」ゴゴゴゴゴゴ……

一同「」ガクガクブルブル

麦野「死ねやゴラァァアアアアアアア!!!!」ズドーン

一同「ぎゃあああああああああ!!!」

麦野「芸能人とか関係ねえ!!カァンケイねェェんだよォォォ!!」ズドーンバシューン

内村「wwwwwwwww」

安「あらあら……」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:12:28.95 ID:O9K0VcGE0





さまぁ~ず「申し訳ありませんでした」ボロボロ

麦野「あ、いえ、こちらこそ取り乱してしまって……」(やっちゃった……)

内村「では気を取り直して第2問!」

ふかわ「まだやるんですか……」

内村「あったりまえだ!第2問!未だ名前も能力も明らかになっていないレベル5の第六位。そのニックネームとは?」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:17:13.62 ID:O9K0VcGE0


内村「お、てっちゃん」

出川「チェニジア」

内村「……w それチュニジアのこと?w」

出川「えっなになにどういうことw」

内村「もういい……www はい三村」

三村「落雷野郎」

内村「うーん……w」

麦野「……」(それはむしろ第三位のほうね)

内村「はいゴルゴ」

ゴルゴ「絶倫バイソン!」

内村「おじさん……www 10ポイント!はいレッド」

レッド「サナダムシ!」

内村「wwwwwwwww 10ポイント!www」


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:21:59.28 ID:O9K0VcGE0


内村「……はいりょうぱん」

ふかわ「えっ!はい、あのーえー、はい、チャー坊」

内村「なんだチャー坊って……w」

ふかわ「いや、なんとなくです。ていうか急に呼び方変えないで下さいよ」

内村「0ポインッ!w はい大竹」

大竹「チンコ自体はそうでもない」

内村「wwwwwww 10ポイント!www」

麦野「……」(まあ男なのか女なのかもわかってないんだけどね)

内村「終了ーっ!」

内村「ここでクイズは終了です。麦野さん、お付き合いいただきありがとうございました」

麦野「あ、こちらこそ」

パチパチパチパチ……


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:24:01.59 ID:O9K0VcGE0


内村「結果発表ー!」

パチパチパチパチ……

内村「さあそれでは結果発表です」

内村「出川0ポイント!」

内村「三村10ポイント!」

内村「大竹50ポイント!」

内村「ゴルゴ30ポイント!」

内村「レッド10ポイント!」

内村「ふかわ10ポイント!」


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:26:23.78 ID:O9K0VcGE0


内村「というわけで優勝は50ポイントの大竹ー!」

大竹「まじで?はっはっは、あーどうもどうも」

三村「結局能力とか一切手に入んなかったね」

レッド「まあでも学園都市に入れただけでもよかったんじゃないですか」

内村「優勝した大竹にはトロフィーとレベル5の大喜利王(フラッシュコメディアン)の称号を与えます!」

三村「急にレベル5とか言い出しちゃった!」

大竹「もう嬉しいのかどうかもよくわかんねえよ」


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:29:56.17 ID:O9K0VcGE0


内村「というわけで……今日のレッドー!!」

レッド「え!?今日やるんですか!?」

内村「久しぶりだからって気抜いてんじゃねえぞ!」

レッド「まじっすか!あー……はいはいはいはい」

内村「準備いいか?」

レッド「えー、はい!」

内村「今日のレッドまずひとーつ!」

レッド「ジクジクジクジク脇汗パラダイス!」

内村「いいですよwwwいいですよwww」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:32:19.74 ID:O9K0VcGE0


内村「ふたーつ!」

レッド「最近ショッキングな事がありました。ウチのオヤジカツラダタデス」

内村「wwwwww いい調子できてますwww」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:35:19.18 ID:O9K0VcGE0


内村「大丈夫ですか?では今日のレッドラストーっ!」

レッド「えー、家族を紹介しまーす。父ちゃん、母ちゃん、兄ちゃん、姉チャンみんな合わせてロドリゲス!」

内村「得意のが出ましたwww」

内村「ではまたいつか、近いうちにお会いしましょう」

内村「それでは!」ノシ

一同「」ノシ


151:もうちょっとだけ続くんじゃ:2011/07/10(日) 00:39:47.52 ID:O9K0VcGE0





『内村「ではまたいつか、近いうちにお会いしましょう」』

『内村「それでは!」ノシ』

『一同「」ノシ』

アレイスター「ふぅ……やはり最高だな内Pは」

アレイスター「最近のバラエティはダメだ。食事をしているか真面目にクイズをしているかだ」

アレイスター「あんな番組なら優秀な司会者と素人でやったほうがまだ面白い」

アレイスター「芸人が芸人である意味など成さないくだらない番組ばかりで辟易するよ」

アレイスター「そうは思わないか?」

土御門「……」


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:43:29.24 ID:O9K0VcGE0


アレイスター「どうした?随分機嫌が悪いみたいだが」

土御門「アレイスターよ。お前は本当にこの番組が見たいがために学園都市外の人間を招き入れ、あまつさえ暗部の
    人間をあんな風に出演させたのか?」

アレイスター「その通りだ」

土御門「他に思惑はないのか?」

アレイスター「まったく」

土御門「……あの番組の終了にはとある宗教団体が関わっているという噂もあるが」

アレイスター「関係ないね。事実はどうあれ今回は単純に私が新しい内Pを見たかったから彼らを招待したまでだ」

土御門「……そうか」

アレイスター「それに、個人的にその宗教団体にはまったく興味がないからな。」

土御門「まあいい。だがこんなことはこれっきりにしてくれ。」

アレイスター「わかっているよ。世話をかけた。」


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:48:05.46 ID:O9K0VcGE0


土御門「ふん、じゃあな」

アレイスター「待て」

土御門「何だ」

アレイスター「これからDVDを見ようと思うんだが一緒にどうかね」

土御門「何のDVDだ?」

アレイスター「『内村プロデュース 劇団プロデョーヌ旗揚げ公演 お笑い 真夏の夜の夢 完全版』だ」

土御門「……ちっ」

アレイスター「ふふっそうこなくっちゃな」


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:52:31.13 ID:O9K0VcGE0





アレイスター「ふかわりょうは本当に多才だな。ピン芸人として一人で笑いを生む才能にはあまり恵まれなかったが……」

アレイスター「それでも内Pには欠かせない存在だ」

アレイスター「なんせピアノを弾いて笑いをとれるくらいだからな」

アレイスター「それに彼は第3回放送からのレギュラーメンバーなのだ」

アレイスター「パートナー的な役割はさまぁ~ずに取って代わられたが……メンバーや内村から最も愛されたのは間違いなく、彼だ」

アレイスター「内輪の馴れ合いととられるかもしれないがね」

アレイスター「そもそもその馴れ合いを楽しめない者に内Pの本質は理解できないだろう」

アレイスター「そうは思わないかね?」


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 00:58:55.90 ID:O9K0VcGE0


土御門「……アレイスター」

アレイスター「ん?」

土御門「これの他にもDVDがあれば貸してくれないか?」

アレイスター「ふふっもちろんいいとも」

土御門「恩に着る。お前がこの番組を求めたわけが少しわかった気がする」

アレイスター「それはよかった。私も同志が増えて嬉しいよ」

土御門「ただ……」

アレイスター「ただ?」

土御門「お気に入りの番組が終わったからってビーカーに引きこもるのはやりすぎだと思うぜよ」

アレイスター「」


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 01:05:49.66 ID:O9K0VcGE0


土御門「2005年の秋からビーカーにこもり始め、出てきたのはスペシャル放送のある日だけだったみたいだにゃー」

アレイスター「」

土御門「つまり2008年3月以降そのビーカーから出ていないことになるぜよ」

アレイスター「な、なんのことだ?」

土御門「とぼけなくてもいい」

土御門「この番組の魅力も、お前がそれをどれだけ好きだったかも少しは理解したつもりぜよ」

アレイスター「……」

土御門「だがやりすぎはよくないと思うにゃー」

土御門「……内Pメンバーもそれぞれ他の番組で頑張ってるみたいじゃないか」

土御門「内村さまぁ~ずって番組は雰囲気的にも似てるんじゃないか?」

アレイスター「……」グスン


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 01:12:06.00 ID:O9K0VcGE0


土御門「楽しみが無くなってしまったのは残念なことだが、いつまでも過去の輝きに浸っていてはよくない」

土御門「彼らも、世界も、もちろん俺たちも日々変化している」

土御門「お前もそろそろ一歩踏み出してみろ」

土御門「また違った視点で内Pを楽しめるかもしれないぞ」

アレイスター「!」

土御門「じゃあこのDVDは借りて行く」

アレイスター「……」

土御門「……またな」

アレイスター「……」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 01:18:32.87 ID:O9K0VcGE0


アレイスター「ふふっまさか土御門に教えられるとはな」

アレイスター「一歩踏み出す……か」

アレイスター「とりあえずコンビニにでも行ってみるか。結標、よろしく頼む」

結標「はいはい。それにしても……」

アレイスター「ん?」

結標「そんなに好きな番組なら自分で出ればよかったのに」

アレイスター「」

結標「……あら?」

アレイスター「」ガクガクブルブル

結標「ち、ちょっとアレイスター?」

アレイスター「その発想はなかった……!」ガクガクブルブル

結標「今気付いたの……?どこまで優秀な視聴者様なのよ……」ハァ……



おしまい


171:小ネタ:2011/07/10(日) 01:26:49.30 ID:O9K0VcGE0


露天風呂だるまさんがころんだ~学園都市編~


青ピ「ちょっ!誰や僕の大事なお袋さんを弄んでんのは!」

青ピ「いや、まじでやめっおふぅ……///」ビクッ

青ピ「あかん……新しい何かに目覚めそうや」

青ピ「小萌せんせー……僕は新たな扉を開いてしまいました……///」ビクンビクン

内村「青髪アウトー!」




なんやかんやあって三村が優勝

内村「優勝した三村にはかんざきかおりさんじゅうはっさいとの混浴を楽しんでいただきます!」

三村「よっしゃー!」

神裂「では準備をしてきますのでしばらく待っていてもらえますか?」

三村「はい!」

他「ちくしょー!羨ましいぞー!玉職人ー!」


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 01:28:50.08 ID:O9K0VcGE0


内村「では楽しんできてください!カーテンオープン!」














神崎かおり(ソフマップ)「かんざきかおり18歳です」

三村「……」

三村「お前マジシャンかよ!!」

内村「wwwwwwwwwww」

神裂「いえマジシャンではなく魔術師です」

三村「知らねえよ!」


ほんとにおしまい


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 01:08:35.13 ID:xDvLyMhv0


>>1が何を言いたいのか分かった気がする


172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 01:27:15.80 ID:ynZqYHNRO


乙っした



    スポンサーサイト内村「学園都市の超能力者をプロデュース!」 のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/07/11(月) 17:53:05.00 ID:SSJUNKIE436
  2. 面白かったw
    この>>1すげえわw
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。