スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホロ「ここは、どこじゃ?わっちはだれじゃ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/07/10 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:26:39.13 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「ホロ、待ったか?」

ホロ「主よ、遅いぞ。わっちは、死ぬかとおもいんす」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:29:25.69 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「腹が減ってか?」

ホロ「……寂しさでじゃ……わっちの胸には、ぽっかり穴が空いていんす」シナッ

ロレンス「なっ……」

ホロ「この穴を埋める為には主の気持ちが必要でありんす」

ロレンス「気持ちを表すには、ものが必要……だろ」

ホロ「よくわかっておるの」

ロレンス「はぁ……結局、それか」

ホロ「うむ」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:32:37.18 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「それで、俺の財布にできる穴は誰が埋めてくれるのだ?」

ホロ「なら、違うものでわっちの穴を埋めてくりゃれ」

ロレンス「違うもので埋める……酒か?」

ホロ「……はぁ」

ロレンス「……違うのか?なら、果物か?」

ホロ「……存分に食べてよいという事じゃな」

ロレンス「おい」

ホロ「冗談じゃ」

ロレンス「本当だろうな?」

ホロ「さての?」ニッ

ロレンス「期待しないでおくよ、ほら」スッ

ホロ「うむ」ダキッ


ガチャ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:34:43.38 ID:+iqo4wxzO


~数時間後~

バタン

ロレンス「ほら、ホロ。着いたぞ」

ホロ「ん~、もう食べれぬ~」

ロレンス「そらそうだろうな、散々飲み食い……おい、しっかり、歩け」

ホロ「嫌じゃ~」

ロレンス「はぁー、お陰で俺の懐はすっかり寒く」

ホロ「なに、寒いじゃと?それはいかぬな~。ほれ」

ギュー


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:37:31.71 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「ホ、ホロ」

ホロ「どうじゃ、少しは暖まったかや?」ケタケタ

ロレンス「はいはい、暖まりましたよ。……すっかり、出来上がってるな」

ホロ「う~ん」コテ

ロレンス「あっほら、服を……」ドタドタ

ホロ「……むにゃ」クー

ロレンス「はぁー、この様子じゃ、明日は二日酔いだな……水でも貰ってくるか」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:42:04.15 ID:+iqo4wxzO




ロレンス「水と一緒に、果実を貰ったが……」クンクン

ロレンス「甘酸っぱい匂いだ、これならホロも喜ぶだろう……」

ホロ「……」クークー

ロレンス「……まぁ、机に置いといたら勝手に食べるだろ」コトッ

~夜中~

ホロ「う~ん、水」ゴソゴソ

ホロ「う~、また飲みすぎてしまったの」ゴクゴク

ホロ「……ふぅ。むっ?なんじゃこれは?」クンクン

ホロ「甘酸っぱい匂いじゃ、どれ」パクッ

ホロ「うむ、なかなか旨い」パクパク

ホロ「うむ?急に頭が……うーん」ゴソゴソ


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:44:11.54 ID:+iqo4wxzO


~翌朝~

ロレンス「ほら、ホロ起きろ」

ホロ「う~ん」モゾモゾ

ロレンス「また二日酔いか?ほら、水だ」

ホロ「……」

ロレンス「どうした?」

ホロ「主は誰でありんす?」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:46:41.97 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「お前、寝ぼけているのか?」

ホロ「そもそも、ここはどこじゃ?」キョロキョロ

ロレンス「おい、いい加減にしろ」

ホロ「……わっちはふざけてなんか、おりんせん」

ロレンス「本当か?」

ホロ「うむ。うぅ……頭が割れるように痛い……」

ロレンス「まさか……本当に、記憶が……おい、ホロ。自分の名前はわかるか?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:55:34.39 ID:+iqo4wxzO


ホロ「わっちの名前は……ホロじゃろ」

ロレンス「なんだ、覚えて……」

ホロ「さっきから、主がわっちをそう呼んでおるからの」

ロレンス「……なら、お前の故郷は?」

ホロ「……わからぬ」

ロレンス「旅の目的は?」

ホロ「……」フルフル

ロレンス「……本当なのか?……しかし、一体なぜ、こんなことに」

ホロ「……して、主よ。わっちの質問には答えてくれぬのか?」

ロレンス「質問?」


18:sage:2011/07/07(木) 20:57:05.97 ID:4e8V7ZNq0


~次の日~

ロレンス「おいホロおいてくぞ!」

ホロ「待ってくりゃれ」モゾモゾ

ロレンス「ほら、ホモも!」パクパク

ホモ「待ってくりゃれ」クンクンダキッ

シナッダキッ ダキッ ダキッ ダキッ コテクークーニッ

ロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンスロレンス

ロレンス「」わっち


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:58:14.99 ID:+iqo4wxzO


ホロ「うむ。主の名を教えてくりゃれ」

ロレンス「ロレンスだ。クラフト・ロレンス。お前の連れだ、一応な」

ホロ「……ロレンス」

ロレンス「あぁ、そうだ。行商人をやっている」

ホロ「ふむ。して、わっちは何故、主と一緒にいるのじゃ?」

ロレンス「それは、お前を故郷のヨイツまで送り届ける為さ」

ホロ「ヨイツ……、それが、わっちの故郷の名かや」

ロレンス「あぁ、ヨイツの賢狼ホロ。それがお前の正体だ」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:01:55.98 ID:+iqo4wxzO


ホロ「賢狼……わっちは狼なのかや?」

ロレンス「うん?それも忘れてるのか。お前の自慢の尻尾と耳が示す通り、立派な狼だ」

ホロ「うむ、確かに見事な尻尾じゃ。」ワサワサ

ホロ「では、主も狼なのかや?」

ロレンス「俺は人間だよ、もっとも、お前に言わせれば羊かもしれんが」

ホロ「どっちかや?」

ロレンス「あぁ、悪い。俺は正真正銘人間だ」

ホロ「うむ」

ロレンス「しかし……記憶喪失か……」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:05:02.17 ID:+iqo4wxzO


ホロ「すまぬ」

ロレンス「うん?お前が謝ることじゃないさ」

ホロ「じゃが……」

ロレンス「大丈夫だから……な」ポン

ホロ「うむ……」

ロレンス「さてと……腹も減ったし、とりあえず朝食買ってくるよ、大人しくしてろよ」

ホロ「あっ」

ロレンス「どうした?」

ホロ「いや……なんでも、ありんせん」

ロレンス「変な奴だな、じゃ、行ってくる」

ホロ「……」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:11:55.62 ID:+iqo4wxzO




ロレンス(情報を仕入れてたら、すっかり遅くなった。聞いた話だと、町中でも記憶を失ったな人が幾人でているみたいだな、かなり話題になってる)
ロレンス(神の試練、精霊のイタズラや奇病の類い、様々な噂が飛び交っているが……解決方法どころか原因も解明されてないか)

コンコン

ロレンス「ホロ、悪い。遅くなった」

ホロ「……」

ロレンス「どうした?気分でも悪いのか?顔色が悪いぞ」

ホロ「……」フルフル

ロレンス「?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:14:41.42 ID:+iqo4wxzO


ホロ「主に……」

ロレンス「俺に?」

ホロ「捨てられたのかと思ったのじゃ」

ロレンス「なっ……」

ホロ「直ぐ戻って来るものとばかり思っておったのに、主は一向に帰ってこぬ」

ロレンス「あぁ……、情報を仕入れてたからな」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:16:46.07 ID:+iqo4wxzO


ホロ「それで、急に孤独に思えての、こう、ぽっかり胸に……」

ロレンス「穴が空いたような気に?」

ホロ「……」コクッ

ロレンス「すまない。それは、悪かったよ。まぁ、この食事で穴を埋めてくれ」

ホロ「……」

ロレンス「ん?どうした?」

ホロ「……なんでもありんせん」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:21:06.42 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「変な奴だ。そうだ、この食事が終わったら、町にでるから、早く済ませろよ」

ホロ「一緒にかや?」

ロレンス「あぁ、当然だろ?嫌か?」

ホロ「……」フルフル

ロレンス「なら、早く食べよう」

ホロ「うむ!」

ロレンス「ほら、そんなに急いで食べるとむせるぞ」

ホロ「ひゃいほうひゅひゃ」ポロッ

ロレンス「口からものがこぼれるから、食べながら喋るなよ」グイッ


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:27:39.07 ID:+iqo4wxzO


ホロ「……」モグモグ

ロレンス「?」

ホロ「……」モグモグ

ロレンス「俺の言うこと聞いてくれたのか?」

ホロ「……」コクン

ロレンス「記憶無くす前と違って素直だな」

ホロ「主よ」

ロレンス「なんだ?もう、食べ終わったのか」

ホロ「うむ。での……」

ロレンス「足りないと言いたいのだろ、ほら、俺の食べていいぞ」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:31:11.40 ID:+iqo4wxzO


ホロ「う、うむ」ハグッ

ロレンス「さて……と」

ホロ「……」モグモグ

ロレンス「あっ、そうだ。食べながらでいいから、聞いてくれ」

ホロ「……」コクン

ロレンス「町中では、絶対に耳や尻尾を出すなよ……見つかったら火炙りにされるからな」ニッ

ホロ「……うむ」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:33:03.56 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「まぁ、そんなに気負う事は無いさ、いざとなったら俺が助けてやるよ」

ホロ「頼りにしていいのかや?」

ロレンス「少しはな」

ホロ「では、頼りにするでありんす。少しだけ……じゃがな」

ロレンス「はは」

ホロ「くふっ」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:36:17.90 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「さてと、とりあえず、記憶を取り戻さないとな」

ホロ「……何か、あてはあるのかや?」

ロレンス「さっき、飯を買う、ついでに情報を仕入れてきたんだが、他にも記憶を無くした人が沢山、いるみたいなんだ」

ホロ「わっち以外にも……」

ロレンス「あぁ。まぁ、神の仕業や変なものを食べた、奇病と色んな噂がたってるが原因はわからないらしい」

ホロ「ふむ」

ロレンス「俺の見立てだと、食べ物だと思うがな。何せ、俺ではなく、食いしん坊の狼がなるくらいだからな。」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:44:18.90 ID:+iqo4wxzO


ホロ「それで、昨日廻った店を訪ねる気なのかや」

ロレンス「そうだ、原因によっては対処法があるかも知れない」

ホロ「しかし、店主は本当の事を言うのかや?」

ロレンス「そこは、お前の耳に頼る」

ホロ「わっちの耳?」

ロレンス「あぁ、嘘をかぎ分けられる、その耳にな」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:44:43.73 ID:kS4v9L3B0


ロレンス「テレレレッテレー!金゙属゙バッ゙ドー゙!」

ホロ「!」

ロレンス「え゙ー゙い゙!」ボグジャー!

ホロ「ギャアアアアア!!!!でありんす!」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:51:53.30 ID:+iqo4wxzO


ホロ「……そうなのかや?」

ロレンス「の筈だが」

ホロ「では、何か嘘をついて見てくりゃれ」

ロレンス「急に言われてもな……」

ホロ「なんでもよい」

ロレンス「なんでもか……う~ん」

ホロ「ほれ」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:58:04.79 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「なら、お前は、気が強いが泣き虫で、大飯食らいの大酒飲み。甘いものが好きな癖にリンゴだけは苦手。聡明で可愛いが、ねだり上手、ただ、ねだった後は、何かしらで返す」

ロレンス「どうだ?」

ホロ「……」

ロレンス「わからないのか?」
ホロ「……リンゴのとこ、じゃろ」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:59:01.69 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「あぁ、正解だ。リンゴはお前の好物だからな、なにせ……どうした」

ホロ「いや、なんでもありんせん。ただ……」

ロレンス「ただ?」

ホロ「……なんか、恥ずかしくなっての」

ロレンス「はは、だが事実だからな、大飯食食らいの大酒飲みで……」

ホロ「そういう事ではありんせん。主がわっちを語る様子が……その、なんじゃ……」

ロレンス「変だったか?」

ホロ「変ではありんせん……その……」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:03:43.11 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「なんだ?」

ホロ「もうよい」

ロレンス「気になるだろ」

ホロ「もうよいって、いっておる」

ロレンス「はいはい、じゃ、そろそろ外に行くか」

ホロ「うむ、それがよい……」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:08:44.00 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「じゃ、ほら」スッ

ホロ「なんじゃ?」

ロレンス「ん?腕を回さないのか」

ホロ「……主は、わっちと長い間一緒にいたかもしれぬ」

ロレンス「あぁ」

ホロ「だが、わっちからすれば、初対面じゃ」

ロレンス「そう言えば、そうか」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:09:30.76 ID:+iqo4wxzO


ホロ「つまり、まだ、そういう行為には……抵抗が……ありんす」

ロレンス「それもそうか、悪かったな」

ホロ「気を悪くしないでくりゃれ」

ロレンス「大丈夫、こっちこそ悪かったよ。気を使わないで」

ホロ「そんな事はありんせん」

ロレンス「なら助かるよ、なにせ、俺はそういう事に疎いらしいから」

ホロ「それは、よくわかりんす」クスッ

ロレンス「はは。じゃ、はぐれない様について来るんだぞ」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:14:40.68 ID:+iqo4wxzO


ホロ「う、うむ」

ロレンス「まぁ、はぐれたら、この宿に戻って来ればいいさ」

ホロ「……」コクッ

ロレンス「さてと……うん?」グィ

ホロ「……やはり、不安じゃから……」ギュ

ロレンス「それで、服の裾か。」

ホロ「ダメかや?」

ロレンス「ご自由に……ただ」

ホロ「?」

ロレンス「引っ張り過ぎて、破くなよ」

ホロ「そんな強くは引っ張らぬ」

ロレンス「ならいいが」

ホロ「引っ張らぬ」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:25:00.44 ID:+iqo4wxzO


~路上~

ホロ「……」

ロレンス「ホロ、どうした?」

ホロ「人……多くないかや」

ロレンス「そうか?規模的には小さめな都市なんだがな」

ホロ「ほう……」ギュッ

ロレンス「ほら、行くぞ」クスッ

ホロ「うむ」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:27:49.75 ID:+iqo4wxzO




ロレンス「先ずは、一軒目だ。確か、この先の露店で……」

ホロ「リンゴの匂いじゃ」パッ、タッタッタ

ロレンス「おい、ホロ。どこに行くんだ」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:29:38.69 ID:+iqo4wxzO


「らっしゃい。おや?昨日来た娘だね」

ホロ「いい匂いじゃ」

「また、買ってくかい」

ホロ「また?」

「昨日も買ってくれただろ」

ホロ「……」

「忘れたのかい?そういえば、連れの人は、どうしたんだい?」

ホロ「それは、この手の……」

「誰もいないみたいだが?」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:31:17.06 ID:+iqo4wxzO


ホロ「……」

ロレンス「ホロ。やっぱり、ここか」

ホロ「主よ……」

ロレンス「急に走り出すから、見失ったかと思ったよ」

ホロ「すまぬ」

ロレンス「まぁ、昨日と同じ店に来てるのは、お前らしいが」

ホロ「うむ……」ギュッ


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:39:23.42 ID:+iqo4wxzO


「らっしゃい」

ロレンス「こんにちは」

「今日も買ってってくれるのかい」

ロレンス「はい、連れが気に入りましてね。一つ、お願いします」

「そういえば、お連れさん、まさか記憶喪失かい?」

ロレンス「わかります?」

「そりゃね。昨日、あんだけ仲が良かったのに、よそよそしいからね」

ロレンス「はは、そういえば、町中で記憶喪失が多発してるようですが……何か知りませんか?」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:41:14.02 ID:+iqo4wxzO


「うーん、聞いた話しだと、ここ数日に集中してるらしいよ。大人に多いみたいだけど、大変らしいね」

ロレンス「そうですか。過去にもあったんですか?」

「いや、初めてさ。早く治まって欲しいもんだよ。」

ロレンス「そうですね、どうもありがとうございました」

「いいってことさ。はい、リンゴ。後、傷があって悪いが、これはサービス。味は変わらないから」

ロレンス「ありがとうこざいます、じゃ、これで」チャリン

「ありがとうね、あんたも早く戻るといいね」

ホロ「……うむ」

ロレンス「ほら、行くぞ。」

ホロ「待ってくりゃれ」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:45:53.43 ID:+iqo4wxzO


~広場~

ロレンス「ほら、ホロ」

ホロ「すまぬ」シャリ

ロレンス「旨いか?」

ホロ「うむ」シャリシャリ

ロレンス「それは良かった」シャリ

ホロ「……」モグモグ


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:53:30.64 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「なんだ。もう、食べ終わったのか」

ホロ「うむ」

ロレンス「ほら、食べかけだが食うか?」スッ

ホロ「いいのかや?」

ロレンス「あぁ」ニコッ

ホロ「……全然、食べておらぬが」ヒョイ

ロレンス「なんだ、いらないのか」

ホロ「そうは、言っておらぬ」シャリ

ロレンス「はは」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:59:37.47 ID:+iqo4wxzO


ホロ「……主よ、聞きたい事がありんす」

ロレンス「なんだ?」

ホロ「わっちの記憶が戻らなかったら、どうするつもりなのじゃ?」

ロレンス「……構わないさ」

ホロ「本当……かや?」チラッ

ロレンス「あぁ、ホロはホロだ。自然に任すさ」

ホロ「しかし、いいのかや?」

ロレンス「なにがだ?」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:01:29.54 ID:+iqo4wxzO


ホロ「今までの関係が無になってもじゃ」

ロレンス「なに、また築けばいいさ」

ホロ「……うむ、そうじゃな」

ロレンス「ということで、手、つないでいいか?」スッ

ホロ「……」モジモジ

ロレンス「リンゴ……食べたろ?」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:03:07.29 ID:+iqo4wxzO


ホロ「……」ギュッ

ロレンス「よし」

ホロ「主は……ズルいの」

ロレンス「うっ」

ホロ「じゃが、そのズルさは嫌いではありんせん」ニッ

ロレンス「はは……」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:10:52.93 ID:+iqo4wxzO




ロレンス「さて、次は……」

ホロ「……主は、全ての店を覚えておるのかや?」

ロレンス「あぁ、何を食べて、幾ら払ったのかも大体な……まぁ、職業病みたいなものだな」

ホロ「それは、凄いの」

ロレンス「そうか?」

ホロ「うむ」

ロレンス「昔のお前なら、セコイとか言うんだがな」

ホロ「……」

ロレンス「……どうした?」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:13:11.71 ID:+iqo4wxzO


ホロ「昔のわっちと比較されるのは、あまり好きではありんせん」プィ

ロレンス「そうか、気を付けるよ」

ホロ「うむ……あっ、あの店旨そうな、匂いがするの。ちと、休憩せぬか?」

ロレンス「あぁ、あそこか」

ホロ「知ってるのかや?」

ロレンス「まぁ……」

ホロ「昔の……かや?」

ロレンス「そんなとこだ」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:15:16.92 ID:+iqo4wxzO


ホロ「じゃ、あっちがよい」

ロレンス「あっちか……」

ホロ「あっちもかや?」

ロレンス「まぁ」

ホロ「では、向こうじゃ」

ロレンス「……」ポリポリ

ホロ「向こうもかや」

ロレンス「ははは、しかし、構わないだろ。元々、昨日回った所を回るつもりなんだから」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:17:00.33 ID:+iqo4wxzO


ホロ「それはそうじゃが、なにか嫌じゃ。そもそも、主よ……」

ロレンス「な、なんだ」

ホロ「わっちを甘やかしすぎじゃないかや」

ロレンス「それは……お前がねだり上手なだけで」

ホロ「にしても、限度というものがありんす、主の財布には穴が空いてるのかや?」

ロレンス「……しょうがないだろ、お前が心の穴を埋めてくれ、とかいうから」

ホロ「今朝もその様な事を言っておったな……まさか、食べ物で埋まると思っておるのかや」

ロレンス「昔のお前は満足したし、現に、お前も満足しただろ」

ホロ「……」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:25:30.05 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「ど、どうした」

ホロ「少し、呆れておる」

ロレンス「なっ」

ホロ「主よ、少なくとも、わっちが、喜んだのは、主がわっちを連れて外に行ってくれる、と言ってくれたからじゃ」

ロレンス「じゃ……」

ホロ「昔のわっちも、食事自体よりも主に甘える事で、心を満たしたと思いんす」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:27:01.31 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「……そうか」

ホロ「うむ」

ロレンス「なら、どうしたら良かったかな?」

ホロ「それは、簡単じゃ。こう、ギューと、力強く抱き締めるだけで埋まりんす……少なくとも、わっちはの」

ロレンス「はは、そうか」

ホロ「そうじゃ」

ロレンス「覚えておくよ」

ホロ「うむ」ダキッ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:28:36.62 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「うん?」

ホロ「嫌……じゃったか?」

ロレンス「いや、そうじゃなくて。恥ずかしいのじゃなかったのか?」

ホロ「もう、恥ずかしくはありんせん、なんせ、ホレた雄にひっつくんじゃからの」ニコッ

ロレンス「ッ」

ホロ「なんじゃ、照れておるのかや?」

ロレンス「流石に、こんな真正面から言われるとな」


ホロ「くふっ、経験や知識がある奴は、時としてプライドになり、それが邪魔して、中々正直になれるからの。その点、今のわっちは何もないからの、正直になれるというものでありんす」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:33:46.25 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「成る程な」

ホロ「まぁ、青臭いともいうがの」ニッ

ロレンス「はは」

ホロ「クフッ」

ロレンス「じゃ……」

ホロ「回るかの」ギュ

ロレンス「あぁ」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:35:14.75 ID:+iqo4wxzO


~数時間後~

ロレンス「んー、特に目新しい情報は無かったな」モグモグ

ホロ「そうじゃったな」ハフハフ

ロレンス「まぁ、期待はしてなかったが」パクッ

ホロ「じゃろうな、主の推理が正しくても外れていても、回る必要がない店じゃからな」ゴクッ

ロレンス「気づいてたのか?」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:39:52.51 ID:+iqo4wxzO


ホロ「まぁの、主が正しかったとしても、露店だと、売っている品物は限られておるしの、露店の品物が原因なら、直ぐに噂になるじゃろ。
もし、食べ物だとしても、なかなか原因がわからぬという事は、不特定多数に様々な品物を提供する店じゃ、最初行った青果店や酒場などじゃな。主もその辺はわかっておろう」

ロレンス「まぁな。なら、なんで、もっと早く言わなかったんだ?」

ホロ「わっちは、主と一緒に居たかったからじゃ、それに、飯にもありつけるからの、まぁ、主の思惑もわかるしの」

ロレンス「……」

ホロ「まぁ、その想いがわっちに向けられて、おらぬのは少し、寂しいがの」

ロレンス「そんな事は……」

ホロ「ないかや?」

ロレンス「ないといったら、嘘になるな」

ホロ「素直でよろしい」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:41:44.51 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「怒って……無いのか?」

ホロ「怒るというより、羨ましい、という気持ちの方が強いかの」

ロレンス「羨ましい?」

ホロ「うむ、そこまで主に愛されてるわっちにじゃ、何せ、一分の望みに、出さなくてよい金を出して、昨日の行動をなぞるくらいじゃからな」

ロレンス「……しかし、前に言った言葉に嘘は無いぞ」

ホロ「わかっていんす。じゃからこそ、主の気が済む様に、付き合ってるのじゃ」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:45:15.38 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「悪いな」

ホロ「惚れた者の負け、でありんす」

ロレンス「お互いにな」

ホロ「そうじゃな」クスッ

ロレンス「少し早いが、宿に戻るか」

ホロ「いいのかや?まだ、回る所は、あるのじゃろ」

ロレンス「まぁな。だが、お前に悪い」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:46:24.22 ID:+iqo4wxzO


ホロ「お人好しじゃな」

ロレンス「はは、よく言われるよ」

ホロ「じゃが、わっちは、そこが主の魅力であるとおもいんす」

ロレンス「そうか?」

ホロ「うむ、わっちはそこに惚れたでの」

ロレンス「……」ポリポリ

ホロ「……なにか、言葉を返して欲しいんじゃが」

ロレンス「……ありがとう」

ホロ「どういたしまして」
ロレンス「はぁ……」グシグシ

ホロ「くふっ」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:49:26.81 ID:+iqo4wxzO


~宿~

ガチャ

ロレンス「うーん、疲れた……」

ホロ「わっちは腹が減ったんじゃが」

ロレンス「あれだけ、食べたのにか?」

ホロ「軽食で、しかも、主と半分づつじゃろ、すぐに減ってしまいんす」

ロレンス「わかったよ、後で酒場にでも行こう」

ホロ「すぐに行かぬのかや?」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:51:18.77 ID:+iqo4wxzO


ロレンス「あぁ、朝、商会で調べて来た事を一応、纏めたいからな」

ホロ「記憶喪失の事かや?」

ロレンス「あぁ、商会にある、文献で食べ物が原因とされるものは、対処法まで、全て書き写して来たからな」

ホロ「ふむ……汚い字じゃな」ヒョイ

ロレンス「殴り書きだからな、それを今から、こっちに整理するんだ……ほら、返せ」

ホロ「ほう」

ロレンス「まぁ、終わったら声をかけるから、自由にしといてくれ」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:53:47.37 ID:+iqo4wxzO


ホロ「うむ」

カリカリ

ロレンス「……」

ホロ「……」ジー

カリカリ

ロレンス「……ホロ、何か用か?」ピタッ


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:55:04.77 ID:+iqo4wxzO


ホロ「何も用はありんせん」

ロレンス「じゃ、何でこっちを見てるんだ?」

ホロ「ダメかや?」

ロレンス「ダメでは、無いが、気になるんだが」

ホロ「それは、すまぬ。ただ、主が一生懸命仕事をしてる姿に見とれておっただけじゃ」

ロレンス「……まぁ、好きにすればいいが」

ホロ「うむ。ほれ、手が止まっていんす」

ロレンス「はいはい」カリカリ

ホロ「……」ニコニコ


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:04:34.77 ID:l1/MhsWqO




ロレンス「……よし、終わった。ホロ、待たせた……と、なんだ、寝てるのか」

ホロ「……」スースー

ロレンス「起こすのも忍びないが……」ナデナデ

ホロ「……うむ?終わったのかや?」ムクッ

ロレンス「あぁ、一応な」

ホロ「じゃ、飯じゃ」

ロレンス「そうだな、ほら」スッ

ホロ「うむ」ダキッ


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:16:20.14 ID:l1/MhsWqO


~数時間後~

ロレンス「ほら、ホロ。着いたぞ」

ホロ「うむ」ムニャムニャ

ロレンス「はぁー、昨日より酷いな」

ホロ「……」

ロレンス「ほら、下ろすぞ」

ホロ「嫌じゃ。もう少し、主の背中がよい」

ロレンス「勘弁してくれ」

ホロ「むー、仕方がない、名残惜しいが、勘弁してやるかの……」

ロレンス「それは、ありがたい」

ホロ「うむ……」

ロレンス「ほら、服を……あー、ちょっと待て」

ホロ「う~ん」

ロレンス「はぁ、また、水貰って来ないとな……ん?なにか忘れてるような……そうだ、あの果物……確か」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:19:01.90 ID:l1/MhsWqO


ガチャ

ロレンス「すみません、水頂けますか?それと、昨日頂いた果実、残っていませんか?……えぇ、勿論、お金はお払いします。」

ロレンス「あぁ、これです。ありがとうごさいます。」

バタン

ロレンス「……原因はこれだったんだ、文献に載ってたのと、特徴が一致する。酒と一緒に取らないと、症状が出ないから、発覚しにくかったんだな」

ロレンス「これなら、治療薬も確立されてた筈……うん、これだ。……よし、少し遅いが、商会に行って……」

ロレンス「そうだ……ホロ」

ホロ「……」スースー

ロレンス「寝てる……よな、しょうがない、一人で……」
ガチャ


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:22:10.31 ID:l1/MhsWqO


~朝~

ロレンス「ホロ、起きろ」

ホロ「う~ん、なんじゃ」モソモソ

ロレンス「出掛けるぞ」

ホロ「飯は~?」

ロレンス「そんなものは後だ、ほら早く、置いていくぞ」

ホロ「う~ん、待ってくりゃれ」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:24:00.00 ID:l1/MhsWqO


~商会~

ロレンス「おはようごさいます」

「あぁ、ロレンスか」

ロレンス「昨日、頼んどいたのものはどうなりましたか?」

「今、若いのを数人、走らせてるよ、時期に戻って来るだろう」

ロレンス「そうですか、で、買い占めれそうですか?」

「あぁ、大丈夫だろ、元々需要が無い品だしな」

ロレンス「それは良かった」

「しかし、良く見つけたな」

ロレンス「えぇ、まぁ」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:26:07.72 ID:l1/MhsWqO


「うまくやれば、大儲けができるな」

ロレンス「そうですね」

カチャ

「……買い占めれたそうだ」ボソボソ

ロレンス「本当ですか」

「あぁ、噂が回る前に一気に買えたのが良かったみたいだ」

ロレンス「そうですか、良かった、では、当初の予定通り……」

「まずは、小銭だな」

ロレンス「私にとっては、大金ですよ」

「はは、さて忙しくなるぞ」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:27:42.90 ID:l1/MhsWqO


~町~

ホロ「主よ」

ロレンス「朝飯は、もう一仕事終わってからだ」

ホロ「そうではありんせん」

ロレンス「あぁ、商売の話しか」

ホロ「うむ」

ロレンス「昨日、お前が寝てから、記憶喪失の原因がわかってな」

ホロ「諦めたのじゃないのかや?」

ロレンス「みすみす、逃す事も無いだろ?」

ホロ「うむ、そうじゃな……」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:35:19.36 ID:l1/MhsWqO


ロレンス「それで、原因がわかったから、深夜に商会に飛び込んで、治療薬を作る、材料で町で一番、品薄なものを買い占めて貰ったんだ」

ホロ「ふむ、して、原因はなんじゃったのじゃ?」

ロレンス「宿で貰った、果実だった。まぁ、サービスで貰ったから、すっかり、忘れてたよ」

ホロ「主らしいの。そうじゃ、何故、全部の材料を買い占めないのかや?」

ロレンス「他の材料は有り余ってるし、なにせ、規模が大きすぎるからな、一つで十分というわけだ。それに、あまり、独占しすぎると、薬の組合やら、市政やら、メンドイ連中が絡んでくる」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:38:00.80 ID:l1/MhsWqO


ホロ「なるほどの、して、小銭を稼ぐとはなんじゃ?」

ロレンス「それは、今から、薬屋に記憶喪失の原因はこれですよと、情報を売るのさ」

ホロ「ふむ」

ロレンス「まぁ、情報が出回るまでが勝負だが、それまでに、回れるだけ回る。市場が動くと、一気に噂が流れるだろうしな」

ホロ「ふむ、なるほどの、で、主の取り分は幾らじゃ」

ロレンス「商会に材料の仕入れから販売を全てまかしてあるし、身内だからな、材料の売り上げの利益の半分だ」

ホロ「ほう」

ロレンス「まぁ、薬屋に売る情報の代金は俺の丸儲けだがな」ニッ

ホロ「それなら、いっそ薬を製造して売れば良いのではないのかや?」

ロレンス「町の条約で、薬の製造、販売は薬屋でしか、無理なんだ」

ホロ「複雑じゃの」

ロレンス「まぁな。さて、一軒目に着いたぞ」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:41:57.38 ID:l1/MhsWqO


~数時間後~

ロレンス「結局、回れたのは六軒、儲けはトレニー銀貨で14枚か、上々だな」

ホロ「儲けたのかや?」

ロレンス「あぁ、大儲けだ。……これに、後から来る、最終的な利益を考えると……」ニヤニヤ

ホロ「それは良かったの、主の喜ぶ顔を見れて、わっちも嬉しい……が」

ロレンス「が?」

ホロ「朝から走り回って、腹が減ったんじゃが」

ロレンス「あぁ、そう言えば、そうだな。よし、そこの露店で何か買うか」

ホロ「うむ」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:44:51.56 ID:l1/MhsWqO


~夜の酒場~

ロレンス「ホロ、喜べ。大儲けだ」

ホロ「主よ、良かったの」

ロレンス「あぁ、仕入れたもの9割が高値で捌けたらしい」

ホロ「ほう」

ロレンス「まぁ、数日すれば、他の商会が隣町から仕入れたものが、届くと思うから、値は徐々に収まるだろうがな」

ホロ「そうなのかや」

ロレンス「そりゃな、いつもの数倍で売れるんだ、指を加えて見てる奴はいないさ」

ホロ「大変じゃの」

ロレンス「まぁ、今は忘れて食べよう。祝勝会だ」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:46:17.19 ID:l1/MhsWqO


ホロ「そうじゃな……」

ロレンス「……なんだ?元気が無いな」

ホロ「……そんなことは、ありんせん」

ロレンス「そうか?」

ホロ「……うむ」グビッ


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:47:36.29 ID:l1/MhsWqO


~宿~

ガチャ

ロレンス「はぁー、着いた。結局、背負うはめになるんだな」

ホロ「……主よ」

ロレンス「なんだ、起きたのか」

ホロ「……」

ロレンス「いつ、起きたんだ?」

ホロ「最初からじゃ」

ロレンス「おい」

ホロ「許してくりゃれ、主に甘えたくなっての」ギュー


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:49:03.09 ID:l1/MhsWqO


ロレンス「降ろすぞ」

ホロ「うむ」スルッ

ドサッ

ロレンス「酔ってなかったのか。まぁ、酒の量は少なかったと思うが」

ホロ「主が胸に、薬を忍ばせてたおったからの」

ロレンス「気づいてたのか?」

ホロ「まぁの、して主よ」

ロレンス「なんだ?」

ホロ「その薬はどうするのかや?」

ロレンス「それは……」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:51:39.20 ID:l1/MhsWqO


ホロ「大方、迷っておるのじゃろ」

ロレンス「あぁ……迷ってる。この薬を使って治すと、今のお前がいなくなると聞いて特に」

ホロ「そうかや……」

ロレンス「驚かないのか?」

ホロ「何となく、そんな気が、しておった……野性の勘かの」

ロレンス「そうか……」

ホロ「……主よ、わっちの胸に穴が空いたようじゃ、塞いでくりゃれ?」

ロレンス「あぁ……」

ギュー

ホロ「主よ……」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:53:37.04 ID:l1/MhsWqO


ロレンス「なんだ?」

ホロ「頼みがあるんじゃが」

ロレンス「……あぁ」

ホロ「うむ。それを……わっちが寝てる間に飲ませて欲しいんじゃ。……流石にわっち自身で飲むには気が引けるでの」

ロレンス「いいのか?」

ホロ「主がこれ以上、困る様子は見たくないしの」


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:55:25.52 ID:l1/MhsWqO


ロレンス「ホロ……」

ホロ「後、短い間じゃったが、わっちと過ごした事を、忘れないでいてくりゃれ」

ロレンス「勿論だ」

ホロ「うむ。それとじゃ、記憶を取り戻した、わっちにも秘密にしといてくりゃれ」

ロレンス「それはいいが、何故だ?」

ホロ「わっちは、主だけが覚えておいてくれたら、それでいいのじゃ。それに、下手に話すと、記憶を取り戻した、わっちが妬くからの」クスッ

ロレンス「妬かないだろ」

ホロ「妬く、わっちはそういう奴じゃ」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:57:41.62 ID:l1/MhsWqO


ロレンス「いやに、素直だな」

ホロ「最後じゃからな」

ロレンス「……」

ホロ「そんな辛気くさい顔をするでない、元に戻るだけじゃろ?」

ロレンス「それはそうだが……しかし」

ホロ「……主は本当にお人好しじゃの」

ロレンス「それが、俺の魅力なんだろ?」

ホロ「うむ、そうじゃ。そこに、今のわっちは惚れていんす」


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:59:16.14 ID:l1/MhsWqO


ロレンス「今の……か」

ホロ「今の……じゃ」

ロレンス「はは……」

ホロ「……」

ロレンス「……ホロ」ススッ

スッ

ホロ「そこまでじゃ……これ以上、やると歯止めがききそうに無くなるからの。それでは、わっちに申し訳がたたぬ。続きは記憶を取り戻したわっちとしてくりゃれ」

ロレンス「……あぁ」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 01:00:53.89 ID:l1/MhsWqO


ホロ「まぁ、少しはわっちも、いい思いはするがの」

ロレンス「……どういう意味だ?」

ホロ「後でわかりんす。すまぬが、眠くなってきた……。主の胸で寝かしてくりゃれ?」

ロレンス「わかった」

ギシッ

ホロ「くふっ」ヒシッ

ロレンス「……」

ホロ「……」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 01:04:35.47 ID:l1/MhsWqO




ホロ「……」スースー

ロレンス「……寝たか。じゃ、薬でも……」

ロレンス「……そう言うことか……ホロらしい、ズルさだ」ハハ

ロレンス「まぁ、ホロが望むなら、俺は喜んで踊るか」

ロレンス「……」

ゴクッ


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 01:05:26.16 ID:l1/MhsWqO


~翌朝~

ホロ「ふぁー」

ロレンス「おはよう、ホロ」

ホロ「うむ……飯は?」

ロレンス「今買ってくるよ、軽いものでいいか?」

ホロ「肉が乗ってるものが良い」

ロレンス「朝から大丈夫か?」

ホロ「うむ、昨日あんだけ飲んだのにおかしいことじゃ」

ロレンス「昨日……か」

ホロ「どうかしたのかや?」

ロレンス「いや、なんでも無い、行ってくるよ」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 01:07:07.02 ID:l1/MhsWqO


ホロ「主よ……わっちに空いた穴は、まだ埋まっておらぬ。だから……の?」

ロレンス「お前の胸には、どれだけの穴が、空いているんだ」

ホロ「なに、ほんの少しじゃ」ニヤッ

ロレンス「なら、これ以上、俺の財布に穴を空けないように、それを埋めてから行こう」

ホロ「?」

ロレンス「ほら」

ギュー

ホロ「ッ」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 01:08:00.89 ID:l1/MhsWqO


ロレンス「……」

ホロ「……」

ロレンス「どうだ?埋まっただろ?」ニッ

ホロ「主よ……」

ロレンス「なんだ?」

ホロ「……どこで、そんな事、覚えたのじゃ?」ジトッ

ロレンス「それは秘密だ」

終わり


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 01:11:16.36 ID:jV7uQxok0


おつ


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 01:39:07.46 ID:ZIPz+ACW0


おつ
一番見てて楽しい二人だ



    スポンサーサイトホロ「ここは、どこじゃ?わっちはだれじゃ?」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。