スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼女「ヴァンパイアなのー!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/07/28 22:30
前作:幼女「ヴァンパイアだぞー!!」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:37:24.05 ID:nnUfba3p0


男「そういえば、そんな設定があったね」

幼女「設定違う!本物のヴァンパイア!」

幼女「だからちゅーちゅーさせろ!」

男「…えー、今日のおやつはパイの実です」

幼女「っ!?」

男「チョコのお菓子だよ。食べたい?」

幼女「た、食べたい!食べたいです!」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:37:56.96 ID:nnUfba3p0


幼女「……パイの実すごくおいしかった」

男「幼女のお姉さんと友達のサキュバスは何処行ったんだ?」

幼女「あの二人なら買い物に行くと言っていたぞ」

男「買い物か。何買いに行ったんだろ」

幼女「さぁなー。お菓子じゃないか?」

男「そもそも金持ってるのか」

幼女「ママからいくらか貰ったみたいだ」

男「そうか、ならいいんだけど」

幼女「…ところで男」

男「んー?」

幼女「二人は今出かけている…この家に私とおまえしかいないぞ…」

男「そうだね」

幼女「…だから、な」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:38:19.08 ID:nnUfba3p0


男「…な、なんだよ(胸を触れとか、またエッチなことじゃないだろうな)」

幼女「ほんとは分かってるんだろ?」

男「……」

幼女「女に皆まで言わせるとは、おまえも意地の悪いやつだ」

男「まさか…」

幼女「もう我慢できんのだ…」

男「…っ!?」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:38:52.51 ID:nnUfba3p0


幼女「だからさっさとパイの実を出せ!」

男「パイの実?」

幼女「そーだ!あれは私が全部食べる!」

男「(お菓子か…)」

幼女「早くしろ!二人が帰ってきてしまうではないかー!」

男「だめだ、これは二人にとっておかないと」

幼女「お、男が黙っていれば分からないぞ?だから…ぬふふ…」

男「よだれよだれ」

幼女「じゃあ少し!少しだけでいいから!」

男「仕方ない、少しだけだぞ?」

幼女「あーん♪」

男「気の早いやつだな」

幼女「あ~♪」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:39:21.49 ID:nnUfba3p0


男「(小動物に餌付けしてるみたいで面白い)」

幼女「まーだー?」

男「こいつがほしーのかー?ほれほれー」

幼女「むぅ~……。がぶりっ!」

男「あっぶね!今指ごと食いにきたろ!?」

幼女「がぶっ!」

男「と、とりあえず落ち着け!」

幼女「はやくしろー」

男「じゃあ放り込むぞ。しっかり味わえー」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:39:50.06 ID:nnUfba3p0


姉「おまえら何をしている!?」

男「あ、お姉さんお帰りなさい」

姉「白昼堂々、またいかがわしいことをしていたろう!」

男「いかがわしいこと?」

幼女「な、なぜそれをー!?」

姉「私はしっかりこの耳で聞いたのだ。あれを…するとか…」

男「はい?」

姉「しゃ、しゃぶるとか!くわえるとか!」

男「(何か勘違いをしていらっしゃる)」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:40:11.16 ID:nnUfba3p0


幼女「むぅ、まさか全部聞かれていたとは…」

男「(どうやったらそんな風に聞き間違えるんだ)」

姉「そういうことはだな、もっと大人になってから…」

幼女「ごめんなさい!」

男「幼女?」

幼女「そもそも、私が1人締めしようとしたのが悪かったのだ」

幼女「我慢できなくてつい。ごめんなさい」

姉「う、うむ、分かればいい」

幼女「だから一緒に食べさせてもらおう」

姉「っ!?」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:40:32.15 ID:nnUfba3p0


幼女「二人でな、ここに座ってあーんってして食べさせてもらお?」

姉「な、な、な……!!」

幼女「お姉ちゃん?」

姉「なぜ私がこんな貧弱なやつの、あ、あれを!」

幼女「せいどれーによく(食事の)世話をさせていると言ったではないか」

姉「たしかに(性欲の)世話をさせていると(大嘘)言ったが…でも…」

幼女「顔が赤いようだが……」

姉「違う!恥ずかしくなんかない!顔が赤いのだって日の下を歩いたからだ!」

男「……」

姉「おい、なんだその目は!ほんとだ、ほんとのほんとだぞ!?」

男「分かりましたから、少し落ち着きましょう」

姉「私はいたって冷静だっ!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:40:53.15 ID:nnUfba3p0


サキュバス「只今戻りましたー」

男「お帰り」

サキュバス「ひどいですよ、お姉様。自分だけ転移魔法で帰っちゃうなんて」

姉「す、すまん…」

サキュバス「ところで皆さん何をしてるんですか?」

男「これはだな」

幼女「男に(パイの実を)食べさせてもらうんだ!」

サキュバス「わぁ、旦那様にですか?私も食べさせてほしーですー」

男「しょうがないなぁ」

サキュバス「ありがとうございます、旦那様!いっぱい食べさせてもらおうね、幼女ちゃん」

幼女「うむ!」

姉「……」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:41:14.32 ID:nnUfba3p0


姉「ま、待て」

幼女「どうしたのだ?」

姉「あまり気はすすまんが、その…」

男「その?」

姉「私も食べてやってもいい、かな」

幼女「おー!」

姉「勘違いするなよ、人間!私は普段からこういことしてるんだ!」

男「そいつはすげーですね」

姉「だからおまえが特別というわけではないし…エッチなことに興味があるとかではなく…」

男「性奴隷相手によくやってるんですよね?」

姉「そ、そうだとも!とにかく変な勘違いはするな!分かったか!?」

男「分かりました」

姉「わ、分かればいい…」

男「(顔が真っ赤ですよってツッコんだらダメなんだろうな)」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:43:14.87 ID:nnUfba3p0


幼女「男ー早くほしー。はやくちょーだい!」

男「(幼女は小動物かわいいなぁ)」

サキュバス「旦那様ぁ、私の舌にいっぱいいっぱい出してくださいね…」

男「(この子はわざと言ってる気がする)」

姉「す、するなら早くしろ」

男「(お姉様はお姉様で変な勘違いしてる)」

男「(せっかくだからいたずらしちゃおうかな)」

男「あー、みんなさん。今から食べさせるからそこに正座してくれないか?」

幼女「むー?わかったー」

男「それで目を閉じてね。こぼすといけないから両手は顎の下で」

サキュバス「ふふ、なんだかドキドキしてきちゃいますー」

姉「なぜこのようなことせねばならんのだ」

男「恥ずかしいんですか?」

姉「恥ずかしくなんかない!!さぁ、これでどうするんだ?」

男「それから大きく口を開けてください。舌もべーっと出すとさらによいです」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:43:38.15 ID:nnUfba3p0


幼女「べ~」

サキュバス「は、恥ずかしいです~」

姉「うぅ…」

男「(これはかなりエロいんじゃないだろうか…いかん、少し立ってきた…)」

幼女「まーふぁー?」

男「ああ、今やるよ。(幼女は3つぐらいでいいかな)」

幼女「ん~!おいしー♪」

サキュバス「旦那様ぁ、私にもぉ~」

男「さ、サキュバスは舌が長いね(とてもムラムラします)」

サキュバス「えへへ、ちょっとした自慢なんですー。レロレロ~」

男「(なんてエッチな動きをする舌なんだっ!)」

サキュバス「私は旦那様のうまい棒でもいいんですよー?ふふ…」

男「…っ!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:44:01.32 ID:nnUfba3p0


サキュバス「みんな目をつむってるから大丈夫です」

男「…ドキドキ」

サキュバス「欲しいんです」

男「はぁ…はぁ…」

サキュバス「熱くて大きな…」

男「せいっ!」

サキュバス「むぐぅっ!?」

男「(サキュバスには口いっぱいに突っ込んでおきました。パイの実を)」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:44:39.68 ID:nnUfba3p0


男「(後はお姉さんだけか)」

姉「ま、まだか?」

男「すみません、今あげますよ」

姉「うむ…」

男「……お姉さん、もっと大きく口を開けないと入らないです」

姉「分かった」

男「(お姉さんはサキュバスと違って舌が短いな。これはこれで…)」

男「お姉さんは好きそうだからいっぱいあげますね」

姉「待ってくれ!」

男「はい?」

姉「本当のことを言うとだな、アレはあまり好きじゃないというか…」

男「そうなんですか」

姉「……そもそも経験がないというか」

男「え?」

姉「な、なんでもないっ!やるなら早くしろ!!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:44:58.80 ID:nnUfba3p0


男「(目じりに涙を溜めて震えてるよ…かわいそうになってきたな…)」

姉「さ、さっさと出せっ!」

男「はいはい、どーぞ」

姉「んむっ!!」

男「どうですか?」

姉「(あれ?これは…)」

男「パイの実って言うんですよ」

姉「ん…おいし…」

男「もっと食べます?」

姉「…うん」

男「はい、あーん」

姉「…あーん」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:45:23.98 ID:nnUfba3p0


姉「モシャモシャ♪」

男「気に入ってもらえよかったです」

幼女「お姉ちゃん私より多く食べてる!ずーるーいー!」

サキュバス「わ、私ももっと食べさせてほしーですぅ!!」

男「わ、分かったよ」

幼女「やった~♪」

男「じゃあそこに座って」

サキュバス「はーい!」

姉「なぁ男…」

男「はい?お姉さんももっと食べますか?」

姉「あ、うん…欲しい…」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:45:43.72 ID:nnUfba3p0


男「はい、どうぞ」

姉「……え?」

男「どうしました?」

姉「食べさせてくれるんじゃないの…?」

男「えっと、どうしてもというのなら…(食べさせられるのは嫌だと思ったんだけど)」

姉「……」

幼女「まーだー?」

サキュバス「お口が寂しいですー」

男「はいはい、分かったから引っ張るなよ。お姉さんはどうしますか?」

姉「……誰が」

男「はい?」

姉「誰が人間などに食べさせられるか!馬鹿者がっ!!」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:46:04.27 ID:nnUfba3p0


男「怒って出行っちゃった…(何か気に障ることでも言ったかな)」

幼女「あむあむ」

男「いたっ!なんでおまえは首噛んでんだ」

幼女「そーいえば血を飲むのを忘れていたと思ってな!」

男「(忘れてていいのに)」

幼女「思ったのだが、お菓子に血をつけて食べたらさいきょーじゃないかっ!?」

男「怖いだろ」

サキュバス「私もこっちをいただく予定でした」

男「パンツ下ろそうとしないで!!」

お姉さんはというと、夕食の時間には帰ってきました


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:46:21.34 ID:nnUfba3p0


~次の日~

サキュバス「お早うございます、旦那様」

男「おはよう。サキュバスは起きるのが早いな」

サキュバス「ええ、朝食の準備もありますから」

男「いつもありがとう」

サキュバス「…あ、あの」

男「よしよし」

サキュバス「はぅ」

男「サキュバスはいい奥さんになるなー」

サキュバス「旦那様…」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:46:42.70 ID:nnUfba3p0


姉「今帰ったぞ。腹が減ったな、朝食はできているか?」

姉「……あ、お姉様」

男「おはようございます。朝の散歩ですか?」

姉「そんなところだ。それより朝食はどうした、サキュバス?」

サキュバス「間もなくできますので少々お待ちください」

姉「うむ」

幼女「…んー、イイ匂いするー」

男「おはよう、幼女」

姉「寝ぼけているな」

幼女「子供じゃないもん。大人だもん~」

姉「おい、しっかりしろ。それでも私の妹か」

幼女「うにゃー…zzz…」

男「ヴァンパイアは立ちながら眠れるんですね」

姉「こいつだけだ!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:47:08.82 ID:nnUfba3p0





男「ご馳走様でした。やっぱりサキュバスの作った飯はうまいなー」

幼女「なー!」

姉「見事なものだ」

サキュバス「ありがとうございます。じゃあ食器片付けちゃいますね」

男「俺も手伝うよ」

サキュバス「ふふ、その気持ちだけで十分ですよ~」

男「なんだか悪いな」

サキュバス「そ、その変わり夜に……」

男「よし、さっさと洗っちゃおうか!」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:47:26.93 ID:nnUfba3p0


男「これで全部洗い終わったね」

サキュバス「ありがとうございました、旦那様」

男「いつも飯作ってもらってるから、これぐらいはしないと」

サキュバス「えへへ、とても嬉しいです」

男「(…連休も終わって、今日から大学か)」

幼女「あ、お姉ちゃんビスコ食べてる!」

姉「これは私が見つけたのだ。おまえも食いたかったら自分で探せ」

幼女「むぅー!何処にあったのかヒント!ヒントちょうだい!」

姉「ヒントは男の尻ポケットだ」

幼女「むむ……。あったー!」

姉「し、しまった!答えを言ってしまった!!」

男「(この方たちを家に置いて行くのは不安だなぁ…)」

男「(今日はサボって…だけどいつまでもサボってられないし…)」

サキュバス「……あの、旦那様?」

男「ごめん、考えごとしてた。ちょっとトイレ行ってくるね」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:47:43.16 ID:nnUfba3p0


ブブ!ブブ!

幼女「な、なんだこの音は!?」

サキュバス「お姉様……」

姉「違う!」

幼女「どうやらこの小さい箱が震えている音のよーだ」

幼女「むぅ、まだブルブル震えておるなー。これは何なのだ?」

姉「それはだな…」

サキュバス「わ、私知ってます!」

姉「そうか、なら幼女に説明してやってくれ」

サキュバス「バイブです!」

姉「……」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:47:58.66 ID:nnUfba3p0


幼女「ばいぶとは何だ?」

サキュバス「これはね…寂しいときにね…ゴニョゴニョ…」

幼女「む?よく聞こえん」

サキュバス「さ、寂しいときに旦那様を思いながら、こうやって……モソモソ……」

姉「やめろ!おまえは何を考えているんだ!?」

サキュバス「きゃっ!」

姉「これはそんないかがわしいものではない!」

幼女「では何をするためのものなのだ?」

姉「これは人間同士が連絡を取り合うための機械だ」

サキュバス「バイブではないのですか…」

姉「これはポケベルと言うんだ」

幼女「ぽけべるか。可愛い名前だな!」

サキュバス「はぅ、とんだ勘違いを……」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:06:23.53 ID:nnUfba3p0


幼女「しかしお姉ちゃんはさすがだな」

サキュバス「博識ですよね」

姉「全くおまえらは…。これくらい知っておかないと恥をかくぞ?」

男「なんだ、なんの話だ?」

幼女「あ、男!今な、このぽけべるがブルブル震えていたぞ!」

男「ポケベル?」

幼女「うむ!これは人間同士が連絡を取り合うためのものなんだろ?」

男「ああ、携帯電話のことか」

姉「……え」

幼女「けいたい…?この箱はぽけべると言うのではないのか?」

男「これは携帯電話って言うんだよ。ポケベルと間違えるのはおじいちゃんおばあちゃんくらいだぞ」

姉「……」

男「幼女もかわいいこと言いますね。これがポケベルですって、はは」

姉「死ね人間っ!!」

男「おぐぅ!?」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:07:24.99 ID:nnUfba3p0





男「いてて」

サキュバス「だ、大丈夫ですか、旦那様?」

男「なんとか…」

幼女「お姉ちゃんもだいぶ手加減して殴ったみたいだからな。本気出せば首ちょんぱだったぞ」

男「ちょんぱかよ」

幼女「ぱちょーんだ」

男「恐ろしい…」

サキュバス「出て行かれてしまいましたが、どうしましょう」

幼女「心配するな。お腹がすけば戻ってくると思うぞ」

男「(昨日もそうだったな)」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:08:30.18 ID:nnUfba3p0


男「(メールか。誰からかな…)」

男「……げ」

サキュバス「旦那様?」

男「(大学行かないとまたあいつにエロ…ひどいことされそうだ…)」

幼女「どうかしたのか?」

男「知り合いが大学に来いとさ」

サキュバス「大学とは何でしょう?」

男「人間の学校だよ。まいったな…」

幼女「そこに行くのか?」

男「ああ」

サキュバス「なら私もご一緒します!」

男「さすがに大学まで来るのはまずいよ。できればお留守番をお願いしたいんだけど」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:09:33.13 ID:nnUfba3p0


女「お留守番か…。退屈そうだな」

男「(そうだ、ケーキで釣って…)」

男「お留守番はとても重要な仕事だ。ちゃんとできたらご褒美にケーキを買ってきてやるぞ」

幼女「お留守番は得意だ!ママにも褒められたことがあるくらい!!」

サキュバス「でも、私は旦那様と…」

男「頼りにしてるぞ、サキュバス」

サキュバス「お、お任せください!!」

男「(お姉さんは…まぁいいか…)」

男「それじゃ行ってくる。二人とも頼んだぞー」

幼女「チーズケーキな!レアじゃないやつ!」

サキュバス「いってらっしゃいませ、旦那様~」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:29:08.75 ID:nnUfba3p0


~大学~

男「(なんだか気分が重いな。休み明けってのもあるけど)」

男「……次の講義はなんだったかな」

?「久しぶりだね、男」

男「よ、元気そうだな」

?「ふふ、まぁね。どうだい?休日はとても楽しかったんじゃないかな?」

男「それなりに」

?「私を思って自家発電にはげむのは恥ずかしくもあるが…」

?「それほど私を愛しているんだと思うと嬉しくもあるよ」

男「してないからな、女」

女「君は相変らず照れ屋だね」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:29:56.02 ID:nnUfba3p0


男「女は口を閉じていれば、とても魅力的だと思う」

女「いきなりかい?初めてが公衆の面前というのはさすがの私も緊張してしまう」

男「(話が噛みあわない)」

女「……」

男「どうしたんだ?」

女「いや、気のせいかもしれないんだが…」

男「なんだよ」

女「君から他の女の臭いがする」

男「…っ!」

女「おや、その反応を見るに当たったみたいだね」

男「ちがっ…違うんだ…」

女「そう怯えられると私も悲しいよ。ところで、少し話しがあるから付き合ってもらおう」

男「ご、ごめん。でも…!」

女「付き合ってくれるね?」

男「……はい」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:30:54.19 ID:nnUfba3p0


~少し前~

幼女「スピー…スピー…ふごっ!…zzz」

サキュバス「ふふ、かわいいなぁ幼女ちゃん…つんつん…」

幼女「んー、そこはダメだと言っているだろ…おとこぉ…」

サキュバス「……」

幼女「それはアポロじゃなくてちく……zzz」

サキュバス「わ、私は部屋のお掃除でもしようかな。きっと旦那様も喜んでくれるよね」

サキュバス「ご褒美にいっぱいなでなでしてくれるかも。もしかしたらその先も…えへへ…」

サキュバス「(わわっ!何考えてるんだろ、私。いやらしいな…)」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:32:05.86 ID:nnUfba3p0





サキュバス「うん、だいぶ綺麗になったなぁ」

サキュバス「……旦那様、褒めてくれるかな」

母「むしろ私のお嫁さんになって欲しいわね」

サキュバス「えぇ!?」

母「なんちゃって。こんにちは、サキュバスちゃん」

サキュバス「幼女ちゃんのお母様!いらしてたんですか」

母「ついさっきね。それにしても、ふふ」

サキュバス「…なんでしょうか」

母「さっきの独り言、とってもかわいかったわよ?」

サキュバス「うう、あまりいじめないでください…」

母「ふふ、ごめんなさいね」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:32:46.04 ID:nnUfba3p0


サキュバス「その、今日はどういったご用件でいらしたのでしょうか?」

母「さっきね、お姉ちゃんがうちに戻ってきたのだけど」

サキュバス「お姉様が?」

母「戻るなり自室に引篭っちゃったのよ。男君と喧嘩でもしたのかしら?」

サキュバス「実は……」





59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:38:22.50 ID:nnUfba3p0


母「そんなことがあったの。あの子らしいわね」

サキュバス「お姉様は、もうお戻りにならないのでしょうか」

母「大丈夫大丈夫、明日にはケロっと戻ってくるわ」

母「それにしても、男君もすみにおけないわね。あの子相当へこんでたわよ」

サキュバス「そうなんですか?」

母「ちょっと泣いてたし。あれはかなり惚れこんでるわね」

サキュバス「……」

母「肝心の男君はいないみたいだけれど、学校にでも行ってるのかしら?」

サキュバス「はい、大学に行くとおっしゃってました」

母「そっか、もうお休みも終わったしね。夜まで暇ね、サキュバスちゃん」

サキュバス「お昼ご飯までに帰ってくるのではないのですか?」

母「学校は一日中なのよ」

サキュバス「そう、ですか…」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:38:58.21 ID:nnUfba3p0


母「そうだ!せっかくだから男君にお弁当作ってあげたら?」

サキュバス「で、でも旦那様の大学の場所が分かりませんし」

母「そんなの私がどうとでもしてあげるわよ。移動だって魔法で一瞬よ」

サキュバス「迷惑ではないでしょうか…」

母「そんなわけないでしょう?こーんなかわいい子が作ったお弁当だもの、喜ばないはずがないわ」

サキュバス「え、えへへ…」

母「ふふ、恋する乙女の顔ね」

サキュバス「お母様?」

母「なんでもないわ。作るならパパっと作っちゃいなさい。早くしないとお昼に間に合わないわよー?」

サキュバス「はいっ!」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:39:30.16 ID:nnUfba3p0





サキュバス「ここが旦那様の大学かぁ。旦那様は何処だろう……」

サキュバス「(お母様は、旦那様の近くに転移させるっておっしゃってましたけど)」

サキュバス「あ、旦那様……っ!?」

サキュバス「(一緒にいる方はどなたでしょう。もしかして旦那様の…)」

サキュバス「(……何処に行くのかな)」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:40:16.07 ID:nnUfba3p0


~図書室~

男「こんなところまで連れてきて何するんだよ」

女「分かってるくせに」

男「くっ!」

女「ふふ、相変らずいい声で鳴くね。それに少し固くなってきてるじゃないか。期待してたのかい?」

男「や、やめ…人が来るぞ…っ!」

女「ここは死角だからね、君が変な声を出さなければ平気さ」

男「ふぅっ!」

女「はは、服の上から軽くなでているだけなのになんてだらしないんだ」

男「軽くじゃ…あぁ!」

女「君はちょっと痛いくらいのが好きだったろう?これぐらいが丁度いいんじゃないかと思ってね」

男「はぁ…はぁ…」

女「さて、そろそろ教えてもらおうかな。なんで君から他の女の臭いがするのか」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:41:02.49 ID:nnUfba3p0


男「連休中に知りあって…友達になったんだよ…」

女「それだけかい?」

男「うぁあ!」

女「そんな大きな声を出したら見つかってしまうよ?それとも君は見せ付けたいのかな?」

男「そんなわけ、ないだろ…ぐっ!」

女「いいよ、その顔。ゾクゾクしてしまう」

男「と、とにかく…ただの友達だから…」

女「ふーん、友達ねぇ」

男「だから、もう離してくれないか」

女「しかし、君のここはカチカチじゃないか。出したいのだろう?」

男「っ!!」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:48:33.98 ID:nnUfba3p0


女「ビュビュッって、臭い精子をぶちまけたいのだろう?」

男「うぅ…!」

女「ふふ、否定しないんだね。せっかくだ、私の口に出すといい」

男「……口に」

女「私の舌に口内に思いっきり吐き出すんだ」

男「(女の舌に……っ!)」

女「君は分かりやすいなぁ。そういうところも大好きだよ」

男「でも…」

女「いいんだ、いっぱい出してくれ」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:48:59.09 ID:nnUfba3p0


サキュバス「(あれって旦那様の触ってるよね…)」

サキュバス「(旦那様も気持ちよさそうにしてる。けどなんだろう…この気持ち…)」

サキュバス「(私以外の人が旦那様とするなんて絶対嫌なのに)」

サキュバス「(胸がドキドキする。私、興奮してるの…?)」

男「うぁあ!」

サキュバス「(っ!!)」

サキュバス「(だ、旦那様あんな苦しそうにして。いけないことなのに、すごく嫌はなはずなのに)」

サキュバス「はぁ……はぁ……旦那様ぁ……」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:49:21.59 ID:nnUfba3p0


女「……(あの物陰に隠れているのは誰だ?)」

サキュバス「旦那様ぁ…旦那様ぁ…」

女「(もしかしてあれが連休中に友達になった女性か?しかし…)」

サキュバス「ふぅん…あっ…んんっ…」

女「(男をオカズにしてやりだすとはとんだ変態だな。ま、人のことは言えないのだけど)」

女「(これはこれで面白いことになりそうだ。どうせなら、もっと見せつけてやろう)」

女「さぁ、そろそろ口でしてあげよう。自分で脱いでごらん」

男「あ、あ…」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:49:48.41 ID:nnUfba3p0


サキュバス「(旦那様が…服を…)」

サキュバス「(やだ、旦那様のは私が!……私が)」

サキュバス「……」

サキュバス「(旦那様のどんな味がするのかな。しょっぱいのかな。もしかしたら甘いのかも)」

サキュバス「(臭いはどうだろう。臭いのかな。もしかしたらクセになっちゃうくらいいい臭いかも)」

サキュバス「(旦那様Hだから、私の頭を両手で押さえつけて喉の奥まで犯されちゃうんだ)」

サキュバス「(だけど、私は涎をたらしながら喜んでおしゃぶりして……)」

サキュバス「(おしゃぶりしたいよぉ、旦那様のお口で舌でいっぱいいっぱい味わいたいよぉ…)」

サキュバス「旦那様ぁ……」

 ガシャン!!

サキュバス「(お弁当がっ!)」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:50:09.64 ID:nnUfba3p0


男「サキュバス…?」

サキュバス「ご、ごめんなさい!!」

男「待って!」

女「……行ってしまったね」

男「知ってたのか?」

女「彼女、君のことをオカズに頑張っていたよ」

男「そんな…」

女「それよりもだ。続きをしようじゃないか」

男「……」

女「どうしたんだい?」

男「悪いけど、話はまた後で!」

女「あ、おい!」

女「……」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:56:32.01 ID:nnUfba3p0


サキュバス「……」

男「やっと見つけた。大学に来てたんだね」

サキュバス「旦那様…」

男「さっきのことだけど」

サキュバス「軽蔑しましたよね」

男「……」

サキュバス「当然ですよね。あんなことしているのをご覧になったら」

サキュバス「私だって嫌だったんです!でも、旦那様のエッチな声を聞いたら自然に指が」

サキュバス「こんないやらしい奥さん嫌ですよね……」

男「サキュバス……」

サキュバス「…うぅ…ひっく…!」

男「そんなことはないよ」

サキュバス「気休めはやめてくださいっ!」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:57:56.43 ID:nnUfba3p0


サキュバス「私はエッチで最低な奥さんなんです!だから…!」

男「サキュバス!」

サキュバス「っ!?」

男「俺もある…」

サキュバス「…?」

男「俺もサキュバスでオナニーしたことある!!」

サキュバス「……へ?」

男「つ、つまり何が言いたいかっていうとだな。その…」

サキュバス「……」

男「えーと、お相子っていうか……お互い様っていうか……」

サキュバス「ふふ…」

男「サキュバス?」

サキュバス「ふふっ…あははは!!」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:58:18.61 ID:nnUfba3p0


サキュバス「はぁはぁ…、笑いすぎてお腹痛いです」

男「そんなに笑わなくてもいいじゃないか」

サキュバス「俺もサキュバスでオナニーしたことあるっ!」

男「お、おいっ!?」

サキュバス「さすがにあの台詞はないですよー。ダメダメですー」

男「す、すみません」

サキュバス「さっきのはかっこよくなかったですね。むしろかっこ悪かったです!」

男「はい…」

サキュバス「でもでも、旦那様の優しさはすごく伝わりました」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:58:48.91 ID:nnUfba3p0


キュバス「そんな嘘ついてまで私のことを気遣ってくれたんですよね」

男「え?」

サキュバス「分かってます。でも、もうちょっとかっこいいこと言ってほしかったです」

男「ごめん(本当にしたことあるんだけど)」

サキュバス「次はビシッっと慰めてくださいね?」

男「頑張ります」

サキュバス「えへへ~」

男「(丸く収まった…?)」

サキュバス「……ところで先ほどの女性は誰でしょうか」

男「…っ!」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 04:59:29.46 ID:nnUfba3p0


男「あれは幼馴染で、子供の頃からの付き合いなんだ」

サキュバス「実際にお付き合いされてるんですか?」

男「付き合ってないよ。ただの幼馴染」

サキュバス「……でも、エッチなことしてました」

男「いたずら好きなんだよ。だからその延長で…」

サキュバス「ほほー?」

男「ほんとだってば」

サキュバス「怪しいですが、いいでしょう。旦那様を信じます」

男「ありがとう」

サキュバス「今度するときは私も混ぜてくださいね?」

男「はいっ!?」

サキュバス「ふふ、冗談ですよー」

男「(その手の冗談は心臓に悪いな)」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:08:38.26 ID:nnUfba3p0


男「あー、そうだ。せっかくだから一緒にお弁当食べよう」

サキュバス「それは……」

男「さっきサキュバスが落としたの拾ったんだ。わざわざ作ってきてくれたんだろ?」

サキュバス「はい」

男「ありがとう。すごい嬉しい」

サキュバス「わ、私も喜んでいただけて嬉しいです…」

男「じゃあ食べようか」

サキュバス「はいっ!今日は私が食べさせてあげますね♪」

男「え?」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:08:59.05 ID:nnUfba3p0


男「あーん。むぐむぐ」

サキュバス「どうでしょう?」

男「うん、おいしいよ」

サキュバス「よかったですー。次はどれになさいますか?」

男「いや、もういいよ。自分で食べるから」

サキュバス「そ、そうですか……」

男「と、思ったけど食べさせてもらおうかな!次はその小さいハンバーグで」

サキュバス「かしこまりました!」

男「うんうん、おいしーなー(そして周りの目が痛い)」

サキュバス「次は!?」

男「ご飯で」

サキュバス「はい、あーん……」

男「あー……」

サキュバス「っ!!」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:10:45.65 ID:nnUfba3p0


男「どうしたの?」

サキュバス「だ、旦那様が大きく口を開けているところ見たら…ゴニョゴニョ…」

男「うん?」

サキュバス「……え、エッチなこと考えちゃったんです!」

男「えっと」

サキュバス「す、すみません…」

男「いや、気にしないでいいよ(気になるけど)」

サキュバス「旦那様……」

男「なんでしょう?(膝に手が!!)」

サキュバス「食後にデザートはいかがでしょうか」

男「そのデザートってのは」

サキュバス「……私です」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:11:10.69 ID:nnUfba3p0


女「実にいい。私もつい食べたくなってしまうよ」

男「お、女!」

サキュバス「ひっ!?」

女「はは、そう構えないでくれ。私はこいつの幼馴染で女という。よろしく」

サキュバス「……ど、どうも」

男「おまえいつからいたんだ」

女「デザートのくだりあたりかな」

サキュバス「~~っ!」

女「ふふ、照れる顔もまたいいね。よければあなたの名前も教えてくれないかな?」

サキュバス「サキュバスと申します」

女「…サキュバス?」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:11:36.71 ID:nnUfba3p0


女「まさか、淫魔のサキュバスとでも言うのかい?」

サキュバス「そ、そうです」

女「にわかに信じがたいが…そうかなるほど…」

男「俺も最初は信じられなかったぜ」

女「でも本当なんだろうな。いや、驚いたよ」

男「えらくあっさり信じたな」

女「君には私以外の女性とは一生縁がない呪いをかけてあるからね」

女「どうやら人間の女性にしか効果はないようだ」

男「いますぐ呪いをとけ」

女「冗談だよ。君が今も童貞なのは一切合財君の才能さ」

男「てめぇ」

サキュバス「……ふふ」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:20:14.45 ID:nnUfba3p0


サキュバス「女様は面白い方ですね」

女「そうかい?自分ではよく分からないな」

男「ただの変わり者だろ」

女「おやおや、どの口が言ったのかなぁ?」

男「ひぎぃ!やめてぁくらふぁい!(ほっぺが!ほっぺが千切れるっ!!)」

女「サキュバスさんも思いっきりつねってあげるといい」

サキュバス「で、ですが」

男「やめふぇー!」

女「なに、これもコミュニケーションの一つさ」

サキュバス「分かりました!」

男「のぉおお!!」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:20:30.58 ID:nnUfba3p0


男「……うぅ(まだほっぺがひりひりする)」

女「ずいぶんと愛嬌のある顔になったじゃないか」

サキュバス「旦那様かわいーですよぉ」

男「嬉しくないっ!」

女「二人の乙女をたぶらかしたんだ。これぐらいは当然だろう」

男「おまえは無理矢理…」

女「何か言ったかい?」

男「いえ何も」

サキュバス「旦那様と女様はとても仲がいいのですね。羨ましいです」

女「付き合いが長いからね。私から言えばサキュバスさんだってそうさ」

サキュバス「だといいのですが」

女「まるで夫婦のようだよ。それに、あなたは私が嫉妬するぐらいいい女だ」

サキュバス「あ、ありがとうございます……」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:22:30.46 ID:nnUfba3p0


女「しかしなんだな、こんなかわいい子と知り合うぐらいなら連休は家族と旅行なんて行かなければよかったよ」

女「君を監禁して甘美な連休を過ごすべきだったね」

サキュバス「旦那様を監禁……ポッ」

男「ふざけるな」

女「よく夕食を作りに行ってあげてるだろう?その対価さ」

男「頼んだ覚えはない」

女「……」

男「いつもおいしいご飯をありがとうございます」

女「物分りのいい君はとくに好きだ。ところでサキュバスさんは何処で男と知り合ったんだい?」

サキュバス「それはですね、幼女ちゃんが旦那様の家に…」

男「(まずい!)」

女「幼女?その子も男の家に住んでいるのかい?」

サキュバス「はい。それから幼女ちゃんのお姉様も一緒に住んでるんですよ」

女「ほぉ……」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:22:51.73 ID:nnUfba3p0


女「連休中に君の家も随分と賑やかになったね」

男「恐縮です」

サキュバス「よろしかったら遊びにいらっしゃいませんか?」

男「(俺の家なんだけど)」

女「そうだね、その幼女ちゃんとお姉さんにも会ってみたい」

サキュバス「きっと二人も喜びますよー」

女「いい友達になれそうだ」

サキュバス「楽しみにお待ちしております」

女「君はビスコでも用意して待っていてくれ。ふふ」

男「仕方ない…」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:23:35.28 ID:nnUfba3p0





男「買い物してたらすっかり遅くなっちゃったな」

サキュバス「そうですね。でも旦那様といーっぱい一緒にいれたから嬉しかったです」

男「そ、そっか」

サキュバス「旦那様もしかして照れてますか?」

男「照れてないよ」

サキュバス「私どもは夜目がききますからねー。旦那様の顔が赤いのはバレバレなのです」

男「サキュバスもずいぶんと言うようになったよな」

サキュバス「愛の力が私を成長させるのです」

男「愛か」

サキュバス「愛です」

男「今夜はカレーかー」

サキュバス「もー!誤魔化す旦那様はかっこよくないですよ~?」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:29:21.04 ID:nnUfba3p0


サキュバス「あっ…」

男「どうした?」

サキュバス「ジャガイモ買うの忘れてました」

男「カレーはジャガイモ入れないとなぁ。買いに戻るか」

サキュバス「私の不手際ですので私が行きますよ」

サキュバス「それに幼女ちゃんも旦那様の帰りを待っていると思いますし……」

男「そっか。じゃあお願い」

サキュバス「はい。それでは行ってきますね」

男「気をつけてなー」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:29:42.42 ID:nnUfba3p0


~男の家~

男「ただいまー」

幼女「おかえりなさいませ!お風呂にする?」

母「ご飯にする?」

幼女&母「「それとも、ワ・タ・シ??」」

男「なんで裸エプロンなんですか」

母「私もまだまだいけるんじゃないかと思ったのよ!どうかしら?どうなのかしら!?」

男「(ムラムラします)」

母「うふふ、男君はほんと分かりやすいわねー」

幼女「なぁなぁ!私はどーだ男!ムラムラするか!?」

男「ムラムラするー」

幼女「なんだその言い草は!?もっと感情こめろー!!」

男「買い物袋で両手ふさがってんだから飛びつくなっ!」

母「あらあらまぁまぁ。玄関でなんてお盛んね」

男「助けてください!」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:30:13.51 ID:nnUfba3p0


幼女「この甲斐性なしめー」

男「意味分かっていってるのか」

幼女「この包茎野郎めー」

男「お母様が吹き込んだんですか…」

母「ばれちゃった?」

男「(なんで知ってるのか問い詰めたいけど、聞かないほうがいい気もする)」

母「こないだ男君がお風呂入ってるのを覗いたときの話なんだけど」

男「……」

母「意外と大きいのね」

男「お、お母様?」

母「何かしら?」

男「目がぎらぎらしてて怖いです」

母「それは今からおまえ食べるからさ~!」

男「ひぃっ!」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:30:34.63 ID:nnUfba3p0


男「(む、胸が押し当てられて……!)」

母「ねぇ、何処見てるの?」

男「ご、ごめんなさい」

母「うふふ、いいのよ。男の子だものね」

幼女「私のおっぱいも夢中で触ってたしな」

母「男君また触りたくなっちゃみたい。幼女ちゃんどうすればいいと思う?」

幼女「わ、私はまた触らせてあげてもいい…」

母「でも男君は私のおっぱいも触りたいんですって」

幼女「そうなのか?」

男「へ?いや、えーと……」

幼女「……それはちょっとやだ」

母「ママは男君におっぱい触って欲しーなー」

幼女「…むー、今回は特別だよ?」

母「お許しが出たわよ、男君。せっかくだから幼女ちゃんのも触ってあげてね」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:30:58.74 ID:nnUfba3p0


幼女「遠慮するな。モニュモニュしたいのだろう?」

母「さぁさ、どうぞ?」

男「(エプロンの薄い布一枚挟んだ向こうにおっぱいが…おっぱいが…!)」

母「やだ、男君鼻息荒い。興奮してるの?」

幼女「胸がざわざわしてきた…はやく触って…」

男「し、失礼します…(どうにでもなれー)」

サキュバス「ただいま戻りました~……へ?」

男「…あっ」

幼女「…お?」

母「あら♪」




サキュバスのお説教は30分にもおよびました


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:37:15.25 ID:nnUfba3p0


母「サキュバスちゃん怒らせちゃったわねぇ」

幼女「ちょっと怖かったな」

男「(やっぱり俺が悪いんだろうなぁ…)」

母「一番の悪者は当然男君ね!」

男「言い訳もできません」

母「このままずるずるいくと男君死亡ルート確定かしら」

幼女「それは困るぞ!おい、今すぐ私と結婚しろ!」

男「それも困るなぁ」

幼女「私は困らない!結婚~!」

母「積極的ねぇ」

サキュバス「だーんーなーさーまー?」

男「ひっ!?包丁持って背後にたたないでくれ…」

サキュバス「愛ゆえに手元が狂うかもしれません」

男「どういう意味でしょう?」

サキュバス「言葉通りです。では、私はお料理に戻りますね」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:37:37.70 ID:nnUfba3p0


母「サキュバスちゃんも大変よね。男君は自分の行動に責任持たないとだめよ」

男「はい(軽はずみな行動は控えないとだめだよなぁ…)」

幼女「そういえばケーキはどうしたのだ?」

男「ケーキ?」

幼女「お留守番頑張ったらケーキ買ってくれるって言った」

男「(すっかり忘れてた)」

幼女「……楽しみにしてたのにぃ」

男「忘れてごめんな。今から買ってくるから、晩飯の後にみんなで食べよう」

幼女「ほんと?」

男「ああ、だから楽しみにして待ってろ」

幼女「うん!」

母「よかったわね、幼女ちゃん」

男「(お姉さんも探しに行かないとだしな)」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:38:24.34 ID:nnUfba3p0





男「(コンビニでケーキは買えたけど、肝心のお姉さんが見つからない)」

男「(何処行っちゃったんだろ…)」

子犬「くぅん…」

男「迷子か?」

子犬「はっ…はっ…」

男「腹減ってるのか?んー、ケーキあげるのはまずいしな。となるとビスコぐらいしかない」

子犬「わんわん!」

男「食べたそうだな。ほれ食うか?小麦胚芽入りだぞー」

子犬「はむはむ!」

男「(食べてるよ…)」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:38:43.94 ID:nnUfba3p0


男「(そういえば、幼女と初めて会ったのもここだっけか)」

子犬「はぐはぐ!」

男「よっぽど腹が減ってたんだな。よしよし」

母「こんなところにいたのね」

男「お母様。どうかしたんですか?」

母「二人きりのときはママって呼んでいいのよ?」

男「嫌ですよ、恥ずかしい」

母「いけずー」

男「はは…」

母「帰りが遅いから、幼女ちゃんもサキュバスちゃんも心配してるわ」

母「……ひょっとしてお姉ちゃんを探してたのかしら?」

男「ええ」

母「…そう」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:40:13.89 ID:nnUfba3p0


母「男君は優しいのね」

男「そんなことないです。優柔不断だし、雰囲気に流されやすいし」

母「そうかもね」

男「ところでお姉さんの行きそうなところに心当たりないですか?見つからなくて困ってたんです」

母「お姉ちゃんなら私のうちに戻ってるから安心して」

男「お母様のうちに?」

母「今朝泣きながら戻ってきたのよ。男君が何か意地悪したんじゃないかしら?」

男「心あたりがあるような、ないような…」

母「あんなこと初めてよ。あれはもう男君にぞっこんラブね!」

男「まさか」

母「分かるもの。親子だしね。それに……」

男「…?」

母「私が初めて好きになったのも人間だったから」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:44:43.65 ID:nnUfba3p0


男「もしかしてお姉さんや幼女のお父様もその人なんですか?」

母「どうかしらね~?」

男「あの、その人は今……」

母「もうこの世にはいないわ」

男「そう…ですか…」

母「まさか娘まで人間を好きになるなんてね。親子なんだなってつくづく思う」

男「お母様に似て二人とも美人ですよね」

母「ふふ、ありがと。男君ね、私が好きになった人間に似てるわ。いいえ、似ている気がする」

男「……」

母「500年近く前の話だから、顔もおぼろげにしか覚えてないの。歳はとりたくないものね」

男「あの、お母様?」

母「ごめんなさい、少しこのままでいさせて」

男「…分かりました」

母「……あの人も男君みたいにあたたかい人だった」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:45:05.15 ID:nnUfba3p0


母「ね、男君……」

男「はい?」

母「エッチしよっか」

男「はいぃ!?」

母「男君と抱き合ってたら、エッチな気分になってきちゃった」

男「いやいや、できませんって」

母「しようよ」

男「……っ!(胸を押し付けるのは反則だろ!!)」

母「やっぱりおばさんとじゃ嫌?」

男「そういうわけでは」

母「じゃあ、なんでかしら?うりうりー」

男「(ムネガッ!オッパイガッ!)」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:05:44.44 ID:nnUfba3p0


母「……うふふ、立っちゃったわね」

男「これは…」

母「実はこう見えてテクニックすごいのよ、私」

男「……」

母「……それに」

男「お母様?」

母「心がね、寂しいの。抱いて忘れさせて」

男「っ!」

母「男君……」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:06:06.61 ID:nnUfba3p0


男「ご、ごめんなさいっ!!」

母「男君?」

男「やっぱりできません」

母「…どうして?」

男「きっと後悔すると思うんです」

母「そう?私そんなに魅力ないかしら?」

男「ありありですよ!」

母「うふふ、ありがと」

男「後悔するのは、お母様の方です」

母「…私?」

男「一瞬は忘れることができるかもしれない。でもまたすぐに寂しくなって」

母「……」

男「悲しい気持ちになって後悔しちゃうと思うんです」

母「……そう」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:06:28.70 ID:nnUfba3p0


男「恋愛経験もない俺が言っても説得力ないんですけどね」

母「ここをカチカチにさせて言うところがまた説得力に欠けるわね」

男「さ、触らないでくださいよっ!」

母「うふふ、かわいいんだから」

男「それに中途半端な気持ちでするのはいけないと思います」

母「そう」

男「お母様とするなら結婚するぐらいの気持ちでいかないと」

母「あらあら、それは口説いてるのかしら?」

男「い、今のは言葉のあやです…」

母「あなたってつくづく面白い人間ね。ほんとにしたくなってきちゃった」

男「え?」

母「うんうん、男君の気持ちはよーく分かったわ!私男君と結婚する!」

男「えぇ!?」

母「あなた~♪」

男「離れてくださいっ!!」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:06:56.08 ID:nnUfba3p0


母「…さて、おふざけはこのくらいにしてそろそろ帰ろうかな」

男「(この人が分からない……)」

母「お姉ちゃんには私がよろしく言っておくから心配しないで」

男「はい、よろしくお願いします」

母「それじゃあね」

男「また遊びにきてください」

母「今度くるときは婚姻届を持ってくるわ」

男「お母様!!」

母「うふふ、またね」

男「……(俺も帰ろう)」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:12:00.72 ID:nnUfba3p0


男「(お母様の言ってたこと、どこまで本当なんだろ)」

男「(からかわれてただけかもな…)」

 「……」

男「(ん?あそこの街灯の下にいるのは……)」

姉「……」

男「お姉さん」

姉「う、うむ」

男「お母様ならついさっき帰りましたよ」

姉「……人間」

男「はい?」

姉「私を探していたのか?」

男「ええ」

姉「先ほどお母様から聞いたのだ。おまえが心配して私を探していると」

男「そうだったんですか」


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:12:14.00 ID:nnUfba3p0


姉「…迷惑をかけたな」

男「元々俺が悪いんですから。今朝はすみませんでした」

姉「私もやり過ぎたと反省している」

男「ならこれで仲直りですね」

姉「……うん」

男「帰りましょうか。幼女とサキュバスも心配してます」

姉「お、おい」

男「何ですか?」

姉「私と…手を繋げ…」

男「え?」

姉「……頼む」

男「分かりました」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:12:44.79 ID:nnUfba3p0


姉「……」

男「(思ったよりお姉さんの手小さいな。それに変に緊張してきた)」

姉「……」

男「(何か話さなくちゃ……でも何を……?)」

姉「……」

男「(話題が見つからん。ちくしょう、余計に緊張してきた…)」

姉「……」





122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:13:11.06 ID:nnUfba3p0


~そのちょっと前~

母「たっだいまー」

姉「…お母様」

母「あら、ようやく部屋から出てきたのね。そろそろ男君のところへ帰るのかしら?」

姉「だ、誰があんなやつのところ」

母「男君ね、お姉ちゃんのこと心配して探してたわよ」

姉「男が…」

母「男君と少し話しをしたのだけど、彼は本当に面白い人間ね」

姉「……」

母「だからお母さん男君と結婚しようと思うの!」

姉「っ!」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:13:33.77 ID:nnUfba3p0


母「お母さん年甲斐もなくときめいちゃった」

姉「で、ですが相手は人間ですよ!?」

母「心のそこから好きだと思えるなら、種族の違いなんて関係ないわ」

姉「……」

母「あなたは男君のこと嫌い?」

姉「私は……」

母「素直になりなさいな。じゃないとほんとに結婚しちゃうんだから」

姉「……」





125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:19:28.26 ID:nnUfba3p0


男「お姉さん?」

姉「す、すまん。ぼーっとしていた」

男「珍しいですね。何を考えてたんですか?」

姉「……」

男「言いにくいことならいいんです」

姉「おまえのことだ」

男「俺?」

姉「なぁ、私と手を繋ぐのは嫌か?」

男「そんなことないですよ」

姉「そ、そうか……」

男「え、ええ」

姉「……私は」

男「……?」

姉「私は男と手が繋げて嬉しいぞ」

男「っ!」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:19:46.49 ID:nnUfba3p0


姉「男?」

男「あ、えっと、お姉さんかわいいなーなんて…」

姉「か、からかうんじゃない…」

男「本当にそう思ったんですよ」

姉「ふん!」

男「ひょっとして照れてます?」

姉「……少し」

男「(うつむいてモジモジしてるお姉さんかわいい)」

姉「と、ところで人間!今日の夕食はなんだ!?」

男「今日はカレーですよ。デザートにケーキ買ったんでみんなで食べましょう」

姉「ケーキか。悪くないな」

男「食べさせてあげましょうか?」

姉「う、うるさい馬鹿者っ!」

男「あはは」


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:19:59.40 ID:nnUfba3p0


女「やぁ」

男「なんでいる」

女「遊びにこいと言ったろう?早速遊びにきたわけだ」

男「なにも今日こなくたって…」

幼女「あ!男、お姉ちゃんお帰りなさい!モシャモシャ」

サキュバス「お帰りなさいませー。モグモグ」

姉「おまえら何を食べているんだ?」

幼女「チョコパイ!これはやばいぞ!激やばだぞ!?」

サキュバス「そうです!激やばですぅ~」

男「食べ物で釣ったのか」

女「気に入ってもらえてなによりだよ」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:20:15.47 ID:nnUfba3p0


姉「わ、私はそんなものに興味はないぞっ」

女「お姉さんですね。初めまして、女です。これをどうぞ」

姉「だから私は……」

女「そうおっしゃらず。とてもおいしいのですよ」

姉「……ゴクリ」

女「周りはチョコでコーティング。中はクリームがたっぷりサンドされてます」

姉「チョコでクリームがたっぷり…!」

女「ささ、遠慮なさらずがぶりといっちゃってください」

姉「し、仕方ないな。捨てるのは勿体ないからな、頂くとしよう」

男「(すごい嬉しそう…)」

女「…いかがでしょう?」

姉「おいしい!これはとてつもなくうまいぞ!?男も食べてみろ!!」

男「どうも」

女「ふふ……」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:20:30.75 ID:nnUfba3p0





女「ご馳走様。サキュバスさんのカレーは絶品だったよ」

サキュバス「ありがとうございます~」

幼女「女が持ってきたチョコパイもすっごーくおいしかったぞ!」

サキュバス「私あんなおいしいお菓子初めて食べました」

姉「うむ、あれはいいものだ」

女「ふふ、それは良かった」

男「(すっかり馴染んでるな)」

幼女「さて、お腹も膨れたことだしそろそろ…」

男「寝るのか」

幼女「デザートに決まっているだろ!ケーキだケーキ!!」

女「おや、ケーキまであるのかい?なんだか悪いな」

男「おまえのはない」

女「……」

男「俺の分をどうぞ」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:26:23.26 ID:nnUfba3p0


姉「ふむ、初めて食べるがこのケーキも悪くないな」

サキュバス「濃厚でおいしーですー」

女「チーズケーキはベイクドに限るねぇ」

男「(俺のケーキ…)」

幼女「……」

男「どうした幼女。うまくないか?」

幼女「すごーくおいしい!だから男も一緒に食べるの!」

男「(膝の上に座ったと思ったら、そういうことか)」

幼女「私が食べさせてあげるからな!ほれほれ、口を開け」

男「あーん」

幼女「…どうだ?」

男「うまい」

幼女「そうかそうか!もう一口だ、あ~」

男「あ~…」

女「……」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:26:56.94 ID:nnUfba3p0


幼女「ぬふふ♪」

男「膝の上で暴れるなよ」

幼女「よいではないか~。私と男の中だろう!」

男「甘えんぼさんめ」

幼女「男にしかしないも~ん」

姉「(私も甘えたいなぁ……)」

サキュバス「(だ、旦那様のお膝の上で…えへへ…)」

女「男……」

男「ん?なん……っ!!」

女「……チュ」

姉「なっ!!」

サキュバス「(お、女様と旦那様がキスを!!)」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:27:13.95 ID:nnUfba3p0


男「ん……。いきなり何すんだ!」

女「何って口移して食べさせてあげたんだ。私のフォークを使ったら間接キスになってしまうからね」

男「間接もなにも直接じゃないか!」

女「おや、気付かなかったよ。ふふ」

幼女「今なにをしたのだー?」

男「な、なんでもない」

女「私のチーズケーキ、おいしくなかったかい??」

男「っ!!」

幼女「むむ?なんかお尻にかたいものがあたるぞー」

姉「(そ、それって……)」

サキュバス「(わ、私だって!!)」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:27:35.24 ID:nnUfba3p0


サキュバス「だ、旦那様……」

男「な、なに?…ってなんだ服脱いでるんだよ、サキュバス!」

サキュバス「実は胸の間にチーズケーキが落ちてしまって」

男「(おかしいだろ!絶対おかしいだろ!!)」

サキュバス「捨てるのも勿体無いので、旦那様に召し上がっていただきたいのですが」

男「(サキュバスの大きな胸に包まれてるチーズケーキが憎い)」

サキュバス「んぁ…冷たくて気持ち悪いです…どうか、どうか早く召し上がってください」

男「(もうこのままサキュバスごと食っちまうか。サキュバスのたゆんたゆんのスイカップごとを…!)」

サキュバス「旦那様ぁ……」


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:27:48.59 ID:nnUfba3p0


幼女「私が食べるー♪」

サキュバス「ひゃん!」

男「っ!!」

幼女「んむ…ペロペロ…はむはむ…」

サキュバス「やん!ペロペロしちゃだめだよぉ、幼女ちゃん」

幼女「こうしないと…全部食べられない…チュプ…」

サキュバス「はぁ…はぁ…んん!」

男「(食べ損ねたけど、これは…)」

サキュバス「んぁあ!そこだめぇええ!!」

男「(イイ!)」


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:28:05.89 ID:nnUfba3p0


女「消極的かと思いましたがサキュバスさんは意外と大胆なのですね、お姉さん」

姉「……」

女「……?」

姉「(私の胸じゃ挟めない)」

女「(胸を触りながらうつむいてる。小さいのを気にしてるのかな?)」

姉「……ぐすん」

女「……(お姉さんもかわいいところがあるのだな、ふふ)」

サキュバス「そこだめぇえ!!」


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:33:13.51 ID:nnUfba3p0


~その夜~

男「(女のお陰でいつもの倍疲れた気がする)」

女「ん……zzz…」

男「(結局泊まっていくことになっちゃったし。寝込みを襲われそうで怖い)」

男「(何もないことを祈って寝よう。さすがに眠気が限界だ……)」

男「……zz」





139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:33:32.07 ID:nnUfba3p0


男「(ん……?なんだか、身体が重い…)」

 「……っ」

男「(ま、まさか金縛り!?)」

 「男……」

男「(この声は…)」

姉「男ぉ」

男「お、お姉さん?」

姉「ん…ようやく起きたか…」

男「どうしたんですか」

姉「だって、ずるいじゃないか。私だって男に甘えたかったんだ」

男「(ケーキ食べてたときのことか)」

姉「男の身体はとてもあたたかいのだな。こうしてくっついていると心もポカポカする」


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:33:45.31 ID:nnUfba3p0


姉「なぁ……」

男「なんでしょう?」

姉「お願いがあるんだ」

男「……(どきどき)」

姉「男の血が飲みたい」

男「俺の?」

姉「だめだろうか…」

男「……しょうがないですね(断ったら後が大変だしなぁ)」

姉「ほ、本当か?」

男「ただし、飲んだらすぐ寝るんですよ」

姉「わ、分かった。約束する」

男「…どうぞ」

姉「…ああ」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:34:06.45 ID:nnUfba3p0


姉「はぷっ!」

男「っつ!!」

姉「……ん…ん」

男「(しがみついて、夢中で吸ってる。やっぱりお姉さんかわいいな…)」

姉「んっんっ!」

男「くっ!」

姉「ぷはぁ!す、すまん。おいしかったからつい飲みすぎてしまった」

男「俺の血はそんなにおいしいんですか?」

姉「…うん」

男「お菓子ばっかり食べるからですかね?はは」

姉「口開けて」

男「はい?……っ!?」

姉「ん……おいしいだろう?」

男「(お姉さんの唾液と俺の血で口内が満たされていく……)」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:34:24.33 ID:nnUfba3p0


男「ゴホッ!ゴホッ!」

姉「人間には分からないか。あぁ、舌が血で真っ赤になってしまったな」

男「はぁ…はぁ…」

姉「私がきれいにしてやる」

男「……っんむ!?」

姉「ジュブ!ジュジュ!ヌチュ…クチュ…」

男「っ!!(ぐっ!舌がお姉さんに吸い上げられて食べられちゃうみたいだ)」

姉「ふふ、おいしいぞ男の舌」

男「お、おねえさ…」

姉「さっきの約束だけどな…すまないが守れない…」

男「え?」

姉「このまま寝られない。私を抱いてくれ」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:34:38.13 ID:nnUfba3p0


男「お姉さん…」

姉「おまえが好きなんだ。もう意地を張って我慢なんてしたくない」

男「で、でも…」

姉「じ、実を言うとな。わ、わ、私は…その…なんだ」

男「え?」

姉「しょ、処女なんだ。今まで見栄を張ってた…」

男「そうだったんですか」

姉「だからおまえにやる。…いや…も、もらって欲しい」

男「……」

姉「お願い、男……」


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:39:20.42 ID:nnUfba3p0


男「お、俺はその…」

姉「……」

男「うまくは言えないんですが……(あれ?)」

姉「……ん…男ぉ…zzz」

男「(寝てる…。血を吸ってお腹一杯になったからかな。さすが幼女のお姉さん)」

姉「…むにゃむにゃ」

男「(……トイレで抜いてくるか)」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:39:44.48 ID:nnUfba3p0


男「ふぅ、トイレだけが安息の空間だぜ」

男「すっきりしたところでそろそろ寝るかな」

女「やぁ」

男「なんで…トレイの前に…」

サキュバス「こんばんはーですー」

男「サキュバスまで」

女「あんな濃厚な物を見せ付けられたらねぇ?」

サキュバス「興奮して寝ていられないですよー」

男「(お姉さんとの見てたのかよ)」

女「本番まで行くのはお姉さんにも忍びないから、そこまではしないよ」

サキュバス「でもでもちょっとエッチな目にあってもらいます」

女「君の睡眠時間をこれ以上削るのもあれだからね、二人いっぺんに相手してもらおう」

サキュバス「覚悟してくださいね、旦那様♪」


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:39:59.50 ID:nnUfba3p0


~次の日~

母「おっはー!早速遊びに来ちゃったわよ、男く~ん♪」

男「…………」

母「あら?」

幼女「おはよー!」

母「幼女ちゃんお早う。男君げっそりしてるんだけど、何かあったのかしら?」

幼女「朝起きたらこうだったぞ」

姉「わ、私も知りません」

サキュバス「私もです~」

女「お早うございます、お母様。私は男の幼馴染で女と言います」

母「あらあら、よろしくね。うふふ、女さんてとびきりの美人ね」

女「いえ、お母様には負けますよ」

母「やだわ、もう~。こんないい子が多いと油断してたら男君取られちゃうわね!」

女「それはどういう意味でしょう…」


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:40:21.59 ID:nnUfba3p0


母「ジャジャーン!私と男君の婚姻届でーす!私たち結婚します!」

姉「えぇ!?」

サキュバス「そんな!いくらお母様でもだめです!!」

母「種族と年齢の壁を突き抜けて、いくとまでいっちゃうの~♪」

幼女「やぁ!男は私と結婚するの~!!」

姉「わ、私とするのです!」

母「うふふ、今さら素直になっても遅いのよ!」

サキュバス「うぅ!私も結婚したいですぅ~!!」

女「……はは、これはまた騒がしくなるね」


大家さんが静かにしろと怒鳴り込んでくるのはこのすぐ後

俺に初めての彼女ができるのはもう少し後の話だ

……続きはまたの機会に


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:40:55.01 ID:nnUfba3p0


                「男!!」


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:41:22.98 ID:nnUfba3p0


男「……ん?」

幼女「今日は海に行く約束だろう!?みんな支度が終わって外で待っているのだぞ!」

男「ああ、すまん少しぼーっとしてた」

幼女「全く、おまえはだらしのないやつだな。何を考えていたのだ?」

男「おまえと出会ったときのことだよ」

幼女「むぅ…、昔に思いを馳せるのもいいが今は海だ!海!!」

男「分かってるって。近くで夏祭りもやるらしいからな、それも見よう」

幼女「祭りか~。おいしいものいっぱいあるといいな~」

男「いっぱいあるぞー。それに、楽しいこともいっぱいだ」

幼女「ぬふふ、今から楽しみだな♪」

男「ああ……」

こんな日常がこれからも続いていくのだけど……

さすがにもう語る必要はないように思う。色々とごたごたはあるだろうが

最終的には予想通りの結末に落ち着くに違いない。だからこの話はここでおしまいだ

ハッピーエンドで終わると分かっている物語ほどつまらないものはないのだから


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:46:10.31 ID:at04Mrwm0


おつおつ


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 06:49:50.19 ID:vMWHNANs0


まとまってグダらなかったし楽しめたぜい



    スポンサーサイト幼女「ヴァンパイアなのー!!」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。