スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「ケツだせ」男の娘「ごめんなさい、ごめんなさい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/07/31 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:15:20.91 ID:68L7BGhA0


男「暇だな~、夏休みだからって実家に帰ってるんじゃなかった」

男「まあ家に居てもやることなんてないけどねw」

男「エロゲでもしよう。男の娘か・・・どれどれ」

ブーン


母「男~、幼馴染ちゃんぐらいには挨拶しときなさいよ」

男「今度会ったら話すよ」

母「あんた家から出ないじゃない」

男「うっせ」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:16:03.32 ID:68L7BGhA0


男「・・・」カチカチ

男「・・・」カチカチ

男「・・・ふぅ」

ブーン

母「男ー、ちょっと話があるんだけど」

男「なに?」ボリボリ

母「親戚の男の娘くんいたでしょ」

男「ああ、むかーし遊んだことあったっけ」

母「明日から泊まりにくるから相手しなさいよ。どうせ暇なんでしょ」

男「めんどくさいなー」

母「あの子昔はあんたによく懐いてたじゃない。尊敬されてたわよ」

男「そうだったっけ?」

母「電話であんたがいる時期を詳しく聞いてたから、たぶんあんたに会うの楽しみなんでしょ。いいお兄さんになってあげなさいよ」

男「尊敬されてたのかー。しょうがないなぁ、いいお兄さんやってあげますかw」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:18:03.52 ID:68L7BGhA0


ピンポーン

男の娘「こんにちわ。お世話になります」

母「いらっしゃい」

男「ひさしぶり」

男の娘「ああ! お兄さん。お久しぶりです!」

男「元気だった?」

男の娘「はい! おにいさんに遊べるのすごく楽しみにしてました」

男「ほんとかぁ?w じゃあ、こっちにいる間はお兄さんがずっと遊んであげよう」(そんなに尊敬されてたのか。なんか嬉しいなw)

男の娘「ありがとうございます///」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:19:05.44 ID:68L7BGhA0


男の娘「おにーさん。川に行きましょう!」

男「かわ? 外は暑いから家でゲームでもしてようよ」

男の娘「昔遊びに来たとき魚とり教えてくれたじゃないですか! すごく楽しかった」

男「ああ、そういえばそんなことも。じゃあ行こうか」

男の娘「はい!」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:20:06.27 ID:68L7BGhA0


川 サンサン

男「ここで見てるから適当に行ってきなよ」

男の娘「わーい。魚がいっぱいだー。あっ冷たい」パシャパシャ

ジージー

男「暑いな」

男の娘「たしか、岩の下にいっぱいいるんだよね。・・・いた!このっ!」パシャバシャ

ジージー

男「暑い」

男の娘「あはは。あーまた逃げられた!」

男「かえろっかな」

男の娘「おにーさん、そっちから追ってくださいよー」

男「ああ、うん。行くぞー」バチャバチャ

ジージー


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:22:30.18 ID:68L7BGhA0


男「あー、疲れた」

男の娘「濡れちゃいましたね。あはは」

男「そうだね。帰ろうか」

男の娘「はい!」

男の娘「おにーさん。帰りに駄菓子屋行きましょう」

男「駄菓子屋? それよりもっと近くにクーラーの効いてるコンビニが」

男の娘「昔食べた青りんごもちの味が忘れられなくて」

男「・・・わかったよ、じゃあ行こうか」

男の娘「はい!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:24:41.22 ID:68L7BGhA0


男「」トコトコ

男の娘「・・・そういえばお兄さん」トコトコ

男「ん?」

男の娘「今日は僕の相手してくれてますけど迷惑じゃありませんか?」

男「ははは、大丈夫だよ。どうせこっちにいるときは遊ぶ相手もいなくて暇だし」

男の娘「そう、ですか。じゃあ普段は」

幼馴染「あーー!! 男!」

男「げっ、幼馴染」

幼馴染「あんた帰ってきてたなら連絡しなさいよ」

男「あー、ごめんごめん。じゃあ俺急いでるから」イソイソ

幼馴染「なによー。どうせ家に引きこもってるんでしょ。ね、いつまでいるの? 今度家に遊びに行くからね」

男「こもってないし、普段は実家にはいないからきても会えないよ」

幼馴染「またそんなこと言って・・・って、あれ? その子は?」

男「今遊びに来てる親戚の子だよ」

男の娘「どうも」ペコ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:26:49.50 ID:68L7BGhA0


幼馴染「礼儀正しい子ね。こんなやつの親戚なんて残念ねー、ろくに遊んでくれないでしょ」

男の娘「お兄さんはやさしいですよ」ボソ

幼馴染「えっなにか言った?」

男「? それより、お前こんなところで何してるんだよ」

幼馴染「ああっ、おばあちゃんにおつかい頼まれてたんだった。とにかく! 夜家に電話するからね、ちゃんと出なさいよ」

男「いえ電なんて使わねーよ、携帯にかけてこい。ほら」

幼馴染「えっ なに?」

男「携帯番号。夜かけてくれたらいいから」

幼馴染「うん! うん///」コクコク

男「じゃあ、またな」トコトコ

幼馴染「あ、ありがとね///」

男「?」

男の娘「・・・」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:28:24.09 ID:68L7BGhA0


夜 リーンリーン

男の娘「おにーさーん。金曜ロードショー始まりますよ」

男「はいはい」

男の娘「今日は魔女の宅急便です。見たことありますか?」

男「あるよ。面白いよー」(もう何度目だよ)

母「スイカ切ったわよー」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:29:37.02 ID:68L7BGhA0


母「・・・」シャリシャリ

男の娘「わぁ、飛行機だぁ」

男「・・・」(とんぼうぜえ)シャリシャリ

母「そういえば」シャリシャリ

男「ん?」

母「裏の川にホタル出てるから後で男の娘ちゃんと見てくれば?」

男「めんどくさいよ、蚊も出るし」

母「綺麗よ~。川に光が映ってぽつぽつ広がっていくんだから」

男の娘「見たい! 見たいです、おにいさん行きましょう!」

男「これが終わったらね」

男の娘「はい!」

リーンリーン


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:31:30.35 ID:68L7BGhA0


映画終了

男の娘「zzz」

母「寝ちゃったわね」

男「部屋に運んでくる」カツギ

母「客間よ」

男「はいはい」

トゥルルルルル

母「どこ行くの?」

男「蛍見てくる」

母「いってらっしゃ~い。川に落ちるんじゃないわよ~」

トゥルルルルル

幼馴染「出ないし!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:33:44.07 ID:68L7BGhA0


ピロロロロロ

男の娘「おはよーございます!」

男「あぁ、うん、おはよう zzz」

男の娘「起きてください。もう8時ですよ」ユサユサ

男「zzz」


母「あら、起きたのね」

男「なんで男の娘が起こしにくるの?」ユラユラ

母「私が起こしてもあんたいつも起きないじゃない」

男「はーあ」ムニャムニャ

幼馴染「おはよ!」

男「・・・なんでいんの?」

幼馴染「ぐ、ぐうぜんおばさんに用事があったから寄ったのよ! そしたらおばさんが食べていきなさいって///」

男「ああそう」ボリボリ


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:35:32.22 ID:68L7BGhA0


男「・・・ゴーヤかぁ」モグモグ

幼馴染「・・・」ジー

男「なんだよ?」

幼馴染「おいしいかなって思って」

男「おいしいよ」モグモグ

幼馴染「そ、そう。よかった///」

男「?」モグモグ

男の娘「・・・」

母「今日はどうするの? 男の娘ちゃん行きたいとこある?」

男の娘「裏の山に虫を捕りに行こうと思ってます。ね、おにいさん」

男「裏山かぁ」ズー


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:37:31.21 ID:68L7BGhA0


幼馴染「裏山いくの? 私もついてってあげようか」

男の娘「えっ いや、でも」

男「二人で行ってきてよ。俺は家にいたいから」

男の娘「ええっ、それは」

幼馴染「だめよ!」

男「えぇ、なんで?」

幼馴染「あ、あんたの親戚でしょ? 私には責任持てないわよ」

男「そっかぁ」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:39:19.35 ID:68L7BGhA0


山 ミーンミーン

幼馴染「そっちの崖は岬に落ちちゃうから行っちゃダメよ」

男の娘「はい」

男「あの木のあたりにはたくさんいると思うから行って来い」

男の娘「わーい」ダー

ミーンミーン

幼馴染「いつ帰ってきてたのよ」

男「この前」

幼馴染「いつまでいるの?」

男「しばらく」

幼馴染「向こうはどうなの? 楽しい」

男「ぼちぼち」

幼馴染「そう」

男「うん」

ミーンミーン


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:41:21.11 ID:68L7BGhA0


幼馴染「か、彼女とか・・・できたの?」

男「はぁ?」

幼馴染「都会の大学行ったんだから、その」

男「都会に行けば誰でもリア充になれるわけじゃないよ」

幼馴染「リア充?」

男「なんでもないよ」

幼馴染「できてないんだ」

男「うるさいな。普通に生きてたら彼女なんかできないよ」

ミーンミーン

幼馴染「・・・・・・」

ミーンミーン

男「・・・・・・暑い」

ミーンミーン


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:43:33.95 ID:68L7BGhA0


幼馴染「・・・あのさ、じゃあさ、わたしが」

男の娘「おにーさーん!! カブトムシ採れました!」

幼馴染「!!」ビクッ

男「おお、でかいのがいたなー」

男の娘「はい! ぼく生で見るの生まれて初めてです」ウネウネ

幼馴染「裏がグロいのよね」

男の娘「うわぁ、ほんとだ」ウネウネ

男「こんなにかっこいいのに」ツンツン

ミーンミーン


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:44:47.28 ID:68L7BGhA0


男「で?」

幼馴染「なによ」

男「さっきの続きは? なんか言い掛けたじゃん」

幼馴染「なにが?」

男「?」

ミーンミーン

幼馴染「・・・・・・うるさいわね」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:46:36.77 ID:68L7BGhA0


夜 リーンリーン

男「さて、おかんも寝たし」

男「続き・・・しよう」

ブーン

男「・・・」カチカチ

男「・・・」カチカチ

リーンリーン

男「そろそろ」ヌギヌギ

男の娘「おにーさん!!」

男「うわぁぁああああああああああ!!!」ガラガラドッシャーン


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:48:54.21 ID:68L7BGhA0


男の娘「ど、どうしたの?」

男「はぁはぁ」ウツブセ

男の娘「おにいさん?」

男「はぁはぁ、ど、どうしたの?」
  (おかんが寝たから油断してた。焦ってうつ伏せに倒れたけど見られてないよな)ドキドキ

男の娘「ちょっとお話したくて・・・」

男「そうか、よし。聞くよ。・・・話せ」

男の娘「は、はい。あの、起きたら? パソコン下敷きになってるし」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:50:56.26 ID:68L7BGhA0


男「いや、この状態で聞くよ。落ち付くんだ」カムカム

男の娘「そ、そう。じゃあ」

男の娘「さっきたんぼでカエルが~~」

男の娘「電灯にカブトムシが~~」

男の娘「タヌキが~~」

男の娘「お風呂が~~」

男「うんうん」(どうでもいいことばっかだな)

男の娘「こんなに楽しいのは初めてです」

男「そうか、よかった」

男の娘「実はここに遊びに来るの少し不安だったんです」

男の娘「お兄ちゃんが忘れてるかもって思って」

男の娘「でも、覚えてくれてて、優しくて」

男「そうか、よかったね」(お腹が熱くなってきた)


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:53:02.70 ID:68L7BGhA0


男の娘「ぼくね、学校でも友達少ないし」

男の娘「家でも親はいつも仕事だからこんなに遊んだことなくて」

男の娘「今までさびしかったんです」

男「よしよし、ここにいる間はついててやるから元気出せ」ナデナデ

男の娘「ぼくのこと、大事ですか?」

男「もちろん。大切な弟だよ」ナデナデ

男の娘「はい。ありがと――それ」

男「ん? あっ」

エロゲ[あんあん]

男「」

男の娘「」ジー

リーンリーン


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:55:41.93 ID:68L7BGhA0


男「いや、これは」(しまったぁぁ、しかもよりにもよって男の娘とのエッチシーンじゃねーかぁぁ!!!)

男の娘「なんです? それ」

男「なんでもないよ」アセアセ

男の娘「消さないで!」

男「」ビクッ

男の娘「それ、この人たちなにしてるんですか? これ、絵、ですよね?」

エロゲ[あんあん]

男の娘「それに、これ、男同士・・・」

男「これは、その」(どうすればいいんだ・・・いいお兄ちゃん的には一体)


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:57:12.72 ID:68L7BGhA0


男の娘「おにいさん。昔遊んだとき僕にいろいろ楽しい遊び教えてくれましたよね」

男の娘「川で魚とりだったり、カブトとりだったり」

男の娘「だから、今度も教えてほしいんです」

男「・・・」(いいお兄ちゃん的にはいいお兄ちゃん的には・・・)

エロゲ[あんあん]

男の娘「ねえ、おにいさん・・・」

リーンリーン

男「・・・わかった」

男の娘「!!」

男「教えて・・・やるよ」

男の娘「うん///」ドキドキ


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:58:29.90 ID:68L7BGhA0


男「マウスをクリックすると先に進むから」

男の娘「うんうん」カチカチ


男「ま、いいよな。俺だって初めてAVみたのはあのくらいの年齢だし。性教育、性教育」

男の娘「・・・」カチカチ

男「…」

リーンリーン

男の娘「・・・」カチカチ

リーンリーン

男「・・・寝よ」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:01:17.45 ID:68L7BGhA0


朝 ピロロロロ

男「うーん」ゴロゴロ

男「ん?」ムニュ

男の娘「zzz」

男「・・・」ムクリ

男「ふぁーあ」ノソノソ


母「あら、おはよう。早かったのね」

男「うん」

母「男の娘くんまだ寝てるから起こしてきて、客間よ」

男「なんか昨日俺の部屋で寝たっぽい」

母「あんたの部屋ふとんひとつしかないでしょ、運んだの?」

男「同じ布団で」

母「そう、仲良しねw とにかく起こしてきて」

男「はいはい」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:03:24.79 ID:68L7BGhA0


男「おーい、起きろー」バサッ

男の娘「ふぁ、お・・・にい・・・ちゃん」オメメゴシゴシ

男「昨日、遅くまでやってたんだろ。不健康だから二度とパソコンには」

男の娘「おにいちゃん!!」ダキツキッ

男「!!?」

男の娘「おはよう! おにいちゃん!」

男「おはよう。ごはんできてるぞ」

男の娘「うん! 行こう」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:05:42.01 ID:68L7BGhA0


食卓

母「あらら、そんなにくっついて、二人とも仲良しねw」

男「まあ」

男の娘「うん!///」ギュ

男「」モグモグ

男の娘「おにいちゃん///」ヒッツキ

母「・・・食べ辛くないの?」

男「辛い」モグモグ


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:07:22.63 ID:68L7BGhA0


食後

男「そろそろ、離れて」

男の娘「え~、でもぉ」ギュ

男「どうしたの? 急に」

男の娘「なにが?」

男「急にスキンシップが激しくなったような」

男の娘「だって、昨日おにいちゃんから教えてもらったゲームにはこんな風に書いてあったし」

男「あれはゲームだから。それに腕を組むって言うのはちょっと」

男の娘「でも、おにいちゃん、ああいうのが好きなんだよね?」

男「だから、あれは現実じゃなくて」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:09:29.17 ID:68L7BGhA0


男の娘「そう・・・ですか・・・」

男「そうそう、現実との区別はつけないとね」

男の娘「そう・・・ですね」

男「わかってくれてえらいぞ」ナデナデ

男の娘「・・・」

ジージー

男「それと俺があんなゲームやってたのはくれぐれも秘密にしておいてね」

男の娘「はい・・・」シュン

男「・・・」(なんか元気なくなったな・・・)

ジージー


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:11:55.68 ID:68L7BGhA0


男の娘「あの」

男「ん?」

男の娘「迷惑でしたか?」

男「そんなことないけど」

男の娘「嫌いに・・・なりましたか?」

男「ならないから。別に普段通りだよ」

男の娘「普段通り・・・よかった///」

幼馴染「おっはよー!」

男「勝手に入ってくるなよ」

男の娘「・・・どうも」

幼馴染「なによー、二人とも元気ないわね」

男「なんか用?」

幼馴染「用ってわけじゃない・・・ケド」

男「なにしにきたの」

幼馴染「ええと、そうだ! 男の娘くん、泳ぎたくない!?」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:13:40.68 ID:68L7BGhA0


男の娘「泳ぎ・・・ですか」

幼馴染「そうそう、山の裏に岬が有るんだけど行ってみない?」

男の娘「でも、その」フルフル

幼馴染「あんたもきなさいよ。見張りなんだから」

男「えー、やだよ。あそこ近くの高校生とかいるじゃん」

幼馴染「だからなんなのよ」

男「絡まれたらどーすんだよ。怖い」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:15:46.41 ID:68L7BGhA0


幼馴染「大丈夫よ。みんな知ってる子たちだから」

男「だから嫌なんだよ。それに俺、泳げないし」

幼馴染「あんたまだ泳げないの!? だっさいわねw」

男「都会人には関係ないスキルなんだよ」

幼馴染「しょうがないから私が教えてあげるわよ。さ、行きましょう」グイグイ

男「引っ張るなよ。男の娘、どうする?」

幼馴染「あっ、そうね。男の娘くん行きましょう。楽しいわよ」

男の娘「・・・はい」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:18:21.77 ID:68L7BGhA0


岬 サンサンキラキラ

男の娘「すごい! 魚がいっぱいる! わーい」バシャバシャ


幼馴染「そこで腕を廻して! こうよ、こう」

男「ぶはぁっ、あー、もう無理」ブルブル

幼馴染「まだ顔つけただけじゃない、なんでそんなに水を怖がってるのよ」

男「・・・」

幼馴染「そこ足着くのよ? まったく、本当にチキンなんだから」

男「・・・」ジャブジャブ

幼馴染「そんなだからいつまでたっても彼女の一人もできないのよ」

男「・・・」トコトコジャブジャブ

幼馴染「どこいくの!?」

男「上から見とく。男の娘、溺れたらやばいし」

幼馴染「大丈夫よ。あの子のほうがよっぽど見てて安心だわ」

男「・・・」ジャブジャブトコトコ

幼馴染「ちょ、待ちなさいよ」ジャブジャブ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:20:27.26 ID:68L7BGhA0


男「なんだよ。ついてくんなよ」

幼馴染「大丈夫だって。ね? 練習しよ」ガシ

男「ジュース買ってくんだよ。男の娘見といてくれ」

幼馴染「あぁそう、わかったわ。いってらっしゃい」

男「・・・・・・買ってきてほしいものある?」

幼馴染「えっ えーと、ポ、ポカリ///」

男「わかった」ジャブジャブ

ジャブジャブ

幼馴染「ふふ」


男の娘「・・・きれいだなー」プカプカ


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:22:41.59 ID:68L7BGhA0


男家縁側

男の娘「おいしいですね」シャリシャリ

男「スイカばっか」シャリシャリ

幼馴染「文句言わないでよ。これ私の家の畑で採れたやつなんだから」シャリシャリ

男の娘「おいしいです」シャリシャリ

幼馴染「ありがと。 そういえば男、おばさんは?」

男「ああ、明日祭りがあるらしいからその準備だって」シャリシャリ

幼馴染「ふーん」シャリシャリ

男の娘「・・・」シャリシャリ


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:25:23.98 ID:68L7BGhA0


幼馴染「そうだ! 男、明日のお祭り一緒に男「やだ」

幼馴染「な、なによ! どうせ暇なんでしょ!?」

男「行ってもろくなことないよ。暑いし、盛り上がらないし、参加してるのはDQNと年寄りだけだし」

幼馴染「DQN?」

男「とにかく行かない」

幼馴染「そんなこと言わないでさ。ほら、男の娘くんも行ってみたいでしょ?」

男の娘「ぼくはおにいさんが嫌なら別に・・・」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:27:40.71 ID:68L7BGhA0


幼馴染「地元の子供は私も男も昔から参加してたのよ。いわば私たちの夏はあの祭りで作られてたのよ!」

男「そんな大層なものじゃ」

男の娘「おにいさんの夏・・・」

幼馴染「どう? 行ってみたいでしょ」

男の娘「はい! ぜひおにいさんと二人で行きたいです」

幼馴染「三人よ。決まりね」

男「ちょ、ちょっと待って。マジで行くの?」

幼馴染「そうよ! もう決まりだからね!」

男「え~」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:30:21.36 ID:68L7BGhA0


夜 リーンリーン

男の娘「あの」

男「ん?」

男の娘「ありがとうございます。ぼくのために嫌がってたお祭りにまで行くって約束してくれて」

男「いいよいいよ。別に嫌がってたわけじゃないし」

男の娘「今日もその・・・一緒に寝ていいですか?」

男「同じ布団でってこと?」

男の娘「はい。ダメでしょうか」

男「まあ、いいけど」

男の娘「やった! ありがとうございます」

男「先に寝といて、俺後で風呂入って寝るから」

男の娘「はい」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:32:28.02 ID:68L7BGhA0


男「・・・」ポリポリ(よっぽど普段寂しい思いをしてるのかな)

母「あらどうしたの?」

男「今日は客間で寝るよ」

母「あら 今日も男の娘くんと一緒に寝るんじゃないの?」

男「そんな子どもみたいなことできるか」

母「そうねw」



リーンリーン

男「zzz」

男の娘「こないから変だと思ったらこっちの布団にいたんですね」

男「zzz」

男の娘「おにいさん・・・ぼくの・・・」モゾモゾ

リーンリーン


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:35:03.99 ID:68L7BGhA0


ピロロロロロ

男「ふぁ」

男の娘「おはようございます」

男「ああ、おはよう」

男の娘「ごはんできてますよ」

男「すぐ行くよ」ボリボリ

朝食

母「お祭り来るんだって?」

男「うん」モグモグ

母「なにもないわよ?」

男「知ってるよ」モグモグ

男の娘「ぼくがおにいさんに頼んだんです。ぜひ一度お祭り行ってみたくて」

母「そうなの。よかったわね、男の娘くん」

男の娘「はいっ」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:37:05.52 ID:68L7BGhA0


母「何時ごろくるの?」

男「夕方」モグモグ

母「連れて行ってあげようか?」

男「幼馴染が夕方に迎えにくるらしいから、それまで男の娘とゆっくりするよ」

母「そう。じゃあ私は本部にいるから顔出しなさいよ」

男「はいはい」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:39:53.62 ID:68L7BGhA0


散歩中 ジリリリ

男「あ~、食った食った」ブラブラ

男の娘「おにいさんっ 下水にサンショウウオがいますよ!」

男「汚いから触っちゃだめだよ」

男の娘「はーい」

ジージー

男「あっついな~」

近所のおばちゃん「あら、男ちゃんじゃない。久しぶりねえ」

男「こんにちわ。それじゃ」

男の娘「」ペコ

近所のおばちゃん「しばらく見なかったけど、どうしてたの?」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:42:35.52 ID:68L7BGhA0


男「・・・大学に行ってまして」

近所のおばちゃん「お母さんから聞いてるわよ~、都会の大学なんだって? すごいわね~」

男「・・・はい」

近所のおばちゃん「お母さんはいつも男ちゃんの話してるわよ、自慢の息子だって。それに男前ね~」

男「・・・はあ」

近所のおばちゃん「昔からかっこいいって評判だったけど、一段とかっこよくなったんじゃないw」

男「・・・」

近所のおばちゃん「都会では彼女いるんでしょ?」

男「・・・いや」

近所のおばちゃん「やだね、変なこと言ってw ごめんなさいね」

男「いえいえ」

男の娘「・・・」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:44:37.58 ID:68L7BGhA0


近所のおばちゃん「あら、そっちの子は・・・もしかして彼女?」

男の娘「ええっ!?///」

男「親戚の男の子です」

近所のおばちゃん「あらやだw 男の子だったのwごめんなさいね、あんまりかわいいからw」

男の娘「彼女って///」

男「もう行きますから」

近所のおばちゃん「引きとめちゃってごめんね。お母さんによろしく言っておいて」

男「はい」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:47:15.70 ID:68L7BGhA0


男「はあ、だからあんまり出歩きたくないんだよなぁ」トコトコ

男の娘「いい人でした」トコトコ

男「そうかな」

男の娘「あの、おにいさん」

男「ん?」

男の娘「彼女・・・いないんですか?」

男「・・・うるさい」

男の娘「おにいさんかっこいいのに」

男「やめて」

男の娘「ごめんなさい」ウル

男「いや、別にいいけど」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:49:21.65 ID:68L7BGhA0


男の娘「あの、その、さっきあの人が言ってたことどう思いますか?」

男「言ってたことって?」

男の娘「ぼくのことです」

男「・・・まあ、たしかに男の娘はかわいいと思うよ」

男の娘「えっ」

男「あはは、自慢の弟だなーって」

男の娘「・・・うれしいです///」

男「一緒にいて俺も楽しいよ」

男の娘「ホントですか!? えへへ///」

男「よしよし」ナデナデ


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:51:29.97 ID:68L7BGhA0


夕方 カナカナ

幼馴染「男ー、行くわよー!」

男「今行くー」


男の娘「どうも」ペコ

幼馴染「あのさ、男の娘くん」

男の娘「なんですか?」

幼馴染「お祭りのときさ、一度離れててくれないかな」

男の娘「・・・どういう意味ですか?」

幼馴染「その、男と大事な話があるから、二人っきりにさせてほしいなーって///」

男の娘「・・・それをぼくに頼むんですか」

幼馴染「えっ? どういうこと?」

男の娘「・・・なんでもないです」プイ

幼馴染「?」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:54:22.80 ID:68L7BGhA0


男の娘「・・・わかりました。適当に離れます」

幼馴染「ありがとねっ」ギュ

男の娘「・・・」

男「おまたせ~。どうしたの?」

幼馴染「な、なんでもないわよ/// 行きましょ」グイ

男「お、おい」

男の娘「・・・」ギリ

カナカナカナ


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:57:25.10 ID:68L7BGhA0


お祭り ドヤドヤ

男の娘「出店だ~」

男「知ってたけど、盛り上がらないね」

幼馴染「そうね」

男の娘「これはどういうお祭りなんですか?」

男「どういうって・・・お祭りだよ」

男の娘「?」

男「うわっ」サッ

幼馴染「どーしたの?」

男「アレ!中学のやつらだ、ほら!」

幼馴染「あっホントだ。みんな暇なのね~」

男「はやく! はやく行こう!!」ビクビク

幼馴染「どんだけ会いたくないのよ」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:59:40.34 ID:68L7BGhA0


本部 ワイワイ

母「あら、ホントに来たのね」

男「まあ」

母「○×クイズ参加していく? 解答教えてあげるわよ」

男「参加しないよ。恥ずかしい」

母「男の娘くんもどう? 景品の手のひらピカチュウ欲しいでしょ」

男「何年前の在庫だよ」

男の娘「ぼくも・・・ちょっといりません」

ワイワイ


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:02:15.98 ID:68L7BGhA0


男「これからどうする? 帰る?」

幼馴染「まだ来たばっかりじゃない」

男の娘「あの、ぼく少し疲れたので本部で休んでいますから二人で回ってきてください」

幼馴染「! そ、そう。残念ね。じゃあ、男! ちょ、ちょっと二人でブラブラしてきましょうか!」

男「いや、疲れたならもう帰ろうよ」

幼馴染「行・く・わ・よ」グイ

男「はぁ」

男の娘「あのっ! おにいさん!」

男「ん?」

男の娘「ぼく、おにいさんの言葉信じてますから」

男「?」

ドヤドヤ


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:05:11.67 ID:68L7BGhA0


ドヤドヤ

男「でも廻るとこなんてないよなぁ」

幼馴染「そ、そうね。ホント小さな祭りなんだから///」ドキドキ(手ぐらいいいかしら)

中学友女「あっ、やっぱりぃ幼馴染じゃーん!」

幼馴染「えっ?」ドキ

男「げっ」

中友女「ひさしぶりぃ」

幼馴染「中友女じゃない! 久しぶりねー。元気だった?」

キャイキャイ

中友女「元気元気! 私ねぇ子供生まれたんだぁ」

幼馴染「ホント!? 一緒に来てるの?」

中友女「家で寝てるよぉ。写真見るぅ?」

キャイキャイ

中友男「あれ? そっちは・・・男じゃん!」

男「や、やあ」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:07:08.51 ID:68L7BGhA0


中友男「やあってなんだよwww 久しぶりじゃんw 元気だったか!?」バシバシ

男「まあ」

中友女「えー、もしかしてぇ二人とも付き合ってるのぉ?」

幼馴染「そ、そんなこと///」

男「ち、ちがうよ」

中友男「マジかよw よかったなー、男w お前ずっと幼馴染のこと好きだって言ってたもんなーwww」バシバシ

幼馴染「えっ///」

男「いたいいたい」

中友女「えー、それを言うなら幼馴染だってぇ」

幼馴染「違うから。言ったら怒るよ」ジッ

中友女「いやぁ、こーわーいー」

キャイキャイ


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:09:20.91 ID:68L7BGhA0


中友男「またなー。男ー頑張れよーw」

中友女「ばいばーい」

男「ひどいめにあった。だからあいたくなかったんだよ」

幼馴染「なによー。懐かしかったじゃない」


リーンリーン

幼馴染「あのさ」

男「ん?」

幼馴染「さっきの話って本当なの?」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:11:51.92 ID:68L7BGhA0


男「さっきの?」

幼馴染「昔、私のことが好きだったっていうの///」ドキドキ

男「え、ああ・・・でもあれは」

幼馴染「今は関係なしにしたとして! ど、どうだったの?」ドキドキ

男「・・・本当だよ」

幼馴染「///」ドキドキ

男「ていうか、忘れた――」

チュ

男「――の…」

男「・・・」

男「!!!?」

幼馴染「///」


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:13:36.96 ID:68L7BGhA0


男「えっと」

幼馴染「か、勘違いしないでよ。その・・・思い出あげただけだから///」

男「お、思い出かー」

幼馴染「私のことが好きって言うから・・・その」

男「・・・」ポリポリ

幼馴染「///」

ドヤドヤ


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:15:25.80 ID:68L7BGhA0


男「・・・じゃあそろそろ」

幼馴染「それで・・・返事は?」

男「返事?」

幼馴染「思い出のよ///」

男「」(意味がわからない)

幼馴染「思い出、嬉しかったんでしょ///」

男「いや、てゆうか意味が」

幼馴染「あんたが、どうしてもって言うならこれからも思い出を作っていけるような関係に…そのゴニョゴニョ///」

男「ええと、つまり」ドキ

幼馴染「だから、付き合ってあげても――」ドキドキ

ピカチュウ

幼馴染&男「!!」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:17:55.97 ID:68L7BGhA0


男の娘「おにいさーん。みてくださいよ、手のひらピカチュウもらっちゃいましたー」

男「な、なんだ。男の娘か」バクバク

幼馴染「び、びっくりしたじゃない」ドキドキ

男の娘「ごめんなさい。二人とも何してたんですか?」

男「な、なんでもないよ。もう帰ろう」

幼馴染「そ、そうね。もうお祭りも終わるでしょ」

男の娘「ふーん」

男「そうだ、幼馴染」

幼馴染「な、なによ?」

男「返事は・・・その、明日岬の丘のうえで待ってて」

幼馴染「えっ、わ、わかったわよ。しょうがないわね///」

男の娘「・・・」

カナカナカナ


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:20:42.22 ID:68L7BGhA0


夜 リーンリーン

男「おかんは後片付けで遅くなるらしいから先に寝よう」

男の娘「はい」

男「今日は客間で寝る?」

男の娘「はい、そうします」

男「よかったよかった。じゃあ、俺も部屋に戻って寝るから。オヤスミ」

男の娘「オヤスミなさい」

リーンリーン


男「うーん あつぃ zzz」ゴロゴロ

ガラ

男の娘「・・・」

男「zzz」


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:24:51.92 ID:68L7BGhA0


男の娘「ダメですよ、おにいさん。おにいさんは僕のおにいさんなんだから」

フトンハガシッ

男「んん? 男の娘・・・? どうしたの、こんな時間に」

男の娘「大丈夫です。ぼくでも大丈夫ですから」

男「んん? なにが・・・って、なんでフルチn」

男の娘「あのゲームの通り。おにいさんはなにもしなくても大丈夫ですから」ヌガシッ

男「俺のズボン!」スポン

リーンリーン




男の娘「行きますよ。おにいさん」

男「来るな。お願いだから」フルフル


男「アッー!」

リーンリーン


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:26:08.31 ID:68L7BGhA0


男の娘「はぁっはぁっ どうっですか!? おにいっさんはこんなことしたかったんでしょっ!??」ズボッズボッ

男「ひぎぃ、ちがっ、あれは二次だしっ、俺刺す側だしっ、おねがいやめてっ、はぐぅ」

男の娘「あんな女に目移りしてるからですよっ! ぼくが一番大事って言ったくせに!」ズボッズボッ

男「はうぅ、痛いい! 言ってないいいぃぃ」

男の娘「だったらっいまっ言ってください! ぼくのほうが大事だって! ぼくがいちばん好きだって言ええ!!!」ズボォッ!!

男「言うから! もうやめてくださいぃ!」

男の娘「はやく! はやく言え!! 言えよ!!!」ズボォオ

男「男の娘が一番ですーー!!」ォン!

リーンリーン


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:28:16.14 ID:68L7BGhA0


男の娘「ありがとうね、おにいちゃん。大好き!」

男「うぅ」

男の娘「痛かった? ごめんね。でもおにいちゃんも好きって言ったからいいよね。おにいちゃん?」

男「ううえ、ヒッグ ヒッグ」ポロポロ

男の娘「泣いちゃったw」

リーンリーン


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:31:09.69 ID:68L7BGhA0


朝 ピロロロロ

男「・・・」

男の娘「~ おにいちゃーん。朝だよ」

男「!」ビク

男の娘「はやく起きてよ~」ユサユサ

男「わかった。わかったから離れて」

男の娘「どうしたのぉ? 元気ないね」

男「どうしたって」

男の娘「ん? なに」ニコ

男「・・・なんでもない。すぐ行くから先に行ってて」

男の娘「ふふふ、はーい」トテトテ

男「・・・なんなんだよ」

ピロロロロ


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:33:51.94 ID:68L7BGhA0


朝食

母「あらら、二人とも仲いいのねー」

男の娘「うん! ぼくたちすっごく仲いいよ」ヒッツキ

男「・・・」モグモグ

男の娘「ね、おにいちゃん」

男「・・・うん」モグモグ

男の娘「ふふふ」

母「ちょっと気持ち悪いわね」


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:35:17.66 ID:68L7BGhA0


母「じゃあ、また出かけてくるからね」

男の娘「は~い。いってらっしゃーい!」

男「早く帰ってきてよ」

母「なによ、気持ち悪いわね。残念だけど遅くなるわ、お昼と夜は勝手に食べてね」

男の娘「はーい」

男「・・・」

ガララ

男の娘「そんなに邪険にしないでよ。おにいちゃん」

男「」ビク

男の娘「今日は二人でゆっくりテレビでも見ようよ。ね?」

男「」コクコク


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:37:29.35 ID:68L7BGhA0


並んで座る

男の娘「あはは、チャンネルが3つしかないや」ピコピコ

男「あのさ」

男の娘「ん?」

男「昨日のこと。俺も忘れるからさ、なにもなかったことに」

男の娘「おにいちゃん。今楽しい?」

男「え」


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:39:43.27 ID:68L7BGhA0


男の娘「おにいちゃん、ぼくといると楽しいって言ってたよね」じぃ

男「言ったカモ・・・だけど」

男の娘「ぼくはおにいちゃんの側でおにいちゃんを楽しませることもできるし」ジリジリ

男「うん」

男の娘「それに、それに幼馴染さんの変わりだってできるよ」ジリジリ

男「う、うん」ドキドキ

男の娘「だから、ね? 楽しそうな顔してよ」じぃぃ

男「わかったから、わかったから離れろ!」ドン

男の娘「うわっ、いったいなぁ」

男「あっごめん」ドキドキ

男の娘「うん」


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:42:00.28 ID:68L7BGhA0


男「だ、大丈夫、か?」ドキドキ(やっべえ、なんでドキドキしてんだ俺)

テサシノベル

男の娘「・・・・・・・」バッ

男「うわぁぁ!」

オオイカブサル

男の娘「昨日のこと」

男「う、うん」ドキドキ


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:45:07.12 ID:68L7BGhA0


男の娘「忘れられるわけないよ」

男「いやでも」フルフル

男の娘「忘れさせないよ」

男「そのあの」ウルウル

男の娘「おにいちゃんが忘れる気なら、もう一度」

男「うああ」ボロボロ

男の娘「おにい・・・ちゃん」スゥ

男「ちょ、ちょっと待って」

男の娘「ダメだよ」

男「その・・・ここじゃ、ヤダ」

男の娘「うん?」

男「部屋で・・・なら」

男の娘「・・・」

男「・・・///」

ピロロロロロ


175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:48:32.58 ID:68L7BGhA0


男の娘「・・・うん、そうだよね。ごめん」

男「いや」

男の娘「じゃあ、行こうか」

男「その、シャワー、浴びていくから先に行ってて」

男の娘「気にしなくてもいいのに///」

男「すぐ行くから」

男の娘「わかった。待ってるね///」タッタッタ


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:50:58.66 ID:68L7BGhA0


男「行ったか・・・」

男「やべえええええ、本気でやばかった」ガンガン

男「はぁはぁ、とにかく助けを呼ばなきゃ。ケータイ、ケータイ」ピポピポ


男「誰に」ピタ

男「親戚の子供に襲われそうなんて誰に相談すれば・・・」

男「しかも、地元の友達なんてアドレス帳にいないし・・・」

男「おかんは携帯なんて持ってないし、しかも男の娘に襲われるなんて言えるわけないし・・・」

男「もう一回抱かれたら…俺・・・」

男「やばい泣きそう・・・」

男「うぅぅ・・・ひっぐひっぐ」ボロボロ

トゥルルルルル

男「!?」ビクッ


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:53:27.67 ID:68L7BGhA0


ピッ

男「は、はい?」ビクビク

幼馴染『あんた、いつになったら来るのよ!! 約束、忘れてるんじゃないでしょうね!! 私いま』

男「おざななじみいぃぃ」

幼馴染『な、なによ あんた泣いてんの? どうしたのよ』

男「助けてくれぇ、俺、おれ――」

ピ、ピカチュウ


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:56:01.17 ID:68L7BGhA0


男「!!」ビクゥ

男の娘「・・・」ニコ

幼馴染『なに? よく聞こえなかったんだけど、もう一回言って』

プッ

男の娘「おにいちゃん」ユラユラ

男「ちがうんだ。向こうから掛かってきたんだよ」

男の娘「大丈夫だよ・・・すぐに忘れさせてあげるから」ユラユラ

男「うぅ、にげ」

男の娘「逃がさないよ」ガシ

男「はなし」

男の娘「無駄だよ、ぼく意外と力もあるんだ。知ってるでしょ」グイィ

男「うぁ///」ドキ


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:58:15.43 ID:68L7BGhA0


男の娘「おにいちゃん、おにいちゃん」ズィィ

男「はぁっはぁっ///」ドキドキ

男の娘「おにい・・・ちゃん」

男「はぁっ男の…娘――ぐほぉ」バコーン!

男の娘「えっ!?」


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:00:06.48 ID:68L7BGhA0


コロコロ

男「」キュウ

男の娘「こ、これは、スイカ!? なぜスイカが飛んで」

幼馴染「はぁっはぁっ、危ないところだったわ」

男の娘「幼馴染・・・さん」

男「」

幼馴染「なにやってんのよ あんたたち!」

男「いたい・・・」


202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:02:33.91 ID:68L7BGhA0


幼馴染「親戚どうし、し、しかも男どうしでしょ!?」

男の娘「だからなんだって言うんだよ」ボソッ

幼馴染「見てたわよ! あんたこの子に変なことしようとしてたでしょ! いくらかわいいからって、この変態め」エリツカミ

男「ち、ちが」

男の娘「男同士だからなんだって言うんだよ!!」

幼馴染「えっ!?」

男の娘「ぼくはあなたのかわりだってできるよ! 現に今、おにいさんはぼくのことを受け入れる気だった!」

男「///」

幼馴染「えーーっと、これは」チラ

男「」ブンブン


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:05:11.23 ID:68L7BGhA0


男の娘「ぼくはおにいさんの望むとおりにできるんだ! おにいさんもぼくも愛し合ってる!」

幼馴染「・・・ふーん」

男「合ってない、合ってない」フルフル

男の娘「選んだのはおにいさんだ! ぼくたちが何をしようとあなたには関係ないでしょ!」

幼馴染「関係ない…か」

男「選んでない、選んでない」ブンブン

男の娘「はぁっはぁっ、わかったらどこかに消えてください。僕達は続きをします」

幼馴染「待ってよ。それはあなたが先に男を誘惑したからでしょ?」

男「誘惑ってか襲われ」


207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:08:16.46 ID:68L7BGhA0


幼馴染「フェアじゃないわよね。それにまだ私は告白の返事を聞いてないわ、ここで聞いていい?」

男の娘「それは」

幼馴染「お互い譲れないなら、いっそ勝負してハッキリさせない?」

男の娘「勝負?」

幼馴染「昔からこの辺りでは欲しいものは戦って奪うのよ」

男の娘「野蛮ですね。必要ないです、ぼくとおにいさんはそんなことしなくても」

幼馴染「ひょっとしてビビってるの? 《男の子》なのに?」

男の娘「!!」

男「あのさー、そろそろ真面目に」

男の娘「いいですよ」

幼馴染「ふふ」

男の娘「ぼくは男としておにいさんを手に入れてみせます」


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:10:59.87 ID:68L7BGhA0


幼馴染「決まりね。じゃあ、岬に行きましょう」

男の娘「岬?」

幼馴染「勝負は水泳よ!」

男の娘「いいんですか? ぼく、スイミングに通っていましたから泳ぐは得意ですよ」

幼馴染「知ってるわよ。でも、私は生まれたときからこの土地であの岬とともに育ってるの。男とともにね!」

男の娘「・・・あとで文句言わないでくださいよ」メラメラ

幼馴染「そっちこそ」フフン

男「いや、あのさ」


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:13:17.04 ID:68L7BGhA0


男「どうゆうつもりだよ」トコトコ

幼馴染「なにが?」トコトコ

男「なにが?じゃないよ! なんでお前までノリノリになってんだよぉ、止めろよ」

幼馴染「あはは」

男「だいたいなんだよ、この辺りでは欲しいものは戦って奪うって、聞いたことないよ」

幼馴染「ちょっとした遊びよ。あの子、いろいろ溜めこんでたみたいじゃない。これで頭を冷やして、少しでも発散できれば解決するわよ」

男「だったらもっと安全なことにしてよ。俺を懸けるなんて」ブルブル

幼馴染「あの子の気持ちを考えずにちょっと無神経な頼みごとしちゃったしね。スッキリさせてあげた方がいいでしょ」

男「あん?」

幼馴染「なんでもないわ。大丈夫よ! 私が負けるわけないでしょ!」

男「まあそうだけどさ」チラ


男の娘「勝つぞ、勝つぞ」ブツブツ


219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:16:05.26 ID:68L7BGhA0


岬 ガヤガヤ

男「」

地元の高校生1「おいおい、聞いたか? あの人たち勝負するんだってよw勝負w昭和かよwwwアチョーww」

地元の高校生2「しかもなんか、男さんを賭けて勝負するらしいぜwww」

地元の高校生3「マジかよw いらねえwww」

地元の高校生4「どこの馬鹿だと思ったら幼馴染さんじゃんw チィースwww」

幼馴染「はいはい チィース」

男「ねえ、なんでこんなに伝わってんの?」

幼馴染「し、知らないわよ///」


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:19:13.34 ID:68L7BGhA0


地元の高校生5「そっちのガキ誰? 見たことねえな」

地元の高校生6「男さんの大学の彼女だってよwww近所のおばちゃんが言ってたwww」

地元の高校生7「さすが男さんwww守備範囲パネエwww」

男の娘「勝つぞぉ勝つぞぉ」

母「幼馴染ちゃんも男の娘くんも頑張ってねーー! うちの子になるならどっちともいいわよーー!!」

男「おかんまで居やがる」


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:21:12.49 ID:68L7BGhA0


ザワザワ

村人「はいはい、並んで並んで。あの岩にタッチして早く帰ってきた方の勝ちな」

幼馴染「」チラチラ

男の娘「・・・なんですか?」

幼馴染「私の水着姿みても何とも思わないの?」

男の娘「思わないです。こっち見ないでください」

幼馴染「そう」(ホントに女の子に興味ないのかしら)

男の娘「・・・貧相な体ですね」

幼馴染「な///」

男の娘「胸だって全然。大人なのに」プッ

幼馴染「怒るわよ」

男の娘「不快です。離れてください」

幼馴染「なによー」プンプン

男の娘「・・・胸」


227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:23:25.48 ID:68L7BGhA0


村長「では、行くぞ・・・よーい、ドン!」

バシャン


実況『先行はやはり幼馴染さんだぁーー!』

実況『地元の壁は厚いのか! しかし男の娘くんも負けじと喰らい付く! おっぱい分だけ有利だ! 頑張れ!
   お互いまったく譲りません!男くんにそんな価値があるのかは甚だ疑問だぞぉー! 二人とも本当にそれでいいのか!』

中友女「がんばってぇー、幼馴染ぃー。はーい、赤くんも応援しようねー」

赤ちゃん「だぁだぁ」

中友男「男ー、こっちきて座れよwお前は幸せもんだなあwww 勝った方とそのまま結婚式挙げちゃおうぜwww 酒持ってこい酒!ww」

ワイワイガヤガヤ

男「帰ろうかな。都会に」


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:25:42.06 ID:68L7BGhA0


バチャバチャバチャ

幼馴染(結構速いわね。これでもそこそこ本気なのに・・・)

男の娘(くそぉ、速い。なんでこんなに・・・女の、女のくせにぃ)

幼馴染(ここから――こっちね)

男の娘(はぁはぁ、追いつけない。なんでだ。ぼくは男なのになんで!)

幼馴染(ちょっと遅くなった?疲れてきたのかしら まあこんなもんよね、まだ子供だし。ちょっとペース落としてあげよう)

男の娘(くそおくそお。勝てない。このままじゃ絶対…嫌だ。嫌だ嫌だ嫌だ)

幼馴染(えっ嘘? 早くなった!? なんで??)


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:27:47.60 ID:68L7BGhA0


男の娘(負けたくない。負けたくない!)

幼馴染(なんで急に速くなるのよお。これじゃ)

男の娘(ぼくは勝つ!勝つ勝つ勝つ)「うわああああああああああ!!」

幼馴染(うそ、抜かれ―――そっちは!)

男「そっちはダメだ!!」

バシャーン

男の娘「」(えっ、なにここ・・・あ、足が)


237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:29:15.54 ID:68L7BGhA0


男の娘「うぅぅ、ごっほごっほ」

幼馴染「起きたわよ」

母「よかったわ。大丈夫?」

男の娘「えっと、ぼくは」

幼馴染「ごめんね。わたしが先導して安全なルートで行く予定だったんだけど、抜かれちゃったから」

地元の高校生1「あっちの辺りは水草がたくさん生えてるとこだから本気で泳ぐと危ないんだ」

男の娘「そっか。ぼく溺れたのか・・・」


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:31:29.15 ID:68L7BGhA0


母「でも、無事で本当によかったわ」

地元の高校生2「まあ、誰だって一度はかかるワナだからな。気にすんなよ」ポンポン

男の娘「負けたんだ・・・勝ちたかったのに・・・」ポロポロ

幼馴染「・・・」

男の娘「うぅぅ、うわーん。うわーん」ボロボロ

地元の高校生3「な、泣くなよ。男だろ」

地元の高校生4「そんなに男さんと一緒になりたかったのか」

幼馴染「違うわよ、あれは負けたことへの悔し涙よ」

地元の高校生4「だからそう言ってんじゃん?」

幼馴染「・・・全然違うわよ」

男「・・・」


240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:33:01.33 ID:68L7BGhA0


幼馴染「疲れて寝ちゃったわね」

男「うん」ナデナデ

男の娘「zzz」

男「俺が悪かったのかな」

幼馴染「大丈夫よ。この子思ってたよりずっと男の子だもん。なに言っても立ち直るわ」

男「」ナデナデ

男の娘「う・・・ん」

幼馴染「それよりあんた、泳げたのね」

男「う」ギク


241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:35:09.27 ID:68L7BGhA0


幼馴染「なんで隠してたのよ」

男「それは、その、隠してた方がいいこともあるかと思って」

幼馴染「はぁ?」

男の娘「」(隠してた方がいいこと・・・)

幼馴染「みんなもう引き上げたわよ。私たちも帰りましょう」

男「うん」


242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:36:59.18 ID:68L7BGhA0


夜 リーンリーン

男「zzz」

ガララ

男の娘「おにいさん・・・その、ごめんなさい」

男「zzz」

男の娘「ぼくも、その、隠しておくことにします。そっちの方がおにいさんは楽しそうだから」

男「zzz」

男の娘「でも、負けたままはやっぱり悔しいし、思い出だけ、ください」

チュ

男「zzz」

男の娘「・・・おやすみなさい」

ガララ


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:39:11.28 ID:68L7BGhA0


朝 ピロロロロ

男「ふぁーあ、おはよう」

母「おはよう、朝ごはんできてるわよ」

男「あれ? 男の娘は?」

母「ああ、今日は帰るらしいからその準備してるわよ」

男「そっか、もう帰るのか」モグモグ

母「さみしい? あんたずいぶん懐かれてたからね」

男「そうだなぁ」モグモグ

母「ふふ、後でちゃんとお別れ言っておきなさいよ」

男「うん」モグ


246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:41:20.95 ID:68L7BGhA0


カンカンカン

男の娘「それじゃ、いろいろお世話になりました」

母「またいつでも遊びに来てね」

男の娘「はい。絶対来ます」

幼馴染「またね」

男の娘「・・・貧乳」ボソ

幼馴染「あ、あんたねえ」

男の娘「あんな無様なお尻にはもう負けません」

幼馴染「わかったわよw いつでもかかってきなさい」

男の娘「はい」


248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:43:31.93 ID:68L7BGhA0


男「元気でな」

男の娘「おにいさん・・・」

男「ん?」

男の娘「うっうぅぅう」

男「ど、どうした?」

男の娘「ごめんなさい、ごめんなさいい」ヒッグヒッグ

母「ちょっと何男の娘くん泣かしてるのよ!」

男「いや、ちが」

男の娘「ぼく、おにいさんのお尻にとんでもないことを」ビービー

母&幼馴染「お尻?」

男「わーー!! わーー!! なんでもない、なんでもないから!!」


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:50:07.06 ID:X6tl4wzZ0


男の娘「うぅぅぅ」グッスグッス

男「・・・はぁ、わかったよ」

男の娘「ごめんなさいごめんなさいぃ」グズグズ

男「ケツ出せ」

男の娘「ごめんなさい、ごめんなさいぃ」グッスグッス

バチーン!

母&幼馴染「ちょっとあんた! なにを」

男「これでチャラ」

男の娘「うぅ」ウルウル

男「お互いケツを痛めたからね。チャラにしよう」ニコ

男の娘「うう、ありがとうございます、ありがとう」ヒッグヒッグ

男「」ポリポリ


262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:52:51.69 ID:X6tl4wzZ0


ガタンガタン

男の娘「さよーならーー」ブンブン

ガタンガタン


母「さて、夕飯の準備しなきゃ」イソイソ

男「俺もかーえろっと」ダルダル

幼馴染「待ちなさい」ガシ

男「なに?」

幼馴染「なにか忘れてない?」

男「はあ?」

幼馴染「忘れてるでしょ?」

男「ケツはなんでもないからな!」

幼馴染「違うわよ! この前の返事!!」


269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:54:42.54 ID:X6tl4wzZ0


男「ああ、あの告白」

幼馴染「こ、告白じゃないわよ! なに言ってんのよ///」

男「・・・じゃあ、返事するから岬の丘にいこう」

幼馴染「そこじゃなきゃだめなの?」

男「ダメなんだよ」

幼馴染「ふーん」


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:56:45.19 ID:X6tl4wzZ0


丘の上 チュンチュン

幼馴染「で、どうなのよ///」

男「うん。まずは昔の話から」

幼馴染「早く言いなさいよ///」ドキドキ

男「忘れてるみたいだけど、俺中学の頃お前に告った事あるんだよ。ここで」

幼馴染「えっ?」

男「お前は俺を突き落とすとどっかに逃げってったけどね」

幼馴染「そんなこともあったっけ?」キョトン


276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:58:28.13 ID:X6tl4wzZ0


男「そして、それ以来俺は水が怖くなった・・・」ジーン

幼馴染「まどろっこしいわね。つまりどういうことよ」

男「俺はこの日のために、お前に隠れてずっと機会をうかがっていた。この日のために」ブツブツ

幼馴染「なに? 聞こえないわよ」

男「幼馴染!」ガシッ

幼馴染「ひゃっ う、うん///」ドキドキ

男「行くぞぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

幼馴染「なに? ちょ、ちょっとまてえええええええええええええええええええええええええええええ」


バッシャーーーン!!!


280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:00:36.42 ID:X6tl4wzZ0


幼馴染「ごっほ、ごっほ。なんなのよーもう、ってもうあんなところに!!」

男「」すいーーーー

幼馴染「許さないからね!!」バチャバチャ!

男「ざまーみろ! スイカ女め」すいーーーー


幼馴染「それで、返事はどうなったのよ!!」バチャバチャ

男「三次元はもう勘弁して」スイイイーーーー



ブーン

男「・・・」カチカチ

男「・・・」カチカチ

男「・・・つまんねえエロゲ」





終わり


281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:01:51.55 ID:JI4BaDWVP


エロゲオチかよ!!


298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:06:49.50 ID:BcIi+EY00


お前は男の娘が出るエロゲーでどれが好き俺はツイ☆てるかな


300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:12:06.73 ID:68L7BGhA0


>>298
ココロノ



    スポンサーサイト男「ケツだせ」男の娘「ごめんなさい、ごめんなさい」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。