スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当麻「イッたときってやっぱ放電すんの?」美琴「え・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/08/06 19:30
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 04:05:05.54 ID:IKYwa6s50


上条「だからさ、いったときって放電すんのかって…」

美琴「…女の子にいきなりなんて話題振ってんのよ…っ。そう、そんなに黒焦げになりたいの…」バチバチ

上条「待て待て」ガシッ

美琴「!」

上条「ふざけてなんかいないぞ。真剣な話なんだ」キリッ

美琴「し、真剣な…!?」

美琴(そ、それって、将来そういう関係になるから知っておきたいとかそういう…!?)ドキドキ

上条(海原に食事券を条件に頼まれたからな。明日の食い物のために、なんとしても聞きだしてやる)


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 04:21:35.83 ID:IKYwa6s50


上条「セックスしてて、いくと相手が感電したりとかあるのか?」

美琴「セッ…! …クスなんてしたことないに決まってるでしょうっ!? なにバカなこと言ってんのよ!」

上条「そっか、よかった」ホッ

美琴(よ、よかったってどういう意味!? なんでほっとしてるの? や、やっぱりこいつ、私と…)ドキドキ

上条(近頃若者の性が乱れてるって言うけど、貞操の固い子もちゃんといるじゃあないか)

上条「じゃあさ、オナニーは?」

美琴「オ、オナ…ニー…なんてしない…」

上条「そうなのか? 俺がお前ぐらいの頃は、そりゃもう…って、男と女じゃ違うか」

美琴(ほ、ほんとは黒子がいないときを見計らって、けっこう…)


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 04:24:18.02 ID:IKYwa6s50


上条「…ん? じゃあなんでオナニーなんて言葉知ってんだ? その様子だと、どんな意味かもわかってるんだろ?」

美琴「あ!? そ、それは…その…」

上条「…なぁ、本当に今までオナニーしたことないのか?」ジッ

美琴「う…っ」ドキッ

上条「……」ジー

美琴「…さ、三…回…っ」カァー

上条(今までで三回だけか)

美琴(週に…)


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 04:38:16.02 ID:IKYwa6s50


上条「そのときどうだった? 放電した?」

美琴「そ、そんなの覚えてないわよ…」

美琴(も、妄想ではいつもあんたに抱き、抱きしめてもらっていってるんだから、そのときは他のことなんて…)

キュン

美琴(!? や、やだ。考えたら変な気分に…)

上条「じゃあ、ちょっとオナニーしてみてくれないか」

美琴「え…?」

上条「オナニーしてくれ」

美琴「な! な! 何言ってんのバカじゃないの!? で、できるわけないでしょうっ!」

上条「頼む! この通りだ!」バッ

美琴「ど、土下座…」

上条「どうしても知っておきたい…いや、知らなくちゃいけないんだ! だから…!」

美琴(こ、こいつそこまで真剣に私のことを…!?)ドキドキドキドキ

上条(でなければ一週間後の俺はおそらく餓死…! これはまさに死活問題!)


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 04:54:35.23 ID:IKYwa6s50


美琴「…ったわよ…」

上条「え?」

美琴「そこまで言うなら…わ、わかった、わよ…」モジモジ

上条「本当か! ありがとう御坂!」

美琴「う、うん…。じゃあ、お、お手洗い行ってくるね…」

上条「ああ。…ん?」

上条(待てよ…。いったときに放電したとして、それを正直に話すもんか…? 俺が御坂の立場だとしたら100%隠す。
 変な噂立てられたくないからな。…もしそれで誤った情報しか得られなかったら…)


海原『どういうことですか上条さん! 御坂さん、いくときにバリバリ放電してるじゃないですか!
 食事券は返してもらいますからね!』プンプン


上条「そ、それはダメだ!」

美琴「!?」

上条「俺も一緒に行く。傍で見てる」

美琴「え? え。…え!? え!?」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 05:03:24.61 ID:IKYwa6s50


・・・・・・

美琴「……」

上条「……」

美琴(個室でこいつと二人…え? なにこの状況)

上条「さぁ。頼む御坂」

美琴「せ、せめて向こう向いて…」

上条「ダメだ。俺はお前から目を離さない」ジッ

美琴「ふぇ…」カァー

美琴(そんな目で見られたら…私…)ジュン

上条「始めてくれ」

美琴「は…はい…」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 05:20:11.31 ID:IKYwa6s50


ピトッ グジュ

美琴(あ…嘘、すごく濡れてる…)ピクン

美琴「ん…っ」クチュッ

上条(片手を胸に、もう片方の手を下に…。オーソドックスなオナニースタイルだな。
 いや女のオナニーなんて知らないけど)マジマジ

美琴(見られてる…。好きな人に…いつも妄想でエッチなことしてる人に、見られてる…!)クチュ クチュ

美琴(恥ずかしい。…けど…気持ちいい…!)クチュ クチュ

美琴「んっ、ん…!」クチュ クチュ

美琴「あ…!」ビクン

上条「?」

美琴「…! …!」ビクン ビクン

上条「え? もういったのか…?」

美琴「ん。…うん…っ」ビクン

上条(早すぎるだろ。今放電してたか? …してなかったと思うけど、まさかこんなに早いとは思わなかったからなぁ。
 自信がねえ)

美琴(気持ちよかった…。今までで、一番…)ハァ ハァ


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 05:34:18.83 ID:IKYwa6s50


美琴「どう、だった…?」ハァ ハァ

上条「うーん…」

上条(もし目に見えないほど微弱な放電だとしたら…? 確かめる術は…)

上条「なぁ、直に触ってもいいか?」

美琴「え…?」ハァ ハァ

美琴(直、に…? さ、触るって、こいつの手が、私のあそこに…!? そんなことされたら…)キュン

美琴(…いい、よね? オナニーも、いくところも見られちゃったんだもん。もう…)ハァ ハァ

美琴「う、ん」ハァ ハァ

上条「よし。短パン脱がすぞ」グイッ

美琴「あ…」

ズルッ

美琴(…もっと、かわいい下着はいてくればよかったな…)

上条「それでは。失礼いたします」ピトッ

美琴「…!?」ビクン


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 05:46:39.32 ID:IKYwa6s50


美琴(な…に…これ…。すご…電流みたいなのが、体中…)ビクン

上条(パンツ、すげえ濡れてるな…)グジュ

上条「下着も脱がすけどいいよな?」

美琴「へ…?」

ズルッ

上条(おおっ。こんなふうになってるのか)

上条「じゃ、改めて」

美琴「ま、待って。パンツ越しでもこんななのに、それ以上は――」

クチュ

美琴「んひ…! あ…!」ビクン ビクン

上条「? ごめん、今何か言った?」クチュ クチュ

美琴「あ、あ、あ、あぁ…!」プシャッ

上条「うわっ」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 06:05:47.26 ID:IKYwa6s50


上条(これが世に聞く潮吹き? ってことはいったのか。はやっ)

美琴「あ…。あ…」ビクン ビクン

上条(まぁそんなことはどうでもいい。俺はこの通り感電してないからな。
 御坂はいくときに放電しないという確かな結果が…ん?)

上条「…これ、右手じゃねえか」

美琴「…?」ハァ ハァ

上条(幻想殺しで触れてるなら放電できるわけないじゃん…。バカか俺は)ガクッ

上条(左手で同じことを…いや、ダメだ。
 利き手じゃない左手で女の子をいかせられるようなテクを、童貞の上条さんは持ち合わせていない)

上条(…! そうか、わかったぞ!)テレテン

上条「俺のちんこを、御坂に挿入すればいいんだ!」

美琴「……」

美琴「え?」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 06:12:55.27 ID:fR42LEN20


>>56
よどみねえ思考回路だなwwwwwwwwwww


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 06:30:50.57 ID:IKYwa6s50


上条「なんでこの方法を真っ先に思いつかなかったかな…。上条さんってほんとバカ」

美琴「そ、それって、セ、セ、セ…」

上条「そう、セックスだ。御坂、セックスしよっ」

美琴「で、でも、でもでも、そういうのって恋人になって、もっと色んなことしてから…」モジモジ

上条「お前の処女貰う代わりに俺の童貞やるから。な?」

美琴「…『初めて』の交換っこ…」ポー

美琴「…いい、わよ。でも、ちゃんと責任取ってよね…?」

上条「ああ、もちろんだ」

上条(食事券でなんか奢ってやらなきゃな)

美琴「じゃ、じゃあ…」

上条「あ、ちょっと待って」

美琴「?」

上条(神裂、オルソラ、五和、吹寄、オリアナ…)ムクムク ボッキーン

上条「よし、準備万端だ」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 06:31:57.62 ID:VLg5D05C0


胸大きいやつばっかりじゃねーかwwww


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 06:33:55.74 ID:Aj95E92n0


ひでぇwwwwwww


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 06:45:19.60 ID:IKYwa6s50


ズルッ

美琴「!」

美琴(お、おっきい。あんなのが私の中に入ってくるの…!?)

上条「行くぞ…」

美琴「ま、待って!」

上条「なんだ」

美琴「そ、そういうのの前に…」

上条「?」

美琴「…キス、とか…」カァー

上条(…こっちはお願いする立場だし、向こうの希望はできるかぎり聞くべきだな)

上条「わかった」ズイッ

美琴「あ…」

チュ

美琴「ん…」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 06:46:04.22 ID:TD+29qQc0


なんかビリビリさんがかわいそうになってきたぞ


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 06:54:51.24 ID:IKYwa6s50


美琴「ん、ん…」チュゥ

上条「……」

美琴「ふぁ…」ニュルッ

上条「!」

上条(し、舌を入れてきただと!? なんて破廉恥なやつなんだ!)レロ レロ

美琴「んむ…ん…ぷはっ」

上条「…もう、いいか?」

美琴「うん…」ハァ ハァ

上条「……」ピトッ

美琴「…!」ピクッ

ググ…

美琴「あっ」

ズブブッ!

美琴「…っ!?」ビクン


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 07:12:21.13 ID:IKYwa6s50


美琴(いた、い…! 痛い…!)ズキ ズキ

上条「ご、ごめん。痛かったよな」

美琴「う、うん…」

美琴(でも…)チラッ

美琴(…私、ついにこいつと結ばれたんだ…。夢じゃ、ないんだよね…?)ポロッ

上条(涙! そこまで痛かったのか…!)

美琴(すごく幸せ…。愛されてるって、全身で感じてる…)ポロポロ

上条(すげえ泣いてる。どうしようどうしようどうしよう…)

美琴「大好き…」

上条「お、俺も!」

美琴「キスして…」

上条「あ、ああ!」

チュ


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 07:30:57.29 ID:IKYwa6s50


美琴「ん…ん…」チュゥ

上条(いたいのいたいのとんでけー! いたいのいたいのとんでけー!)

美琴「ん…。…痛み、少しは和らいだかも…」

上条「ほ、ほんとか!? ほんとに大丈夫か? 無理しなくていいんだぞ」

美琴「…『それ』、出さないと辛いんでしょ? いいよ、動いて…。私で気持ちよくなって」ニコッ

上条「…!」ガーン

上条(な、なんていい子なんだ。自分のことより俺のことを…! それなのに俺ってやつは…! 何が食事券だ!)


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 07:35:58.60 ID:IKYwa6s50


上条「御坂…」

美琴「うん」

上条「俺の人生、お前にやるよ」

上条(俺を似るなり焼くなり好きにしてくれ! お前にはその権利がある!)

美琴(嘘…。これってプロポーズ…!?)ジワッ

美琴「私で、いいの…?」ポロポロ

上条「ああ! お前だったら(何をされても)構わない!」

美琴「じゃあ、私の人生もあんたにあげる…!」

上条(生涯俺に罰を与え続けるということか…! いいぜ、その覚悟はある!)

上条「ああ、一生つきあうよ」

美琴「嬉しい…!」ギュッ


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 07:48:26.08 ID:IKYwa6s50


美琴「動いて…」

上条「あ、ああ…」ズブッ

美琴「…!」

上条「御坂…」

美琴「へい、き…だよ…?」ニコッ

上条「御坂…!」ジーン

ズブッ

美琴「んっ! …美琴って、呼んで」

上条「美琴…」ズブッ

美琴「う、んっ」

上条「美琴…。美琴…!」ズブッ

美琴「…と、うま。とう、ま…!」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 08:06:18.40 ID:IKYwa6s50


ズブッ ズブッ

上条「はぁ…! はぁ…!」ズブッ ズブッ

美琴「あっ! あっ!」

美琴(痛いっ。けど、それ以上に、気持ちいい…っ!)ビクン

ズブッ ズブッ

美琴(体が、浮いて、どっかに、飛んじゃう…!)ギュッ

上条「!」

美琴「当麻っ、おねがいっ。ギュッって、して…!」

上条「わ、わかった」ギュッ

美琴「ん…! ごめ、当麻、私、もう…!」ハァ ハァ

上条「いくのか? いいぞ、好きなときに…」

美琴「当麻と、いっしょがいい…っ! 当麻といっしょに、いきたい…っ!」ハァ ハァ

上条「…わかった。俺も、もうそろそろだ…!」ズブッ


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 08:15:36.83 ID:IKYwa6s50


ズブッ ズブッ

美琴「当麻っ! 当麻ぁっ! ひっちゃう! ひっちゃうよぉっ!」ビクン

上条「美琴…! もう…!」ズブッ ズブッ

美琴「出してっ! いっぱいっ! いっぱいっ!」

上条「出る…!」ビュルッ

ドプッドプッドプッドプッ…!

美琴「あ! あ、あ…っ! あぁぁぁ…!」ビクン ビクン ビクン


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 08:30:16.92 ID:IKYwa6s50


上条「ふぅ…」

美琴「はぁ…はぁ…」ビクン

上条「……」

ギュー

上条(抱きしめてたんだから、放電できる訳ねえよな…)ハァ

上条(いや、食事券はもういいんだ。それよりも…)

上条「大丈夫か?」

美琴「うん…今、すごく幸せ…」ポヤー

上条「!」ドキッ

上条(な、なんだ? 美琴がすごくかわいく見えるぞ…)ドキドキ


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 08:40:31.65 ID:IKYwa6s50


上条「よいしょ」ズルン

美琴「あ…」

トロー

上条「美琴…?」

美琴「…今、きれいにするね」

チロッ

上条「っ!?」ビクッ

美琴「ん…んぶ…」ペロ ペロ

上条「ちょ、ちょっと待って…」

美琴「あむ…」ヂュ ヂュ

上条「…!」ムクムク

美琴「わ…」

上条「……」

美琴「…もう一回、する…?」

上条「…はい…」


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 08:49:21.38 ID:IKYwa6s50


海原「遅い…。遅すぎる。あれから何日も経つのに何も連絡がない…」

土御門「海原ー。カミやんからお前宛に手紙だにゃー」

海原「やっとですか。待ちくたびれましたよ。えー、なになに…」


上条当麻『俺たち』
上条美琴『結婚しました』

『新婚旅行先にて撮影』


海原「……」

土御門「海原? おーい」

この後アステカの魔術師が禁書目録と手を組み、魔神となって上条当麻の前に現れるのは別の話である



おしまい


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 09:31:31.84 ID:y/iacTSd0


::::::::::::::::li/::::::::ヽ::::::::::\ミ<.__
:::|::::::i:::::1:::::|:::::::N:: i:::::::::ヽミ::、 ̄  みこと、そんな細かいこと
/{ :::i:|:::::}::/:}!::::|} |斗i:ヽ:ヽ::\::≧=   いいじゃねーか、ほら笑え
__∨|:{::/:::i:/!::/イ }::从::|ト:i::\:ト
 ̄乂{`トィ{ }/ / ノ′ }ハ::}:\:{,.  -――‐- ..
  __-ミ / ィ,≦zz |小l> ´: : : : : ´ ̄ : ミ ミ: . 、 
、´  ̄ `     ´     {/ . : : : : : : : : : : . .   \:\\ ちょ…ちょっと!!
        {     / :/ : : : : : : : ヽ : : : : . . . . . ヽ. 
.u            / :/ : :′: :.′: }: :i|: : : : : .   . :、:  
ヘ. 廴三三 フ .′' i : ,| : :/ : : /: /|_ミ: : : \ : : : ヽ
ト::}≧i  . ___ イ|:i :! |: :!|: /| : :イ: /1「´ ≧_、 : ヽ:\:. :
≦,/ハ、     ノ |:|十ト、|:|:i{七/7ナ }ト  彡ミ:..: : : :ヽ
  { |  \`     |:|.:{ :! :{从 |/孑___ノ   ≦:.__\:ヽ:...
   、   }丶  从:ヽ《Tミi { 7´{.:::ミiy  彡'´ヘト:.ヽ:...
    \ 厂 ¨¨¨ ヘヽ从ヒ:}     V:ツ′  f..  }:.: \:.
  }   ∨ー――<.ヘ{/〈   / 7´/ u ノ‐' 人:.:.:.:.:.:
 ,′   i \ `¨¨ 〈  人  ___      .ィ:爪:.:.:.ヽ:.:.:
    | r \    \ r\ ∨__)  イ />、:.:.r‐ ミ:.
/     し'/´      V _,ム>.‐<  /  ハ7 j,. -
    \  /       i ー .ニ{ イr‐彡   / / ノ ,.
 /     {         |  ´,々 〉{入   ,ノ 厂(_/ .
'       nヽ\ 、  ,小.   Y {_厂ミ:.く  /, / ‘ーァ'
        `’ ∨`丶   }_,〉、  }个ト、 ノ‐' i/   ‘ー
二¨¨`ヽ.    ハ    { ` ニニイ人:.Y:..`> {  . --
 /,二ヽ\   ヽ、 ハ    /'  ヽ∨´  j/
_(r_'_ノ⌒  マ下\}  }!   {}/ イ V  /-一 ー‐
 ‘ー<ヽ  }|  \ ノ    V′{`二/      /
        とうま ♥ みこと

          結婚しました


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:44:43.93 ID:sdsOJ2xv0


乙なんだよ!



    スポンサーサイト当麻「イッたときってやっぱ放電すんの?」美琴「え・・・」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。