スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダルビッシュ「出るっ! 出るビッシュ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/08/07 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:42:53.36 ID:iBbMYTpG0


ダルビッシュ「うっ、もうイく……!」

サエコ「あんっ、いいよぉ、私もイくからぁ!」

ダルビッシュ「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」パンパンパンパン

サエコ「あっ、あっ、あっ、ああ~~!」

ダルビッシュ「くっ……おおっ、出るっ!」

サエコ「あはぁっ、出してぇ! 膣内にいっぱい出してぇ!」

ダルビッシュ「出るっ! 出るビッシュ!」

サエコ「え?」

ダルビッシュ「え?」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:46:16.86 ID:iBbMYTpG0


サエコ「……今なんて言った?」

ダルビッシュ「いや出るって……」

サエコ「違ぇだろーが。嘘つくなよ」

ダルビッシュ「あ、いや、あの……出るビッシュって……」

サエコ「は? なにそれ?」

ダルビッシュ「いや……ちょっと興奮しちゃって」

サエコ「興奮するとおまえは出るビッシュって叫ぶのか? あ?」

ダルビッシュ「癖みたいなもので……」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:48:46.04 ID:iBbMYTpG0


サエコ「今まで言ったことなかったじゃねぇか」

ダルビッシュ「いつもは心の中で言ってたから」

サエコ「いつも射精する時おまえは心の中で出るビッシュって叫んでたって事か?」

ダルビッシュ「…………」

サエコ「いやまあそれはいいよ。百歩譲ってそれはいいよ。何で今日は口に出した」

ダルビッシュ「興奮しちゃって」

サエコ「今までは興奮してなかったって事か?」

ダルビッシュ「いや、あの……ごめん」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:52:01.19 ID:iBbMYTpG0


サエコ「…………」

サエコ「……うん。いいよ、もう。ね、続きしよ?」

ダルビッシュ「あ……」

サエコ「小さくなっちゃったね。あむ」パクッ

ダルビッシュ「おおっ」

サエコ「あむ……ん……」モゴモゴ

ダルビッシュ「サエコの口の中あったかいナリ……」

サエコ「ん? なんか言った?」

ダルビッシュ「えっ、いや?」

サエコ「そう? んふふ、大きくなったね」

ダルビッシュ「サエコ、このまま……」

サエコ「イっちゃいそう? いいよ……あむ」

サエコ「んっ、んっ、んちゅっ、じゅずぅぅぅぅぅ」

ダルビッシュ「ああ出る! もう出るビッシュ!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:54:58.49 ID:vcY1C9yX0


くっそwwwwwwww


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:55:18.09 ID:iBbMYTpG0


サエコ「おい」

ダルビッシュ「えっ?」

サエコ「今なんつった?」

ダルビッシュ「いやもう出るって……」

サエコ「違ぇだろーが。嘘つくなよ」

ダルビッシュ「……もう出るビッシュって」

サエコ「さっき怒られたばっかだろ? なんで言った」

ダルビッシュ「それはその……つい」

サエコ「ついじゃねーよ。やる気あんのかテメー」

ダルビッシュ「ヤる気はビンビンに……」

サエコ「あ?」

ダルビッシュ「ご、ごめん」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:59:32.42 ID:iBbMYTpG0


サエコ「…………」

サエコ「……ん、まあ……ね。うん。まあいいや」

サエコねぇ、今度は私も気持ちよくして欲しいなぁ」

ダルビッシュ「あ、ああ」

サエコ「ほら早くサエコのお〇んこに来てぇ」

ダルビッシュ「おほっ」ズブゥッ

サエコ「あんっ、かった~い」

ダルビッシュ「サエコ! サエコ!」パンパン

サエコ「あっ、そこっ、スゴい気持ちぃよぉ!」

サエコ「あっ、はぁっ、はぁっ、有も気持ちイイ?」

ダルビッシュ「ああ! サセコマ〇コ最こっ……ぐふっ!」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:03:17.18 ID:iBbMYTpG0


※この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。


サセコ「あ? テメー今なんつった?」

ダルビッシュ「ちょっ……お腹蹴るのは……」

サセコ「なんつったかって聞いてんだよ」

ダルビッシュ「いやサエコのマ〇コ最高って……」

サエコ「違ぇだろーが。嘘つくなよ」

ダルビッシュ「……サセコマ〇コ最高って」

サエコ「おまえ最低なこと言いやがったぞ」

ダルビッシュ「いや、あの、調子に乗っちゃってつい」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:06:37.24 ID:iBbMYTpG0


サエコ「ついじゃねぇんだよ。アレか? いつも心の中でそう叫んでたのか?」

ダルビッシュ「それは……いや、いつもってわけじゃ」

サエコ「あ?」

ダルビッシュ「いやあの……偶に、です。はい」

サエコ「チッ」

ダルビッシュ「…………」ガクガクブルブル

サエコ「…………」

サエコ「……いつもそういうの我慢してたの?」

ダルビッシュ「え?」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:09:12.05 ID:iBbMYTpG0


ダルビッシュ「本当にいつもってわけじゃないけど……」

サエコ「でも偶には叫びたかったんだ」

ダルビッシュ「……うん」

サエコ「じゃあ今日は思いっきり叫んでいいよ」

ダルビッシュ「えっ?」

サエコ「好きなように叫んでいいって言ってるの」

ダルビッシュ「サエコ……」

サエコ「ほらするの? しないの?」

ダルビッシュ「するするするする」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:09:19.99 ID:F4XumwN60


サエコいい嫁すぎるだろ


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:13:09.53 ID:iBbMYTpG0


ダルビッシュ「よーし、サエコのマウンドに上がっちゃうぞ~! 今日はベストピッチしてやるぞ~!」

サエコ「えっ……ああ、うん、来て……」

ダルビッシュ「うおおおお! 初球はど真ん中のストレートだ! 150km! バッター見逃し!」ズブゥッ

サエコ「あっ! あんっ! そんな強く……ああっ!」

ダルビッシュ「どうだこの高速スライダー! フォーク! この変化! このキレ!」

サエコ「あっそこダメぇ! あっ、あっ、あっ!」

ダルビッシュ「カーブ! チェンジアップ! 縦横の変化に加えて緩急! バッターはきりきり舞いきりきり舞い!」

サエコ「あんっ……いいよぉ……今日の有スゴいぃぃぃぃ……」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:16:54.39 ID:iBbMYTpG0


ダルビッシュ「後半に入ってもその球威は衰えず! 尻上がり! これが尻上がり!」

サエコ「ああ、そんなのしかかるみたいに……あっあっあっあっ! もっ、もうダメぇぇぇぇ!」

ダルビッシュ「無四球完投! 完封勝利! 完封! 完投! シャットダウン!」

サエコ「はへぇっ! あっ! あはぁっ! イくぅっ! イくからぁっ!」

ダルビッシュ「出すぞ! サセコマ〇コのお勃ち台に登るぞぉ!」

サエコ「出してぇ! サエコのサセコマ〇コに出るビッシュしてぇぇぇぇ!」

ダルビッシュ「おっ、おほっ、出る! 出る出る出るビッシュ!」バシュビシュブシュベシュダルビッシュ

サエコ「あへっ、あっあっあっ、あああ~~~~~~~!」ガクガクガクガク


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:17:49.10 ID:GdRi5zLy0


いよいよ狂ってきた


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:20:10.71 ID:iBbMYTpG0


ダルビッシュ「…………」

サエコ「…………」

ダルビッシュ「ちょ、ちょっとやりすぎちゃったかなー」

サエコ「…………」

ダルビッシュ「な、なあ……別れる、とか言わないよな?」

サエコ「…………こんなことくらいで嫌いになるわけないでしょ」

ダルビッシュ「サエコ……!」

サエコ「でも! こういうのはた・ま・に・だからねっ」

ダルビッシュ「ああ! ああ!」

サエコ「まったく……もうこんな時間? じゃあ朝ご飯の準備するから」

ダルビッシュ「…………」

ダルビッシュ「…………幸せだなぁ」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:26:06.14 ID:iBbMYTpG0


ダルビッシュ「いただきます」

サエコ「いっぱい食べてね」

ダルビッシュ「サエコ、これ……」

サエコ「え? 目玉焼きだけど」

ダルビッシュ「いやそれはわかるけどさ、なんで醤油がかかってるの?」

サエコ「いいでしょ、別に」

ダルビッシュ「いやいやいやいや、言ってるじゃん。俺は目玉焼きには塩胡椒なんだよ」

サエコ「醤油美味しいじゃん」

ダルビッシュ「いやないから目玉焼きには塩胡椒だから」

サエコ「あ? 醤油バカにしてんのかテメェ」

ダルビッシュ「塩胡椒の美味さが理解できないとか舌おかしいんじゃないか?」

サエコ「あ?」

ダルビッシュ「あ?」

ダルビッシュ夫妻の離婚が発表されたのは、それから数日後のことだった。

おわり


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:27:30.05 ID:EYSbP25+O


素晴らしかった乙


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:31:57.98 ID:GVLKOiD+0


いい話だった



    スポンサーサイトダルビッシュ「出るっ! 出るビッシュ!」のコメント
  1. 名前:名も無き名無し◆-[saga] 投稿日:2011/12/05(月) 23:04:16.00 ID:SSJUNKIE706
  2. ダルビッシュ弱いww

    つか目玉焼きが離婚原因とは初耳だった
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。