スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「マミさん、オッパイって十回言ってみて!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/08/10 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:09:14.65 ID:wmn4DVxAO


マミ「…っぱい、おっぱい、おっぱい。これでいいかしら?」

まどか「えーっとね!えっとね!それじゃあ、ココは!?」サッ

マミ「……ヒジ、かしら?」

まどか「…………ふんっ!」ブン

ペチン!!

マミ「痛いっ!?どうしていきなり頬を叩くのよ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:16:20.20 ID:wmn4DVxAO


まどか「うるさいなぁ!マミさんなんか、もう絶交だよ」スタスタ

マミ「……一体何なのよ、あの子は」

マミ「最近の子供はキレやすいというけれども…」

さやか「…あ、マミさんだ!丁度良かったよ」

マミ「あら美樹さん、どうしたの、そんな嬉しそうな顔をして?」

さやか「あのですね…、オッパイって十回言って貰えません?」

マミ「……え?またなの」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:19:57.76 ID:wmn4DVxAO


さやか「…あれ、なんでそんなアンニュイな顔してるんですか」

マミ「…いえね、さっき鹿目さんが」

さやか「…言い訳は良いですよ。私の事が嫌いならそうハッキリ言って下さいよ」

マミ「ちょっと待って、誰もそんな事言ってないわ!」

さやか「それじゃ、お願いしますよ…」チラッ

マミ「分かったわよ、言えば良いんでしょう」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:23:40.67 ID:wmn4DVxAO


マミ「っぱい、おっぱい、おっぱい。…これで満足?」

さやか「それじゃあですね!それじゃココは何でしょう!」サッ

マミ「……だから、そこは肘でしょ」

さやか「………、ちょいさぁ!!」ブン

ゴチン!!

マミ「たぁいっ!!どうして私のスネを蹴るのよ!?」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:34:28.13 ID:wmn4DVxAO


さやか「話し掛けないでよ!アンタの顔は二度と見たくないわ」スタスタ

マミ「ちょっ!先輩に向かってその言い方はないでしょう!」

マミ「…鹿目さんといい、一体なんだというの。いつもはとっても良い子達なのに」

マミ「……は!?これはまさか魔女の仕業ね!そうに違いないわ」サッ

ピホパホポポ…

ほむら『…はい、暁美ですけど』

マミ「暁美さん!今すぐ会えるかしら!」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:40:33.28 ID:wmn4DVxAO


ほむら「…貴方が、私を呼び出すなんて珍しいわね」

マミ「それがね、緊急事態なのよ!鹿目さん達が魔女に」

ほむら「まどかが!?詳しく話しなさい」


マミ「………と言う訳なの。おかしいと思わないかしら」

ほむら「確かに…。美樹さやかはともかく、まどかが理由も無しに人を叩くなんて思えないわ」

マミ「でしょう!早く鹿目さん達の周辺を探りましょう」

ほむら「そういう事なら了解よ。……そうだわ」

マミ「どうしたの?何か良いアイディアでも!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:46:19.98 ID:wmn4DVxAO


ほむら「あの…、オッパイって十回言って貰えないかしら?」

マミ「…………え?」

ほむら「どうしたのよ、鳩が豆鉄砲を撃ち込まれた様な顔をして?」

マミ「…いえ、別に。そのナゾカケって今、流行ってるのかしら…」

ほむら「そうでもないわよ。私達が子供も頃からある他愛も無い遊びでしょう」

マミ「…そ、そうよね」

ほむら「それよりも、早く言って貰えないかしら。まどかの身が心配だわ」

マミ「わ、分かったわよ…そんな急かさないで」ビクッ


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:52:41.10 ID:wmn4DVxAO


マミ「…っぱい、おっぱい、おっぱい!…これで良いでしょう」

ほむら「上出来よ…。そして、ココはなんと言う名称かしら?」サッ

マミ「だ・か・ら、ひ………」ピタッ

ほむら「どうしたの?早く答えなさい」

マミ「お、……おっぱい…」

ほむら「…え?何かしら、良く聞こえなかったわ。もう一度言って頂戴」

マミ「おっぱいよ!!」

ほむら「でぃやぁぁぁっ!!」ブン

ガッチコーン!

マミ「へばぁ!……ばっ、何を考えているの!盾の一番硬い部分で私の鼻を思い切り叩き付けるなんて!」ダラダラ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 18:59:57.32 ID:wmn4DVxAO


ほむら「額にトカレフを撃ち込まれ無かっただけでも有り難いと思いなさい!」スタスタ

マミ「うぅ…、一体なんなのよ。まさか暁美さんまで魔女の生贄に…」ダラダラ

マミ「いけないわ、鼻血が止まらないし、一旦ウチに帰りましょう…」フラフラ


ガチャリ

QB「お帰りマミ。……て、どうしたんだい鼻のティッシュは」

マミ「聞いてくれるかしらQB!皆が私に酷い事をするのよ!」

QB「分かったから落ち着いて。ほら、ここに座りなよ」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 19:08:59.44 ID:wmn4DVxAO


マミ「…という訳なのよ!酷いと思わないかしら、私は先輩なのに」プンプン

QB「興奮するとまた鼻血がでてくるよ。…確かに酷い話だよね」

マミ「こうなったら私一人でも、悪い魔女を懲らしめてあげるわ!」

QB「大丈夫だよマミ、僕がバックアップしてあげるから」

マミ「有り難う、QB。貴方は私の最高の友達だわ!」

QB「気にしないでよマミ!…変わりと言ってもなんだけど」

マミ「何かしら、なんでも言って頂戴な」

QB「じゃあ、オッパイって十回言ってよ!」

マミ「………えぇ?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 19:12:07.68 ID:2qTQMI9M0


オチが見えないwwww


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 19:23:28.61 ID:wmn4DVxAO


マミ「だ、ダメよー。QBは男の子じゃあないのよ。レディに失礼だわ」

QB「僕はインキュベータだから良いんだよ。いいから早く言ってよ!」

マミ「えーっと…」

QB「お願いだよマミ!僕達最高の友達でしょ」

マミ「…そう言われたら弱いのよね、わたし。分かったわよ」

QB「やったね!流石マミだよ」ワクワク

マミ「おっぱい、おっぱい、おっ……」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 19:36:19.54 ID:wmn4DVxAO


マミ「…っぱい、おっぱい。これで良い?早く魔女を探しに行きましょう」

QB「待ってよマミ。まだ大事な事が残っているよ!」

マミ「大事な事…?」

QB「んとね!あのね!!ココは?僕の指差すココは何かな?!」

マミ「…何って、前足よね…?」

QB「ティロ・フィナーレッ!!」ブァン

べガンッ!!


マミ「ひぺっぷ!!…ふぃ…、訳が分からない…。訳が分からないわ」ガクガク

QB「何がだよ!!」

マミ「ど、どうしていきなり、尻尾でミゾオチを突かれなければならないのよ…」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 19:44:25.33 ID:wmn4DVxAO


QB「何故、何故ってキミはいつもそうだよね!何が最高の友達だよ!!信じた僕が馬鹿だったよ」ピョンコリ

マミ「ま、待ってよQB!だって……」

シーーン

マミ「……そうよ。人間だけじゃなくてインキュベータにまで影響を及ぼす悪い魔女なのよ…」

マミ「…そういう事なのよ。だから私が頑張って退治しないと」

グキュゥゥゥ…

マミ「でも、お腹も空いたし明日からにしましょうか」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 20:00:51.11 ID:wmn4DVxAO


スタスタ

マミ「ふぅ…自炊が面倒な時はLAWSONに限るわ。便利よねコンビニエンスストアは」

マミ「…あら、いやねぇ。あの子駐車場に座り込んでいるわ。他の利用者の迷惑よ…」チラッ

杏子「何さっきからチラチラ見てんだよ…アンタ?」

マミ「べ、別に!見ていないのだけど。貴方の勘違いじゃあないかしら!」ビクッビクッ

杏子「ん…アンタ、巴マミじゃないさ」

マミ「え?……あら、ささ佐倉さん」

杏子「丁度良かった、なんか喰うモンないかい?」

マミ「…そうねぇ、デザートに買ったゼリーくらいならいいけれども」ゴソゴソ


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 20:10:26.17 ID:wmn4DVxAO


杏子「ふぃー。やっぱり賞味期限が新しいのはウメェな!」ジュルジュル

マミ「そ、そう…。それは良かったわ」ソワソワ

杏子「…何さ、さっきから落ち着かねーみたいだけどさ」

マミ「ちょ、ちょっと聞いてみていいかしら…?」

杏子「何をさ?」

マミ「おっぱいって十回言って見てくれないかしら?」

杏子「あん?…まぁ食い物貰ったし別にいいけどさ」

マミ「(…おあいにく様ね!魔女の仕業だか知らないけれども、ならばこちらから先に仕掛けてあげるわ!)」ニヤニヤ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 20:23:55.34 ID:wmn4DVxAO


杏子「…ッパイ、オッパイ、オッパイ。これでいいかい?」

マミ「えーっとね。それじゃあココは!」サッ

杏子「……肘?」

マミ「えいやぁ!」ブン

杏子「…!?いきなり何しやがる!」ブァン

ベチゴーンッ!!

マミ「ッつぱし!!…柄の…柄の硬い所で鎖骨部分を!」ゴロゴロ

杏子「ふぅ、油断もスキもないぜ…」

スタスタ


マミ「………………」ピクピク


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 20:36:48.16 ID:wmn4DVxAO


マミ「そんなの聞いてないわ……、反則よ…こんなの」ゴソゴソ

マミ「あぁ……、デミブラウンソースのオムライスが袋から飛び出して大変なことになっているわ……」ネチャ

マミ「マミさんのヤル気ポイントが30ダウンね…」

スタスタ

「ティヒヒヒ!ティヒヒヒ!!」

マミ「…あら、疲れが溜まっているのかしら。鹿目さんの笑い声が聞こえる気がするわ」

「ティヒヒヒヒ!」

マミ「………なんだ、鹿目さんの家の前じゃないの。…随分楽しそうな鳴き声ね」

さやか「それにしても上手くいったよね!」

マミ「……美樹さんもいるの…」コソコソ


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 20:55:52.57 ID:wmn4DVxAO


まどか「ティヒヒヒ!それじゃ次はどんなナゾナゾにしよっか!」

ほむら「私はまどかが言うならば、なんだっていいわよ」

まどか「そうだねー、じゃあさ…」

マミ「ティロ・フィナーレ!!」バッリーン!

さやか「…ひぃ!?」

バラバラバラバラ

まどか「マ、マミさん!?な、なんでここにいるの!」

マミ「何故も杓子もないわ…。私は魔法少女よ、魔女がいる所ならば何処にでも現われるわよ」カチャリ

さやか「お、落ち着きなよマミさん!ここに魔女なんていないよ!いいからその物騒なの下げてよ」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 21:05:18.73 ID:wmn4DVxAO


マミ「居るわよ、人間の皮を被った薄汚い魔女たちがね!」ガクガク

まどか「ほむらちゅあん!助けてよ!!」

さやか「そうだよ!その為の転校生じゃん!」

ほむら「…………………………」

ほむら「………えぇ、私は魔法少女。汚らわしい魔女を狩るものよ」ギリッ

さやか「いだい!いだい!!アンタ何すんのよ!相手はマミさんでしょ!」ジタバタ

ほむら「…巴マミ。二人で魔女を消去しましょう」

まどか「ちょっと、ほーむらちゅあん!!酷いよそんなのあんまりだよ!」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 21:19:29.25 ID:wmn4DVxAO


マミ「……鹿目さん…一つお願いしていいかしら?」

まどか「ティ……ティヒヒヒ…。な、なにかな!何でも言ってよ!」ビクッ

さやか「だ、だから命だけは助けてよね!」

マミ「おっぱいって十回言ってみてくれないかしら?」

まどか「………えっ?」

マミ「聞こえなかったかしら…?おっぱいって十回言って貰えない」

さやか「は、早く言いなよ!まどか!」

ほむら「そうよ、巴先輩の気が変わらない内に早くしなさい」

まどか「ズ、ズルイよ二人とも!私ばっかり」

マミ「言うの?言わないの…?」カチャリ

まどか「い、言うからその銃火器しまってよ!」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 21:34:05.85 ID:wmn4DVxAO


まどか「オッパ…………」

マミ「ふ、フフフ。フフフ」ニヤニヤ

まどか「オッパイの大きい女性を消し去りたい!……過去と未来、全てのオッパイを!!」

マミ「…な、何を!?」

QB「その願いは、エントロピーを凌駕した。マミ、キミの負けだよ」ピョコリン

マミ「キュ…、キュウべえ…!?ヌイグルミの中に紛れて…!」バッ

QB「もう遅いよマミ…。自分の足元を見てごらん」

マミ「こ…これは…」

さやか「マ、マミさんの身体が少しずつ薄くなっている…!」

ほむら「…始まったのよ。まどかによる願いが…。オッパイへの反逆が」

さやか「そんな…こんな事って…」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 21:43:24.12 ID:wmn4DVxAO


まどか「大丈夫だよマミさん、例えマミさんが…、オッパイがこの世界から消えても、私は忘れない…」

マミ「…え?ちょっと」

さやか「そうだよ!絶対に忘れない。…マミさんは私達の最高のオッパイだったんだね」

ほむら「……その通りよ、だから私達は刻み付けなければならない。この罪悪を」

マミ「わ、訳がわからないし笑えないわ!QB、解約しなさいよ、こんな願い」

QB「ごめんよ、マミ。全てはこの世界の意思による導きなんだよ」

マミ「…き、消える…!私の身体が消え……」

…………………………


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 21:54:14.71 ID:wmn4DVxAO


『……さん、マミさん』

マミ「………は!こ、ココは…、天国!?それとも、嘆きの川(コキュートス)かしら…?」

まどか「ティヒヒ、嫌だなぁマミさん!寝ぼけてるんですか?」

マミ「こ…、ここは、私の部屋…」カバッ

さやか「食べてすぐ寝たら太りますよー」

ほむら「最も、貴方は腹部ではなく別の箇所でしょうけど」

マミ「皆…?夢。全てが夢だったとでも言うの。…それにしては余りのリアリティ…」

まどか「そだそだ、マミさんが寝てる間に私達面白い遊びしてたんだよ!」

マミ「あらあら、どんな遊びなの?」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 21:59:52.63 ID:wmn4DVxAO


まどか「えとね、オッパイって十回言ってくれませんか?」

マミ「………え?」

さやか「ほらほら、騙されたと思って言ってみなってば!」

マミ「(何を躊躇しているのよ、巴マミ。あれは夢だったのよ。……そう、だから何も問題は無いのよ)」

ほむら「…どうかしたのかしら?」

マミ「な、なんでもないわ!……よーし、それじゃあマミさん張り切っちゃうぞー」

まどか「わぁい!流石マミさんだよ!」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 22:18:28.43 ID:wmn4DVxAO


マミ「…っぱい、おっぱい、おっぱい!…さぁ、次は何かしら」

まどか「えーっと!えーっと!!それじゃココは何ですか!」

マミ「そこは、おっぱ…………」ピクッ

さやか「どうしたのマミさん、またボーッとして?」

マミ「(…そうか…、全てはそう言う事だったのね)」

その瞬間、私は全てを理解した。…最初からそうだったのだ。最後までそうだったのだ。
だから私は、今度こそ………

ほむら「……、巴マミ。泣いているの?」

まどか「えぇ!?ちょっとマミさん!…私何か悪い事言ったかな?」

さやか「そ、そんなの私に言われてもわかんないよ!」


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 22:24:36.13 ID:wmn4DVxAO


マミ「違うの…。違うのよ皆。…鹿目さん、あなたの指している場所ね」

鹿目「…は、はい」

マミ「答えは『オッパイ』……でしょう」

まどか「凄いよマミさん!一回で正解するなんて」

さやか「本当だよ!流石私達の先輩だね」

ほむら「……おめでとう」パチパチパチ

さやか「おめでとう!」パチパチ

まどか「おめでとぅ!マミさん!」パチパチパチパチ


…おっぱい、オッパイ…。全てはそういう事だったのだ。

マミ「……ありがとう」ニコッ

―終劇!―


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 22:26:33.75 ID:+kbbx5x90


まどかはおっぱい指してたのに、おっぱい小さいから肘を指してる様に見えて
それで肘って言ったから怒ったのかなと解釈したけどたぶん気のせいだよな乙


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 22:28:38.90 ID:4+ZmMrGR0




なんかナポリタンのコピペ思い出した


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 22:30:16.66 ID:IOceM/sz0


              .,-'''''~~~ ̄ ̄~~''' - 、
 \      ,へ.人ゝ __,,.--──--.、_/              _,,..-一" ̄
   \  £. CO/ ̄            \       _,,..-" ̄   __,,,...--
      ∫  /         ,、.,、       |,,-¬ ̄   _...-¬ ̄
 乙   イ /    /   ._//ノ \丿    ..|__,,..-¬ ̄     __,.-一
      .人 | / ../-" ̄   ||   | 丿 /  ).  _,,..-─" ̄   ._,,,
 マ    .ゝ∨ / ||        " 丿/ノ--冖 ̄ __,,,,....-─¬ ̄
        ( \∨| "  t-¬,,...-一" ̄ __--¬ ̄
 ミ  ⊂-)\_)` -一二 ̄,,..=¬厂~~ (_,,/")
     .⊂--一'''''""|=|( 干. |=| |_      (/
   /  ( /      ∪.冫 干∪ 人 ` 、    `
 /      )         ノ '`--一`ヽ  冫
                 く..          /
                .  ト─-----イ |
                  ∪       ∪



    スポンサーサイトまどか「マミさん、オッパイって十回言ってみて!」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。