スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「魔法少女まどか☆ペド化」さやか「!?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/08/14 22:30
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:31:39.30 ID:SUMfi5bk0


マミ「もう何も怖くない!」



ほむら「…ええと、確かこの展開だと巴マミはマミられて死ぬのよね」ホム
   「もう縛り抜けも余裕だし、やっぱり助けた方が良いのかしら…」
   「それにしても…、ここはこんな結界だったかしら…?」キョロキョロ

魔女「……………!」

ほむら「魔女も記憶にある姿と違う…?」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:33:41.80 ID:SUMfi5bk0


マミ「ティロ・フィナーレ!」ドォオオオオオオン

ほむら「せっかく助けられるのだから、借りの一つでも作っておきましょう」ヒュッ

マミ「……魔女が消えた!?」

ほむら「!?」

さやか「!」

まどか「……え?」

マミ「いきなり現れ――、鹿目さん、危ない!!」ダッ

 ドォオオオオオオオオオオオオオン

さやか「まどか! マミさん!」

ほむら「…下がっていなさい、美樹さやか」

さやか「転校生!? アンタ、その格好……!」

ほむら(どういうこと……、魔女が明らかにまどかを狙った……。こんな展開見たことない……)


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:35:43.75 ID:SUMfi5bk0


まどマミ「……っ……」

さやか「! 良かった、二人とも無……」

ほむら「……!?」

まどか「あぅゆ?」モタモタ

マミ「ぅー……」パタパタ

さやほむ「……こどもーーーーーーーーーー……!?」



――ほむホーム



さやか「……転校生、コレ一体どういうことよ……」

ほむら「わからないわ。魔女の攻撃によるものだと思うけれど……、
    結局あの魔女はそのまま消えて逃げてしまったし……」ホムゥ

まどか「さやー ほむぅー」キャアキャア

マミ「……」ジィイ


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:37:45.85 ID:SUMfi5bk0


さやか「……やっぱ、まどかとマミさん、よね……?」

ほむら「髪の色はそのままだし、顔立ちも、やっぱり似てるわね……」

さやか「え、えーっとぉ、二人とも、お名前は?」

まどか「かにゃめまろか!」キャー

マミ「……まみ」ポソ

さやか「まどかんとこのたっくんと同じくらいかなぁ……。二人とも子供になっちゃったってこと?」

ほむら「どうやらそのようね……、信じがたいけれど」

さやか「アンタ、無表情に鼻血流すのやめてくんない? ぶっちゃけ何考えてんの?」

ほむら「こどもまどか可愛すぎて生きるのが辛い」ボトボタボトボトト

さやか「どうにかして。クールな変態って見ていてキツい」

ほむら「……(ティッシュ詰め詰め)
    一人暮らしの巴マミはともかく、まどかには一緒に暮らす家族がいるわ。
    どうしたらいいのかしら、こんなまどかを連れて行っても……」

さやか「まあ……、信じちゃ貰えないわよね」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:39:49.51 ID:SUMfi5bk0


ほむら「逃げた魔女を倒せば二人とも元通りになるかも知れない。というか現状それ以外の方法はないわ。
    全力で探すし全力で倒すけれど、今すぐというわけにはいかない」

さやか「……で?」

ほむら「どうしたらいいかしら」ホムッ

さやか「つまり自分じゃどうしていいのかわかんないのね……。
    はぁ……、んー、とりあえずまどかの家に電話してみる。
    テストが近いからみんなでウチに泊まって一緒に勉強する、とか。
    まどかの家、結構そういうとこゆるいし、なんとかなるかもしんない」

ほむら「お願いするわ」

さやか「はいはい。……ここ電波悪いわね、外でかけてくる」バタン



QB「やれやれ……、とんでもないことになっ――」ズドン

まどマミ「!?」ビクゥウウウ!!

QB「てるね。それと暁美ほむら、姿を見るなり躊躇無く発砲するのはやめて欲しい。
   ご覧よ、二人とも固まっちゃってるじゃないか」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:41:54.69 ID:SUMfi5bk0


ほむら「消えなさいインキュベーター。まどかには指一本触れさせない……!」

QB「鼻にティッシュ詰めながら言われても……。
   けどまあ、鹿目まどかに契約を迫る、ということであるなら、その心配は杞憂だよ」

ほむら「……どういうこと?」

QB「それは僕が聞きたいね。あの魔女の攻撃を受けた二人は、肉体的にも精神的にも10歳以上幼くなってしまった。
   僕たちの契約は双方向だ。僕から一方的に契約は結べない。自我も確立していない子供が相手では
   魔法少女の契約を結ぶことなんて出来ないんだよ」

まどか「ふあふあ、にぎー」ギゥウウウウウ

QB「鹿目まどか、顔面を握るのはやめてくれないかな」

マミ「…」オドオド

QB「マミ、今の君を見ていると、普段の君がどれだけ無理をしてキャラを作っているのかと案じてしまうね」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:44:22.99 ID:SUMfi5bk0


ほむら「で、あなたはどうしたいの?」

QB「どうするもこうするも、君が二人を元に戻すのを待つだけさ。君はそのつもりでいるようだし有り難い。
   このままでは鹿目まどかと契約を結ぶことも出来ないし、マミは魔法少女としての能力を失っている。
   僕は……、そうだね、それまでは休暇でも取らせてもらおう」

まどか「くーべー」キャッキャ

QB「目をえぐろうとしないで」

マミ「……」ムシッ

QB「マミ、無言で毛を毟るのをやめて欲しい。君は追い詰められると意味もなく暴力行動に出るのかい?」

ほむら「契約出来なくなったというのならここにいなさい。癪だけれど二人の相手をさせておくのに丁度良いわ」

QB「体をボロぞうきんに変える期間を休暇とは言わないんじゃないかな? というわけであとは君に任せるよ。
   僕のことは嫌いのようだけれど、何にしてもその二人をそのままには出来ないだろう?」スタスタ

ほむら「あ、待ちなさ――! ……く。――確かに、このままにしておくわけにも……」

まどか「ほむー、くーべーないない…」ショボ

マミ「…くーべー…」ウルウル


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:46:35.02 ID:SUMfi5bk0


ほむら「……無茶苦茶可愛がりたい……。でもどうやって可愛がっていいのかわからない……」ホム…

ガチャ

さやか「てんこーせー、OK出たよ。とりあえずあたしンちに泊まってるってことにしといた。
    明日から連休だし、その間に何とかしてよね」

ほむら「え、ええ。ありがとう、美樹さやか」

さやか「ふむー、しかしなんだね、これは」

ほむら「ええ……」

まどか「ほむほむ、さやさや、あしょぼー」キャアー

ほむら「可愛いまどか愛しすぎる天使か」

マミ「……」ジィイイイイイイ

さやか「マミさん、は、クマのぬいぐるみにしがみついたまま微動だにしない……。
    人見知り激しい子供だったのかなぁ……」

ほむら「情緒の不安定さが良く出ているわ。三つ子の魂百までね」

さやか「転校生の家にあんなでっかいクマのぬいぐるみがあったのも意外だけどね」

ほむら「商店街の福引きで当たったのよ。捨てるのも勿体ないし置いておいただけ。お陰で役に立ったわ」

さやほむ「……」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:48:41.03 ID:SUMfi5bk0


まどか「ていひひー」ニコパ

マミ「……くまたん」モフモフ

さやか「ペットショップの中にいる感じがする」///

ほむら「気持ちはわかるけどそこは母性本能と言いなさい」///

さやか「と、ともあれさ、もう遅いしあたし一回帰るよ。ま、また明日来るから!」

ほむら「ちょ、ちょっと!」

さやか「……な、何よ……?」

ほむら「いやその……、ええと……、私、ちっちゃい子の面倒なんて見たことないし……」アワアワ

さやか「あ、あたしだってないよ!?」

ほむら「……どうしていいのか、わからないわ……」

さやか「そんなのあたしに言われたって……」

まどか「ほむほむさやさや、けんかはめー」ムー

マミ「……ぅー」クマギュウ

さやか「……あうー。わかったよ、あたしも泊まってく。出来るだけ手伝うよ。
    だから転校生、アンタは二人を元に戻すの頑張ってよね。アンタも魔法少女なんでしょ?」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:50:58.62 ID:SUMfi5bk0


まどか「さやさやけんかしない?」キョト

マミ「……?」オズオズ

さやか「ケンカしないよー。あーもう、ふったりともかわいいなぁー!」ダキッ

マミ「!!」ビックゥッ

まどか「さやほむなかよしー」キャッキャ

ほむら「……明日朝一番で一番良いデジカメ買ってくるわ。あとフリッフリの子供服」

さやか「それ二人を元に戻すのに関係ないよね?」

ほむら「ああ……、今日は何だか本当に疲れたわ……。明日からのこともあるし、夕食にして休みましょう」

さやか「同感。お腹空いたし――って、そういやこの二人のご飯どうするの?」

まどか「ごぁーん」ハァイ

マミ「……」ジィイ

ほむら「普通のご飯食べさせて大丈夫なのかしら?」

さやか「ミルクってことはないだろうけど、離乳食って何歳くらいまで食べるの?」

ほむら「そんなの知ってるわけないじゃない」ファサ


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:53:12.56 ID:SUMfi5bk0


さやか「威張んな。……あたしも知らないけど。
    ああん、まどかだったらたっくんがいるからこういうのわかるんだろうけどなあ」

ほむら「レトルトカレーなら買い置きがあるけれど」

さやか「んー……、カレーならご飯と混ぜれば小さい子でも食べやすいか。いいんじゃん?」

ほむら「なら暖めてくるわ。辛さ50倍とか書いてあったけど大丈夫かしら?」

さやか「大丈夫なわけないだろぉおおおおおおおお!?
    何アンタ激辛党!? いやていうかそんな刺激物子供にダメでしょ!? 虐待!?」

ほむら「辛くないカレーなんてカレーじゃないわ」ホムッ

さやか「味とか問題じゃないっつーの! 二人とも泣いちゃうわよ! お腹壊しちゃうわよ!
    ていうか50倍なんてあたしも食べらんないよ! バカじゃないの!?」

ほむら「……そんなに怒鳴ることないじゃない! どうしていいのかわからないって言ったじゃない!
    ご飯だけじゃないわ! 実際このくらいの子に必要なモノって何なの!?
    おむつとかいるの!? お風呂はどう入れたらいいの!? 寝かせるときは!?」

さやか「逆ギレすんな! あたしに聞かれたって困るって言ってんの! 何でアンタそんなに偉そうなのさ!」

ほむら「ーーーーっ!」ホムー!!

さやか「ーーーーーーッ!」サヤー!!


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:55:38.35 ID:SUMfi5bk0


まどか「ふぁっ……」ヒック

ほむさや「!?」

まどか「けんか? ほむほむさやさや、……けんか?」ヒックヒック

マミ「?」キョト

さやか「ケンカじゃない! ケンカじゃないぞー! これはー!」ガッシ

ほむら「いいいいいいいいきなり肩組まないで! か、顔近い……!」

さやか「ほーら仲良しだー! さやさやはほむほむが大好きなんだぞー!」ニパー

ほむら「み、美樹さやか……!? ちょ、ちょっと……!」

さやか「笑え」ボソ

ほむら「!?」

さやか「いいから笑え。
    考えてみなさい、小さくたってまどかだよ。自分の周りの人の不仲に敏感なのよ。ソッコー泣くわよ」

ほむら「そん、なこと、言われたって」

まどか「……ほむほむ、さやさやきらい?」グシッグシッ

マミ「ふあ……、ふああああああ……」スゥウウウ

さやか(まどかの半泣きに呼応してマミさんが爆発寸前じゃん! はやく笑えっつってんの!)


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 21:57:45.76 ID:SUMfi5bk0


ほむら「ほっ……、ほむほむも、さやさやが、だ、いすき、……よ?」ニヤァアア

マミ「!?」ビクゥウウウウウ!!

まどか「!」ニパアア!!

さやか「……アンタどんだけ笑顔が下手なのよ、マミさんあれ確実にビビって泣き止んだわよ」

ほむら「ふ、二人とも泣かずに済んだんだからっ、早く肩ほどいて……!」カアアア

さやか「はーやれやれ。とりあえずさ、その激辛カレー以外は何かないの?」

ほむら「コンビニにでも行って、小さな子でも食べられそうな物買ってきた方が早そうだわ。
    ……ちょっと行ってくる。ついでに必要そうな物も」

さやか「逃げないでよね」

ほむら「なるべく早く帰ってくるわよ。それまで二人をお願い」トタトタトタ

さやか「りょーかい」

ほむら「……美樹さやか」

さやか「ん?」

ほむら「私だけだったらきっと泣かせてた。ありがとう」

さやか「……さやかでいいよ、転校生」

ほむら「ほむらでいいわ。……さやか」バタン


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:00:40.46 ID:SUMfi5bk0


さやか「……寝たよ。マミさん大分ぐずったけど、ぐずり疲れて寝ちゃったみたい。
    まどかは呑気というか相変わらずというか、横になったらグースカだわ」

ほむら「そう、お疲れ様。ご飯暖めておいたわよ、コンビニのお弁当で悪いけれど」

さやか「しかしこれとんでもない重労働ね……」ヨッコッラセ

ほむら「外国では私たちくらいの子がベビーシッターをするって聞いたけれど、正直すごいと思うわ」イタダキマス

さやか「ホントだよ。お、唐揚げ弁当だ、ゴチ」イタダキマス

ほむら「ところで聞きたいことがあるのだけれど。どうしてまどかのお風呂担当が私ではなかったのかしら」ゴゴゴ

さやか「……まどかとお風呂って言い出した時点で床を血だらけにしたヤツに任せられるか。
    どっちの身も危険すぎるっつの」モグモグ

ほむら「巴マミは相当なお風呂嫌いね。……錯乱して私に銃を向けてきた時と同じ顔をして泣き喚いたわ」モグモグ

さやか「何言ってんだかわかんないけど、確かにすごい悲鳴だったなあ。まどか凍り付いてたよ」

ほむら「でも育ちはいいのね。自分から寝る前の歯磨きをしようとしたわ」

さやか「あ、そうそう、マミさんさ、まどかを年下と認識したみたいだよ。寝る前に歯磨きしなきゃダメ、って教えてた。
    あ、お茶貰っていい?」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:02:42.44 ID:SUMfi5bk0


ほむら「どうぞ。……それにしてもまどかの好奇心には困ったものね。
    姿が見えないと思ったら、手榴弾片手に走り回ってるんだもの。心臓が破裂するかと思ったわ」

さやか「アンタ一人の心臓破裂で済む問題じゃなくなるとこだったっつーの。
    ほむら、アンタの部屋って多分世界一子育てに向いてない部屋だと思う」ゴクゴク

ほむら「さやかこそ、巴マミを便座の隙間からトイレに落としたでしょ。
    あなた笑って誤魔化してたけど私知ってるのよ?」ゴクゴク

やさほむ「……」ゴチソウサマ

さやか「……なんか、さ?」

ほむら「何かしら?」

さやか「子育てに悪戦苦闘する若夫婦の夕食時、って、こんな感じなのかなあ」

ほむら「ほむっ!?」ボフウ!!

さやか「ねぇアナタぁ……、あたし三人目が欲しいなぁ……」ウットリ

ほむら「!?」ホム!? ホム!?

さやか「なーんつってねー!
    つっけんどんでお高くとまった無愛想なヤツー、て思ってたけどさ、
    ほむらー、アンタ結構面白いヤツね。まどかと同じくらい、なんかイジりたくなるわ」ケタケタ

ほむら「知らないわ!」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:04:58.69 ID:SUMfi5bk0


さやか「まー、何はともあれ、一日お疲れ様デシタ、と」

ほむら「ふん」

さやか「ところであたしらどこで寝んの? ほむらのベッドは二人寝ちゃってるし」

ほむら「寝てるからって二人を放っておけないでしょう? その辺のクッション持って行ってベッドのそばで雑魚寝よ」

さやか「うへぇ……、明日体痛くなりそう」

ほむら「文句言うならクッションも貸さないわよ」

さやか「わかってるってば。テーブルのゴミ片付けておくから、ほむらはクッション運んでおいてよ、疲れて眠いわ……」

ほむら「そうね……。私ももう横になりたいわ……」フラフラ

さやか「あのさー」

ほむら「また変なこと言うなら次は容赦しないわよ」ギロ

さやか「つっけんどんだったり無愛想だったりしたのは、あたしも同じだわ。……ごめんね、ほむら」ポリポリ

ほむら「別に、もういいわ。……お互い様だもの」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:07:22.07 ID:SUMfi5bk0


――翌日



ほむら「ほむほむは」イイ?

まどか「ほむほむあ」アイ

ほむら「俺の嫁」キリッ

まどか「おえのよめ」キリ

ほむら「すごいわまどか……、何て賢いの、やはりあなたは天才ね……」

まどか「おえのよめー」キャッキャ

ほむら「もう……何も怖くない……!」フルフルフル

さやか「ちょっとほむらー!? アンタまどかに何吹き込んで――」

マミ「さぁか、ちっち」プルプル

さやか「うわぁ!マミさんおしっこですか!? ちょ、ちょっと我慢してくださいね! トイレトイレ!」ダキッ

マミ「……ふぁ」ウルウル

さやか「わー!!」バタバタバタ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:09:32.71 ID:SUMfi5bk0


ほむら「騒がしいわね。せっかくのまどかとの愛の語らいを――、って、
    あら? まどか……?」

まどか「ほむー?」クイクイ

ほむら「まどかぁー! ダメぇえええええ!
    作りかけのほむボム触っちゃだめぇええええええええええ!」

まどか「ほむっ」カチ

ほむら「時間停止ーーーーーーーーー!」ピーン

 ……。

マミ「ちっちでた」タッタタカター

さやか「マミさんー! ぱんつ! まだぱんつはいてないから!
    ……って、ほむら、何? どった? 何で爆弾抱えて突っ伏してんの?」

ほむら「魔女と戦うより疲れる……」ゼッ ハッ

さやか「……そりゃ弾薬庫と託児所が一緒になってっからね。せめて二人の手の届かないとこに片付けなさいよ」

ほむら「そうしておくわ……。あ、でも、弾抜いた拳銃とかなら二人のおもちゃにならないかしら?」

さやか「そんなんで遊ぶ子供とか怖いだろ!?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:11:38.48 ID:SUMfi5bk0


ほむら「これはデリンジャーっていうの。小さいからあなたたちでも持てるわ」

まどか「でぃんじゃ?」ペチペチ

マミ「てろふぇなーれ?」ジィイ

さやか「……ぶっ飛ばされる前にやめときなさいよ、ほむら」ニコニコ


QB「お邪魔するよ、暁美ほむら」スゥ

ほむら「丁度良いところに来たわね、子守獣インキュベーター」

まどマミ「!!」ドドドドドド

さやか「おーおー、群がる群がる」

まどか「くーーべーー!」キャッキャッキャ

QB「鹿目まどか、口の中に腕を突っ込むのはやめてくれないか。僕には痛覚も恐怖心もないけれど、
   何やらおぞましいことをされているという自覚はあるよ?」

マミ「くーべーくーべー」ギュムギュム

QB「マミ、誰かがやっているから自分もやる、というのはモラルの墓場だと思わないかい?」

まどマミ「きゃー!」モニュモニュギニュギニュ

さやか「聞いちゃいねえ」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:13:42.39 ID:SUMfi5bk0


ほむら「いい気味だわ。ていうか何しに来たのよ、休暇中でしょ?」

QB「酷いな、少しでも君たちの役に立てばと思って、昨日の魔女の居場所を教えに来たのに」

さやか「おお、やるじゃんキュゥべえ」

ほむら「何が君たちの為、よ。少しでも早くあの二人を……、まどかを元に戻したいからでしょう?」

QB「そうさ。そしてその点においてなら、僕と君との利害は一致する。違うかい?」

ほむら「……」

さやか「……ほむら?」

ほむら「いいわ。……場所を教えなさい」


――魔女結界内


魔女「!」ドォオオオオン

ほむら「これでどう――!?」

魔女「……!」ヒュン

ほむら(また! 消えたと思ったら全く別の場所――!)


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:16:03.01 ID:SUMfi5bk0


魔女「……」ゴォォォォ

ほむら(一撃でも貰ったら子供になっちゃう――! やりにくい……!)ヒュッ!

魔女「……!」

ほむら(攻撃は通ってる。けど大きなダメージを与える攻撃はことごとく避けられてるわ……。
    時間を停止させて仕掛けているのに、直撃の寸前でかわされてる。どういう機動力よ――!)

杏子「何だぁ? 結界見付けて来てみりゃ先客アリかよ。折角グリーフシードが手にはいると思ったのに」

ほむら「佐倉杏子!?」

杏子「アンタ誰だ? 見たトコ魔法少女みてーだけど、何であたしの名前を知ってんだ?」

ほむら(1:1じゃキリがない……。彼女の手助けがあれば良いのだけれど……、
    佐倉杏子の性格からして、面識の無い私がいきなり共闘を申し出ても聞いてはくれないでしょうね……。なら――)

ほむら「話は後にしましょう。
    グリーフシードなら……、いいわ。トドメを刺した方が手に入れるってことでどうかしら?」

杏子「おっもしれぇ、ノってやるよ。グリーフシードはいただきだっ!」ダッ!

魔女「……!」

杏子「おりゃあああああああァッ!」ブンッ!

ほむら(佐倉杏子のタイミングに合わせて――)スチャッ


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:18:14.44 ID:SUMfi5bk0


 ドォオオオオオオオオオオオン!!

ほむら(佐倉杏子の攻撃を回避した隙をついた……!
    今度は――どう!? 避けられるタイミングなんて無かったはず――!)

杏子「……消え――た?」

魔女「……!」ヒュン

ほむら「佐倉杏子! 後ろ――!」

杏子「な――!」ドォオンッ

ほむら(今の……、まさか……)

魔女「……」スゥウ…

ほむら「くっ、また逃げる――!」

 ……。

ほむら「――あー……、佐倉杏子、……その、何て言うか……ええと……、無事?」


――ほむホーム


ほむら「一匹増えたわ」ボトッ

さやか「!?」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:20:32.48 ID:SUMfi5bk0


杏子「……」モッチモッチ(爪噛んでる)

さやか「何この子ー!?」

ほむら「佐倉杏子。巴マミや私と同じ魔法少女よ。戦いの最中で一緒になったんだけど……」

さやか「やられちゃったのね……」

ほむら「ごめんなさい、魔女もまた逃がしてしまったわ」ホム…

さやか「しゃーないよ、それよりほむらまで子供にならなくて良かったじゃん!」

ほむら「さやか……」

杏子「……」モッチモッチ

さやか「……それにしてもこの子目つき悪いなあ。こら、爪噛むのやめな。癖になるよ」

杏子「うっしぇ、ばーぁか」モチモチ

さやか「な、なんだとこのぉおおおお!?」

ほむら「まどかと巴マミは?」

さやか「あ、うん、さっきまで起きてほむらを待ってたけど、流石に眠くなっちゃったみたい――
    ってイタタタタタタ! ちょ、アンタ太ももつねるな!」

杏子「きしししし」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:22:41.76 ID:SUMfi5bk0


マミ「……ほむぁ?」コシコシ

さやか「ありゃ、騒いで起こしちゃったか。ほら、マミさん、お布団に戻りましょう? お手々引いてあげますから」

マミ「ほむあ」トタタタタタタタタ ヒシッ

ほむら「と、巴マミ……? え、何、……えぇ!?」オロオロ

さやか「大変だったんだよ? マミさんったら、ほむらがいないほむらがいない、って。
    まどかと一緒になって部屋の中大捜索さー。帰ってくるよ、って何度言っても聞かないし」

ほむら「え……、だって、私、……巴マミは全然懐いてくれなかったし……、元から嫌われて……」

マミ「さぁか、まみねんねすゆ」トタタタタタ

さやか「さてね。案外さ、嫌われてなんかいないんじゃない? このマミさんにも、元のマミさんにもさ」クスクス

ほむら「……か、からかわないで」

さやか「あたしマミさん寝かしつけてくるわー」スタススタスタ

ほむら「……」

杏子「はりゃへった」モチモチ

ほむら「……そうね。来なさい、佐倉杏子。激辛じゃないカレー食べさせてあげる」

杏子「おー、かりぇはしゅきだぞ」

ほむら「嫌われてなんかいない……、か……」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:24:50.89 ID:SUMfi5bk0


――翌日 近所のデパート


さやか「なんっ――で、わざわざ休日のデパートなんかに出掛けようとするかな!?
    わわわわ、マミさん背中で暴れないで下さい!」

ほむら「この辺りじゃここの地下食品街が一番安いのよ。
    私一人暮らしなのよ? 同居人一人に子供三人分のご飯なんてすぐなくなるわ。
    それとも、私が買い物から帰ってくるまで一人で三人の相手する?」

まどか「でぱとーでぱとー」テコテコテコ

さやか「……二人でさえギリギリだったんだよ、三人なんて無理だよ……。
    特に杏子。何なのあの子、常に走り回ってないと死ぬの? マグロ? サメ?」

ほむら「巴マミとは正反対ね。……それにしても、おんぶ紐なんてよく考えたわね。
    ――死ヌほど嫌そうな顔してるけれど」

さやか「だってマミさんってば、手を引いても家から出るの嫌がるんだもん。抱っこすると引っ掻くし。
    下手に刺激しないでよね、やっとおんぶに慣れてくれたみたいなんだから」

ほむら「……本当に、色々と将来が不安な子だったのね」

さやか「ほむら、アンタこそまどかの手離さないでよ?」

ほむら「愚問ね。私がまどかの手を離すなんて、私の魂を離してしまうのと同義よ
    ね? まどか」

まどか「にぇー」ニコパ


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:26:54.76 ID:SUMfi5bk0


さやか「霧の城にでも行ってろよ。こっちは定期的に背中蹴られてんのに……ってほらまたぁ!
    マミさんホント勘弁してくださいよぉ……」

マミ「ぅ゛ー、おうちかえゅぅ…」モゾモゾモゾモゾ

ほむら「さやか、ところで佐倉杏子は?」

さやか「……へ?」

ほむら「さっきまであなたの足下チョロチョロしてたじゃない?」

さやか「え、ちょ! ほむらアンタちゃんと見てなさいよ! こっちは嫌がるマミさん一人で手一杯なんだから!
    やばいよ、迷子になっちゃったら――」

ほむら「大丈夫よ、どこにいるかは……まあ、見当付くから」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:28:55.55 ID:SUMfi5bk0


バイト「……///」ジュゥウウウ
   「はい」スッ

杏子「あいと」ヒョイ パク モッチモッチモッチ
  「んめぇ」ニパア

バイト「……///」ジュゥウウウ
   「はい」スッ

杏子「あいと」ヒョイ パク モッチモッチモッチ
  「んめぇ」ニパア

バイト「……///」ジュゥウウウ
   「はい」スッ

杏子「あいと」ヒョイ パク モッチモッチモッチ
  「んめぇ」ニパア

さやか「なにあれこわい」

ほむら「ウィンナーを焼く、渡す、受け取る、食べる、笑う、までがワンセットで綺麗にループしてるわね……」

 ……。

ほむら「……買う必要のなかったウィンナーを買うハメになったわ。結構高いのに」

杏子「んまかったぞ」ケフー


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:31:40.74 ID:SUMfi5bk0


まどか「いいな、ういんないいな、まろかもー」

ほむら「おうちに帰ったら焼いてあげるわね、山のように」ナデクリナデクリ

まどか「!」ニパアアアアア

杏子「きょこもー」ハァイ

ほむら「あなたは今売り場独占して食べたでしょう?」ギロ

さやか「杏子、あんたチョロチョロしすぎ! ほら手ぇ繋いで!」

杏子「……」ジィイイ

マミ「……!?」ビクッ

杏子「……」ペチン!

マミ「ふあ……っ!」

さやか「あっ! こら! 杏子ー! アンタ何でマミさん叩くの!」

杏子「うっしぇばーぁか」トトトトトトト ギュ

ほむら「あら、私のところ? ……そう、さやかは人気者ね」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:33:42.31 ID:SUMfi5bk0


杏子「……!」プイッ

さやか「なんでよー。杏子ったらあたしのこと引っ張るわつねるわ叩くはマミさんいじめるわで散々よ?」

ほむら「佐倉杏子はさやかのおんぶがいいんですって」クスクス

さやか「……え。……あ、いや。
    そ、そっか。
    杏子ー、アンタがもー少し良い子になったらおんぶでも抱っこでもしてやるのになー?」

杏子「うっしゃいばぁか! ばやかー!」キーキー

さやか「ばやかって何!? げんこするよ!?」


さやか(ほむらが笑ってるトコ――初めて見た……)


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:35:54.51 ID:SUMfi5bk0


――ほむホーム 夜


さやか「ほら杏子、アンタ腹出てるわよ」スッ

杏子「むに……、もぉくえにぇ……」モッチモッチモッチ

さやか「ベタな寝言だなあ……。
    えーとマミさんは寝る前におトイレ行かせたし、まどかは……、ああ、もうガン寝してるか」

ほむら「お疲れ様、今日も大変だったわね」

さやか「大変じゃなかった日なんてないよ、……もうくったくた……」ゴロン

ほむら「本当ね。私たちも今日はもう寝ましょ……。電気消すわよ?」カチッ ゴロン

さやか「でもさ、ほむら」

ほむら「何?」

さやか「ちょっと、楽しいよね。……こういうの」

ほむら「……そうね。――少し、楽しいわ」

さやか「だよねー。だからさ、あたしちょっと考えちゃったよ。
    あと十何年かしてさ、結婚して、子供が出来て……、それでもみんな、今みたいな関係のままだったら、
    自分の子供に振り回されながら、こんな風に一緒に過ごすこともあるのかな、って」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:38:01.42 ID:SUMfi5bk0


ほむら「……」

さやか「そういうのさ、なんか、良いよね」

ほむら「そうね。それはとても――素敵な未来なんでしょうね」

さやか「うん。おやすみ、ほむら」

ほむら「ええ、おやすみなさい、さやか」

 ……。

 ………。

 …………。

ほむら「……さやか」

さやか「……」

ほむら「もう、寝た……?」

さやか「……」

ほむら「さやかが描くその未来の景色に……、私はいないの」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:40:19.69 ID:SUMfi5bk0


さやか「……」

ほむら「私も、巴マミも、佐倉杏子も、――私たちはもう魔法少女だから。
    魔女を倒す為だけに存在する死に損ない。そんな私たちに未来なんてないわ」

さやか「……」

ほむら「未来は閉ざされ、夢なんて見られない。
    理を越えた願いを一つ叶えた代償に、私たちはそれ以外の全てを奪われた。
    そしていずれは、代償を払って叶えたはずの願いさえも、奪われる。
    ――魔法少女というのはね、そういうものなのよ、さやか」

さやか「……」

ほむら「きっと数日前の私なら、あなたに対してこんなことを思ったりしなかったと思う。
    でも、今は違うの。私は、まどかが魔法少女にならないで欲しいのと同じくらい、
    さやか、あなたにも魔法少女になって欲しくない。
    私、あなたにも幸せになって欲しいって、――思ってる」

さやか「……」

ほむら「私の言葉は……、もうきっと、誰に届くこともない。
    届くことのない言葉なら、それを口にしようとする思いも必要ない。
    そう割り切った結果が、暁美ほむらの、この有様よ。
    私の臆病は度を増して――、こんな風にしか、あなたに思いを告げられなくなっちゃった」

さやか「……」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:42:38.33 ID:SUMfi5bk0


ほむら「魔法少女にならないで。
    まどかも、さやかも、いっぱい生きて。
    沢山笑って、素敵な恋をして、私には生きられない未来を、代わりに生きて。
    ――その為だったら、私はきっと、……頑張れる」

さやか「……」

ほむら『……いるんでしょう? インキュベーター』スッ…

QB『よく気が付いたね。今来たところだよ』

ほむら『なんとなくね。相変わらず、あなたの間の良さは流石だわ』

QB『君が何を言っているのか良くわからない。まあいいさ、僕は用件を告げるとしよう』
  『見付けたよ――あの魔女だ』



さやか「……」

ほむら「行ってくるね、さやか」

さやか「……」

ほむら「……ごめんね。
    私なんかが、あなたを友達だなんて思ったら、さやかは迷惑だよね……?」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:44:40.71 ID:SUMfi5bk0


――魔女結界内


QB「暁美ほむら。もはや見滝原にいる魔法少女は君だけだ。もしも君が負けてしまったなら――」

ほむら「余計な心配はしなくて結構よ」

QB「随分余裕ありげだね? 過去二戦、一度たりとも決め手となる攻撃が出来なかったのに」

ほむら「いい加減黙って見ていなさい。今となっては、貴方の存在の方が目の前の魔女よりも余程不愉快だわ」

QB「そうかい。それじゃあ頑張ってね」スゥッ



魔女「……!」ゴォオオオオ

ほむら「ほむらの顔も三度まで。――決着を付けましょう」スチャ

ドォオオオオオオオン!!

魔女「!」ス…ッ

ほむら(攻撃の瞬間に消え、全く別の場所から現れる。隙もタイミングもお構いなし。
    ――こいつの能力は瞬間移動かとも思ったけれど……)

魔女「!」ゴッ!!!

ほむら「そうよ、考えたら、全く同じことが出来るヤツがいるじゃない!」ヒュンッ


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:46:41.99 ID:SUMfi5bk0


魔女「……」

ほむら「行くわ――!」パシュッパシュッパシュッ

ほむら(狙いは――着弾の寸前、タイミングは……)

魔女「!」
ほむら「ここ!」

――ピーーーーーン――!!


魔女「……!?」

ほむら「『時間停止』。それがお前の回避能力のタネね。
    私とお前と、全く同時に時間停止を発動させたなら、お互いの時間停止に干渉できる。
    寸分のズレも許されないけれど、そのタイミングなら手に取るようにわかる」

魔女「……!」



ほむら「――だってお前は、私だもの」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:48:43.74 ID:SUMfi5bk0


ほむら「お前は……、私の未来の可能性なのでしょう?
    私が時間を遡行出来るのだから、魔女になった私もまた時間を遡行する。
    時間停止と時間遡行は私の魔法。
    ……攻撃した相手の時間を巻き戻してしまうのは、魔女になった私の性質なのでしょうね」

魔女「……」

ほむら「本当に――惨めなモノね。……これじゃさやかを笑えないわ」

魔女「……マ……」

ほむら「観念なさい。時間停止を破られた私がどれだけ非力かなんて、私が一番良く知ってるわ。
    ――でも……」

――どういうこと……、魔女が明らかにまどかを狙った……。こんな展開見たことない……。

――僕たちの契約は双方向だ。僕から一方的に契約は結べない。自我も確立していない子供が相手では、
   魔法少女の契約を結ぶことなんて出来ないんだよ。

――このままでは鹿目まどかと契約を結ぶことも出来ないし、マミは魔法少女としての能力を失っている。


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:50:50.78 ID:SUMfi5bk0


ほむら「そんな姿に成り果てて、人の言葉さえ忘れてしまって、全ての希望を絶望に塗り潰されてしまっても――、
    それでも私は、まどかの為に『そうあろう』とし続けたのね」

魔女「……マ……ドカ……」

ほむら「インキュベーターの言葉を借りるなら、私もお前も、この出来事も、
    ただのイレギュラーだったのだろうけど、この三日間はとても楽しくて――、
    お前の存在を知ることが出来たお陰で少しだけ、……報われたわ」

ほむら「だから、ありがとう。――さようなら」



――タァン――


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:52:59.57 ID:SUMfi5bk0


――後日。


まどか「おはよー! ほむらちゃーん!」タッタッタッタ

ほむら「ええ、おはよう、まどか。……けど廊下を走るのは良くないわ」

まどか「ごめんねー! 私今日は日直なのー! 忘れちゃってたー!」タタタタタ

ほむら「あ! まどか、ちゃんと前見て! そんなに急がなくてもまだ大丈夫よ!
    ああっ、もうー! まどかぁー! 転ばないようにねー!」

まどか「ありがとー!」ステテテテ

さやか「元に戻ったとはいえ、一度付いた親心はそうそう抜けないよね……。
    おはよ、ほむら」

ほむら「おはよう、さやか。
    でもさすがまどかね。元に戻ってもあの愛くるしさは何一つ損なわれていない……。
    何ていう可愛らしさなの――降り立った天使だわ……」ホムゥ

さやか「……アンタの脳みそも相変わらずで何よりだわ。
    にしても、あたしたちとは裏腹に、マミさんもまどかも杏子も、子供になってた時のこと
    なーんにも憶えてないなんてねー」

ほむら「そんなものよ」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:55:04.16 ID:VcDWLGyG0


さやか「つまんなーい。杏子なんてケータイで撮った動画見せたらマジギレすんのよ?
    誰がご飯食べさせたりお風呂に入れたり歯磨きしてやったりしたと思ってんだ。
    マミさんなんて結局全部あたしがトイレ手伝ってあげたのに」

ほむら「……それ巴マミには言わない方がいいわ、ティロられるわよ」

さやか「あ、そうだ、マミさんで思い出した。
    何はともあれ迷惑を掛けたからって、三人であたしたちにお礼がしたいんだって。
    放課後マミさんちに集合だってさ。ほむら、アンタも」

ほむら「私は、いいわ。賑やかになるのは苦手だし。さやか、悪いけれど――」

さやか「ダメ、却下、待った無し、首に縄かけてでも連れてくからね」

ほむら「……」ホムゥ…

さやか「なんか色々あったけどさ、……みんなのちんまい姿をたっぷり堪能出来たし、
    アンタの事もけっこー好きになれたし、まあ、あたしにとっては良かったよ」

ほむら「なっ、えっ――と、その……っ、ああ……、ぅー……。
    ……お、……お」

さやか「お?」

ほむら「……おおむね、同感だわ」

さやか「にしししし」

ほむら「気持ち悪い笑い方しないで。さ、先に行くわっ」ホムッ


66:ID変わっちゃったけど>>1です:2011/07/23(土) 22:57:06.83 ID:VcDWLGyG0


さやか「あたしさぁ、ほむら」

ほむら「?」

さやか「魔法少女、なんないよ」

ほむら「……え?」

さやか「ほむらは、まどかやあたしに、魔法少女になって欲しくないんだよね?」

ほむら「……え? え? あ? え? あ、うん。え?」

さやか「だったら、なんないよ。
    ほむらがそう言うのなら、あたしは魔法少女にはならない。
    まどかが魔法少女になろうとしたら、ほむらと一緒にあたしも止める」

さやか「だからあたしも一つアンタにお願いしていいかな?
    マミさんを助けてあげて。マミさんきっと、ホントは一人で戦うのがすごい怖いんだと思う。
    だから、アンタがマミさんを助けてあげて。
    あとね、杏子も、きっと根は悪いヤツじゃないと思うんだよね。……や、これはあたしのカンなんだけど。
    ほら、今日マミさんちに来るし! 仲良くなるチャンスだって! あたしも手伝うからさ!」

ほむら「……さや、か……?
    さやか、まさ……か、あの時……、起きて――」

さやか「やー、うとうとしてたらさー、耳元で独り言呟き始めるからさー」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 22:59:13.72 ID:VcDWLGyG0


ほむら「……………」

さやか「寝た? って聞かれて、ちゃんと返事しようと思ったんだよ?
    でもあんまり眠くて言えなくてさ? うん」

ほむら「…………………………」

さやか「そしたらまあ……、そんなわけで。
    あんな話の途中じゃあ、途中で『起きてます』とは言えないじゃん?」

ほむら「………………………………………」ワナワナワナ

さやか「――ゴメンネ?」

ほむら「うわぁああああああああああああああああああああああ!!」ガチャッ!!

さやか「!?」

ほむら「あんな泣き言聞かれたなら! みんな死ぬしかないじゃない!
    あなたも、私も……ッ!」

さやか「ほむら!? それモデルガンだよね!? モデルガンだよね!?
    学校内だもんね!? ちょ、それモデルガンだよねえええええええ!?」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 23:01:27.38 ID:VcDWLGyG0


――この後、あたしはとっくにほむらを友達だと思ってんのに、迷惑だなんて思うな、って、すごく真剣に怒られた。

――怒られて、許して貰って、少し泣かれて、笑ってくれて、



――この日、私には友達が出来ました。



――私たちの運命は、結局何一つ変わらなかったのに、

――運命の先の『未来』が大きく変わることになったのは、

――きっと、この癪に障る友達のお陰なのだと思うけれど……。



――それはまた、別の話。






終わり


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 23:06:36.42 ID:NF1vk8RX0


乙乙乙
そして乙乙乙


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 23:07:28.11 ID:qUF4Ytl10


乙乙


下ネタに走りがちなVIPで良くぞ健全に保った
友情って良いよね


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 23:09:34.44 ID:jn9b1w0a0


ナイスだベリーナイスだ
魔女ほむさんマジGJ



    スポンサーサイトほむら「魔法少女まどか☆ペド化」さやか「!?」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。