スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「りっちゃんりっちゃん」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/08/24 22:30
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府):2011/08/20(土) 01:51:58.24 ID:Cmodb/I40


「……。……~い~」

唯「んむ~……それはギターじゃなくてヘチマだよあずにゃん……むにゃむにゃ」

律「何ちゅう夢見てんだ……。唯~、そろそろ起きても良いんじゃないか~?」トントン

唯「ん~?……あ、りっちゃん。今日も良いオデコだね」

律「やっと起きたか……そりゃまぁ自慢のオデコですから」

唯「あれ?今何時間目?」

律「とっくに放課後だよ。お前昼休みの後ずっと寝てたんだぞ?」

唯「うぇ?そうなんだ……あ、りっちゃん私待っててくれたんだね」ニヘラ

律「え、いや、まぁうん。そんなトコかな?」


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府):2011/08/20(土) 01:58:17.31 ID:Cmodb/I40


唯「みんな待たせちゃってるよね。急ごうりっちゃん!」ガタッ

律「いや唯?うわ」グイッ

唯「ほら、行こ!りっちゃん早く」ダダダ

律「だからちょっ!……まぁいっか」タタタ

ガチャ!

唯「みんなゴメ~ン!……ってあれ?誰も居ない」

律「だからさ、唯」

唯「あぁ~!?」

律「うぉお!?どうした?」

唯「お昼にトンちゃんのご飯あげるの忘れてた!」タタタ

律「あぁ、そう」

唯「ゴメンねトンちゃ~ん。今ご飯あげますからね~」ヒョイ パラパラ

律「まぁ、ノンビリするかな……」スタスタ ストン

唯「美味しいですか~ト~ンちゃ~ん?」パラパラ

律「……」

唯「どんどん大きくなるんだよ~」パラパラ

律「唯~?」

唯「ん~?何りっちゃん?」

律「トンちゃんの調子どうよ?」

唯「どうって普通だねぇ」


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:00:19.71 ID:Cmodb/I40


律「普通ねぇ。美味そう?」

唯「ん~……まだだねぇ」

律「そっかぁ。……いや、どうゆう判断だよ」

唯「みんなで鍋するにはまだまだ小さいよ」

律「本気にすんなし」

唯「冗談だよ~。こんな可愛い子を食べるなんて失礼だよりっちゃん」

律「私かよ……唯は食い意地張ってるからなぁ」

唯「りっちゃんに言われたくな~い~」

律「ほほぉ。じゃあケーキとトンちゃんどっちが好き?」

唯「今はケーキかなぁ」

律「じゃあケーキと梓は?」

唯「う~ん……今はあずにゃんよりちょっとだけケーキが勝ちかなぁ」

律「ほほぉ」


4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:01:35.87 ID:Cmodb/I40


唯「ムギちゃんのケーキまだかなぁ?」パタパタ

律「ケーキありきかよ……ムギもかわいそうに」ヨヨヨ

唯「ちっ違うよ!ムギちゃんとケーキだよ!と!」アセアセ

律「一緒だよ……。ってゆうか今日誰も来ないぞ?」

唯「え?なんで?」

律「他の皆予定があるからって事で部活が休みだからだ。昨日の帰りにも言っただろ?」

唯「そうだっけ?」

律「さっきから何回も言おうとしたけど唯が人の話聞かないから」

唯「そうなんだ……寝ぼけておりました」エヘ

律「はいはい。もう起きたか?」

唯「うん!そりゃもうシャッキリポンと!」フンス

律「さいで」

唯「……あれ?でもじゃあ何でりっちゃんは私の事待ってたの?」

律「え?」

唯「だって部活無かったんでしょ?何で部室に来たの?」

律「いやいや、唯が有無も言わさず部室に連れてきたんだろ?」

唯「あれ?そうだっけ?」


5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:03:05.36 ID:Cmodb/I40


律「がっちり人の手掴んどいてそりゃないよ」

唯「覚えてないなぁ~。ホントに?」

律「嘘吐いてどうなるよ。まだ寝ぼけてんのか~?」ヒラヒラ

唯「エヘヘ~」クネクネ

律「可愛いなぁチクショー」

唯「でも、部活無いんだったら置いて帰ってくれてよかったのに」

律「そうしたらしたで怒る癖に」

唯「そんなこと無いよぉ」

律「いや言うね。『なんで誰も起こしてくれなかったの~!?』って」

唯「う……う~ん」

律「ま、私は何の用事も無かったしな」

唯「そっか。アリガトりっちゃん」

律「それに……唯を独りきりになんて出来ないだろ?」キリッ

唯「りっちゃん……惚れて良い?」

律「私に惚れると、火傷するぜ?」ドヤッ

唯「そっか。火傷は嫌だからやめとくよ」

律「あらま」

唯「じゃあ今日はケーキもあずにゃん分も無しかぁ……」ウナー


6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:05:11.33 ID:Cmodb/I40


律「代わりにりっちゃん分が有るぞ?」ズズイ

唯「りっちゃん分は今はいいや」

律「チクショー」

唯「……あれ?りっちゃんさ」

律「うん?」

唯「私が寝てる間何してたの?」

律「うぇ!?何って……」

唯「だってもう4時半じゃん。すごく待たせちゃってたんだね」

律「……え~と、その、唯の寝顔、を~……」ボソボソ

唯「暇じゃなかったのかなぁって」

律「え?あ、あ~そうゆう事ね。追及する訳じゃ無いんだ……良かった」

唯「良かった?」

律「いやいや、こっちの話。そうだ!ケーキにゃ劣るけどお菓子なら有るぞ~」ゴソゴソ

唯「ほんと!?さすがりっちゃん隊員!」

律「褒めろ褒めろ~!え~っと……はい、酢こんぶ」スッ

唯「すこ……」


7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:06:47.38 ID:Cmodb/I40


律「冗談だって。はい、クッキー」

唯「わ~い。りっちゃん愛してる~」パク

律「私の愛をしっかり味わえ~?」パク

唯「おいひいよひっひゃん」モグモグ

律「そんなに一気に食べたら喉詰まっちゃうぞ?」

唯「んぐんぐ。りっちゃん、お茶~」

律「私は女子高生で部長だけどお茶じゃないぞ~。ちょっと待ってろ」ガタッ

唯「よっ!流石りっちゃん!ほほめのははみ!」モグモグ

律「食べるか喋るかどっちかにしろよ~」コポポポ

唯「ひっひゃんはっほひぃ!うんぐっ!?」ビクッ

律「武勇伝武勇伝!ででんでんでんででんでん!ってか?もう古いだろ~」カチャカチャ

唯「んぐんんん!……!」ドンドン

律「ん?どうした?次は誰のネタだ?」ヒョイ

唯「……!?んんん!?」ジタバタ

律「あぁもう言わんこっちゃない!」ガタン


8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:08:10.46 ID:Cmodb/I40


唯「……!……!?」ドンドン

律「しっかりしろ!唯!」バンバン

唯「んく!ぷはぁっ!はぁ……はぁ……」

律「何やってんだよ」

唯「りっちゃんの愛を独り占めしたくて……」キラキラ

律「う……唯、お前……」

唯「欲張り過ぎたかな?」

律「……ん?いや、私の分は残しとけよ。そんな言い分で全部食われてたまるか」ペシン

唯「あ、バレた?」テヘ

律「すぐお茶淹れるから、もちっと待ってろ」

唯「は~い」

律「ほいよ、お待たせ」カチャカチャ

唯「りっちゃん気が効く~」

律「褒めても何も出ないぞ~」コポポポ

唯「じゃあやめとこ」ゴクゴク

律「おまっ!?現金な」


9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:09:33.26 ID:Cmodb/I40


唯「嘘だって~」ペシペシ

律「まぁ良いや。味は期待すんなよ?」

唯「ん~……ん!美味しいよりっちゃん!」

律「そうか?そりゃ良かった」

唯「うん!毎日飲みたい位!」

律「ま、毎日!?」

唯「うん。美味しいよ」

律「おまえ……毎日って意味分かって言ってんのか?」

唯「え?何が?」ゴクゴク

律「いや、いいや。いつもの事だもんな~」クイッ

唯「え~、なになに?気になる~」ウリウリ

律「ほれ、早く食べないと無くなっちゃうぞ」ヒョイパク

唯「あぁ!りっちゃん隊員卑怯なり~」ヒョイパク

律「大丈夫。プリッツも有るから」スッ


10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:11:32.84 ID:Cmodb/I40


唯「わ~い!りっちゃん大好き~」モグモグ

律「私も唯の事好きだぞ~」

唯「ありがと~」ヒョイパク

律「……う~ん」モグモグ

唯「おかわり!」ポリポリ

律「はいはい」コポポポ

唯「ありがと~」ヒョイパク

律「にしても、唯は一日中そんなんだな」

唯「ほんはんっへ?」モグモグ

律「ん~?食って寝て起きて家でもゴロゴロして。憂ちゃんが走り回ってるのが目に浮かぶよ」

唯「えへへ~、良いでしょ~」

律「ホント、憂ちゃんくれ!って感じ」

唯「駄目だよ~」ブー

律「冗談だって」

唯「私なら良いけど」

律「はぃ!?」

唯「だって、りっちゃんなら私の事世話してくれそうだし」


11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:13:03.34 ID:Cmodb/I40


律「そうゆう事かよ……」

唯「私と暮らすって事は安くないんだよりっちゃん」キリッ

律「憂ちゃんも大変そうだ」

唯「りっちゃん、時々でも代わってあげてよ」

律「いや、お前が自立しろよ」

唯「そんな殺生な」

律「全く、将来が心配だよ」

唯「進学出来るかどうか難しいもんねりっちゃんは」

律「いつの間に私の話にシフトしたよ。ていうかそれ唯も一緒だろ」

唯「一緒に頑張ろうね!りっちゃん!」

律「うん、頑張るけどさ」

唯「大学に行ったら、私の世話もヨロシクね!」ビシッ

律「……唯だけ落ちればいいのに」

唯「ヒドい!?」

律「ウソウソ。一緒に大学行こうな」ポンポン

唯「うん……」


12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:14:04.99 ID:Cmodb/I40


律「……不安か?」ナデナデ

唯「……うん。少し」

律「大丈夫だって!判定も上がった!しっかり勉強もしてる!私達は強い!」

唯「強いは違うんじゃないかな?」

律「やっぱり?」アハハ

唯「りっちゃん……ありがとう。一緒に大学行こうね!」

律「おう!」

唯「で、一緒に暮らそうね!」

律「え?」

唯「おはようからおやすみまで、一家に一りっちゃんだよ!」

律「まだその話引き摺ってんのかよ!」

唯「だって一人で暮らすとか不安でしょうがないし~」クネクネ

律「何を今更……自立する為の一人暮らしだろ?」

唯「そうだけどさぁ~」モジモジ

律「そもそも私達が二人で暮らすとかおかしいだろ……つ、付き合ってる訳でも無いのに」


13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:15:34.78 ID:Cmodb/I40


唯「りっちゃんなら良いよ?」

律「ふぇ?」キョトン

唯「りっちゃんなら大学居る間ずっと一緒に暮らせそうだし」

律「……それは暗に私に恋人が出来ないって言いたいのか?唯隊員」

唯「私も恋人作らなかったら、ずっと一緒に居れるもんね?」

律「そ……そりゃつまりお前」

唯「澪ちゃんとムギちゃんはホラ、直ぐに出来そうだし」

律「……うん。やっぱり私の事馬鹿にしてんじゃねぇか!」ガシッ グリグリ

唯「痛ただだだだだだ!?」グリグリ

律「ったく。馬鹿も休み休み言えっつの」

唯「うぐぅ……ちょっとしたギャグなのに~」ヒリヒリ

律「でもまぁ……一緒に暮らすってのは悪くないかもな」

唯「でしょでしょ!」


14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:17:46.40 ID:Cmodb/I40


律「じゃあもういっそ唯と付き合っちゃうか」

唯「あ、でも私安くないよ?」

律「そういやそうだったっけ……ん~、こづかい日前で手持ち無いし止めとこ」

唯「もぉ。冗談だってば~」

律「まぁ今日お菓子買い過ぎてアイス買い食いする金も無いしなぁ」

唯「なんでそんなにお菓子一杯買ったのさ」

律「そりゃ唯がケーキ無いってゴネるだろうと思って……あ」

唯「りっちゃん……私の為に?」ウルウル

律「……っていう事にしとけば理由になるだろ?」

唯「あ、はぐらかした」

律「良いじゃん。素直に喜んどけ」

唯「他に何が有るの?」

律「ん~っとなぁ、酢こんぶと~」スッ

唯「酢こんぶ選手はベンチで」ズイ

律「え~。じゃあ他にはサッポロポテトと~、プリングルスと~、アルフォートと~」


15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:20:18.05 ID:Cmodb/I40


唯「スゴイよりっちゃん、大漁だね!」

律「全部私のお金だけどな!」

唯「うん!ありがとう!」ガサガサ

律「いやいや、自分の方に寄せるなよ。一緒に食べようよ」

唯「もう、しょうがないなぁりっちゃんは。食い意地張っちゃって~」

律「……そんな扱いするなら帰るぞ?」

唯「食べ終わるまで待ってよ」

律「OK。じゃあ一緒に食べよう」

唯「そうだね」

律「んぐんぐ」モグモグ

唯「まぐまぐ。お茶おかわり」ヒョイパク

律「あいよ」コポポポ

唯「ありがとりっちゃん。さんきゅーりっちゃん」


16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:23:56.21 ID:Cmodb/I40


律「何で言いなおした?」

唯「大事な事だからだよ」

律「そか。二回言われて二倍嬉しい」ヒョイパク

唯「でしょ?」モグモグ

律「じゃあ私も唯が大事だから今度からゆいゆいって呼ぼうか」モグモグ

唯「じゃあ澪ちゃんもみおみおって呼んであげなよ」

律「みおみおねぇ。う~ん……」

* * *

澪『おはよう、律』

律『おはよう!みおみお』

澪『ん?』

律『みおみお一時間目の数学の宿題やった?』

澪『え、あぁ、当たり前だろ?』

律『じゃあ見せて!』

澪『駄~目~だ。自分でしっかりやれ』

律『え~!?間に合わないって~』


17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:25:33.50 ID:Cmodb/I40


澪『いい加減自分で勉強する癖を付けろ。って言っても今更か……』ハァ

律『ねぇみおみお~お願い~』ユサユサ

澪『ゆ~ら~す~な~。っていうかさ』ユサユサ

律『じゃあ見せて!』

澪『……しょうがないな、今回で最後だぞ』

律『やった!みおみお大好き!』

澪『取り敢えず変な呼び方するな!』

ゴンッ!

律『あ痛―っ!』

* * *

律「……あれ?何でか殴られたぞ?」

唯「まぁ、恥ずかしがるだろうね~」モグモグ

律「そうだな。ゆいゆいだけにしとくよ」

唯「じゃあ私もりっちゃんりっちゃんって呼ぶよ」

律「何その半端ない言い難さ」


18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:27:51.76 ID:Cmodb/I40


唯「りっちゃんアンドりっちゃんだよ」

律「訳が分からないよ」

唯「りっちゃんオブザりっちゃん、フォーザりっちゃん、オブザりっちゃんだよ」

律「私って一体何?ていうかオブザ二回出てんじゃん、メチャクチャじゃん」

唯「りっちゃんのりっちゃんによるりっちゃんの為のりっちゃんだよ」

律「イコール只のりっちゃんだよな」

唯「うん。でも大事だから二回言うよ?」

律「……そか、まぁ頑張れ」


19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:29:33.61 ID:Cmodb/I40


唯「……そういえば」

律「総入れ歯?」

唯「ポッキーゲームってさ」

律「うん」

唯「何するゲームなの?」

律「そりゃ……どっちが多く食べれるか競うんじゃないか?」

唯「食べちゃったら分かんないよね」

律「そうだな」

唯「それに、チューしちゃうよね」

律「しちゃう、なぁ」

唯「アレは良いの?」

律「……したい相手なら別に良いんじゃないか?」


20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:32:01.82 ID:Cmodb/I40


唯「そっか……じゃあする?」

律「はぁ!?で、でもプリッツはさっき全部食べたぞ」

唯「ん~、じゃあアルフォートで」

律「短っ!?」

唯「はい!ひっひゃんひっひゃん!」パク

律「うぇ!?」アワワワ

唯「はやふはやふ~」フリフリ

律「いや、あの、チューするって分かってそうゆうのをするのはだな……」アタフタ

唯「ん~?」ハムハム

律「もっと踏む段階が有るというか、何と言いますか」キョロキョロ

唯「モグモグ。ざんねん時間切れ~」

律「あ……」ショボン

唯「ホントりっちゃんりっちゃんって乙女だよね」ヤレヤレ

律「な、なにを~!」

唯「そゆトコも好きだよ」

律「あぅ」カァァ


21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:34:02.48 ID:Cmodb/I40


唯「何だかんだで私の世話焼いてくれる所も好きだし」

律「そりゃ、まぁ?私が好きでやってる事だから良いんだよ」

唯「私も世話されるの好き~」

律「いや、それは何か違うぞゆいゆい」ビシッ

唯「え~。お互い好きでやってるなら良いサイクルじゃない?」

律「和じゃないけど、こうやってニートが出来上がっていくんだな」ハァ

唯「世話されてるだけでニート!?」ガーン

律「お前が何もしなきゃ十分ニートだろ」コツン

唯「それもそっか」テヘ

律「一緒に暮らすにしても、役割分担はしっかり決めるぞ」

唯「そうだね!そうゆうのって良いよね!大事だよね!」ウキウキ

律「例えば私が掃除の日は!」ビッ

唯「お風呂にゆっくり浸かります!」ハイッ

律「繋がってない!」スパーン

唯「え~」


22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:36:59.74 ID:Cmodb/I40


律「例えば私が洗濯の日は?」

唯「りっちゃんりっちゃんに下着見られるの恥ずかしいな……」モジモジ

律「論点が違う!」スパーン

唯「あ、でもりっちゃんりっちゃんになら良いかな?」

律「つ、次!例えば私が風呂掃除の日は?」

唯「一番風呂は譲ります!」ハイッ

律「だから仕事を選べ!」スパーン

唯「オデコが痛いよ……」ヒリヒリ

律「はい!例えば私がご飯を作ったら?」

唯「誰よりも美味しく召し上がります!」ハイッ

律「よし!もうお前帰れ!」スパーン

唯「そんなご無体な!?勘弁してくだせぇお代官様~」

律「誰がお代官だ」

唯「家には腹を空かした妹が待ってるんですぅ」ヨヨヨ

律「事実だけど、そりゃお前の帰りを待ってるからだろ!」


23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:39:41.31 ID:Cmodb/I40


唯「それもそうだね。もうこんな時間だし」

律「おぉ、そうだな。そろそろ帰るか」

唯「だね。帰ろっか」

律「ゴミを片づけて~」ガサガサ

唯「カップを洗って~」ジャーカチャカチャ

律「なんだ?しっかり役割分担出来るじゃないかゆいゆい」

唯「もぅ、当たり前じゃん。りっちゃんりっちゃんったら私を何だと思ってるの?」プー

律「輝け!ニート候補生」

唯「そのイメージ、脱却します!」フンス

律「がんばれナイスニート、負けるなジャストニート」ガサガサ

唯「まだニートじゃないもん!」プンプン

律「そうだな、ならない様に頑張ろうな」ナデナデ

唯「……一緒に?」

律「おう、もちろん一緒に」ポンポン

唯「うん。頑張ろう!」


24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:41:25.71 ID:Cmodb/I40


律「よ~し、お片づけOK!」

唯「来た時よりも美しい!」

律「それじゃ帰るとしますか」

唯「晩御飯も待ってるしね」

律「待ってるのは憂ちゃんだろ?」

唯「分かってるよ~」

律「ホントかなぁ……」

唯「でもアレだよね」テクテク

律「アレ?」テクテク

唯「一緒に暮らす様になったら毎日りっちゃんりっちゃんの手料理が食べれるんだよね?」テクテク

律「いや、お前も料理覚えろって」テクテク

唯「ん~。ほら、得意分野を任せる方が良いかなって」テクテク

律「じゃあ私が毎日料理担当ならゆいゆいは何担当なんだよ?」テクテク

唯「毎日美味しく食べます!」フンス

律「いや、それは良いから。嬉しいけど」テクテク

唯「でしょ?」クルリ


25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:44:32.75 ID:Cmodb/I40


律「一緒にご飯作るとか良いかもな」テクテク

唯「お!それ魅力!」テクテク

律「何か、楽しそうに思えてきた」テクテク

唯「でしょでしょ!」パタパタ

律「受験……頑張らないとな」グッ

唯「そうだね」

律「大学行けなきゃ只の夢物語だもんな」

唯「頑張ろう!おー!」フンス

律「おー!」グッ

唯「受験を頑張るぞ~」テクテク

律「……」ニギニギ

唯「受験に負けないぞ~」クルクル


26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:47:24.54 ID:Cmodb/I40


律「あ~、ゆいゆい?」

唯「ん?なに?りっちゃんりっちゃん」クルリ

律「……やっぱりソレ言い難くないか?」

唯「うん。でもねぇ、気持ちを表すには言葉が大事なんだよ?」

律「十分伝わったからさ、舌噛む前に止めとけ」

唯「分かった~。私にも伝わったから唯で良いよ?」

律「そうか?ゆいゆいも可愛いと思うんだけどな」

唯「私可愛い?」

律「うん。この世で一番」

唯「言い過ぎだよ~。で、なに?りっちゃん」

律「あぁいや、手でも繋ぐか?って言おうと思ったんだけど」

唯「お~、良いお誘いですな~」


27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/20(土) 02:49:07.63 ID:Cmodb/I40


律「じゃあ、ほい」スッ

唯「あ、でも火傷しない?」サッ

律「しないしない。させやしないさ」

唯「そっか。じゃあする」スッ

律「あ、でも安くないんだっけ」サッ

唯「もう、りっちゃんは特別にタダにしてあげるよ」

律「ホントか?」

唯「りっちゃんだけだよ?」

律「やった。じゃあお言葉に甘えて」

唯「うん」

ぎゅっ

END


40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 23:48:18.28 ID:3FN9F0df0


8月21日!

律「あの時手を繋いだのって……OKのサインだよなぁ……」

律(なんとな~くな流れで唯と付き合うようになって?1ヶ月以上経って)

律(アレから二人で遊ぶことも増えたんだけども)

律「ど~も以前と変わらないんだよなぁ……」パカッ

律「……新着メール、無し」

律「軽音部の誰からもメールがない……皆知ってるはずなんだけどなぁ」

律「……まぁまだ8時だしな!今日はここからが本番だよな!」

ブブブブブブ……

律「うぉっ!あ、唯から電話だ」ピッ

唯『りっちゃんグッモーニン!』

律「おう。おはよう。朝早くから元気だな唯は」

唯『りっちゃん今日空いてるんだよね?』

律「当たり前だろ?」

唯『じゃあうちで遊ぼうよ~今日憂も居なくて暇なんだ~』

律「ひ、暇?」

唯『ん?どしたのりっちゃん』


41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 23:49:43.51 ID:3FN9F0df0


律「いや……はっ!」

唯『うん?』

律(はは~ん、実は唯ん家に皆で先に集合してて、到着した私を驚かせようってハラか?)ニヤリ

唯『お~い、りっちゃ~ん?』

律「あ、ゴメンゴメン。他の皆は?」

唯『何かみんな用事有るとかでさ~』

律(やっぱりな。そういっておいて実は既に集合してるんだろうな……よし!)

律「そっか。じゃあ準備して向かうよ」

唯『ラジャー!お待ちしておりますりっちゃん隊員』

律「うむ!ではまた後で!さらばゆいゆい隊員!」ピッ

律「さ~て、どんなリアクション取ってやろうかなぁ~」

* * *

ピンポーン

律「ひ~らさ~わさ~ん。あ~そ~ぼ~」

ガチャ

唯「は~い~」

律「はろ~」ヒラヒラ


42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 23:50:53.67 ID:3FN9F0df0


唯「どうぞどうぞお入りください」

律「うむ、苦しうない。……あれ?靴が無い」

唯「ん?何か無い?」

律「あぁいや……」

律(さては気付かれないように持ってあがったな。中々の策士が居るようだな~)

唯「飲み物持ってくから先に私の部屋行ってて~」

律「あいよ~」

トントントン……

律「よ~し……」グッ

ガチャッ!

律「待たせたな皆の衆!主役の登場だぁー!」ババーン

シーン……

律「……あ、あれ?」パチクリ

唯「お待たせ~。って、どしたの?」

律「あ、れ?いや、誰も居ない……よ?」

唯「言ったじゃん。今日は憂も居ないんだって」

律「え、あ、うん。いや、あれ~?」

唯「さっ、座って座って~」


43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 23:51:51.01 ID:3FN9F0df0


律「あぁ、うん」

唯「はいどうぞ」スッ

律「さんきゅ」

唯「ふぃ~」ペタン

律「……あの、唯さん?」

唯「あ、そうだりっちゃん」

律「お、おう!」

唯「パスポート来た?」

律「はい?」ズルッ

唯「まだ来ないのかなぁ」プー

律「まだ申請して一週間も経ってないだろ?その位かかるって言ってたろ?」

唯「でも待ち遠しいじゃん」

律「変な具合になってないか心配だよ私は」

唯「オデコが?」

律「何でデコ限定!?」ペシンッ

唯「大丈夫だよ~。りっちゃん可愛いもん」

律「そ、そうだな!私可愛いもんな!」


44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 23:53:57.64 ID:3FN9F0df0


唯「そこは謙虚になろうよ」

律「あれ~?」

唯「でも早く届かないかな~」

律「え?アレって取りに行くんじゃないのか?」

唯「え?家に届くんじゃないの?」

律「う~ん?……まぁ、どっちにせよ澪辺りが言ってくれるだろ」

唯「そだね。澪ちゃんに任せとけばバッチリだね」

律「にしてもさ」キョロキョロ

唯「なに~?」

律「勉強道具の一つも出て無いけど……大丈夫か?」

唯「ちっ違うよ!?りっちゃんが来るから綺麗に片づけただけだよ!?」

律「なるほど。愛い奴愛い奴」ナデナデ

唯「えへへ~」

律「ほ~れほれほれほれ」コショコショコショコショ

唯「ごろごろごろごろ」ウナー

律「ん?あ、メールだ」

唯「誰から?」

律「聡から。冷凍庫のアイス食べて良いかだってさ」


46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:00:00.26 ID:3FN9F0df0


唯「アイス!?」

律「いや、お前がソコに食いついてもだな……」

唯「あ、アイス食べる?美味しいのが有るんだ~」

律「うん。貰う」

唯「じゃあ取ってくるね~」

律「さんきゅ~。『今度替わりのアイス入れといてくれるなら良いぞ』っと」

唯「お待たせ~。チョコとバニラどっちが良い?」

律「好きな方で良いよ」

唯「……う~ん……あ!いや……あぁでも……」

律「そんなに悩むことか?」

唯「う~……」

律「だったら両方半分ずつ食べようぜ」

唯「おぉ!りっちゃんったら天才!」ビシッ

律「いやいや、それ程でも~」

唯「じゃあ、はい!りっちゃん」

律「さんきゅ」ビリッ

唯「あむっ!美味しい~!」

律「はむっ。うん、美味い」


47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:01:37.09 ID:B5eSY1Qi0


唯「そっちもちょうだい」アーン

律「あいよ」ヒョイ

唯「あむっ。う~ん!つめた~い!」

律「そりゃそうだ。そっちのも一口ちょうだい」

唯「え~ヤダ~」

律「暴君かお前は」

唯「冗談だって~。はい、りっちゃん」スッ

律「んむ。うん、バニラも美味しいな」モグモグ

唯「でしょ?何たって私のアイスだもん」

律「だな。流石アイス、スゴイよアイス」

唯「私も褒めてよ~」

律「ん~?ゆいゆい可愛いよゆいゆい」

唯「なんかおざなり~」

律「よっ!唯さん流石!日本一!最高!」

唯「わざとらしいなぁ~」

律「どないせえっちゅうんじゃ」

唯「さて、何しよっか」

律「う~ん……ゲームとか?」


48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:03:12.00 ID:B5eSY1Qi0


唯「じゃあリビングに~……はダメだ」

律「え?何で?」

唯「あ、え~っとね、アレなの」アタフタ

律「何?故障でもしてんの?」

唯「そっそうなの!いきなりボカーンって煙噴いちゃって」

律「何やったんだよ」

唯「何もしてないよ!?勝手になっちゃったんだよ」

律「果たしてどうだか」ハァ

唯「信用されてない~」ヨヨヨ

律「じゃあテレビでも見に」

唯「ダメダメ!」

律「……お前まさかテレビ壊したのか」

唯「だから私じゃないよ!?」

律「まぁ、それじゃあ仕方ないな。のんびりするか」

唯「そうだね。のんびりしようよ」

律「そうそう、折角の……あぁあ!?」

唯「おぉう!?どうしたりっちゃん!」

律「そうだよ!ゲームとかテレビとかじゃ無いよ!もっと大事な事が有るじゃないか!」


49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:04:56.61 ID:B5eSY1Qi0


唯「……え、え~っと、なになに~?」

律「唯はさ、今日が何の日か知ってる……よな?」

唯「……私達が出会って、丁度半年だよね」キリッ

律「私たちが出会ったのは二年前の四月だ」

唯「てへっ」

律「で?」

唯「何の日ってそりゃアレでしょ?」

律「おぅ!言っちゃって!」

唯「献血記念日でしょ?」

律「違うよ!」

唯「あれ?違うの?8月21日だよね」

律「いや、合ってるかもしれないけどそんな話を私が振ると思うか?」

唯「『だから今から献血に行こうぜ!』とか?」

律「一度でもそんなお誘いしたこと有った?」

唯「無いから珍しいなぁって」

律「違うよ。そんな話じゃないし献血も行かない」


50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:06:18.30 ID:B5eSY1Qi0


唯「行かないの?」

律「行きたいの?」

唯「注射ヤダ」

律「なら行かなくていいな」

唯「う~ん……じゃあ静岡県民の日?」

律「静岡の皆さんには申し訳ないけど違うわ!」

唯「え~でも静岡さんの誕生日なんだよ?」

律「そうそれ!」

唯「ほぇ?静岡さん?」

律「違う!その後!」

唯「……なんだよ?」

律「わざとかこの野郎!」

唯「あ!そっか!誕生日!」ポンッ

律「そう!ほら、今日は唯の大事な人の誕生日だろ?言ってて恥ずかしいけど……」カァァ

唯「そうだったねりっちゃん!早速だけど唄うね!」シュタッ

律「い、良いよそんな慌てなくても」テレテレ


51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:09:07.00 ID:B5eSY1Qi0


唯「ハッピバースデートゥーユー!ハッピバースデートゥーユー!」パンパン

律「いやいやどもども」

唯「ハッピバースデーディーア関根さ~ん」

律「誰だよ!?」スパーン

唯「え?関根勤さんだよ。知らない?」

律「知ってるけど何で!?」

唯「あれ?違った?ほぁ~っとかやる人」ホァー

律「いや、ほぁ~っじゃなくて」

唯「じゃあ稲川淳二さん?」

律「はい?」

唯「怖いですねぇ~の人だよ」

律「知ってるわ!っていうかそんな見当外れな事言うお前の方が怖いよ!」

唯「え~嬉しくないなぁ」

律「私は悲しいよ……」ガックリ

唯「り、りっちゃん?」

律「唯、マジか?」

唯「え、何が?」

律「……私、前に言わなかったか?」

唯「え、あ、う~んと、あのね?」


52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:10:15.17 ID:B5eSY1Qi0


律「何だ?今度は誰の名前出すんだ?萩原聖人か?くまのプーさんか?それとも漬物の日か?」

唯「違うの!ってプーさん今日誕生日なの?」

律「そうだよ。昔調べたからな、今日誕生日の有名人とか」

唯「もしかして……怒ってる?」

律「そこじゃ無いだろ!何で調べたのとか聞けよ!じゃないと話繋げれないだろ!」ガーッ

唯「え~っと~……」

律「……もういい」プイッ

唯「あ……」

律「いっそ分かんないって言ってくれた方が良いよ」

唯「えと」

律「唯が思い出すまで何も言わん」

唯「りっちゃん、あのね」

律「ケータイ震えてるぞ」

唯「え?あ、ホントだ。でも」

律「出れば良いじゃん。大事な用かも知れないだろ」

唯「う、うん……」ピッ

律「……」イジイジ

唯「もしもし。あ、憂?もう!遅いよ~。うん、うん、わかった~」ピッ


53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:12:55.47 ID:B5eSY1Qi0


律「……」

唯「えっと、りっちゃん」

律「何だよ?」

唯「あ~っと……お腹空かない?」

律「空かない」

唯「そっか。じゃあノド乾かない?」

律「乾かない」

唯「う~っと、え~っと……どうすれば……」

律「……帰るわ」スッ

唯「え!?」

律「今日が何の日とか考える気も無いみたいだし」スタスタ

唯「ちょっと待ってよりっちゃん」

律「何だよ?思い出すよりご飯の方が先なんだろ?」

唯「ちがっ、そゆ事じゃなくて」

律「もう良いって。それじゃ」ガチャ


54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:14:24.22 ID:B5eSY1Qi0


パン!パン!パパパン!

律「うおあっ!?」

澪「せ~のっ」

「「「ハッピバースデー!」」」

律「……え?」キョトン

澪「おめでとう律」

律「あれ、澪」

紬「りっちゃんおめでとう!」

律「ムギ……梓に憂ちゃん、すすき野さんも」

梓「おめでとうございます律先輩!」

憂「おめでとうございます」

純「鈴木です。おめでとうございます!」

律「……え?なに?」

澪「何って、今日は律の誕生日だろ?皆でお祝いしにきた」

律「そうなんだ。じゃあ私生徒会行くね」

和「何処行くつもりよ」

律「あぁ和。しばらくぶり」

和「えぇ。誕生日おめでとう」

律「え~っと……あれ?でも皆用事が有るって」

梓「大丈夫ですか?」


55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:17:01.29 ID:B5eSY1Qi0


澪「処理が追い付いてないみたいだな。唯、何したんだ?」

律「そうだ!唯っ!」クルッ

唯「……」ポカーン

律「ゆ、唯?」

梓「何で唯先輩まで驚いてるんですか」

唯「え、あ!ちょっと、頭が真っ白になっちゃってた」

憂「お姉ちゃん?」

律「唯、これ何だ?」

唯「え~っと。さ、サプラ~イズ」

律「サプ……ライズ?」

唯「りっちゃんの誕生日だよ?忘れるわけ無いじゃん」

律「静岡は……?」

唯「話をごまかす為に調べたんだ~。今日が何の日かって」

律「稲川さん……」

唯「りっちゃんと同じ誕生日なんだよね。プーさんは知らなかったけど」

律「テレビは?」

唯「嘘です!壊れてません!ゲームも出来ます!」


56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:18:35.83 ID:B5eSY1Qi0


律「ご飯ってのは?」

唯「憂から準備出来たって電話来たから、りっちゃんにドア開けて貰おうと思って」

律「あぁ、先降りといて~とか言うつもりだったんだ」

唯「そ、そうそう!」

律「なるほどねぇ……アハハハハ」

唯「び、びっくりした?」

律「……うんうんうん。こんのヘタクソぉ!」

ゴツンッ!

唯「あ痛ー!?」ブワァッ

紬「ちょっとりっちゃん!?」

澪「いきなり何だ!?」

律「本気で!誰も覚えてくれてないんだって思ったんだぞ!」

唯「う……」

澪「あ……」

律「朝からメールの一つもないし!皆用事有るとか言うし!」

梓「律先輩……その」

律「唯なら、唯なら祝ってくれると思ったのに、ずっと、関係ない話、ばっか、り、するし……」グスッ

唯「りっちゃん……」


57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:20:16.02 ID:B5eSY1Qi0


律「悪ふざけにしても酷いぞ!」

ぎゅっ

唯「ゴメンねりっちゃん……ビックリさせたかっただけなんだ」

律「だからって限度ってもんが」

唯「途中でりっちゃんが怒っちゃったのが分かって、そしたら私もどうしたら良いか分からなくなっちゃって」

律「唯……」

唯「りっちゃんが『帰る』って言った時、頭が真っ白になっちゃった」

律「……ゴメン」

唯「りっちゃんは悪くないよ!私が意地悪しすぎただけだもん!」

和「まぁそうでしょうね。何となく想像出来るわ」

憂「もう!和ちゃん!」

純「まぁまぁ。私たちは先に降りときましょうか」

澪「そうだな。二人はもう少しごゆっくり」

唯「う、うん。ごめんね?」

紬「良いのよ、御馳走様」

唯「ほぇ?」

梓「ではお先に」

トントントントン……


58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:21:29.93 ID:B5eSY1Qi0


律「唯……」

唯「な、何かな?りっちゃん」

律「……ばか」

唯「はい、ゴメンナサイ」

律「ばか」

唯「バカですゴメンナサイ」

律「悲しかった」

唯「うん」

律「寂しかった」

唯「うん」

律「アレからも全然、恋人らしい事してないし、私が勝手に、そう思ってるだけなのかなって」グスグス

唯「私だってそう思ってるよ」

律「ほんとに?」

唯「今日だって私がりっちゃんのお祝いしたくて、みんなにお願いしたんだよ」

律「唯が?」ウルウル

唯「う、うん」


59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:23:23.14 ID:B5eSY1Qi0


律「だったらもっと上手くやれよぉ……」グスッ

唯「ゴメン。だってりっちゃん本気で怒っちゃったから」

律「あれだけ蔑ろにされたら誰だって怒るってば……」

唯「だよね……」

律「……唯にとってさ」

唯「うん」

律「私って何?」

唯「え?恋人だよ?」

律「本当に?」

唯「うん、大事な人。どして?」

律「そうゆう事、面と向かって言ってないなって思ってたから」

唯「そういえばそうだっけ?」

律「あの時だって、『そうゆう意味だろう』って思って手を繋いだけどさ……」

唯「そっかぁ……りっちゃん」

律「ん?」

ちゅっ

唯「好きだよりっちゃん。大好き」

律「……」ポカーン


60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:25:15.23 ID:B5eSY1Qi0


唯「りっちゃん?」

律「……ほぁーー!?」ガターン

唯「ふぇっ!?」

律「ゆゆゆゆゆゆゆい、いいい今何した!?」バタバタ

唯「何って……誕生日プレゼント?」

律「そ、そんな軽々しくだなぁ!」アワワワ

唯「軽くないよ」

律「いや、だってそんなちゅって!ちゅって!」カァァ

唯「りっちゃんとだから出来ることだもん」

律「私と、だから?」

唯「うん」

律「そっか……そっか」テレテレ

唯「りっちゃんも言ってよ」

律「はぇ?」

唯「面と向かって。ちゃんと言うんでしょ?」

律「あ、あぁ……」

唯「……」ジー

律「え~っと……」


61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:26:25.46 ID:B5eSY1Qi0


唯「……」ジー

紬「……」ジー

純「……」ジー

律「ちょっ!こら外野!覗くなぁ!」ガーッ

バタン!

紬『きゃー』

純『たいさ~ん』

律「ったく……」

唯「りっちゃん」

律「お、おう!」

唯「……」ジー

律「……恥ずかしい」

唯「やれやれ。りっちゃんりっちゃんはホント乙女さんだよね」

律「何だとぉ!」

ちゅっ

律「うが」

唯「勇気、出た?」

律「……良し!」パンパン


63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:27:47.58 ID:B5eSY1Qi0


唯「じゃあ言ってよ」

律「……私、田井中律は!平沢唯が大好きです!」

唯「はい!」

律「愛してます!」

唯「私も!」

ダダダ ガチャッ!

律「平沢唯が!大好きだー!」

唯「ちょっとりっちゃん!窓開けて叫ぶとかそこまでしなくていいから!」

律「良いじゃん良いじゃん。嬉しいんだからさ~」ニカッ

唯「近所迷惑だよ~」

律「唯は?」

唯「私?」

律「迷惑か?」

唯「私は……嬉しいけど」カァァ

律「よぉ~し!」スゥー

唯「もう良いよ十分だよ!」ガシッ

律「そうか?まだまだイケるぞ?この抑えきれない熱情を」


64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:29:51.14 ID:B5eSY1Qi0


唯「ほらっ!みんな下で待ってるからさ。そろそろ降りないと」

律「そういえばそうだっけ。さっきの外野に文句言わないと」

唯「りっちゃんにバレない様に和ちゃんの家で準備して貰ってたんだよ」

律「そうなのか。……もうそういう予想とかすっかり頭から抜けてたよ」

唯「で、それをみんなで協力して運んでもらったの」

律「ふ~ん」

唯「多分下降りたら飾り付けもバッチリ出来てると思うよ?」

律「へぇ~……ん?それもサプライズじゃないのか?」

唯「あ、言っちゃった」テヘッ

律「こ~のおっちょこちょいめ~」ツンツン

唯「もぉ、やめてよ~」

律「よし!降りるか」

唯「待たせちゃ悪いしね。ケーキとかも一杯有るよ!多分」

律「ホントか!?お腹ぺっこぺこだよ~」

唯「あれ?さっき空いてないって」

律「はいはい拗ねてましたよ~。ごめんちゃ~い」

唯「あはは。やっぱりりっちゃんは素直な方が良いよ」


65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 00:31:20.92 ID:B5eSY1Qi0


律「そうか?じゃあ唯、私の横に座ってよ」

唯「了解!」ビシッ

律「にしても、どんな料理が有るんだろか」ワクワク

唯「みんなで用意してくれたから多分スゴイ豪華だよ?」

律「よし!すぐ降りようやれ降りよう」

唯「はいしどーどー。あ、そうだりっちゃん」

律「ん?どうした」

唯「私だけまだ言ってなかったよ」

律「何を?」

唯「誕生日、おめでとう!」

END


75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/23(火) 21:54:14.91 ID:Tv+8XT+x0


律「ちょっ!こら外野!覗くなぁ!」ガーッ

バタン!

紬「きゃー」タタタ

純「たいさ~ん」タタタ

紬「……」ソローリ

純「……追いかけて、来ませんね」

紬「それどころじゃないんでしょうね」

純「確かに。正念場でしょうから」

紬「それにしても残念、見つかっちゃったわ」

純「琴吹先輩も好きですねぇ」

紬「ムギで良いわよ~」

純「そうですか?ではお言葉に甘えて」

紬「友達の事だもの。気になるじゃない?」トントントン

純「まぁ私はただのデバガメですけど」トントントン

梓「ちょっと純、何してたのよ。ムギ先輩まで一緒になって」

紬「何って、青春よね~」ネー

純「ね~」ネー

澪「勝手に上に上がって、二人の邪魔したりしてないだろうな?」


76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/23(火) 21:55:04.42 ID:Tv+8XT+x0


紬「澪ちゃんだって気になるクセに~」ウリウリ

澪「そっ、そりゃ気にはなるけどさ」

純「大丈夫ですよ、あの二人なら」

梓「何を根拠によ」

純「じゃあ私は『律先輩が愛を叫ぶ』に二種類のケーキの内一つを賭けるよ!」ドーン

梓「そんな恥ずかしい真似、いくら律先輩でも『平沢唯が!大好きだー!』……うわぉ」

純「いぃよし!ケーキゲットゲット~!」グッ

紬「この世の春が来たわ澪ちゃん!」ホワー

澪「いやもう夏も終わりだから」

梓「いやいや、ちょっと待ってよ純」

純「待たな~い。これはね、勝負なんだよあずにゃん」チッチッチッ

梓「じゃっ!じゃあ『二人が手を繋いで降りてくる』にもう一つのケーキをベット!」バーン

純「……乗った!」ギューン

紬「じゃあ私も梓ちゃんじゃない方にベット~」ポーン

梓「えぇ!?」

澪「何だこの流れは……」

梓「み、澪先輩はどっちですか!?」


77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/23(火) 21:58:31.06 ID:Tv+8XT+x0


澪「私!?えぇ~っと……じゃあ梓と同じ方で」

梓「ですよね!これで二対二だよ!」

純「ふっふっふっ……」

紬「ふっふっふっふっふ~」

梓「ムギ先輩、ちゃんと含み笑い出来てませんよ。純は気色悪い」

純「きしょ……あずにゃん選手は勝負を見誤ったね。ねぇムギ先輩?」

紬「えぇ。見誤ったわ!」ビシッ

梓「なっ、ドコがよ!」

純「分かんないかなぁ?あの唯先輩だよ?」ネー

トトン、トン、トトン、トン……

律「いや~お待たせ皆の衆!ちょっと唯、降りにくいって」トントン

唯「え~、良いじゃん良いじゃん。ラブラブしようよ~」トントン

紬「手を繋ぐだけなんて、そんな遠慮する訳ないじゃない」ネー

澪「……がっちり腕組んでる」

律「唯が離してくれなくってさ~」ポリポリ

唯「りっちゃんムチュチュ~」チュー

律「止めろって!皆の前で」カァァ

唯「ぶ~。……あれ?あずにゃんどうしたの?」


78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/23(火) 22:01:23.64 ID:Tv+8XT+x0


梓「……すみません。私は、唯先輩を理解していませんでした」ズーン

唯「ほぇ?」

純「やった!やった!ケーキが倍だ!」クルクル

紬「私もケーキが増えちゃった!」クルクル

唯「え!?なんで?良いな~」

純「お二人は主役だからお一つあげますよ~」

唯「良いの!?やった~!純ちゃん大好き~」

律「こら唯。……早速浮気か?」

唯「ちっ違います!純ちゃん好きじゃないです!」ブンブン

純「その否定は傷つくなぁ……」ヨヨヨ

唯「あぁ!違うよ純ちゃん!?え~っとえ~っと」アセアセ

律「あはは!葛木さんナイス!」ビッ

純「鈴木です。唯先輩、冗談ですよ冗談。二人はラブラブですもんね」

紬「夏なのに春だものね~」フワー

律「いやいや」テレテレ

唯「それほどでも~」テレテレ

純「まぁ、私のケーキダブルアップはお二人のお陰ですし」

律「え?どゆ事?」


79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/23(火) 22:04:38.18 ID:Tv+8XT+x0


紬「私からも一個あげちゃう」

唯「わ~い!」

梓「だったら私から直接渡させてよ……」ズーン

澪「私のケーキまで……」ズーン

律「あの二人は?」

純「気にしないで下さい。老兵は只過ぎ去るのみなんですよ」

梓「誰が老兵よ!」

紬「さっ!改めてりっちゃんの誕生日を祝いましょう!」

梓「まだ話終わってませんって!」

律「何だか良く分からんが気にするなって」ナデナデ

梓「うむぅ……」

唯「あ~!あずにゃんずるい!私もナデナデしてよ~!」

律「横座るんだから良いだろ?」

唯「う~……じゃあ『あ~ん』する!」

律「おう!ドンと来い!」

唯「よ~し!じゃあパーティするよ!」

紬「えぇ!パーティしましょう!」

澪「そうだな。まぁケーキだけじゃ無いし……良いか」


80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/23(火) 22:09:58.14 ID:Tv+8XT+x0


律「そんな事してると又太るぞ~」プニプニ

澪「なっ!?考えて食べるから大丈夫だ!」ゴツンッ

律「あ痛―!」ヒリヒリ

唯「あー!澪ちゃん人の彼女に何すんのさ!」モー

澪「ゴメン!つい反射的に!」アワアワ

紬「あらあらまぁまぁ。三角関係ね」

純「面白くなりそうですね」

澪「律が変な事言うから!」

律「何だと~。私はお前の体を案じてだなぁ」ナデナデ

澪「そんな事気にせんでいい!」ゴツンッ

律「また!?」グワングワン

唯「もー!りっちゃんも他の子に手出さないの!」プンプン

澪「あぁ!?ゴメン!……律から離れて座るとするよ」

唯「りっちゃん大丈夫?痛いの痛いの飛んでけ~」

律「おぉ!痛いのがムギの方に飛んでった~」

紬「あら、こっちに飛んできたわ。純ちゃんパス!」

純「澪先輩のゲンコツ!?私が受けます!」

澪「何だよそれ……」


81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/23(火) 22:10:49.19 ID:Tv+8XT+x0


和「……本当、いつもいつも楽しそうね軽音部は」

憂「純ちゃんもすっかり馴染んじゃって」

和「何か私達だけ空気が違うし……いっそ二人で抜け出しちゃう?」

憂「もう、和ちゃんったら冗談」

唯「憂~?和ちゃんも早くこっちおいでよ~!」

憂「あ、うん!ほら、和ちゃんも!」

和「えぇ。……冗談、か……」

END


84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県):2011/08/24(水) 01:15:39.33 ID:r+z+tMTYo


貴重な律唯、非常に良かった
褒めて遣わす


68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/22(月) 02:24:18.93 ID:MV4cwxR7o


唯と律のやりとりがすごい微笑ましかった



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/23(火) 22:38:03.28 ID:mm5iW1Qfo


面白かった乙



    スポンサーサイト唯「りっちゃんりっちゃん」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。