スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「……さァてと、超電磁砲を犯して三下の出方を見るかァ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/08/27 19:30
16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 03:56:08.15 ID:Agr3Lit+0


一方通行「と、言うわけで拉致って縛ってみた」

美琴「ちょっと! なんなのよこれ!?」

一方通行「何ってレイプに決まってンじゃねェか」

美琴「ふ、ふざけないでよ!!」

一方通行「いや、本気だ」

美琴「い、いいの!? あたしは」

一方通行「あ、クローンは守るって言ったけどオリジナルのオマエにはそれほど思い入れないンで」

美琴「何こいつ最低」

一方通行「あァ分かってる、確かにオレはクソったれの悪党だ。けどよォ、それがオマエをレイプしちゃならねェ理由にはならねェだろォが!!」

美琴「えっ? えっ?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:01:13.96 ID:Agr3Lit+0


一方通行「つーわけでさっさとやるぞ」ポロン

美琴「な、何いきなり脱いでんのよ!///」

一方通行「脱がなきゃできねェだろ」

美琴「ほ、本気?……って……何それ……」

一方通行「あン?」

美琴「ちっさ(笑)」

一方通行「……」

美琴「私の小指くらいしかないじゃない(笑)」

一方通行「……」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:09:32.95 ID:Agr3Lit+0


美琴「そんな粗末なモノでどうするのよ(笑)」

一方通行「はァ……だからオマエは第三位なンだよ」

美琴「なっ、どういう意味よ」

一方通行「……おもしれェもン見せてやる」ニヤリ

美琴「もう十分面白かったわよ」

一方通行(演算開始ってなァ)カチッ

美琴「能力なんか使って何を……」

一方通行「圧縮圧縮……性欲を圧縮ゥゥゥゥ!!」ムクムク

美琴「えっ!? なに、何なの!?」

一方通行「体内の性欲ベクトルを全てのおちンぽに集中させたンだよ」

美琴「はあ!?」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:16:18.95 ID:Agr3Lit+0


一方通行「俺のおちンぽはすじまん幼女からガバマンビッチまで全てのおまンこにフィットするサイズに自由に変化させられる」

美琴「ええー……」

一方通行「最小5cmから最大20cm……これが学園都市最強のおちンぽだ」

一方通行「具体的に言うと打ち止めとも番外個体とも黄泉川とも芳川とも体の相性がいいってわけだ」

美琴「これが……学園都市第一位……」

一方通行「のおちンぽ」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:20:26.33 ID:Agr3Lit+0


何書いてんだろうな、俺は


25: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/08/25(木) 04:21:18.22 ID:N41RrwoO0


腹いてーwwwwwwwwwwww


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:30:02.16 ID:Agr3Lit+0


一方通行「当然それは男も例外じゃねェ」

美琴「どういう意味よ……!」

一方通行「あれは新入生のコトが片付いた時だった」

美琴「え、回想入るの?」

一方通行「アイツは割と酒に弱くて、しかも泣き上戸だったンだ」

美琴「ちょ、それって」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:36:47.92 ID:Agr3Lit+0


―回想―

上条「はあ……上条さんはいつでも不幸ですよ……」グスグス

一方通行「家で飲むっつゥから来てやったのに、また不幸自慢か」

上条「でもよお、お前くらいしか話せる相手が……」チラッ

一方通行「どォした?」ポローン

上条「あ、あの……一方通行さん? その……見えてらっしゃいますが……一方通行さんの一方通行が……」チラッチラッ

一方通行「あァ? 男同士だから別にいいだろ?」

上条「い、いやでも……」チラッチラッ

一方通行「第一位が言ってるンだぜ? 間違ってるわけねェだろ……?」ムクリ

上条(すごい……アクセラレートしてる……)


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:41:42.86 ID:GaLxP3nA0


なんで言い回しがこう面白いのか


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:44:19.68 ID:Agr3Lit+0


上条「そ、そうだよな! 第一位の言うことだからな……」ドキドキ

一方通行「あァそうだ……ところでよォ三下」

上条「な、なんでせうか?」

一方通行「俺はオマエにでっかい借りがある……ソイツを今ここで返してェンだ……」

上条「ど、どういうことだよ」

一方通行「聞けばオマエ……女の相手に疲れ切ってるみてェだな」

上条「な、なんでそれを!?」

一方通行「オレは第一位だぜ?」

上条「なるほど……」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:50:36.43 ID:Agr3Lit+0


一方通行「そこでだ上条……オレはオマエがオレにやってくれたように、オマエの幻想を壊してやりてェンだ」

上条「そ、それはどういう……」

一方通行「わかってンだろ……? 男同士はいけねェってイマジンを、オレのアクセラレーターでブレイクしてやるっつってンだ」

上条「だ、ダメだろ……やっぱりそういうのは……」

一方通行「なァ当麻……オレは第一位だぜ?」

上条「そうか……第一位だもんな……」

一方通行「わかったらオマエの幻想をオレにさらけ出せよ……」

上条「わかったぜ……あっくん……」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 04:57:49.58 ID:Agr3Lit+0


<シンニュウキョカッテナァ
<アッー!!!


インデックス「ふあぁ……なんだか風呂場が騒がしいんだよ」

インデックス「なにかあったのかな? 様子を見てくるんだよ」

スフィンクス「やめておけ、といってもきかんのだろうな」

インデックス「おーい、とう」ガチャ


上条「あっくんのアクセラレーターが俺のイマジンに侵入してくるよおおお!!」

一方通行「あぁ……当麻のイマジンを今ベクトル操作してるぜェ!!」

上条「お、俺! もう!!」

一方通行「オレもだァ……行くぜ当麻!!」

幻想通行「「イマジンブレイカー!!!!」」ドピュドピュ

インデックス「」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 05:04:19.28 ID:Agr3Lit+0


一方通行「悪ィなシスター、起こしちまったか」

上条「よ、よういんでっくしゅぅぅぅ」ピース

インデックス「……」

インデックス(同居人(男)が知人(男)にチンポぶっ刺されてアヘ顔ダブルピースを決めている光景を目の当たりにしてしまった)

スフィンクス「完全記憶能力も困ったものだな……」

インデックス「」

スフィンクス「ご主人?」

ペンデックス「異常物を感知。第8章1節エリ・エリ・サバノミソニを発動」

一方通行「やべっ」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 05:10:07.89 ID:Agr3Lit+0


一方通行「ってわけだ」

美琴「何が!? ねえ何が!?」

一方通行「あれはやばかった……マジでやばかった……」

美琴「最初からやばいわよ!」

一方通行「まあ、そンなこンなでオマエにはオレのおちンぽっぽを受け入れる理由があるわけだ」

美琴「どこにあったのよ!!」

一方通行「マジで言ってンのか? オマエ本当にレベル5か?」

美琴「何言ってんだこいつ」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 05:18:43.24 ID:Agr3Lit+0


一方通行「はァ……考えてもみやがれ。オレのおちンぽーはあの三下のイマジンをブレイクした」

美琴「つまり……?」

一方通行「飲み込みが悪ィな、三下の後ろの処女を奪ったオレのおちンぽ様がオマエの処女を奪う」

一方通行「この時点で三下の処女=オマエの処女という図式が成り立つ」

美琴「……!」

一方通行「そして共通項を排除すれば三下=オマエという式が完成する、ってワケだ」

美琴「そ、そんなことありえないわ!!」

一方通行「馬鹿かオマエ、オレを誰だと思ってやがる」

美琴「はっ! そうだった……あんたは」

一方通行「第一位、だ」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 05:27:53.15 ID:Agr3Lit+0


美琴「確かに……学園都市最高の頭脳を持つあんたが弾きだした等式なら間違いはないわね」

一方通行「当然だろォが」ヤレヤレ

美琴「じゃあ、そのちんぽこを受け入れればあたしはあいつになれるっていうの……?」

一方通行「あァ」

美琴「だったら……いやでも初めてはあいつに……」ブツブツ

一方通行(イイ感じに頭がティロ……いや、混乱してきやがったなァ)

美琴「でもあいつになれる……つまり私とあいつは一心同体、つまり夫婦になれるチャンスだから……」ブツブツ

一方通行「どォだ? 覚悟は決まったか?」

美琴「………ええ!」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 05:36:14.72 ID:Agr3Lit+0


一方通行「ハッ……イイねイイねェ……最ッ高だねェ!!!!」

美琴「来なさい第一位……第三位の、超電磁砲の底力、見せてあげるわ!!」

一方通行「クパアーガンか……おもしれェぞ、オリジナルゥゥゥゥ!!」ムクムク

美琴「そんな……まだ大きくなるなんて、これが第一位……」

一方通行「本当のおちンぽの振る舞い方を、教えてやる」

美琴「ま、待って、まだ心の準備が……」

一方通行「哀れだなァ……抱きしめたくなっちまうほど哀れだぜェ……」

一方通行「けどよォ……いくらオマエが濡れてね濡れてねェからって……オレのおちんぽさんが収まるわけじゃねェよなァァァァ!!!」シュピーン

美琴(ダメ……ヤられる……!)


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 05:44:25.94 ID:Agr3Lit+0


一方通行「おちんっ!?」バタッ

美琴「えっ」

一方通行「な、なンだ……体が……」ピクピク

打ち止め「もー、あなたってば浮気者なんだから」

一方通行「ら、打ち止め……」

美琴「なんでここに……」

打ち止め「うふふ、この人の居場所ならいつでも把握してるのだーってミサカはミサカは告白きてみたり」

美琴「そ、そうなの?」

打ち止め「そうだよ。MNWを通してこの人の居場所もわかるし、他にも体温や血圧、その他身体の変化をリアルタイムで監視していつこの人が劣情を催したとかそれをどのように処理したか確認したりもできるんだよ? すごいでしょってミサカはミサカは得意げになってみたり!」

美琴「はい」

一方通行「いいえ」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 05:52:36.68 ID:Agr3Lit+0


一方通行「まて……じゃあ今回のことや三下、それに黄泉川や芳川、一方派妹達や番外個体とのことも……」

打ち止め「もちろん把握してるよ」ニコッ

美琴「あちゃー」

打ち止め「だから今日はお姉様の魔の手からこの人を助けに来たのだー!」

美琴「え? 逆じゃないの?」

打ち止め「ダメだよお姉様。この人の男根はわたしのなんだからねってミサカはミサカは所有権を主張して見る!」

美琴(わたし被害者なんだけどなあ)

打ち止め「他の人達は我慢できたけど、さすがにお姉様は許容できないかな」

一方通行「オイクソガキ……何言ってンだ……」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 05:58:48.78 ID:Agr3Lit+0


打ち止め「あなた昨日言ってたよね? 生理が来たからわたしが中には出さないでって言ったら一生そばにいてやるから安心しろって」

一方通行「はい」

打ち止め「その時わたしは思ったの。ああこの人はクローンの私を本当に愛してくれてるんだなって、そしてわたしもあなたのことを本当に愛してるんだなって」

一方通行「すごいですね」

打ち止め「だから決めたの、あなたの男根は誰にも渡さないって」

一方通行「あ、はい……いいえ」

美琴「そろそろ私帰るね。門限迫ってるし」

一方通行「待って、置いていかないで」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 06:01:03.92 ID:eeOFw1En0


態度かわりすぎわろた


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 06:06:00.28 ID:Agr3Lit+0


打ち止め「それなのにあなたってばここをこんなに腫らしちゃって……これじゃあさすがにわたしも受け入れられないかもってミサカはミサカはがっかり」シュン

一方通行「問題ねェよ、愛のベクトルパゥワーですぐ適性サイズに戻す」キリッ

美琴(きっしょ)

打ち止め「きゃー、あなたったらだいたーん///」

一方通行「つゥわけでさっさと能力戻しやがれ、このままじゃ指一本動かせねェ」

打ち止め「大丈夫! 能力なんか使わなくても大きさは変えられるよ!」

一方通行(まさかコイツ……手とか口とかでやってくれってのかァ!? なンて健気なやつなンだ……)


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 06:16:24.81 ID:Agr3Lit+0


打ち止め「じゃじゃーん、病院から入手したちょっとでかめのハサミー!」

一方通行「……………」

一方通行「…………………えっ」

美琴「あーあ」

打ち止め「これであなたの男根さまをわたしの蜜壺の適性サイズにカットするの、ってミサカはミサカは無邪気な笑顔を浮かべてみたり」

一方通行「そンなことよりしりとりしねェか?」

打ち止め、「かん、はい終わりー」

一方通行「待てェェェェ!! やめてェぇぇぇ!!」

打ち止め「えいがかん、はいおわりー」

一方通行「そうじゃねェよ! くそっ、コイツ頭がイカれてやがる!」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 06:19:40.60 ID:Agr3Lit+0


一方通行「つーかなんで萎えねェンだ!?……まさかコイツ……」

打ち止め「ふんふーん♪」

一方通行、「強制勃起機構……完成してたのか!!」

打ち止め「こっから先は通行止めだー、元の大きさに戻りやがれー」

一方通行「待て、待ってくれ、頼む!!」

打ち止め「アハッ」ジャキン




美琴「もしもし黒子? もうすぐ帰るからー。え、叫び声? 気のせいじゃない?」




スフィンクス「ああ、これでこの話は終わりだ」


116: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/08/25(木) 06:20:08.75 ID:5kPYp9Nn0


えーまじ


117: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/08/25(木) 06:20:20.91 ID:5kPYp9Nn0


うひゃひゃひゃ


121: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/08/25(木) 06:26:30.22 ID:qaAba/Q10


乙!



    スポンサーサイト一方通行「……さァてと、超電磁砲を犯して三下の出方を見るかァ」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。