スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「魔法少女説教したったったwwww」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: クロスオーバーSS | 更新日: 2011/09/01 19:30
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 21:35:55.53 ID:y5kdIHaB0


マミ「ティロ・フィナーレ!」ドカーン

さや「さっすがマミさん!今日もバッチリ決まってる」

まど「うん、かっこいいね」

ヤンヤヤンヤ

マミ「いっちょあがりね」フゥ

マミ「暁美さんはこれまでの魔女とは違うとか言ってたけど、全然たいしたことなかったし」

マミ「やっぱり暁美さんとの距離は考えたほうがよさそうね」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 21:37:58.33 ID:y5kdIHaB0


マミ「さ、二人とも。今日の魔法少女体験ツアーはここで終了よ」スタスタ

マミ「うちでお茶でも飲みながらおしゃべりでもしましょう?」スタスタ

魔女「」ユラリ

まど「あれ?さやかちゃん、あの魔女……!」

さや「マミさんあぶない!後ろ!」

マミ「え?」

魔女「    」ニィ

マミ「あ……」

魔女「        」アングリ


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 21:41:08.37 ID:y5kdIHaB0


チュドゴゴゴゴゴーン

魔女「!?」

マミ「きゃあ!」

ほむ「今のうちよ!上条当麻」

上条「おう、任せとけ!」

マミ「暁美さん!?と、あなたは……」

上条「いいからしっかりつかまってろ!」ヒョイッ

マミ「え、え!?///」シガミツキ


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 21:43:40.12 ID:y5kdIHaB0


まど「あ、いいなあ、お姫様だっこ。ってそんな場合じゃないよ!」

さや「あの人は誰なのかな?転校生の知り合い?」

まど「うーん……でも、マミさんを助けてくれたのには間違いないし、きっといい人だよ」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 21:46:05.69 ID:y5kdIHaB0


マミ「あの!?何するんですか、っていうかあなた誰なんですか!?///」

マミ(おおおおおお男の人に、男の人に、お姫様だっこされてるううううううう!?)

マミ(彼氏はもちろん、女友達すらできず人生ボッチ街道驀進中だった私があああああああ!?)

上条「話は後だ。それにお前、顔が真っ赤だぞ。くそっ!これもあの魔女ってやつの仕業だな!」

マミ「そうはいかないわ!魔女と戦うことが私の――」

マミ(! 銃が呼び出せない!なんで!?)

上条「俺はお前に会うためにここまで来たんだ。巴マミ」

マミ「!?」ドキーン

上条「安心しろ。俺がお前を守ってやる」キリッ

マミ「///」キュウ


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 21:49:31.35 ID:y5kdIHaB0


マミ「……ん」モゾモゾ

マミ「私……生きてる?」ムクッ

マミ「ここ、どこなのかしら」キョロキョロ

マミ「確か、魔女に食べられそうになって、暁美さんが助けてくれたんだっけ……?頭の中がぼーっとしてる」

マミ「まあ……助けてくれたことにはお礼を言わなきゃね」

マミ「それから、確か、ツンツン頭の人が……」

マミ(一生守ってやるとか、お前のことを離さないとか、言われたような///)

上条「おう、起きたか?」

マミ「きゃっ!///」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 21:54:27.90 ID:y5kdIHaB0


さや「上条さーん。マミさん驚かせちゃダメですよー」

上条「おお、悪い悪い。そんなつもりはなかったんだけどな」トクトクトク

上条「特売で買ったジュースしかないけど、飲んで気持ちを落ち着けてくれ」

まど「いただきます」

ほむ「私もいただくわ」

マミ「! 暁美さん……」

まど「マミさん。ほむらちゃんはマミさんを助けてくれたんです」

まど「ほむらちゃんのこと、嫌わないであげてください、なんて……」

マミ「……」

ほむ「……」ゴクゴク


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 21:57:26.81 ID:y5kdIHaB0


上条「あー、俺は下のコンビニでお菓子でも買ってくるから、適当にくつろいでてくれよな」バタン

マミ「……ねえ暁美さん。助けてくれたことには感謝するわ」

マミ「でも、どうして私を助けたの?あなたにとっては私が死んでしまったほうが好都合じゃないの?」

ほむ「勘違いしないで。私は別にあなたが邪魔だとか憎いとか、考えたこともないわ」ゴクゴク

マミ「……」

ほむ「それともうひとつ」ゴクゴク

ほむ「礼を言うなら彼に言うのね」トクトクトクトク

ほむ「彼がいなければ、私があなたを助けに行くことはできなかった」ゴクゴク

ほむ「その結果、あなたは確実に死んでいたでしょうね」ゴクゴク


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:00:39.79 ID:y5kdIHaB0


マミ「そうね。二人ともに、本当に感謝しているわ。暁美さんに対しても誤解があったみたい」

マミ「あとは、QBにひどいことしないって約束してもらえれば、私たち仲良くなれると思うのだけど?」

ほむ「それは……無理な相談よ」ゴクゴク

マミ「何か理由があるのでしょう?話してごらんなさいな」

ほむ「今は、話せないわ」ゴクゴク

マミ「そう……まあいいわ。少なくとも、これまでのあなたに対する認識を改める必要があるわね」

マミ「よろしくね、暁美さん」

ほむ「ええ……」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:05:51.83 ID:y5kdIHaB0


上条「お、仲直りできたか?仲良きことは素晴らしいことですよ、本当に」バタン

マミ「あなたにもお礼を言わなきゃいけないわね。それで、その、あなたは……」

上条「ああ、そういえばちゃんとした自己紹介はまだだったっけ」

上条「俺は上条当麻。学園都市から来た高校……じゃない、中学3年だ。よろしくな」

マミ「あ、はい。巴マミです。こちらこそよろしくお願いします」

マミ「って、そういうことじゃなくって。その、あなたは――」

上条「いや、俺は別に能力者じゃねーんだ。学園都市の落ちこぼれ、レベル0だ」

さや「学園都市って、確かうちの姉妹校だよね」

まど「うん。最近はあまり頻繁な交流は無いらしいけど。でも交換留学生が来るって先生言ってたから、それが上条さんじゃない?」

上条「そういうこと。で、向こうの学校から、こっちのことは巴に聞けって言われてたんだ」

マミ「ああ、そういえば明日から来る交換留学生が確か上条当麻っいったっけ……」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:09:19.38 ID:y5kdIHaB0


マミ「ああ、そういえば明日から来る交換留学生が確か上条当麻っていったっけ……」

上条(しかし、いくら一時的かつ姉妹校とはいえ高校から中学に編入って、どれだけ上条さんの評価は低いのでせうか)

上条(小萌先生も理事会からの指示だからとしか教えてくれないしな)

マミ「だ、だから!私が言いたいのは、あなたも魔法少女なのかってこと」

上条「はあ?俺のどこが少女なんだよ。上条さんはれっきとした男子学生ですのことよ」

マミ「ああーもう!じゃあ魔法少年でも魔法青年でもいいけど、QBと契約したのかってこと!」

上条「きゅうべえ?なんだそれ?あ、なんか、すげー高い寿司屋とかだっけ?上条さんには縁の無い世界ですね」

マミ「……あなた、契約もしてない本当にただの人間なの?」

上条「んー、ただの人間かと言われると、ちょっと返答に困るんだけどな」

上条「さっきレベル0だって言ったけど、俺の右手には異能を打ち消す力があるんだ」

まど「異能を打ち消す……?」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:13:01.81 ID:y5kdIHaB0


上条「俺の右手の能力さ」

上条「俺の右手は、科学だろうが魔術だろうが、異能に触れた瞬間、その能力を打ち消すんだ」

上条「触れていれば、異能の発動を封じることもできる」

マミ(だから銃を呼び出せなかったのかしら?)

上条「巴を助けるまでに現れた、よくわかんねーちっこいのも消滅させることができたのは以外だったけどな」

さや「ふーん……?」

まど「なんか、あたし達にはイマイチわからないね」

上条「そうだな、例えば……」ギュッ

マミ「えっ?///」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:15:26.54 ID:y5kdIHaB0


上条「巴、何か魔法を使ってみてくれ」

マミ「で、でも……///」

さや「だめだよ上条さん。魔法使ったら魔力を消耗しちゃうから。無駄遣いさせちゃいけませんよー」

上条「っと、そうだったのか?わりぃ」パッ

マミ「あっ……」

まど「そういえば上条さん、魔法少女の存在をすんなり受け入れてましたね」

上条「俺はこれまで科学だの魔術だの、おかしな現象をこの目で見てきたからな」

上条「最初は暁美や巴のことも魔術師かと思ったんだけど、違うんだな」

上条「まあ、魔術も魔法も似たようなもんだろ」

さや「へー。あたしらが知らないだけで、不思議な力ってのはこの世にあるんだねえ、まどか」

まど「そうだね、さやかちゃん」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:18:19.69 ID:y5kdIHaB0


上条「まあ、お前らが信じるかどうかは別にして、俺も妙な能力を持ってるからさ」

上条「自分のことをただの人間なんて言っていいものかどうか」

上条「別に化物だと思われても仕方ないかと思ってる」

マミ「あ……ごめんなさい。そんなつもりじゃ」

さや「でもさー、上条さんが本当にそんな力を持ってるなら魔女退治を手伝ってもらえばいいんじゃないですか?マミさん」

マミ「え?あ、でも、一般人に迷惑をかけるわけにはいかないわ」

上条「遠慮すんなよ。しばらくは俺もこっちにいるし、お前のこと、守ってやるよ」

マミ「ちょ……え……な、なに?///」

まど「ふふっ。上条さん、それだとまるでプロポーズみたい」

上条「お、そうか?まあ、改めてよろしくな。巴」キリッ

マミ「///」キュウ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:25:16.65 ID:y5kdIHaB0


オジャマシマシター バタン

上条「やれやれ、これなら転校生活もなんとかなりそうだな。早速知り合いもできたことだし」カタヅケ

ほむ「ねえ、ひとつだけ教えて」

上条「ん?」

ほむ「あなた、何者なの?」

上条「さっきも言ったろ?右手以外はどこにでもいる男子学生だよ」

ほむ「あなたの右手のことは信じるわ。巴マミの拘束を解いてくれたのがあなただもの」

ほむ「でも、どこにでもいる男子学生がわざわざ命の危険を冒す必要はないわ」

ほむ「あなたが魔法少女の領域に踏み込んでも、危険があるだけでメリットなんて何も無い」

ほむ「それなのに、どうして助けてくれたの?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:27:44.54 ID:y5kdIHaB0


上条「どうしてもこうしても、理由なんていらねーだろ」

ほむ「え……?」

上条「俺がそいつの助けになれるのなら力を貸すし、いくらでも手を差し伸べる。それでいいじゃねーか」

上条「ま、知り合いの影響もあるのかもしれねーけどな」

上条「もちろんお前だってそうだ。俺にできることがあったら、遠慮なく言ってくれよ」ニカッ

ほむ「…………別に、ないわ」コトン

上条「ん、そうか?まあ、お前強いしな。俺なんかじゃ役立てねーよな」ハハハ

ほむ「……私も失礼するわ」

上条「おう、またな!暁美」

ほむ「……」バタン


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:33:23.30 ID:y5kdIHaB0


――翌日の屋上


マミ「で、最後が屋上。お昼を食べるにもいい場所なのよ」

上条「悪かったな。学校の案内してもらって」

マミ「そんなこと気にしないで。それよりも、まだ昼休みも時間あるし、今度はあなたのお話聞かせてもらえないかしら?」

上条「ああ、いいぜ。つっても、何から話したもんかな」

マミ「学園都市って能力者の街なんでしょう?どんな能力者がいるの?魔法少女はいないの?」

上条「魔法少女って……さすがに見たことないけど、能力者はいろんな奴がいるぜ?」

上条「発火能力者、空力使いみたいな自然の力を発現できる奴もいれば、精神に干渉する精神感応系」

上条「珍しいところでは、空間移動能力者とかな。ま、色々だよ」

マミ「誰でも好きな能力を選べるんじゃないの?」

上条「能力は一人につき一つ、能力開発された能力だけだ」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:39:45.28 ID:y5kdIHaB0


上条「けど、どんな能力だって使い方次第で、努力次第で強くなれるさ。ビリビリみたいにな」

マミ「ビリビリ?」

上条「いつも俺につっかかってくる、学年は鹿目なんかと一緒か?女子中学生でな」

上条「能力自体は電撃使いで、別段珍しいもんじゃねえ。それでも、あいつは学園都市第3位の能力者で、7人しかいないレベル5だ」

上条「顔をみるなり勝負勝負言ってきて、いきなり電撃浴びせてくるんだからたまったもんじゃねえよ」

上条「巴みたいな、優しさみたいのが決定的に欠如してるなあれは、うん」

マミ「///」カァァ

上条「レベル5がレベル0に喧嘩ふっかけてくるなってんだよな」ハァ

マミ「/// で、でも、頑張ったのね、その子は」

マミ「私は、魔法少女としての力を偶然手に入れちゃったから」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:45:01.65 ID:y5kdIHaB0


上条「偶然?どういうことだ?」

マミ「私は、自分が生きることを願って魔法少女になったの。……交通事故でね。意識も途切れ途切れだったところにQBが現れた」

上条「ああ、暁美から簡単には聞いたよ。QBだの契約だの。」

マミ「私に選択肢なんて無かった。夢でも見ているのかと思ったけど、生きるために願ったわ」

上条「そうだったのか……」

マミ「そ。私の願いはかなえられて、今もこうして生きているのはQBのおかげね」

マミ「あ、もちろん魔女との戦いで死んじゃったら意味無いし、必死に戦い方も覚えたわ」

上条「……なあ、QBだっけ?あいつの目的ってなんなんだ?」

マミ「え?」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:49:21.25 ID:y5kdIHaB0


マミ「え?」

上条「願いをかなえて回ることがあいつの目的なのか?それとも、魔法少女にすることが目的なのか?」

上条「瀕死のところを見計らって現れて、まさに選択肢が無いところで奇跡をちらつかせられりゃ、そりゃ契約しちまうよな」

上条「で、その奇跡の代償が魔女との命を賭けた戦いだろ?QBは魔法少女と魔女を戦わせたいようにも考えらるが……これは邪推か」

マミ「……この世にはびこる魔女をこの世から駆逐することが目的じゃないかしら」

マミ「魔女の存在は、私たち人間の世界に災厄を引き起こすの。原因不明な自殺なんかも魔女の影響よ」

マミ「いわば人間に敵対する存在を狩る戦士として、QBが素質のある女の子を選び、魔女退治という大きな使命を背負う見返りとして願いをかなえているのよ」

上条「じゃあQBが、QB自身の敵ではない魔女を、奇跡を与えてまで女の子を魔法少女にして、この世界を守らせる必要があるのか?」

マミ「それは……」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:52:28.59 ID:y5kdIHaB0


上条「それに、年頃の女の子が命を賭けて化物と戦うだなんて、上条さんは見ていられませんよ?」

マミ「もう」クスッ

マミ「……正直なところ、QBは何かを隠しているんじゃないかって思ったこともあるわ」

マミ「でも、この運命は私が望んだ運命。今更引き返すこともできないし、それにね」

マミ「こうして生きていたから、魔法少女になっていたから……その、と、当麻君とも出会えたわけだし?///」チラッ

マミ「コホン……ま、まあそれは別にしても、魔法少女として生きていくことに後悔はしていないわ」

マミ「どんな運命が待ち受けていたとしても、受け入れる覚悟はしているつもりよ」ニコッ

上条「……巴」

マミ「あら?向こうのほうが騒がしいわね……この声は美樹さん?行ってみましょうか」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:55:39.68 ID:y5kdIHaB0


――少々時間を遡った屋上


ほむ「今回は助かったからいいものの、魔法少女になれば常にあんな危険と隣り合わせに身を置くことになるの」

さや「で、でもさ?たまたまだって!何回もマミさんの魔女退治見てきたけど、いつもは余裕で――」

ほむ「次は大丈夫という保障なんてどこにもない」

さや「う……」

ほむ「そうね。確かにあなたの言うとおり、昨日はたまたま調子が悪かったかもしれない」

ほむ「でも、今日はどうなのかしら?明日は?明後日は?さあ、答えてみなさい。美樹さやか」

さや「ぐ……黙って聞いていれば――」

マミ「いいえ、美樹さん。これは暁美さんの言うとおりよ」

まど「マミさん……と、上条さん」

上条「よお」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 22:58:54.81 ID:y5kdIHaB0


ほむ「……何度でも言うわ。魔法少女になるというのはそういうこと」

ほむ「死と隣り合わせの恐怖、あなたは背負って歩いていけるのかしらね?」ファサッ スタスタ

さや「くぅぅぅ!やっぱ転校生の奴、むかつく!」

さや「マミさんのこと助けてくれたから見直したのに!」

マミ「でもね、美樹さん。前にも言ったけれど、私もあなたたちに後悔はしてほしくないの」

マミ「単なる憧れだけで、命を賭ける戦いに身を置く魔法少女になるのは賛成できないわ」

マミ「もちろん、それに値する願いがあるというのなら、そのときは全力でサポートするけど」

さや「うー……」

まど「私、どうしたらいいんだろう……」

マミ「焦ることないわ。無理して魔法少女になる必要もないのだし考える時間がある限り、ゆっくり考えて、ね?」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:02:13.72 ID:y5kdIHaB0


――放課後


上条「ふんふふん、ふんふふん、ふ、ふ、ふ~ん♪」

上条「なんだかんだで中学生生活も悪くないかもしれないな。せめて満喫させてもらうとしますかね」

上条「おまけに家の近くのスーパーは特売卵が2パックまでOKってんだから、ありがたい話だよな~。お、この八百屋は安いな」

上条「街を案内してくれるって言ってた巴には悪いけど、待ってたらこの特売を逃しちゃいそうだったからな~……ん?」

  「……」キョロキョロ

  「さー、今日は大根が安いよー!お、そこの美人の奥さんどうだい?おまけしちゃうよ?」

  「あら、そう?じゃあ――」

  「!」ササッ

上条「……」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:05:43.18 ID:y5kdIHaB0


  「へへっ、ちょろいもんだね」ガブッ

上条「おーい、忘れ物だぞー」

  「ん?」

上条「ったく、元気良すぎだろうが。この荷物持って追いかけるの大変だったんだぞ」

  「誰?あたしはアンタなんて知らないよ」

上条「いいから、ほら、レシート」

  「……なんだよ、これ」

上条「なんだよって、レシート。そのリンゴのな」

上条「見てたぞ。そのリンゴ、金払い忘れてたよな」

上条「だめだぞー、そのうっかりで万引き扱いされちまうんだからな。気をつけろよ」

  「……何が目的だよ」

上条「ん?」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:08:26.16 ID:y5kdIHaB0


  「おちょくってんのか?ああ、そうさ。このリンゴは盗ったよ。警察にでも突き出せばいいだろうに、レシートってどういうことだよ」

上条「お前は盗ってねーよ。今回は俺が金を払ってるからな」
  
  「あたしはあたしの人生を、あたしの責任で生きてるんだ」

  「誰かに助けてもらおうなんてこれっぽっちも考えてない。恩を売ったとか思うなよな」

  「勝手なことされて、かえって迷惑なくらい……って、おい!聞いてるのかよ」

上条「もううっかりすんなよな~」スタスタ

  「……なんなんだよ、あいつ」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:10:55.86 ID:y5kdIHaB0


――翌日 とあるスーパー


  「今日はキャベツがお買い得だよ!」

  「……」

上条(もううっかりすんなよな~)

  「……くそっ!あんな奴の言葉気にすることねーだろうが」

  「どうしちまったんだよ、あたしは」トボトボ

  「食い物を粗末にするんじゃありません!」

  「! 今の声は……」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:16:24.12 ID:y5kdIHaB0


上条「世の中にはなぁ、食いたくても食えない人がいくらでもいるんだ!俺のように!」

上条「買いだめしておいた食材が、帰宅したらすっからかんになってたときの虚無感がわかるか!?」

上条「大奮発して閉店割引価格で買ったサイコロステーキの予定が、もやしの炒め物になったときの絶望感がわかるか!?」

上条「それだけ食は人の生活に彩を……あ、こら!人の話は最後まで聞けー!」

上条「くそ!」

  「店先で大声出して、なーにやってんだい?変な奴だね、あんた」

上条「お前は昨日の……」

杏子「佐倉杏子」

杏子「時間あるかい?ちょいとツラ貸しなよ」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:19:35.46 ID:y5kdIHaB0


――公園


杏子「……へー。あたしはよく知らねーけど、学園都市ってのは面白そうな場所なんだな」

上条「ああ、いつか遊びに来いよ」

杏子「そのときはうまいもんご馳走してくれよな?っと、もうこんな時間か」

上条「お、ほんとだな。そろそろ帰ってメシのしねーとなー」ヨッコラセ

杏子(あ……)

杏子「な、なあ……最後に一つだけいいか?」

上条「ん?なんだ?」

杏子「幸せを願った少女の話……って、聞いたことあるか?」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:22:14.51 ID:y5kdIHaB0


上条「? なんだそれ?童話か何かか?まあ、別に急ぐわけでもないからいいけどな」

杏子「そ、そう、それ!童話!ちょっと聞きなよ」

杏子「あるところに、幸せな家族がいました」

杏子「その家族の親父は宗教家で、毎日人々に神の教えを説いていました」

杏子「ところが、ある日を境に、徐々に信者の足が途絶え、ついには教会に現れる人はいなくなりました」

杏子「いわゆる教典にない、独自の説法を語り始めたのが原因でした」

杏子「でも、それは決して悪意があってのことではなく、人々のためを思って親父がしたことでした」

杏子「教会の本部からは異端の烙印を押され、人々からは怪しい宗教家として避けられるようになりました」

杏子「なぜ親父がこんな目にあうのか、家族の娘はわかりません」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:24:40.78 ID:y5kdIHaB0


杏子「親父は人のためを思ってしたことなのに、なぜ親父が苦しんでいるんだろう」

杏子「娘は祈りました。神様、どうかお願いします。親父を助けてください」

杏子「その姿に心を打たれた神様は、天使を娘のもとに送りました」

杏子「天使は語りかけます。かわいそうな少女よ、あなたの願いを一つだけかなえてあげましょう」

杏子「その代わり、あなたには神の使いとして悪魔を退治する使命を与えます」

杏子「命ある限り、神の敵である悪魔を退治し続けるのです」

杏子「娘は言いました。それでも構いません。親父の言葉をみんなが聞いてくれますように、と」

杏子「翌日、これまでの日々が嘘だったかのように、教会には人が押し寄せました」

杏子「また幸せな日々が帰ってきた。娘は喜びました」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:26:43.23 ID:y5kdIHaB0


杏子「その幸せに比べれば、神から与えられた使命もささいなものです」

杏子「娘は来る日も来る日も悪魔を退治し続けました。幸せな毎日をくれた神様への恩返しとして」

杏子「ところがある日、親父に真実がばれてしまいました」

杏子「親父は、実の娘を、自分の幸せを願ってくれた娘を、人の心を弄ぶ悪魔と罵りました」

杏子「ついには、娘を除く家族を道連れに無理心中」

杏子「残された娘は思いました」

杏子「自分が自分勝手な願いをしてしまったばっかりに、誰もが不幸になってしまった」

杏子「なら、もう誰のためにも願わない。祈らない」

杏子「神様から与えられたその力も、自分のためだけにしか使わなくなりましたとさ。めでたしめでたし」

上条「それ、めでたしなのか?俺は初めて聞いたぞ、その童話」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:30:14.24 ID:y5kdIHaB0


杏子「いいから。で、あんたはどう思った?」

上条「感想聞かせろってのか?……んー、他人の幸せを願った結果、訪れたのは不幸な結末。残されたのは過酷な運命、か」

上条「でもよ、その女の子が家族の幸せを願った気持ちは本物なんだろ?」

上条「物語の結末の時点ではやりきれねえけど、人の幸せを願える子が幸せになれない世の中だとしたら、そんなのは間違ってる」

上条「物語に語られていない部分で、きっと幸せを掴めてるんじゃないのかな」

上条「まだ無理だとしても、きっといつか幸せになれるさ。幸せになれないというのなら、そんな幻想は俺がぶち殺してやるよ」ハハハ

杏子「そっか。…………ありがとな」

上条「ん?なにがだ?」

杏子「え?あ、いや、ほら、こんなしょーもない話、よく知らない人間に聞かされても困るだろ?」アセアセ

杏子「だから、その……聞いてくれてありがとさん!ってことだよ」

杏子(……あたしも、なんでこんな話しちまったんだろ)


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:32:52.11 ID:y5kdIHaB0


上条「なんだそりゃ。ガキの子守も大人の務めですよ、っと」

杏子「ガキじゃねーし!つか、あたしとあんた、それほど違わないだろ!?」

上条「ハハハ、確かにな。わりいわりい」

杏子「でも、あんたも面白いよな。不幸を呼び寄せる右手だなんて、それこそ童話かよ」ハハハッ

上条「おいおい、こっちは笑い事じゃねーってのに……ん?」


  「……!」

  「……!」


上条「あれは、鹿目じゃねーか」

杏子「知り合いかい?」

上条「ああ、つい最近知り合った友達さ」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:35:30.62 ID:y5kdIHaB0


杏子「……でも、なんか様子が変じゃねーか?」

上条「隣にいるのは友達っぽいけどな……」

杏子「まあいいや。あたしは帰るよ。今度会うことがあったら、自慢のモヤシ定食でもご馳走してくれよな」タッタッタッ

上条「おう、またなー」フリフリ

上条「……佐倉、だっけか。見た感じ、あいつも中学生くらいだな」

上条「やっぱ同じ中学生でも色々あるんだなー」

上条「若いうちから苦労を知ってりゃ将来はきっといい子に育つな。どこかの誰かさんにも見習ってほしいもんだ。……さて」

上条「あいつらなに話してるんだ……?お、歩き出した」コソコソ

上条「だいぶ歩いてるうちに、なんか夢遊病者みたいな人たちがたくさん集まってきたな」コソコソ

上条「みんな工場に入ってったな。なんでまたこんなところに……?」

ガラガラ ビシャンッ

上条「やべっ。中に入れねーじゃんかよ」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:38:09.19 ID:y5kdIHaB0


上条「狭いようで案外広いな、この工場」

上条「一周するのに結構時間かかったし、結局入口っぽいのもなかったな」

まど「助けてええええええ!」

上条「鹿目!?あの窓のあたりから声がしたぞ!」

上条「このパイプを伝って……!」ガシャーン

ウウーアーオアー ォーウゥーアーォー

上条「無事か!鹿目!」

まど「上条さん!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:40:37.85 ID:y5kdIHaB0


上条「!? なんだこいつら。目の焦点が合ってねえ」

まど「みんなおかしいの!正気じゃない!」

上条「とりあえず奥の部屋へ逃げるぞ!」ガシッ

まど「はいっ!」

バタン!ガチャッ!

ウァーァーウーァーアー ドンドン ゲシゲシ

上条「なんなんだよ、これは。どう考えても尋常じゃないな」

まど「か、上条さん!変なのが!」

まど「このちっこいのは……魔女の使い魔だな!」 パキーン


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:44:37.69 ID:y5kdIHaB0


上条「くそっ!きりがねえ」

杏子「使い魔の生みの親である魔女を倒さないとだめさ。よっ、と」ズバッ

上条「お前、佐倉!なんでお前がいるんだよ!」

杏子「そのピンクの連れに魔女の口づけが見えたからな。無関係な人間を巻き込むわけにもいかねーと思って一旦別れたんだけど、これじゃ意味ねーじゃねーか」

上条「俺を心配してくれたのか?やっぱお前、いい奴だな」ハハハッ

杏子「ば、ばかっ!そんなんじゃねーよ!あ、あたしはただ、魔女を狩るのにあんたが邪魔だったからだな、その……」

上条「それはそうと、お前のその格好、魔法少女だったのか」

杏子「! 使い魔を退治できて、魔法少女のことまで知ってんのかい。なら、先にこの使い魔の主である魔女を倒しちまうよ!」

杏子「上条さん、この子のこと知ってるの?」

上条「ああ。心優しい心配性のお嬢ちゃんさ」

杏子「無駄話はそこまでにしときな。結界が開く……くるよ!」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:47:54.15 ID:y5kdIHaB0


ズバズバッ

パキーン

杏子「やるじゃねーか、当麻」

上条「いや、鹿目を守るだけで精一杯だよ。幻想殺しが通用するからなんとかなってるだけで、本体である魔女にはとても手がだせねえ」

上条「使い魔を追い払うくらいしか手伝えそうにない。すまん」

杏子「十分さ。あんた、結構戦い慣れてるな」

上条「本当は逃げることのほうが得意だけどな」

杏子「それだけ戦えてよく言うよ。……さーて、邪魔な使い魔の数も減ってきたしそろそろケリつけようか」

さや「まどかああああああああああああ!」ザシューン

魔女「」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:50:47.11 ID:y5kdIHaB0


――結界が消えて


さや「まどか大丈夫?怪我はない?」

まど「うん、大丈夫。さやかちゃんもありがとう!」

さや「あたしの嫁のピンチに駆けつけないわけないっしょー」

まど「もう、さやかちゃんたら」

上条「おい美樹、その格好って……」

さや「ああ、これ?いやー、心境の変化っていうのかなー?あ、でも、初めてにしちゃうまくやったでしょ?」

杏子「へえ。この街は巴マミが仕切ってたはずだと思ってたけど、あんたルーキーかい?」

さや「まあね。正義の魔法少女、さやかちゃん爆誕の巻、ってね。ああ、まどかのこと守ってくれてありがとね、先輩?」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:54:28.48 ID:y5kdIHaB0


杏子「よせよ、馴れ合うのはガラじゃないんだ。ところで」

杏子「あんた、何を願って魔法少女になったんだい?」

さや「! それは……その……」

杏子「まあなんでもいいさ。この子、あんたの大事な友達なんだろ?せいぜいしっかり守ってやりなよ」

杏子「大きな代価を支払って背負った力だ。……くれぐれも使い方には気をつけるんだね」スタスタ

さや「なに、あいつ?転校生みたいなこと言って……ちょっと感じ悪いかも」

まど「そんなことないよ。ちょっと不器用なだけで、優しい子なの。ね?上条さん」

上条「ん、ああ……そうだな」

上条(佐倉……)


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:56:46.86 ID:y5kdIHaB0


――数日が過ぎて


さや「さあ、今日も元気にパトロール行ってみよー!」

まど「さやかちゃん、あんまり無理はしないでね?」

さや「大丈夫だよー。まどかがいてくれれば、それだけで百人力なんだからー」

上条「なあ、俺スーパーの特売に行きたいんだけど」

さや「っと、早速さやかちゃんレーダーに反応あり!いっくよー!」

まど「あ、待ってさやかちゃーん!」

上条「聞けよ……」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 23:59:23.84 ID:y5kdIHaB0


――結界内


さや「こんの、チョコマカと!オリャリャリャリャリャリャー」ヒュンヒュンヒュンヒュン

使魔「♪」

さや「これでどうだー!」

使魔「!」

さや「仕留めた!」

カキンッ カキンカキンッ

さや「え!?」

杏子「ちょっとちょっと、なにやってんのさアンタたち。見てわかんない?あれ、魔女じゃなくて使い魔だよ?」

使魔「   」ヒューン

さや「ああ、後一歩だったのにい……」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:01:58.03 ID:9bg6GOgI0


まど「えっと、確か、杏子ちゃん……だよね」

上条「よお、また会ったな」

さや「何が悪いのよ!魔女と、その使い魔を倒すのがあたしたちの使命でしょうが!」

杏子「困るんだよねー。魔女に成長させないで使い魔の状態で倒しちゃったらもったいないじゃん?」

さや「邪魔するってんならこのさやかちゃんが相手になってやるわよ!」ジャキンッ

杏子「やれやれ、これだからルーキーは……」ハァ

まど「え、え?なんでそうなるの?上条さん、止めてあげて!」

上条「いや、これは魔法少女同士の問題だ。俺たちが口を出すべきじゃない」

まど「そんな……」

杏子「こないだはルーキーの初陣だから、いいとこだけ持ってかれても見逃してやったけどさあ」

杏子「2度目はないよ?」ニヤッ


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:04:01.27 ID:9bg6GOgI0


さや「うぅぅ……」ボロボロ

杏子「これが経験の差ってやつさ」

杏子「おとなしく引き下がれば命まで取ろうってつもりはないんだけど」

杏子「どう?実力差、思い知ったっしょ?もう帰りな」

さや「使い魔を放置してたらそれだけで何人もの人が死ぬじゃないか」

杏子「あのさあ、こっちは慈善事業やってるんじゃないんだよ」

杏子「戦うには魔力がいる。魔力を回復するにはグリーフシードがいる。グリーフシードを手に入れるには魔女を狩る必要がある」

杏子「使い魔を放置するより魔女を放置していたほうがかえってたくさん人が死ぬんだよ?」

杏子「あたしらもグリーフシードが手に入って万々歳じゃないか。効率ってものを考えようよ」

さや「そのために、自分のために人が死んでもいいっていうの!?」

杏子「……人のため人のためって、うぜーんだよ」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:07:04.05 ID:9bg6GOgI0


杏子「甘っちょろい正義のヒーローごっこがしたけりゃ家でおままごとでもしてな」

杏子「だいたい、それでグリーフシードが足りなくなったら、あんたも戦えなくなって死ぬよ?本末転倒じゃないか」

杏子「あんたが戦う理由なんてあたしには関係ねーし、どうでもいい」

杏子「でもさ、人を救うために戦って、それで自分がむざむざ死ぬことに意味があんのかよ。もう少し自分を大切にしたらどうなんだい」

さや「うるさい!あたしはそれでも、自分の目指す魔法少女でありたいんだ。お前なんかと一緒にするな!」ヨロヨロ

杏子「……あんた、さては願いも他人のために使ったクチだね?バカじゃねーの」

杏子「だからあたしの言葉にそこまでムキになってんだ。図星だろ」

さや「……許さない」

杏子「へえ?許さないって、どうすんだい?」

まど「さやかちゃんやめて!ひどい怪我してるのに……杏子ちゃんもお願い!」

さや「まどかは下がってて。こいつは、あたしの道に立ち塞がる敵なの。引くわけにはいかない」ハァハァ

杏子「というわけさ。こいつがやる気なら、あたしは受けてたつだけだ」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:10:21.04 ID:9bg6GOgI0


ほむ「いいえ、邪魔させてもらうわ」シュンッ

ほむ「魔法少女同士の争いは無益よ。これ以上は私も見過ごせない」ファサッ

マミ「そうね。さすがに新人さん相手にやりすぎじゃないかしら?」スチャッ

まど「マミさん、ほむらちゃん……きてくれたんだ」

杏子「よう、マミじゃないか。油断して一回死にかけたんだってな。笑いにきてやったぜ」

杏子「で、そっちは噂のイレギュラーか?ベテランがこんなわけのわからないイレギュラーとつるむとは、落ちぶれたね」

マミ「あら、仲間に入りたいなら歓迎するわよ?」

杏子「……あーあ、しらけちまったな」

杏子「あたしはもう帰るわ。けど、そいつ、しっかり教育しといてくれよな」

さや「おい!逃げるのか!」

杏子「勘違いしてんじゃねーぞルーキー。あたしが見逃してやってんだよ。……じゃあな」

さや「待て!」ヨロッ

ほむ「追いかけても無駄よ。万全の状態で戦ったとしても、今のあなたでは彼女に勝てる見込みはない」ガシッ

マミ「暁美さんの言うとおりよ。ただでさえ動くのも大変でしょうに……うちにいらっしゃい。手当てしてあげるわ」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:12:51.90 ID:9bg6GOgI0


――マミハウス


ほむ「もう魔法少女になったことをとやかく言う気はないけど、行動には十分気をつけてほしいものね」

さや「……」ムスッ

マミ「まあまあ、ともかく無事でよかったわ。幸い怪我は思ったほどひどくなかったし」

まど「ほんと。すっごい心配したんだからね、さやかちゃん」

さや「なんなんですか、あいつ。あんなのも魔法少女だなんて信じらんない!マミさん、あいつのこと知ってるんですか?」

マミ「ええ、まあ。彼女も私と同じくベテランと呼ばれる魔法少女ね」

さや「その経験の中で薄汚れていったんだ、あいつは。あたしはそうはならないぞ。マミさんみたいな魔法少女になってやるんだから!」

マミ「嬉しいけれど、無茶しちゃだめよ?あ、当麻君カップが空ね。紅茶のおかわりはいかがかしら?///」モジモジ

上条「……なあ美樹。一つ俺の話を聞いてくれないか」

さや「えー?お説教なら勘弁ですよ」

上条「そんなんじゃない。童話だ」

まど「童話?」

上条「ああ、昔あるところに――」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:16:03.84 ID:9bg6GOgI0


上条「――という話だ」

上条「これは、佐倉が俺に聞かせてくれたんだ」

さや「! あいつが……」

マミ「当麻君、その童話って……」

上条「あいつが何を考えて俺にこんな話をしたのかはわからねえ」

上条「ただ、あいつは自分とお前が重なって見えたんだろうな」

上条「あいつは、自分と美樹が重なって見えて、つい、きつくあたったのかもな」

さや「……」

上条「ま、一回あいつと話し合ってみるのもいいんじゃねーか?なあ、巴。佐倉の連絡先ってわかるか?」

マミ「え、結婚式ですって!?/// そんな、私たち出会ってから数日しか経ってないのに、大胆な人ね///」テレテレ

上条「……あー、まあ、なんとか間は取り持つから、一度話し合ってみろよ。絶対悪いようにはならないさ」

さや「まあ……上条さんがそういうなら」

上条「そっか。きっと友達になれると思うぜ」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:18:39.91 ID:9bg6GOgI0


さや「って上条さんは言うけどさ、殺し合いした仲なんだよね、あたしとあいつ」

上条(おっと、これはあくまでも童話であって、登場人物も特定の誰かじゃないからな。確認したわけじゃないし)

上条(そこんとこだけよろしくな)

さや「何を話せばいいってのよ……」

杏子「よう、しけたツラしてるじゃねーか、さやか」

さや「あ……」

杏子「ここじゃなんだし、場所変えようか」

さや「……」

杏子「安心しなよ。今日は当麻とマミの紹介ってことで来てるんだ。あいつらのメンツを潰すような真似はしないよ」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:21:06.78 ID:9bg6GOgI0


杏子「で?なにか話があるから呼び出したんじゃないのかい?まさか一緒にショッピングに行こうってお誘いでもないだろ?」

さや「……上条さんから聞いたよ。ある女の子の話」

杏子「! あいつ、喋りやがったのか……」

さや「あんたも辛い思いをしてきたんだね。それに比べたら、あたしの悩みなんて小さいもんだよ。たかだか失恋だからね」

さや「恭介……あたしの幼馴染で、ずっと好きだったけど、もういいんだ」

さや「仁美はあたしと違って、気が利いて、おしとやかで、優しくて……恭介とお似合いだよ」

さや「きっとあたし以上に恭介を幸せにしてくれる。恭介が幸せになれるのなら、それがあたしの幸せ」

さや「そのためなら黙って身を引くよ」

杏子「バカかお前。それ本気で言ってるのかよ」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:23:32.15 ID:9bg6GOgI0


さや「もちろんだよ。誰にどれだけバカにされようと構わない」

さや「それでも、あたしはあたしのやり方を貫くんだ」

杏子「おいおい、いくらなんでもそりゃお人好しすぎるだろ」

杏子「玉砕になるのかもしれねーけど、気持ちを伝えることくらい許されるだろ」

さや「誰かに許されるとか、そんなんじゃない。あたしが許せないんだ」

さや「ともかく、あたしがどうしようとあんたには関係ないでしょ?じゃあね」タッタッタッ

杏子「おい、待てよ!…………行っちまったか」

杏子「人の気持ちってものは機械じゃねーんだ」

杏子「それこそ魔法の力でも使わなきゃ、そんな簡単に割り切れるわけねーんだよ……」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:25:35.44 ID:9bg6GOgI0


さやかは、より積極的に魔女退治を行うようになった。

なにかを忘れるように、心の隙間を埋めるように。

だが、経験による強さは時間によってしか埋めることはできない。

その強さの差を強引に埋めるため、経験の浅いさやかは

自らの体を犠牲にして戦うようになっていった。


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:28:19.45 ID:9bg6GOgI0


魔女「      」ビュンビュン

さや「こんな攻撃、びくともしないよ!」ザシュッ

魔女「      」ビュンビュン

さや「痛くない、痛くない、いくらでも戦える」

まど「やめてさやかちゃん!このままじゃ、さやかちゃんが壊れちゃうよ!」

さや「うるさいなあ。あたしが勝つにはこれくらいしないとだめなんだよ。ね、マミさん」

マミ「……」

さや「さーて、今日もかっこよく決めちゃうよ。みんな、手を出さないでね」

さや「あたしは強くなるんだ……あたしの信じる道を、誰にも邪魔させないくらいに」

上条「もうよせ。後は巴に任せろ」ガシッ

さや「! 変身が……邪魔しないでって言ったでしょ!」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:32:00.05 ID:9bg6GOgI0


パァン!

魔女「!」

さや「あ!あたしの獲物!……マミさん、なにするんですか!」

マミ「ごめんなさい、美樹さん。でもね……」

杏子「もう見てられねーよ、さやか。このままじゃお前、確実に死んじまうよ」

さや「なんなの?偉っそうに……出来の悪い後輩にお説教ですかあ?杏子先輩?」

杏子「! こいつっ……!」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:34:40.67 ID:9bg6GOgI0


パチンッ

上条「いいかげんにしろ!」

上条「こいつらが、どんな気持ちかわかんねーのか!」

さや「……じゃあ、あんたにあたしの何がわかるっていうのよ!あんたにわかる!?私の苦しみが!辛さが!」

上条「……巴、佐倉、魔女を頼む」

マミ杏子「……」コクッ

さや「なにもわからないクセに邪魔しないでよ!離して!」

上条「お前の事情なんか関係ねえ!ここ最近のお前の戦いぶりを見て俺は決めたんだ!お前を助けるってな!」

さや「助ける?何様のつもり?同情ならやめてよね」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:37:13.62 ID:9bg6GOgI0


上条「勘違いしてんじゃねーぞ、美樹」

上条「かわいそうだからだとか、辛そうだからとか、そんなご大層なお題目を掲げるつもりはねえよ」

上条「俺は、俺のためにお前を救うんだ!」

さや「……なにそれ。意味わかんないんですけど」

上条「お前は、自分一人で悩んで、自分一人で苦しんで、自分から絶望の底に身を投げようとしてる」

上条「悲劇のヒロインぶってんじゃねーぞ!それはただ逃げてるだけだろうが!」

さや「私の世界から恭介が消えた……そんな世界に生きる意味なんてないじゃない!」

さや「だったら!せめて魔法少女としての運命を全うして死んでやるのよ!」

上条「なんでだよ!お前にとっては幼馴染だけが生きる意味なのかよ!」

上条「勝手にこの世を見限ってんじゃねえぞ!」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:39:47.56 ID:9bg6GOgI0


上条「お前にとって、どれだけそいつのことが大事なことかはわからねえ」

上条「でもよ、この世にたった一人しかいないお前がいなくなることで悲しむ奴だっているんだ。そいつらのことをちょっとでも考えたのかよ!」

さや「え……」

上条「俺だってそうだ」

上条「お前とは出会ってから僅かな時間しか経ってないけどよ、俺たち、ダチじゃねえのかよ!?」

上条「ダチがいなくなったら寂しいだろうが……俺は意地でもお前を死なせねーぞ!」」

上条「お前がどんなにこの世に絶望したとしても、俺が絶望の底から引きずり上げてやる。覚悟しとけ」

さや「……」

上条「これからお前に見せてやる。お前の住んでるこの世界にはまだまだ救いがあるってことを」

上条「てめえの目に映る世界が絶望に染まっているというのなら、そのふざけた幻想、何度だってぶち殺してやる」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:41:49.69 ID:9bg6GOgI0


上条「だから……生きて、見届けてくれ」

さや「……」

上条「鹿目、美樹を頼む」

まど「はい」

上条「……うおおおおおおおおおおおおおおおおお」ダッ

まど(あれ?さやかちゃんのソウルジェム……)


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 00:45:14.17 ID:9bg6GOgI0


さや「変だよ……上条さん」

さや「自分のためなんて言ってるけど、結局は誰かのためじゃん」グスッ

さや「あたしたちとは違う生身なのに、それでも本気で命をかけてくれてる」

さや「あたしって、ホントばかだ……」

さや「そこまでしてくれる人がいるのに気付けないなんて」

さや「そこまでされたら、死ねないじゃんか」

さや「あたし、やっぱり死にたくないよ……」

まど「さやかちゃん」

さや「杏子にも……謝らなきゃ。あたし、人のためだとか言って、自分のことしか考えてなかった……」

さや「杏子のほうが、よっぽど人の心配してたんだね」

さや「ごめんね、まどか。あたし最低だよね。嫌いになっちゃったかな?」

まど「ううん、いいの」フルフル

まど「おかえり。さやかちゃん」

さや「……ただいま。まどか」ニコッ


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:03:41.41 ID:9bg6GOgI0


杏子「さっきの魔女から拾ったグリーフシードだ。急いでさやかに……あれ?」

マミ「どういうことかしら?さっきまで濁りがひどかったソウルジェムが澄みきってる」

さや「スー……スー……」

杏子「こっちの気も知らないで、安らかな寝顔しやがってよ。手間かけさせやがる」

上条「そういうわりには嬉しそうだな?佐倉」

杏子「べ、別にあたしは?さやかが、どうなろうが知ったこっちゃねーけど?」アセアセ

杏子「それでも、あたしに喧嘩売るくらい根性ある奴をみすみす死なせるのは勿体ねーって思っただけで、その……」ゴニョゴニョ

上条「ま、そういうことにしといてやるよ」ハハハッ


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:08:53.14 ID:9bg6GOgI0


マミ「鹿目さん、美樹さんのソウルジェムについてなにか知ってる?」

まど「それが、気付いたらこうなってたんです」

杏子「考えられるとしたら当麻か?」

マミ「可能性としてはそう考えるのが妥当なのかしら?」

上条「といっても、俺は何もしてねーんだけどなあ……」

QB「……」

QB(魔女に対しても効果があると判明したわけじゃないけど、幻想殺しは厄介だね)

QB(それだけじゃない。きっと彼はそれ以外の力を持っている。僕らにとって障害でしかない厄介な力を)


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:12:19.09 ID:9bg6GOgI0


その後、さやかちゃんはうっぷんを晴らすように所構わず上條君と仁美ちゃんの仲を冷やかすようになり、

さや「あ~、朝からアツいわ~。地球温暖化もお二人さんが原因じゃないのかしら~?」

私へのちょっかいもいっそう多くなりました。

さや「まどか~!あたしらもあっちに負けず接吻しよう!接吻!」

でも、一時期の思いつめたさやかちゃんはいなくなって、

他の魔法少女のみんなとも仲良くなれて、さやかちゃんがムードメーカーになったせいか

ほむらちゃんも自然と溶け込んでいって、それはとっても嬉しいなって思いました。


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:15:58.30 ID:9bg6GOgI0


――日が過ぎて マミハウス


ほむ「ワルプルギスの夜が来るわ」

上条「ワル……プギ……?」

ほむ「魔女よ」

上条「魔女?魔女ならお前ら何度も戦ってきただろ?何を改まってわざわざ」

ほむ「そうね。でも、それが最強の魔女となると話は別だわ」

杏子「ワルプルギスの夜か。確かに一人で戦うとなるときついかもしれないけど、魔法少女が四人もいりゃ楽勝だろう?」

さや「そうそう。正義の魔法少女さやかちゃんがいる限り、この世に悪は栄えないってね」

マミ「そうよね。強力な魔女だとは聞いてるけど、さすがに心配しすぎじゃないかしら///」ピトッ

まど「そうだよ~。最近はみんなの連携も良くなってきてるしね」

杏子「ま、いつもどおりでいいんじゃねーの?心配しなさんなって」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:18:52.42 ID:9bg6GOgI0


ほむ「真面目に聞いて!」ドンッ

まど「きゃっ!」

ほむ「あっ……ごめんなさい。驚かすつもりはなかったの」シュン

マミ「いつも冷静な暁美さんらしくないわね。どうしたの?///」ピトッ

ほむ「それは……」

杏子「なんだよ歯切れ悪いな。あたしたちは同じ魔法少女だろう?遠慮はいらないから言いなよ、ほれ」

ほむ「……とにかく、その日は万全の状態で挑んでもらいたいの」

まど「なんだか珍しいね、ほむらちゃんのこんな態度。そんなに強い魔女なんですか?」

さや「いやー、それでもさすがにあたしら4人の敵じゃないっしょ?」

マミ「油断は禁物よ?美樹さん」ピトッ

杏子「そーそー。この中で一番弱いのはさやかだかんな」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:21:08.36 ID:9bg6GOgI0


ヤイノヤイノ

上条(最強……ね)

上条(俺は、ただ『あいつら』が犠牲にならなきゃいけないってのが許せなくて、最強に喧嘩を売ったんだっけ)

ほむ「上条当麻」

上条「お?どうした暁美」

ほむ「……」ギュッ

マミ「!」

ほむ(時間停止)


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:23:59.93 ID:9bg6GOgI0


ほむ「あなただけに話しておきたいことがあるの」

ほむ「あなたは魔法少女でもないし、この戦いに巻き込むべきではないと私は考えてる」

ほむ「? 私は大事な話をしているの。返事ぐらいしてほしいものね、上条当麻」

ほむ「! 右手に触れていないのに、停止した時間の中を動けないの?」

ほむ「……不思議な力ね、幻想殺し」



ほむ(停止解除)

マミ「ちょちょちょちょっと暁美さん!突然当麻君の手を握ってなんのつもりかしら!?」

マミ「抜け駆けするつもり!?そんなの許さないわよ!」

さや「抜け駆けって……マミさん一人がフライングで一人突っ走ってるって感じですけどね」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:28:01.75 ID:9bg6GOgI0


マミ「当麻君も!私を守ってくれると言ったのに!永遠に愛すると言ってくれたのに!暁美さんに(ry」

上条「おいおい、待ってくれよ巴!俺は別に暁美とは、っていうか後半捏造だろ……」

ほむ「……あなたは本当に勘違いが過ぎるわね、巴マミ」ハァ

ほむ「上条当麻、QB。話があるわ」

上条「ん?」

QB「僕もかい?」

ほむ「大事な話なの」

マミ「暁美さん!?やっぱりあなたは当麻君を(ry」

さや「まあまあマミさん、大丈夫ですよ。転校生はそういうキャラじゃないし」

マミ「うー……わかったわ、暁美さんを信じるけど、あと、QB殺しちゃだめよ?」

ほむ「まどかに契約を迫らなければ無駄に殺したりしないわ。銃弾も無限ではないし」

QB「最近のほむらは穏やかで助かるよ」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:34:23.05 ID:9bg6GOgI0


――外


QB「で?話っていうのはなんだい?」

上条「俺とQB相手に話ってのも違和感があるがな。とりあえず聞くぞ」

ほむ「上条当麻。あなたにだけは全てを話しておこうと思うの」

上条「?」

ほむ「私は――」




上条「時間遡行者?」

ほむ「信じてもらえないかもしれないけど、私は何度もワルプルギスの夜と戦ってきたわ」

ほむ「数え切れないほどの時を繰り返して。まどかを、ただ自分の大切な友達を守るためだけにね」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 01:38:39.42 ID:9bg6GOgI0


上条「誰かを守るために最強に挑む……か」

ほむ「そう。いわばこれは私の個人的な戦い。まして、魔法少女でもないあなたが無理に参加する必要は――」

QB「時間遡行者か。なるほどね」

QB「僕にはそれを確認する手段はないけれど、これまでの君の行動を考えれば納得がいく。でもさ」








QB「君には悪いけど、運命は変えられないね」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:01:37.49 ID:9bg6GOgI0


QB「明日、ワルプルギスの夜が来る。それは間違いない」

QB「そして、この街が絶望に包まれることも決定事項なんだ」

ほむ「そんなの、やってみなきゃわからないわ」

QB「相手は最強の魔女なんだよ?いくら魔法少女が強くても、どれだけ集まろうとも無駄さ」

ほむ「無駄かどうかの結論を出すには早すぎる」

QB「……理解できないなぁ。人間っていう生き物は」

QB「まあ、希望を持って挑んでもらったほうが絶望に堕ちた際の相転移エネルギーは多く手に入るし、それならそれでいいけど」

QB「それでも、まどか一人が魔女化したエネルギーには足元にも及ばないんだよね」

ほむ「……」ギリッ

上条「おい、鹿目が魔女になるだって?どういうことだ」

QB「簡単なことだよ。魔女っていうのはね、魔法少女の成れの果てなのさ。暁美ほむらたちがこれまでに倒してきた魔女も、元は魔法少女だったってこと」

上条「! エネルギーが手に入るとかなんとか言ってたが、それがてめえらの目的か……?」

QB「そういうこと。必要ならどういうものか説明するよ?」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:06:35.92 ID:9bg6GOgI0


上条「ざけんな!てめえの理由で何も知らない女の子に夢を見せて!騙して!利用してたってのか!」

QB「騙すとは人聞きが悪いね。これは契約なんだよ?」

QB「奇跡を起こす引き換えに、魔女と戦う義務を背負うと僕は前もって伝えている。こういうの人間はギブアンドテイクっていうよね」」

QB「そして魔法少女たちは、それを理解したうえで契約した。君が感情を荒立てる意味がわからないよ」

QB「僕も約束どおり願いはかなえたし、魔法少女たちも契約どおり魔女と戦ってくれた」

QB「契約は履行されているよね?僕が非難される理由なんてどこにあるのかな」

QB「それにさ、ひいてはそれが宇宙のためになるんだから、魔女となって死ぬことは決して無駄じゃないよ」

上条「宇宙のため?死が無駄じゃない?……てめえ、神様気取りか!?」

QB「別にそんなつもりはないけど。ただ僕は真実を伝えたまでだ」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:12:10.15 ID:9bg6GOgI0


ほむ「……!」ガシャッ

QB「おっと。代わりの個体がいるとはいえ、この体を無駄にしたくないからね。銃口を向けられたし、もう退散させてもらおうかな」

QB「まどかは優しい子だよ。君たちがワルプルギスの夜にやられるさまを黙って見過ごすことはしないだろう」

QB「明日、どれだけのエネルギーが得られるだろうね?期待しているよ」キュップイ

上条「……させねえよ」

QB「ん?なんだい?」

上条「宇宙だのなんだの、小難しいことは関係ねえ。俺が、てめえの企みを幻想に過ぎないと教えてやる!」

QB「……正直言うと、君の存在は邪魔なんだよ。予想外の結果を導かれちゃ困るから……まあ、どうせ無理だろうけどね」

QB「せいぜい頑張ってよ」シュタッ


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:16:25.26 ID:9bg6GOgI0


上条「こんなカラクリがあったとはな」

ほむ「QBが言い出さなくても、どうせ私が話すつもりだったわ。……このことは、誰にも言わないで」

上条「……お前は、全て知っていたんだな」

上条「知っていたうえで、何も言わずに……」

ほむ「何も言えないのよ」

ほむ「言ったところで、どうせ信じてもらえないわ。時間遡行だなんて、馬鹿げていると思わない?」

上条「……」

ほむ「ほかにもあるわ。……これ」

上条「ソウルジェムがどうかしたのか?」

ほむ「これは魔法少女の証であり、魔法少女の力の源」

ほむ「そして、魔法少女が魔女を狩るための姿なの」

上条「? どういうことだ?」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:21:27.91 ID:9bg6GOgI0


ほむ「一言で言えば、このソウルジェムが私たちの魂。この体は抜け殻なのよ」

ほむ「魔女と戦うにはこれが最も効率がいいの。極端な話、体が傷ついても、壊れても、痛みを感じないんだから」

上条「あのときの美樹も……」

ほむ「例えるならゾンビね。こんな真実、告げられるわけないでしょう?」

ほむ「とにかく。私が言いたいのは、これは魔法少女の戦いであり、私の戦い」

ほむ「他の魔女ならともかく、今回はあなたを巻き込むわけにはいかない」

ほむ「大丈夫。この時間軸は、これまでにないベストな状態でワルプルギスの夜を迎え撃つことができる」

ほむ「きっと勝てる。だから、あなたは明日、他の市民と一緒に避難を――」

上条「今更そんなのが通用するとでも思ってんのか?お前がなんと言おうと俺も戦うぞ」

ほむ「え……?」

上条「QBの目的は鹿目の魔女化、つまり鹿目を魔法少女にすることなんだよな」

ほむ「ええ」

上条「俺がさせねえ。お前らは最強の魔女を倒せ。その間、俺が鹿目を守り抜く」

ほむ「……」


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:25:02.75 ID:9bg6GOgI0


アー、ホムラチャンオカエリー

オソカッタジャナイカホムラ

キューベーハドコイッタノ?テンコウセイ

アケミサン!ワタシノトウマクンニ(ry

ウットオシイカラハナレナサイ、トモエマミ


ワイワイガヤガヤ


「もしもし……はい、上条です」

「あの、――いますか?……ああ、俺だ――」

「なあ、変なこと聞くけど――」


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:30:10.69 ID:9bg6GOgI0


――運命の日


さや「ぐぁっ!」

杏子「ちっくしょー。まるで手応えがねえぞ」

魔女「アハハハハハハハハ」

マミ「これでもくらいなさい!ティロ・フィナーレ!」

魔女「アハハハハハハハハ」ドカーン

マミ「直撃したのに……全然効いてないっていうの!?」

ほむ「私がやるわ」カチッ

ほむ(みんなの協力はありがたいけど、これは私の戦い)バクダンセット

ほむ(私がこの手でケリを――)


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:34:34.95 ID:9bg6GOgI0


ほむ「! 時間停止が……!」ボボボボーン

魔女「アハハハハハアアハハ!」

ほむ「っく!」ズザザザザザァァァァ

杏子「ほむら!あいつ自分の爆弾の爆風に巻き込まれたぞ!」

まど「ほむらちゃん!ほむらちゃん!」

上条「駄目だ鹿目!お前は俺の後ろに隠れていろ!」

さや「思った以上に魔力を消耗していて、時間停止が想定外なほど短かったのね」

マミ「仕方ないわ。一旦体勢を整えましょう」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:38:05.38 ID:9bg6GOgI0


――物陰


マミ「もう残りのグリーフシードも少ないわね」

杏子「だからって諦めるっていうのかい?」

さや「そんなわけないでしょ!正義は絶対に勝つんだから」

上条「……」

まど「ほむらちゃん、ねえ、ねえってば!

ほむ「…………」

まど「ねえ、ほむらちゃん!しっかりしてよ!」

ほむ「……やっぱり、最強には勝てないの?私では、かなわないの?」

ほむ「なんで?どうして?全員生きてるのに……これ以上ないという状況なのに」グスッ

ほむ「運命は……変えられないの?」ポロポロ

上条「……おい、暁美。一人で勝手なことぬかしてんじゃねーぞ」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:53:02.57 ID:9bg6GOgI0


上条「てめぇの力量?魔女の格?ふざけやがって。そんなつまんねぇ事はどうでもいい。理屈も理論もいらねぇ、たった一つだけ答えろ、暁美ほむら!」

上条「てめぇは鹿目を助けたくないのかよ!」

ほむ「! 助けたいに決まってる!だからこそ私は……何度だって……!」

上条「ああ、そうだろうよ。お前が、誰よりも鹿目のことを、みんなのことを気にかけてたことぐらいわかってる」

上条「自分が憎まれ役になろうと、自分がどれだけ傷つこうと、仲間のことを考えてた」

上条「そうまでしてでも、ずっと待ってたんだろ?鹿目を魔法少女にしなくてすむ、仲間を失わずにすむ、そんな誰もが笑って、誰もが望む、最っ高に最っ高なハッピーエンドってやつを!」

上条「今までずっと待ち焦がれてたんだろう!こんな展開を……」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:56:28.86 ID:9bg6GOgI0


上条「何の為にここまで歯を食いしばってきたんだ!」

上条「他の何者でもなく、他の何物でもない!てめぇのその手で、たった一人の女の子を助けてみせるって誓ったんじゃねぇのかよ!」

ほむ「!」

上条「絵本みてぇに、映画みてぇに、命を賭けて、たった一人の女の子を守りたいんじゃねぇのかよ!それがお前の願いなんだろ!」

上条「だったらそれは全然終わっていねぇ!始まってすらいねぇ!でもよ、ようやく長いプロローグが終わりを迎えようとしてるんだ!絶望してる場合じゃねーだろうが!」

上条「このまま、膝をついたまま終わるのか、暁美ほむら!」

上条「上条当麻……私は、私は……」

マミ「ねえ、睦美さん」

ほむ「……巴マミ」

マミ「不思議ね。どう考えても絶望的な状況なのに、今の私、どう考えても負ける気がしないの」

マミ「もしかしてこれって、当麻君の魔法なのかしらね」クスッ

ほむ「……」


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 02:59:58.48 ID:9bg6GOgI0


杏子「なあ、ほむら」

ほむ「……佐倉杏子」

杏子「当麻のもやし定食は絶品なんだぜ?お前、食ったことあるか?ここで食わずに死ぬなんて人生大損だぜ?」

杏子「だから、ここは勝って、景気よく祝勝会といこうぜ!」ニカッ

ほむ「……」

さや「やい、転校生」

ほむ「……美樹さやか」

さや「私は、絶望の淵から上条さんに引き上げてもらった。そりゃ、やっぱり辛いこともあるけどさ」

さや「でも、嬉しかった。あたしのことを待っててくれる人が、たくさんいるんだもん」

さや「生きてて良かったって思ってる。だから今度は私が助けるんだ。今度は私があんたの、ほむらの手を引っ張ってやる」ヘヘン

ほむ「……」


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:03:26.30 ID:9bg6GOgI0


まど「ほむらちゃん」

ほむ「……まどか」

まど「私は信じてるよ。ほむらちゃんのこと」ニッコリ

まど「私は何もできなくて、上条さんの後ろに隠れていただけだけど、上条さんが私に教えてくれたの」

まど「ほむらちゃんが私のことを最高の友達だと思ってるって……えへへ、なんだか恥ずかしいけど、嬉しいよ」

まど「そんなほむらちゃんのことを、最高の友達のことを信じてほしいって」

まど「私を魔法少女にさせたくないのだって、きっと理由があるんだよね」

まど「それが、私のことを思ってのことだっていうのもわかってるから……だから、いつか、本当のこと話してほしいな」

まど「それまで、私はほむらちゃんを信じ続けるよ!」

ほむ「……」

上条「さあ、お前はどうするんだ?暁美」


QB(彼女たちから、とてつもない力を感じるよ。これは絶望とは正反対の……希望の力?)


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:07:15.66 ID:9bg6GOgI0


ほむ「私は、負けたくない……」

ほむ「みんなで、生きて、明日を迎えたい」

ほむ「みんなと仲良くなれたこの世界を手放したくない!」

ほむ「だから!私に力を貸して!」

上条「だったら膝ついてる暇なんかねえだろ!」ニィ

上条「お前の思い描く未来、手を伸ばせば届くんだ!いいかげんに始めようぜ、魔法少女!」

マミさや杏子まど「おー!」

QB(わけがわからないよ。絶望の色が消えて、みんなの顔に、心に、希望が輝いている。それはソウルジェムを見れば明らかだ)

QB(上条当麻、君は一体……)

ほむ「……みんな、本当に、ありがとう」ゴシゴシ

ほむ「でも、そのためには……」


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:10:55.72 ID:9bg6GOgI0


ほむ「魔法少女でもない、本来無関係なあなたにこんなこと頼むなんて筋違いだってわかってる」

ほむ「けど、お願い!私に――」

上条「あの魔女をぶっとばせばいいんだろ?任せとけよ」

ほむ「……上条当麻」

上条「覚えてるか?お前と一番最初に出会った日のこと」

上条「俺に出来ることがあればなんでも言ってくれって言ったよな」

上条「それでもお前は、あくまで自分の手でケリをつけようとした。昨日の時点でも、俺を気遣ってくれてたよな」

上条「そんなお前が、ようやく俺を頼ってくれた」

上条「なら、それに応えるのが男ってもんだろ?」

ほむ「……正直言って、あなたの右手でも倒せるという確証はない」

上条「それでもだ」

上条「それでも、俺がお前の世界を守ってやる」

ほむ「あなたは……」


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:14:47.17 ID:9bg6GOgI0


杏子「決まりだな。とっととぶっ潰しちまおうぜ」

マミ「ちょっと妬けちゃうけど、孤高の魔法少女が初めて見せた素顔に心打たれる仲間たち。これは燃えるシチュエーションよね」

さや「クールぶってても熱いの持ってるじゃん。ちょっとグッときたよ。あたしと契約してあたしの嫁になる?」

ほむ「お断りよ……美樹さやか」クスッ

まど「あ、ほむらちゃんが笑った!ほむらちゃん、やっぱり笑うと可愛いね」

ほむ「あなたのほうが可愛いわ、まどか」

ワイワイ

ほむ(私は、間違っていた)

ほむ(まどかを魔法少女にしないことだけを目的として、時には平然と誰かを切り捨ててきた)

ほむ(壁は自分だけで乗り越えればいいと考えて。でも、今ならわかる)

ほむ(立ち塞がる大きな壁を一人で乗り越えようとしてもだめ)

ほむ(みんなで壁を壊さなければいけないのね)

ほむ(それに気付けたのもあなたのおかげよ、上条当麻)

上条「さあ、いくぜ最強。最弱の逆襲劇を見せてやるよ」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:18:47.07 ID:9bg6GOgI0


まど「みんな、お願い。無事に帰ってきて……」

ほむ(作戦はこう)

ほむ(切り札は上条当麻の幻想殺し)

ほむ(ただ、切り札であると同時に、その能力のために停止した時間の中でワルプルギスの夜に接近することはできない)

ほむ(みんな知ってるように、彼は右手以外はただの学生)

ほむ(上条当麻を守りつつ、ワルプルギスの夜に接近)

ほむ(ありったけの力を振り絞り、4人同時にワルプルギスの夜に攻撃を与え、なんとしてでも地面に引きずり下ろす)

ほむ(そして、上条当麻は幻想殺しでワルプルギスの夜を消滅させてほしい)


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:25:24.10 ID:9bg6GOgI0


杏子「走れ!当麻!」ズバッ

上条(こいつらみんな、友達思いのいい奴らじゃねえか)


マミ「あなたに降りかかる火の粉は私たちが払うわ」パパパパパーン

上条(こいつらに戦いの運命を背負わせるのが、神様の描いたシナリオだってのか?)


さや「友情に生きる剣士、さやかちゃんの力を思い知れ!」ザシュザシュッ

上条(自分の体を、魂を差し出させて、そこまで過酷な運命を与えて楽しいのかよ!)


ほむ「絶対に負けない!」チュドゴーン

上条(報われねえよ。あまりにも報われねえ)


上条「邪魔だああああああ!」パキーン

上条(神様、これがあんたの望んだ世界だというのなら)


まど「みんな、頑張って!」

上条(まずはその幻想をぶち殺す!)


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:28:54.83 ID:9bg6GOgI0


ほむ「みんな!今よ、タイミングを合わせて!」

杏子「任せろ!ヘタすんじゃねーぞ?さやか」

さや「なにおう!?あんたこそ遅れるんじゃないわよ!」

マミ「はいはい、喧嘩は後でにしましょうね。それじゃいくわよ、せーの!」

魔女「アハハハハハッハアハ!?」



希望の力を纏った4人の魔法少女は、ついに最強の魔女を地に落とした


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:32:38.73 ID:9bg6GOgI0


上条「この世界という舞台の主役はてめえじゃねえ」

上条「これから先の未来にもてめえの出番はねえ」

上条「さあ、プロローグはお仕舞いといこうや、最強」

上条「物語は、ここから始まるんだ!」


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:35:57.27 ID:9bg6GOgI0


QB「まいったね。まどかが魔法少女にならず、ワルプルギスの夜が倒されてしまったよ」

QB「原理はわからないけど彼女たちのソウルジェムは濁りを見せないし、暁美ほむらとの信頼を確固たるものとしたまどかを魔法少女にするのも無理だろうね」

QB「上条当麻。その右手で魔を討ち、神の浄めを与える者……か」

QB「まったく、とんだイレギュラーだよ。こんな人間がいちゃ商売上がったりだね」

QB「……右手だけじゃない。彼はそれ以外にも、僕らにとって厄介な力を持っているようだし」

QB「他にも彼と同じような人間の存在を考慮すると、そろそろ別の惑星に移住したほうがよさそうだね」

QB「人間と似た知的生命体のいる惑星を予備として探しておいて正解だったよ」

QB「まどかのことは残念だけど、さよならだ」

QB「魔女たちには次の惑星でも活躍してもらうから回収しないとね」


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:39:33.46 ID:9bg6GOgI0


土御門「科学と魔術、両サイドからの希望であった上条当麻による魔女退治はこれで完了……か」

土御門「魂のこもった言葉には力が宿るが、魔法少女の魂の穢れまで浄化するとはな。とんだ言霊使いだ」

土御門「絶望が具現化した魔女には幻想殺しを」

土御門「希望を力の源とする魔法少女には言霊を」

土御門「結果、見事上条当麻は魔法少女を救い、無限に絡まりきった運命すらも変えてしまった」

土御門「理事長権限を行使してまで見滝原中学まで上条当麻を送り込んだ価値はあったということか?アレイスター」

土御門「科学サイドと魔術サイド、それぞれ魔法の力をどう利用するかはゆっくり見物させてもらうとするか」




土御門「さしずめかみやんは希望の魔法使い、ってとこかにゃ~」


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:43:04.05 ID:9bg6GOgI0


災厄の日を乗り越えた後、世界中の魔法少女は必要悪の教会の管理下となる。

というのも、魔法少女の真実を知った上条が、禁書目録に彼女たちを救う方法はないかと相談していたからだ。

はたして、禁書目録の書庫に魔法少女のそれと酷似した邪法があった。

肉体と魂の分離という禁呪。

幸いにもその解呪方法はすでに確立されており、禁書目録と必要悪の協力のもと、

魔法少女の肉体とソウルジェムは、徐々にではあるが本来あるべき姿に戻っていった。


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:46:32.33 ID:9bg6GOgI0


――また時が過ぎて


御坂「あ、見つけた!」

上条「げ、ビリビリ」

御坂「げ、とはなによ!……えっと、その、ちょっとだけ付き合いなさいよ!」

上条「いや、今日は用事があるからパスで」

御坂「用事~?今日は卵の特売日じゃないはずでしょ」

上条「えっと、それはだな」

マミ「当麻君♪」

上条「おお、マミ」

御坂「!?」

マミ「当麻君と会えるのが楽しみで早く来ちゃった」シガミツキ

御坂「ちょ、ちょっと!誰なのよ、その子!」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 03:59:04.98 ID:9bg6GOgI0


上条「ああ、マミか?その、いわゆる清い交際の関係というかなんというか、有り体に言えば、彼女ってやつか?」

御坂「彼女!?」

マミ「え~?私は婚約者のつもりなんだけどな~?」

御坂「婚約者!?」

マミ「っと、挨拶が遅れたわね。はじめまして、私は巴マミ。当麻君のお友達かしら?」

上条「前にも話したことがあるだろ?こいつがビリビリだよ」

マミ「まあ、あなたがレベル5の?当麻君から話を聞いてるわ。よろしくね」

御坂「」プシュー

マミ「あら?どうしちゃったのかしら……」

上条「あー、まあ、あんまり気にすんな。それより今日はどうすんだ?」

マミ「まどかさんから連絡きてない?みんなで今度新しくオープンするプールに行きましょって」

御坂(プール!?)ハッ

上条「ああ、そういえばメールがきてたっけ」

マミ「まどかさんの、大切な友達とたくさん思い出を作っていきたいから、っていうのがきっかけなの」


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 04:02:53.92 ID:9bg6GOgI0


マミ「ほむらさんなんか、それはもうおおはしゃぎだったのよ?私とまどかさんとさやかさんでも、落ち着かせるのが大変だったんだから」クスッ

上条「そっか。佐倉はどうしてるんだ?」

マミ「今は私と一緒に暮らしてるの。もう魔女もいないし、縄張りとかも関係なくなったから」

マミ「何を作ってもきれいに全部食べてくれるから気持ちいいわ」

上条「ま、仲良くやってるならなによりだな」

マミ「まあそういうわけで……話を戻すけど、今日は水着を買いに行きたいの」

上条「えー?マミの買い物は長いんだよなあ……どうしてもついてかないとダメか?」

マミ「だーめ。当麻君好みの水着を買うんだから」

上条「ていうか、お前いくつか水着持ってただろ。あれじゃダメなのか」

マミ「ダメよ。サイズが合わないんだもーん」プクーッ

御坂「……」ペタペタ

御坂「……」チラッ

マミ「?」バイーン

御坂(服の上からでもわかる……惨敗だわ)orz


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 04:06:27.32 ID:9bg6GOgI0


禁書「とうま~!マミ~!待ちくたびれたんだよ~!」テクテク

上条「おう、すぐ行くよ」

御坂「ちょ、ちょっとあんた!あんたは当麻を取られちゃってもいいわけ?」

禁書「取られるってなんのこと?」

御坂「だ、だから!その、当麻が、この子に……」モニョモニョ

禁書「マミのケーキはとってもおいしいんだよ!マミがとうまのお嫁さんになってくれるのなら大歓迎かも!」

マミ「やだ、もう!インデックスちゃんったら///」

禁書「え~?マミはとうまのこと嫌いなのかな?」

マミ「そんなわけないじゃない。大好きよ///」

上条「ま、そういうわけだから、またな。ビリビリ」

御坂「」



白井「お姉さま!お姉さま!真っ白に燃え尽きていらっしゃいますの!なにがあったんですの!?お気を確かに~!」


科学と魔術と魔法が交差するとき、新たな物語が始まる?

おしまい


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 04:10:11.87 ID:9bg6GOgI0


その後のマミさん

マミ「…………ブツブツ」

さや「マミさ~ん?どうしちゃったんですか~?」

マミ「……殺す」

さや「え?」

マミ「その絶望という名の幻想、殺してあげるわ!ティロ・フィナーレ!」

さや「!?」

マミ「……我ながら、いい線いってると思うわね。もう少し語呂を良くできないかしら?」

さや「何やってるの?マミさんは」

まど「上条さんに影響受けたみたいだね」

杏子「もう魔女なんていねーのにな」

ほむ(……アリね)ホムホム


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 04:11:14.08 ID:eguHxwGI0



面白かった


172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 04:21:22.66 ID:6G7CL2cJ0


乙華麗


175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 04:29:19.92 ID:E0gBCz3I0


面白かったです



    スポンサーサイト上条「魔法少女説教したったったwwww」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/09/02(金) 01:06:53.00 ID:SSJUNKIE525
  2. すごい面白かったわ
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。