スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木山「上条君・・・、ゴミ箱を妊娠させる気かね」クンクン

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: とある魔術の禁書目録SS | 更新日: 2011/09/04 19:30
130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 00:12:03.78 ID:cMPeDdrA0


木山「上条君……、ゴミ箱を妊娠させる気かね」クンクン

上条「なっ! 何やってんですか、木山先生!」

木山「一体、君は何回自慰をしたんだ。ふむ、むせかえるような臭いがする」

上条「ちょ、ちょっと、やめて下さい!」

木山「何を恥ずかしがっているのかね。君くらいの年齢の男子なら、誰でもしていることだろう」

上条「そ、そんなこと言われても、照れますよ! っつーか、フツーそうでしょ!」

木山「最近の統計に依れば、中学生で42%、高校生で86%の男子がマスターベーションを
    一回以上経験しているそうだ」

上条「いや、そういう問題じゃないです!」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 00:24:18.30 ID:cMPeDdrA0


木山「そういえば、女子のマスターベーションに関する統計はどうたったかな……」

上条「いやいやいや、そもそも何で木山先生が俺ん家に来てるんですか!」

木山「ああ……、御坂君から君のことを聞いてね」

上条「あいつから!? な、何を聞いたんですか」

木山「それにしても、この部屋は暑いな……」

上条「あンのビリビリ……」

ヌギヌギ

上条「ぬわっ!?」

木山「冷房が効いてないのか……、はぁ~」

上条「何、脱いでるんですか! 服、服着て下さい!」

木山「……」

上条「ちょっ、どこを見て……」

木山「これは驚いた」

木山「私の貧相な身体を見て劣情を催す男子がいるとはな」


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 00:32:57.92 ID:cMPeDdrA0


上条「いやっ! これは、その、違うんですッ!」

木山「興味深いな」

上条「す、すみません!」

木山「ふむ……」

上条「インデックスがいるせいで最近……、って何を言い出すんだ俺はーッ!」

木山「よければ、もっと見せてもらいたいのだが」

上条「は?」

木山「だから、君の勃起したペニスを見せて欲しい」

上条「な、何を言ってんですか!」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 00:43:19.40 ID:cMPeDdrA0


木山「私は勉強ばかりしていたものでね。データや写真ではない、
    生の勃起を見たことが無いのだよ」

上条「だ、ダメですよ!」

木山「駄目か。丁度良いと思ったのだが」

上条「ちょうど……いい……?」

木山「私がここに来たのは他でもない。君の精液を採取する依頼をしに来たんだ」

上条「は……?」

木山「精液……、最近の子たちはザーメンとかおちんぽみるくとか言うそうだな」

上条「どっから仕入れて来たんですかそんな情報ッ!」

木山「この前、初春君の家で『同人誌』なるものを見せてもらってな」

上条「偏ってます! 偏ってますからその知識!」


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 00:55:23.46 ID:cMPeDdrA0


木山「そうか……」

上条「それにしても、俺の、その……、精液が欲しいっていう話は……」

木山「御坂君から聞いたよ。君の能力」

上条「!」

木山「大変興味深い能力のようだ」

上条「だ、だから何ですか……?」

木山「私は専門の大脳生理学以外に、分子生物学も齧っていてね」

木山「君のDNAサンプルを戴きたいのだよ」

上条「そ、それなら、髪の毛とかでもいいんじゃないですか!?
    何なら血液とかでも……」

木山「勿論、出来るなら血液も採取させてもらいたい。
    だが、私としては、能力が遺伝しうるのかについての研究をしてみたくなってね」

木山「その為には、精子のサンプルが必要、という訳さ」


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 01:06:20.17 ID:cMPeDdrA0


上条「理屈は分かりましたけど、そんな研究は……」

木山「無論、それなりの報酬を出そう」

上条「ほ、報酬……」

木山「研究費は下りている。夏場に充分に冷房を効かせられて、もっと釣りが来る程の金額は払おう」

上条「……」ゴクリ

木山「治験の様なものだと思えば良い」

上条(『男の尊厳』 vs 『現実』)

木山「どうするかね。無理強いはしない」

上条(Win『現実』  Lose『男の尊厳』)

木山「上条君……?」

上条「やります……」

木山「うん?」

上条「やらせて下さい!」


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 01:14:40.13 ID:cMPeDdrA0


木山「ありがとう。それでは……」ゴソゴソ

上条「えっ?」

木山「このシャーレに射精してくれ」

上条「分かりました」スッ

木山「上条君」

上条「はい?」

木山「どこへ行こうというのかね」

上条「トイレですけど」

木山「ここでして欲しいのだが」

上条「ここ……って、だから、それはダメですって!」

木山「君にとっても悪くない話ではないのか。私の下着を見て勃起したのだから」

上条「うっ」

木山「おかず……というのかね? 私で興奮するのなら、私を見ながら自慰をすれば良い」


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 01:26:26.67 ID:cMPeDdrA0


上条「いや、でも、それはやっぱりマズイですから!」

木山「……」

上条「さすがの上条さんも、女性の前で」カチャカチャ

上条「オナ……自慰行為をするなんて」カチャカチャ

上条「そんな非人道的なことを」カチャカチャ、スルッ

ビィーン!

木山(ふむ、これが高校生の勃起ペニスか……)

上条「する訳が……、って何パンツ脱がしてるんですか! はうっ!?」

木山「触ると意外に硬いな……。これが海綿体の膨張か」グニグニ

上条「あふぅ……や、やめっ」

木山「臭いは……」クンカクンカ

木山「んん……、烏賊の様な生臭さがある……」

上条「い、息がかかる……」


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 01:41:37.61 ID:cMPeDdrA0


上条「も……、もうダメ」

木山「陰茎長は目測で13cm、陰茎周は12cm。確か……、日本人の平均値がそれ位だったな」グニグニ

上条「うっ!」

ドピュッドピュッ!

木山「あ」

上条「ふぅ……」

木山「……」

上条「……! す、すみません! 溜まってたんでつい……!」

木山「塩素系漂白剤の臭いがするな。味は……、しょっぱ苦い」

上条「な、何やってるんですか! 汚いですよ!」

木山「精液に雑菌は含まれていないよ」

上条「いや、そういう問題ではなく」

木山「研究をしていても直に嗅ぐことは無いからな。興味があるんだ」ネバァ~

木山「しかし、顔中精液まみれになってしまった。確か……、ザーメンパック?」

上条「同人誌の知識から離れて下さい!」


170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 01:52:46.83 ID:cMPeDdrA0


木山「粘り気が凄いな。それに、やはり皮膚の温度より高く、熱い」

ネバァ~、パクッ

上条「ッ!?」

木山「くちゅくちゅくちゅくちゅ……、ごくん」

上条「ちょっ、木山先生!?」

木山「駄目だな」

上条「はっ?」

木山「この味を形容する言葉が見つからない……」

上条「がっかりする所じゃないでしょ」

木山「……で、顔の精液を全て食べ終わった訳だが」

木山「まだまだ精液は出るようだな、君の勃起したペニスを見る限り」

上条「クソッ! 自分の性欲が憎い……」

木山「気にしなくて良い。君の年齢は、最も性欲が激しい時期だ。
    それに、まだサンプルも手に入るということでもあるし」


175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 02:03:54.88 ID:cMPeDdrA0


ゲス条「木山先生」

木山「ん?」

ゲス条「下も脱いでくれませんか」

木山「ああ、構わないよ」スルスル

ゲス条「地味な下着ですね」

木山「機能があればそれで事足りるから、見た目にはこだわらないんだ」

ゲス条「でも、その地味な下着が、かえって先生のいやらしい胸と尻を強調してる」

木山「いやらしい……? 私の下着姿はそんなに扇情的かね」

ゲス条「見て下さい、俺のちんぽ。先生のせいですよ、こんなにガチガチになったの」

木山「ふむ、確かに血管が波打っている。心なしか大きさも増したか」

ゲス条「じゃあ、サンプルの採取にかかりましょう」

木山「さっきまであんなに嫌がっていたのに、随分と開き直ったね」

ゲス条「木山先生、俺の精液、欲しいんですよね」

木山「あ、ああ」

ゲス条「それじゃ、口でヌいて下さいよ」


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 02:12:45.72 ID:cMPeDdrA0


木山「え?」

ゲス条「俺の精液、必要なんですよね」

木山「それはそうだが……」

ゲス条「その方が効率的ですよ」

木山「他人の性器に口をつけるというのは、あまり気が進まないのだが」

ゲス条「木山先生が欲しいというなら、木山先生が自分の力で手に入れるのが筋ですよ」

木山「……」

ゲス条「だから、しゃぶって下さい」

木山「……」

ゲス条「研究、したいんですよね」

木山「仕方あるまい。だが、通常、このような性的行為はンブッ!?」

ゲス条「ご託は精子を出してからです」


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 02:25:54.97 ID:cMPeDdrA0


木山「おぶっ、んぷっ、ん゛う゛っ、じゅぷっ、ん゛ん゛ぅっ! げふっ! もうやめっンブゥッ!」

ゲス条「う、くぅっ、木山先生の口マンコ、気持ちいいです!」

木山「お゛う゛ぇっ、ふぅっ、んぶっんぶっ、ぶっ、ぐぽぁっ、ん゛ん゛ぅっ、う゛え゛っ!」

ゲス条「痛ッ!?」

木山「ぷはぁっ、はぁ、はぁ、はぁ……」

ゲス条「歯ァ、立てないで下さいよ先生」

木山「す、すまない……、こうした事は初めてで……」

ゲス条「今度はちゃんと優しく」

木山「……」

ゲス条「いいんですか、貴重なサンプルなんでしょう」

木山「あ、ああ……、そうだな……」

カプゥ

木山「んじゅるっ、じゅぷっ、じゅぷっ、じゅるぅっ、れろれろ、ちゅぷぅ、ちゅうぅっ、ぐちゅぐちゅ、くちゃぁっ」

ゲス条「あ~、いい感じですよ、先生」


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 02:38:28.87 ID:cMPeDdrA0


木山「むぐぅっ、ちゅっ、ちゅっ、こんなやり方で良いのか、じゅるぅ、れるれるぅ~、ぐっぽ、ぐっぽ!」

木山「ふぅっ、んぶっ、んぶっ、ん゛ぶぅっ、じゅるっ、じゅぅっ、ん゛っ、れろれろれろ」

ゲス条「くっ!」

ドビュッドピュゥッ!

木山「ッ!?」

ゲス条「おおっと!」

木山「ん゛ん゛! ん゛ん゛ん゛ん゛~ッ!!」

ゲス条「全部飲みこまないとダメじゃないですか」

ゲス条「先生の内臓全部に、俺の精子あげますから」

木山「ん゛ん゛ッ!?」


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 02:47:38.69 ID:cMPeDdrA0


木山「けはっ、かはっ、喉の奥に引っかかって、かはぁっ、げほっ」

木山「どういうつもりだ、上条君。ちゃんと精液を……えほっ」

ゲス条「欲しいんでしょ? だからちゃんとあげたじゃないですか」

木山「採取はちゃんとシャーレに……」

ゲス条「もう精液は出ないかもしれないな」

木山「え……?」

ゲス条「でも、先生が裸になったら、また出ますよ」

木山「し、しかし……」

ガシッ

ゲス条「自分で脱ぐのが恥ずかしいなら、脱がせてあげます」

木山「なっ、ま、待て上条君!」

ガバァッ

木山「うッ!?」

ゲス条「じゃあ、まずブラから取りますね」


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 02:57:21.48 ID:cMPeDdrA0


プチッ

ポロリ

木山「やめっ、やめろ……、見ないでくれ……!」

ゲス条「抵抗してもムダですよ、先生」

木山「くっ……、上条君……」

ゲス条「こんなに綺麗なおっぱいなのに、見ないなんてもったいないですよ」

ゲス条「乳首だって、むしゃぶりつきたくなるようなピンク色だし」

カプッ

木山「はうっ!?」

ゲス条「ジュルルゥ~、ペロペロペロペロ」

木山「はぁっ、やめぇ……、んっ」

ゲス条「やめていいんですか? こんなに乳首硬くして。ビンビンですよ?」

コリッ

木山「ひぃっ!?」


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 03:09:06.91 ID:cMPeDdrA0


ゲス条「小学校の先生だったんですよね。こんなにエロい先生だって生徒に知れたら、
     みんなどんな顔するかな」

木山「そんな、あっ、ことぉっ……言わないっ、でぇ……あふっ」

フニフニグニグニ フヨフヨ

ゲス条「お~、おっぱいやわらかい」

木山「はぁっ、はぁっ、あんっ、もう、放してくれぇっ、あっ」

ゲス条「せっかく女の顔になってきたのに。本番はここからですよ」

スルッ

木山「!?」

ゲス条「ほら、ここももう濡れまくってる」

クリッ

木山「あぐっ!」

ゲス条「痛かったですか? 先生オナニーとかしなさそうだもんな」

クリクリコネコネコネ

木山「んい゛い゛っ、あ゛っ、う゛ぅ゛~っ、そごっ、あふぇっ、ああああっ!」

ゲス条「あ~、クリいじってたら、マン汁がだだ漏れになってきたなあ」


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 03:18:09.50 ID:cMPeDdrA0


ゲス条「じゃあ、もう準備できるみたいだから入れますか」

木山「はっ!?」

ゲス条「いや、だから、俺のちんぽを先生のまんこに挿入するんです」

木山「上条君、やめろ……! 本気じゃないのだろう? もうこんなことは……」

ゲス条「それじゃあ、先生が『私のおまんこに上条君のおちんちん入れるのやめて下さい』って
     言って、お願いして下さい」

木山「そ……、そんなこと……」

ズルッ

木山「!」

ゲス条「言わないと、間違えて入っちゃうかもしれませんよ? 素股してるんですから」

ズルッズルッズルッ

木山「す、すりつけるの、あんっ、やめれぇ、ふぁっ、んう~っ」

ゲス条「早く言わないと、先生」

木山「くぅ……」

木山「わ、私のおまんこに、ひぃっ!? 上条君のおちんちん入れるのは、やめて、はぁっ、くれぇ……!」


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 03:25:10.86 ID:cMPeDdrA0


ズブゥッ

木山「ひぎぃっ!?」

ズブブブウゥ……

ゲス条「惜しかったですね。最後は『くれ』じゃなくて『下さい』でした」

木山「痛っ、か、上条君、ぬ、抜いてく、れぇっ……」

タラァ~

ゲス条「先生、その歳で処女だったんですか」

木山「ぬ、抜いて……」

ゲス条「先生が初モノだったなんて、うれしいなあ」

ゲス条「たまには教えられる方もいいもんですよ先生」

木山「な、何言って……う゛っ」

ゲス条「俺が男の味ってモンを教えてあげます」

ズブッ、ズズッ、ズブッ、ズルッ!

木山「あぐぅぅうううううううっ!」


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 03:41:00.90 ID:cMPeDdrA0


木山「ひぃっ! ぐぅっ! はがぁっ! んあ゛っ、あ゛っ、あ゛っ、んあ゛ぅ゛っ! あ゛ぎぃっ!」

ゲス条「ぐっ、きっつぅ、さすが処女マンコですね。ギチギチに咥えられて出し入れできないですよ」

ヌルッ

木山「ぐひっ! 痛っ、あひぃ゛っ! あんっ、がはぁっ! い、嫌、あふぅ、んい゛っ、ふぅ、はぁ、ああ~っ」

ズチュッ、ズチュッ、ズプゥ、ズブズブゥ!

木山「あぐぅ、はぁん、んふっ、ぐっ! やめてぇ、ひぁっ、あっ、あへっ、ふぁっ、あっ、い゛ぁっ!」

ゲス条「はは、声に甘いものが混じってきたじゃないですか」


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 03:51:12.39 ID:cMPeDdrA0


ガチャッ

インデックス「と~ま~、帰ってきたよ~」

木山「ん゛っ、ん゛っ、ん゛っ、ん゛っ、あう゛っ!」

インデ「何? この苦しそうな声」

スソソー

木山「も゛う゛、や゛め゛てぇ、あふん、くれ゛ぇ……!」

イン「当麻、何してるの~?」

ヒョイッ

ゲス条「あ」

イン「」

ゲス条「インデックス……」

木山「あう゛……?」


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 03:57:52.21 ID:cMPeDdrA0


イン「もー、また女の人を連れこんで!」

木山「助かった……、君、誰か知らないが……、上条君をとめてくれ……」

イン「今度するときは私も混ぜてって言ってたよね!?」

ゲス条「すまん」

イン「この人だれ?」

ゲス条「木山春生先生。俺の精子が欲しいんだって」

イン「え~! ずるいよ当麻! 私も当麻のおちんぽみるく欲しい!」

ゲス条「じゃあ、三人でしようぜ。それならいいだろ」

イン「も~、しかたないなあ」

木山「えっ」

イン「あ、でも、女の人を攻めるのも楽しいかも!」

イン「よろしくね、木山先生! 私の名前はインデックスっていうんだよ!」

木山「」


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 04:07:29.36 ID:cMPeDdrA0


イン「じゃあ、さっそくいただきますなんだよ!」

ブチュゥゥ!

木山「むぐぅ!?」

クッチャクチャ、クチュクチュクチュ、レルレルレロ、ジュププ

イン「ぷっはぁ、当麻、木山先生のお口、当麻のおちんぽみるくの味がする」

ゲス条「ああ、たくさん飲んでもらったからな」

イン「あー、それずるいっ! もう、口に残ってるのは全部もらっちゃうんだよ!」

チュゥゥゥ!

木山「くっちゃくっちゃ、じゅるるぅ、ちゅる、じゅぞっ」

イン「じゅぱぁっ、ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅぅっ、ぷふぅっ、
   木山先生の唾液と当麻のおちんぽみるくの味がまざって、すっごくえっちな味になってるんだよ」

ゲス条「胸も攻めた方がいい。感じるみたいだから」

イン「オッケーだよ!」

ズブゥゥ

木山「んはぁっ! まっ、またぁっ!」

ゲス条「インデックスのディープキスで感じたんですか? さっきよりヌルヌルしてますよ」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 04:15:42.80 ID:cMPeDdrA0


モミモミモミ

イン「あー、ふかふかしてて柔らかい」

イン「乳首も……」チュッ

木山「あふぁっ! もう……、感じさせないでぇ、あっ、くれぇ……」

ゲス条「こっちにも集中して下さいよ」

パァン!

木山「あ゛う゛ぁっ!?」

パンパンパンパンッ!

木山「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あんっ!」

イン「当麻に突かれるたびに、形のいいおっぱいが揺れてるんだよ」

モミモミモミ クリクリクリ チュッチュッチュ

木山「う゛っ!? ふぅっ、はんっ、んんっ、んっ、んぐっ、んっ、んあふっ!」


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 04:28:47.58 ID:cMPeDdrA0


ゲス条「くっ、もう出しますよ!」

木山「なっ、駄目だっ! 中はっ、ん゛ん゛!?」

イン「ちゅぅっ、じゅるるぅ~、おしゃべりな口はふさいじゃうんだよ! ちゅぅぅ!」

ゲス条「欲しかった精液、たっぷりあげますよ。木山先生の子宮に全部出しますから」

木山「ん゛ん゛~! ん゛ん゛っ! んぶっ!」

ゲス条「うっ」

ドビュッビュルッ……ドクドクドク

木山「ぷはぁっ、ああ……、全部中で……、くぅ……、孕んで……しまう……」

イン「当麻の生ザーメンは活きがいいから、一発受精間違いなしなんだよ!」

イン「と~ま~、私にもちょうだい」

ゲス条「ちょっと休ませてくれ。もう二回も出したんだ」

イン「う~」

イン「じゃあ、木山先生の膣内にあるのをもらうんだよ!」

チュウウウウウゥゥゥウ!

木山「ひあ゛ぁ゛っ!? ああぅぅ~! だ、駄目、もう、ひぃ、これ以上、あはぁっ!」


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 04:36:48.41 ID:cMPeDdrA0


イン「当麻のザー汁と、木山先生の愛液が混じって……って、あれ?
   木山先生、処女だったの?」

ゲス条「初モノいただきました」

イン「もう、今年何人目!? たしかこの前も、あの短髪の処女奪ってたよね!」

ゲス条「あれはあいつが頼むから」

イン「私の処女も奪ったくせに」

ゲス条「イキまくってたじゃねえか、初めから」

イン「そのついでにお尻の処女も奪ったよね」

ゲス条「まあ、あれはノリで」

イン「あ」

イン「むふふ……」

ゲス条「あん? どうしたんだよ」

イン「木山先生のけつまんこは私がいただくんだよ! 指で!」


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 04:47:39.93 ID:cMPeDdrA0


イン「当麻~、バイブとローションどこだっけ~?」

ゲス条「風呂~!」

木山「はぁー、はぁー、はぁ、君たち、何を言って……」

ゲス条「はい、木山先生は四つん這いになりましょう」

グルン

木山「なっ!?」

イン「あったんだよ!」

木山「そ、それは……、何だ……」

イン「うーむ」

イン「思ったとおり、いいお尻だね。安産型とみたよ!」

カチッ

ヴィィィィィィィィン

イン「まずは、バイブを木山先生の下の口に咥えてもらおう」

ズブゥッ!

木山「ふぐぅ゛っ! ま、またぁぁっ! もうっ、あふっ、溢れるぅっ、溢れるからぁ、いい加減にぃ、あえ゛ぇ゛っ!」


220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 05:00:45.48 ID:cMPeDdrA0


イン「お尻にも指にもたっぷりローションをつけてっと」

イン「いざ」

ズルゥゥゥ!

木山「がぁっ!? い゛い゛ぁ゛ぁ゛っ! 痛゛ぁぅ゛っ! う゛う゛ぃ゛ぃ゛あ゛っ!!」

イン「おまんこをバイブで攻めつつ」

ヴィィィィィィィィン!

イン「けつまんこを指で攻めるっと」

ズッポズッポズッポ、グリングリン

木山「う゛ぅ゛~っ、う゛っ、う゛っ、う゛っ! い゛っ!」

イン「犬の格好でふたつのおまんこ攻められてどうかな?」

ゲス条「インデックス、木山先生の口のザーメンは全部処理したんだよな?」

イン「私の唾液しか残ってないんだよ~」

ゲス条「じゃあ、俺は憧れの木山先生の口マンコ犯すか」

チュブゥ

木山「ん゛ぶ!? え゛ぅ゛~、じゅるるぅっ、んふっ、れろんっ、れろれろっ、ぺちゃっべちゃっ」


222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 05:13:40.99 ID:cMPeDdrA0


イン「ん?」

イン「当麻当麻~」

ゲス条「じゅるっ、ぷはぁ、何だ?」

イン「木山先生のおまんこがヒクヒクしてるんだよ。多分もうすぐイっちゃうんだよ!」

ヴィィィィィィィィン!

ズポッズポッズポッ! グリグリッ!

木山「も゛ぅっ、がまんっ、あうぅっ、む゛り゛ぃっ、だぁっ! んふぁっ、くはぁっ、あん!」

イン「がまんしなくていいから、イっていいんだよ! 先生のイキ顔見せてほしいなっ!
   バイブ震度MAX!」

ヴヴヴヴヴィィィィィィィィィィン!!!

木山「あ゛っ! あ゛っ! あ゛あ゛ぅ! な、何か来゛る゛ぅぅっ! あっ、ああ~っ!!」

グリングリングリン!!!

木山「あ゛あ゛~ッ!! だめぇ! もう゛だめぇ~ッ!!!」ビクンッ!

プッシャアアアアアアア

イン「あ、潮っ」カプッゴクゴクゴクゴク

木山「あ~……、あぁ~……、あ~……」ビクッ、ビクッ、ビクッ


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 05:25:33.15 ID:cMPeDdrA0


イン「ぷっはぁ、一番搾りいただいたよ。いやらしい味ー」

ゲス条「木山先生、サカナみたいに口をぱくぱくさせてる」

イン「わぁ、すごいね当麻。体もビクンビクンはねてるよ」

ゲス条「……」

イン「当麻……?」

木山「はぁー……、あー……、うー……」

ゲス条「インデックスに初アクメをキメさせられた先生見てたら」

イン「あ」

ゲス条「また勃ってきた」

イン「あっ! じゃあ私にくれるんだね! 実はさっきから下着がビチョビチョなんだよ!
   子宮も、当麻のおちんぽみるく欲しい欲しいってうずいてたんだから!」

ゲス条「いや、今日は徹底的に木山先生を犯しまくろう」

イン「えー」

ゲス条「だってお前とは毎食後と寝る前、毎日やってるじゃんか」

イン「むー」

イン「しかたないなあ」


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 05:36:01.59 ID:cMPeDdrA0


~数日後~

木山「はっ、はっ、はっ、はっ、上条君、もうイキそうなのかね、ちんぽが私の膣内でビクビクしてるぞ」

M条「も、もう勘弁して下さい木山先生……!」

木山「君が私の体を開発したんだろう。ちゃんと責任は取ってもらわないとな」

クイクイクイ カクカクカク

M条「も、もう出ますっ!」

木山「仕方ない、今日の一番搾りザー汁を戴くとするか、ふっ、ふぅっ!」

木山「先生のおまんこにたっぷりぶちまけるんだぞ? いいな、上条君?」

M条「は、はい! イキます! うっ」

ドプッドピュゥ……ドクドクドク

木山「ああ、射精てるぅ……、高校生の特濃ちんぽみるく、私の子宮に注がれてる……」

木山「前は当たらなかったが、今日は危険日なんだぞ? これは絶対に孕んだな、ふふ」チュッ

M条「先生……」

木山「何だ、今のキスでもう復活か。君も中々の好き者だな」


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 05:43:10.67 ID:cMPeDdrA0


木山「好き者と言えば」

イン「……」

木山「あのシスターも、さすがにもう動かないか。連続アクメで気絶して、そこからさらに攻めたからな」

木山「さて、今度はくちまんこで気持ちよくさせてやろう」

M条「はい、お願いします」

木山「素直で良い子だ。そんな良い子にはご褒美をあげないとな」カプッ

M条「はぅぅううっ!」

木山「ずじゅっ、ぐっぽぐっぽぐっぽ、じゅばばばぁっ、ずるっ、ずぞぞぞぞ~」

M条「ち、ちんぽが喉の奥に吸いこまれる~!」

木山「ひもひいいかい?」

M条「はい、気持ちいいです!」

木山「んぐっ、んぶっ、ぶぶっ、づじゅじゅっ、ちゅばあ~っ、れろれろ、べろんっ」

木山「おいひいちんぽら」


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 05:54:44.87 ID:cMPeDdrA0


木山「わらひのあいえひとまらって、すほぐいやらひいあびになっへう」

M条「しゃ、しゃぶりながらしゃべらないで下さい」

木山「ぷはぁっ」

ネチャァ~

木山「今日の君の先走りは少し甘いな」

シコシコシコシコシコシコ

木山「ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ、れろ、れろんれろん」

M条「せ、先生、それヤバイです! またイっちゃいますよ!」

木山「キンタマがキュッてなってるものな。ぺろっ。いいぞ、今日も全身精液まみれにしてくれ」

シコシコシコシコシコシコ

M条「生温かい先生の手と、温かい口が絶妙で……あっ」

木山「イくのかね? それじゃあまた咥えるから、たっぷり射精するんだ」

カプッ

M条「はぁぅっ!」

ドピュッピュッピュッ


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 06:03:40.94 ID:cMPeDdrA0


木山「んぶふっ、ん゛っ、ん゛っ、ん゛ぅ゛っ……」

アーン

木山「かみひょうふん、みへるかえ? ひみのらしら、せいえひらよ」

M条「2回目なのに出たなあ」

クチュクチュクチュクチュ……ゴックン

木山「ごちそうさま。美味しかったよ」

M条「先生っ!」

ガバァッ!

木山「何だ、上条君。私のおっぱいが恋しくなったのかね」

M条「はい、実は」

木山「ふぅ、私の処女を奪ったあの上条君はどこに行ったのか」

M条「先生に逆開発されたんですよ」

木山「そうだったかな」


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 06:19:20.98 ID:cMPeDdrA0


~数時間後~

木山「ああっ、ふぅっ、けつまんこ、もっと突いてぇっ! ズボズボえぐってくれぇっ!」

M条「くっ」

パンパンパンパンパンッ!

木山「い゛い゛ッ! けつまんこ気持ちいいっ! ちんぽで腸内かきまわされてぇ、はぁんんん~っ!」

M条「イきそうですか、先生!」

木山「あふんっ、かぁ、上条君のちんぽのせいでな! あひぃ、私ぃ、先生なのにぃ、
    高校生にケツアクメキめさせられるぅぅぅぅっ!!」

木山「あっ、あ~~~~~~~~~っ!!!」ビクンッ

M条「お、俺もイきますっ!」

ビュクッ、ピュッ、ピュゥッ


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 06:29:27.49 ID:cMPeDdrA0


木山「はぁーっ、はぁーっ、はぁ、はぁ、もう体中、ふぅ、上条君の精子が染みわたってるな……」

木山「もう上条君のザーメン漬けだ」

M条「木山先生……」フニッ

木山「君は本当におっぱい星人なのだな」

木山「まあ、それもいい」ナデナデ

M条「何だかすっかり調教され返された気がするんですけど」

木山「それはそうさ、私は元教師だからな」

M条「教師は教え子とセックスしちゃダメじゃないですか」

木山「今の私は女で、君は男。教師と教え子ではないということだ。
    というか、そもそも君は私の教え子ではないしな」


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 06:34:42.45 ID:cMPeDdrA0


木山「さて、上条君」

M条「はい」

木山「私の指導は厳しいぞ」

M条「ついていきますよ、もちろん」

木山「それでは、ひとつ単語が抜けている」

M条「は?」

木山「次までの宿題にしておこう。考えておきたまえ。シャワーを借りるが、構わないね?」

M条「は、はい……」

シャー

木山「うむ……、『死ぬまで』という答えを見つけて欲しいのだが、私は贅沢なのかな」

M条「先生ーっ! 何か言いましたかー!」

木山「いや、何でもない」



―END―


241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 06:41:21.07 ID:E0dwj3H3P


お姉さんに調教されたい。


245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 07:55:15.18 ID:ygdFmTpA0


乙んこ



    スポンサーサイト木山「上条君・・・、ゴミ箱を妊娠させる気かね」クンクンのコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。