スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョン「俺、一皮むけた気がする」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: 涼宮ハルヒの憂鬱SS | 更新日: 2011/09/08 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:27:15.48 ID:G9SzekiP0


キョン「この前の連休に包茎手術したんだ」

古泉「おや、そうなんですか」

キョン「これで、もうズルむけだぜ」

 ベロン

古泉「ほう……しかしまだ傷跡が生々しいですね」

キョン「それは仕方がない。時間が経てば目立たなくなるそうだ」

みくる「男の人って、やっぱり包茎を気にするんですか?」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:30:15.94 ID:G9SzekiP0


キョン「そりゃあそうですよ。朝比奈さんだって、皮かむりは嫌でしょう?」

みくる「そうでもありませんよ? 余ってる方が可愛い時もありますし」

古泉「勃起した陰茎は、少々グロテスクですからね」

キョン「しかし衛生面での問題がだな」

長門「ちゃんと洗っておけば問題ない」

古泉「ですね。手入れが重要です」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:33:49.70 ID:G9SzekiP0


キョン「何だよ! 包茎の方が良かったってのか!?」

古泉「そうは言ってません。ただ、不衛生なのは手入れの問題かと」

みくる「キョンくん! ズルむけかっこいいですよ!?」

長門「そう。以前の象さんも良かったが、これはこれで男らしい」

キョン「ほ、ほんとか?」

みくる「ほんとです」

長門「ほんと」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:36:55.04 ID:G9SzekiP0


キョン「良かった。手術が報われないかと思った」

古泉「手術はどんな感じでしたか?」

キョン「局部麻酔でな、陰茎を触られてるのが分かるんだ」

みくる「い、痛そうです~」

キョン「いえ、麻酔で痛みは無いんですよ。ただ、感触だけ分かるんです」

長門「途中で麻酔がきれたり……」

キョン「実はそうなんだ」

古泉「もっふ!」

キョン「ちゃんと追加で注射されたから良かったけどな。ツキーンツキーンと痛み出した時は焦ったぜ」

みくる「ふえ~」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:40:05.27 ID:G9SzekiP0


古泉「執刀時間はどれくらいでしたか?」

キョン「二時間くらいだったんじゃねえかな」

みくる「終わったら歩いて帰ったんですか?」

キョン「いえ。麻酔がちゃんときれるまで寝てました」
キョン「それから、自転車で帰ろうとしたんですが……」

古泉「痛そうですね」

キョン「そう、無理だったんだ。タクシー呼んだよ」

長門「私に言ってくれれば情報操作でむいたのに」

キョン「流石に恥ずかしいよ!」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:43:16.90 ID:G9SzekiP0


キョン「しかし、まだ亀頭が外気に触れるのは馴染まんな」

古泉「真性でしたっけ?」

キョン「ああ。むけた事がなかったからな」

みくる「じゃあ、初めましてですね~」

長門「これから宜しく」

キョン「どこに挨拶してるんですか二人とも」

古泉「ふーっ」

キョン「ひゃん! 古泉! やめろ!」

古泉「むっふふ」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:44:36.33 ID:tRcsHzSQ0


真性って何が違うんだ?


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:47:27.95 ID:dQSLm0gB0


仮性→頑張れば外出できる。

真性→一生引きこもり。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:47:42.83 ID:G9SzekiP0


みくる「でも、やっぱり傷跡が痛々しいです」

長門「治す?」

キョン「いや。経過を医者に見てもらわんといかんからな」

長門「そう」

古泉「しかし、思い切りましたね」

キョン「まあな。中学の頃から気になってたんだ」

古泉「もしかして佐々木さんですか?」

キョン「あいつ、俺の皮を引っ張るの好きだったからな」

みくる「じゃあ、今のキョンくんの陰茎を見たら悲しむでしょうね」

キョン「流石に高校生にもなって、人前で見せませんよ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:51:05.89 ID:G9SzekiP0


長門「ふーっ」

キョン「ちょっ! 長門!」

みくる「ふーっ!」

キョン「朝比奈さんまで!? やめてくださいって!」

古泉「すーっ!」

キョン「お前は何で吸うんだよ!? きもいよ!」

 ガチャ

ハルヒ「遅れて来てゴメーン、誠にスイマメーン!」

ハルヒ「……」

長門「ふーっ!」

みくる「ふーっ!」

古泉「ぶぁっくしょんっ!」


ハルヒ「……どういう状況?」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:54:59.39 ID:G9SzekiP0


ハルヒ「キョ、キョン! あんた何出してんのよ!」

キョン「おお、ハルヒ! 俺、包茎手術受けたんだ!」

長門「ふーっ!」

みくる「キョンくん、頑張りましたよ?」

古泉「どうぞ見てあげてください」

ハルヒ「え? あ、でも、え?」

キョン「なあ、ハルヒ! どうだ? 立派だろ?」

ハルヒ「ちょっ! 来んな! 近寄らないで!」

 シーン

古泉「……あの」

みくる「涼宮さん、酷い……」

キョン「……」

長門「ふーっ!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 22:59:00.00 ID:G9SzekiP0


ハルヒ「だっ、だって! その……人前に出すもんじゃないでしょ!」

古泉「彼は今現在、出してます」

みくる「せっかく、キョンくんが包茎手術でズルむけになったのに……」

長門「ふーっ! ふーっ!」

キョン「……いいんです、朝比奈さん」

みくる「キョンくん!?」

キョン「ハルヒは、俺の陰茎なんて、どうでもいいんですよ!」

 ダッ タタタ……

古泉「あっ!」

みくる「出したまま、出て行っちゃいました」

長門「ふーっ! ……あれ?」

ハルヒ「何なのよ……あたしが、悪いの?」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:03:52.73 ID:G9SzekiP0


 ダダダダダダ……

キョン(糞っ! ハルヒは俺の陰茎になんて、これっぱかしも興味が無いんだ!)
キョン(ハルヒのバーカ! アホー! うんこったれー!)

 ドンッ

キョン「あ……すみません」

岡部「んー。廊下は走ってはいかんぞ……んむ?」

キョン「?」

岡部「その手術跡……お前、包茎手術をしたのか!」

キョン「あ、はい……」

岡部「それにしては元気が無いな。先生に話してみないか?」

キョン「……実は……」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:09:25.10 ID:G9SzekiP0


―団室サイド―

古泉「……という訳で、彼はコンプレックスを脱却したのです」

みくる「なのに、涼宮さんは、見もせずに……」

長門「息を吹きかけたら、ぴくぴくしてユニークだった」

ハルヒ「そう……キョンの気持ちは分かったわ」
ハルヒ「けど、やっぱり人前で見せるものじゃないでしょう?」

古泉「彼はいつも見せてたでしょう?」

みくる「そうです! チャックから、毎日こんにちわしてました!」

長門「皮余りの、陰茎を」

ハルヒ「……気づかなかった……団長失格ね……」

古泉「諦めるのはまだ早いですよ」

みくる「今からでも遅くありません!」

ハルヒ「……そ、そうよね!」

長門「ふーふーしたい」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:08:30.30 ID:G9SzekiP0


ハルヒ「団長として、団員の包茎手術の結果を見届ける……!」
ハルヒ「模造紙を持ってきて!」

 【キョンが包茎手術したからおめでとう祝賀会】

ハルヒ「これからパーティするわよ!」

みくる「お料理の用意しましょう!」

長門「彼の陰茎に蝋燭を立てなければ」

古泉「しかし、まずは彼をここへ戻って来させないと」
古泉「電話してみます」

 ~おかけになった電話番号は現在~

古泉「出ません」

ハルヒ「手分けして探すわよ! モロ出しだからすぐ見つかるわ!」

古泉「」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:14:23.67 ID:G9SzekiP0


古泉「モロ出しですからね、見つかりますよ!」

みくる「他の人と間違えたらどうしましょう?」

長門「この学校で陰茎を出して歩くのは彼くらい。心配いらない」

ハルヒ「SOS団、出動!」

 キョンの~ 陰茎~

 包茎~ 手術の~ 成功を~

 祝い~ 喜び~ 笑いあうため~

 青春の~ 1ページ~ それが~ 生臭い~

ハルヒ「有希! 歌ってる場合じゃないでしょう!」

長門「ごめんなさい。練習してた」

みくる「まずはキョンくんを見つけてからです」

古泉「手分けして探しましょう!」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:19:46.86 ID:G9SzekiP0


―岡部と二人きりサイド―

キョン「……という事なんです」

岡部「ふうむ。涼宮も小学生じゃないんだから、見るくらいできるだろうに」

キョン「あいつは! 俺の陰茎に興味が無いんですよ!」

岡部「馬鹿野郎!」

 ふーっ!

キョン「ひゃいん!」

岡部「お前と涼宮の仲は、先生にだって分かる!」
岡部「あいつは、恥ずかしがってるだけだ!」

キョン「そんな……嘘だ!」

岡部「嘘なもんか! もう一度、じっくり見せてやれ! きっと喜んでくれるはずだ!」

キョン「先生……!」

岡部「俺も、自分の包茎をハンドボールで治した。その時の気持ちが、お前と被るんだ……」

キョン「行きます! 俺!」

 タタタ……

岡部(青春だなあ……)


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:24:17.72 ID:G9SzekiP0


キョン(……ハルヒ、待ってろ! 今、俺の陰茎を!)
キョン(むけた亀頭を見せつけてやるからな!)

鶴屋「おーい! キョン君ー!」

キョン「鶴屋さん……」

鶴屋「お! とうとう手術したんだね! お姉さん嬉しいよ!」

キョン「あ、ありがとうございます」

鶴屋「そだ! さっき、ハルにゃんたちがキョン君を探してたよ!」

キョン「俺を……?」

鶴屋「包茎手術成功パーティをするんだってさ! 校内はその噂で持ちきりだよ!」

キョン「俺の……包茎手術成功パーティ!」
キョン「鶴屋さん! 俺……!」

鶴屋「ふーっ!」

キョン「ぃやんっ!」

鶴屋「行くんだ、少年!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:28:22.04 ID:G9SzekiP0


俺は走った。
陰茎は、いつの間にか勃起していて、手術跡から血が流れていた。
だけど、かまうものか。
古泉が。
朝比奈さんが。
長門が。
ハルヒが、俺を待っている!

階段で谷口を蹴り落とし。
窓から国木田を放り投げ。
坂中の顔面に陰茎をぶつけのた打ち回り。

そして、俺は団室に着いた。

誰もいなかった。

だけど。

ホワイトボードに張ってある紙を見たんだ。

 【キョンが包茎手術したからおめでとう祝賀会】

……ハルヒの字だ。

ありがとう、ハルヒ。


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:32:07.57 ID:G9SzekiP0


机の上に、メモがあった。

汚い、古泉の字だ。

『戻ってこられたら、体育館に来てください』

俺はメモを掴むと、ズボンとパンツを脱ぎ捨てた。

身軽になった俺は、風のように走り出す。

名も知らない生徒が俺を見る。

俺は構わず走る。

走る。
走る。
走る。

陰茎はズキンズキンと痛み出したが、関係ない。

走って。
走って。
走って。

体育館の重いドアを開けた。


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:37:49.15 ID:G9SzekiP0


『おめでとう! キョン!』

大勢の声だ。
どうやら一学年分くらいの生徒が集まっているようだ。

鶴屋「いやー、ごめんね! 準備に時間が必要で、キョン君には遠回りしてもらったのさ!」

古泉「今日の主賓は貴方です。さあ、壇上へどうぞ」

みくる「バ、バニーガールに着替えました! 似合ってますか?」

キョン「みんな……ありがとう……俺、なんて言ったらいいか……」

鶴屋「おめでたいパーティに涙はいらないさ! さ、早く!」

キョン「壇上……」

そこにはハルヒがいた。
無表情で俺を見つめている。

俺は自分の心臓の音を聞きながら、一歩一歩、歩いた。

血が、地面に線を描く。

キョン「ハ、ハルヒ……」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:37:59.75 ID:dQSLm0gB0


お涙頂戴とかやめろよ










弱いんだよ、こういうの


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:42:15.09 ID:G9SzekiP0


ハルヒ「……めんね」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「ごめんね、キョン!」

キョン「ちょっ、抱きつくなって! 恥ずかしいだろ!」

ハルヒ「だって、だって! あたしはあんたの事、何も分かってなかった!」
ハルヒ「団長なのに! 同じクラスなのに!」

キョン「……いいんだ、ハルヒ。俺の陰茎、見てくれるか?」

今や血まみれの俺の陰茎。
でも。

ハルヒ「……かっこいいよ、キョン」

ハルヒは泣いていた。
でも、笑っていた。

長門「ふーっ! ふーっ!」

ハルヒはマイクを持って叫んだ。

ハルヒ「これより、【キョンが包茎手術したからおめでとう祝賀会】を始めるわ! みんな大いに楽しんでちょうだい! 」

歓声。
こんなに嬉しい事はない。


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:46:29.72 ID:G9SzekiP0


見知らぬ生徒が、男女問わず俺に話しかける。

「包茎脱却おめでとう!」

「かっこいいわよ!」

「素敵!」

長門「ふっふっふーっ!」

ああ! 俺はなんて幸せものなんだ!
こんなにたくさんの人に、非包茎を祝ってもらえるなんて!

ハルヒ「キョン! スピーチしなさい!」

マイクを渡される。

目の前には、四百人ほどの人数。
睾丸がキュッとなる。

だが、俺は話すべきだ。
仲間たちが用意してくれた、このパーティで。

キョン「あー、あー、テステス」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:52:42.43 ID:G9SzekiP0


キョン「みんな。俺の為に集まってくれてどうもありがとう」

キョン「俺の包茎は、今や無く、ズルむけの陰茎となった」

キョン「無論、俺の決意があってのことだが、みんなにも感謝しないといけない」

キョン「いつもモロ出しで歩いていて、不快な思いをさせていたことを謝罪したい」

キョン「しかし! 今日からは違う!」

キョン「象さんではない、ズルむけの大人の陰茎だ!」

キョン「チンカスの匂いも無くなる。小便の雫が垂れる事も無くなる!」

キョン「あえて言おう! 包茎はカスであると!」

キョン「包茎は死んだ! 何故だ! 手術したからだ!」

長門(坊やだからさ)

キョン「俺は、この場を借りて、最後に言いたい!」

キョン「ハルヒ! 俺は、ジョン・スミスだ!」


ハルヒ「え……嘘……!」

キョン「マジだ! お前が信じる、俺を信じろ!」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:56:11.61 ID:G9SzekiP0


キョン「長門は宇宙人!」

キョン「古泉は超能力者!」

キョン「朝比奈さんは未来人!」

キョン「お前の望む全てがここにある!」

ハルヒ「……」

ハルヒ「あたしが望むのは、そんなのじゃない」

キョン「え……」

ハルヒ「キョンの、陰茎。良く、見せて?」

キョン「あ、ああ」

ハルヒ「血だらけ……ごめんね、あたしのせいだね」

キョン「いや、俺が走り回ったから……」

ハルヒ「でも、かっこいい。キョンの陰茎、かっこいいよ!」

長門「ふーっ! ふーっ!」

キョン「……ハルヒ!」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/17(土) 00:02:00.42 ID:cSHh5PRH0


ハルヒ「思えば不思議なんて見つからなくても良かったの」

ハルヒ「SOS団でわいわい遊んで、それが楽しかった」

ハルヒ「キョンの陰茎を嫌がったせいで、それがなくなると思うと」

ハルヒ「耐えたれなかった」

ハルヒ「陰茎に目を背けていたんじゃない」

ハルヒ「すぐ近くにある、こんな不思議に気づかなかったあたしが悪いの」

ハルヒ「……蝋燭、陰茎に立てていい?」

キョン「ああ」

ハルヒ「さ、みんなで、一吹きずつ吹いていきましょう!」


ハルヒは顔を赤らめながら吹いた。
古泉、朝比奈さんは気持ちを込めて吹いた。
長門は何度も吹いた。

他のみんなも、一声ずつ声をかけ、吹いてくれた。

ありがとう、みんな!
ありがとう、SOS団!


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/17(土) 00:09:09.44 ID:cSHh5PRH0


―――
その日から、俺は一週間、学校を休んだ。
無理をして、手術跡が破れてしまい、再手術&安静にしているように医者に言われたからだ。

毎日のように、SOS団のみんながお見舞いにきてくれた。
別に病気でもないのに、といったらハルヒに怒られた。

陰茎を大切にしない奴は大っ嫌いだ、って。

これからは、ちゃんと陰茎を大切にしようと思う。
ようやくむけて、顔を見せてくれた亀頭がピカピカ光る。

長門の顔が写っている。
ひょっとこみたいに口を尖らせて。

古泉によれば、なぜかハルヒの能力は消えたそうだ。
俺の包茎手術が、どうやら鍵だったらしい。
これからは、普通の生活が送れそうだ。

と言っても、あの団長さんに振り回され続けるのは確実だろうが。

今日は、登校する日だ。
下半身裸で、長い坂道を歩いていく。

少し短い、ポニーテイルが揺れているのが見えた
俺の亀頭も、揺れていた。

 【完】


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/17(土) 00:10:39.54 ID:PAvPfrXt0


イイハナシダナー


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/17(土) 00:11:29.52 ID:GlbAVsLb0


これが文学か・・・


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/17(土) 00:15:29.74 ID:2g4VKovh0


感動した



    スポンサーサイトキョン「俺、一皮むけた気がする」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。