スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡部「ルカ子とダルを二人にしてみた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (2) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/09/18 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 19:43:45.23 ID:VatjUMaK0


岡部「普段あまり二人になることのないこの二人」

岡部「あえて二人にしたらどうなるか」

岡部「少々危険な匂いもするが……」

岡部「実験する価値はある」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 19:49:00.22 ID:VatjUMaK0


――ラボ

岡部「ルカ子よ」

ルカ子「は、はい」

岡部「俺は今からちょっと出かける用事がある」

ルカ子「どこに行かれるんですか?」

岡部「それは教えられん」

岡部「それを知ってしまえばお前にも危険が及ぶ」

ルカ子「は、はあ」

岡部「そこで頼みがある」

岡部「お前はラボで留守番をしていてほしい」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 19:55:22.88 ID:VatjUMaK0


ルカ子「留守番って……ボク一人でですか?」

岡部「案ずるな、まゆりや助手も後で来る。それにダルもな」

ルカ子「そ、それなら……」

岡部「いいか?俺がいいと言うまで絶対にラボから出るなよ?」

岡部「勝手に外に出たら……」

ルカ子「……」

岡部「俺が……死ぬ」

ルカ子「ええ!?えええ~!?」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:00:01.24 ID:VatjUMaK0


岡部「俺にはまだやり残したことがある、ここで死ぬわけにはいかん」

岡部「俺の命、お前に預ける!」

ルカ子「わ、わかりました!ボクちゃんとラボにいます!」

岡部「では頼んだ。俺はもう行くぞ」ガチャ

ルカ子「はい!」

岡部(カメラスイッチON)


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:05:43.62 ID:VatjUMaK0


――――

ルカ子「……」

ルカ子「でも岡部さんどのくらいで帰ってくるんだろう……」

ルカ子「今日中には帰ってくる……よね……」

ダル「ふひー」ガチャ

ルカ子「あ、こんにちは橋田さん」

ダル「あれ?ルカ氏一人かお?」

ルカ子「はい、おか……凶真さんはとっても大事な用事があるらしくて出掛けちゃいました」

ダル「ふ~ん、まあそのうち帰ってくるっしょ」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:10:33.93 ID:VatjUMaK0


ルカ子「あの、橋田さん」

ルカ子「今日はまゆりちゃんは来ますか?」

ダル「あ~、うん来ると思われ」

ダル「でも12時ごろとか言ってたお」

ルカ子「……」チラッ

ルカ子(10時か……)

ダル「コーラが安売りしてたから沢山買ってしまったお」

ダル「ルカ氏も飲む?」

ルカ子「あ、はい。いただきます」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:16:24.30 ID:VatjUMaK0


ダル「ん、ん、ん」ゴクゴク

ダル「ぷはー!生き返るお!」

ルカ子「……」ゴウゴク

ダル「でも考えてみると……」

ダル「ル、ルルルルカ氏と密室に二人きりとか。な、なんか変な気持ちになんだろ!ふざけんな!」

ルカ子「ええ!?」

ダル「ま、まあ実際には触れずに見て楽しむのが紳士の嗜みなんだお」

ルカ子「そ、そんなことされたら僕……お父さんに……言っちゃいます……」

ダル「いや、まって冗談だって」

ルカ子「……」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:21:41.56 ID:VatjUMaK0


ダル「でもルカ氏のお父さんもなかなかの上級者だお」

ダル「息子に巫女服着せるとか」

ルカ子「お、お父さんは……そんな人じゃない……ですっ……」ジワッ

ダル「いや、だから冗談だって。僕が悪かったお」

ルカ子「はい……」グスッ

ダル「ふぅ……じゃあ僕はゲームでもやるお」

ルカ子「はい……」

ダル「……」カタカタ

ルカ子「……」

ダル「……」カタカタ

ルカ子「……」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:25:55.40 ID:VatjUMaK0


ダル「……なあルカ氏」

ダル「ちょっとこっちにくるお」

ルカ子「なんですか?」

ダル「この椅子に座るんだお」

ルカ子「は、はい」

ダル「そして目を閉じるお」

ルカ子「こうですか?」

ダル「いいよ~、そのままそのまま」

ルカ子「……」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:30:45.69 ID:VatjUMaK0


ダル「……」カチカチ

  ~♪

ルカ子「なんですか?この音楽」

ダル「テーマソングだお」

ルカ子「テーマソング?」

ダル「さあ、目を開けるんだお」

ルカ子「あ、はい」パチッ

ダル「許せ、ルカ氏」

ルカ子「え?」

ダル「回想スタートぉ!!」カチッ

  アアー!イクッ!イッチャウ!

ルカ子「な、ななななな!?」カアアッ


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:37:24.52 ID:VatjUMaK0


ダル「ぽっー!けしからん!実にけしからん!」

ルカ子「ぼぼぼ僕こここういうのは……!」アワアワ

ダル「こみあげてくるおーーー!」

ルカ子「やめてください橋田さぁん……」カアアッ

紅莉栖「はろー」ガチャ

ダル「!?」

紅莉栖「あら、漆原さんこんにち……んな!?」

ルカ子「ま、まま牧瀬さん!?」

紅莉栖「橋田~!!」

紅莉栖「あんた漆原さんに何やらしてんの!?」

ルカ子「あの!ボクはその……!」アタフタ

ダル「いや、これはルカ氏が(ry」

紅莉栖「黙れHENTAI!正座しろ!」

ルカ子(助かった……?)


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:44:25.89 ID:VatjUMaK0


――――

紅莉栖「まったく……」

ダル「デブに正座は酷だお」

紅莉栖「自業自得だ」

ルカ子「……」

紅莉栖「か弱い女の子にエロゲを無理やりプレイさせるなんて警察に通報されても文句言えないわよ」

ルカ子「牧瀬さん……あの……」

紅莉栖「ん?何?」

ルカ子「ボク……男です……」

紅莉栖「え?あ、ああ!そうね。そうだったわ」

ダル「だからセクハラにはならないんだお」

紅莉栖「いや、ん~……確かにそうだけど……」

紅莉栖「なんかこう……ねえ?」

ルカ子「?」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:50:39.15 ID:VatjUMaK0


ダル「おお?牧瀬氏が何かに目覚めようとしているお!」

紅莉栖「んな!?何かって何よ!」

ダル「どうやら禁断の領域に足を踏み入れてしまったようだお」

紅莉栖「自重しろHENTAI!」

ルカ子「あの……その……すみません……」

紅莉栖「う、漆原さん?あなたは何も悪くないのよ?」

ルカ子「はい……」ウルウル

紅莉栖「……」キュン

紅莉栖「あ……」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 20:58:55.25 ID:VatjUMaK0


ダル「牧瀬氏……無茶しやがって」

紅莉栖「くっ……!何も言い返せない……」

  prrrrrrr

紅莉栖「あら、メールだわ」ピッ


    from:岡部
    
    件名:俺だ
    
    本文:紅莉栖、お前に大事な話がある。
       今すぐ○○に来てほしい。


紅莉栖「!?」ガタッ

ダル「ん?どうしたん?牧瀬氏」

紅莉栖「ちょ、ちょっと用事を思い出したわ!」ガチャバタン

ルカ子「あ……」

ダル「なんかすごい急いでたお」

ルカ子(また二人きり……)


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:06:00.12 ID:VatjUMaK0


――――

ルカ子「……」

ダル「……」カタカタ

ルカ子(な、なにかしゃべらないと……)

ルカ子「あ、あの!」

ダル「ん?」

ルカ子「は、橋田さんは……どうしてこのラボに入ったんですか?」

ダル「え?なんで?」

ルカ子「え、いや、あの……ただ……」

ダル「んー、まあ成りゆっきつーか」

ルカ子「成行きですか……」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:11:14.42 ID:VatjUMaK0


ダル「まあでも最近はこのラボもじょじょじょ女子が増えてきたからハハハハーレムでウハウハだお!」

ルカ子「ハ、ハーレ……ム?」

ダル「なのになんで僕は誰ともフラグが立たないんだふざけんな!」ドン

ルカ子「す、すみません……!」

  ガチャッ

まゆり「トゥットゥル~♪まゆしぃ☆です」

ルカ子「まゆりちゃん!」パアア

まゆり「ルカ君きてたんだ~」

ルカ子「うん!」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:15:28.72 ID:VatjUMaK0


まゆり「あれ?オカリンは?」

ルカ子「おか……凶真さんは大事な用事があるって出掛けたよ」

まゆり「そっか~」

ルカ子「ね、ねえまゆりちゃん。今日はこのあともラボにいる?」

まゆり「うん!まゆしぃはコスづくりをするのです」

まゆり「今作ってるコス、ルカ君にピッタリだと思うな~」

ルカ子「ええ!?でもボク……」

まゆり「お願い!ちょっとだけきてみて!」

ルカ子「は、恥ずかしいよ……」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:20:17.17 ID:VatjUMaK0


まゆり「ちょっとだけ!脱いで脱いで♪」

ダル「うひょー!百合展開キタコレ!」

  prrrrrrr

まゆり「あ、メールだぁ」

まゆり「なになに~?」ピッ



from:オカリン
    
    件名:極秘情報だ
    
    本文:ジューシーからあげナンバーワンを8割引きで売っている店があるとの情報を手に入れた。
       場所は××。
       売切れる前にさっさといくんだな。フゥーハハハ。

まゆり「!?」ガタッ


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:24:09.83 ID:VatjUMaK0


まゆり「た、大変だ~!」

ルカ子「どうしたの?まゆりちゃん」

まゆり「まゆしぃはちょっと出かけてきます!」ガチャッ

ルカ子「ま、まって!まゆりちゃん!」

まゆり「いそげいそげ~」バタンッ

ルカ子「……」

ダル「自演乙っと……」カタカタ


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:28:32.41 ID:VatjUMaK0


――――

ダル「……」カタカタ

ルカ子「……」

ダル「……」グウー

ダル「腹減ったお~」

ダル「僕外でお昼食べてくるけど、ルカ氏も行く?」

ルカ子「え、あの、でもそれじゃあ岡部さんの命が……」

ダル「え?オカリンの命?」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:33:39.61 ID:VatjUMaK0


ルカ子「あの、その……」

  prrrrrrrr

ルカ子「あ」


    from:岡部さん
    
    件名:留守番ご苦労
    
    本文:昼飯ぐらいなら外に出て構わんぞ


ルカ子「あ、え?」

ダル「どうするん?」

ルカ子「えっと……」グウー

ダル「……」

ルカ子「……」

ルカ子「ボクも行きます……」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:39:35.01 ID:VatjUMaK0


――メイクイーン

ルカ子「こ、ここで食べるんですか?」

ダル「そうだお」

  カランカラン

フェイリス「あ!ダルにゃ~ん」

ダル「フェイリスたん!」

フェイリス「ニャ?珍しいお客さんも一緒ニャ」

ルカ子「こ、こんにちは。フェイリスさん」

フェイリス「ルカにゃんよく来てくれたニャ」

フェイリス「ささっ、さっそく更衣室にご案内ニャ~」

ルカ子「ええ!?ボ、ボクはそんなんじゃ……!」

フェイリス「ニャハハ、冗談ニャ」

ダル「フェイリスたんのユーモアセンス、マジぱねえっす!」グッ


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:44:22.71 ID:VatjUMaK0


フェイリス「お昼ご飯かニャ?」

ダル「うん!フェイリスたんのオムライス食べに来たお!」

ダル「それで、でででできればケチャップで「ダルにゃんへ(はぁと)」って書いてほしいお!」

フェイリス「ルカにゃんは何食べるかニャ?」

ルカ子「じゃ、じゃあボクもオムライスで……」

フェイリス「かしこまりました~。2名様ご案内ニャンニャン!」

ダル「華麗にスルーキター!そこに痺れるあこがれるぅ!」

岡部「……」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:51:38.66 ID:VatjUMaK0


――――

フェイリス「お待たせしましたニャ。オムライス2つ出来上がりニャ!」

ダル「ダルにゃんへ(はぁと)キタコレ!さすがフェイリスたん!」

フェイリス「はい、ルカにゃんのニャン」

ルカ子「あ、ありがとうございます」

フェイリス「では、ゆっくりしていってニャ♪」

ダル「うまうま」

ルカ子「……」パクッ

ルカ子「あ、おいしい……」

フェイリス「あれ凶真?来てたのかニャ?」

岡部「静かにしろ」

フェイリス「ニャ?」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 21:58:03.98 ID:VatjUMaK0


――――

ルカ子「……」

ダル「ん?どうしたんルカ氏」

ルカ子「ちょっと量が多くて……」

ダル「ルカ氏細いからなー」

ルカ子「橋田さんよかったら残り食べませんか?」

ダル「ちょっ、ルカ氏の食べ残しとかどんな高級料理だよ!ふざけんな!」

ルカ子「え?え?」

ダル「喜んでいただくお!」

ルカ子「あ、あの……!あの……!」

ルカ子「や、やっぱり自分で食べますっ!」

ダル「え、そう?」

ルカ子「だ、大丈夫です!急にお腹空いてきました!」パクパク

ダル「ちっ」

岡部「アイスコーヒー」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:05:25.86 ID:VatjUMaK0


――食後

ルカ子「……」

ダル「フェイリスたん可愛いお~」

ルカ子「あの、橋田さん」

ダル「なんぞ?」

ルカ子「なんかさっきから周りの人たちがこっち見てひそひそしてるような……」

ダル「え?」


  カップルで来てんじゃねえよ……リア充爆死しろ……でもピザオタだから同類じゃね?……

  俺たちに彼女見せびらかしに来たのかよ……彼女めっちゃ可愛いじゃねえか……

  今日はまゆしぃニャンニャンいないのかよ……フェイリスたんペロペロ……

ダル「……」

ルカ子「……」

ダル「そ、そろそろ行くかお」

ルカ子「そ、そうですね」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:11:01.73 ID:VatjUMaK0


――ラボ

ダル「ふう、食後のコーラでも飲むお」

ルカ子「いいんですか?奢っていただいちゃって……」

ダル「ま、まあ紳士の義務ってやつだお」

ダル「でもまさか僕がメイクイーンであんなに敵意を向けられるとは思わなかったお」

ルカ子「すみません、僕のせいで……」

ダル「いや、ルカ氏が謝ることないっしょ」

ダル「む、むしろそういう関係に思われるのはだ、大歓迎なのだぜ!」グッ

ルカ子「いや、そういうことでは……」

  コンコン

ダル「お?誰かきたお」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:16:37.31 ID:VatjUMaK0


ルカ子「あ、ボ、ボクがでますっ」

  ガチャ

萌郁「……」

ルカ子「あ、こんにちは……」

萌郁「……」

ルカ子(えっと……この人は……)

ルカ子「桐生さん……?」

萌郁「……」コクッ

萌郁「岡部君は……?」

ルカ子「岡部さんは今出かけていて……」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:24:33.45 ID:VatjUMaK0


萌郁「……」

ルカ子「……」

萌郁「古い……パソコン……」

ルカ子「え?パソコン?」

萌郁「……」

ルカ子「……」

萌郁(この人のアドレス知らない……)

ルカ子「あの……」

萌郁「……」バタン

ルカ子「え?」

ルカ子「……」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:29:20.44 ID:VatjUMaK0


――――

ルカ子「……」

ダル「クソワロタwwwwっと……」カタカタ

鈴羽「ちぃーっす!」バターン

鈴羽「岡部倫太郎いるー?」

ダル「お、阿万音氏じゃん」

ダル「オカリンならいないお」

鈴羽「ええ~いないの~?」

ダル「どったん?」


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:36:50.17 ID:VatjUMaK0


鈴羽「店長がさ~、先月分の家賃まだもらってないから奪ってこいって」

ダル「奪うとか。激しすぎだろ常考」

鈴羽「あれ?漆原るかじゃ~ん」

ルカ子「こ、こんにちは」

鈴羽「う~ん」マジマジ

ルカ子「なんでしょか……?」

鈴羽「うん、やっぱり」

ルカ子「……?」

鈴羽「君ってさ可愛いよね」

ルカ子「ええ!?」


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:44:29.07 ID:VatjUMaK0


鈴羽「なんかこう、キュンってなるというか」

鈴羽「あとちょっといじめたくなるっていうか」

ルカ子「い、いじめは……よくないです……」

ダル「さすが阿万音氏。よくわかってるお」

鈴羽「お?橋田至もそう思う?」

ダル「まあね」

鈴羽「あはは~、HENTAIだね~」

ルカ子「……」

鈴羽「じゃあさ、岡部倫太郎がきたら伝えておいてよ」

ダル「ほいほ~い」

鈴羽「それじゃっ」

ルカ子「……」

ルカ子(岡部さん、早く帰ってきてください……)


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:51:40.81 ID:VatjUMaK0


――夜

岡部「ただ今帰還した」

ルカ子「岡部さん!」

岡部「留守番ご苦労だったな。ルカ子よ」

ルカ子「ボク、ずっと待ってました!岡部さんが帰ってくるのを!」

岡部「ルぅ~カ子よ。俺は岡部ではないと言っているだろう」

ルカ子「きょ、凶真さんの帰りをまってました!」

岡部「うむ」

岡部(今回の実験でわかったことはダルはHENTAIということぐらいだな……)

岡部(しかも色々と邪魔が入ってしまった)


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 22:57:21.04 ID:VatjUMaK0


ダル「ちょ、オカリンどこ行ってたんだよ」

ダル「オカリンが昨日明日までに新型ガジェットの設計図作れっていうから昨日遅くまで頑張ったのに。ふざけんな!」

岡部「それは悪かった。マイ・フェイバリット・ライト・アームよ」

ルカ子「ボク、ちゃんとお昼ご飯以外はラボにいました!」キラキラ

岡部「偉いぞ、ルカ子」ナデナデ

ルカ子「は、はい!ありがとうございます!」

岡部(なんかいつもよりなついているな)

  ガチャッ

まゆり「オカリン!」


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 23:04:38.27 ID:VatjUMaK0


まゆり「ひどいよ~。まゆしぃのことだましたの?」プンプン

岡部「おお、まゆりか」

まゆり「××ってとこにジューシーから揚げナンバーワン売ってなかったよ!」プンプン

まゆり「店員さんもうちには置いてないし8割引きの商品もありませんって!」プンプン

岡部「許せまゆり。これは必要な犠牲だったのだ」

  ガチャッ

紅莉栖「ちょっと岡部!」

紅莉栖「あんた人のこと呼び出しておいて来ないってどういうこと!?」

紅莉栖「今までずっと○○で待ってたのよ!?」


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 23:10:34.10 ID:VatjUMaK0


岡部「すまん、助手よ」

岡部「だがこれも必要な(ry」

紅莉栖「言い訳なんて聞かないから!」

紅莉栖「責任とりなさいよ!」

まゆり「オカリン聞いてるの!?」

まゆり「まゆしぃも怒るときは怒るのです!」

岡部「……」

岡部「俺だ……機関の洗脳により我がラボのメンバー二人が暴徒と化した」

岡部「ああ、俺は作戦のために犠牲になった彼女たちを忘れない……」

岡部「これも運命石の扉の選択か……エル・プサイ・コングルゥ」

紅莉栖「岡部ぇ!」

まゆり「オカリン!」



                               おわり


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 23:12:09.56 ID:d0jDItM50


乙ん


188: 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/09/05(月) 23:14:57.17 ID:eK5RDzAA0


乙ん(´・ω・`)



    スポンサーサイト岡部「ルカ子とダルを二人にしてみた」のコメント
  1. 名前:名無し@まとめいと◆-[saga] 投稿日:2011/09/18(日) 23:16:26.00 ID:SSJUNKIE550
  2. 結局オカリンの一人勝ちな件についてオカリン爆発しろ
  3. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/09/19(月) 19:40:16.00 ID:SSJUNKIE553
  4. ダルはもちょっといい奴だと思う
    でも面白かった
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。