スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「えっちなこととか・・・まだよくわからないから・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/09/25 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 04:26:31.81 ID:zRQO2Kj20


―ある日―

―――

―――――

まどか「おはよーさやかちゃん」

さやか「遅いぞーまどか」

仁美「おはようございます」

―――――

さやか「そういえばまどか、あの話聞いた?」

まどか「え?あの話って?」

さやか「だーかーら、AちゃんとB君の話」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 04:30:19.53 ID:zRQO2Kj20


まどか「う、ううん聞いてないけど」

さやか「もうラブラブであんなことやこんなことやっちゃってるって話だよー」

まどか「そ、そうなんだ…よくわからないけど…」

さやか「まーまどかには縁のない話かー」

まどか「」ムッ

まどか「そういうさやかちゃんは詳しく知ってるの?」

さやか「まー常識程度にはねー」

まどか「ずるい、教えてよー」

さやか「ダメダメー、まどかにはまだ早いよ」クス


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 04:35:41.50 ID:zRQO2Kj20


まどか「ひどーい」

さやか「あははー、まあまどかも知ってることだと思うよ」

さやか「少女マンガとか読むでしょ?」

まどか「うん、読むけど…」

さやか「ほら、手繋いだりとか抱き合ったりとかさー」

まどか「あ、そういうことか//」

さやか「そういうことだよー」

さやか「まどかはそういうことしてみたい人とかいるの?」

まどか「うーん…今好きな人とかはいないなぁ…」

まどか「さやかちゃんは?」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 04:40:05.80 ID:zRQO2Kj20


さやか「わかってるくせに」

まどか「あ、上条君か…頑張ってね」

さやか「うん、ありがとう」

さやか「そうだ、あの転校生に絡みに行こうよー」

まどか「う、うん」

―――――

さやか「やぁやぁえっと、暁美さんだっけ?」

ほむら「あ、はい…」

さやか「私美樹さやか、で、こっちが鹿目まどか」

まどか「よ、よろしく…」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 04:47:11.86 ID:zRQO2Kj20


ほむら「う、うん…よろしく//」

さやか「さてと、自己紹介も終わったところで一緒にお昼食べない?」

ほむら「あ、はい…」

まどか「そうだね、行こ」

―屋上―

さやか「暁美さんはさーどこから転校してきたの?」

ほむら「えっと、東京にあるミッション系の女子校から…」

まどか「へー、なんかおしゃれー」

さやか「そーなんだー、やっぱりカップルとかいたのー?」

まどか「さやかちゃん、女子校だよ」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 04:54:25.92 ID:zRQO2Kj20


さやか「あ、そうだった、質問がマズかったか」

ほむら「カップルは…いたよ…」

まどか&さやか「!?」

まどか「ほむらちゃん…それってもしかして…」

ほむら「(ほむらちゃん…)うん、その…女の子同士で…」

ほむら「あ、もちろん男子校の子と付き合ってる子もいたけど…」

ほむら「女の子同士でバレンタインのチョコあげたりとか…」

さやか「それって友チョコじゃないのー?それだったらまどかに貰ったこととかもあるけど」

まどか「ま、まあね//」

ほむら「そういうのとは…違うと思う…」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 05:02:05.09 ID:zRQO2Kj20


ほむら「その…女の子同士で…付き合ってるんだと思う…」

さやか「マジかー、『マ○みて』みたいのってホントにあるんだー」

―放課後―

さやか「今日私CDショップよって帰るから…」

まどか「うん、じゃあまた明日」

仁美「わたくしもお稽古事がもうすぐ始まりますので…」

まどか「うん、頑張ってね…」

まどか「ほむらちゃん、私たちも帰ろっか」

ほむら「うん」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 05:10:45.66 ID:zRQO2Kj20


―帰り道―

まどか「ほむらちゃん、さっきの話の続きが聞いてみたいんだけど…」

ほむら「ええと、私の前の学校の話かな?」

まどか「うん、まぁそうなんだけど…」

まどか「あ、せっかくだから家来なよ」

ほむら「え?いいの?」

まどか「うんいいよ、今日はさやかちゃんもいないし」

まどか「さやかちゃんが来ると私のぬいぐるみのお腹にパンチしていじめるんだよ、ひどくない?」

ほむら「クス…そうだね」

まどか「こっちだよ」

―――――


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 05:17:15.11 ID:zRQO2Kj20


まどか「ここが私の部屋だよ、ごめんね散らかってて…」

まどか「お茶とお菓子もってくるからちょっと待ってて」

ほむら「う、うん…」

―――――

まどか「おまたせー」カチャ…

ほむら「ありがとう」

まどか「いえいえー」

まどか「私も食べよっと」パク

ほむら「えっとね、私の前の中学は…」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 05:23:46.05 ID:zRQO2Kj20


まどか「うん」モグモグ

ほむら「中高一貫でね…」

まどか「うん」パクパク

ほむら「毎年東大に数十人進学する進学校だったかな…」

まどか「へーそうなんだ、頭イイんだねー」ズズー

ほむら「まどか…内緒にしてくれる…?」

まどか「え…何を?」ムシャムシャ

ほむら「実は私、そこでいじめにあっていたの…」

まどか「え…あ、そ、そうなんだ」ムシャ…

ほむら「うん…」

まどか「だ、大丈夫、誰にも言わないから」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 05:35:30.27 ID:zRQO2Kj20


ほむら「うん」

まどか「…」

まどか「あの、女の子同士で付き合ってるって言ってたことについてなんだけど…」

まどか「そういう人たちってやっぱり女の子同士でも手繋いだり抱き合ったりしてた?」

ほむら「みんなが見てるところではもちろんやらないけど…」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 05:45:30.50 ID:zRQO2Kj20


ほむら「その…校舎の裏とかでやってるのは見たことある…よ」

まどか「そ…そうなんだ///」

ほむら「……私ね、前の学校で女の子に告白されたの…」

まどか「え!?//」

ほむら「それで、私…断れなくて…その子にされるがままになってしまったの…」

ほむら「私…耐えられなかった…」

ほむら「その子にも、自分自身にも、嘘をついていることが…」

まどか「ほむらちゃん…」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 05:52:53.55 ID:zRQO2Kj20


ほむら「…」

まどか「その子に…どんなことされたの?」

ほむら「普通なら女の子と男の子がするようなことよ…」

まどか「私に…してみてくれない?」

ほむら「え!?」

まどか「ご、ごめん、嫌だったら無理しなくていいの」

まどか「ただ、最近さやかちゃんの話聞いててちょっと気になってただけだから…」

ほむら「うん…してあげる…まどかがいいのなら…」

ほむら「じゃあ電気消すね?」

まどか「う、うん」

カチッ


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 05:59:39.06 ID:zRQO2Kj20


ほむら「まどか、目閉じて」

まどか「うん…」キュ

ほむら「まどか…抱きしめるよ?」

まどか「うん、お願い…」



ギュ…

まどか「」

ほむら「どう…?」

まどか「ほむらちゃんの…鼓動が…聞こえる…」

ほむら「まどか…」



ギュ…


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 06:11:03.60 ID:zRQO2Kj20


まどか(なんだろう…体が…あたたかく…)

ほむら「まどか、キスもする?」

まどか「」コク

ほむらは眼鏡を外し、まどかのリボンをほどいた
まどかの柔らかいショートヘアがゆっくりと垂れる
ほむらはその髪をそっとよけ、まどかに顔を近づけた…

まどか(ほむらちゃんの吐息が…)



チュ…

まどか「ん…」

ほむら「はあ…んん…まどか」



チュ…チュパ…


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 06:20:52.85 ID:zRQO2Kj20


まどか「ん……んん…?」

まどか「ほむら…ちゃん、ベロなんか…汚いよ…」チュ チュプ

ほむら「大丈夫……まどかも…出して…」レロ チュパ…

レロ…チュ…クチュ…

まどか「ん……はあ…ん…なんか…からだが……へんだよ…」チュ レロレロ

ほむら「んん……だい…じょうぶ………」レロ チュパ ピチャ


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 06:26:46.37 ID:zRQO2Kj20


スッ

まどか「ひゃあ!?」ビクン

ほむら「あ、ごめん…痛かった?」

まどか「なに……今の…あそこ……触ったの?」

ほむら「うん、私が前の学校でされたことをしたんだけど…」

まどか(これも男の子と女の子がやることなのかな…)

ほむら「もうやめる?」

まどか「……続けて」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 06:33:27.47 ID:zRQO2Kj20


ほむら「うん、痛かったら言ってね…?」

スッ

ナデナデ…

まどか「っ…!」ピクン

ほむら「どう…かな…?」サワサワ

まどか「ん…わからない…」ピクッピクッ

ほむら「どうしてピクピクしてるの?」

まどか「あ…なん…で…からだが勝手に……」ピク…

ほむら「気持ちいい?」

まどか「わからない……ちょっと…」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 06:39:52.44 ID:zRQO2Kj20


ほむら「パンツ濡れてるよ?」サワ

まどか「え?うそ…どうして…ああ…ん…」ピクピクン

ほむら「私もちょっと濡れてる」サワサワ

まどか「わからない…なにか…きそう……」ビク

ほむら「あれがきそうなんだ…私と同じ…」ピチャ

まどか「あ……くる…こわいよ……」

ほむら「大丈夫だよ」ピチャピチャ

まどか「あ…ああ…あああああ……」ビクンビクン

―――――

―――


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 06:55:38.91 ID:zRQO2Kj20


まどか「えーっと…ほむらちゃん着替えなくて大丈夫?パンツだけ貸してあげよっか?」

ほむら「あ、うん//じゃあお願い」

まどか「わかった、ついでに私着替えてくるからちょっと待ってて」

ほむら「うん」

―――――

まどか「お待たせ、はいこれ」

ほむら「あ、ありがとう//」

まどか「ほむらちゃんのパンツは私がパパに見つからないように洗濯して、明日学校で渡すね」

ほむら「うん、ありがとう」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 07:05:03.02 ID:zRQO2Kj20


ほむら「私も明日学校で返すね」

まどか「うん、了解」

ほむら「なんか…今日はごめんね」

まどか「ううん、私がやって欲しいって言ったんだし…」

まどか「まあ最後のはちょっと驚いたけど…」

まどか「なんか一歩大人なれた気がするよ」

ほむら「まどか…」

まどか「さ、もうそろそろ帰らないと暗くなっちゃうよ?」

ほむら「うん、また明日」

―――――


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 07:12:09.63 ID:zRQO2Kj20


バタン…

まどか(でもさっきのはホントに驚いた…)

まどか(あの時、あそこどうなってたんだろう…)

―お風呂―

まどか「」ソー

クパ…

まどか(ここが私のあそこ…初めて見た…)

まどか(あのヌルヌルしたのはどこからでてきたんだろう…)

クニ… イジイジ…

まどか(ちょっとおしっこしてみよう…)

チョロロロ…


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 07:18:12.21 ID:zRQO2Kj20


まどか(おしっこが出るのがこの小さい穴…)

まどか(このちょっと大きな穴は何かな…)

まどか「」ゴクリ

まどか「…」

まどか(やっぱり怖いからやめとこ…)

まどか(さやかちゃんなら知ってるかな)

―――――

―――


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 07:23:13.99 ID:zRQO2Kj20


―次の日―

ほむら「あ、あの…まどか」

まどか「あ、ほむらちゃん」

ほむら「これ…」カサ…

まどか「あ、そうだった、私も…はい」カサ

ほむら「ありがとう」

さやか「おーなんだー?二人でこそこそ…プレセントか?」

まどか「ち、違うよさやかちゃん!」

ほむら「そ、そうだよこれは…」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 07:31:25.94 ID:zRQO2Kj20


さやか「けしからーん!私に見せてみなさい!」ヒョイッ

ほむら「あ…」

さやか「どれどれー、何がでるかなー?」

さやか「!」

さやか「これ…って…」

まどか「ち、違うのさやかちゃん!これは…昨日ほむらちゃんが家に遊びにきて…」

さやか「…いいよ言い訳しなくて、これはそういうことなんでしょ?」

さやか「暁美さん、あなたの前の学校がどんな学校だったか知らないけど…」

まどか「やめてさやかちゃん!」

さやか「まどかは黙ってて!!」

まどか「!」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 07:40:49.35 ID:zRQO2Kj20


さやか「人の友達をあなたの趣味で弄ぶのやめてよ!!」

ほむら「……ごめんなさい」ポタ…ポタ…

まどか「さやかちゃん、いくらなんでも言い過ぎだよ!」

さやか「まどか…」

振り向いたさやかの目から涙がこぼれ落ちた…

まどか「!…さやか…ちゃん…?」

さやか「ひどいよ…まどか…」タッタッタッ

まどか「あ…」

ほむら「…ごめんね…まどか」ポタポタ


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 07:49:16.38 ID:zRQO2Kj20


まどか「ううん、気にしないで」

まどか「さやかちゃんいい子だからきっとわかってくれるよ」

ほむら「うん…ごめんね」

まどか(さやかちゃん…どうして…)

―――――

―――

―その日の夕方―

ピンポーン

さやか「はい」

さやか「!」

さやか「まどか…な、何か用?」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 07:56:11.60 ID:zRQO2Kj20


まどか「お邪魔してもいいかな?」

さやか「は、入れば…?」ツン

まどか「うん…」

―――――

さやか「あの…まどか…」

まどか「…」

さやか「その…さっきはごめん」

さやか「理由も聞かずに強い言い方して…」

まどか「…うん」

さやか「暁美さん怒ってる?」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 08:08:33.11 ID:zRQO2Kj20


まどか「怒ってないよ、ずっと謝ってた」

さやか「…ごめん」

まどか「私じゃなくて明日ほむらちゃんに謝ってあげて?」

さやか「そうだね…」

さやか「わ、私に何か用があったの?」

まどか「うん」

さやか「な、何かな…?」

まどか「さやかちゃん、恋人同士がすることについてある程度知ってるんだよね?」

さやか「い、一応ね…」

まどか「え、えっちなことについてとかも知ってる?」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 08:14:51.28 ID:zRQO2Kj20


さやか「え、えっちなこと?//」

まどか「うん…」

さやか「そりゃ漫画でちょっと読んだことはあるけどよくはわからない、ごめん」

まどか「そっか…変なこと聞いちゃってごめんね、じゃあそろそろ私…」

さやか「待って!」

まどか「?」

さやか「今日なんで暁美さんとパンツ交換してたの?」

まどか「そ、それは…」

さやか「昨日暁美さんまどかの家行ったんでしょ?」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 08:19:20.20 ID:zRQO2Kj20


まどか「う、うん…来たよ…」

さやか「暁美さんと…したんだ?」

まどか「…」

さやか「正直に言ってよ!」

まどか「うん…で、でもパンツ脱いだりとかはしてないし…」

まどか「抱き合ったりとかしか…」

さやか「嘘言わなくていいよ」

まどか「…」

さやか「パンツが濡れるぐらいえっちなことしたんでしょ?私だってそれぐらいわかる」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 08:26:01.02 ID:zRQO2Kj20


まどか「ご、ごめんね…私知らなかったの、ほむらちゃんが…」

さやか「許さない」

まどか「さやか…ちゃん」

さやか「暁美さんには負けたくない…」

さやか「暁美さんにさせたこと、私にもさせてくれないならまどかと絶交する」

まどか「…いいよ」

まどか「さやかちゃんなら…」

さやか「…こっちに来て…」

―――――


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 08:36:26.51 ID:zRQO2Kj20


ガチャ…

まどか「トイレ?」

さやか「まどか、便座に座ってパンツをおろして」

まどか「パ、パンツもおろすの!?」

さやか「また汚れちゃうでしょ、だから最初からおろしておくの」

まどか「わかった…」スル…

まどか「恥ずかしいからあんまり見ないで」

さやか「それで?」

まどか「え?」

さやか「昨日はまず最初に何をしたの?」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 08:48:55.09 ID:zRQO2Kj20


まどか「う、うん…やさしく抱きしめてもらったの…」

さやか「こ、こう?」ギュ…

便座に座った状態のまどかを、さやかは半屈みでやさしく抱きしめた…

まどか「うん…そんな感じ…」

さやか「まどか…髪、さわってもいい?」

まどか「いいよ、さやかちゃん」

さやか「かわいい…まどか…」ナデナデ

まどか(さやかちゃんの胸が目の前に…小っちゃくてかわいいな…)サワ

さやか「あ…」ピク

さやか「まど…か…?」

まどか「あ、つい…ごめんね…」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 09:40:36.26 ID:zRQO2Kj20


さやか「う、ううん…もっと…さわって…」

まどか「こうかな…?」サワサワ

さやか「は…ん……続けて…」ピクン

まどか(さやかちゃん…すごく色っぽい…)

さやか「つ、次は…?早く…」ハア…ハア

まどか「うん、次は私のリボンほどいて…」

さやか「うん…」シュル…

まどか「キス…してもらったの…」

さやか「う、うん…いくよ…」ドキドキ


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 09:50:45.17 ID:zRQO2Kj20


まどか「さやかちゃん…」ドキドキ

さやか「まどか…」



チュ…チュパ…

さやかは形のキレイなまどかの顎を少し持ち上げると、その小さい唇に何度も熱いキスをした…

さやか「ん……はあ……ん…ん」チュ

まどか「さやかちゃん…すごく…つよ……い…んん…」チュ…チュ

さやか「ん…んん……私…うまいかな…」チュパ…

まどか「うん…きもち…いいよ」チュッ


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 10:02:47.04 ID:zRQO2Kj20


さやか「んん……んんん…」

まどか「こうやって…ん…ベロ入れてもらったの…んん…」チュ…ピチャ…

さやか「ベロなんて…きたないのに……は…ん…」レロ…クチュ…

さやか「あ…だめ…きもち……んんん…いい…」ピチャ チュッ

まどか「はあ…はあ…さやかちゃん…本当はえっちな子なんじゃない?」

さやか「う、うるさいなー//まどかに言われたくないんだけど…」ハア…ハア…

まどか「この次はね、あそこを…さわって貰ったの」

さやか「ごめん、やっぱりパンツ穿く?」


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 10:12:06.56 ID:zRQO2Kj20


まどか「ううん、このまま…お願い…」

すでにまどかの陰部からは我慢に耐えかねたとばかりに愛液が滴り落ちていた…

さやか「痛かったら、言ってね?」

まどか「うん、さやかちゃん…」

さやか「」スッ

まどか「く…う…んんん…ああああ…」ピクン ピクッ

まどか「はあ…さやか…ちゃん…質問…いいかな?」ピク…

さやか「うん、何?まどか」クチュクチュ

まどか「私…濡れてるでしょ…?」ビクッ


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 10:23:20.60 ID:zRQO2Kj20


さやか「うん…」クチュ クチャ…

まどか「それ…どこから…ああ…ん…出てきてる?」ビクン

さやか「それは、私が今かき混ぜてるところからだと思う…」クチュクチュクチュ

まどか「あああ…あ…はあ…もう一つ…いい…?」ハア…ハア…ビクッ

さやか「…なに…?」ピチャッピチャッ

まどか「さやかちゃんは…はあ…あ…本当に上条君が好きなの?…ああ、あああ」ビクビク

まどか「あああああ、ああああ、あああ」ビクン ビクン ビクン

―――――

―――


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 10:29:07.30 ID:zRQO2Kj20


まどか…私、まどかのことが好きだよ…

まどか「」

さやか「聞こえてないか…」

まどか(さやかちゃん…)

―――

―――――

まどか「」パチ…

さやか「あ、気が付いた?」


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 10:36:41.43 ID:zRQO2Kj20


まどか「私…」

さやか「いやー、やっぱりパンツ脱いどいてよかったねー」

まどか「え、私…もしかして…」

さやか「いやいや心配することはないよ、ちゃんと拭いといてあげたから」クス

まどか「///」カァー

さやか「はい、飲み物」

まどか「ありがとう…」

さやか「ねぇまどか、もう気づいてるでしょ…」

まどか「…うん」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 10:45:41.94 ID:zRQO2Kj20


さやか「どっちにするの?」

まどか「…」

さやか「私は例え残念な結果だったとしてもまどかとはずっと友達でいるつもりなんだ」

さやか「だからまどかには本当に好きな方を選んでもらいたいの」

さやか「同情なんかで選んだら許さないからね?」ニコ

まどか「さやかちゃん…」

まどか「私、お家に帰って考えてみて…選んだ方に電話することにする」

さやか「わかった…」

まどか「じゃあ私帰るね」

さやか「まどか」

まどか「?」

さやか「待ってるから」

まどか「……うん」


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:04:58.63 ID:zRQO2Kj20


―――――

―マンション入り口―

ガー

まどか「!」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「まどか…私、美樹さんより上手だったでしょ?」

ほむら「それに、しっかりあなたを守ってあげられる…」

ほむら「私、あなたになら全てを尽くせる自信がある…」

まどか「ごめん…少し考えさせてね…」スタスタ

―――――


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:09:02.58 ID:zRQO2Kj20


まどか(やっぱりできない、私に友達を選ぶなんて…)

まどか(情けないよ…二人とも頑張って言ってくれたのに…)

まどか(……)

―――――

―――


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:16:35.76 ID:zRQO2Kj20


プルルルルル プルルルルル

「はい」

まどか「もしもし…さやかちゃん?」

さやか「まどか…ありがとう」

まどか「…うん」

さやか「その…これからよろしく…」

まどか「うん…こちらこそ」

さやか「あは…なんでかな、嬉しいのに涙が出てくるや…ごめんね」グス ヒック

まどか「早く会いたいね」

さやか「うん、明日が待ち遠しいよ」


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:22:29.06 ID:zRQO2Kj20


―次の日―

「いいかしら…?」

「うん、わかった…今日の放課後…」

―――――

―昼―

まどか「さやかちゃん、お弁当作ってきたんだ、一緒に食べよ」

さやか「うわーまどかのお手製弁当かー、すごく嬉しいよ」

まどか「うん、屋上行こ」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:27:15.51 ID:zRQO2Kj20


―屋上―

まどか「はい、あーんして」

さやか「あ、あーん//」

パクッ

さやか「」モグモグ…ゴックン

さやか「…」

まどか「さやかちゃん、ごめんおいしくなかった?」

さやか「まどか…すっごくおいしい」

まどか「え?」

さやか「すごくおいしいよ!」ダキッ

まどか「きゃ!さやかちゃんったら」

さやか「あはは、まどか大好きだよ」


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:31:59.92 ID:zRQO2Kj20


まどか「さやかちゃん…」

さやか「まどか…」



チュ…

さやか「ね、このブドウ、私が口の中で皮むいてまどかに口移しするね」

まどか「え、でも」

さやか「いいからいいから」

さやか「」パクッ チュルッ

さやか「はい」

まどか「じゃあ…もらうね」


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:37:55.14 ID:zRQO2Kj20


チュ…チュル…

さやか「んん…」

まどか「ん……甘い…」

さやか「まだいっぱいあるよ、今度はまどかがやってよ」

まどか「うん、いくよ」

―――――

―――

―放課後―

さやか「これからね、暁美さんの家行って昨日のこと謝ろうと思う」

まどか「あ、私も、電話できなかったこと…」

さやか「まどかは来ちゃだーめ、こういうのは同情されても辛いだけなんだよ?」


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:47:00.89 ID:zRQO2Kj20


まどか「そうなのかなぁ…」

さやか「そういうものだよ、じゃあまたね」

まどか「うん、明日は一緒にどっか行こうね」

―――――

―暁美家―

さやか「それで話って何よ、昨日強い言い方したことだったら謝るわ」

ほむら「それだけ?勝手に家に連れ込んで…あなたはまどかの心を最も卑怯な方法で奪った…」

さやか「あのさぁー、嫉妬はやめてくれる?私まどかに聞きながらやってあげたんだよ?」

さやか「あなたにどんなことされたのって」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 11:54:19.63 ID:zRQO2Kj20


ほむら「あなたなんかに何がわかるの?」

ほむら「転校してきたばかりの私の話を真剣に聞いてくれて…あの子ほど私のことを分かってくれた子なんて…」

さやか「それはお気の毒だったね、でも私を選んだのはまどか自身の意志だから」

ほむら「あなたなんか…」ドサッ

さやか「な、何すんのよ!?」

ほむら「あなたなんか私の真似しなかったらまどかを幸せになんて…」

さやか「やめ…て…」

ほむら「あなたに自信があるのなら、私をはてさせてみてよ…」

ほむら「あなたなんかにできっこない」


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 12:03:28.23 ID:zRQO2Kj20


そう言うとほむらはさやかの唇にキスをし、舌を絡ませてきた
そのテクニックはすさまじいもので、さやかが経験したこともないような快感をもたらした…

さやか「んん…?んんんん…!!」ビクン

ほむら「どう……きもひいでしょ…?」レロ チュ…

ほむら「あなたにできる?」チュパ レロ

さやか(あ…もう…イっちゃいそう)ビクッ

さやか(私…負け…ちゃう…)

しかしさやかはそこで果てることなく、残った意識でほむらの秘密の花園へと手を伸ばした…


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 12:10:43.18 ID:zRQO2Kj20


ほむら「あ……美樹…さん、あなた…」ピクン

さやか「私だって…」

ほむら「いい覚悟ね…」グイッ

さやか「きゃ!?」

ほむらはさやかの体をひっくり返すと、パンツを脱がせそのすさまじいテクニックで花びらを愛撫し始めた…

さやか「あ……はあ…まどかぁ」ビクン

ほむら「まだ諦めないつもりかひら?」レロレロチュパチュパ

さやか「いや…だ…まどか…まどか」ビクン ビクッ

ほむら「所詮あなたには無理なのよ」レロ…ピチャ


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 12:23:45.80 ID:zRQO2Kj20


さやか「諦め…ない…」ピクピクン

さやかは少し体を横にずらす。そこにはほむらのぐっしょりと濡れた性器が露わになっていた…

さやか(まどかは…絶対に渡さない!)

レロ…ピチャピチャ…

さやかはたった今感覚で覚えたテクニックでほむらのそれを愛撫し始めた…

ほむら「ひゃあ!美樹さん…まだ…そんな…ひからが」ピチャピチャ

さやか「はあ…ああん…あなたなんかに」クチャ ピチャ…

二人はシックスナインの形になって必死に互いの花びらを責め合っている…
しかしこれは単なる性交ではなく、同じ思い人を賭けた女の戦いである


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 12:33:07.45 ID:zRQO2Kj20


さやか(もう…手を使って…)ハアハア

クチュクチュ チュポッチュポッ

ほむら「美樹さん…あなた…あああ、そんなことが」ビクン

さやか「まどかは私のもの、絶対渡さないんだから!」

クチュクチュクチュ

ほむら「いや…あああ、んんんん!あああああ」ピクッ ビクッ

あまりの快感にほむらの責めが一瞬止まる…
絶好の機会を得たさやかは一気にほむらを上りつめさせようとする

さやか「あなたって結構えっちな体してるのね」クチャクチャクチャ

ほむら「あああああ、いくうううう…くやしい、ああああああああああ!!!」ビクンビクッビクン

―――――

―――


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 12:38:32.86 ID:zRQO2Kj20


数日後…

―ゆうひの丘―

まどか「…」

さやか「おまたせ」

まどか「あ…」

さやか「いやー販売機が近くになくてさー、時間かかっちゃったよー、はいこれ」

まどか「ありがとう…」

さやか「いい眺めだね…」

まどか「うん…」


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 12:49:04.89 ID:zRQO2Kj20


さやか「私幸せ、こんなに世界が広いのにまどかと出会えて…」

まどか「私も…これからもっとさやかちゃんの知っていきたい、恋人として…」

さやか「みんなに見せつけちゃおっか…私たちの愛を」

まどか「うん、そうだね//」

さやか「まどか…」

まどか「さやか…」



チュッ…

壮大な夜景をバックに彼女たちはキスをした。
それはまるでその愛の強さを全世界にアピールするかのようであった。
これから先どんな困難が待ち受けようとも、彼女たちは二人で一つ、手を取り合って乗り越えていくだろう…

おわり


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 12:58:51.96 ID:RcX2Shx20


乙乙乙


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/23(火) 13:26:26.41 ID:WPbRUYPq0


おつ



    スポンサーサイトまどか「えっちなこととか・・・まだよくわからないから・・・」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。