スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡部「まゆりに人質にされた……」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/10/11 22:30
1:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:05:43.70 ID:WGojfodA0


―幼い日の記憶―

まゆり「ねぇ、オカリン」

岡部「ナンだよ、まゆり」

まゆり「オカリンとずーっといっしょにるには、どうしたらいいのかなぁ」

岡部「はぁ?」

まゆり「まゆしぃは、いっしょーオカリンといっしょにいたいのです」

岡部「いっしょ、っていってもなぁ……」

まゆり「まゆしぃは、ほんきなのです!」

岡部「ん~……」ポリポリ

まゆり「……」ジーッ

岡部「じゃあさ――」


5:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:11:25.84 ID:WGojfodA0


―2010年 8月7日 PM05:04 大檜山ビル2F:未来ガジェット研究室―

ダル「溶ける~っ」ガラッ

紅莉栖「こら橋田、虫が入って来るでしょ」

ルカ子「凶真さん、遅いですね」

ダル「そういえば、オカリン、今日はずっと見かけてないなぁ」

フェイリス「でも今日のお昼頃ニャン? 例のメール」

鈴羽「『ラボメンに大発表があるから』って、何なんだろうね」

紅莉栖「どうせ、いつもどおりロクでもないことに決まってるわ」

ダル「まゆ氏もいないし……。どしたんだろ」


7:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:17:18.60 ID:WGojfodA0


―8月7日 PM05:22 大檜山ビル2F:未来ガジェット研究室―

ルカ子「だから……ボク……、そういうのはちょっと……」

鈴羽「いいじゃ~ん! 女の子同士なんだしさ!」

ルカ子「だだ、だから、ボクは男の子で……」

ダル「だがそれがいい」キリッ

フェイリス「女の子よりカワイイ顔してるニャ~……。何なら、この予備のネコ耳を……」

紅莉栖「もう、あんまり漆原さんをいじめちゃ可哀想でしょ」


チャーチャー チャラララー チャララ~♪ チャララーラーラーラーラララー♪


紅莉栖(ん? この着メロ……)

ダル「あれ? これ、オカリンの携帯じゃん」

紅莉栖「ここに忘れてったの? バカね、あいつも」


9:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:22:24.27 ID:WGojfodA0


♪~

紅莉栖「ん。今度は私だ」カチャッ

紅莉栖(まゆりからだ……。件名、『人質』……?
     しかも、これ、本文がない……)

紅莉栖(あ、でもファイルが添付されてる……)



紅莉栖「――なッ!?」

紅莉栖「ちょ、橋田ッ! こ、これ!」

ダル「どしたん、牧瀬氏? そんなに血相変えて……」

紅莉栖「いいから、こ、これッ! この写メ見てッ!!」

ダル「ん~? ――うわッ!?」


14:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:28:04.00 ID:WGojfodA0


鈴羽「ん、どしたの?」

フェイリス「どうかしたのかニャン?」

ルカ子「牧瀬さん……?」

紅莉栖「お、お、岡部が……岡部が……」プルプル

ダル「ま、牧瀬氏、お、落ち着いてっ!」

紅莉栖「……こ、これ……」

スッ

鈴羽「お、岡部倫太郎ッ!?」

フェイリス「な、な……キョ、キョーマ……?」

ルカ子「……」フラッ


18:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:34:21.08 ID:WGojfodA0


鈴羽「ちょ、ちょっと、大丈夫!?」ガシッ

ルカ子「……す、すみません……、阿万音さん……」

フェイリス「こ、これ……間違いない。キョーマニャ……」

紅莉栖「ど、どういうことッ!? な、何で岡部がこんなに血だらけになってるのッ!?」

ルカ子「……」ガタガタ

鈴羽「……この出血量……。この程度だったら、まだ生きている可能性が高い……」

フェイリス「フェイリスもそう考えてたニャ……。今なら、まだ助かるニャ……!
       クーニャン、これ、誰からのメールなのニャ!」

紅莉栖「……ま、まゆりのアドレスから……」

鈴羽「椎名まゆり!?」

フェイリス「ま、まゆしぃからニャ!?」


~♪


紅莉栖「ッ!?」


19:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:39:32.05 ID:WGojfodA0


フェイリス「ん? ま、またメールニャ!」

紅莉栖「ちょ、ちょっと携帯いいッ!?」

フェイリス「う、うん、はいニャ」

紅莉栖(ま、まさか……)

カチャッ

紅莉栖「ま、また、まゆりからだ……っ!」

紅莉栖「件名……『トゥットゥル~♪ まゆしぃ☆です』」

まゆり『オカリンはまゆしぃの一日人質となったのです。
    人質には人権がないので、明日の午前9時までに見つけ出してくれないと、
    オカリンは死んでしまいます。
    だから、ラボメンのみんなにはオカリンを探し出してほしいのです☆
    がんばってね?
    それじゃあ、みんな、トゥットゥル~♪』


20:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:42:50.26 ID:WGojfodA0


―同日同刻 某所―

まゆり「これでよしっ。後は電源を切ってっ、と」

岡部「……ムググ」

まゆり「どうかなぁ、オカリン。みんなここに来れると思う?」

岡部(……来ないと……困る、な……)

まゆり「できれば……まゆしぃは来てほしくないのです」

岡部(……まゆり……)

まゆり「もう準備はできてるしなぁ……」

岡部(……もうラボメンに賭けるしかないのか……。
   頼んだぞ……、クリスティーナ、ダル、みんな……)ガクッ

まゆり「ねぇ、オカリン?」ニコッ


22:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:47:06.35 ID:WGojfodA0


―同日同刻 大檜山ビル2F:未来ガジェット研究所―

紅莉栖「ともかくッ! まゆりは本気よ!
      何とか明日までに岡部の居場所をつきとめないと!」

ルカ子「……で、でも……ど、どうやって……」

鈴羽「こういうときは、冷静さを失ったら負けだよ、二人とも」

フェイリス「そうニャン……。タイムリミットまで後、半日以上あるニャ。
       それに幸い、まゆりの行動範囲はある程度絞られるニャン」

紅莉栖「そ、そうね……」

紅莉栖「……私としたことが取り乱したわ。ごめんなさい」

鈴羽「あたしは早速、MB使って、この秋葉で聞き込みするよッ!」

フェイリス「フェイリスは電気街のお店のネットワークを
    活用してみるニャン!」ピポパポピ…トゥルルルルル

フェイリス「……あ、パパ? ……実はお願いが……」

ダル「僕とルカ氏は、中継役をしつつ、オカリンの実家に行ってみるお。
    いいかい、ルカ氏?」

ルカ子「はい……ボクにお手伝いできるなら、やらせて下さい……!」


24:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:52:05.27 ID:WGojfodA0


紅莉栖「橋田、私は池袋のまゆりの家に行ってみる。
     ……少なくとも、何か手がかりがある筈だわ」

ルカ子「凶真さん……大丈夫でしょうか……ウッ、グスッ」

ダル「さっきのメールを信じるしかないかな……。
    取りあえず、身体の危険はないと思われ」

紅莉栖「漆原さん、不安なのは私も同じ。でも、今は足をすくめている場合じゃないわ」

ルカ子「……は……はい……!」

ダル「それじゃあ皆の衆、散開! 何か新しい発見があり次第、僕に連絡して。
    さっきも言ったように、みんなに中継するお!」

鈴羽「オッケーッ! 進展あったらヨロシクッ!」ダッ

フェイリス「……うん……そう、この前の白衣を着てた人……」クイックイッ

ダル(フェイリスたん?)

フェイリス(筆談)『確かに、ここにいても埒があかないニャ。
           フェイリスは中野の方にも行ってみるニャン』

紅莉栖(待ってて岡部……、絶対に見つけ出してみせるわ……。何としても……ッ!)


【岡部倫太郎死亡まで、残り15時間18分】


26:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 18:58:09.46 ID:WGojfodA0


―8月7日 PM05:31 大檜山ビル(※2F:未来ガジェット研究室)前―

♪~

ダル「あ、もうメール来た」

鈴羽『岡部らしき男の目撃者あり。詳細は追って報告』

ダル「阿万音氏、仕事早ッ!……秋葉のジェバンニとは君のことだ」

♪~

ダル「また来た」

フェイリス『キョーマの特徴を秋葉中のお店に教えたニャン。続けて中野に向かうニャ』

ダル「さすがフェイリスたんっ! ってか、みんな行動力ありすぎだろ常考……」

ダル「……しかし、さっきは『散開!』とカッコよさ気に決めたケド、
    オカリン家は自営業だから、軟禁されてるとは考えにくいんだよなぁ。
    ……ねぇ、ルカ氏、どう思う?」

ダル「……って、アレ? ルカ氏?」

ダル「る、ルカ氏? お~い……。どこ行っちゃったんだろ……」


28:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:03:15.38 ID:WGojfodA0


―同日同刻 大檜山ビル横の路地―

ルカ子「き、桐生さ~ん……!」タッタッタッタッ…

萌郁「……」

ルカ子「き、桐生さん、ハァ、ハァ、た、大変なんです……」

萌郁「……」カタカタカタカタカタカカタカタッ……ピッ

♪~

ルカ子「いつも通り、ハァ、ハァ、ケ、ケータイで……話すんですね……?」カチャッ

萌郁『どうしたの、漆原さん? そんなに急いで(´・ω・`)
    私、用事が終わったから、これからラボに行こうと
    思ってたんだけど( ´∀`)σ)∀`)』

ルカ子「実は……、きょ、凶真……岡部さんが……、さらわれたんです……!」

萌郁「! どういう……こと……?」


32:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:08:16.89 ID:WGojfodA0


ルカ子「まゆりちゃんが……、岡部さんをさらって……
     明日の朝9時までに見つけないと殺す、って……」

萌郁「……本当……?」

ルカ子「だから、今、ラボメン総出で探している所なんです……」

萌郁「……」カタカタカタカタカカタカタッ、ターンッ!

萌郁『信じられない話だけど、そういうことだったら、私も力を貸すよ!\(`・ω・´)』

ルカ子「あ、ありがとうございます……!」

萌郁「……」カタカタカタカカタカタッ

萌郁『早速なんだけど、私、心当たりがあるの( ̄ー ̄)vニヤリッ』

ルカ子「えっ?」

萌郁「……」カタカカタカタッ

萌郁『ついてきてε=ε=ε=ヘ(* - -)ノ 』

ルカ子「は、はいっ!」


34:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:14:19.30 ID:WGojfodA0


―同日同刻 JR中央線 車両内―

フェイリス(女の子。青いワンピースと青い帽子をかぶった、身長150cmくらいの女子高生。
       「トゥットゥル~♪」が口癖。ショートヘアでほわほわした感じ)

フェイリス(男。身長180cmくらいのヒョロッとした体型で、20歳前後の大学生。
       髪がボサボサで、急に「フゥーハハハ」と高笑いをあげる)

フェイリス(これで、秋葉原100万の目はキョーマとまゆしぃに向いたニャ……。
       ――あとは、この網に魚がかかるのを待つだけ)

フェイリス(でも……、これはあくまで『まゆしぃとキョーマが今日アキバにいた』という
       前提あっての措置ニャ……)

フェイリス「……」

フェイリス(え~い、フェイリス! らしくないニャ! 得意の推理で考えるニャ!
       二人がどこにいるのかを!)

フェイリス「う~ん……」

女子高生A「……この顔文字でいいかな? 怒ってそうな感じしないよね?」

女子高生B「これにするとツンデレっぽくならない?」

女子高生A「あははは、そうだね……じゃあ……」

フェイリス(……ッ!)キュピーンッ!

フェイリス「これはダルニャンにメールニャ!」カチャッ!


36:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:18:34.57 ID:WGojfodA0


フェイリス『ねぇ、ダルニャン、おかしいと思わないかニャ?』

ダル『おかしい? 何が?』

フェイリス『まゆしぃがあんなことするのは変ニャ』

ダル『でもそれ、僕に言われてもなあ』

フェイリス『何か裏があるニャ』

ダル『まゆ氏は、オカリンと幼なじみだし、
    何か僕たちには分からない事情があるんじゃない?
    ああ、幼なじみ……何て快い響きなんだ……』

フェイリス『ダルニャン、今は緊急事態ニャ。ボケと勘違いは後にするニャン』

ダル『すみません』

フェイリス『フェイリスはこれからアキバに戻るニャ』

ダル『へ? なんで? 中野は?』


38:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:23:22.51 ID:WGojfodA0


フェイリス『フェイリスはピピーンと来たニャ』

フェェイリス『そもそも、どうして、まゆしぃは、キョーマを探させようとするのニャ?』

フェイリス『もし、これがふつうの殺人犯だったら、いついつまでに探し出さなければ殺す、
       なんて回りくどい条件をつけたりしないニャ。さっさと殺すニャ。
       しかも、タイムリミットは午前9時。中途半端すぎる時間ニャ……』

ダル『さ、さすがフェイリスたん! もはや「バーロー」と言っても違和感なしだお!』

フェイリス『つまり、理由は分からニャいけど、まゆしぃは、自分たちを
       見つけてほしいんじゃないかニャ。つまり、ツンデレみたいなものニャ』

ダル『へ?』

フェイリス『そうじゃなきゃ、わざわざあんなメールを送ってくる道理がないニャ。
       今日、ラボメンをラボに全員集めたのも、
       ラボメン総出で探し出させるためだとしたら……』


39:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:28:15.50 ID:WGojfodA0


ダル『でも、そんな隠れんぼみたいなことしたって意味がないんじゃ?』

フェイリス『そう、これは多分、そういう「ゲーム」なのニャ』

ダル『ADV?』

フェイリス『「SAW」とか「CUBE」みたいなもんニャ』

ダル『映画はあんま観ないからなぁ』

フェイリス『要するに、命がけのデスゲームってことニャ。
      だから、あえて最初に、ゲーム開始の合図と、ルールを宣言したのニャン。
      そして、ラボメン全員とその「ゲーム」で勝負をしようとしているニャ』

フェイリス『そして、そんな全力で戦いに来てる人間なら、
       遠くに隠れるなんて、姑息な真似は絶対にしないニャ』

ダル『さ、さすが雷ネットで鍛え抜かれた勝負師の勘だお!
    すごい、すごいよフェイリスたん!』

フェイリス『相手の心理を読むのは基本中の基本ニャ』

フェイリス『そして、フェイリスの勘は、まゆしぃがキョーマを殺そうとする理由が、
       その辺りにあるとささやいているのニャン』

ダル『何だか今日のフェイリスたんは、萌えというより燃え属性だお……』

フェイリス『……いずれにせよ、今夜中に見つけないとマズいことになるニャ……』

フェイリス(キョーマ……)


41:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:33:10.18 ID:WGojfodA0


―8月7日 PM05:42 大檜山ビル(※2F:未来ガジェット研究室)3F―

ルカ子「……3階に来たけど……部屋、だれも、いませんね……真っ暗だし……」

萌郁「……」カタカタカタカタカタカカタカタッ

萌郁『灯台もと暗しっていうから、てっきりここかと思っちゃった(^^;)ごめんね(_ _;)』

ルカ子「いいんです。ボクも、ごもっともだと思いましたし」

萌郁「……」タカタカカタカタッ

萌郁『優しいんだね(*^-^*)』

ルカ子「いえ……そんな……」カァッ

萌郁「……」カタカタカタカタカタカカタカタッ

萌郁『4階から上はあがれないようになってるから、ここじゃなければ違うねぇ(´д`)』

ルカ子「あの、じゃあ、ちょっとラボに寄ってくれませんか?
    ……妖刀五月雨を置いてきてしまって」

萌郁「……」コクリ


42:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:38:45.81 ID:WGojfodA0


―8月7日 PM05:44 大檜山ビル2F:未来ガジェット研究室―

ガチャッ

ルカ子「あ……、橋田さん」

ダル「ルカ氏! さっきは急にいなくなったからびっくりしたよ。どこ行ってたん?
    あれ、桐生氏もいる。今日は用事があったんじゃなかったの?」

ルカ子「ボクは、桐生さんを見つけて……、思わず走って迎えにいっちゃったんです。
     桐生さんの方は、用事が早く終わったそうで」

萌郁「……」カタカタカタカタカカタカタッ

萌郁『椎名さん何でこんなことしちゃったの(; _ ;)』

ダル「今のとこ手がかりなしだお」

ルカ子「橋田さんは……、外に行かなかったんですか……?」

ダル「うん。ちょっと気になったことがあって」

ルカ子「気になったこと……?」

ダル「う、うん。実は今、警察のデータベースにハッキングしてるんだけど」


43:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:43:47.31 ID:WGojfodA0


ルカ子「け、警察……ですか……!?」

萌郁「……」カタカタカカタカタッ

萌郁『橋田君、すごいっ><』

ダル「僕は、SERNの防壁を突破した漢だぜ?」キリッ

ルカ子「でも、警察は、よくないんじゃ……」

ダル「そりゃそうなんだけど、嫌な予感がしてさ」

萌郁「……岡部君のことね……」

ダル(キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!!)

ダル「……傷害事件とか、妙な事件とか、この辺りで起きてないかなって思ったんだ。
    オカリンと関係あるかもしれないだろ?」

ルカ子「……傷害……事件……」

ダル「大丈夫大丈夫。今の所、それらしい事件は起きてないみたいだから」


46:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:48:49.18 ID:WGojfodA0


ルカ子「他の人は、今どうしてるんですか?」

ダル「フェイリスたんは、中野に向かってたんだけど、色々あって秋葉に帰ってくることに。
    阿万音氏は、街の人に聞きこみしつつ、オカリンが行きそうな所を洗ってくれてる。
    牧瀬氏は、池袋に向かってる所」

ルカ子「凶真さんのこと、何か分かりましたか……?」

ダル「今のところ……、手がかりらしい手がかりはゼロ」

ルカ子「……そう、ですか……」

萌郁「……」カタカタッ

萌郁『\(^o^)/』

ダル「終わってないっつーの!」

ルカ子「じゃあ、ボク、また探して来ますっ!」

萌郁「……」カタカタカカタカタッ

萌郁『私も行くわ、漆原君』

ダル「ねぇ、ルカ氏、桐生氏、一応、オカリン家に行ってみてくれないかな。場所は――」


48:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:54:07.46 ID:WGojfodA0


―8月7日 PM06:05 池袋 椎名まゆり自宅―

紅莉栖「ごめんくださーい……」

紅莉栖(灯りが点いていない……。ドアは……)

ガチャッ

紅莉栖(か、鍵もかかってない!?)

紅莉栖(部屋は真っ暗ね……。取りあえず、電気を……)

パッ

紅莉栖(ん? 机の上に紙切れが……)

紅莉栖(まゆりの字だ……ッ!!)

まゆり『クリスちゃん、残念だったね~。オカリンはここにはいないのです。
     でも、せっかくだからヒントをあげちゃいます。
     オカリンは、オカリンの家にもいないよ~☆』


50:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 19:59:16.37 ID:WGojfodA0


紅莉栖「な、何で、私がここに来ることを……」

紅莉栖(いや、待てよ……。
     そもそも、まゆりの家を知っているのは、岡部を除けば、
     橋田と私だけだ……。橋田は秋葉に詳しい。岡部を探しに来るとしたら、
     消去法で自動的に私になる可能性が高い……)

紅莉栖「あの子……、こんなに頭のキレる子だったんだ……」

紅莉栖(これからどうしよう? 私がここに来ることを予測していたとしたら、
     致命的な証拠は残すような真似はしていない筈……)

紅莉栖(でも、念のため調べてみる価値はある。あれだけの出血量だったんだから、
     この家に岡部がいた、あるいはいるのなら、何か痕跡があってもおかしくない。)

紅莉栖(時間は無駄にできないけど……慎重に調べてみよう……)

紅莉栖(おっと、その前に。……万が一のときのために、
     橋田に現状を報告しておかなきゃね)カチャッ

紅莉栖(でも……仮にここにも、岡部の家にも何もないとしたら、まゆりは一体……)


【岡部倫太郎死亡まで、残り14時間49分】


52:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:05:06.93 ID:WGojfodA0


―8月7日 PM07:47 秋葉原某所―

鈴羽「ハァ、ハァ、ハァ……。ここもダメだったかぁ……。え~っと」カチャッ

鈴羽(橋田至に教えてもらった、椎名まゆりが行きそうな場所……)

鈴羽(とらのあな……メロンブックス……メッセサンオー……K-BOOKS……
    ゲーマーズ……コスメイト……サンボ……メイクイーン+ニャン2他色々……
    もう全部行っちゃったよ)

鈴羽「オカリンおじさんが行きそうな所はもう全部探したし、
    街行く人たちにも片っ端から話、聞いたしなぁ……」

鈴羽(確かに――オカリンおじさんが『今』死ぬことは、この世界線ではありえない。
    でも、それは逆に言えば『死ねない』ということでもある。
    拷問を受けているのなら、必ず助けなきゃ……!)

鈴羽(でも、どうして、この世界線で、椎名まゆりがオカリンおじさんを殺そうとするんだろう。
    いくら世界線にゆらぎがあるからといって、こんな極端な事件が発生するの?)

鈴羽(……もしかして、SERNが何らかの形で関与しているのかもしれない……)

鈴羽「とにかく、もっと目撃情報をつかまなきゃ!」ガチャッ!

鈴羽(待っててね、オカリンおじさん!)キキーッ

ドンッ

鈴羽「ぐはっ!」


53:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:10:21.96 ID:WGojfodA0


??「おーい、大丈夫かー」

鈴羽「う~ん……」

鈴羽「……う……あ痛たたた……」

??「急に飛びだして来るんじゃねぇよ」

鈴羽「そっちがぶつかって来……て、店長っ!?」

ブラウン「お前が猛スピードで突貫してきたんだろうが。
      本気でやっちまったかと思ったぞ」

鈴羽「いや、あたし、思いっきり吹っ飛んだんだけど……」

ブラウン「ケガはねぇか?」

鈴羽「うん、平気みたい。とっさに受け身とったから頭も打ってないし」

ブラウン「んで? なんであんなに急いでたんだよ」

鈴羽「そ、そう! それがさ! 岡部倫太郎が大変なことになってるんだよ!」

ブラウン「岡部ぇ? アイツの脳ミソはいっつも大変なことになってるじゃねぇか」

鈴羽「上手いこと言ってる場合じゃないんだよ、店長!」

ブラウン「……何があった……?」


55:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:15:50.76 ID:WGojfodA0


鈴羽「――というわけなんだよ!」

ブラウン「穏やかな話じゃねぇな」

鈴羽「だから、秋葉で聞きこみをしてるんだけど、全然情報がなくって……」

ブラウン「信じられねぇぜ。まさかあのお嬢ちゃんがな……」

鈴羽「すでに椎名まゆりは、洗脳されてるのかもしれないんだよ!」

ブラウン「まぁたお前、そんなことを……。
      まぁ、非常事態には変わりねぇみたいだな」

鈴羽「店長、岡部倫太郎と椎名まゆりのことで、何か心当たりない?」

ブラウン「う~ん、ねぇなぁ……」

鈴羽「そっか……」


56:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:20:59.76 ID:WGojfodA0


鈴羽「あ! じゃあ、店長、聞きこみ手伝ってよ!」

ブラウン「バイト、それを先に言うんじゃねぇよ」

鈴羽「は?」

ブラウンが「俺の方から、『ここは俺にも手伝わせな』ってキメる……。
       それが、男らしくていいんじゃねぇか」

鈴羽「て、店長……! あたし、見直したよ!」

ブラウン「お前なぁ、俺をふだんどんな目で見てんだよ……」

鈴羽「よしっ! あたし、ここいらをもう一周してくるよ!」ガチャッ

ブラウン「ああ、俺はちょっと遠くの方まで行ってみるぜ」

鈴羽「サンキュー! 店長ッ!」

ブラウン「ちゃんと前見て漕がねぇと、またはねられるぞ」


【岡部倫太郎死亡まで、残り13時間01分】


57:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:25:19.87 ID:WGojfodA0


―8月7日 PM010:28 大檜山ビル2F:未来ガジェット研究室―

ダル「……」

紅莉栖「……」

フェイリス「……」

ルカ子「……」

萌郁「……」

鈴羽「……」

紅莉栖「全員、何の手がかりもなし、か……」

ダル「みんなも揃ったことだし、念のため情報の突き合わせでもしてみる?」

紅莉栖「そうね……」


59:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:31:01.61 ID:WGojfodA0


ルカ子「凶真さんの家は、ご両親がいて……。昨日の夜から帰ってないそうです……。
     ご厚意で、部屋も調べさせてもらいましたが……」

萌郁「……すっぱい臭いがしただけだった……」

ルカ子「その後は、秋葉原を回ってみました……」

萌郁「……でも、情報は見つからず……」

鈴羽「あたしはひとつ。……今日の午前中に、ラジ館の近くで椎名まゆりを見た人がいた。
    ……でも、それだけ……。今も、店長が聞きこみをしてくれてるけど……」

紅莉栖「私は、みんなに見せた、この紙切れだけよ。部屋に争った形跡はなし。
     血痕もなかったわ。その後は、まゆりの家の近くで聞きこみをしてみた。

紅莉栖「確かに、8朝頃にまゆりを見たって人はいたわ。でもそれ以降はぷっつり」

ダル「僕の方もダメだったね。オカリンに繋がりそうな事件は何も。
    秋葉原は今日も平和ですた。一応、ネットで情報は募ってるけど……」

紅莉栖「で、この岡部の携帯か……」

萌郁「……岡部君の携帯……?」

紅莉栖「ああ、桐生さんは遅れてきたから知らないんだっけ」

萌郁「……?」


61:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:37:21.90 ID:WGojfodA0


紅莉栖「今日、一番始め、みんなが集まったときに岡部に着信があったの。
     それが気になったから見てみたら、このメッセージが出てきたわ」

まゆり『トゥットゥル~♪ まゆしぃ☆です。この携帯を調べているということは、
     みんな手詰まりになったのかな? 時間的に、まだオカリンは死んでないと
     思うので、みんながんばってね。それじゃ、トゥットゥル~♪』

フェイリス「……完璧に手札を読まれてるニャ……」

鈴羽「くっ……!」

萌郁「……」カタカタカタカカタカタッ

萌郁『そのメール、私がラボに来る前に来てたの( ̄□ ̄;)!!?』

紅莉栖「そうよ……」

萌郁「……」カタカタカタカタカカタカタッ

萌郁『他にまゆりさんからメールとか着信とかは(?_?)』

紅莉栖「何も。そもそも、他に誰からもメールも電話も来てないわ」

萌郁「……さびしい……」


♪~


62:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:43:31.49 ID:WGojfodA0


フェイリス「あ、フェイリスニャ!」ピッ

フェイリス「もしもし、パパ? ……そう……うん……。
       そっか……分かった。
       うん……、ありがとう、じゃあね……」ピッ

ダル「フェイリスたん?」

フェイリス「……今日、電器店で二人を見かけたっていう
      情報はなかったニャ……」

鈴羽「……」

ルカ子「……グスッ」

紅莉栖「漆原さん、泣かないで……」

萌郁「……」

ダル「……詰んだ……」


【岡部倫太郎死亡まで、残り10時間37分】


63:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:49:12.95 ID:WGojfodA0


―8月8日 AM08:02 大檜山ビル2F:未来ガジェット研究室―

ダル「……もう後、1時間しかないぉ……」

紅莉栖(もうみんな疲れ切ってる……。
     もう9時間くらい探しつづけてるんだもんね……。当然だわ……)

紅莉栖(あれから、やっぱり行ってみるって言って、フェイリスさんが橋田と中野に行って……)

紅莉栖(桐生さん、漆原さん、私は三人で、範囲を広げて探索と聞きこみをして……)

紅莉栖(鈴羽さんはMBで遠くまで探してもらって……)

紅莉栖(ブラウンさんは綯ちゃんの世話があるから途中でリタイア……)

紅莉栖(みんな、休息を取りつつ探し回ったとはいえ、これだけの時間聞き回って、
     もう体力的にも限界な筈……)

紅莉栖(こんなとき、岡部なら何て言うだろう……)

岡部『フゥーハハハハハハーッ! この程度で思考停止かぁ? クリスティーナ?
    俺ならこの程度の事件を解決することなど、赤子の手をひねるようなものっ!
    天才脳科学者と言っても、所詮は単なるセレセブに過ぎなかったようだなっ! 

    フゥーハハハハハハーッ!』

紅莉栖(――とでも言うんだろうなぁ……って、想像したら、何かムカついてきたわ……!)


64:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 20:54:53.40 ID:WGojfodA0


紅莉栖(ここで考えるのをやめたら、岡部に負けた気がするな。
     っていうか、負けてないのに勝ち誇られる姿が目に浮かぶわ……。
     あ~、何だか無性に憎たらしいっ!)

紅莉栖(そうよ……! 岡部だって、そんな虚勢をはるんだ。
     この私がこんなことで諦めるわけにはいかない!
     もう一度初めから考えるんだ!)

紅莉栖「ねぇ、みんな」

紅莉栖「もう時間がないわ。最後にもう一度だけ、今までの情報をまとめてみない?」

ダル「でも、結局、有力な情報は見つからなかったし……」

フェイリス「色々と知恵を合わせたけど、結局どこにもいなかったニャン……」

紅莉栖「端的に言うわ。もう一度だけ、私にチャンスをちょうだい。
     みんなの証言から、必ず、岡部の居場所を導き出すから!」

ルカ子「牧瀬さん……」

鈴羽「牧瀬紅莉栖……」

萌郁「……自信はあるの……?」

紅莉栖「あるわ。いや、あるとかないとかじゃない。私が解答を出してみせる!」


【岡部倫太郎死亡まで、残り47分】


66:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:00:38.87 ID:WGojfodA0


紅莉栖「まず、岡部が昨日実家に帰っていない、ということから、
     ラボに泊まったのは、おそらく間違いないわ」

鈴羽「それから、午前中、おそらく9時頃に、椎名まゆりが現れた」

フェイリス「キョーマをやったのはおそらくそのときニャン」

萌郁「……その次にラボに来たのは……」

ダル「僕だね。3時くらいかな。それから、30分くらいして、牧瀬氏が来た」

紅莉栖「つまり、犯行時刻は、午前中から午後3時の間」

ルカ子「それから、二人は、この秋葉原では目撃されていません……」

フェイリス「ということで、このビルにいる可能性を考えたけど――」

萌郁「このビルの他の階に人がいないことは、私と漆原君が確認している」

紅莉栖「……」

紅莉栖(……考えろ、考えろ私! 何か、何かを見落としてるんだ!)


ブルルルルル……キッ


鈴羽「あ、この車の音、店長だ。心配して、早く来てくれたんだよ、きっと」


69:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:05:47.76 ID:WGojfodA0


ガチャッ

ブラウン「お~い、バイト~!」

ダル「あ、ミスターブラウン」

ブラウン「おお、橋田。どうだ、首尾は。岡部は見つかったか?」

ダル「それが……まだなんだ……」

ブラウン「そうか……。まぁ、まだ時間はある。最後まで諦めないで探してみろ」

ダル「でも、もう探し尽くした感は否めないんだよ……」

ブラウン「街を隠れながら、あっち行ったりこっちに戻ったりしてるかもしれないだろ。
      ともかく、まずは行動だ行動。人間、足と筋肉だ」

ブラウン「取りあえず、俺は下にいる。
      また何か手伝えることがあったら、言ってくれ」

ダル「さ、さすがミスターブラウン、漢気溢れる背中にぞくぞくくるぜ!」

ブラウン「へっ、褒めても家賃はまけねぇぞ。じゃぁな」

バタン


71:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:10:56.68 ID:WGojfodA0


紅莉栖「……!」

ダル「あれ? 牧瀬氏、どしたん、そんなに呆然として」

紅莉栖「……」

ルカ子「牧瀬さん……?」

紅莉栖「ちょっと、話しかけないで」

萌郁「……?」

紅莉栖(……そうか……、そういうことだったんだ!
     分かった! 分かったわ! 岡部の居場所がッ!)

紅莉栖「くっ!」ドンッ

フェイリス「く、クーニャン、どうしたのニャ?」

紅莉栖(この私が、こんなことに気づかないなんて……! どうかしてたッ!)

紅莉栖「……鈴羽さん、萌郁さん、ちょっとこっち来てもらっていい?」

鈴羽「何? ここで言えばいいじゃん」

紅莉栖「いいから、こっちへ」

萌郁「……」スッ

鈴羽「分かった分かった、あたしも行くよ」


73:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:16:22.62 ID:WGojfodA0


ダル「牧瀬氏、あっちで何こそこそ話してるん?」

ルカ子「さあ……何でしょうか……。それに……何か様子が、変ですね……」

フェイリス「……」

ルカ子「ふぅ……」グッタリ

フェイリス「ルカニャン、大丈夫ニャ?」

ルカ子「大丈夫です……でも、徹夜なんてしたことないから、ちょっと疲れちゃって……」

フェイリス「かくいうフェイリスもさすがに疲れたニャ……」

ルカ子「まゆりさん……本気、でしょうか……」グスッ

フェイリス「フェイリスだって、まゆしぃがキョーマを殺すなんて信じられないニャ……」

フェイリス「でもフェイリスは、人は簡単に心の闇の呑まれるということも、よく知ってるニャ……」

ルカ子「フェイリスさん……」


74:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:21:58.95 ID:WGojfodA0


紅莉栖「――岡部はそこにいるわ」

鈴羽「ほ、本当ッ!? で、でもそこって……」

萌郁「……信じがたい……」

紅莉栖「二人には、先に行って岡部の容体を見て来てほしいの」

鈴羽「わ、分かった。間違いないんだね?」

紅莉栖「みんなの情報を総合して考えると、導き出されるのは必然的にこの結論よ」

萌郁「……」カタカタカタカカタカタッ

萌郁『牧瀬さんはどうするの?(; ・`ω・´)』

紅莉栖「私には、ここでやるべきことがある」

鈴羽「了解。よし、行こう、桐生萌郁!」ダッ

萌郁「……」ダッ

紅莉栖(……これで、舞台は整った……)


【岡部倫太郎死亡まで、残り39分】


75:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:26:43.96 ID:WGojfodA0


―8月8日 AM08:25 大檜山ビル2F:未来ガジェット研究室―

紅莉栖「三人とも、ちょっと聞いてほしいことがあるの」

ダル「ん?」

フェイリス「何ニャ?」

ルカ子「……?」

紅莉栖「この事件の全貌が分かったわ」

フェイリス「ニャッ!?」

ルカ子「全……貌……?」

ダル「はぁ?」

フェイリス「クーニャン、全貌ってどういう意味ニャ? キョーマの居場所が
       分かったってことかニャ?」

紅莉栖「もちろん。今、阿万音さんと桐生さんに救助に向かってもらってるわ」

ルカ子「よかったぁ……」

紅莉栖「でも、それだけじゃない」

フェイリス「それ以上、何かあるのニャ?」

紅莉栖「岡部を拉致監禁した犯人……、それが分かったの」


78:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:32:03.76 ID:WGojfodA0


ダル「は、犯人って、犯人はまゆ氏でしょっ!?」

フェイリス「……ダルニャンの言うとおりニャ」

ルカ子「……どういうことでしょうか……?」

紅莉栖「そう、もちろん、まゆりが犯人なのは間違いないわ。
     でも、彼女には共犯者がいたの」

ダル・フェイリス・ルカ子「!」

紅莉栖「私たちは、ひとつ、とても重要な点を見落としていた」

ダル「重要な点?」

紅莉栖「岡部とまゆりの体格差よ。あの二人、20cm近くも身長差がある。
     そもそも、まゆりは女の子よ。
     岡部を誘拐、拉致するには、ひとりじゃとても無理がある」

ルカ子「た、確かに……」

紅莉栖「さっきみんなで話したことを思い出しみて。
     阿万音さんが、街の人にくまなく聞いて回ったにもかかわらず、
     誰ひとり二人が一緒にいるところを見ていない……。
     ちゃんと、午前中には、まゆりは目撃されているのによ?」


85:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:37:44.92 ID:WGojfodA0


フェイリス「確かに、犯行現場が、このラボだって可能性はニャくはニャいけど……」

ルカ子「で、でも、あの、ボク……、思ったんですけど……、
     たとえば、まゆりちゃんが凶真さんをどこかに呼び出したとか……」

ダル「うん、それ考えられる。オカリンはまゆ氏に携帯で呼び出されて、
   そこでやられたってのは?」

紅莉栖「変装なんかをして人の目をごまかして? ……いい線だけど、ありえないわ」

ルカ子「ありえない……?」

紅莉栖「岡部の携帯には、今日、誰からも連絡が入ってないのよ。
     ……あの、まゆりのメール以外」

ルカ子「あ、そうか……」

フェイリス「つまり、今日、まゆしぃがキョーマを呼び出すのはムリだったということだニャ……」

ダル「それに、もし、『誰か』がメールや着歴の痕跡を消したんだとしても、    

   結局、それはその『誰か』がこの事件に関わっているということの証明になるってことか」

紅莉栖「そういうこと」


87:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:42:58.00 ID:WGojfodA0


ダル「あらかじめ、待ち合わせてたってのは?
    前もって約束してたとか、あるんじゃね?」

紅莉栖「それこそ、誰かに目撃されてないと妙だわ。
     待ち合わせ場所は人目につきやすいでしょ?」

ルカ子「……人目につきやすくないと、待ち合わせ場所の意味……ないですからね」

フェイリス「クーニャン、フェイリスも疑問があるニャ」

フェイリス「もし、キョーマを刺したのがこの場所なら、血の跡が残ってなきゃおかしいニャ。
       キョーマはかなり出血してた。
       ラボのどこかに血痕がなきゃ変ニャ」

ダル「さすがフェイリスたん!
    そういえば、血ってけっこう飛び散るってエロゲで言ってたお!」

紅莉栖「刺すのはここじゃなくてもできるわ。
     まゆりと共犯者は、岡部を気絶させてから身体を傷つけたのよ。
     相手はモヤシの大学生。二人いれば気絶させるだけなら何とかなるわ」

ルカ子「……もやし……」


94:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:47:58.27 ID:WGojfodA0


紅莉栖「つまり、こういうことよ。
     ひとつ。目撃証言と岡部の携帯から、犯行は、このラボで行なわれた。
     ふたつ。まゆりの体格と力から、この犯行は共犯者がいなければならない。
     そして――」

♪~


紅莉栖「おっと、私か。……もしもし……うん、……ふぅ……、よかった……。
     うん、じゃあまた。私もすぐにそっちに行くわ」ピッ

紅莉栖「……まゆりと岡部が見つかったわ。
     岡部は命に別状ないそうよ。まゆりもおとなしくしてるって」

ダル「ふぅ~、一件落着だお~」

ルカ子「よかったぁ……凶真さん……グスッ」

フェイリス「ようやく安心できたニャ……。
       でも、キョーマは、一体どこにいたのニャ?」


99:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:52:58.73 ID:WGojfodA0


紅莉栖「それは、ここ」ピッ

フェイリス「その指先、もしかして……」

ダル「上の階……」

ルカ子「で、でも……、3階はぼくと、桐生さんが……」

紅莉栖「うん。ここからは、分かりやすいように、時系列で説明するわね」

紅莉栖「まず、まゆりから例のメールが来る。
     ここで、共犯者はさりげなく、全員をこのラボから遠ざけようとした。
     でも、今回は、みんなかなり自発的に動いたから、
     幸運にもそんなことしないで済んだんだけどね」

紅莉栖「で、全員がラボからいなくなった所を見計らって、犯人はここに戻ってくる。
     そして犯人は、岡部とまゆりがいる、このビルの3階に直行した。
     そう、岡部とまゆりは、初めっから3階にいたのよ」

ルカ子「ぼく……二人を、見落としていたんですね……」


103:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 21:58:25.46 ID:WGojfodA0


紅莉栖「いいえ。ここがこの計画の上手いところよ」

紅莉栖「犯人はこのビルに来てすぐ、漆原さんと桐生さんがやって来る前に、
     3階の岡部を運んで、このラボ、つまり、2階のシャワー室に隠しておいたの。
     もちろん、そこにまゆりも隠れていたのは言うまでもないわ」

ルカ子「そっか……、だから……、3階に誰もいなかったんですね……!」

紅莉栖「犯人は、漆原さんと桐生さんがこのビルから出たのを確認して、
     再び、岡部を3階に運んだ。まゆりも一緒になってね」

紅莉栖「元々、犯人は、どこか適当なタイミングで、誰かに3階を調べさせるつもりだった。
     誰かに一度調べられば、その場所は、もう調べられることはない……。
     3階は『もう調べたから』という先入観から来る、安全地帯になる」

フェイリス「中国の故事か何かに、それと似たような話があったニャ」

紅莉栖「そして、こんなことができたのは、ラボメンの中ではあなたひとりしかいないッ!」

    ――橋田ッ! あなたしかねッ!!」

ダル「――ッ!」ビクッ


106:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:02:47.56 ID:WGojfodA0


ダル「ぼ、僕? 僕は何も関係ないよ」

紅莉栖「ヒントは、ミスターブラウンがくれたわ。
     『街を隠れながら、あっち行ったりこっちに戻ったりしてる』
     もし、この『街』を、『このビル』に置き換えたら……」

フェイリス「ニャるほど。フェイリスにも全部分かったニャ。
      ルカニャンとモエニャンが3階を探したとき、ラボにいたのはダルニャンニャ」

フェイリス「それに、このビルの2階と3階を往復して人目を逃れていたとしたら、
      秋葉中を探し回っても、目撃者を見つけられないのは当然ニャ!」

ダル「で、でも、僕がここにいたのは、たまたま、そう、たまたまルカ氏と
    離ればなれになったからだよ?
    僕は、ルカ氏とオカリンの家を探そうと――」

紅莉栖「ラッキーだったわね、橋田。
     当初の計画では、街中で漆原さんをまく予定だったんでしょ?
     そして、ここに戻ってくるつもりだった」

紅莉栖「あのとき、一番所在なさ気にしていたのは、漆原さんだったわ。
     漆原さんが万が一にも、『このビルを探してみます』とか言い出さないように、
     自分から言いだしてペアを組んだのよ」

紅莉栖「それから、思いがけずひとりになったあなたは、すぐにトリックを実行に移した。
      いつ漆原さんが帰ってくるか、分からないからね」


108:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~解決編~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:09:47.02 ID:WGojfodA0


ダル「だ、だからって、僕が共犯なんてありえないお!
    まゆ氏はオカリンを殺そうとしてる!」

紅莉栖「橋田、もう言い逃れはできないわ。
     あなたの動機は、まゆりが証言してくれる筈よ」

ダル「ぐっ……!」

紅莉栖「さあ、どうなの、橋田ッ!」

ダル「……」

ダル「……すべて……牧瀬氏が言ったとおりだよ……」

フェイリス「ダルニャン……」

ルカ子「橋田さん……」

ダル「天才脳科学者の二つ名に偽りなし……。
    これで、僕の望みも露と消えた……」

紅莉栖「さあ、フェイリスさん、漆原さん、私たちも3階に!」

フェイリス「そ、そうだニャ! キョーマが心配ニャ!」

ルカ子「はい、ついていきます!」


―fake END―


115:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:14:14.78 ID:WGojfodA0


―8月8日 AM08:35 大檜山ビル3F―

紅莉栖「やっぱり、ここにいたのね、まゆり……!」

まゆり「あちゃー、今度はクリスちゃんにまで見つかっちゃった……」

紅莉栖「岡部はっ!?」

まゆり「……あっちだよ」

紅莉栖「奧ねッ!」ダッ

まゆり「はぁ……、まゆしぃは、ちょっぴりがっかりなのです……」

紅莉栖「岡部ッ!?」

岡部「じょ、助手か……」

紅莉栖「岡部……! ケガは大丈夫?」

鈴羽「心配ないよ、牧瀬紅莉栖。というか、その……」

萌郁「……」カタカカタカタッ

萌郁『傷ひとつないんだよ( ̄ー ̄;)』

紅莉栖「は?」


118:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:19:19.30 ID:WGojfodA0


紅莉栖「ちょっ、い、一体どういうこと!?」

岡部「いやぁ、話せば長くなるからな……。
    まぁ、この俺が無事だったということでもう、良しとしようではないか……。
    ファーハハハッァ↓……」

紅莉栖(いつもの痛い雰囲気が消えかかっている……?)

まゆり「ごめんねぇ~、みんな。
     まさか、ここまでぼろぼろになるまで探してくれるなんて思わなくて……」

フェイリス「な、何がどうなってるニャ……?」

ダル「あれは……昨日の朝のことだったお……」

紅莉栖「う、うわぁ!? は、橋田、亡霊のように出てくるな!」

ダル「この一件は、いくつもの偶然が重なった、痛ましい出来事なんだ……」

鈴羽「……痛ましい」

ルカ子「出来事……?」

萌郁「……嫌な予感……」


119:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:25:39.49 ID:WGojfodA0


―8月7日 AM09:25 大檜山ビル2F:未来ガジェット研究室――

まゆり「ねぇ、オカリン」

岡部「あ~? 何だ、まゆり」

まゆり「一回さぁ、人質交換しない?」

岡部「はぁ?」

まゆり「警察でね、一日署長とかあるでしょ?
     それと同じように、オカリンがまゆしぃの人質になるのです!」

岡部「なんだそりゃ……」

まゆり「だめかな? 面白いと思ったんだけど……」

岡部「……ん~……、じゃあ、一日だけだぞ」

まゆり「やったぁ!」

岡部「そんなにはしゃぐことか」

まゆり「えへへ~、実は、こんなものを買ったのです」ゴソゴソ…パッ

岡部「『人質調教日記』」


122:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:31:22.21 ID:WGojfodA0


岡部「通るか、こんなもんっ!」パシーンッ!

まゆり「ああっ! 叩きつけちゃだめだよっ!」

岡部「思いっきり凌辱BL本ではないか!」

まゆり「この本で、勉強したの。人質に人権はないんだって!」

岡部「あるわッ! 同人誌の内容を真に受けるなッ!」

まゆり「えー……」

岡部「『えー』じゃない」

まゆり「うー……」

岡部「『うー』でもない」

まゆり「じゃあ、こうしようよ、オカリン。雷ネットをして、勝ったら人質交換取り消し」

岡部「それは、もし負けたらどうなるのだ」

まゆり「もちろん、人質は続行で、そして、まゆしぃのお願いをひとつ叶える!」

岡部「思いっきり不平等だと思うのだが……」

岡部(ふっ……、まぁ、いいだろう。俺もフェイリスにさんざん鍛えられた身。
    まゆりごときに土をつけられる筈がない)


125:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:36:57.45 ID:WGojfodA0


ダル「――などと考えたのが、すべての悲劇の始まりだった……」

紅莉栖「で、見事、負けたわけね」

ダル「ボロ負けってレベルじゃねーぞ、って感じだったな」

まゆり「フェイリスちゃんに、色々と教えてもらったから。ありがとう、フェイリスちゃん」

フェイリス「そ、それは、どういたしましてなのニャ……」

鈴羽「それで、どうなったの?」

まゆり「まゆしぃのお願いごとはね、小さいときから変わらないの。
     ずっとずっと、オカリンと一緒にいることなのです」

紅莉栖「なッ!?」

まゆり「まだオカリンとまゆしぃが子どものときにね、オカリンが言ったの。
     ずっと一緒にいたいなら、結婚すればいいんだぞ、って」

岡部「だがな……、そこで貴様が、『じゃあ、婚姻届でも役所に提出してきたらいんじゃね?』
   などと火に油を注ぐからこんなことになったのだ! 聞いてるのか、ダル!」

ダル「リア充に対する、ささやかな復讐心……。きっと神様も許してくれる筈さ……」

萌郁(清々しい顔をしている……)


127:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:43:19.22 ID:WGojfodA0


岡部「で、まぁ、ここからがさらに肝心なのだが……」

岡部「当然のように婚姻届を用意してきたまゆりを、俺はどうにかしなければならなかった。
    おまけに、まゆりが解釈した人質ということで、
    例の薄い本のように手足を縛られた上に猿ぐつわまでかまされた」

まゆり「だって、ダルくんが事細かに教えてくれるから……」

岡部「しかも、この男、『せっかくだから椎名姓にしたら』とまで言いやがった!」

紅莉栖「橋田ぁ~ッ!」

ダル「少し調子に乗った。今は反省している」

岡部「このままでは、岡部倫太郎が、椎名倫太郎になってしまう。
    それだけは避けねばと思ったのだ」

フェイリス「そうか、『オカリンが死ぬ』というのは、岡部倫太郎という人間が
      社会的に死亡する、という意味だったんだニャ~」

ルカ子「確かに、『オカリン』は死んでしまいますね」

萌郁「……シイリン……?」


129:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:50:18.68 ID:WGojfodA0


岡部「俺は役所に行こうとするまゆりを死にものぐるいで止め、その甲斐あって、
    一日待ってもらうことになった。で、まゆりが譲歩したのが――」

まゆり「明日の人質解放までに、みんながオカリンのことを見つけられたら、
     婚姻届は提出しないってことにしたんだ~」

紅莉栖「な、なんで?」

まゆり「まゆしぃは頭を振り絞って考えたのです。オカリンが見つからない方法を。
     でも、もしそれでも見つかったとしたら、それだけみんな、オカリンが
     大好きで、頑張って見つけたってことでしょ?」

まゆり「それなら、まゆしぃだけがオカリンを一人占めしちゃいけないと思ったの」

まゆり「ダルくんにも協力してもらって……。あ、『サイリウム・セーバー』を
     使って血が出てるように見せかけたのは、ダル君のアイデア。
     その方が、みんな本気になるだろうから、って」

鈴羽「……」ポンポン

ダル「?」クルッ

鈴羽「滅ッ!」ゴッ

ダル「ぐはぁッ!」


132:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 22:55:03.50 ID:WGojfodA0


紅莉栖「でも、それ以外は全部、まゆりが……?」

まゆり「ほとんど全部まゆしぃが考えたんだよ。
    まゆしぃ、ちょっとだけ本気で頑張ったのです」

フェイリス「それにしても、えらく協力的だニャ、ダルニャン」

まゆり「ああ、それはね……」

ダル「ちょっ、まゆ氏、それは言わないでおこう」

まゆり「どうして?
    ……ダルくんからは、フェイリスちゃんの生コスで手を打とうって言われて」

鈴羽「一瞬千撃ッ!」

ダル「ぐふぅッ!」

ルカ子「あぁっ! 橋田さんが、橋田さんがボロ雑巾のようにっ!」

萌郁(……色々すごい……)


135:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 23:00:23.45 ID:WGojfodA0


紅莉栖「まったく……とんだHENTAIね……」

フェイリス「さすがのフェイリスもドン引きなのニャ」

ダル「男には……無理と分かっていてもやらなければならないときがある……」キリッ

鈴羽「まだ足りないみたいだね」ゴキッゴキッ

ルカ子「でも、すごいなぁ……。まゆりちゃん、凶真さんと一緒にいたいって、
     本気で願っていたんだね……」

ダル「アッー!」

まゆり「えへへ~」

紅莉栖「それにしても、まゆりがこんなに頭のキレる子だとは思わなかったわ。
     ……あ、もちろん、今まで悪かったとか思ってないわよ?」

まゆり「クリスちゃんに褒められると、すご~くうれしいのです」

フェイリス「そうニャ。ラボメン全員、完全に手玉に取られてたからニャ……」

まゆり「そんなに褒められると、まゆしぃは照れてしまいます……///」


138:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 23:06:42.42 ID:WGojfodA0


萌郁「……」カタカタカタカタカタカカタカタッ

萌郁『もし、もう一度3階を調べてみようって誰かが言い出したら、
    どうする気だったの?(・3・)』

まゆり「え~っと、一番始めに、ダルくんが窓を開けてたでしょ?
     あれでね、ラボの中の会話を聞こえるようにしてもらったの。
     もし、誰かが3階を調べようって言ったら、メールを送るつもりだったんだ」

萌郁「……メール……?」

まゆり「うん、文面はね~、『詰まっているようなので、ヒントをあげちゃいます。
     まゆしぃは今、ホテルにオカリンと一緒にいます』とか……、
     とにかく、ビルから目を逸らそうと考えていたのです」

フェイリス「まゆしぃは、キョーマのことになると、戦闘力が跳ね上がるニャ……。
       まるでサイヤ人ニャ……」

まゆり「もう一生分の頭を使い果たしたような気がするよ~」

岡部「昔から、まゆりは変な所で頭の回転が速いのだ。びっくりするほど遅いかと思えば、
    今回のように超まっちょしぃ化することもある」


143:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 23:12:54.57 ID:WGojfodA0


岡部「とにかく、助かったぞ助手……。お前の推理は全部聞こえていた」

紅莉栖「へっ?」

岡部「さっき、まゆりが言ってただろう。窓を見て見ろ」

紅莉栖「あ、開いてる……」

岡部「ダルを追いつめてゆく姿は、俺が昔、古畑なにがしという刑事の真似をして
    調子づいていたときのことを思い出させた。
    『――橋田ッ! あなたしかねッ!!』ビシィッ」

紅莉栖「ま、真似するな、この馬鹿!」

岡部「フフフゥ~、貴様も『逆転裁判』で証拠をつきつけるとき、『くらえっ!』とか
    自分で言っちゃってたクチなのだろう? 分かる、分かるぞセレセブゥ~!」

紅莉栖「言うか! あとセレセブじゃないと言うとろうが!」

ルカ子「何だか、凶真さんもいつもどおりに戻ったみたいですね」

萌郁「……それが一番、岡部君らしい……」

まゆり「……ごめんね、クリスちゃん。
    オカリンのために、すっごく一生懸命になってもらって……」

紅莉栖「まゆり……」

岡部「……」


146:『Steins;Gate「消失のベトローサル」』~TRUE END~ ◆k6VgDYkyGI :2011/07/20(水) 23:20:11.36 ID:WGojfodA0


まゆり「……」

岡部「まゆり……」

まゆり「みんなには、とっても迷惑をかけてしまったのです……」

岡部「気にするな。半分はフェイリスのコスに目がくらんだ、そこのHENTAIのせいだ」

まゆり「……」

岡部「それに、昨日から何度も言ってるが……」

まゆり「……?」

岡部「子どもの頃言ったことなぞ気にするな」

まゆり「どうして……?」

岡部「……結婚なんかしなくても……、俺たちはずっと一緒だ」

まゆり「オカリン……」

岡部「……お、お前は俺の人質なのだからなっ!」

まゆり「……うんっ!」


シュタインズ・ゲートSS『消失のベトローサル』 ―TRUE END―


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/20(水) 23:22:20.34 ID:AKrVJOhA0


             '´  ̄  ̄ ` ヽ、
          、__/ : : : : : )ノ: :ヾ: : : \
.        `7: (: : : : : : : : : : : : :} :)ヽ
         {: : ト; ;ハ,リノ;Y川 } : ノ: : i|
         i::小●    ● ノリル: ; j
          从l⊃ 、_,、_, ⊂⊃从ッ》  乙でした!
        /⌒ヽ、|ヘ   ゝ._)   j /⌒i
      \ 〃::(y;)>,、 __, イァ/、__/
.        \:(y;ノ:::::::::}}::::::::(y;/::::::/
         .ルリゞ::::::((:::::::ルリゞ::::/


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/20(水) 23:27:09.49 ID:k2KmIxwa0


おつおつ



    スポンサーサイト岡部「まゆりに人質にされた……」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。