スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さやか「何を聴いてるの?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: まどかマギカSS | 更新日: 2011/10/17 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:29:57.39 ID:H+h2nFky0


上条「えっ…いつの間に部屋に入ってきたの」

さやか「何聞いてるの?」

上条「貰ったCDだけど…」

さやか「良かった、聞いてくれてたんだ」

上条「う、うん…」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:30:47.30 ID:H+h2nFky0


さやか「CD持って来るの、迷惑だったらどうしよって思ってたんだ」

さやか「だから、私とっても安心した…」

上条「はは、迷惑じゃないよ…あはは」

上条(本当は迷惑なんだけどね…)

さやか「…病室、汚れてるね」キョロキョロ

さやか「お掃除するからちょっとお部屋から出て欲しいな」

上条「えっ、それほど汚れてると思えないけど…」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:33:16.93 ID:H+h2nFky0


上条「はぁ…」

上条「突然来るからびっくりしちゃうなあ」

上条「聞いてたのだって、クラシックじゃなくて税込1890円の催眠オナニーCDなのに」

上条「なんでいつもタイミング悪く来るんだろ。聞けた試しが無いよ」

上条「正直、さやかがうざったくなってきた」

上条「僕は一人のほうが気楽で好きなのにさ」

上条「どうにかして、もう来ないようにしてもらえないかな…」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:37:43.96 ID:H+h2nFky0


さやか「…えへ」

さやか「お掃除代、徴収するよ恭介」

さやか「枕の端っこ…恭介の髪の味…」ガジガジ

さやか「シーツの臭い…はぁ…良い香り…」クンクン

上条「ねえ、さやか」ガラガラ

さやか「!」

さやか「ま、まだ終わってないよ…もうちょっとかかるかも」

上条「あのさ…」

さやか「ほら、出てって出てって」グイグイ

上条「追い出された…僕の病室なのに」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:42:18.47 ID:H+h2nFky0


三十分後


さやか「終わったよ!入っても大丈夫だよ!」

上条「…ありがとう」

さやか「エヘヘ…幼なじみだもん、当然の責務だよ」

上条「毎日悪いよね…だからさ」

さやか「別に恭介は気に病まなくてもいいよ!私、好きで来てるんだから!」

上条「そ、そうかぁ…良かった…あ、あははは」

さやか「何か欲しいもの、ある?」

上条「無いよ…」

さやか「そう、それじゃ」スタスタ


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:45:07.73 ID:H+h2nFky0


上条「確かにシーツも綺麗になってるけど」

上条「いつも終わった後何か湿っているんだよなあ…何なんだろ」クンクン

上条「酸っぱい臭い…うーん、汗かな」

上条「今日暑かったもんね…はぁ」

上条「ファブリーズ持ってこないと…」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:47:28.83 ID:H+h2nFky0


さやか「まだお股びちゃびちゃ…」グショグショ

さやか「どうしようかな、恭介にはバレずに済んだけれど…」

さやか「恥ずかしいよぅ…」

さやか「ごめんね恭介…私、我慢できない悪い子だよね…」

さやか「いつか…私のこれを拭きとってくれる仲になれればいいな…」グショグショ


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:51:08.16 ID:H+h2nFky0


次の日

上条「看護婦さん、お医者さん、患者さん…さやか」キョロキョロ

上条「みんな居ない…」

上条「これで、やっと催眠オナニー出来るよ!」パァァ

上条「身体をリラックスして…」

上条「うひひ…あぅっ…お姉ちゃま、そこだけはやめてぇ…」ヨジヨジ

上条「うへへへへぇ…」グニグニ


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:52:43.13 ID:H+h2nFky0


トコトコ

上条「えっ…誰か来る…!」ビクン

上条(さやかじゃありませんように、さやかじゃありませんように)

さやか「恭介ー?」ガラガラ

上条「…」

さやか「あっ、寝ちゃってる…えへへ」

さやか「私が居ない時も音楽聴いてくれてるんだ…」

上条「…」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 16:56:07.60 ID:H+h2nFky0


さやか「何のCD聞いてるんだろ…ん?」

上条(…!)

さやか「…これってクラシックのCDじゃないよね…」

さやか「『催眠オナニー ~エッチなアネキとの夏休み~ 』?」

さやか「私のCD聴いてくれてると思ったら、こんなの聞いてたんだ!」ムッ

さやか「これ没収ね、恭介には早すぎるよ!」ヒョイッ

上条(ああ…僕の1890円が…)

さやか「我慢できなくなったら、私を使ってもいいんだよ…?」

さやか「なんてね、あはは!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:01:06.89 ID:H+h2nFky0


上条(冗談言う前に返してよ…)

さやか「エヘヘ…可愛い寝顔だなぁ…こんな顔して、オナニーするなんて」

さやか「悪い子だよね、恭介は。罰与えないとねぇ…」

さやか「必殺、お鼻つまみ!」グニグニ

上条「…フガッ」

さやか「ははは!恭介がフガッだって!あはははははは!」

上条(…)イライラ


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:05:20.69 ID:H+h2nFky0


さやか「あっ…声出して笑っちゃった…起きてないよね?」チラッ

上条(起きてるよ)イライラ

さやか「起きてない…ふぅ」

さやか「えへへ…」ナデナデ

さやか「髪柔らかい…」ナデナデ

さやか「さ、今日もお掃除しなくちゃね」

さやか「さやかちゃん頑張っちゃいますからねー!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:07:47.25 ID:H+h2nFky0


二十分後

さやか「ふぅ、やっと終わった!」

さやか「まだ、寝てるね」

上条「…」

さやか「えへへ…んちゅ」チュッ

さやか「じゃ、また明日も来るからね…恭介」

上条「…」

上条「Zzz...Zzz...」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:11:51.71 ID:H+h2nFky0


さやか「この催眠オナニーがどうたらってCD持って来ちゃったけど…」

さやか「どんなのだろ…」カポッ

さやか「…//」

さやか「何聞いてるのよ…恭介…」

さやか「ふん、ふん…へぇ、こんなのが好きなんだぁ」

さやか「ふぅーん…なるほどねぇ」

さやか「恭介も、性に目覚めたんだねぇ…」

さやか「なら、あの作戦が通用するかも?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:16:10.90 ID:H+h2nFky0


上条「…あれ、こんな時間」

上条「やっぱり…僕の催眠オナニーCDは取られちゃってるよね」

上条「最悪だよ…はぁ」

上条「仕方がないから、さやがが持ってきたCDでも聞こうかな」

上条「~♪」

上条「ブルックナー交響曲第8番ハ短調…朝比奈隆さん指揮のかぁ」

上条「どこでこんなCD見つけたのだろう…もう絶版なのに」

上条「変な所で超人的な所があるんだよね、昔から…」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:18:33.00 ID:H+h2nFky0


さやか「えへへ…さやかちゃんクッキーだよ!」

さやか「卵にグラニュー糖に、薄力粉にベーキングパウダー」

さやか「隠し味に、私の…えへへ」ボタボタ

さやか「気持ち悪いかな…でも、いつか入れる所の液なんだから汚くないよね」

さやか「後はお水…ペットボトルでいいかな」

さやか「えへ…たっぷりよだれつけて…お水にも入れて」ペロペロペロ

さやか「下着は出来るだけ大人な下着…これがいいかな」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:22:23.34 ID:H+h2nFky0


次の日

まどか「今日も、上条くんの病室行くの?」

さやか「うん!でさ、ほら…手作りクッキー」

まどか「わぁ…美味しそうだね、一つ貰って…」

さやか「駄目だよ!私の愛が篭った恭介専用のクッキーなんだから!」

まどか「ウェヒヒ…そうだよね、いつか上条くん、さやかちゃんの気持ちが分かってくれるといいんだけどね」

さやか「本当だよぉ…昔っから、鈍感なんだから…アイツって」

まどか「でも少しづつ、地道に続けてくれればいつかきっと気づいてくれるよ。頑張って!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:26:58.18 ID:H+h2nFky0


上条「~♪」

上条「意外と僕好みの選曲でいいね…流石14年間一緒に居るだけはあるよ」

上条「でも…もう僕、バイオリンが弾けないんだよね」

上条「もうこれで、右腕が動かないただの人になっちゃったんだ」

上条「そんな気持ちでこんなもの聞いてもね…はぁ」

さやか「…」チラッ

上条「あ、今日も来たんだ…」

さやか「うん、幼なじみの務めだもん」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:32:41.20 ID:H+h2nFky0


上条「そう…別に無理して来なくてもいいんだよ?」

さやか「…恭介さ、入院してから甘いもの食べられた?」

上条「そうだなあ…さやか以外、あんま来ないしさ、時々親とか…バイオリンの先生とかは来るけど」

上条「皆、お見舞いの品はお花なんだよなぁ…で、何でそんな事を聞いたの?」

さやか「…」ヒョイ

上条「へぇ、クッキーかぁ」

さやか「さやかちゃんが頑張って作ったクッキーですからねぇ!感謝して食べるように!」

上条「う、うん…ありがとう、さやか」

さやか「エヘヘ…どういたしまして」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:35:56.37 ID:H+h2nFky0


上条「…」ボリボリ

上条(なんかしょっぱい…)

さやか「お味、どうかな…?」

上条「美味しいよ」ボリボリ

さやか「良かった!えへへ…」

上条「…」ボリボリ

上条(喉乾いてきた…)


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:37:59.09 ID:H+h2nFky0


上条「ねえ、お水とか持ってないかな」

さやか「お水?」

上条「うん、クッキー食べたら喉乾いちゃって」

さやか「お水ねえ…えへ」ゴソゴソ

さやか「はい…私の飲みさしだけど、これ」ヒョイ

上条「ありがと」ゴクゴク

さかや「…」ニコニコ

上条(なんかドロドロしてる…腐ってるんじゃないの)


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:40:31.35 ID:H+h2nFky0


上条「どうもありがと…」ヒョイッ

さやか(ここまで計画通り…あとは、わざと転んで…)

さやか「あっ…きゃあ!」

上条「うひゃっ!」

さやか「あわあわ…ごめんね、突然転んじゃって…お水飲んでいたのに…」

上条「さやかも大丈夫かい?びしょ濡れだよ…?」

さやか「私は大丈夫だよ、それより病人の恭介が…」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:44:09.07 ID:H+h2nFky0


さやか「…」チラッチラッ

さやか(服の下で透けてる下着、男の子好きなんだってね…)チラチラ

さやか(ムラムラして押し倒しちゃっても構わないよ…?看護婦さんにばれちゃうだろうけど…)

さやか「えへへぇ…」ニタニタ

上条「あの…さやか?」

さやか「えっ…あっ…」

上条「どうしたの…?」

さやか「いや、なんでも…アハハ」

さやか(あれ…これで少しでもムラムラすると思ったのに)

さやか(なんでよ…ニブチンすぎない?)

さやか(あんな声だけの女で興奮してたくせに…)


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:46:41.65 ID:H+h2nFky0


さやか「ねえ恭介、濡れたとこ拭いてあげるよ」ヒョイ

上条「あっ、いいよ…自分で拭くよ…」

さやか「いいんだよ。まだ片腕、動かないんでしょ?」

上条「まあね…」

さやか「いつかきっと、治るから…」

上条「そうだよね…」

さやか(ほら、お股の辺りふきふき…)フキフキ

上条「あっ、ちょっと待って!そこは…」

さやか「ん…?」フキフキ


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:49:04.14 ID:H+h2nFky0


上条「そ、そこは…いいよ」

さやか「駄目だよ、こんな濡れてるんだから…」フキフキ

上条「あわわ…」

さやか(えへ…顔真っ赤にしちゃってる…可愛いなあ)

さやか(必死に我慢しているようだけど、発散させちゃいなよ)

さやか(今なら私と恭介しか、この部屋には居ないよ?)

さやか(ほらほら…)

上条「…ゴクリ」

さやか「…」フキフキ


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:54:15.95 ID:H+h2nFky0


さやか(ほら…私のシャツから見える、生の下着も見なさいよ)チラッ

上条「…うぅ」

さやか(チャンスは今しかないよ…?ほら)チラチラ

上条「…」プルプル

さやか(むむ…どうしてそこで頭を振るかな)

さやか(アンタの事本当に思ってるのは私しか居ないのに…)

さやか「…」グイグイ

上条「…ガリッ」

さやか(あーあ、もうこれで濡れてる所が乾いてきたじゃん)

さやか(恭介の意気地無し…)

さやか「はぁ…」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 17:57:28.39 ID:H+h2nFky0


さやか「ほら、終わったよ…」

上条「ありがと…」

さやか「はぁ…」

さやか(何よ、恭介のくせに…意地張っちゃって)

さやか(私が拒むことなんて絶対に無いのに…)

さやか(いいもん…これで、私に対する見かたも変わっただろうし)

さやか(これから恭介、どんな目で私を見るのかな?)

さやか(待ってるからね…)


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:01:31.50 ID:H+h2nFky0


帰った後

上条「…」

上条「たまらない…」シコシコ

上条「すごいよ…何ていうか」

上条「いくら幼なじみでも…男の僕の股間を拭いてくるなんて…」

上条「デリカシー無さすぎだよね…」

上条「はぁ…はぁ…」シコシコ


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:03:52.01 ID:H+h2nFky0


上条「前かがみで拭いてたから…よく見ると、下着が見えてたし…」

上条「下着のエロさ…なんであんなのを…」シコシコ

上条「よく見ると大きいよね、胸とか…」

上条「はぁ…はぁ…」シコシコ

上条「うっ」



上条「ふぅ…」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:07:39.81 ID:H+h2nFky0


上条「僕、何やってんだろ…幼なじみで抜くなんて」

上条「…最低だな、僕」

上条「もう変な目でしかあの子を見れないかも…」

上条「もし下手な事しちゃったら…」

モワワワン

さやか「恭介…何するの?」

上条「えっ、いや…その」

さやか「そんな人だったんだ…ずっと大切な友達だと思っていたのに」

さやか「許さない…親や先生や友達に言いつけてやる!」

モワワワン


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:17:31.61 ID:H+h2nFky0


上条「あわわ…人生終了だよぅ」ガクガク

上条「明日来たら、どう乗り切ろう…」

上条「そ、そうだ…今日のうちに精力使いきっちゃおう…よし、もう一回戦だ!」



さやか「恭介ぇ…恭介ぇ…」グチュグチュ

さやか「あぅ…何するのぉ…」グチュグチュ

さやか「そんな人…あぅっ…だったんだぁ…大切なともだひだと思ってたのにぃ…」グチュグチュ

さやか「責任とってよねぇ…」グチュグチュ

さやか「これからずっと…付き合って…結婚もひて…死ぬまで一緒じゃないと…許さないからね」グチュグチュ

さやか「えへへぇ…」

さやか「…気持よかった」スッキリ

さやか「今言った事が、本当のことになればいいのにな…」

さやか「そしたら、もう一人で慰めなくても済むなのな…」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:24:12.74 ID:H+h2nFky0


上条「…」

さやか「…恭介?」チラッ

上条「来たんだ」

さやか(あれ、どうして顔背けんだろ…昨日のが効いたのかな)

さやか「元気?」

上条「元気だよ」

さやか「…」

上条「…」

さやか「ねえ、こっち向いてよ。今日も珍しいCD持ってきたから、見て欲しいの」

上条「そうなんだ」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:27:41.25 ID:H+h2nFky0


さやか「ほら、向いてよぉ…」ツンツン

上条「…」

さやか「どうしたんだよー」ツンツン

上条「…ギリッ」

さやか「無視しないでよぉ…ほら、顔こっちに」グイ

上条「…」カアア

さやか「えへ」ニコ

さやか(顔真っ赤♪昨日の、効いたみたいだね)


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:34:12.70 ID:H+h2nFky0


上条「しぃ…でぃ…?」カアア

さやか「そうだよ、ほらイヤホン耳につけて…」グイグイ

上条「さ、やかはさぁ…」カアア

さやか「ん?」スリスリ

上条「さやかは…さぁ…」

さやか「んー?」グリグリ

上条「僕を…虐めてるのかい?」

さやか「え…?」

上条「何で今もまだ、ぼぼぼ僕に音楽なんて聴かせるんだよぅ!」

上条「もう聞きたくないんだよこんな曲!」ポイッ

上条「うわああああああああ」バリバリ

さやか「ちょっ、恭介やめて!」

上条「出てけ!出てけ!」グイグイ

さやか「えっ…押さないで、恭介どうしたの?」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:39:44.12 ID:H+h2nFky0


上条「もう二度と来るな!」ポイッ

さやか「きゃあっ!恭介?ちょっと!恭介!」



上条「はぁ…はぁ…」

上条「顔を見てるだけで、恥ずかしさと興奮でいっぱいになるよ…」

上条「頭を擦りつけてくるなんて…スキンシップにしては、やりすぎだよ…」

上条「…これで、良かったんだよね」

上条「もう僕は間違いを犯さないし、さやかの貞操は守られたんだよね」

上条「お幸せに…うっ」シコシコ


さやか「どうして…あんなに近づいたのに」

さやか「どうして?どうして?どうして?どうして?どうして?」

さやか「なんで私を拒むの?私、そんなに魅力的じゃないのかな」

さやか「…」

さやか「いいよ、それなら強硬手段にでるから…」

さやか「あは、あはは…あはははははははははは!」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:47:11.28 ID:H+h2nFky0


上条「…あれから数日間、さやかが来ることは無かったね…ちょっと、寂しいな」

上条「さやか、あれから怒ってるだろうな…それとも悲しんでるんだろうかな」

上条「…腕、いつ治るんだろう…」

上条「あれ、こんな夜中に足音…誰だろ」

さやか「…」チラッ

上条「さやか!?」

上条「…に、二度と来ないでって言ったはずだけど…」

さやか「…」ガバッ

上条「えっ…なんで腕なんか抑えて…」

さやか「んちゅ…ぐちゅぐちゅ…ちゅぱ」

上条「んむ!?」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:52:42.43 ID:H+h2nFky0


さやか「ぷはっ…」

上条「え、さ…さやか?」

さやか「鈍感すぎんのよ…あんた…私の気持ちもわからないで」

上条「えっ…?」

さやか「あんなにアピールしたのに…ことごとく無視して…んちゅ」

上条「はうっ」

さやか「ねえ…恭介、この前食べたクッキーに何入ってたと思う?」

上条「えっ…入ってたって…お塩とか」

さやか「あはは!やっぱり塩っからかったんだぁ…そうだよね、だって」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 18:57:06.55 ID:H+h2nFky0


上条「はぐっ…!」

さやか「これが入ってたんだもんね、私のお股のお汁…」グチョグチョ

上条「むぐっ…うぷっ…」

さやか「ほら、たっぷり飲みなさいよ…あの時のクッキー、美味しいって言ってたもんね」

さやか「ならこれも美味しいんでしょ?ほら、ほら!」グリグリ

上条「うぐぐぐ…」

さやか「きょーすけぇ…何口閉じてるの?」

さやか「ほら…お口開けて…」グイ

上条「はっ…うおっぷ…うが」ゴクゴク

さやか「たーんとお飲み♪」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:02:54.49 ID:H+h2nFky0


上条「あがががが…」ゴクゴク

さやか「あふっ…こらぁ…恭介ェ…飲む時は…歯を立てるの禁止だよぉ…」

上条(酸っぱい!塩っ辛くない…)

さやか「どーお?美味しい?」

上条「さやか…もうこんな事、やめて…」

さやか「駄目だよ、ずーっと頑張ってアピールしたのに一度も私を押し倒そうとしなかった…」

さやか「ずっと待っていたのに…餌を貰おうとする犬みたいにお腹を出して、待っていたのに…」

さやか「意気地なしの恭介は一度も私を押し倒そうとしなかった…ある意味凄いよね」

上条「…」

さやか「さて、塩辛い液をたっぷり飲んだ後だから喉乾いたでしょ?」

さやか「ほらほら、お水用意してんだ、飲む?」

上条(水じゃない…あれってまさか…)


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:06:07.05 ID:H+h2nFky0


さやか「返事は要らないよ!ほら、飲んで飲んで」グイッ

上条「はぐっ!」

上条「うぐぐぐ…」ゴクゴク

上条(なんであの時水がドロドロしていたかやっとわかった!よだれが入ってたんだ…)

上条(気持ち悪い…気持ち悪いけど…なんだか…)

さやか「哀れなワンちゃんの飲水はさやか様のよだれだけよ!なんてね…」グイグイ

上条「うぐぐ…」ゴクゴク


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:09:23.56 ID:H+h2nFky0


さやか「はい、これで終わりぃ」スポッ

上条「あっ…」

さやか「どうしたの?私のよだれ、もっと飲みたかった?」

上条「いや…その…」

さやか「でもだーめ♪もっと気持ちいい事に使うんだから…」

さやか「さて…」ヌギヌギ

上条「おぉ…」

さやか「ほら、この前の下着付けてきたの。見て見て、可愛いでしょ」

上条「…」プイ

さやか「…恭介の方は下のズボンをヌギヌギしましょうねぇ…パンツもね」ヌギヌギ


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:11:51.95 ID:YKznJobz0


これは良い


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:14:52.19 ID:H+h2nFky0


上条「や、やめろよ!」グイ

さやか「抵抗しようとしたって、無理だよ…だって利き腕動かないんでしょ?」

上条「…」

さやか「あはは、やっぱ屈辱かな?女の子に負けるなんて」

さやか「それとも新しい何かに目覚めちゃった?そんな恭介も好きだけどね…」ペロ

上条「…ゴクリ」

さやか「ほら、その腕どけて…気持いいことしてあげるから」グイ

さやか「えへへ…見ちゃった。恭介のここ」ツンツン

上条「はうっ…」

さやか「これ見たの、いつ頃だったかなあ…幼稚園で一緒にお風呂入った時以来じゃない…?」

さやか「大きさあんま変わってないんだねえ…身体は大きくなったのに」

上条「な、なんだよぅ…」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:18:19.30 ID:H+h2nFky0


さやか「さて、始める前に…」ドロドロドロ

上条「うわっ…よだれなんてかけないで!」

さやか「さっきあんなに美味しそうに飲んでいたんだもの。嫌なんて言わせないよ」

上条「…」

さやか「さて、これで…次はえーと」

さやか「…ニヤ」

上条「ひっ…」

さやか「よっこいしょっと、私重い?体重はそれほど無いと思っていたけど」

上条「な、何をするつもりなんだい…さやか」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:24:40.80 ID:H+h2nFky0


さやか「何するって…わからないかな」

上条「えっ…?」

さやか「こうするんだよ?」スポッ

上条「あひゃっ!ちょっと、待ってよ!それだけは!」

さやか「もう遅いよ…あうっ」

上条「やめて!お願いだから!やめっ」

さやか「はあっ…はあっ…!恭介のちっちゃいくへに!硬くなると!強くて…!」

さやか「ああっ!奥に当たってるよう!恭介の固い所が…ああっ!ああっ!」

上条「お願い!それやっちゃったら僕…終わっちゃうよお!」

さやか「駄目だよ!ずっとわたひをおろそかにした罰だよっ!」

さやか「わたひを襲えば、好き放題出来たのにぃっ!なんでおそわなかったのよ!」

上条「あああっ…やめ…あああああっ!あああああああああああああ!」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:28:31.50 ID:H+h2nFky0


上条「あわわわ…」ガクガク

さやか「えへへぇ…もうこれで、ずっと一緒だね…」

さやか「離れるなんて…絶対に出来ないねぇ…」

上条「き、き、き、君は何て事をしたんだよ…」ブルブル

さやか「恭介がいけないんだよ…ずっと私の気持ちを分かってくれなかったから…」

上条「…」

さやか「えへへ…」

上条「…ねえ」


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:35:44.22 ID:H+h2nFky0


さやか「なぁに…堕ろすなんて事は絶対にしないからね…」

上条「そうじゃなくてさ」

さやか「何よ…早く言ってよ…」

上条「なんでそう、受け身なんだって事だよ」

さやか「…ふぇ?」

上条「僕の事が好きなら早く言ってくれれば良かったじゃないか。それを色仕掛けしたり、変なもの入れたり…」

上条「遠まわしに小細工して…」

さやか「だって…言うの恥ずかしいし…」モジモジ

上条「しまいにゃこんな事して…」ガバッ

さやか「ひゃうっ…恭介…?」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:40:03.59 ID:H+h2nFky0


上条「しかも君だけで楽しんで…」グチュグチュ

さやか「あうっ…だってぇ…恭介嫌がるんだもん…」

上条「誰だって一方的に襲われるのは嫌だよ…分からないのかな」

さやか「…うぅ」

上条「分からないなら、思い知らせてやる!」グニグニ

さやか「ひゃあっ…胸を触るの…やめへ…」

上条「…」グニグニ

さやか「あぅぅ…きょうふけぇ…」

上条「やめないよ…」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:46:31.82 ID:H+h2nFky0


上条「はむっ…ぐちゅぐちゅ」ガブガブ

さやか「ああっ…今度は吸って…」

上条「ガブッ…チュルチュル…」

さやか「あっ!ちょっと…やめっ…はふっ!」

上条「んぐ…うぐぐぐぐ」

さやか「きもちよ…すぎて…おかひくっ…なるよお!」


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:53:14.71 ID:H+h2nFky0


上条「うぐっ…ぷはっ」

さやか「あぅ…ああっ…えっ?」

上条「これで終わりだよ」

さやか「…もっと」

上条「ん?」

さやか「…もっと吸って」

上条「嫌だよ、もう飽きたし…」

さやか「お願ぃ!もっと吸ってよぉ!お願いだからぁ!」

上条「…はぁ」

上条「仕方が無いな…ほら」ガブッ

さやか「あひゃっ…!噛んじゃだめだよぉ…」


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 19:58:18.98 ID:H+h2nFky0


上条「あぐぐ…あぐ」

さやか「甘噛みやめっ…気持よさ過ぎるよぉ…!」

上条「うぐっ…あぐっ」

さやか「ああっ…噛むのはやめてぇっ…!ちぎれそうだよぉ…痛いけど気持ちよくて…ああっ」

上条「がぐぐぐっぐぐ」

さやか「あふっ…ああっ、ああっ…あっ…ああああああっ、あああああああああああああ」

さやか「ぜぇ…ぜぇ…」

上条「吸うのは飽きたって言ったでしょ…はぁ…はぁ…」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 20:05:46.69 ID:H+h2nFky0


さやか「嫌がるのに噛むようなひと…だったんだぁ…大切なともだひだと思ってたのにぃ…」

さやか「責任とってよねぇ…」

さやか「これからずっと…付き合って…結婚もひて…死ぬまで一緒じゃないと…許さないからね」

上条「もう僕達は友達じゃないし、責任を取るのは君の方だよ…」ナデナデ

さやか「えへへぇ…どうしてもこれ、言いたかったの…」

上条「そうなんだ…でもね、最後の『死ぬまで一緒にいようね』だけは…」

さやか「ふぇっ…?」

上条「否定しないよ、さやか」ナデナデ

さやか「えへへぇ…恭介ぇ…」

上条「ああ、もう日が上がってきたね。お家…帰るの?」

さやか「いいや、今日一日は、恭介と一緒に居たいから…」

上条「そうなんだ。じゃあ、僕のベッドでお昼まで一緒に寝よっか」

さやか「うん…!」


終わり


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 20:21:11.59 ID:T45ijuJM0


乙乙乙


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 20:23:00.70 ID:e7vQHjHs0


さやさやかわいいよさやさや



    スポンサーサイトさやか「何を聴いてるの?」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。