スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍染「いつから自分は打ち切られないと錯覚していた?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (4) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/11/11 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:15:08.39 ID:Eeu37rLy0


一護「打ち切り・・・だと・・・!?」

藍染「そんなに驚くとは意外だな」

一護「だってそうだろ!ブリーチは看板漫画だろ?その漫画が打ち切りなんておかしいじゃねえか!」

藍染「看板・・・?」

一護「ああそうだ、ジャンプの看板は何年も前からワンピース、ナルト、そしてブリーチだろ!?」

藍染「はたして本当に今のブリーチは看板漫画かな?」

一護「なに・・・!?」

藍染「ここ半年間の掲載順位、巻頭カラー、大増ページの回数どれもトリコ以下じゃないか?」

一護「ぐ・・・」

藍染「それに加えて連続してドべ5に入るなんてとてもじゃないが看板漫画とは言えないんじゃないか?」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:19:55.79 ID:Eeu37rLy0


一護「それは・・・そ、そうだ単行本、単行本の売り上げだってすごいじゃねえか」

藍染「それが?」

一護「単行本累計7000万部だぞ!こんなに売れてるのに打ち切られるわけねえだろっ!」

藍染「・・・君はトラブルの件を知らないのか?」

一護「トラブル・・・だと・・・!?」

藍染「あの漫画も単行本は売れていた、まあブリーチほどではないがとても打ち切りになるような売り上げ
   ではなかった。しかし打ち切られた、何故だと思う?・・・そうアンケート票が少なかったからだ」

一護「そんな・・・!?」

藍染「いいかげん認めたらどうだ?」

一護「でもルキア奪還編の時は一話丸々フルカラーだってあっただろ、俺が知ってる限りフルカラーなんて
   スラムダンクとアイシールドくらいしかなかったはずだ、それに俺がアランカルと戦ってる時はずっと前の方に
   載ってたんだそれが打ち切りなんて」

市丸「あかんわキミ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:22:55.06 ID:Eeu37rLy0


一護「市丸・・・!」

市丸「分かってる?キミ過去のことばっかり言うてんで、自分でも気づいとるんやろ?今がつまらないと」

一護「そ、そんなことは・・・」

藍染「『ない』とは言いきれないんだな」

市丸「そもそも今の死神代行消失編ってやる必要あったんやろか?」

一護「それは・・・俺の霊力を取り戻すために必要だろう?」

市丸「それ以前に・・・最後の月牙天衝やったっけ?これいらんかったんちゃう?ウルキオラ倒した時の虚化
   をなんやかんやでマスターしてこれで勝ちましたでよかったやん、そうすれば霊力も失わずに済んだし」

一護「そんな適当な理由で決着つけるなんてダメだろ!?」

市丸「今までも大体そんな感じやったやん」

藍染「フッ・・・そうだな」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:26:52.73 ID:Eeu37rLy0


市丸「もう終わってええんちゃう?」

一護「待てよ!まだ解決してない問題だって色々あるだろ?霊王とか0番隊とか親父と浦原さんが裏でなんかしてたりとか
   代行証から聞こえてきたルキアの声とかたくさんあるじゃねえか!」

藍染「読者が覚えてると思うか?」

一護「何・・・!?」

市丸「それに別に解決せんでもええんちゃう?今までだって伏線放置したり重要なキャラを掘り下げもせず
   終わった漫画なんていくらでもあるやん」

藍染「君が先程言ったスラムダンクもそうだな、どこの高校が優勝したか描かれてないし森重なんて何のために出てきたのやら」

市丸「問題や伏線を全部回収せなアカンなんて読者のワガママや、ワガママに全部答える必要なんて無いわ」

一護「でも描いたからには伏線を回収しないと・・・」

藍染「君の場合伏線回収ではなくて無駄話を続けるだけだろう?そして無駄話を続けながらまた新たな伏線も出す
   見事な悪循環じゃないか」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:30:32.87 ID:Eeu37rLy0


一護「でも来週巻頭カラーなんだ!それなのに打ち切りなんて」

藍染「巻頭カラーの4週後に終わった漫画だってあるんだ君が気にすることじゃない」

市丸「もう反論は無いか?無いやろ」

一護「これだけは言いたくなかったけどよ・・・言わせてもらうぜ」

藍染「ほう・・・」

一護「ブリーチには女の子、腐女子の読者がたくさんいるだろ、人気投票でパッとしない副隊長に段ボールいっぱいに
   ハガキ入れて出す子だっているんだそれなのに終わらせるなんてできねえよ!」

市丸「・・・あらら、それは言うとは思わへんかったわ」

一護「でも事実だろ!?」

藍染「君は一つ勘違いしているな」

一護「勘違い・・・だと・・・!?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:34:35.72 ID:Eeu37rLy0


藍染「別にブリーチに特別腐女子が多いわけじゃない、ジャンプの大半の漫画に腐女子の読者がいるんだ。
   ワンピース、ナルトは言うに及ばずトリコ、銀魂、バクマン、黒子のバスケ、リボーン、ぬらりひょん
   どれもたくさんの腐女子の読者がいる、ブリーチだけではないんだ」

一護「嘘・・・だろ・・・!?」

藍染「それに今のブリーチの腐女子層は以前より明らかに減っただろう、私の美系の顔をアメコミに出てきそうな
   モンスターの外見にしたり、副隊長や隊長のような主要キャラからは死人を出さなかったのに
   要は・・・まあいいとしてよりによってギンを死なせてしまったのは失敗だったな」

一護「それは・・・いいかげん死人の1人や2人は出さないとダメだと思って」

藍染「だったら伊場とか大前田とかそこらへんを死なせれば良かったんじゃないか?」

一護「そいつらが死んでも反響が無いと思って」

市丸「策に溺れるとはこのことやな」

藍染「もう終わっても良いんじゃないか?君は10年間よく頑張った、一生裕福に暮らせる金だってあるだろう?」

市丸「せや、別に連載が終わったからってブリーチの全てが終わるわけやない、ゲームや映画もまだ出せるんや」

茶渡「・・・一護もう頑張らなくていいんだ」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:35:50.22 ID:+DgFX0ar0


チャドwwwwwwwww


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:36:17.61 ID:Gs2bnWUC0


チャドワロス


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:42:15.04 ID:Eeu37rLy0


一護「チャド!?・・・お前まで何言ってんだよ」

茶渡「もう・・・無理だ」

石田「これ以上どうしようっていうんだ?」

井上「また私か朽木さんが拉致されるの?」

ルキア「なあ一護・・・天下のジャンプで10年だ、10年も連載したのだ、ここらで幕を引いてもいいのではないか?」

恋次「中身は4年分ぐらいだが、もう十分じゃねえか?」

一護「お前ら・・・何言ってんだよ!?」

白哉「私も同感だ、私は一度君が真面目に描く恋愛漫画を見たいと思っていた、良い機会ではないのか」

剣八「俺は学園不良漫画が見てえ」

一護「そうか・・・そうだな分かったよ、おふくろのカタキもいつの間にか親父が倒してたしもうやることも無いんだな」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:53:30.64 ID:Eeu37rLy0


ルキア「分かってくれたか一護」

白哉「賢明な判断だ」

茶渡「そうしてくれ、俺ももうかませはうんざりだ」

山本「今までご苦労じゃったな」

浮竹「うんそれがいい、君は少年ジャンプで満足する人ような人では無いだろう?」

一護「そうだよ前から少年誌には限界があると思ってたんだ、青年誌でしかやれないことだってある!」

石田「その意気だ黒崎」

一護「見てろよお前ら、次はもっとすげえのを描いてやるよ」

井上「楽しみにしてるよ!」

一護「完載!!」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:54:11.12 ID:NS5MxrKB0


~fin~


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 00:54:44.84 ID:k4XwulXj0


   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |  /    |   丿 _/  /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 01:17:26.13 ID:0OL2wbuL0


エヴァっぽい締め方だな



    スポンサーサイト藍染「いつから自分は打ち切られないと錯覚していた?」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/11/11(金) 23:56:32.00 ID:SSJUNKIE662
  2. 1

    面白い
  3. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:19:44.00 ID:SSJUNKIE664
  4. まあ本誌ではカルピスを薄めるように話は続いてるんですがね

    これが終わりでもいいきがしてきた
  5. 名前:東の国から名無し◆-[saga] 投稿日:2011/12/01(木) 19:19:47.00 ID:SSJUNKIE702
  6. 本誌でこんな終わり方したらコンビニでその週のジャンプに片っ端から「購読禁止」って書いてやる
  7. 名前:-◆[saga] 投稿日:2012/06/17(日) 01:57:01.00 ID:SSJUNKIE797
  8. このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。