スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「お兄ちゃん、お帰りなさい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/11/21 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:50:57.68 ID:l6Mem0WU0


兄「ただいま」

妹「どうしたの?やけに元気ないじゃん」

兄「いろいろあって疲れているのだ。気を抜いたら笑いそうだ。うははははは」

妹「アタマ大丈夫?・・・ねね?そいえば、今日はお母さん遅晩なんだって」

兄「そうですか」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:51:53.21 ID:l6Mem0WU0


妹「でねでね、お父さんも泊りなんだって」

兄「そうですか」

妹「お姉ちゃんもね、従姉妹ちゃんのところにお泊りだって」

兄「そうですか」

妹「女さんは合宿だって言ってたよ」

兄「そんないきなりキャラをたくさん出しても、初めて読む人には何が何だか、ちんぷんかんぷんだぞ」

妹「えへへー」

兄「笑ってごまかしてもだめだ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:52:36.48 ID:l6Mem0WU0


妹「じゃあ、先にご飯にする?それともお風呂にする?」

兄「聞いてねえし・・・。じゃあちょっと風呂に入ってくるぞ」

妹「・・・一緒に入っても・・・いい?」

兄「・・・・」

妹「どうしたの?」

兄「いや、なにか軽くデジャブが・・・気のせいか?」

妹「?変なお兄ちゃん。ね?いこいこ」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:53:14.52 ID:l6Mem0WU0


――――お風呂場

兄「それにしても」

妹「何よ?」

兄「お前の乳はいっこう大きくならんな」

妹「きゃ、もう、お兄ちゃんのえっち」

兄「ははは、下をまるだしでえっちはないものだ」

妹「お兄ちゃんのちんこすごく小さい」

兄「む、非常時には大きくなるのだ」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:54:02.26 ID:l6Mem0WU0


妹「でもさ、ホントに単4電池だね」

兄「こらっ、これは触ってはだめなものなのだ」

妹「わ、ぴくっと反応した」

兄「だから反応するからむやみやたらと触ると・・・」

妹「ぉお?ぐんぐん大きくなっていく?これはもう生命の神秘だね」

兄「・・・・」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:54:49.39 ID:l6Mem0WU0


妹「わあ。あっという間に缶ジュースみたいになったよ。すごー」

兄「解説はいい。恥ずかしいではないか」

妹「触ったらまだ大きくなるのかな?」

兄「こ、こら、止めたまえ。今日は俺は疲れているのだぞ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:55:42.54 ID:l6Mem0WU0


妹「でもね、久々のせっかくの二人だけの時間なんだよ?」

兄「・・・・・」

妹「お姉ちゃんと一緒のときも良いけどやっぱり二人だけのほうが」

兄「妹・・・」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:56:36.59 ID:l6Mem0WU0


妹「あのね、お兄ちゃん?」

兄「なんだ?」

妹「これってさ、やっぱりおかしいよね?いけないことなんだよね」

兄「まあ、・・・な」

妹「変態だよね?」

兄「変態かあ・・・変態だよなあ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:57:11.64 ID:l6Mem0WU0


妹「妹がさ、こうやってお兄ちゃんのちんこもみもみしたりしてさ」

兄「女の子が容易くちんことかいっちゃいかん」

妹「・・・ここをこんなにしといて、何いってんのよ!」

パク!

兄「ぅお」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:58:22.45 ID:l6Mem0WU0


妹「んううっむうむぬぇむう・・・むむううぇ」

兄「な・・・何を?」

妹「ほのふぇんふぁいあにふぃ、れも、・・・こんらりおおひふへ、うれひいひょう」

兄「うお・・・・・・・・・・・・・・・・・う?」

妹「・・・ぐう?」

兄「す、すまない。疲れて制御がきかんのだ。わ、悪かった」

妹「・・・・ごくん」

兄「の、飲んだのか?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:59:10.17 ID:l6Mem0WU0


妹「えへへ、だってお兄ちゃんのだもん。もったいないじゃん」

兄「この変態妹め」

妹「うるさい変態兄貴」

兄「だまれ!こうしてやる!」

妹「わっ!?っちょ?え?な?・・・う、後ろから??!!!」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 00:59:52.70 ID:l6Mem0WU0


兄「そうれ」

妹「わわわ、え?嘘?愛撫もなしに!!!ぃぐ!???」

兄「ほれみろ、ほれみろ!ぐっちょんぐっちょんだぞ。愛撫など必要ないではないか。」

妹「いぎ・・・あへ・・・・・あぎ・・・お・・・お兄ちゃん・・・変態」

兄「うるさいだまれ。今日は俺は疲れていて、制御がきかんと言ったろうが」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:02:06.06 ID:l6Mem0WU0


妹「お・・・・お・・・大きい?こないだより大きくな・・・いぃ・・・・嘘・・・何これ?」

兄「・・・・・・ホントにぐじゃぐじゃだな・・・お前どうしたんだ」

妹「え・・・えへへ。だって、えひ・・・今日、二人きりって・・・言ったじゃん。・・・久々の」

兄「妹・・・」

妹「えへへ。お兄ちゃん。あたしたちって・・・・・なんかもうドが付くくらい変態だね・・・好き、お兄ちゃん」

兄「・・・・」

妹「あ、なんだか・・・また・・・大きくなった?」



母「ただいまー」

兄・妹「!!!!!!!!!!!!?????????????????」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:03:40.49 ID:l6Mem0WU0


兄「こ、これは・・・」

妹「・・・うそ、やだ、なんで?」

母「あれ、兄と妹の靴があるね?二人ともー、もう帰ってんの?」

妹「ねえ?」

兄「なんだ?」

妹「これってやばくない?」

兄「大ピンチだ」

妹「あ・・うそ・・・・お兄ちゃ・・・なんか・・・・更に、大きくなって・・・ぎ・・・えひ・・・・・あ・・・いぎゅへ・・えぎ・・・・・」

兄「なんだか分からないが嫌な思い出がフラッシュバックしてきたぞ」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:04:35.40 ID:l6Mem0WU0


妹「お・・・・大きい・・・・大きいよう・・・お兄ちゃん」

兄「しーーーーー!!!!!静かにするのだ!」

妹「んーーーんーーーーー」

兄「よし、とりあえず口を押さえたぞ」

妹「むーむー」

兄「しかしこの状況は・・・・まずい!!激しくまずいぞ!!!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:05:31.22 ID:l6Mem0WU0


妹「んむーーー・・・・・むーーーーー」

母「どこにいるんだろうね?」

兄(KOOLだ!KOOLになるのだ!・・・あれ?・・・COOLだっけ?・・・・いや?!!今はそんなことはどうだって良いのだ!!!)

母「風呂場から声が聞こえるね?入っているのかい?」

妹「むーむー」

兄(いませーーーーん!!、誰もいませんよ――!)


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:06:31.23 ID:l6Mem0WU0


母「おや、洗濯籠に2人分の服が入っているね?どっちか入ってるのかい?」

兄(母さん、こんなときだけ勘良すぎーーーーー!!?)

母「まさか、・・・2人で?!」

兄・妹「びく!!???」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:07:34.74 ID:l6Mem0WU0


母「・・・なんてことないよね、だって女さんがいるんだし」

兄(すみません、真っ最中なのですよ、母さん)

妹「んーーーむーーー」(あ、まだ大きくなってくみたい・・・・えひ・・・意識・・・・飛んじゃう・・・・・・かも)

兄「妹よもうしばらく我慢するのだ」ヒソヒソ

妹「・・・・・・・・・・・・」

兄「・・・?妹?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:08:31.90 ID:l6Mem0WU0


妹「・・・・・・え・・・・ひ・・・・・あ・・・あらひ・・・も・・・らめ・・・・まっ白・・・全部・・・飛んじゃった・・・・あはは・・・・・・」

ぶしゅしゅーーーじょろじょろじょろ

兄(え???!!う・・・うわあ・・・なんだ?この汁?・・・・失禁??!!!)

妹「・・・えぎーーえぎーーー・・・もごもご・・・」

兄「しーーー!?静かにするのだ?!」(な、なんだこれ?幸せそうな顔したまま、舌なんか出して?!妹の視点が?全然あってない?)


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:09:54.58 ID:l6Mem0WU0


母「誰かいるのかい?」

兄「お、俺だよ母さん」

妹「もごもごご・・・えひゅい・・・えぎ・・・るぐぃ・・・えぎ・・・・」

母「なんだ、兄。いるならいるでちゃんと返事しなさい」

兄「ごめん、俺疲れてて、ちょっと湯船でウトウトしてたみたい」

母「バカだね、風邪ひくから早く出なさい」

兄「うん、わかったよ」

妹「もがもが・・・ひゅーひゅーー」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:10:56.50 ID:l6Mem0WU0


母「妹は帰ってるのかい?」

兄「う・・・うん、さっき買い物に行ったみたい」

母「そうかい?靴はあったようなんだけどね」

兄(ちっ!?・・・無駄に鋭い)

妹「えぎー・・・えぎー・・・えひゃひゃ・・・・もごもご・・・」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:11:54.35 ID:l6Mem0WU0


母「あらやだ、もうこんな時間?母さん今日も泊りになるから着替えとりに来のよ」

兄「そう・・・なんだ」

母「悪いんだけどね、妹達が帰ってきたら、そう伝えてもらえないかね?」

兄「うん、分かったよ」

妹「いぐるげーー・・・ごひゅー・・・」

母「じゃあ、母さんもう行くから」

兄「うん。じゃーねー」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:12:31.93 ID:l6Mem0WU0


母「・・・じゃあ、女さん、悪いんだけど、兄はお風呂みたいだから居間で待っててもらえる?」

女「はい、わかりました」

兄「・・・え?」

妹「ぎーーぎゅぎーーーえぎーーもごごー・・・へげ?」

女「兄くん?じゃあ私居間で待ってるから」

兄「は・・・はははは」

妹「・・・・あ・・・・・・ぎへ・・・・・・・」ぐったり


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:13:39.01 ID:l6Mem0WU0


―――5分後 居間

兄「女さんも来るなら来るで連絡をくれればいいのに」

女「ごめんね、合宿今日までなの、直接来ちゃった。えへへ」

妹「・・・・・・・・はー・・・・、はー・・・」

女「ねえ、妹さん・・・大丈夫?」

兄「さあ?どうだろう」

妹「あらひ、もうらめかも・・・」ガクッ

女「あ・・・、白目」

兄「妹ーーーーーー???!!!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:15:45.41 ID:l6Mem0WU0


女「相変わらず変態兄妹なのね、兄くん」

兄「面目ない」

女「居間で、・・・妹があられもない姿で、下から白い変な汁をどくどく垂らしながら、白目むいて、よだれ垂らして幸せそうにぐったりしてる・・・」

兄「・・・・・」

女「あきらかにド変態だわ」

兄「女さん・・・」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:18:05.97 ID:l6Mem0WU0


女「それじゃ変態ついでに、じゃーん見て見て?」

兄「うわ、女さん?!何を急に?!!制服のスカートを脱いで・・・って?・・・・あれ?」

女「なんてね、ブルマでーす」

兄「・・・・ブ、ブルマ?」

女「はい、ブルマです」

兄「うわあ・・・、ブルマだ」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:19:05.12 ID:l6Mem0WU0


女「うちの学校はスパッツだけどね。実はうちのお姉ちゃんの代までブルマだったみたいね」

兄「ふ、ふうん」

女「なので、試しに履いてみました」

兄「・・・合宿で?」

女「残念ながら、うちのラクロス部はブルマじゃないですよ」

兄「・・・」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:20:19.53 ID:l6Mem0WU0


女「あの・・・ホントにお試しなんだから、あんまりじろじろ見ないで?恥ずかしい」

兄「・・・・・・・・・・・」

女「兄くんてさ、やっぱ変態?」

兄(・・・いや、多分、今は女さんのほうが数倍変な人だと思うけど今は黙っていよう)
 ※両方変な人です。


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:22:03.27 ID:l6Mem0WU0


女「じゃあ、こんなのはどう?じゃじゃーん」

兄「わっ」(お、女さん今度は制服の上を抜き始めたぞ?!)

女「ね、どう?」

兄「た・・・体操服・・・ですか?でも違うような」

女「うん。こっちはラクロス部のユニフォームだよ」

兄「・・・・・・」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:23:28.63 ID:l6Mem0WU0


女「これでどう?」

兄(わわ、女さん今度はブルマに手をかけたぞ?・・・・おお?)

女「・・・どう?」

兄「ど、どうって」

兄(う・・・あ・・・女さんブルマの下何にも穿いてないぞ!!!??これは???)

女「上だけユニフォーム・・・なんちって」

兄(お・・・俺もかなり変な部類の人類だぞと自覚はあったが、女さん、かなり変な人だーー?)


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:24:32.44 ID:l6Mem0WU0


女「やっぱり恥ずかしい」

兄(じ、自分から下半身丸出しになって、なんだか下から変な汁がしとどに垂れてるのに、やっぱり恥ずかしいって、いったい・・・・・ん?・・・あれ?)

兄「あれ?あれれ?・・・女さん・・・毛?・・・・あれ?」

女「えへへ、試しに剃ってみたりして」

兄(なんだこれーーー??!!つ、つるつるだーーーーー!!!??この人やっぱり、どっかちょっと変だーーーーー??!!)


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:25:27.41 ID:l6Mem0WU0


女「ねえ、兄くん?」

兄「は、はひ?」

女「ちょっとだけ触ってみて?」

兄「んげ?」

女「ちょっとだけ・・・ね?」

兄(待て、なんだこれは?何か違わないか?目の前には・・・上だけラクロス部のユニフォームで下半身は変な汁が垂れてて丸出しのつるつるがある・・・)


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:27:36.94 ID:l6Mem0WU0


兄「あ、あの?」

女「合宿の10日間・・・すっごく長かったんだから」

兄(あれ?俺はひょっとして、押してはいけない女さんのスイッチを押してしまった?!)

女「えい」

兄「うわわ」

どでん

兄「痛つつ・・・」

女「うわあ、すごーい。兄くんのここかちんかちんになってる」

兄「ちょ・・・女さん?」

女「すごーい」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:29:45.25 ID:l6Mem0WU0


兄(女さん・・・うわあ、目がすごい虚ろになってる?・・・なんかもうどこも見てないような気がするぞ)

女「合宿の練習頑張ったからご褒美、頂戴」

兄「わわわ」(女さんが馬乗りになってきたぞ!・・・うわ、お腹に変な汁が垂れてるぞ)

女「よっと・・・・・・・・へぐぅ」

兄「どわ?」(女さん、一気に腰を落としてきたぞ)


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:31:21.50 ID:l6Mem0WU0


女「ああっぁあああ、これ、これーーーーーーーー!!」

兄(なんだこれ?なんだこの状況?)

女「へぎぃ・・・いいいいいい!!!これ!これーーーーー!!!!」

兄(なんだこれーーー???!!!)

女「えぎひへぎーーーーごれこれこれーーーぃぎーーー!!!!」

兄「うわああ!!??ちょ、女さん??!」(女さんが腰を動かしているぞ)


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:32:21.85 ID:l6Mem0WU0


女「待ってた・・・ずっと!10日間・えぎへ・・・・・あ・・・・あぎああああぁあーーーーーーーー!」

兄(た・・・たった10日間なんですけどーーーーー???!!!)

女「えぎえぎぃ、これこれーーーー!!!!!!」

兄(ああ、女さんが上だけユニフォームで下だけ丸出しのつるつるで、俺の上で腰をぐるんぐるんしているぞ!!)

女「あっぎぁっぁぎゅっぁああぐげっぁあっぁあぎゃあぁぁいぎああぁへあぁああ・・・」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:33:17.99 ID:l6Mem0WU0


兄(つるつるといっても、ところどころジョリジョリするんですけどーーーー??!!!!!何この変な感じ!!!!!)

女「ひぎーーーーひぎーーーーーーーーーーっ」

兄「なんか全然色っぽくないというか、あ・・・、女さんよだれ垂らして白目むいてる?」

女「あーーーーーーぎーーーーーーーー」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:34:11.21 ID:l6Mem0WU0


兄「うわ?!急激に登ってくるぞ」

妹「・・・ううん?お兄ちゃん・・・あれ?」

女「えぎゃーーーーーえぎゃーーーーーーーーーーー」

兄「あっぁっぁっぁっぁあっぁっぁ」

妹「・・・・・・・・・・・・・・・・・・あーーーーーー!!!!!!!」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:34:49.54 ID:l6Mem0WU0


兄「   あ   」

女「   あ   」

妹「あ・・・・・・・・・」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:35:59.80 ID:l6Mem0WU0


兄「ぜーぜー」

女「・・・・・・・・えへへえへえへえへえへ・・・とんだ。なんもかんも消えちゃった」

妹「もーーー!女さんずるいーーー!!!!」

兄「・・・妹?」

女「あれ妹さん?起きた?」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:39:25.97 ID:l6Mem0WU0


妹「あたしー、こんどはあたしーーー」

兄「ま、待て!ちょっと待て!休ませて!」

妹「お兄ちゃん?」

兄「正直に言うが、実は俺、昨日の晩、妹2号と従姉妹さんに襲われて昨日から一睡もしていないのだ!」

妹「・・・・・・」

女「・・・・・・」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:40:06.91 ID:l6Mem0WU0


兄「もっと正直にいうと、今日学校で妹2号に保健室で襲われたのだ」

妹「・・・・・・」

女「・・・・・・」

兄「頼む!お願いだから、少しで良いから休ませてくれ」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:41:46.68 ID:l6Mem0WU0


妹「・・・どうしよっか女さん?」

女「もっと」

兄「女さん?」

女「ご褒美。ね?もっと、ご褒美」

兄「ああああああ女さん?!!!動いてる!!!すごい動いてる!!!!」

妹「だーかーらー!女さんずるいいい!こうなったら!!!!」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:45:22.73 ID:l6Mem0WU0


兄「まて!妹!!???ぐほ!!!?後ろ向きに馬乗りになって胸に跨って来た?」

女「・・・妹さん?」

妹「せっかくだから女さんとお兄ちゃんの結合部舐めてあげるね」

女「ああぁあああぃいいい」

兄「う??!重い?鼻が当たる?うう当たってる?」

妹「うん、・・・当たってるよ?・・・ああ当たってるよ」

女「いいっぃいいいいぃいい」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:46:15.88 ID:l6Mem0WU0


妹「うわあ、女さんここ剃ってる・・・お兄ちゃんが剃ったんでしょ?この変態」

兄「ちょ・・・それ・・・誤解」

妹「こういうのが趣味なんだ。今度あたしも剃ってみようかな・・・」

兄「・・・・・」

女「あああああぁああああ!!!!兄くんのが大きくなった!!!!すっごい大きくなったよう!!!!!!!」

妹「お兄ちゃんて、・・・やっぱ変態なんだね」

兄「すみません。不可抗力なんです」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/03(火) 01:47:01.49 ID:l6Mem0WU0


――――10時間後

チュンチュン

女「あふゅっぁふぎゅっあぎぇっぁああーーーーーーーー・・・」

妹「っぁあづああへあぎゃほあぁあっぁあああーーー」

兄「こうしてこの変な日常はまだ続いているようです・・・」



おしまい



    スポンサーサイト妹「お兄ちゃん、お帰りなさい」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。