スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京子「みんな娯楽部やめないで」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/11/23 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:29:39.64 ID:CiWPHnxX0


~娯楽部~

ちなつ「ねえ、京子先輩、いいでしょ?」

京子「ち、ちなつちゃん、ほ、本当にこんな事するの?」

ちなつ「今更なに言ってんです、京子先輩、何時も抱き付いてきてるくせに…」

京子「け、けど、やっぱり、こんなのおかしいよ」

ちなつ「…京子先輩、そういう事、言っちゃうんだ…」

京子「ち、ちなつちゃん?」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:30:29.09 ID:CiWPHnxX0


ちなつ「どうしよっかなあ、私、娯楽部辞めちゃおうかなあ」

京子「……!」

ちなつ「元々私は茶道部に入りたかっただけですし、京子先輩がそういう態度に出るなら」

ちなつ「娯楽部にいる意味はないかなあって…」チラッ

京子「ち、ちなつちゃん、そんなこと言わないで…、ね?」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:31:58.28 ID:CiWPHnxX0


ちなつ「実は、私の友達内で茶道部を復活させないかって話が出てるんですよ」

京子「……え」

ちなつ「今は私が娯楽部に居るからって理由で復活を待って貰ってるんですけど…」

ちなつ「もし私が娯楽部じゃなくなったら、きっとすぐに茶道部が復活することになるんだろうなあ」

ちなつ「あれ、そうなったら娯楽部はどうなるんでしょうね?」

京子「そんな…そんな…」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:33:21.29 ID:CiWPHnxX0


ちなつ「まあ、娯楽部辞める私には関係ないことでしたね、じゃ、京子先輩、さよならです」

京子「ま、待って!ちなつちゃん!」

ちなつ「何ですか、京子先輩?私、茶道部復活の準備で忙しいんですけど?」

京子「わ、わかったよ、ちなつちゃんの言う事、聞くから…」

ちなつ「私の言う事を聞くって、何か人聞きが悪いですね、私が無理やり強制してるみたいです」

ちなつ「京子先輩が望んでるなら、もっと他の言い方があるんじゃないですか?」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:35:22.01 ID:CiWPHnxX0


京子「う、け、けど…」

ちなつ「じゃあ、京子先輩、さようなら」

京子「わ、判ったよ!言うから…言うからちなつちゃん居なくならないで…!」

ちなつ「じゃあ、言ってくださいよ、京子先輩、私に何をしたいんです?」

京子「わ、私は、ちなつちゃんの、スカートの中を、舐めたい、です…」グス


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:36:37.99 ID:CiWPHnxX0


ちなつ「わあ、京子先輩、私にそんな事をしたかったんですね…」

京子「う、うん、したかった…ちなつちゃんのスカートの中、舐めたかったの…」ヒック

ちなつ「もう、京子先輩、泣かないで下さい」スッ

ちなつ「ごめんなさいね、京子先輩、恥ずかしいこと言わせて、ごめんね」ナデナデ

ちなつ「さ、京子先輩、スカート上げてあげます…」

ちなつ「もうパンツは履いてないですから…」

ちなつ「私の大切なところ、直接、舐めてください…」

京子「ち、ちなつちゃん…」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:39:27.22 ID:CiWPHnxX0


~結衣の部屋~

京子「ふぅ…」

結衣「京子、大丈夫?今日はずっと浮かない顔だけど」

京子「あ、な、なんてもないよ、結衣!」

結衣「そう?」

結衣「じゃ、もう夜も遅いし、そろそろ照明消すよ~」

京子「はーい」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:40:34.75 ID:CiWPHnxX0


京子「……」

結衣「…そういえばさ」

京子「ん?」

結衣「私、また陸上部に入らないか誘われたんだ」

京子「え…」

結衣「あ、勿論、断ったよ、娯楽部のほうが大切だしね」

京子「そ、そう…」ホッ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:42:18.11 ID:CiWPHnxX0


結衣「…けどさ、やっぱり、毎回断るのは気が引けるんだよね」

サワ

京子「……!?」

結衣「……」サワサワ

京子「あ、あの、結衣、あの、どうして私の、身体を弄るの?」

結衣「……弄ってないよ」

京子「え、けど、これ…ふぁんっ」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:43:33.90 ID:CiWPHnxX0


結衣「どうしようかな、私、陸上部に行ってもいい?」

京子「……!?」

結衣「京子がいいっていうなら、私は陸上部に行ってもいいけど」サワサワ

京子「ふ、んああっ…」

結衣「どうなの、京子?」

京子「ゆ、結衣…ご、娯楽部…辞めないで…」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:44:20.95 ID:CiWPHnxX0


結衣「京子って、口ばかりだよね、それ、本気で言ってないでしょ」

京子「わ、私、本気だよ、本気で結衣に辞めて欲しくない…」

結衣「そう、じゃあ、本気かどうか、試してもいいよね」サワサワ

京子「ゆ、ゆい、そ、そんなとこ…」

結衣「本気なら、何されても大丈夫だよね…」

京子「うう、うぅぅぅ…」

結衣「大丈夫、京子は横になってるだけでいいから、天井のシミを数えてる間に終わるから…」ガバッ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:45:02.18 ID:CiWPHnxX0


~翌日~

~トイレ~

京子「ふぅ…」

京子「そろそろ教室に戻ろうっと…」ガチャ

あかり「京子ちゃん…」ズイ

京子「え、あ、あかり、どうしたの、入ってきたりして」

あかり「京子ちゃん、あのね」カチャ

京子「あ、鍵を…」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:46:02.23 ID:CiWPHnxX0


あかり「あかり、京子ちゃんが苛められてるの、知ってるよ」

京子「え?」

あかり「結衣ちゃんやちなつちゃんに、苛められてるでしょ?」

京子「……そんなこと、ないよ…」

あかり「京子ちゃん、ごめんなさい、あかり、気づいてあげられなかった…」ダキ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:47:13.02 ID:CiWPHnxX0


京子「あ、あかり…」

あかり「大丈夫、あかりが助けてあげるから…」ナデナデ

京子「あかり…あかりい…」グスン

あかり「ほら、京子ちゃん、これ、見て…」スッ

京子「こ、これ、カメラ…?」

あかり「うん、ほら、京子ちゃんが苛められてる様子が、写ってる…」

京子「……!?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:48:22.16 ID:CiWPHnxX0


京子「あ、あかり、こんなもの、どうやって…」

あかり「あかりね、京子ちゃんが心配で、京子ちゃんが立ち入りそうな場所全部に」

あかり「カメラ仕掛けておいたの…」

京子「あ、あかり…それは…」

あかり「大丈夫、京子ちゃん、あかりが本当の愛で助けてあげるから、ね」

あかり「だから、脱いで?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:48:51.99 ID:EKDiJPcS0


あかりさんが一番真っ黒やでぇ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:49:11.69 ID:CiWPHnxX0


京子「え…?」

あかり「二人に汚されちゃった京子ちゃんの身体をあかりが綺麗にしてあげるから…」

あかり「ね?」ギュ

京子「あ、あかり、そ、そんなの、嫌だよ…」

あかり「どうして?二人とあんな事を出来るのに、どうしてあかりとじゃ嫌なの?」

あかり「京子ちゃんの汚れた身体をきれいにして上げられるのはあかりだけなのに…」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:50:10.92 ID:CiWPHnxX0


京子「あ、あかり、恐いよ…」

あかり「もし、どうしても言う事、聞かないっていうなら…この映像…」

あかり「全部、ネットに流してもいいんだけど…」

京子「……!」

あかり「そんな事になったら、娯楽部、おしまいだね…」

京子「そ、そんな…あかり、そんな事しないで、お願い…!」

あかり「じゃあ、ね?判るよね?京子ちゃん…あかりだって、そんな事したくはないから、ね?」ナデナデ


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:51:11.62 ID:CiWPHnxX0


京子「う、うう…判ったよ、あかり…」

あかり「ああ、京子ちゃん、判ってくれたんだね、京子ちゃん、あかりが、あかりが綺麗にしてあげるからね…」

あかり「ほら、服を脱いで…」

京子「うう…」ヌギヌギ

あかり「京子ちゃん、あかりの舌で、綺麗にして、あげるね…」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:52:21.24 ID:CiWPHnxX0


~廊下~

京子「ふぅ…」

綾乃「と、歳納京子、どうしたのよ、何か元気ないじゃない」

京子「あ、綾乃、そんな事ないよ」

綾乃「…まあ、いいわ、歳納京子、ちょっと向こうまで来てくれないかしら」

京子「え、うん、なに?」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:53:29.44 ID:CiWPHnxX0


京子「なんだろ?綾乃、最近はプリント出し忘れてないと思うけど」

綾乃「実はね、生徒会の会議で娯楽部を廃部にしようって話が出てるのよ」

京子「……え」

綾乃「今までも何度か出てはいたんだけどね」

綾乃「私が頑張って反対したから、廃部の話は保留になってたの」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:54:39.27 ID:CiWPHnxX0


京子「そ、そんな事があったの…ごめん、綾乃、知らない所で娯楽部守ってくれてたんだね…」

京子「ありがとう!」ニコ

綾乃「い、いいのよ、別に」

綾乃「けど、今回はちょっと様子が違うのよね、会長も本気みたいだし」

綾乃「私1人が反対しても、流れを止められるかどうか…」

京子「そ、そんな…」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:55:48.63 ID:CiWPHnxX0


京子「あ、綾乃、なんとか…何とかならないかな…?」ウルッ

綾乃「そ、そうね、私の交渉手腕を持ってすれば何とかなるかもしれないわ」

京子「ほ、本当!?綾乃、大好き!」ダキッ

綾乃「と、歳納京子…///」

綾乃「け、けどね、歳納京子、貴女は、本気で娯楽部を残したいのかしら?」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:56:58.99 ID:CiWPHnxX0


京子「もちろんだよ!皆の大切な娯楽部だもん!」

綾乃「じゃあ、その決意を私に見せて」

京子「え、け、決意を…?そんなの、どうやって…」

綾乃「か、簡単よ、自分がどんな目にあってでも娯楽部を守るって事を態度で示せばいいだけだもの」

京子「うう、どうやればいいのかな…?」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:57:39.99 ID:CiWPHnxX0


綾乃「じゃあ、そうね、貴女の大切な物をひとつ、私に頂戴」

綾乃「そうすれば、貴女の決意を信じてあげる」

京子「私の大切な物…ラムレーズン…とか?」

綾乃「買いなおす事の出来ない大切なもの、よ」

京子「…なんだか判らないけど、私がやれることなら何でもするよ!」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:58:12.22 ID:CiWPHnxX0


綾乃「そ、そう、じゃあ、貰うわね…」

チュ

京子「あ、綾乃…!?」

綾乃「と、歳納京子の、ほっぺ、確かに貰ったわ///」

綾乃「あ、あとは私に任せておいてくれていいから///じゃ、じゃあ///」ピュー

京子「あ、あやの…」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 19:59:49.57 ID:CiWPHnxX0


~帰路~

京子「ふぅ…」

向日葵「ふぅ…」

京子「あ、ひまっちゃん、こんにちわ」

向日葵「あら、歳納先輩、こんにちわですわ」

京子「…ひまっちゃん、何か、元気ない?」

向日葵「…歳納先輩こそ、何か元気ないようですわよ?」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:00:57.31 ID:CiWPHnxX0


京子「ははは、そんな事ないよ、私は何時も元気」

京子「ほーら、こないだみたいにひまっちゃの胸もんじゃうぞ~」ガオー

向日葵「……!?」ザザッ

京子「ひ、ひまっちゃん、そんなに避けなくても…冗談だよ?」

向日葵「そ、そんな事を言って、歳納先輩も、私を…!」

京子「ひまっちゃん?」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:01:52.02 ID:CiWPHnxX0


向日葵「と、歳納先輩はそういう事しないって思ってたのに…」

京子「ひまっちゃん、落ち着いて、ね?」

向日葵「近づかないで…!」ビクッ

京子「う、うん、これ以上は、近づかないから…ね?」

結衣「おーい、京子~?」

京子「……!」ビクッ


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:02:40.67 ID:CiWPHnxX0


結衣「何、勝手に帰ってるの、京子」

京子「あ、あはは、結衣、ごめん、ちょっと具合が悪くて…」

結衣「その割りには、向日葵さんと話してたようだけど…?」

京子「べ、別に、世間話だよ…」

結衣「そう…」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:03:58.07 ID:CiWPHnxX0


結衣「京子、今日も私の家、来るよね?」

京子「あ、いや、今日は家に帰ろうかなって…」

結衣「…京子?」サワッ

京子「ゆ、ゆい…こんなところで、止めて…ひまっちゃんも、見てるし…」

結衣「見せればいいだろ、それより、今日も私の家に来て」

結衣「来ないと…判ってるよね?」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:04:27.15 ID:CiWPHnxX0


京子「う、うう…判ったよ、結衣、だから、だから娯楽部を辞めたりは…」

結衣「私が辞める訳ないじゃないか、京子との思い出が詰まった娯楽部を…さ」サワサワ

京子「うううう…」

結衣「早く、うちに来てね?待ってるから…」タッタッタッ

向日葵「歳納先輩……」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:06:53.95 ID:CiWPHnxX0


京子「う、うう…も、もうやだよお…」ヘタリ

向日葵「歳納先輩…!だ、大丈夫ですの…!?」

京子「わたし、もう、もう…」

向日葵「歳納先輩…」スッ

京子「や、や!触らないで…!」ドン

向日葵「……!」

京子「ひ、ひまっちゃんも…私の身体を弄りたいんでしょ…」ビクビク


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:07:35.15 ID:CiWPHnxX0


京子「い、いやだよ、もう、許してよ…」グスン

向日葵「歳納先輩、私は…」

向日葵「私も…歳納先輩と同じですの…」グスン

京子「ひ、ひまっちゃん…?」

向日葵「わ、わたしも、櫻子から…櫻子から…」ポロポロ

京子「ひまっちゃん…」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:08:32.90 ID:CiWPHnxX0


~公園~

向日葵「そうでしたの…娯楽部の皆様から…」

京子「うん…、ひまっちゃんは、櫻子ちゃんから…?」

向日葵「…はい、毎日のように、性的暴行を…」

京子「そう…ひまっちゃんも、大変だったんだね…」

向日葵「…歳納先輩こそ、私は櫻子1人ですけど…歳納先輩は…」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:09:47.74 ID:CiWPHnxX0


京子「みんな、どうしてこんな事、するんだろ…」

京子「私たちのこと、嫌いなのかな…」

向日葵「そうかもしれませんわ…」

向日葵「私を弄るときの櫻子の顔、凄く嬉しそうでしたもの…」

京子「もう、疲れたね…」

向日葵「そうですわね…」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:10:32.80 ID:CiWPHnxX0


京子「あの、ひまっちゃん…」

向日葵「なんでしょう、歳納先輩…」

京子「今更でなんだけどさ、友達に…なってくれないかな…」

向日葵「……!」

京子「勿論、肉体関係はなしで、ね?」

向日葵「歳納先輩…」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:11:39.00 ID:CiWPHnxX0


向日葵「私のほうこそ、お願いしますわ、歳納先輩…」

向日葵「苦しい日々も、同じ境遇の友達が居れば、乗り切れるかもしれませんしね…」

京子「ありがとう、ひまっちゃん…」

京子「さっそくだけど、アイスでも食べに行かない?」

向日葵「……もう、歳納先輩ったら」クスッ


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:13:04.05 ID:CiWPHnxX0


京子「あ、その歳納先輩って、何か硬くてやだ」

向日葵「しかし、先輩は先輩ですし…京子先輩、とか?」

京子「ごめん、ちなつちゃんを思い出すから、それはちょっと…」

向日葵「す、すみません…」

京子「じゃあさ、京子さん…でどうかな?これなら、誰も使ってない呼び方だし」

向日葵「京子さん、京子さん…はい、これならしっくりきますわね」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:13:46.30 ID:CiWPHnxX0


京子「じゃあ、ひまっちゃん、一緒にアイス食べにいこ?」

向日葵「はい、京子さん、喜んで」

京子「あと…あの、図々しいようだけど…」

向日葵「……今日は泊まっていってくださって構いませんよ?」

京子「あ、ありがと!ひまっちゃん」ホッ


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:14:08.38 ID:CiWPHnxX0


~翌日~

~2年教室~

京子「ふぅ…」

結衣「京子、昨日はどうしたの?携帯も切ってたみたいだけど」

京子「あ、ゆ、結衣…」

結衣「私ちゃんと言ったよね、うちに来てって」

結衣「ずっと裸で待ってたのに、風邪引いたらどうしてくれるつもりだったの」

京子「そ、そんなの知らないよ…」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:18:37.05 ID:pmKyTNMn0


全裸待機かよwwwww


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:25:20.97 ID:CiWPHnxX0


結衣「知らない…?ああ、京子、そんな言い方するんだ」

京子「……」ビクッ

結衣「そんな言い方するんなら、私、娯楽部を…」

向日葵「京子さんはいらっしゃいますかしら」

京子「あ、ひまっちゃん」

結衣「……」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:26:10.68 ID:CiWPHnxX0


向日葵「京子さん、昨日、私の家にノート忘れてましてよ」

京子「わざわざ届けてくれたんだ、ありがと!」

結衣「え、京子、昨日は向日葵さんの家に…?」

向日葵「ええ、そうですわよ、船見先輩、京子さんは、私の恋人になりましたので」

向日葵「これからはちょくちょく私の家に泊めて差し上げることになると思いますの」

結衣「 」

京子「 」

向日葵「ですから、船見先輩の家にいけなかった事で責めないであげてくださいね」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:27:01.26 ID:CiWPHnxX0


~休憩時間~

京子「なるほど、付き合ってるって事にすればお互いを守りあえるかも…」

向日葵「ええ、突然思いついたので、さっきは京子さんに相談せず話を進めてしまい…」

向日葵「申し訳ありませんでしたわ…」

京子「気にしないでいいよ、結衣も唖然としてたから話逸らせたしね」

京子「今度は、私がひまっちゃんを守ってあげる!」

向日葵「……!」ドキン


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:27:55.86 ID:CiWPHnxX0


向日葵(なんでしょう、京子さん、凄く、格好良く見える…)

向日葵(これは、もしかして…恋?)

向日葵(い、いけませんわ、これはただの偽装恋人なんですから、京子さんにときめいては…)

向日葵(京子さんに、迷惑が掛かってしまう…)


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:28:50.48 ID:CiWPHnxX0


~1年教室~

櫻子「は?向日葵が歳納先輩と?」

京子「うん、そうなんだよ、櫻子ちゃん、だから、今後は櫻子ちゃんと一緒にいる時間は減ると…」

櫻子「おい、向日葵」

向日葵「な、なんですの」

櫻子「なんで歳納先輩なんかとつきあうの?」

京子(なんかって言われた…)


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:29:40.86 ID:CiWPHnxX0


櫻子「向日葵、歳納先輩と私、似てるって言ってたじゃん」

櫻子「似てるんなら、別に歳納先輩と付き合わなくても、私が可愛がってあげるって」

向日葵「……」ボソ

櫻子「ん?」

向日葵「貴女と京子さんは全然違うって言ったんですの」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:30:36.91 ID:CiWPHnxX0


向日葵「京子さんは貴女と違ってちゃんと気配りが出来ますわ」

向日葵「無茶やってるように見えて、ちゃんと周りを大切に守ってあげてるんです」

向日葵「ただ自分のやりたいことだけをやってるだけの貴女と一緒にしないで!」

向日葵「私の大好きな京子さんを侮辱しないで!」

櫻子「 」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:32:36.38 ID:CiWPHnxX0


京子(ひ、ひまっちゃん…何か、格好良い…)ドキドキ

京子(あ、あれ、なんだろ、このドキドキ…)

京子(わ、わたし、もしかしたら、ひまっちゃんの事…)

京子(だ、だめだよ、これは、演技なんだから、ただの演技なんだから…)ポロ


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:33:17.83 ID:CiWPHnxX0


向日葵「え、きょ、京子さん、どうして泣いて…」

京子「え、わ、私、泣いてる?あれ?」ポロポロ

京子「あはは、な、なんでだろうね、あはは…」グスン

京子「ごめん…わたし、ごめん…!」タッ

向日葵「京子さん!待って!」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:35:00.53 ID:CiWPHnxX0


~屋上~

京子「わ、私、どうして逃げちゃったんだろ…」ハァハァ

京子「せっかく、ひまっちゃんが演技してくれてたのに…」

京子「……」

京子「そっか、演技を見てるのが、辛かったんだ…」

京子「私、私、本当に、ひまっちゃんが好きになっちゃったんだ…」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:36:35.59 ID:CiWPHnxX0


向日葵「京子さん…」

京子「ひまっちゃん……ひょっとして、今の…聞いてた…?」

向日葵「はい、すみません、聞こえてしまいまして…」

京子「あ、あはは、ご、ごめんね…ひまっちゃん」

京子「私、単純だからさ、演技してるだけなのに、ひまっちゃんの事を…」

京子「だ、大丈夫、忘れるから、この気持ち、忘れるから…」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:37:08.69 ID:CiWPHnxX0


向日葵「京子さん…!わ、私も…!」

京子「……!?」

向日葵「京子さんの事、演技じゃなくて、本当に、好きになっちゃったみたいなんです…」

京子「え……」

向日葵「京子さん、優しいですし…へ、変な事して来ないですし…///」

向日葵「そ、それに、さっきの、私を守ってくれるって言ってくれてたの、凄く///」

向日葵「嬉しかったから///」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:38:01.79 ID:CiWPHnxX0


京子「ひ、ひまっちゃん…」

向日葵「京子さん…」

京子「わ、私も、ひまっちゃんの事が好き…だから…」

京子「あ、あの、じゃあ、演技じゃなくて、こ、恋人として…」

京子「つきあって…くれるかな…」

向日葵「は、はい、喜んで///」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:38:24.20 ID:CiWPHnxX0


京子「ひまっちゃん…」

向日葵「京子さん…」

京子「と、と、と、とりあえず、手を繋いでいいかな///」

向日葵「も、もう、繋ぐだけですよ///」

京子「そ、それ以上のことなんて、ドキドキしすぎで出来ないよ///」

向日葵「わ、私も、顔から火が出そうですわ///」

京子「じゃ、じゃあ、繋ぐよ///」

向日葵「は、はい///」


ギユ


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:39:23.34 ID:CiWPHnxX0


~翌日~

ちなつ(ううう、京子先輩、2日も娯楽部に来ないなんて、もう、私、限界なんだけど…)

ちなつ(京子先輩に、ㄟ⁰ㄋㄟ⁰ㄋされたいよお、もう、ずっとパンツ履かずに待ってるのに)

ちなつ(どうして来てくれないんだろ、私のほうから行こうかな?)

ちなつ(けど、それだと何か必死みたいで恥ずかしいし)

ちなつ(けど、もう、もう我慢できないよ…)


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:40:22.20 ID:UVOVG6E00


やだ、このぺろぺろ怖い・・・


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:40:25.53 ID:CiWPHnxX0


結衣(京子、昨日も私の家に来なかった、向日葵さんと付き合ってるって本当なのかな)

結衣(うう、京子の身体、弄りたいよお、モミモミしたいよお…)

結衣(家に帰ったらすぐに裸になって、何時、京子が来てもいいようにしてるのに…)

結衣(どうしよう、メールで誘おうかな、けど、何か必死みたいに思われたら嫌だし…)

結衣(けど、けどもう我慢の限界が…)


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:40:47.50 ID:CiWPHnxX0


あかり(京子ちゃんを監視していたカメラが全部壊されてる…)

あかり(京子ちゃんを追跡してもすぐに撒かれちゃうし…)

あかり(何時も向日葵ちゃんと一緒にいるから、二人きりになれる機会がないよお)

あかり(京子ちゃんの身体、あかりが綺麗にㄟ⁰ㄋㄟ⁰ㄋしてあげたいのに、ㄟ⁰ㄋㄟ⁰ㄋ…)

あかり(もう我慢できないよお…)


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:40:52.56 ID:4bV/Uq0X0


ㄟ⁰ㄋㄟ⁰ㄋ


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:41:32.78 ID:CiWPHnxX0


綾乃(歳納京子のほっぺ、柔らかかったな…)

綾乃(ふ、ふへへ…)ポー

綾乃(もう1回頼めば、してくれるかな…けど、嫌われたら嫌だし…)

綾乃(というか、最近、向日葵さんと仲が良いみたいなのよね…)

綾乃(まあ、どう見ても友達としてみたいだから、気にはしてないけど…)

綾乃(歳納京子、今日も可愛い…)ポー


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:43:27.46 ID:CiWPHnxX0


向日葵「京子さん、ちょっとそのプリント取ってもらえます?」

京子「うん、これかな」サッ

向日葵「ありがとうございます」サッ

京子(あ、渡すときに…///)

向日葵(手が触れてしまいましたわ///)

京子「ご、ごめん…///」

向日葵「こちらこそ…///」

綾乃「……」ボー


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:44:30.21 ID:CiWPHnxX0


京子「もう、綾乃、ちゃんと仕事しようよ!」

綾乃「あ、ごめんなさい、ちょっとボーっとしてたわ」

向日葵「さっきの会議で1時間も娯楽部継続を訴えてましたし、疲れが出てきてるんじゃないでしょうか?」

京子「綾乃、本当にありがとうね…」

綾乃「べ、別に歳納京子の為にやったわけじゃないんだからね!」

綾乃「そ、それに、私だけじゃなくて、向日葵さんも頑張ってたじゃない」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:45:19.84 ID:CiWPHnxX0


京子「最終的には数日間生徒会の手伝いをするだけでOKって話になったし」

京子「本当に、二人にはどんなに感謝してもし足りないよ、ありがとう!」ニコ

綾乃「///」

向日葵「///」

京子「そうだ、これは前に綾乃にも言ってたことだけど…」

京子「二人とも、娯楽部に入らない?」

京子「きっと楽しいよ?」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:46:11.71 ID:CiWPHnxX0


綾乃「な、なに言ってるのよ歳納京子、生徒会があるのにそんな事…」

向日葵「そ、そうですよ、京子さん、とても部活に時間を裂くなんて…」

京子「その辺は、時間がある時だけで構わないからさ」

京子「だから、二人には娯楽部へ入って欲しいんだ」

綾乃「歳納京子…」

向日葵「京子さん…」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:47:41.71 ID:CiWPHnxX0


綾乃「そ、そうね、会議では娯楽部継続が決まったけど…」

綾乃「それを推進した私には娯楽部の活動を毎日確認する義務があるわ」

綾乃「だ、だから、入部したくないけど、入部してあげるわよ!」

向日葵「くすっ、じゃあ、私もその付き添いという事で、お邪魔させていただきますわ」

京子「ふ、ふたりとも、ありがとう!」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:48:23.40 ID:CiWPHnxX0


~娯楽部部室~

ちなつ「はあ、はあ、京子先輩、わたし、もう、我慢できないよお」シュッシュッ

結衣「京子…京子…せつないよ、せつないよぉぉっ」ビクビク

あかり「京子ちゃん、ㄟ⁰ㄋㄟ⁰ㄋしたい…京子ちゃぁぁぁぁんっ」スリスリ

ちなつ「早く、早く来てください、京子先輩…早く舐め舐めしてぇ…」シュッシュッ

結衣「京子、また、またいっちゃうよ、あん、京子ぉぉぉ」

あかり「京子ちゃん、京子ちゃん、じらさないで、お願い、はやくぅ…」スリスリ


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:49:34.98 ID:CiWPHnxX0


~生徒会室~

京子「よし、生徒会の仕事も終わったし、ちょっと遅くなったけど娯楽部に寄ってみる?」

綾乃「そうね、船見さん達にも挨拶しておきたいし」

向日葵(杉浦先輩が居てくれるなら、船見先輩たちも無茶はしませんよね…)

京子「じゃあ、そうと決まれば三人で娯楽部にれっつごーだ!」

綾乃「い、言っておきますけど、これはあくまで査察ですからね、部室で変なことしてたら、即座に廃部なんだからね!」

京子「あはは、大丈夫だよ、綾乃は真面目だなあ」プニプニ

綾乃「///」

向日葵「もう、京子さん!」キッ

京子「ひ、ひまっちゃんこええ…」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:50:26.30 ID:CiWPHnxX0


≪この日、娯楽部は廃部になった≫

≪直後、歳納京子は生徒会に入った≫









112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:52:06.79 ID:4bV/Uq0X0


おい!


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 20:52:10.45 ID:t4gfb4XD0


ワロタ


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 21:04:14.03 ID:iamJEMcv0


        _.r-―‐-,、_    こ、これは乙じゃなくて
      __,ノ -─―‐-,、)   乳首を引っ張られてるだけなんだから
ー‐''"´ ̄   -─―‐-,、)   変な勘違いしないでよね!!
         -─―‐-,、)                ,;r'"
        r-─―‐-、)______         ,ノ
        |     (_       〉      ,ィ´
 ____    "、____,ノ⌒i ̄ ̄フ /      ,;r'"
     ̄``'‐、____,_..-'" / /     .,‐':、
                /  {____,ノ  ゙l、
               〈           }
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``'‐、,i´
                          `ヽ、         ノ
                             ``'ー、     ,人



    スポンサーサイト京子「みんな娯楽部やめないで」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。