スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和「もしかして和って変換する時に、「わ」って打ってない?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: けいおん!SS | 更新日: 2011/12/08 19:30
12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 23:27:19.25 ID:XCPGXOjjO


和「~~~ってことで。今日は遅いしこれぐらいで」

生徒会の子「は~いお疲れ様でした~」

和「みんなお疲れ」

生徒会の子「あっ、さっきのこと後から調べてメールしますからメールアドレス教えてくださいよ和会長」

和「もう、会長はやめてよね」

ポケットから女の子には不釣り合いの黒い携帯を出す和。

生徒会の子「すみません和先輩。じゃあ赤外線で~……完了っと! へへっ~和先輩のアドレスゲット~」

和「何がそんな嬉しいのよ全く……」

生徒会の子「早速登録登録~っと」ポチポチ

和「」くわっ

和「ちょ、ちょっと!!!!」

生徒会の子「はい?」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 23:31:40.51 ID:XCPGXOjjO


生徒会の子「何ですか和先輩?」

和「え、えっと……大したことじゃないんだけど……私のアドレスってなんて登録してる?」

生徒会の子「え? 普通に「和」先輩ですけど……」

和「そ、そうよね? 「和」よね」

生徒会の子「そうですよ~おかしな和先輩」

和「あはは……ごめんね」

生徒会の子「じゃあ登録しちゃいますね」

和「ええ」

生徒会の子「わ→和」ピピ

和「……ちょっといい?」

生徒会の子「えっ?」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 23:35:49.91 ID:XCPGXOjjO


和「ごめんなさい……ちょっと疲れてるからかもしれないんだけど……」

生徒会の子「は、はあ……」

和「私の見間違いじゃなかったら……さっき携帯のわ行に親指が伸びたわよね?」

生徒会の子「え、あ、はい。それがどうしましたか?」

和「あなたさっき和先輩で登録するって言ったわよね?」

生徒会の子「は、はい……会長の方がいいですか?」

和「そういう意味じゃなくて……」

生徒会の子「? さっきから変ですよ和先輩?」

和「その「和」はどっちから生まれた和かしらね……」ブツブツ

生徒会の子「?」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 23:41:13.45 ID:XCPGXOjjO


和「ま、まあいいわ……早く帰りましょう(見なかったことにしよう)」

生徒会の子「そうですね。いつの間にか私達だけですし」

和「じゃあ戸締まりするから」

生徒会の子「は~い」

和「(どうかしてたわ……あんな小さなことで目くじら立てるなんて……ちょっと疲れてたのね)」

生徒会の子「登録登録~」ピ

和「チェケラッチョイ!!!」ガバッ

生徒会の子「わっ!」

和「鍵を閉めてるからって油断したわね! さあ! 見せてもらうわよ!!!」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 23:47:39.45 ID:XCPGXOjjO


わの予測変換
和 和先輩 和会長 和さん

和「……」

のの予測変換

残り汁 伸びた 脳内 濃厚 ノシ

和「これは一体どういうことっ!!? 「の」の予測変換にも突っ込みたいけど敢えてスルーしとくわ!」

生徒会の子「どういうことって言われても……「わ」から行った方が早いですし……」

和「でもあなたは私のことを「のどか先輩」と登録するって言ってたわよね……?」

生徒会の子「そうですよ。だから「わ→和→和先輩」って……」

和「それじゃ「わ」先輩じゃないのっ!!!!」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 23:54:36.52 ID:XCPGXOjjO


生徒会の子「え~……私はちゃんと「和」先輩って思ってますから大丈夫ですよ~」

和「あなたが良くても私が良くないわっ!! 「わ」から生まれた和と「のどか」から生まれた和は全くの別物なの!!!」

和「それはあなたは早いからって……! 早ければ偉いのっ!? 何でもしていいの!? 人の名前変えていいのかしらっ!?」

生徒会の子「え……はあ……その……すいません(和先輩って変なところで細かいなぁ)」

和「じゃあ早く「のどか」→和で登録しなさい! さあ早く! それ早く!」

生徒会の子「わかりましたよ~……」ピピピピピピピピピピピピ下


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 23:58:14.54 ID:XCPGXOjjO


生徒会の子「……あれ?」

和「どうかした?」

生徒会の子「和先輩……私の携帯「のどか」って打っても和って出ないんですけど……」

和「……えっ?」

和「う、嘘よね?」

生徒会の子「ほんとですよ。ほら」

和「……」

のどか予測変換

のどかな 和夏 喉か 長閑 咽か 温 ノドか ノドカ

和「嘘……なんで……」

生徒会の子「和をのどかって読むのは珍しいんじゃないんですか?」

和「……」ピピピ……

生徒会の子「(うわっ……なんか勝手にいじられてるし)」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:03:40.88 ID:s6VYyHYNO


和「……」のどか→和夏×ブッブー

和「……」わ→和○ピンポンピンポンッ

和「こんなのって……」シュン……

生徒会の子「……そんな落ち込まないでくださいよ和先輩。ちゃんと和で登録しますから(和夏をけ(ry」

和「和夏の夏を消して……でしょ? それだとのどじゃない……」ノドドン……

生徒会の子「あっ! ほら! ちょっと貸してみてください」

和「?」

生徒会の子「こうやって~……のどかを辞書登録して和にすれば……出来ましたっ!」

和「何が出来たの?」

生徒会の子「ふっふっふーいいからのどかって打ってみてくださいよ和先輩!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:09:32.95 ID:s6VYyHYNO


和「どうせまた「和夏」がでしゃばって……」

のどか予測変換

和 和夏 喉か 咽か 長閑 ノドか

和「あっ……私の名前……なんで……」

生徒会の子「へっへ~辞書登録したんですよ! こうして漢字と……その読み仮名を書いて登録すると……はいっ! それが予測変換に登録されちゃうんです!」

かいちょう予測変換

和 会長

和「凄いわっ!!!!!!…… コホン……へ~凄い機能ね」

生徒会の子「(喜んでる喜んでる)」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:13:56.85 ID:s6VYyHYNO


生徒会の子「これでほんとに和先輩って登録出来ますね」

和「そうね……」

生徒会の子「じゃあ登録しますね~ふっふふ~ん♪」ピピピ

和「あの……」

生徒会の子「なんですか?」

和「怒ってない…?」

生徒会の子「何でですか?」

和「だってこんな小さなことにグチグチ口挟んじゃったから……」

生徒会の子「あ~……そうですねぇ~……」

和「やっぱり怒ってるわよね……ごめんなさい。私このことになると周りが見えなくなっちゃって……治さなきゃって思ってるんだけど…」

生徒会の子「いいんじゃないですか? そのままで」

和「えっ…」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:21:23.04 ID:s6VYyHYNO


生徒会の子「和先輩は凄く名前大事にしてるって思いましたし」

和「大事にしてないかしてるかと言われれば…してる…わね」

生徒会の子「いいじゃないですか。のどかって素敵な名前だと思いますよ!
その名前を大切にすることがいけないことなんて誰も言いませんよ」ニコッ

和「…ありがとう」

生徒会の子「それに「わ」→和なんてしてるのなんかめんどくさがりの私ぐらいですよ!」

和「そうだといいけど……ね」

生徒会の子「さっ、帰りましょう和先輩!」

和「ええ」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:28:48.52 ID:s6VYyHYNO


真鍋家

和「X=YUI Y=UIの場合の公式は……」

デフォルト3~♪

和「メールかしら」ピピピ

from平沢唯

件名(`ω´)ふんす~

本文
和ちゃん明日当てられそうだから勉強教えてぇ~
∥*>д<)おねが~い


和「全く唯ったら……」

和「「仕方ないわね、今回だけよ」っと送信」

和「……この「和ちゃん」ってどっちかしら……気になるわ」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:35:41.03 ID:s6VYyHYNO


和「ゆ、唯だもの……わちゃんなんて打ってるわけ……」

__________
唯「の、ど、か……あれ~? 出ないや~。わ→和ちゃんでいっか~早いし」

_ ________
 0o。
  和「あり得るわね……」

和「ってこんな小さなことぐらいでいちいち気にしてちゃ……でも……」


__________
律「お~い「わ」~」澪「やっぱり「わ」は凄いな」
紬「「わ」ちゃんのお弁当美味しそう」
唯「「わ」ちゃ~ん」
_ ________
 0o。
  和「やっぱり変よ……私の名前はのどかなのに……わ→和なんて……」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:38:30.73 ID:s6VYyHYNO


和「明日確認してみようかしら……」


和「今日はもう寝ましょう……頭がいっぱいで勉強に手がつけられないわ」

眼鏡を外しベッドに身を埋める。

和「みんな……信じてるから」

わ→和なんて……してないわよね?



その日和は「わ」に追いかけられる夢を見た。


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:45:36.35 ID:s6VYyHYNO


翌日!

唯「和ちゃ~んへるぷみ~」

和「全く……しょうがないわね」

律「和様ぁ~私めにもどうか~どうか~」

和「律は澪に教えてもらいなさい。私のところにはこの人一倍手のかかる生徒で手一杯よ」

唯「でへへ」

律「ぬぉ~なら紬様~紬様はおるかぁ~?」

澪「ムギは今日日直で先生に頼まれたプリント取りに行ってるだろ」

律「ちぇっ、じゃあ澪でいーや」

澪「なあ律……じゃあってなんだ? じゃあって……」

澪「ふんっ」ゴチンッ
 律「じゃあ……わしゃ年寄りで耳が遠いんじゃあぎゃふんっ!」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:49:39.60 ID:s6VYyHYNO


律「澪様教えてくださいまーしー」

澪「普通に頼めばいいんだよ……全く律は」

和「ふふ、お互い手のかかる幼なじみを持つと大変ね」

澪「そうそう」

律「そんないっつも迷惑かけてるみたいに言うなー」
唯「そうだー!」

律「我々にも人権はあるんだぞー」
唯「そうだー!」

和「いいから……」

澪「真面目にやりなさい」

律唯「はい……」カキカキ


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 00:57:18.61 ID:s6VYyHYNO


澪「そう言えば和。朝のメールって……本気なの?」

和「えっ? あ、うん……ちょっと頑張ってみようかなって」

澪「さすが和だな~私なんて狙うって言うことすらおこがましいレベルだよ」

あれを確かめる為に朝みんなにメールを送ってたの忘れてた……澪にはなんて送ったかしら。
確か私の名前を聞き返してくれる内容だったような……。

澪「しかし凄いな~東大狙うなんて。さすが和」

和「」ブフッ

律「えっ!!? 和東大狙うの!? マジで!?」

和「えっ…その……ちょっと(ちょっとで済まないわね…)狙ってみようかなって…」

朝の私何てこと送るのよ!


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:03:16.32 ID:s6VYyHYNO


思い出した……!

確か東大受けようと思うんだけどって送ったんだった……。
そしたら澪から和が!?って……やりとりがあったような……。

澪「゛東大 ゛って言っても和なら無理とは言い切れないよな」

律「そうそういくら゛東大 ゛って言っても和なら何とかしそうだよな~」

「えっ? 和ちゃん東大行くの?」
「さっすが生徒会長~」

まずいわ……このままじゃリアルに東大受けなきゃならなくなる……!
名前の変換がどうとかの為に無謀なトライさせられて人生クライなんてまっぴらごめんよ!

和「ま、まあその話はいいじゃない……」

何とかごまかさないと……。


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:10:09.53 ID:s6VYyHYNO


唯「和ちゃん……」

和「な、なあに唯?」

何でそんな涙目でこっちを見てくるの唯……。
罪悪感に苛まれるじゃない……。

唯「置いてかないでくだせえ~っ」ぎゅむう

和「ちょ、ちょっと……」

唯……。

唯「」ぎゅむぎゅむ
和「」よしよし

律「あっ、そう言えば私のとこにも朝メール来てたけどさ……あれって本気なの?」

和「えっ……なんて送ってたかしら……?」

律にはなんて送ったっけ……。

律「だぁかぁらっ! その……(小さな声(確か二人でデート行こうとか……」プスプスプス…

和「」

ちょっと朝の私出てこい。名前の為に必死過ぎでしょう……!


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:15:17.76 ID:s6VYyHYNO


思い出したわ……そう言えば律には今度デートしない?って送って……。
律からは和と!? って来たんだっけ……。

和「え、っとね、デートって言うか二人で買い物みたいな……」

律「……(なーんだ」

和「えっ」

律「だよなぁ~!! ってか和が言うと冗談に聞こえないんだよ!」

和「その……ごめんなさい」

唯「」ウルウル

だからまたあんたはなんでそんな瞳に涙を溜めてるの!

唯「幼なじみトレードに出さないでくだせえぇ~」ぎゅむう

和「出さないから……落ち着きなさい」

携帯見せてもらうフリしてさっさと調べましょう……。


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:19:44.91 ID:s6VYyHYNO


和「澪、ちょっといい?」

澪「」

和「澪?」

澪「(和と律がデート? えっ? なんで……? まさか和は律のこと……)」

何かもやもやしてるみたいだから先に律から調べましょうか……。

和「律、ちょっと携帯見せてくれない?」

律「携帯? 別にいいけど、はいよ」

和「ありがとう」

案外あっさり渡してくれたわね。さて、機種とか見て聞く間に「わ」の予測変換を調べ……。

待ち受け

 和律

和「……えっ」

律「……ああああっとおおおおおおおおちょっとごめんあそばっせええっ!」ピピピピピピ

和「……」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:23:43.47 ID:s6VYyHYNO


律「……へいお待ちっ!!!」ハア…ハア…

待ち受けがベイブレードを持った荒くれ小学生なものに変わっている。
これはこれでどうかと思うけど……。

和「ねぇ律、さっきのって……」

律「えっ? あ~修学旅行で撮ったやつ! 忘れたのか~? ゛たまたま ゛それにしてたんだよ゛たまたま ゛」

和「そう……ならいいけど」スチャッ

わ予測変換


こいつ……黒か。

律「で私の携帯がどうかした?」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:27:46.26 ID:s6VYyHYNO


和「ねぇ律……あなた私の名前携帯で打つ時どうしてる?」

律「ん? どうって?」

和「だから和に行き着くまでの過程の話よ。もしかして……わ→和にしてない?」

律「あれ? なんでわかったの? いや~のどかで打っても出ないからさ~」

和「……」

律「和……?」

和「わちゃんわちゃん言われてるこっちの身にもなりなさいよ!!!!」

律「とわっ! なんだよ急に……大声出すなよ」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:31:40.68 ID:s6VYyHYNO


和「あなたが私に送って来たメールは全て「わ」ちゃん宛てだったのね! 間違って「のどか」が返信してごめんなさいね!」

律「何いってんだよ……和に送ったに決まってるだろ?」

和「ならちゃんと「のどか」って打ってよ……漢字だからって誤魔化さないでよ……」

律「でもさ~のどかって打っても和って出な(ry」

和「」ピピピピピピ

和「はい、これで出るようになったわ!」

律「あ……うん」

和「次から気をつけてね」

律「あ……うん……」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:34:33.16 ID:s6VYyHYNO


澪「(でもそうだとしたらいつからだろう……そんな素振り見せなかったし……)」

和「澪」

澪「(やっぱり修学旅行とかからかな……修学旅行は急接近するって言うし……私も何かしとけば)」

和「みーお」

澪「あひゃいっ!」

和「携帯、見せて」

澪「えっ? えっ?」

和「これはね……私の尊厳を守る戦いなの。お願い、貸してちょうだい」

澪「何かよくわからないけど……はい」

和「」スチャッ



和「あら?」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:39:42.43 ID:s6VYyHYNO


和「予測変換してないの?」

澪「うん。歌詞をメモする時、余計なインスピレーションが入らないようにって」

和「へ……」

じゃあわからないわね……。

和「」

おもむろにアドレス帳の自分の登録されてる所を見る。

和「……がっ」

和「……澪……信じてたのに……信じてたのに……!」

澪「えっ……? 何が?」

和「これよ!!!」

和が見せつけたもの、それはアドレス帳の登録ふりがな欄。

真鍋和
マナベワ

そう、これは打ち込んだ漢字に自動でふりがながつくシステム……故に発覚した。
澪のわ→和が。

裏切りの……「わ」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:45:27.82 ID:s6VYyHYNO


和「朝のメールも「わ」ちゃんだったのね!」

澪「その……ごめん。律と同じ理由で……出なかったから」

和「」ピピピピピピピピピ

和「これで出るわ……」

澪「あ、ありがとう…?」

和「……はあ」

澪「……」

和「」チラッチラッ

澪「……」

和「……はあ」

澪「ごめん……そんな気にしてるなんて思わなくて」

和「いいのよ……アドレス帳のワちゃんさえ直してくれたらそれで……」

澪「今すぐ直すから!」ピピピ……

和「……」

結局誰も私のことをのどかなんて呼んでないのよ……心の中じゃ「わ」ちゃんなのよ……。


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:52:28.27 ID:s6VYyHYNO


唯「えっへへ~「和」ちゃん」

和「唯……」

そうよ……唯ならきっと。
幼なじみで付き合いも長いんだしめんどくさいなんて理由で「わ」→和なんかにしてない筈……。

和「唯……信じてるから、私。携帯見せて?」

唯「いいよぉ~」

太陽みたいな眩しい笑顔で承諾する。
ああ……あなたが太陽なら私は月になってずっとあなたの光を受け続けるわ……唯。

唯「はいっ! 和「わ」ちゃん」

和「あんたはずっと「わ」ちゃんって言ってたのね今わかったわええわかったわええっ!」

唯「冗談だよ和ちゃ~ん」

和「もういいわよ……わちゃんでものどかちゃんでもまどかちゃんでもかずちゃんでも眼鏡っ子でもウルトラセブンでも好きに呼べばいいわ……」トボトボ


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 01:56:41.38 ID:s6VYyHYNO


紬「あれ? 和ちゃん何かあったの?」

和「ムギ……(はアドレスさえ知らないか)何でもないわ」

11Rを戦った後のように席にくたりと座り込む。
終わった……戦いは終わったのだ。

「わ」ちゃんにのどかちゃんは完全敗北……次のラウンドには判定が下るだろう。

明日から私の名前はわちゃんだ……情報社会に置いてきぼりなのどかちゃんなんて名前はもう……。

和「」シクシク


律「和のやつどうしたんだ?」
澪「さあ……」
唯「どうしたんだろうね~わちゃん」
紬「私の出番もうおしまい?」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 02:01:14.80 ID:s6VYyHYNO


──公園

夕焼け……私は何故かブランコを漕いでいた。

和「」キーコキーコ

茜色に染まる公園……それを演出しているのは太陽。

太陽……唯……。

太陽「わちゃん」

和「……」ブンブンッ

太陽までが私をわちゃんと呼ぶ幻聴まで聴こえ出した……。

もう長くはないだろう。もう少しすれば私はわちゃんになるのだ……可愛げも丸みもないただの一文字……「わ」
それが私の名前……。

嫌だ……! そんなのっ! 私はのどかよっ!

のどかっ! 和なのっ!

「和ちゃん」

その時、声がした。


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 02:05:15.44 ID:s6VYyHYNO


その声の主は優しく……それが当たり前かのように私の名前を呼んでくれた。

その声の主は……

和「憂……」

憂「お姉ちゃん達心配してたよ?」

和「そう……」

心配してたのは……果たしてどっちかしらね。

憂「隣いい?」

和「ええ」

憂「」キーコキーコ
和「」キーコキーコ

憂「こうしてると昔を思い出すね~」

和「そうね……泥だらけになるまで遊んだっけ……」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 02:10:20.77 ID:s6VYyHYNO


憂「覚えてる? 昔ここでかくれんぼして……」

和「覚えてるわ……。唯が鬼で……ずっと見つけられなくて泣き出して」

憂「私が心配になって出ていって一緒に和ちゃんのこと探したんだよね」フフフ

和「そうそう。和ちゃ~んどこ~って一生懸命叫んで……」

和ちゃ~んどこ~?

唯「和ちゃ~んどこ~?」

って……あれ?

憂「今も昔も変わってないね、お姉ちゃんっ」

和「ほんとね……全くあの子ったら……」

あんな大声で呼ばれたら……恥ずかしいじゃないの。

唯「和(のどか)ちゃ~ん~どこ~?」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 02:16:08.43 ID:s6VYyHYNO


今も昔も……私の名前はのどかなのね…。
これからもずっと……。

和「帰りましょう、憂」

憂「うんっ! 和ちゃん」

打ちやすいから「わ」→和、それもいいわ。
本当は和(わ)でも、私の為に打ってくれれば別の意味が生まれるのも確かなんだもの。

のどかという意味が。
むしろ逆に和って言葉を見たらのどかってイメージするぐらいにしてやろうじゃない。

上等よ、覚悟しなさい……「わ」ちゃん。


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 02:20:57.85 ID:s6VYyHYNO


憂「ね、これ見て」

和「ん?」

私に向けられた……憂の携帯?
そこには「わ」の予測変換があった

わ予測変換
わかった 忘れた 私の 渡して

和「あれ……ない?」

憂「えへ~」

のどか予測変換

和ちゃん大好き 和ちゃん 和さん 和ちゃ~ん 和お姉ちゃん のどかちゃん 和ちゃんと買い物行きたいな
和ちゃん今度遊びに来て 和ちゃん今日晩御飯食べに来て 和ちゃん今日泊まってって

和「憂……ありがとう」

本当に……この姉妹には勝てないわね。


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 02:25:58.95 ID:s6VYyHYNO


唯「和ちゃ~ん」


和「また泣き出す前に出ていってあげないと」クス

憂「お姉ちゃんももうそんな子供じゃないよ~」フフフ

憂「……ねぇ和ちゃん」

和「ん? どうしたの憂」

憂「携帯……見せて?」

和「いいけど……どうかしたの?」

憂「うん……ちょっとだけ……ね」

憂「」ピピピ……ピピピ……

和「? ……? ……!」

ま、まさか……!

和「う、憂っ! やっぱり携帯返し(ry」

憂「おかしいよ……? 和ちゃん。ういって打っても憂って出ないよ……? この携帯」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 02:31:17.83 ID:s6VYyHYNO


和「あのね……それは……」

まずい……

憂「変だよね……最低でも「う」で出してると思ったのに……まさか「う」の予測変換で全く出ないなんて……さ?」

和「それはあのえっとその……」

憂「……!? もしかして!!!」ピピピ……

和「憂?! ちょっと待って「ゆ」行はやめなさい「ゆ」行はっ!」

ゆの予測変換

憂鬱 夕焼け ゆっくり 故に 唯梓 油断

憂「和ちゃん……「ゆううつ」の鬱を消して憂……に?」

和「その……あの……ごめんなさい」

憂「う……ううっ……うああああああああん」ポイッ

和「ああアあっ! 私の携帯が噴水にいいいいいいっ!!!!」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 02:36:27.00 ID:s6VYyHYNO


憂「和ちゃんは純ちゃんや梓ちゃんとは違うと思ってたのにいいっ!!!」トッタトッタトッタ

和「ごめんね憂いいいいいいいい」トッタトッタトッタ

憂「私はゆうじゃないも~~~~~~んっ!!!!!」トッタトッタトッタ

和「ごめんねういいいいいいいいいい」

唯「あれ? 二人ともなにやってるの? 鬼ごっこ?」

こうして、唯の家まで三人で鬼ごっこ?をしましたとさ。

その日憂の機嫌を治す為に唯の家に泊まったのは言うまでもない。

和「こういうことになりかねないからみんな名前を打つ時はちゃんとその人の名前で打たないと駄目よ?
漢字だからって誤魔化さないこと」

和「私(和(のどか)との約束ね」ニコッ

おしまい


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/19(土) 08:55:44.97 ID:aC4t6eRc0


おつ
面白かった



    スポンサーサイト和「もしかして和って変換する時に、「わ」って打ってない?」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/12/09(金) 23:18:21.00 ID:SSJUNKIE715
  2. 俺は「かず」って打ってるよ
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。