スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやせ「ベッドの上ではお兄さんに逆らえない」 桐乃「」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (1) | カテゴリ: 俺の妹がこんなに可愛いわけがないSS | 更新日: 2011/12/20 19:30
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 01:16:54.50 ID:TyZFKhRx0


桐乃「えっ・・・」

あやせ「へへっ///」どやっ

桐乃「うけるーwwwアイツ普段はヘタレなのにーwwあやせには強気なんだww」

あやせ「えっ・・・」

桐乃「私とやる時は甘えっぱなしなんですけどーwww」

あやせ「・・・」プルプル

桐乃「ぎゃははwww」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 02:14:52.06 ID:ZDy+l8if0


あやせ「って話を桐乃からきいたんですけど」

京介「……」

あやせ「お兄さん、どういうことなんですか?」

京介「そのーだな……それはな……」

あやせ「私は別に怒ってなんていませんよ?ただなんで私とヤっておきながら桐乃にも手を出したんですか?」

京介「い、いやだからな!それは……」

あやせ「……私じゃお兄さんを満足させられないのですか?私の何が物足りなかったのですか?私はどうすればお兄さんを満足させてあげられるのですか?
ねぇ……お兄さん聞いてます?無視されると殺しちゃいますよ?死んじゃいますよ?ねぇ…何か言ってくださいよ……言えって言ってるでしょ!!」

京介「 」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 03:04:58.24 ID:ZDy+l8if0


京介「ま、待て!落ち着け!」

あやせ「落ち着け?私は常に冷静ですよ?お兄さんこそなんでそんなに慌ててるんですか?
堂々とすればいいじゃないですか。俺は桐乃と性行為しましたって。別に私は怒ってないんだし」

京介「お前が殺すとか言うから焦ってるんだろうが!」

あやせ「焦る?何でですか?お兄さんが最も愛してる女性の目の前で息を引き取るだなんて……ロマンチックじゃないですか//」

京介「良し。まずその手に持ったハサミを地面に置こうか」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 03:12:38.02 ID:ZDy+l8if0


あやせ「……話が逸れました。ではお兄さんに質問します。拒否権はありません」

京介「話を逸らすな!ハサミを置け!」

あやせ「質問します」

京介「だから話を……」

あやせ「質問します」チャキ

京介「ひぃっ……わ、分かったから!答えるからハサミを向けるな!」

あやせ「……向けるな?」

京介「向けないでください、あやせ様」

あやせ「……ふーん。まぁ良いです。じゃあ質問します。私に何か不満がありますか?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 03:26:25.22 ID:ZDy+l8if0


京介「不満?んなモノあるワケ無いだろ」

あやせ「つまり私の身体で満足していると」

京介「む……それだとヤり目的で付き合ってるみたいじゃないか」

あやせ「実際そうじゃないですか。最近は会う度に一日中……」

京介「それはあやせが可愛すぎるからであって……」

あやせ「キャッ……虫酸が走ります///刺しますよ?///」

京介「おかしい!この流れ絶対おかしい!」

あやせ「……まぁ私に不満は無いんですね」

京介「強いて言うなら話を逸らさないでいただきたい」

あやせ「次の質問です」

京介「オイ。俺の話を聞いてたか?話を逸らすなと……」

あやせ「次の質問です」チャキ

京介「オーケーオーケードンドン答えます」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 03:42:32.01 ID:ZDy+l8if0


あやせ「お兄さんが従順になった所で質問です。私との行為中に何が物足りないんですか?」

京介「物足りない訳じゃないが……」

あやせ「行為に不満があるんですか?自分で言うのもアレなんですが……私結構お兄さんの期待に添えられる様なプレイに応じてるつもりなんですが……」

京介「待て。その言い草だと俺が変態プレイを強要してるみたいじゃねぇか」

あやせ「違うんですか?」

京介「違うわ!一昨日だってお前が『今日は私が手錠を付けるのでお兄さんは私のことを沢山可愛がってください』って言ってたじゃねぇか!」

あやせ「……次の質問です」

京介「待て。コレについては逃がさないぞ。話を逸らすな」

あやせ「むっ……仕方ありません。確かにあの時は私から手錠プレイを望みました」

あやせ「ですけど!お兄さんも中々ノリノリだったと思います」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 08:25:39.31 ID:ZDy+l8if0


京介「うっ……それは確かにそうだったが……」

あやせ「お兄さんがお尻を叩いたせいで今でも真っ赤になってます」

京介「わ、悪かったな……」

あやせ「私も楽しかったから別に良いですけどね。話を戻します。行為に不満はありますか?」

京介「無いっちゃ無いが強いて言うなら……」

あやせ「強いて言うなら?」

京介「口で…して欲しいかなって」

あやせ「 ……汚らわしいモノを私の口に突っ込みたいと。お兄さんはアソコだけじゃなくて口も犯したいと」

京介「ゔっ……つ、次の質問行こうぜ!」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 10:37:28.43 ID:ZDy+l8if0


あやせ「まぁ私はベッドの上ではお兄さんの言いなりペットですから。私はいずれ無理矢理口を犯されるのでしょう」

京介「 」

あやせ「さて……現段階だとお兄さんは私に不満は無くてむしろ毎日穴という穴を犯したいみたいですが……」

京介「もう何とでも言え」

あやせ「そんな誰もが羨む状態のお兄さんはなんで桐乃と交わったんですか?桐乃の方が胸大きいからですか?妹って響きがそんなに好きなんですか?それとも私との関係は行為目的で本命は桐……」

京介「あのさ……さっきから言いたかったんだが」

京介「俺、あやせ一筋だぜ?」

あやせ「えっ……」

京介「桐乃に手を出すとか兄としてあり得ないんだが……」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 10:49:44.20 ID:ZDy+l8if0


あやせ「嘘です。桐乃が私に嘘を付くはずありません」

京介「いや本当だって。逆に俺からすればなんで桐乃がそんなこと言ってるのか分からねぇし」

京介「桐乃と手を繋ぐってだけでも反吐が出そうなのに、まして行為中甘えまくるとか死んでもやりたくないわ」

あやせ「……つまりお兄さんは桐乃とは淫らな関係ではないと」

京介「当たり前だろ」

あやせ「……じゃあ桐乃はなんで私に嘘付いたのでしょうか」

京介「さぁな。酔っ払ってたんじゃねぇの?」

あやせ「コレについては本人に直接聞きましょう」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 11:02:11.20 ID:ZDy+l8if0


京介「あ……」

あやせ「……どうしたんですか?突然何か思い出した様な顔をして……抉りますよ?」

京介「なんでだよ!悪い事してねぇじゃねぇか!」

あやせ「冗談です。で、どうしたんですか?」

京介「お前だと冗談に聞こえないんだけど……」

あやせ「良いから話してください。本当に抉りますよ」

京介「話す!話すから!スプーンを顔に近付けないで!」ガタガタ

あやせ「そんなにビビらなくても……私女の子なんですよ?その反応はちょっと傷付きます」

京介「えっ…あー悪い……ってなんで謝らなきゃいけないんだよ!眼球真近までスプーン近付けられたら誰でもビビるわ!」

あやせ「そうですか?怖がるお兄さんの姿は中々可愛くて……私は大好きですよ?」

京介「そんな愛の告げ方、嬉しくねぇわ!」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 11:18:50.35 ID:ZDy+l8if0


あやせ「そうですか……つまりお兄さんは私からの愛はいらないから身体だけ寄越せと……」

京介「違うわ!歪んだ愛情がいらねぇって言ってるんだよ!彼氏の怖がる姿を喜ぶ彼女とかおかしいだろ!」

あやせ「私はお兄さんの全てが好きですよ?ビクビクする姿も、手錠されてる姿も、私の胸を1時間くらい吸い続ける姿も、私を後ろから犯してる姿も全部全部大好きです」

京介「なんか素直に喜べねぇ……」

あやせ「話がかなり逸れました。私の愛情表現については後程ベッドの中で語りましょう。で、さっきは何を思い出したんですか?」

京介「なんか色々腑に落ちないが……いやさっきな唐突に思ったんだが、俺とあやせの関係は恋人じゃん?」

あやせ「まぁ世間体からすればそうなりますね」

京介「なんだよその含みのある言い方は……」

あやせ「いえ。続けてください」

京介「……そんで恋人だからその……色々するじゃん?」

あやせ「はい、色々しましたね」

京介「ってことはだな。桐乃にも彼氏が出来たらそういうことするのかなって……」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 11:33:45.34 ID:ZDy+l8if0


あやせ「……」

京介「それを考えてしまうとなんつうか……」

あやせ「まぁ良い気分じゃありませんよね」

京介「だろ!?俺も桐乃がそんなことを赤の他人とすると思うと……その彼氏殺しちまうかもしれねぇ。誰かに取られるくらいなら俺が……」

あやせ「えっ?」

京介「えっ?」

あやせ「……」

京介「……」

あやせ「ちょっと待ってください。お兄さんは桐乃とエッチなことをするのは死んでも嫌なんですよね?」

京介「当たり前だろ。なんで兄貴である俺が実の妹に手を出さなきゃいけない」

あやせ「はい。全くもってその通りです。兄妹でエッチなことなんてあり得ません。じゃあ桐乃に彼氏が出来たとします」

京介「彼氏をブン殴る一択だな」

あやせ「 」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 11:50:47.17 ID:ZDy+l8if0


あやせ「なんかおかしくないですか?」

京介「何がだ?あやせだって嫌だろ?桐乃が知らない男相手に股を開くなんて……」

あやせ「まぁ良い気分はしませんけど……私はその……お兄さんと付き合ってしまった訳であって……桐乃にどうこう言えないんですよ」

京介「は?意味が分からないんだが……」

あやせ「ですから!桐乃の好きな人を私は奪ってしまったと言いますか……」

京介「えっ……あやせ二股してるの?」

あやせ「なっ…違います!私はお兄さん一筋です!他の男なんて考えられません!」

京介「お、おう……」

あやせ「もう……つまりですね!その……私は桐乃の恋愛についてはどうこう言えないんです!」

京介「えっ……昔のお前なら桐乃に彼氏が出来たら殺しにかかる勢いなのに……」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 12:15:38.83 ID:ZDy+l8if0


あやせ「私だって桐乃に彼氏なんて嫌です!……けど……」

京介「だろ?嫌だろ?」

あやせ「でもそれっておかしいですよね。お兄さんは私とは付き合ってるのに、桐乃はダメって」

京介「いやおかしくない。兄と父親ってのは妹や娘に対しては理不尽であって良いモノなのだ」

あやせ「はぁ……なんか急に頭が冷めてきました。最後の質問です、お兄さん」

京介「まだ続いてたのか……それ」

あやせ「最後にしますから良いじゃないですか」

京介「まぁ良いけど……」

あやせ「今日これからどうします?桐乃は部活ですし、この家には私とお兄さんだけです」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 16:43:43.93 ID:ZDy+l8if0


京介「そ、そうだな。あやせはこの後何か用事があるのか?」

あやせ「いえ。お兄さんの為に一日空けてます」

京介「そ、そうか……」

あやせ「……お兄さん、これは新たなプレイか何かでしょうか?どうして焦らすのですか?素直に……」

京介「いや……ここでその……するの?」

あやせ「はい。それ以外無いじゃないですか。誰もいない彼氏の家なんてヤるしかないじゃないですか」

京介「そうだよな……そうなんだよなぁ……」

あやせ「……何を躊躇っているんですか?」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 16:55:37.79 ID:ZDy+l8if0


あやせ「私とするの……嫌ですか?」ウルウル

京介「い、嫌じゃない!むしろ一日中したい!」

あやせ「じゃあなんで今日は襲ってくれないんですか?趣向を変えて私に襲われたいんですか?」

京介「いやそういう訳じゃ……」

あやせ「そうですか。分かりました。私がお兄さんを無理矢理犯します」ドンッ

京介「うぉっ!ちょっ!まっ……んっっ!?」

あやせ「んっ……ぷはっ……考えてみたら私からキスするの初めてですね」

京介「そ…そうだな」

あやせ「案外良いかも知れません。私が主導権握るのも」


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 17:10:42.90 ID:ZDy+l8if0


あやせ「ところでお兄さん」サスサス

京介「変なところさするな!」

あやせ「いえ撫で続けます。どういうことかいつもなら常時大にして私を犯してるのに……今日は変化しないですからね」

京介「 」

あやせ「まぁそのうち大きくなるでしょう。お兄さん、私の制服を脱がしてください」

京介「お、おう」ヌガシヌガシ

あやせ「お兄さん、セーラ服脱がすのかなり早くなりましたね」

京介「そりゃ毎回やってれば慣れるっていうか……」

あやせ「そうですか……慣れてしまいましたか」

京介「それにしても……相変わらず綺麗な肌だよな」

あやせ「ありがとうございます。でもお兄さんがこれからこの肌を汚すんですよ?」

京介「汚すって……まぁ確かに汚してたりしたが……」


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 17:51:03.69 ID:ZDy+l8if0


あやせ「……で、現在衣服を無理矢理剥がれて下着姿にされた私がお兄さんの目の前にいる訳ですが」

京介「お前が脱がせって言ったんだろうが!」

あやせ「なんでお兄さんは私を脱がすだけで何もしないんですか?」

京介「 」


あやせ「そうですか。なら私から……」サスサス

京介「きょっ……今日は普通に……イチャイチャじゃダメ……か?」

あやせ「何を言ってるんですか?ブチ殺しますよ」

京介「今日はマジでその……」


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 17:53:02.02 ID:ZDy+l8if0


ガチャ


桐乃「兄貴ーwww今日はナニする!?www今朝は目隠しだったから……えっ」

あやせ「えっ?」

京介「あ……」

桐乃「あやせ……なんで下着だけなの?」

あやせ「桐乃……今のどういうこと?」

京介「あーそういえば今日は図書館で勉強しなきゃいけないんだよねーあはははー」

桐乃「 」

あやせ「 」

京介「…………じゃそういうことで」イソイソ

あやせ「待ってくださいお兄さん」

京介「ひっ」ビクッ

あやせ「お兄さんに大事な質問があります」ニコニコ


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 18:34:23.04 ID:ZDy+l8if0


あやせ「つまり最近朝起きると桐乃が跨っていると」

京介「その通りでございます」ボロボロ

桐乃「朝だと兄貴も眠くて身体動かないらしくてさぁwww『桐乃……マジでやめてくれ……何でもいうこと聞くから』って頼んでくるんだよwww」

京介「ちょっ!テメェ!」

あやせ「……ふーん。何でも言うこと聞くから……ねぇ」

桐乃「兄貴がさぁwwwあまりに嫌がるからさぁwww今日は兄貴に目隠しして空になるまで犯したったwww」

あやせ「……お兄さんにお話があります」

京介「ハイ……なんでしょうかあやせ様」


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 18:51:14.05 ID:ZDy+l8if0


あやせ「先程お兄さんは『桐乃と手を繋ぐってだけでも反吐が出そうなのに、まして行為中甘えまくるとか死んでもやりたくないわ』って言いましたよね?」

京介「言いました」

桐乃「反www吐wwwがwww出wwwるwwwとwwwかwww嫌がりながらもビンビンにして5回も中に出した奴の台詞じゃないっしょwww」

あやせ「……」

京介「あああ…ああのなあやせ……まままず落ち着いて欲しいんだ、うん。手にもってるね、うん。数々の凶器を一旦ね、うん。置いてね、うん。桐乃じゃなくて俺の話を聞いて欲しいんだ」

桐乃「兄貴必死過ぎるでしょwwwあやせも病み過ぎてウケるwww」

あやせ「……分かりました。この際桐乃に犯されたのは良いとしましょう。今日私の下着姿を見ても反応がなかったのも不問にします」

京介「お、おう」


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 19:08:11.47 ID:ZDy+l8if0


あやせ「本当はよくありませんけど今は仕方ありません、後程伺います」

桐乃「歳下に尻を敷かれる兄貴wwwでもヤってる時は立場逆転とかwwwあやせウケるwww」

京介「頼むから桐乃……マジで黙っててくれ。ほらアレを見るんだ……カッターの刃を出したり閉まったり繰り返してるあやせの手を」

桐乃「黙ってて欲しかったらその口で私の口を塞げば良いじゃないwwwほら早くwww早くwww」

あやせ「お兄さん」

京介「やらねぇよ!!だから俺の胸にカッター突き付けないでくれ!!」


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 19:18:33.30 ID:ZDy+l8if0


桐乃「あー笑い疲れたわwwwちょっと便所行ってくるわwww」

バタン


あやせ「 」

京介「やっと消えた……そのさっきのことなんだけどな」

あやせ「 」

京介「自ら望んだ訳じゃないのはあやせも分かってくれるだろ?」

あやせ「 」

京介「うっ……嘘付いたのは謝る……ゴメン」

あやせ「……お兄さんからはしてないんですよね?」

京介「あ、あぁ」

あやせ「絶対ですか?」

京介「絶対だ」

あやせ「今度嘘ついたら本当に殺しちゃいますよ?」


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 19:36:25.89 ID:ZDy+l8if0


京介「殺すって……」

あやせ「嘘付いたんですか?」

京介「付いてない付いてない!断じで付いてません!」

あやせ「……そうですか。なら良いです」

京介「お、怒らないのか?」

あやせ「……今日はなんかもう疲れました。お兄さんのお膝をお借りしますね」ゴロン

京介「えっ……あ、あやせ?」

あやせ「お兄さんは疲れ切った私を労うべきだと思います。せっかく新しくした下着も空になったコレのせいで無駄になりましたし」サスサス

京介「さ、触るな!」

あやせ「お兄さんは私の頭を撫でてください。私はコレを撫でますから」


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 19:46:18.66 ID:ZDy+l8if0


京介「撫でるって……頭をか?それと触るな」

あやせ「頭以外に何処を撫でるつもりですか?お尻ですか?ヤる気になっちゃいますよ?」

京介「あ、頭な!オッケーオッケー容易い御用だ」ナデナデ

あやせ「んっ……あっ……」

京介「へ、変な声あげるな!」

あやせ「冗談です。でも気持ち良いのは本当です。ずっとこのままでいたいです」ゴロゴロ

京介「そ、そうか…」キュン

あやせ「エッチの時とは別の気持ち良さですね」

京介「台無しじゃねぇか。今の俺のキュンを返しやがれ」


202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 19:56:34.68 ID:ZDy+l8if0


桐乃「なんなのよアレ……」

桐乃「アタシが爆弾投下して関係を悪くさせるはずだったのに……」

桐乃「なんでイチャイチャしてんのよ」

桐乃「オカシイオカシイオカシイ」

桐乃「兄貴ハアタシノモノナノ二……」

ーーーーーーーーーーーーーー

あやせ「(フフッ……桐乃がお兄さんを無理矢理襲うなんてのは予想済み。お兄さんが私以外の人とヤるのは嫌だけどそれをあえて許したうえで更に仲良くなってる所を見せれば流石にダメージは大きいでしょうね)」

あやせ「(誰かとお兄さんがヤったくらいで私がお兄さんを手放す訳がないじゃない)」


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 20:01:08.85 ID:ZDy+l8if0


あやせ「(お兄さんはこれからもずっとずっと私のモノ)」ニヤニヤ

京介「どうしたんだ?嬉しそうな顔をして」

あやせ「いえ。ただ再確認しただけです」

京介「再確認?」

あやせ「そうです。これからもずっとずっとずーっと」




あやせ「お兄さんは私のモノです」





219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 20:16:37.26 ID:8Utqqvgs0






    スポンサーサイトあやせ「ベッドの上ではお兄さんに逆らえない」 桐乃「」のコメント
  1. 名前:名無しの中毒者◆-[saga] 投稿日:2011/12/20(火) 22:26:51.00 ID:SSJUNKIE730
  2. ハーレムのはずなのに、なにこれコワイ
    ヤンデレの桐乃はいいですな
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。