スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京子「綾乃に1日22回キスしないと死ぬ身体になった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/12/25 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:38:13.01 ID:rK4k0cvQ0


京子(ど、どうしよう、綾乃に1日22回キスしないと死ぬ身体になっちゃった…)

京子(け、けど、こんなの恥ずかしくて誰にも言えないよ…)

京子(なんとか事故って形で、綾乃と22回キスできないかな…)

京子(難しいけど…やるしかない…)

京子(あ、あそこに居るのは…綾乃)

京子「……」

京子「おーい!綾乃ー!」タッタッタッ


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:40:53.79 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「と、歳納京子!?廊下は走っちゃ…」

京子「うわあ、つまずいたぁ(棒)」オットット

綾乃「と、歳納京子、危ないっ!」

京子(よし、チャンス!)

京子「……」ダキッ


チュッ


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:41:39.95 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「え、あ、と、歳納京子、い、いま///」

京子「ありがとう、綾乃、危うく転ぶところだったよ!」ニコ

綾乃「え、ええ、そ、それは良かったわね///」

綾乃「あ、あの、歳納京子、いま、歳納京子の唇が、私の頬に…」

京子「綾乃?何かあったの?」

綾乃「あ、いや…気付いてないなら、いいわよ///」

京子「変な綾乃~」

京子(ごめん、綾乃…本当にごめん…)


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:42:53.18 ID:rK4k0cvQ0


~体育~

京子「綾乃~ペア組もうぜ~!」

綾乃「と、歳納京子…船見さんと組むんじゃなかったの?」

京子「結衣には千歳の相手を頼んでおきました!」

綾乃「え、なんでそんな…」

京子「ほら、私、綾乃と組んだ事無かったじゃん」

京子「だから、今日は綾乃とやりたいかなって…」

綾乃「と、歳納京子///」

京子「だめ…かな?」チラッ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:44:23.72 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「もう、歳納京子がそういうなら、仕方ないわね///」

京子「わーい!綾乃とペアだ~!」ダキッ

綾乃「ちょ、歳納京子///」

京子(ごめんね、綾乃!)


チュッ


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:45:12.76 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「///」プシュー

京子「あ、ごめん、勢い付けてたから頬に口が当たっちゃった」

京子「拭いてあげるね」ゴシゴシ

綾乃「歳納京子///拭かなくってもいいわよ///」

京子「けど…その、嫌でしょ?綾乃」

綾乃「い、い、い、嫌なわけでは、ないというか、なんというか///」

綾乃「そ、そんな事より、そろそろ先生が来るからちゃんと並びなさい///」

京子「はーい」

京子(そっか、綾乃、そんなに嫌じゃないんだ…)

京子(良かった…)


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:46:22.07 ID:rK4k0cvQ0


~お昼休み~

京子「今日のお昼はデザードにプリンがつくじゃん!」

京子「おーい、綾乃ー!一緒に給食食べよ?」

綾乃「え、ええ、いいわよ」


モクモクモクモク


京子「さあ、プリンタイムだ!」

綾乃「もう、歳納京子、黙って食べなさいよ」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:47:24.45 ID:rK4k0cvQ0


京子「綾乃だって楽しみにしてた癖に~、素直じゃないんだから!」

綾乃「べ、別に楽しみになんて…」

京子「じゃ、プリンいらないの?もらっていい?」パッ

綾乃「あ……」

京子「綾乃ったら、そんな可愛らしい声出して…」

綾乃「な///」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:48:38.13 ID:rK4k0cvQ0


京子「冗談だから、ね?ちゃんと返すから」スッ

綾乃「と、当然よそんな事!」ホッ

京子「ほら、綾乃、食べて食べてー!」

綾乃「そんな急かさなくても…」ペリッ

綾乃「……」モクモク

京子「綾乃」

綾乃「……?」モクモク

京子「結婚しよう」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:49:42.62 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「ぶふー!」

京子「うわ、綾乃、プリン吹かないでよっ」

綾乃「あ、あ、ぁ、歳納京子、今なんて///」

京子「いや、綾乃を驚かせようかなーって思って言っただけなんだけどね」

綾乃「そ、そうなの…」ショボン

京子「あーあ、綾乃、頬にまでプリンが散ってるよ、その」

京子「取ってあげるね…」チュッ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:50:58.87 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「ふえ///」

京子「あまーい♪」

綾乃「な、な、なんで、口で取るのよ歳納京子///」

京子「え、だってプリン勿体ないでしょ?」

綾乃「そういう問題じゃないでしょ///」

京子「怒らないでよ、ごめん、プリン横取りする形になって…」

京子「ほら、私のプリンあげるから、機嫌治して?」

綾乃「ま、また笑わせて吹かせるつもりでしょ!?」

京子「もうしないから、ごめん」

綾乃「もう、じゃあ、今回はこれで許してあげるわ///」ハァ


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:52:29.41 ID:rK4k0cvQ0


京子(ごめん、実は頬にプリンついてたっさて言うのも嘘なんだ)

京子(これで3回目…先は長いな…)

京子(こんなペースで22回終われるのかな…)

綾乃「歳納京子?」

京子「え、あ、なに?綾乃」

綾乃「ひょっとして、何か悩んでる?」

京子「……!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:53:27.70 ID:rK4k0cvQ0


京子「え、どうしたの綾乃、私、何も悩んでないよ~?」

綾乃「そ、そう?それならいいんだけど…」

京子「変な綾乃!変な綾乃!」

綾乃「へ、変じゃないわよ、普通よ、普通!」

京子(綾乃、勘がいいな…もっと上手くやらないと…)


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:54:18.50 ID:rK4k0cvQ0


~放課後~

~生徒会室~

京子「綾乃、居る?」

綾乃「歳納京子、どうしたの?」

京子「あれ、綾乃一人?」

綾乃「ええ、他の子達は倉庫の整理に行ってるわ」

綾乃「私も、この書類が終わったら手伝いに行かないと」

京子「そっか…大変だね」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:55:28.95 ID:rK4k0cvQ0


京子「よし、大変な綾乃に、私がお茶を入れてあげよう!」

綾乃「え、ええ?」

綾乃「どうしたのよ、歳納京子、珍しい」

京子「だって、綾乃って何時も頑張ってるからね」

京子「たまには応援させてよ」

綾乃「あ、ありがとう、歳納京子///」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:56:25.21 ID:rK4k0cvQ0


京子「はい、綾乃、どうぞ」スッ

綾乃「あ、これ、ハーブティ?」

京子「うん、疲れを取るにはこれが一番かなって」

綾乃「ん、ありがとうね、歳納京子」コクコク

京子「……」

綾乃「ふう、美味しいわ」

京子「ん、それは良かった…」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:57:12.61 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「それで、歳納京子、今日は何の用があって生徒会室に…」

綾乃「あれ、何か、凄い眠いわね…」

綾乃「疲れが、溜まってきたのかしら…」

綾乃「歳納、きょうこ…」カクン

綾乃「……」zzz


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:57:34.71 ID:rK4k0cvQ0


京子(ごめんね、綾乃…もう時間がないから…)

京子(すぐに、終わらせるから、ね…?)

京子(この方がきっと綾乃にとっても私にとってもいいと思うから…)

京子「……」

京子(寝てる綾乃、可愛いな…)

京子(何時もより無防備で、頬も柔らかそうで…)


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 20:58:18.61 ID:rK4k0cvQ0


京子「綾乃…」スッ

京子(残り19回、ここで…)

綾乃「とし、のう…きょうこぉ…むにゃむにゃ」zzz

京子「……」

京子(綾乃、幸せそうな顔で、笑って…)

京子(楽しい夢、見てるのかな…)

京子「……」

京子「やっぱり、駄目だよ、勝手に、こんな事、しちゃ…」

京子「…ごめんね、綾乃…」

京子「……」

京子「さよなら」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:00:15.05 ID:rK4k0cvQ0


~屋上~

京子「綾乃の写真、貰ってきたけど、これくらいならいいよね」

京子「これで効果があるか判んないけど…やらないよりはマシかぁ…」

京子「……綾乃」

写真「……」

京子「綾乃、私ね、綾乃の事、好きだったんだ」

京子「けど、けど、キスを理由にして、告白なんてしたくなかったから…」

京子「あんな事、しちゃった…」

京子「ごめんね…」


チュッ


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:02:19.77 ID:rK4k0cvQ0


京子「何時もテストで二位を取ってくれる綾乃が好き」

チュッ

京子「私と綾乃の名前が並んで掲示されるのを見るの、何時も楽しみにしてた」

チュッ

京子「何時もプリントを取りに来てくれる綾乃が好き」

チュッ

京子「だから、わざとプリント忘れたりもしてたの、ごめんね」

チュッ


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:02:47.42 ID:rK4k0cvQ0


京子「文句を言いながらも娯楽部を守ってくれてる綾乃が好き」

チュッ

京子「口実つけて正式な部にすることも出来たけど、綾乃が来てくれなくなると困るから放置してた」

チュッ

京子「何時も私の名前をフルネームで呼んでたのは、少し寂しかったかな」

チュッ

京子「本当は、名前で呼んでほしかったんだよ」

チュッ


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:03:29.71 ID:rK4k0cvQ0


京子「プリンが好きな綾乃も可愛くて好き」

チュッ

京子「綾乃が好きなプリンを私も食べたかったから、勝手に食べちゃったりしてたの」

チュッ

京子「千歳を止めるために私にチューしてくれた綾乃が好き」

チュッ

京子「隠してたけど、凄くドキドキしてたよ」

チュッ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:03:54.15 ID:rK4k0cvQ0


京子「良い匂いがする綾乃の髪が好き」

チュッ

京子「しなやかに動く細い身体が好き」

チュッ

京子「私を呼んでくれる声が好き」

チュッ

京子「柔らかいほっぺが好き」

チュッ

京子「綾乃の全部が…好き」

チュッ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:04:20.09 ID:rK4k0cvQ0


京子「あは、あはは…」ポロッ

京子「なんだろ、涙が出てきたや…」ポロポロ

京子「綾乃、私、このまま死んじゃうのかな…」

京子「怖いよ…綾乃…」ギュ

写真「……」

京子「あと、1回…」

京子「……綾乃、愛してるよ…」

京子「もし、写真へのキスが無効で、私が死んじゃっても…」

京子「この気持ちは、変わらないから…」


チュッ


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:08:48.48 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「歳納京子…」

京子「うわあああ!?」ズサー

京子「あ、綾乃、その、何時からそこに///」

綾乃「…キスを理由にして、告白なんてしたくなかったって所から…」

京子「最初からじゃん…!」

京子(う、うう、聞かれた…最悪だ…)


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:09:43.57 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「歳納京子…あの…」

京子「ご、ごめん、写真持ってきちゃって…」

京子「しかも、こんな事に使って、本当にごめん…」

綾乃「あの、歳納京子…」

京子「さっきの独り言も、あの、ごめん」

京子「綾乃、迷惑だったよね、気持ち悪いよね」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:10:27.35 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「迷惑なんかじゃ、ないわ」

京子「え…」

綾乃「私、嬉しかった…歳納京子が、そんな風に私を想っていてくれて…」

京子「綾乃…」

綾乃「あの、私も、歳納京子の事が…」

綾乃「歳納京子の事が///」モジモジ

京子「///」ドキドキドキ


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:11:42.43 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「好きなの///」

京子「……!」ドキーン

綾乃「あの、だから、写真は、返して貰わないていいわ///」

綾乃「けど、私とも…その、キスして…欲しいかな///」

京子「あ、綾乃…」

京子「綾乃ー!」ダキッ


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:13:12.02 ID:/KAiAZmO0


            /.:.:.:./ :.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.、:::. :.:.:.:.ヽ
.         / .:.:.:.:./:.:.:::/.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::\:.. :.:.:.:.:.
      /.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:::/ .::::. .:.:.:.:.:.:ト、:.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:∧::::.:.:.:.:.:.
.      //.:.::::.:.:.;.i:.:/:/ !::::::::. .:.:.:.:.ハ ∨::. .:.:.}.:.:.:.:.:.:.:V:∧:::::.:.:.:.:',
     /´ .:.:.::::{:.:/ |/斗 匕:{:::::. .:.:.刈 ∨::. :.′.:.:.:.:.:.:.::::::}::::::.:.:.:.:}
.       {.:.::::::Vミ.\ヾ人八::::::. /  \}/}:/ .:.:.:.:.:.:.:.: i:::/:::::.:.:.:.:.:
        ';:::::::::} ヽ_ヽ、_i   \/ __,;―'彡`j八.:.:.:.:.:.:.:i:/::::::.:.:.:.:.;′
.       〉:::::::} `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―   }i .:.:.:.:.:.:.:i':::::::.:::::.:.;′
      /:.:.\j/;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)"ヾ リ.:.:.:.:.:.:::::::::::::.::::.:/
        {:.:.:.:.:.:.:.:./ ,||  i| ._ _-i    |.ト廴彡'.:.::::/::::::::::.i:.:/     ./    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
      \:.:.:./、((  _゛_i__`'    (({.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::|/    _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
        `¨|i.:.:.:::||  i` - -、` i    ノノ乂:::::/ :::::::::::::::|        |    |  /    .|   丿 _/  /     丿
          |i.:.:.: ))  '--、_`7   ((≧=ァ´.::|:::::::::::::::::|
          リ:.:.:::Y  `--  "    ))v}:/.:.::::::|:::::::::::::::::|
.        /.:.:.:::::::ヽ、        ノノ/ア.:.:::::::::|::::::::::::::::|
        {.:.:.::::::://ヽヽ、___,;:::///.:.:.::::::人::::::::::::::::::|
        人:.::::从'//{_     /.:.:.:.:::::::::/// ハ :::::::::|


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:13:22.84 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「ちょ、歳納京子///」

京子「ありがとう、綾乃、大好き、大好きだよっ」ギュゥッ

綾乃「歳納京子…」

綾乃「私も、歳納京子の事が、大好き…大好きだったの…」ギュ

京子「あやのお…」スリスリ


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:17:28.58 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「1日に22回キスしないと死んじゃう身体?」

京子「う、うん、私、綾乃の事が好きすぎてそんな身体になっちゃったの…」

綾乃「そ、そうなの…じゃあ、今日、何度も事故でキスしたのは…」

京子「ごめん、わざとなんだ…」

京子「……綾乃、私の事、嫌いになった?」

綾乃「そ、そんなことないわ、ずっと好きよ、これからも好きよ」

京子「綾乃///」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:18:06.01 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「けど、その、写真で22回したのよ…ね?それで大丈夫なの?」

京子「判んない…もしかしたら、駄目かもしれない…」

綾乃「そう…」

京子「……」

綾乃「……」

綾乃「歳納京子!」

京子「え、あ、はい」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:19:06.35 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「私は、歳納京子に死んでほしくない」

綾乃「死ぬ可能性が1%でもあるなら、それを排除したいの」ガシッ

京子「綾乃…?」

綾乃「だから……私、頑張る…」

京子「あや、むぐっ」


チューーッ


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:21:17.01 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「ぷはっ…」

京子「あ、綾乃///」

綾乃「///」


チュッ
チュッ


京子(う、うう、綾乃の唇が、私の唇に///)

綾乃「歳納京子、大好きよ…」


チュッ
チュッ
チュッ


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:22:04.94 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「私が、私が絶対に助けてあげるから…」

京子「あ、綾乃、私も、あんっ、好き…」

チュッ

ペロッ

チュッ

ペロッ

京子(綾乃の舌、柔らかい…)ポー

京子(もう、何も考えられないよ…)


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:23:15.77 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「はぁ…はぁ…」

京子「……」ポー

綾乃「歳納京子、大丈夫?」

京子「あ…う、うん、きもちよかった…」

京子「もう、これ以上されると、頭が溶けちゃうよ、あやの…」ポー

綾乃「そう…けど、歳納京子…」

綾乃「まだ、半分残ってるから、もう少し、頑張ってね…」

京子「ふえ?」

カプッ

チュッ

チュルッ

京子「///」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:24:23.96 ID:rK4k0cvQ0


綾乃「歳納京子の、唇、柔らかい…何度キスしても飽きない…」

チュッ

綾乃「ずっと、ずっとこうしていたいわ…歳納京子…」

チュッ

綾乃「明日も」

チュッ

綾乃「明後日も」

チュッ

綾乃「ずっと、ずっとキスしてあげるわね…」

チュッ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:24:43.68 ID:rK4k0cvQ0


京子「あ、綾乃…」

綾乃「歳納京子…愛してる…」


チュッ


京子「私も、私も綾乃の事、愛してるよ…だから…」スッ

綾乃「……!」


チュッ


綾乃「///」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:25:30.25 ID:rK4k0cvQ0


京子「残り、1回だね…」

綾乃「ええ…」

京子「けど、もっと、もっとしたいな…」

京子「100回でも、200回でも…」

綾乃「歳納京子…私もよ…」

京子「綾乃…」

綾乃「歳納京子…」



チュッ


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:25:55.27 ID:rK4k0cvQ0


結衣「京子に1日945回キスしないと死ぬ身体になった…」

結衣「京子に頼めば、して、くれるかな…」

結衣「……京子とは同じ布団で寝る仲だし…してくれるよね…」

結衣「ちょっと回数多いから大変だけど///」

結衣「こ、これをきっかけに、恋人になったりして///」

結衣「今日も京子は家に来る予定だから、隠さずに正面から頼んでみよう…」

結衣(ふふふ、今日は精がつく晩御飯を作ってあげないとね…)







71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/06(火) 21:51:08.40 ID:O8JtMmjJO






    スポンサーサイト京子「綾乃に1日22回キスしないと死ぬ身体になった」 のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。