スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女「お嬢様キャラは対等に接するとオチる」 お嬢様「?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/12/26 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 09:49:36.10 ID:9yzQbr0L0


女(普段特別扱いされてるお嬢様に対等に接すると惚れられちゃう……)

女(私レズじゃないしそれは困るな……)

お嬢様「女さ~ん」 テテテッ

女(ここは一般人Aを演じなきゃ……)

女「おおおおお嬢様さん!? わ、私なんかに何か用ですか!?」

お嬢様「ええ……女さん、お昼ご飯ご一緒してもよろしいですか?」

女(来たな……!)


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 09:57:39.02 ID:9yzQbr0L0


女「そ、そんな私なんかと昼食だなんて!お嬢様さんにご迷惑をかけますよ!」 アワワ

お嬢様「そんなことありませんわ。わたくしは女さんとお昼をとりたいの」

女「ダ、ダメです!お嬢様さんみたいな高貴なお方とごいっひょなんて!」 アワワ

女(うわ、噛んでしまった……でもこれはこれでモブっぽいか)

お嬢様「ふふっ、『ご一緒』を『ごいっひょ』ですって」クスクス

お嬢様「『ごいっひょ』……ふふふ、『ごいっひょ』だなんて、女さんったら可笑しな方」 クスクス

女「!」

女(こ、これは、お嬢様ゆえにちょっとズレた感覚にうっかり私がハマってしまうパターン!?)

女(いけない……これをきっかけに私のことが気になるとか言われちゃうんだ……)


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 10:04:25.66 ID:9yzQbr0L0


女(なんとかリカバリーしなきゃ……)

女「そ、そんなことで笑うなんてひどいよ!お嬢様さんの変人!」

お嬢様「えっ!?ご、ごめんなさい。わたくし失礼なことをしてしまいましたわ……」

女「う、うん……あ、お礼とかいいからね!ただ関わらないでくれればいいから」

お嬢様「……でも、わたくし『変人』だなんて言われたの初めてですわ」 クスクス

女「!」

女「あ、あのっ!えっと、その……せ、先約があったんだ!だから昼食はまた今度ね!」 ダッ

お嬢様「あっ、女さん!?」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 10:13:54.50 ID:9yzQbr0L0


女「ふー、なんとか逃げきった……まさか『そんなこと言われたの初めて』パターンが来るとは」 てくてく

女「……お弁当、教室に置いてきちゃったな」

女「仕方ないから購買に……」

幼馴染「あっ!今日は女ちゃんも購買なんだね!」 ひょいっ

女(うわっ!幼馴染だ!)

幼馴染「いやー、私もお弁当忘れてきちゃってさー」

女(長いこと友達だったキャラは、不意にみせた優しさや意外な一面でオチる……)

幼馴染「4限目が体育でお腹すいちゃって……」

女(今まで通り、いつもの友達関係を見せつけるんだ……!)

幼馴染「ねー、ちょっと聞いてるー?」 ゆさゆさ

女「あ、うん、もちろん聞いてるよ。なんたって『幼馴染』なんだもん」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 10:19:05.80 ID:9yzQbr0L0


幼馴染「何よその言い方ー、私たちが幼馴染なのは当たり前でしょー!」 うりうり

女「バ、バカ!ほっぺたを……」

女「!」

女(ここで変な反応しちゃったらアウトだ……!)

女(お、女ってそういう声出すんだね、知らなかった……)

女(的な感じで意識しだすんだ、コイツは!)

女「ちょっと、やめて」 パシッ

幼馴染「えっ!あっ、ごめん……」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 10:25:38.40 ID:9yzQbr0L0


女(よし、このまま付かず離れずを維持しながら退却だ)

女「えーっと、チョココロネとメロンパンください」

幼馴染「あの……さっきはゴメンね?怒ってる?」

女「ううん、何ともないから……あ、5円玉あります」 チャリン

幼馴染「……私たち、長いこと一緒にいるでしょ?」

女(なんか語り出した……これはヤバい気がする)


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 10:31:58.11 ID:9yzQbr0L0


幼馴染「その、一緒にいすぎてさ、女のこと姉妹みたいに感じて……」

女(ヤバい、これはいけない……おばちゃんお釣り早く!)

幼馴染「でもね?最近そうじゃないって気付いたんだ」

幼馴染「私、女のこと幼馴染でも姉妹でもなくて……」

女「!」

女「お、おばちゃん!私、急いでるの!お釣りは幼馴染に預けといて!」 ダッ

幼馴染「あっ!待ってよ、話はまだ!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 10:47:17.87 ID:9yzQbr0L0


女「ハァ、ハァ……」 てくてく

女「あ、危なかった……『今まで近すぎて気付かなかったけど』パターンが飛んでくるなんて」

女「幼馴染のやつ、もう半分告白してるようなもんじゃん……」

女「幼馴染キャラっていつこのパターンに入るかわからないな、地雷だ」

女「さて、教室にも戻れないしどこで昼食を食べよう」

女「さすがにトイレ飯なんて出来ないや、ってことで屋上に……」 ガチャ

ヤンキー娘「うわっ!」 ビクッ

女「!!」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 10:52:07.44 ID:0qLF8yga0


なんというギャルゲ脳


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 10:52:24.26 ID:9yzQbr0L0


ヤンキー娘「チッ……なんだ、女か」 ゴロン

女「ヤ、ヤンキー娘ちゃん……!」

女「あっ!邪魔しちゃったよね、ゴメンね、今帰るから」ガチャ

ヤンキー娘「……待てよ」

女「!」

女「え、えと、大丈夫だよ!午前中ここでサボってたとか先生にバラさないから!」

ヤンキー娘「いいからこっちこいよ」

女「でも、ほら、お邪魔に」

ヤンキー娘「オレがいいって言ったんだ、邪魔じゃねーからさっさとこいよ」

女「……ハイ」 てくてく


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 11:00:22.78 ID:9yzQbr0L0


女「……」

ヤンキー娘「……」

女(どうしよう……小学校の頃は仲の良いお友達だったのに中学に上がる前に転校)

女(高校が一緒になったと思ったら不良になってたヤンキー娘ちゃんだよぉ)

女(こんなの絶対に惚れられてる……!) アワワ

ヤンキー娘「……なぁ」

女「ゴ、ゴメンなさい!私レズじゃないし、やっぱり初めては好きな人とがいいし!って言うかここ外だし!」 アワワ

ヤンキー娘「はぁ?わけわかんねーこと言ってねーでさ、ソレ……」

女「えっ?……購買のパン?」

ヤンキー娘「その……ハ、ハラへったからさ!一口だけ……」 ぐぅぅ

女「……」

ヤンキー娘「……っ///」 かぁぁ

女(あちゃー、やっぱコレ惚れられてるよ)


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 11:06:26.92 ID:9yzQbr0L0


ヤンキー娘「……」もぐもぐ

女「……」もぐもぐ

ヤンキー娘「……なぁ、ホントにチョココロネ全部もらって」

女「うん、私少食だから。メロンパンがあれば生きていけるから」 もぐもぐ

女(うわー、どうしよう。絶対惚れられてるよ)

女(転校して新しい友達ができなくてグレちゃって……ずっと女に会いたかった)

女(とか泣きながら告白するんだよ……)

女(とにかく昔のことを話したらオチる。昔と変わってないね、私のこと憶えててくれたんだ……これ系はアウトだ)


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 11:12:45.85 ID:9yzQbr0L0


女「……」もぐもぐ

ヤンキー娘「……」

女「……」もぐもぐ

女(アカン、メロンパンで口の中ぱっさぱさ、ぱっさぱさやでぇ) もぐもぐ

女(政府はメロンパンの真ん中にプリンか生クリームを配置することを義務付けるべき) もぐもぐ

ヤンキー娘「……なぁ、牛乳いるか?」 スッ

女「あ、うん、ありがと」 チュー

女「ヤンキー娘ちゃん、未だに牛乳好きなんだね……ってアウチ!!」

ヤンキー娘「!?」 ビクッ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 11:18:06.23 ID:9yzQbr0L0


女(バカバカ!何、自分から昔のこと切り出してんのよ!回想シーン入っちゃうよ!) ゔぁー

ヤンキー娘「お、おい大丈夫か?」 オロオロ

女「うー、気にしないで……」

ヤンキー娘「おう、そうか……」

女「……」

ヤンキー娘「……」

女(あ、あれ?回想シーンに入らないの!?)

女(小学校の給食に牛乳ついてたろ?アレで好きになったんだ……あの頃はさ)

女(的な回想からの告白タイムじゃないの!?)


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 11:25:22.46 ID:9yzQbr0L0


女「あ、あの……何か言うことないの?」 チラッ

ヤンキー娘「突然なんだ、何も言うことなんかねーよ」

女「そうなんだ……」

女「あ、チョコついてる」

ヤンキー娘「えっ!?ど、どこに」 ペタペタ

女「もっと右……違う、私にとっての右……ああ、もう!」 ふきふき

ヤンキー娘「あ、ありがと……」

女(おっと、ここで手についたチョコを舐めるような真似はしない!私はそこまで甘くないぜ!)


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 11:34:41.77 ID:9yzQbr0L0


女「手についたチョコはハンカチで……あれ、ハンカチがない」 ごそごそ

ヤンキー娘「おう、使えよ」 スッ

女「ありがと……うさぎのワンポイント、可愛いね」

ヤンキー娘「なっ///」 カァァ

女「あっ」

ヤンキー娘「べ、別に可愛くなんかねーよ!って言うかオレの趣味じゃねーし!!」 カァァ

女「わ、わかった!わかったから!」

ヤンキー娘「うさぎが好きって言ったのはおまえだろ!?だからオレも……あっ///」 カァァ

女「えぇーっ!?私いつのまにそんなこと!?」

ヤンキー娘「そ、その……小学生の頃、お誕生日会があっただろ?そこで……」 もじもじ

キーンコーンカーンコーン

女「よしっ!!」 ガタッ

女「私、授業があるから!ヤンキー娘ちゃんもサボっちゃダメだよ!今日は来なくてもいいけど!それじゃ!」 ダッ

ヤンキー娘「あっ!女ぁ!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 11:43:56.98 ID:9yzQbr0L0


女「ハァ、ハァ……」 ガタン

委員長「ちょっと、アンタ大丈夫なの?」

女「う、うん……ちょっと走ってきただけ」

委員長「そう、それならいいけど……授業始まったら静かにしてよね!」 ぷい

女(まさか『可愛いって言われ慣れてなくて自滅しちゃう』パターンだったなんて……) ハァハァ

女(転校生キャラを意識しすぎてヤンキーであることを忘れてた、これだから属性山盛りにする奴は嫌いだ) ふぅ

先生「今日は前回のテストを返すわよ、得点トップは同点で女と委員長!」 バン!

委員長「なっ!またアンタと引き分けなの!?」 ガタッ

女(あ、これ惚れられてるわ)


おわり


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 12:50:40.82 ID:YSXoYiSiO


お嬢様は俺の嫁



    スポンサーサイト女「お嬢様キャラは対等に接するとオチる」 お嬢様「?」のコメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。