スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント(-) | カテゴリ: スポンサー広告 | 更新日: --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイバー「きりつぐー、胡桃みつけましたー」切嗣「……」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/10 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/07(土) 08:52:15.89 ID:rnZNgJ1G0


セイバー「ほら、こんなにありますよ?」

切嗣「イリヤ、ここは場所が悪い。向こうに行こうか」

イリヤ「う、うん……?」

セイバー「……」

セイバー「まだ、足りませんか。いいでしょう。この森の胡桃という胡桃をこの手に……」

セイバー「そして切嗣にクルミマスターとして認めてもらうのですっ」

アイリ「セイバー……」



シャル「僕が腹黒いという風潮」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/09 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/07(土) 19:09:20.01 ID:ADtEpSkBO


シャル「どうしてなの一夏」ムスッ

一夏「どうしてって・・・俺に聞かれてもな」

シャル「僕は腹黒くないし、あざとくもないよ。どういうことなの!」

一夏「だ、だから俺に言われても」

シャル「しまいにはビッチとまで・・・ひどいと思わない!?」

一夏「そんなこと誰に言われたんだ?」

シャル「直接は言われないけど・・・みんなが裏で僕の悪口言ってるの!」

一夏「みんなって」

シャル「とにかく、僕は怒ってるんだからね!」



まゆり「紅莉栖ちゃんのクリちゃん・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/07 19:30
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:26:39.50 ID:roIxnaEu0


紅莉栖「へ?」

ダル「百合フラグと聞いて」ガタッ

紅莉栖「黙れHENTAI! ま、まゆり? いったいどうしちゃったの?」

まゆり「特に意味はないんだけどね? なんだか面白いなーって思って」

紅莉栖「なんだ、そういうことだったのか……」

岡部「クリスティーナよ……お前はなにを想像したというのだ? この俺に言ってみィるがいい!」

紅莉栖「おのれはいつもいつも……!」

岡部「なァーに、別に変なことを考えていなければ言えるのであァーろう?
    つまり、クリスティーナは天才HENTAI少女ということなのかァ?」

紅莉栖「そんなわけあるか、そんなわけあるか! 大事なことなので2回言いました!」

ダル「牧瀬氏牧瀬氏、その考えたことについてkwsk……」

紅莉栖「黙れっ!HENTAIがっ!」



音無「今年一年、お疲れ様」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/06 22:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:48:31.52 ID:u5je9Djv0


~~~~校長室・SSS本部~~~~

日向「うー、寒ぃ。なーんで暖房ついてねぇんだよ」

音無「ああ、なんでも空調は故障中らしいぞ。学校側が直そうにもこの部屋は俺達が占拠しちまってるし、入り口にトラップもあるしでどうしたもんかって……この間ゆりが言ってたんだ」

日向「げぇ、マジかよ……じゃあ直す目処も立ってねーのか」

大山「そうだ、ギルドに頼んでみるのはどうかな?」

松下「ギルドは年末年始は休業だそうだ。ゆりっぺの労いだろうな」

日向「げぇ……八方塞がりじゃねぇか。……となると空調が直るのは早くて年明けかぁ」



綾乃「歳納京子って本当に迷惑よね」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2012/01/06 19:30
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 21:50:55.67 ID:F8n2B3ld0


~娯楽部~

綾乃「歳納京子ー!」バーン

京子「お、綾乃じゃん~、どうしたの?」

綾乃「貴女ねえ、何時も何時も、本当にいい加減にしなさいよ!」

京子「え、どうしたの突然、今日はちゃんとプリントも出してたと思うけど…」

綾乃「プリントじゃないわよ!」

京子「えー、じゃあなんでそんなに怒ってるの?」

綾乃「…あのね、歳納京子」

京子「な、なに?綾乃、真剣な顔で」

綾乃「……貴女の存在自体に、本気で迷惑してるの、私」

綾乃「いい加減にして」



京子「綾乃、おっぱいプリン買って来たよぉ~」綾乃「な゛っ!?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント (0) | カテゴリ: その他 | 更新日: 2011/12/28 22:30
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:28:32.79 ID:Osc56NrH0


京子「2個セットだったから、1個あげるよ!」

京子「ほら、私と一緒に食べようぜ!!」

プルルン♪

綾乃「ななななな何、言ってんのよーーっ!?///」

綾乃「そんな卑猥な形をしたプリン、いらないナイアガラよっ!!///」

千歳「またまたぁ~、そんな事言ってホンマは興味あるんとちゃうん?」ニコニコ

綾乃「ち、千歳ぇーーっ!!///」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。